映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« Hollywood Express #628◆2015.07.04(土) | トップページ | 『ディス・イズ・ジ・エンド 俺たちハリウッドスターの最凶最期の日』 »

2015.07.11

『ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!』

この作品は、エドガー・ライト監督、サイモン・ペッグ他主演のSFアクション・コメディのようです。
なおこの文はネタバレ全開となっています。

2013年 Big Talk Productions (in association with) (as Big Talk Pictures)/Working Title Films (as Working Title)/Relativity Media (in association with)/Universal Pictures (presents: UK) 英国作品
ランニング・タイム◆109分
原題◆The World's End
プロット◆パブ巡りをして色々とある話しのようです。
音楽◆スティーヴン・プライス

キャスト
サイモン・ペッグ→アル中のゲイリー・キング
ニック・フロスト→法律事務所のアンディ・ナイトリー
パディ・コンシダイン→建設業のスティーブン・プリンス
エディ・マーサン→カーディーラーのピーター・ペイジ
マーティン・フリーマン→不動産業のオリバー・チェンバレン
ロザムンド・パイク→オリバーの妹サム・チェンバレン

ピアース・ブロスナン→シェパード先生
デビッド・ブラッドリー→おじいさんのマッド・バジル
不明→ヤクのの売人トレバー
ビル・ナイ→ザ・ネットワークのVC

トーマス・ロウ→ヤングなゲイリー
ザカリー・ベイレス→ヤングなアンディ
ジャスパー・レヴィン→ヤングなスティーブン
ジェームズ・ターピー→ヤングなピーター
ルーク・ブロムリー→ヤングなオリバー
フローラ・スローチ→ヤングなサム

マーマレード・サンドのエリカ、トレーシー、ベッキー。
サマンサ・ホワイト→エリカ・リークス
ローズ・レイノルズ→トレーシー・ベンソン
ソフィ・エヴァンス→ベッキー・ソルト

フランチェスカ・リディ→Teenage Twins
シャーロット・リディ→Teenage Twins

スティーヴ・オーラム→白バイ警官
ダーレン・ボイド→ピーターをいじめていたシェーン・ホーキンス
ジェームズ・グランストロム→サムの高校時代のあこがれエイドリアン

マイケル・スマイリー→Reverend Green
リチャード・グレアム→Head Builder
アリス・ロウ→Young Lady
レイフ・スポール→Young Man
ジュリア・ディーキン→B&B Landlady

エドガー・ライト監督の演出はよいと思います。
全体的にいつもと同じに出来てます
『ショーン・オブ・ザ・デッド』(2004年)
『ホットファズ 俺たちスーパーポリスメン!』(2007年)

ピアース・ブロスナンがシェパード先生役とは全く気がつかなかった。

BS193 WOWOWにて。
画質は非常によいです。
スクイーズ収録のフル表示。
画面サイズはワイド。上下に黒味あり。
音声は AAC 5.1ch

番組一覧
音声は5.1ch

Universal Pictures (presents: UK) 音楽が違う。
Working Title Films (as Working Title)

プロローグ
モノローグで始まります。
1990年6月22日 高校卒業の日
オリー
ピート
スティーブ
アンディ
そして通称キングのゲイリー・キング
それぞれのキャラ紹介となります。
ここは子役というか若い俳優を使ってます。

シェパード先生
ニュー・ヘイブンという町。
12のパブの話しになってます。ゾロゾロとパブの名前が出ています。
最後の店が World's End ワールズ・エンド。

愛車はビースト、フォード・グラナダ。
→ 1982 Ford Granada 2.8i Ghia X MkII
高校最後のパブ巡りは12軒までたどり着けなかった。
そんなわけでゲイリー・キングはこの日がピークだった・・・

現実に戻ります。
ゲイリー・キングを演じるのはサイモン・ペッグになってます。
大勢で互いに自分のことを話す療法をやってます。アル中の治療らしい。

タイトル
Universal Pictures (presents: UK)
Relativity Media (in association with)
Working Title Films (as Working Title)
Big Talk Productions (in association with) (as Big Talk Pictures)

The World's End

現在のキャラ紹介になります。
ピーター
アウディのステーションワゴンで出かけるピーター。
→ 2012 Audi A4 allroad quattro B8 [Typ 8K]
怪しい人影を見ます。一目でゲイリーとわかったらしい。しかしもういない。

アウディのディーラーにて。
ここに勤めているというか社長が父親のピーター。
で、ゲイリーがコンタクトしてきます。迷惑そうなピーター。
パブ12軒巡りをやろうと強く進めるゲイリー。

スティーブン
建設業。現場監督をやってます。
セリーナと離婚して10年。
ゲイリーがコンタクトするとアンディは?と必ず聞かれてます。

オリバー
不動産業。マーティン・フリーマンが演じてます。
いつもインカムを付けてます。携帯電話につながってる。
ゲイリーがコンタクトしてきます。またアンディの話しが出る。

アンディ
ナイトリー法律事務所にて。
ここの社長をやってるアンディ。すっかりまじめになってるらしい。
ゲイリーがコンタクトしてます。
もう高校があった町は出てロンドンにいる面々。
ゲイリーは母親が亡くなったと泣き落としでアンディを誘う。

14:58 駅にて。
結構集まりはよくてもうゲイリー以外の4人がそろってます。

ゲイリーはクルマで現われる。
高校時代のあのクルマです。フォード・グラナダ。
ゲイリーはレストアをしたと言ってます。
ここから高校時代の町へドライブするようです。

クルマにて。
5人乗りなのでちょうどいいようです。

サービスエリアにて。
ゲイリーはいない。ゲームをやっていました。
アンディに600ポンドを返してたゲイリーですが実は他の面々から借りて返したとわかります。
ニュートン・ヘイブン。これが高校時代の町です。ニュー・ヘイブンではない。

白バイに捕まる5人のクルマ。
→ 2012 Honda ST 1300 Pan European
ブレーキランプが片方切れてますが用件。
運転してるゲイリーはピートを名前を騙る。白バイ警官はあまり怪しまない。
そんな感じで無事に放免されてます。

英国初の円形交差点の看板があります。1909年誕生。
これが信号がない交差点らしい。日本でも真似して導入しているところもある。

ホテルにて。
ここでフロントのおばさん相手に喋りまくるゲイリー。
パブの名前の12連発。おばさんは何だかわからん状態。

徒歩で移動の5人。結構目立ちます。
ゲイリーはピンポンダッシュをやって高校生に戻ってます。

出発点。
1番目のパブ。
カウンターのオッサンはレイモンド。
アンディだけがビールも飲まない。そうなるとゲイリーが突っ込む。
何で禁酒したらいけないんだとぶち切れてるアンディ。

高校時代にセックスしたカレンの話しをてるゲイリー。
カレンはパリに行ったらしい。

シェークスピアの『冬物語』からクマゴロー=ヨギベアの相棒はブーブーだという話しになってます。
何故そうなるのかはよくわからん。

2番目のパブ。オールド・ファミリア。
これが1番目のパブと全く同じ造りになってます。チェーン店なのでそうなるらしい。
カウンターのオッサンはデイブ。
親しげに話しかけるゲイリーですがアンタ誰?と言われてる。
まだアンディは水を飲んでます。

ゲイリーの母親の葬式の話しになってます。ゲイリーは適当に話す。
ヘッドセットのオリバーが携帯電話で話してる。妹のサムが来るらしい。

もうサムが来てます。
ロザムンド・パイクがサムを演じてます。まだ『ゴーン・ガール』(2014年)に出演する前です。
再会の挨拶になってます。

トイレのサムを追っかけてるゲイリー。
高校時代にトイレでセックスしたことをまたやるつもりらしい。
当然断られてサムにひっぱたかれてるゲイリー。

戻ったとこでサムはすぐに帰ります。

また歩いて移動の5人。
サムにもらった? out of order の札を首にぶら下げてるゲイリー。

3番目のパブ。フェイマス・コック
おじいさんのマッド・バジルを見つけるゲイリー。
バジルは高校時代からいたパブの常連客。
このパブにはゲイリー・キングは一生入店禁止の張り紙がしてあります。当然現在も有効なのでたたき出される5人。
ビールが飲めないと目的が達成できない。
それでもゲイリーは店の前にテーブルに残ってるビールを飲む。3杯ぐらいあったビールを全部の飲んでるゲイリー。

4番目のパブ。クロス・ハンズ
今度はビールに食事もしてます。
エリカ、トレーシー、ベッキー、マーマレード・サンド。
昔セックスした女の名前。何故かこの店にいるらしい。

シェーン・ホーキンス。ピートをいじめていた体育会系の男が登場。
嫌なことを思い出して不快になってるピート。

で、酔うのは1人でだけで十分だろうと言われてるゲイリー。
そんな感じで4人は帰りたがる。
ゲイリーはオレは自由なんだと負け惜しみに近いことを言う。

トイレに行くゲイリー。
テーブルのゲイリーが置いていった携帯電話が鳴ります。発信はママになってます。
そうなるとアンディがぶち切れる。

トイレにて。
ゲイリーは若い男に話しかけるが無視される。
それで若い男につかみかかるゲイリー。格闘アクションになってます。
若い男の首が取れて青い血が流れる。ロボットだったらしい。

そんなとこにアンディが来てゲイリーに文句を言う。
他の3人も来たとこで若い男の頭がとれたと見せるゲイリー。
これはビックリの4人。WTFだと言ってるオリバー。

そんなとこに似た感じの若い男達が入ってます。
10人ぐらいが入り乱れた格闘アクションになります。
そうなると随分は正体がわかるのが早い感じがします。出し惜しみしてないのがいい。
とりあえずやっつけてるゲイリー一行。

WTFの意味は?→こりゃなんだ?、でした。

それでどうする?となる5人。
携帯電話が通じません。5人ともそうなってます。
自分のことを覚えていないのは何かに乗っ取られたせいだと主張するゲイリー。

トイレから店内に戻る5人。
店内は普通です。トイレのドアに out of order の札をぶら下げてるゲイリー。
飲んだらすぐに出ようとなります。
クルマですぐロンドンに逃げようと主張する他の4人。
ここでアンディがゲイリーの用意した一気飲みグラスを全部を飲んでます。
心境の変化があったらしい。これで飲んでいなかった分まで飲んだらしい。

白バイ警官がいます。
ピーターと呼ばれて本物のピーターが返事して怪しくなるが何とか切り抜ける。

相談の続きでゲイリーは怪しまれないために予定通りの行動。すなわちパブ12軒巡りをやろうと主張する。
酔っぱらったアンディがその気になってます。

徒歩で移動の5人。歌が流れます。

5番目のパブ。グッド・コンパニオン
何だか回りの客達から見られている5人。
町中でも見られていたし、店内でも見られている。

徒歩で移動の5人。

6番目のパブ。トラストリー・サーバント
ゲイリーは交渉してくると緑の牧師、ヤクの売人の席に行く。事情を聞けるしヤクも買えるとのこと。

ゲイリーとヤクの売人。
スーツ姿でスッカリかたぎになってるヤクの売人。
ロボットの話しをするゲイリー。そのことはちゃんと知ってるヤクの売人。
そんなとこに隣の客が話に割り込んでくる。ロボット談義になってます。

カウンターのオッサンがトレバーに電話だとヤクの売人を呼ぶ。
ヤクのの売人の名はトレバーでした。君の監督者から電話だ・・・
恐縮して電話してるトレバー。パブから出ていきます。
そんなこんなで出て行けと言われて出ていく5人。

7番目のパブ。ツーヘッド・ドッグ
パブに入る前からゾロゾロと追っかけて来るのが大勢います。
ここのカウンターのオッサンはゲイリーのことをよく覚えていて愛想もいい。

そうなると昔より愛想がいいから偽物だと判断してる5人。
本物と偽物を区別する方法は?で議論となります。
代名詞の使い方だとなるが代名詞談義になって話しが進まない。

サムが来てます。
ゲイリーがコンタクトする。サムも何だか町の雰囲気が違うと思ってる。
またトイレに行ってるサムとゲイリー。やはりひっぱたかれてるゲイリー。

サムは知人の双子姉妹と話しをする。
青ロボットに町が侵略されたと双子姉妹に話してるサム。
そうなるとまずい雰囲気になります。そんなとこにゲイリーが助けに来る。
双子姉妹の片方は格闘アクションになってるゲイリー。結構頼りになる。
こうなるとサムも信じるようです。
そんなとこにスティーブンが来てサム君を愛してるといきなり告白する。

双子姉妹の方は合体して1人になって格闘アクションを挑んできます。
そんなこんなで何とか片づける3人。

店内にて。
戻るゲイリー、サム、スティーブンの3人。
ブランク2体と格闘したと話してます。青い血のロボットはブランクと称するようです。
この会話をはまわり中に聞かれてます。

徒歩で移動となります。

8番目のパブ。マーメイド
ここはスクール・ディスコと称してます。その通りの客層になってます。
制服姿の女の子が大勢います。
サムはクルマで来ているので早く逃げましょうと主張する。

スティーブンはバジルに呼ばれて行く。
物陰でバジルの事情説明を聞くスティーブン。
まずはバジルに本物?と聞くスティーブン。
バジルじいさんが言うには、奴らは宇宙から来た。徐々に入れ替わっていった。
侵略ではなく合併だ・・・
協力すればそのままですが、拒否すると強制的にブランクと入れ替わる。
そんなわけでバジルじいさんはDNAを採られないようにストローでビールを飲んでるとか。そうなの?
入れ替わられた本体は肥料にされてとてもエコになってるとか。
バジルじいさんはスティーブンに逃げろと警告する。

店内にて。
マーマレード・サンドの3人がいます。しかも高校時代のまま。
これはビックリの面々。

高校時代のあこがれエイドリアンがそこにいると言われるサム。
マジでエイドリアンが高校時代そのままでいます。
スティーブンがちょうど逃げてきてサムと逃げようとする。

ゲイリー、アンディ、ピートの3人はマーマレード・サンドとくっついてます。
スティーブンとサムは何とか引き離す。

外に出ている5人とサム。
本物のエイドリアンですがもう死んでいるそうです。そりゃ怪しい。
逃げるか?逃げない?、この状況はホントなのか?議論になってます。
そのへんには怪しい連中がゾロゾロと来ています。

ゲイリーはオリバーの挙動がおかしいと突っ込む。
それでも文句が少ないオリバーの方がいいとなってるゲイリー。

9番目のパブ。ビーハイブ
誰かが待ってます。高校時代のままのシェパード先生です。これは怪しい。
ゲイリーは単刀直入にロボットですか?と聞く。彼らの名は?

シェパード先生は彼らは敵ではないと物分かりがよ過ぎる。
最初から怪しいけどどんどんと怪しくなってるシェパード先生。

ここでオリバーですがもう入れ替わっていたようです。これはビックリ。
道理で物分かりがよ過ぎるとなってます。

シェパード先生は非常ベルボタンを押す。
そうなるとまわり中が連中が正体を現す。目と口が光ってます。大勢です。
ここはアンディが格闘アクションを一手に引き受けてます。
それから逃げます。

ゲイリーとサムが一緒に逃げる。
上に逃げたらちょうど下にサムのクルマがあります。
→ 2004 Ford Fiesta 1.4 Ghia MkV
そのままダイビングするゲイリー。クルマの屋根がへこみ窓が割れてる。
ゲイリーはサムだけで逃げてくれと言う。
サムはゲイリーに本物の兄オリバーを探してくれと頼む。
トイレの思い出の話しになるゲイリーとサム。
サムは窓が割れてるクルマで脱出する。

ゲイリーは追われてます。
何となくアンディとピートに合流してます。
口論になってます。何でサムを1人で逃がしたと責められるゲイリー。

それからゲイリーが偽物なのでは?と疑われる。
文字通りの古傷を見せて確認となってます。スズキの原付で足を轢いたとか・・・
ゲイリーは刺青まで見せてます。少し違う。そうなると疑われるゲイリー。
自分で頭を柱に打ち付けるゲイリー。これで信用されたらしい。

そんなとこ大勢押しかけてきます。
外に大勢いるならパブには誰もいないだろうとなります。

徒歩でが移動中のことで遅れていたピートがが呼ばれる。
これがいじめっ子でした。高校時代のまま。これは大変。

ようやくピートがいないとこに気がつくゲイリーとアンディ。
ピートはいじめっ子に仕返しをしてます。やり過ぎに見える。
しかしピートは大勢に囲まれている。もうダメです。

今度は白バイが来ます。
ここを突破するゲイリー。

アンディはゲイリーを殴って昏倒させて担いで運ぶ。
クルマで脱出しようとするアンディ、ゲイリー、スティーブンの3人。
近代美術のオブジェまで動いてます。

10番目のパブ。キングス・ヘッド
誰もいない。アンディ、ゲイリー、スティーブンの3人だけ。
パブの裏にはフォード・グラナダがあります。しかし人通りも多い。
ゲイリーは気がついてビールを飲んでます。地図にチェックを入れる。10件目。

ゲイリーは次のパブを目指す。アンディもしょうがないので追う。
大勢に追われてます。

11番目のパブ。ホール・イン・ザ・ウォール
アンディは大勢を相手に奮闘してるのにゲイリーはまずはビールを飲もうとする。
そんなことにクルマが突っ込んできます。スティーブンの運転するフォード・グラナダです。
ゲイリーは次のパブに行ってしまう。
スティーブンのクルマは大勢に襲われます。これは危ない。
アンディは逃げる。

アンディは高校時代のままの女の子に迫られるがやっつける。
女の子のが前に飲み込んだ指輪を腹の中から回収してる。

12番目のパブ。ワールズ・エンド
何故か12と表示されたグラスが用意されてます。
アンディはゲイリーにもう飲むなと責める。
で、アンディは妻子は出ていったと話す。自分は上手くやってるわけではない。
ゲイリーはオレは飲むしかやることがないと話す。実は高校時代の最後のパブ12軒巡りが人生最高の日だった・・・

ゲイリーの手首にタグがあります。患者名ゲイリー・キング。
やはりアル中更生施設にいたようです。
あれからずっとアル中だったと告白するゲイリー。

とこかからスタンバイせよと聞こえてきます。
床が円形に下がっていきます。パブのカウンター付近ごと下がる。
これは1960年代スパイ映画の秘密基地仕様の仕掛けです。いいじゃん。

下がりきったところにて。
ゲイリー・キングと呼ばれてます。潜在能力を引き出したい・・・
そんな話しになってます。
ピートが出てきて説明する。オリバー、シェパード先生、ヤクの売人、いじめっ子等も出てくる。

体を交換した方が君の理想通りになると説得してる声。
我々はネットワークだといってる声。
それで若い時の5人が姿を現す。
しかしこれを拒否するゲイリー。
アンディは職業柄で議論するのは得意らしい。三百代言ともいうけど。
そんなわけで法廷ドラマみたいになってます。

酔っ払いが3人だと叫ぶゲイリー。
話しを聞けといらだつネットワークの声。

ここにはギャラリーが大勢いますが全部がブランクではなく人間も3人ほどいるようです。
酔っ払い3人は自由が欲しいと主張する。

それでネットワークの声はもういいやといなくなる。
俺達は勝ったとなるゲイリーですが基地が爆発してる。
ここにいたバジルじいさんがこっちに逃げろと案内する。

ようやく外に脱出してるゲイリー、アンディ、スティーブン。
他にバジルと2人。

クルマが来ました。サムのクルマです。
乗り込むゲイリー、アンディ、スティーブン。
爆発してるとこをクルマで脱出となります。
バックでスピンターンして方向転換してます。サムは運転が上手いな。映画だから

走るクルマを爆発が追いかけてきます。
爆発に追いつかれて止まるクルマ。
慌ててクルマから出るゲイリー、アンディ、スティーブンとサム。
ニュートン・ヘイブンの町は全滅しています。

モノローグが入ります。ゲイリーらしい。
地球の静止した日をを忘れはしない。
ゲイリー、アンディ、スティーブンとサム。大変な夜だった。

途中からモノローグがアンディに交代してます。
ロンドンまで歩いた。しかしロンドンも全滅していた。
ネットワークが引き上げて地球を暗黒時代に戻した。

それからブランク達が勝手に動き始め元へ収まった。
ピートは家庭に戻り、オリバーは不動産業をしてる。

スティーブンとサムはくっついた。
そしてゲイリーは行方不明、ニュートン・ヘイブンに戻ったという話しもある・・・

エピローグ
ニュートン・ヘイブンにて。
ゲイリーと若い頃の4人。パブに入ります。
5人分の水を要求するゲイリー。断られる。
そうなると戦闘態勢になるゲイリーと4人。
エンドとなります。

そんなわけでエドガー・ライト監督、サイモン・ペッグ主演らしいよい作品でした。


にほんブログ村に参加しています。気が向いたらクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

« Hollywood Express #628◆2015.07.04(土) | トップページ | 『ディス・イズ・ジ・エンド 俺たちハリウッドスターの最凶最期の日』 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75473/61873228

この記事へのトラックバック一覧です: 『ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!』:

« Hollywood Express #628◆2015.07.04(土) | トップページ | 『ディス・イズ・ジ・エンド 俺たちハリウッドスターの最凶最期の日』 »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。