映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« 『夜の悪魔』 | トップページ | Hollywood Express #607◆2015.02.07(土) »

2015.02.08

『女ドラキュラ』

この作品は、ランバート・ヒルヤー監督、オットー・クルーガー、グロリア・ホールデン主演の吸血鬼ホラーのようです。
なおこの文はネタバレ全開となっています。

1936年 Universal Pictures (as Universal Productions Inc.) アメリカ作品
ランニング・タイム◆71分
原題◆Dracula's Daughter
プロット◆吸血鬼の娘が人間になりたいと色々やる話しのようです。
音楽◆Heinz Roemheld ... (uncredited)

キャスト
オットー・クルーガー→ジェフリー・ガース医師
マルゲリーテ・チャーチル→秘書のジャネット
グロリア・ホールデン→ドラキュラの娘 伯爵夫人
アービング・ピシェル→下僕のサンダー
エドワード・バン・スローン→バン・ヘルシング教授
ギルバート・エメリー→ハンフリー署長
ナン・グレイ→雇われモデルのリリー
ヘッダ・ホッパー→Lady Esme Hammond

ランバート・ヒルヤー監督の演出はよいと思います。
全体的に普通のドラキュラ映画になってます。

主演のグロリア・ホールデンは舞台女優らしい。熱演してます。
下僕のサンダーは誰かに似てると思ったがベニチオ・デル・トロに似ているんです。

コスミック出版発売のDVDにて。
画質はまあまあ。
スクイーズ収録のフル表示。
画面サイズはスタンダード。左右に黒味あり。
音声はドルビーデジタル2.0ch

コスミック・ピクチャーズのタイトル
画質が悪いですと著作権のアラート
メニュー画面

コスミック・ピクチャーズ独自のタイトル
『女ドラキュラ』(1936年)

タイトル
何故か飛行機の音がしています。意味がわからん。→これはユニバーサル・ピクチャーズのタイトルに付いていた効果音でした。
Universal Pictures (as Universal Productions Inc.)
Dracula's Daughter
Otto Kruger
Gloria Holden
Marguerite Churchill
タイトルバックは何かのイラストです。

お城の地下室みたいなとこです。
お巡り2人がパトロールをしてる。
階段下には男の死体があります。これはビックリのお巡り2人。

近くの部屋からじいさんが出てきます。職質をするお巡り。
犯人は奥で死んでいると話すじいさん。
お巡りが部屋を見に行くと棺桶があります。そこには杭で刺された死体がある。
私がやったとじいさん。棺桶の死体はドラキュラ伯爵だ・・・
そんなわけで逮捕されるじいさん。
ところでここに倒れてる男は誰?となってます。

スコットランドヤードにて。ここはロンドンです。
バシル・ハンフリー署長とじいさん。
このじいさんはバン・ヘルシング教授でした。あれは吸血鬼だと力説してます。
ジェフリー・ガースを呼んでくれとリクエストしてるヘルシング教授。
ハンフリー署長はジェフリー・ガース医師は精神科医ですよ。いいんですか?といった感じ。
ヘルシング教授は死刑か、精神異常か、2つに1つになってるそうです。
会話で階段下の死体はドラキュラ伯爵の手下レンフィールドだとわかる。

棺桶2つの番をしてるお巡り2人。
下っ端のお巡りは怖がりです。
何やら音がするので見に行くと土が盛り上がってる。これはビックリでもう1人のお巡りか見に行くと確かに土が動いてる。
で、もう1人を上役を迎えに出て怖がり1人で見張りとなる。一応リボルバーを渡されてます。

お巡り1人のとこに誰か来ます。黒い頭巾にガウンの女性です。
死体を見せてと女性。規則ですからと断るお巡り。
そうなると女性は指輪を見ろと言う。これが催眠術でお巡りがやられます。
時計が進むモンタージュが入る。

上役のウィルクス巡査部長を連れて戻るお巡り。
見張りのお巡りはイスに座って固まってます。そのまま倒れる。
で、ドラキュラ伯爵の死体がなくなってます。これはビックリ。
それでレンフィールドの死体は置き去りにされてます。こっちはいらないらしい。

墓場のようなところにて。
先ほどの女性がいます。下僕のような男サンダーもいる。
ドラキュラ伯爵の死体を燃やしてます。これで解放されるらしい。
十字架を見ないようにしてドラキュラ伯爵と一緒に燃やしてる。
これで大丈夫だとしてる女性ですが、夜が明けますよと結構冷静なサンダー。

街中にて。ガス灯の時代です。
本屋に2階にて。ここが女性とサンダーがアジトです。
日が暮れましたと知らせるサンダー。
呪いは解けたと主張してる女性。ドラキュラ伯爵の娘。通称伯爵夫人。

これで普通の人生が送れると1人で盛り上がってる伯爵夫人。
ピアノを弾いて楽観的な伯爵夫人と、それは無理だろうと悲観的なサンダー。
夜なので出かける伯爵夫人。

街中にて。
紳士をナンパしてる伯爵夫人。指輪を使って催眠術を使う。

アジトにて。
帰宅する伯爵夫人。夜が明けたので戻っています。
また血を吸ったと言ってる伯爵夫人。それから棺桶に入って眠ります。
そうなると状況は全く変わっていないらしい。

検死にて。
紳士の検死をやってます。階段席もあって見物人がいます。
首に傷跡がある。血がなくってる。死因を原因不明。

狩猟倶楽部にて。
ここに来ているジェフリー・ガース。これから鳥撃ちだと張りきってる。
そんなとこに秘書のジャネットがクルマでお迎えに来る。
相変わらずユニバーサルの女優さんはお下品です。これがいい場合もある。

オットー・クルーガーがジェフリー・ガースを演じてるようです。
声でわかった。いい声してるセリフも通ってる。
何でスターになれなかった?、それらオットーでクルーガーだからです。時期的にドイツ系の名前ではスターにはなれない。
そんなわけで悪役専門になって『逃走迷路』(1942年)に出ていました。

ジェフリーに急用でロンドンに送るために来たジャネット。
スコットランドヤード、ヘルシング教授が大変。戻るしかないようです。
そのままクルマに乗ってるジェフリー。
買ったばかりの水平2連ショットガンを友人のグラハムに渡してるジェフリー。

スコットランドヤードにて。
ヘルシング教授とコンタクトするジェフリー。
正気だと証明してくれと言ってるヘルシング教授。
ヘルシング教授はジェフリーの先生らしい。
吸血鬼は迷信ではないと力説してるヘルシング教授。

パーティにて。
ジェフリーが来てます。ジャネットもいる。
ハンガリーからザレスカ伯爵夫人ですと紹介があります。
これが例の伯爵夫人です。画家という触れ込みらしい。
ジャネットが焼きもちを焼いてます。

パーティではドラキュラ伯爵夫人の話題になってます。
そういえばドラキュラ伯爵の死体は行方不明のままでした。
ジェフリーの解放される話し云々に興味津々の伯爵夫人。

病院にて。
ジェフリーとジャネット。
蝶ネクタイを結んでるジャネット。これが適当な結び方でしたと落ちがつく。

アジトにて。
伯爵夫人とコンタクトしてるジェフリー。
吸血鬼は鏡に映らない話題になってます。それでここに鏡はない。

サンダーから先生にお電話ですとジェフリー。
これがジャネットのいたずら電話だったりします。

伯爵夫人は助けて欲しいとジェフリーにお願いしてる。
いきなり死後の世界から影響云々と主張してる伯爵夫人。

また電話ですとサンダー。
いたずら電話だと思って文句を言ってるジェフリー。
しかし今度は本物のビーミッシュ病院院長からでした。平謝りのジェフリー。
患者のアンストラクターが暴れているので至急戻ってくれとのこと。
そんなわけで病院に戻るジェフリー。
伯爵夫人は予約は明日の昼ではなく晩にしてくれとお願いしてます。

サンダーですが相変わらずこれは無理だろうといった感じ。
で、伯爵夫人から絵を描くのでモデルを探してくれと言われてます。

街中にて。
橋から川にに飛び込みそうな女性をスカウトしてるサンダー。
食事とカネでモデルにならないかと言ってる。

本屋3階のアトリエにて。
モデルの名はリリー。まずは食事が優先になってます。
それからブラウスを脱いで下着のストラップを落とす。
また指輪を見せて催眠術をかけてる伯爵夫人。リリーはやめてと悲鳴をあげる。

救急車が出動してます。
収容されてるリリー。

病院にて。
ジェフリーが戻るとジャネットがいます。
いたずら電話で辞表を出すとかそんな騒ぎになってます。
そんなとこに記憶を失った患者を診てくれとなるジェフリー。

記憶喪失症の患者はリリーでした。失血して記憶喪失症とのこと。
診断するジェフリー。
これは記憶喪失症ではなく催眠術だと診断してます。それに首筋に傷跡がある。
そんなわけで催眠術を解こうするジェフリー。

その前にヘルシング教授に会いに行くジェフリー。
ヘルシング教授から話しを聞いてます。署長もいます。
この前発見された紳士の死体は血を吸われていた。
襲われた場所を突き止めるんだとジェフリーに言ってるヘルシング教授。
吸血鬼には土を入れた箱があり、夜明けとともに土に戻り休息する。
それで部屋に鏡を置いてない。何だか心当たりがあるジェフリー。
溶暗がよく入ります。

病院にて。
ジャネットがドレスで来てます。オーブリー氏のパーティに行くらしい。
ナースのピーボディに蝶ネクタイを結ばせてるジェフリー。しかし上手くなくて結局ジャネットが結んでます。

伯爵夫人が来ます。ジャネットはジェフリーは帰ったと言う。
しかしジェフリーの声が聞こえたので入ってる伯爵夫人。

伯爵夫人とジェフリー。
ジェフリーにさっそく助けてちょうだいとお願いしてる伯爵夫人。
今夜ロンドンを発つわと話してる伯爵夫人。トランシルバニアに帰るらしい。
ジェフリーからあなたを支配してる正体は?と聞かれる伯爵夫人。

何か機械があります。これは催眠装置で君に使うと説明するジェフリー。
鏡があると聞いて動揺してる伯爵夫人。トランシルバニアに来てと口走る。

そんなとこに内線電話です。
リリーの記憶が戻ったとのとこ。すぐに向かうジェフリー。忙しい。
伯爵夫人はここに待たせるジェフリー。
外にはサンダーがクルマを用意してます。
そんなとこにジャネットが来ます。話しがあると伯爵夫人。
いつるまにかサンダーが来ています。で、ジャネットを拉致する。

リリーの催眠術を解こうとするジェフリー。
例の催眠装置を使ってます。催眠術を解いて尋問もしてる。
真相は指輪、目、モデルは嫌、
場所は?と聞くジェフリー。アトリエ、英語ではスタジオと言ってる。
チェルシーのアトリエ。本屋の3階。
で、リリーは死に至る。話の進行上それでいいのか?と思える。意外とアッサリとしてるジェフリー。次はどうする。
誰の仕業かわかっているとジェフリー。しかし実際にリリーを殺したのはジェフリーだろ。そのへんは軽くスキップしてるハリウッド仕様。面白い。

ジェフリーがオフィスに戻ると誰もいない。
窓の外ではクルマが発進した音がする。
溶暗になります。

街中のジェフリー。
本屋に聞き込みをする。伯爵夫人のアトリエは?
電話を借りてるジェフリー。署長の自宅にかけてここに呼び出してます。
吸血鬼を追っている、ヘルシング教授と一緒に来てくれ・・・

アトリエにて。
呼び鈴が鳴ってます。勝手に入るジェフリー。伯爵夫人はいます。
伯爵夫人はジェフリーとトランシルバニアに行くつもり。
ジェフリーは君は警察行きだと話す。
いよいよドラキュラの呪い、私はドラキュラの娘と言ってる伯爵夫人。
で、ジャネットの話題になります。どこかしら?ととぼけてる伯爵夫人。

慌ててパーティ会場に電話するジェフリー。
ジャネットはこれらかチェルシーで君に会うと言ってた・・・
これは大変と電話を切ったら伯爵夫人はもういない。

白いハンドバッグが落ちてます。ジャネットのらしい。
そんなとこに署長とヘルシング教授が到着します。
ドラキュラの娘と聞いてビックリのヘルシング教授。署長は飽きれてる。
署長にリクエストしてる電話で手配してもらう。

手配するモンタージュ画面になってます。
写真を送る。電信で送る。電話も使う。

スコットランドヤードにて。
署長、ヘルシング教授。
アパートはもぬけの殻。ジェフリーもいない。
電話で飛行機が海峡を渡ったと知らせます。
電報です。トランシルバニアに向かうガース。ジェフリーからの電報です。
これは大変だとヘルシング教授。署長と向かうようです。

空港から複葉機が飛ぶシーンになってます。ここはミニチュア。

トランシルバニアにて。
もうトランシルバニアですがセットてす。ハリウッドのトランシルバニアです。
それっぽい民族衣装の面々が出てます。これは国辱だとハリウッドは世界各国の怒りを買ってるわけです。儲かるのであまり気にしない。
狼の遠吠えが聞こえます。
お城には棺桶があります。フタが開いて伯爵夫人が登場する。

お城の窓に灯が点く。そうなると町の面々はこれは大変と避難しています。
そんなとこに馬車でジェフリーが到着する。
ジェフリーが近くの峠まででいいから行ってくれと御者にカネを渡す。

お城にて。
寝ているジャネット。伯爵夫人に早く血を吸いなさいと勧めるサンダー。
伯爵夫人はジェフリーと取引する材料なのでまだ血を吸わない。
ジェフリー・ガースに永遠の命を与えるとなると話しが違うと気色ばむサンダー。俺はどうでもいいのか?となってます。

馬車で移動してるジェフリー。峠で降ります。

お城に来たジェフリー。
そんなとこにいきなり弓矢を射るサンダー。
ハンドガンを持ってるジェフリー。城の中に入る。
銃声が聞こえるのでジャネットから離れる伯爵夫人。
伯爵夫人とコンタクトするジェフリー。

町にて。
署長とヘルシング教授もクルマで到着してます。
すぐにお城に向かう。

伯爵夫人とジェフリー。
ジャネットには催眠術というより呪いをかけている伯爵夫人。
そのままでは死に至る呪いらしい。
あなたの命と交換よとジェフリーに迫る伯爵夫人。
永遠の命を与えるわとジェフリーを説得しようとしてる。
それでジェフリーに催眠術をかけようとしたらサンダーが弓矢を伯爵夫人に放つ。
心臓を貫通された伯爵夫人はバルコニーまで出て倒れる。

クルマが到着して署長とヘルシング教授が入る。
ジェフリーに弓矢を放とうするサンダーは撃たれて死に至る。
ジャネットは気がついて助かってます。

それでヘルシング教授が倒れている伯爵夫人をみる。
心臓に矢が刺さってる。杭が刺さったのと同じだ。
ドラキュラの娘は100年前に死んでいた・・・
エンドとなります。


そんなわけでドラキュラのバリエーションのよい作品でした。


« 『夜の悪魔』 | トップページ | Hollywood Express #607◆2015.02.07(土) »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75473/61105371

この記事へのトラックバック一覧です: 『女ドラキュラ』:

« 『夜の悪魔』 | トップページ | Hollywood Express #607◆2015.02.07(土) »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。