映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« Hollywood Express #635◆2015.08.22(土) | トップページ | 『野獣の青春』 »

2015.08.29

『殺しの烙印』

この作品は、鈴木清順監督、宍戸錠、真理アンヌ主演のアバンギャルドな日活アクションのようです。
なおこの文はネタバレ全開となっています。

1967年 日活 日本作品
ランニング・タイム◆91分
原題◆ころしのらくいん
プロット◆殺しに失敗して色々とある話しのようです。
音楽◆山本直純

キャスト
宍戸錠→殺し屋ナンバー3の花田五郎
小川万里子→花田の女房 花田真美
真理アンヌ→自殺志願の中条美沙子
南原宏治→殺し屋ナンバー1の大類進
南廣→アル中の殺し屋 春日義平
玉川伊佐男→薮原道彦
久松洪介→宝石商
緑川宏→眼科医
荒井岩衛→義眼の男
長弘→バーテン
伊豆見雄→コック
宮原徳平→下級官吏
萩道子→スナックの女
野村隆→ボーイ
大和屋竺→殺し屋ナンバー4 スタイリストの高
不明→殺し屋ナンバー2の佐倉

鈴木清順監督の演出はよいと思います。
全体的にアバンギャルドに出来てます。

改めて見ると日本映画界のカネが尽きた1970年代になる前の1960年代にこのような作品を撮れたのは運がよかったと思えてきました。
わけがわからくても何でもいいから作品が残ったのが何よりです。

BS191 WOWOWにて。
画質は非常によいです。
スクイーズ収録のフル表示。
画面サイズはワイド。上下に黒味あり。
音声は AAC 1.0ch

番組一覧
当然5.1chではありません。

日活のタイトル
宍戸錠の歌が流れてます。素人のカラオケレベルです。
タイトルバックはやたら銃声が入る。
旅客機が出てますがミニチュアみたい。

羽田空港にて。
タクシーに乗る宍戸錠扮する花田五郎。一緒にいるのは小川万里子扮する花田真美。
運転手は南廣扮する春日義平。
南廣はTVシリーズ『ウルトラセブン』(1967年)のクラタ隊長でおなじみです。
タクシーの車種は何だかわからん。

タクシーにて。
春日は花田に仕事を頼む。引き受ける花田。

キャバレー ミカドにて。
花田と春日。それに依頼人のオッサン。
さっそくバーテンに飯を焚けと無理を言う花田。飯の匂いがたまらんとのこと。
お客を運ぶのが仕事。前金250万。伊藤博文の千円札。

それから調理室に行って飯の匂いをかいでる花田。
パロマのガス炊飯器です。この作品でのタイアップでどこに行ってもパロマのガス炊飯器が出ています。

クルマにて。
話しに出ていた用意されたクルマに来てる花田と春日。
何故か死体があります。クルマを持ってきた男らしい。
とにかくクルマを出します。

移動中のクルマにて。
幻の殺し屋ナンバー1の話になってます。誰も見たことがない・・・

春日は海に潜る。
お客を乗せてまたクルマで移動する。尾行がついてます。
今回見てこんなに南廣の出番が多かったと初めて気がついた。

尾行のクルマだと思ってやり過ごすと違いました。
典型的な無軌道な若者でした。それだけ。

移動中のクルマにて。
春日はアル中です。花田は酒をやめろと説教してます。

GSにて。
電話する花田。依頼人にしてるらしい。

廃工場に着いてます。
いきなりクルマがクラッシュして止まる。
ここはマジでクルマをクラッシュさせてます。しかもアメ車。
さすが日本映画界の景気がよかった時代だ。

撃ち合いになってます。
花田はモーゼル712を使ってます。春日はリボルバー。
屋上から人が落ちたりしてます。見事なスタントです。
春日ですが全く役に立たない。

花田が止めるのに地下道に突撃する春日。
ここはいいシーンになってます。
春日はキザな殺し屋と同士打ちになって退場となります。
次は何人もやられてます。何だかわからん。

そんなこんなでまた移動になります。
クルマを替えてます。お客はまだ乗ってる。
会話から春日と同士打ちした殺し屋はスタイリストの高と言うらしい。
乗ってるクルマはよくわからん。リアエンジンです。
→日野・ルノー4CV

海岸沿いの荒れ地にて。
コンクリートのトーチカみたいなのがあります。
そんな感じでまた撃ち合いになってます。
トーチカから狙撃されてます。相手は殺し屋ナンバー2の佐倉。
ガソリンのポリタンクを投げ込んでモーゼルで点火する花田。
火だるまになって出て着る相手の殺し屋。ここはマジで火だるまの見事なスタントになってます。

クルマで移動してホテルからレストランみたいにとこに着きます。
お客はベンツに乗り移っていなくなる。

クルマで移動中の花田。
雨が降ってる土手でエンストとなります。
ヒッチハイクする花田。オープンカーに乗る。

オープンカーにて。
雨が降ってるのに屋根を全開にしています。
運転するのは真理アンヌ扮する中条美沙子。これがまた絶世の美女といった感じなんです。凄いな真理アンヌは。
中条美紗子は自殺願望があるようです。

雨からシャワーにつながってます。
花田の自宅アパートにて。
女房の真美と花田。何故か美紗子もいるような感じになってます。実はいない。
ボカシが入って花田と真美のSMセックスとなります。延々と続く。
飯の匂いもかいでる花田。
鉄製らせん階段でもセックスしてる花田と真美。

花田は飯の匂いかいで真美はパンを食う。それからまたセックスになる。
もう何だかわからん。

電話です。
依頼です。4人を殺せとなってるようです。

歩いて出かけてる花田。
トランクからライフル銃を出して組み立ててます。
ライターの動く広告から銃身を出して狙う花田。
目標は税関吏。上手くしとめたようです。

コインロッカーにて。
報酬の現金とメモを受け取る花田。

永田町ビルにて。
ここに入り排水管を外してる花田。

ビル内の目医者にて。
医者が義眼を外して水道で洗う。屈んだとこを下にいた花田が排水管から撃つ。
上手くしとめたようです。そうなの?

他のビルの屋上にて。
広告の気球があります。それで花田はどうする。
目標の事務所にて。ここに押し込んで撃ちまくる花田。
最初は主観ショットなので誰が撃ってるのかわからん。
窓から広告の気球に乗ってズラかる花田。とにかくそうなってます。
これで3人を仕留めたようです。あと1人。

走行中のパトカーの屋根のパトライトのクローズアップショットが入る。
このシーンはよく見るけど日本映画では珍しい。
1番印象に残ったのは『裸の銃を持つ男』(1988年)のタイトルバックです。

花田の自宅アパートにて。
真美は勝手に高額な毛皮を買う。激怒する花田。
夫婦げんかからまたボカシ付のセックスになってます。

そんなとこに美紗子が来ます。
殺しの依頼をする美紗子。引き受けてしまう花田。
真美は私の負けだわといった感じガラスに爪を立てる。マジでそうなってます。

写真で状況説明して現場にて。
しかし花田は狙撃に失敗する。銃身に蝶が止まってバランスを崩してしまったからです。そんなのあり?と思えるが、とにかく大失敗となる。
そんな感じで目標と一緒にいた美紗子がハンドガン撃って殺そうするが失敗して2人で逃げる。

TVニュースです。
白昼の殺人。通り掛かりの御婦人が死亡。目標の男は重症。でも死んでない。

外にて。
花田と美紗子。
あなたはおしまいよと言われてる花田。あなたは死ぬのよとも言われてる。
サヨナラといなくなる美紗子。

花田の自宅アパートにて。
帰宅する花田。
風呂場のシャワーで驚いてる花田。しかし何で驚いてるのかわからん。
とにかくアバンギャルドなんです。

今度は風呂場で真美とセックスする花田。
高飛びするために電話をしてるとこをいきなり真美に撃たれる花田。
真美はズラかります。
花田はベルトのバックルで助かったようです。しかしアパートが火事になってます。
ようやく脱出してる花田。

オープンカーがあります。
乗り込むかと思ったらそうではない花田。
美紗子がいます。

美紗子の自宅アパートにて。
壁には蝶の標本。カゴには小鳥がいる。
何故か真理アンヌが出てくると雨やシャワーになるらしい。
とりあえずここにいる花田。

何だか亭主面になって米買ってこいと命じてる花田。
それから美紗子のハイヒールを脱がせてストッキングも脱がせてます。
セックスになるのかと思ったら花田の手には潰れた虫が・・・
このへんは全く意味がわからん。とにかくアバンギャルドなんです。

撮影は見事で真理アンヌがマジできれいに撮れてます。
これだけで見る価値があります。
真理アンヌもアバンギャルドだけど代表作があってよかったと思う。
この作品がなかったら代表作はTVシリーズ『ウルトラマン』(1966年)の第32話『果てしなき逆襲』だけになるとこでした。

窓からぶら下がって脱出してる花田。これを見ている美紗子。
また戻って美紗子に毒針はどこだ?と聞いてる花田。

美紗子の服を脱がしていよいよセックスになってます。
ちゃんと真理アンヌのおっぱいが見えてます。凄いな。
セックスが済んだので美紗子を殺そうとする花田。

外にて。
歩いてる花田。美紗子を殺すのはやめたらしい。

美紗子の自宅アパートにて。
また戻ってる花田。銃を突きつける。
で、また出て行くと言ってる花田。銃を向ける美紗子。
その銃の銃口には泥を詰めたから撃つなと教える花田。

このへんは画面に色々なマスクがかかってます。
もちろん何だかわからん描写です。とにかくアバンギャルドなんです。

道路にて。
酔いつぶれている花田。

建設途中の高層ビルがよく見えます。霞が関ビルか?
どこでもガス炊飯器はパロマです。

美紗子の自宅アパートにて。
飯の匂いかいでる花田。

依頼人の愛人のアパートにて。
ここに忍び込む花田。勘違いして花田に抱きつく愛人。
ようやく気がついて驚愕してる愛人。どうやら真美のようです。

発狂したみたいになって状況説明してる真美。
これまで殺しの依頼はダイヤモンドの密輸が絡んでいるようです。そうなの?。
もちろんこれまで見ていて全くわかりませんでした。

どうせ死ぬならセックスしましょうと迫る真美。
そんな真美をいきなり撃つ花田。ここは何となくわかる。アバンギャルドではない。
で、ドアを閉めるついでにとどめを刺すためにまた撃ってる花田。
真美はトイレで死んでます。髪の毛が流れてます。当時は水洗トイレはあったのか。ここは渋谷辺りなのであったのかもしれない。

依頼人の旦那がやってきます。待ち伏せしてる花田。
なかなかドアが開かない。ようやくドアが開いたらもう死んでる。驚愕する花田。

外にて。
酒を飲みながら歩いてる花田。

花田の自宅アパートにて。
帰宅する花田。照明スイッチに連動して映写機がスタートするようになってます。
映写されたのは拘束された美紗子で火あぶりになってる。
美紗子が何を言ってるのか一生懸命に口の動きを読もうとする花田。
そんなこんなでフィルムの最後は花田の呼び出しになってます。

横須賀の港付近にて。
堤防をクルマで進む花田。クルマは何だかわからん。

回想で?喫茶店の花田が電話を受ける。
電話で殺し屋ナンバー1は誰だ?と話してます。
それで喫茶店の女の子はわけもなく笑ってる。意味不明。アバンギャルドです。

横須賀の港付近にて。
堤防をクルマで進む花田。撃ち合いになってます。
クルマのホイールにはMと表示がある。何だろう?リアエンジンではない。
花田はクルマの下に潜りロープを引く。そうするとクルマが前に進む。とにかくそうなってる。

肝心のライフル銃が作動不良になってる花田。
相手をクルマで轢いて片づけてる花田。これで完了なのか?

また別のクルマが来ます。リムジンです。
服を脱いでいなくなってる花田。

リムジンにて。
いきなりリムジンの後に回っている花田。クルマ内の2人を片づけます。
これで終わったとブリーフだけで倒れ込む花田。

服を着て引き上げる花田。
近くには空母が通過してます。そうなるとここは横須賀だなとわかります。

俺は死なないと笑う花田。
そんなとこに声がかかる。これが南原宏治扮するナンバー1です。
護送してもらったと言ってる。そうなの?。あんまり若過ぎるのでお客が南原宏治だとわからなかった。

ベンツのリムジンで移動となります。
外の風景が流れるとこがきれいに撮れてます。

街にて。
リムジンから降りる花田。

美紗子の自宅アパートにて。
ここに入る花田。もう花田の自宅アパートみたいになってます。

電話です。ナンバー1からです。
そこにいた方がいいと言われてる花田。

ネガ反転のシーン入ります。アバンギャルドです。もちろん意味不明。
オリンピックの体育館が映ってます。そうなると渋谷辺りなのか?

電話でお前が見えると嫌がらせされてる花田。
今度は呼び鈴がなってます。居留守の花田。

座って首を吊ってる花田。
と思ったら自殺ではなく眠らないようにしてるらしい。

花田ですがやっばり寝てます。電話がかかってきます。
電車の音がするだろう。お前のすぐ側だと言ってるナンバー1。
食料庫はあと何日だと言ってます。これは嫌がらせの一環らしい。

いよいよおかしくなってる花田。それでも酒はしっかりと飲む。
もういない美紗子を呼んで蝶の標本をいじってる花田。相当おかしくなってます。

非常階段を使って外に出てる花田。
オープンカーで移動してます。

湖にて。
レストランでカレーを食ってる花田。飯の匂いをかぐのは忘れない。
ここまで電話が来てます。湖で飯が食いたくなったと主張してる花田。

美紗子の自宅アパートにて。
帰宅する花田。ナンバー1はどこだ?となってます。
撃たれます。しかしナンバー1の姿を見たような花田。

いよいよやってくるナンバー1。しばらくここにいるつもりらしい。
ジョン・ウー監督作品でおなじみの向かい合ってハンドガンを突きつけるシーンがあります。もしかしてこの作品が元ネタ?

ベッドにて。
手をロープで拘束して寝てる花田とナンバー1。
ナンバー1は目を開けて眠ってます。驚愕する花田に訓練が足りないと説教します。

今度は座り小便をするナンバー1。これも訓練のたまものらしい。
さすがに驚愕しないで呆れてる花田。

腕を組んでトイレを使う花田。とにかくそうなってる。
そんなとこに呼び鈴です。郵便局の小包でした。

ナンバー1は美紗子の話しをする。
それから腕を組んで飯を食いに出かけます。

レストランにて。
花田とナンバー1。
小包の話しをするナンバー1。あれは美紗子の骨が入ってる骨壷かも?

トイレに行って幻想を見る花田。とにかくそうなってます。

美紗子の自宅アパートにて。
戻っている花田。
ナンバー1のハンドガンのマガジンにメモが入ってます。
越楽園ジムに01:00AMから03:00AMに3日待つ・・・

小包の中身ですがやはり骨壷です。骨ではなくフィルムが入ってます。
上映すると包帯と松葉杖ですが美紗子が生きていることがわかる。

画面外からボクシングの実況中継が聞こえてきます。
アイム・チャンピオンと繰り返し聞こえる。
俺がナンバー1だとその気になってる花田。

越楽園ジムにて。
ここに入る花田。01:00AM
黒いマスクがかかったシーンが連発します。
アバンギャルドです。もちろん意味はわかりません。

ひたすら待つ花田。もう03:00AMになってます。
何故か靴がない花田。それでどうなる?

リング下にナンバー1の録音テープが再生されます。
相手をじらして疲れさせる・・・

いきなりナンバー1が出てきて撃たれる花田。
しかし撃たれたふりをして反撃する花田。照明が消えます。
撃たれるナンバー1。撃ち合いになってます。
そんなんこんなで何とかナンバー1を仕留めたような花田。

それで俺はナンバー1だと叫ぶ花田。
これがしつこいんです。何でそうなのかは不明。アバンギャルドです。

いきなり照明が点灯する。
それで反射的にここに来た美紗子まで撃ってしまう花田。

リングから転落する花田。
また宍戸錠の歌が入りエンドとなります。


そんなわけでアバンギャルドなよい作品でした。


にほんブログ村に参加しています。気が向いたらクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

« Hollywood Express #635◆2015.08.22(土) | トップページ | 『野獣の青春』 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75473/62179492

この記事へのトラックバック一覧です: 『殺しの烙印』:

« Hollywood Express #635◆2015.08.22(土) | トップページ | 『野獣の青春』 »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。