映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« 『トランス』 | トップページ | Hollywood Express #608◆2015.02.14(土) »

2015.02.15

『モネ・ゲーム』

この作品は、マイケル・ホフマン監督、コリン・ファース、キャメロン・ディアス、アラン・リックマン主演の絵の贋作コメディのようです。
なおこの文はネタバレ全開となっています。

2012年 Michael Lobell Productions/FilmNation Entertainment (in association with)/ArtPhyl (in association with)/Crime Scene Pictures アメリカ作品
ランニング・タイム◆90分
原題◆Gambit
プロット◆贋作を使って色々とある話しのようです。
音楽◆ロルフ・ケント

キャスト
コリン・ファース→絵の専門家ハリー・ディーン
キャメロン・ディアス→テキサス州のPJ・プズナウスキー
アラン・リックマン→傲慢なシャバンダー
トム・コートネイ→贋作画家のネルソン少佐
スタンリー・トゥッチ→ドイツ人の絵の専門家マーティン・ザイデンベンダー
伊川東吾→日本人の絵画コレクター アキラ・タカガワ。
アンナ・スケラーン→シャバンダーの秘書
クロリス・リーチマン→PJと同居のおばあさんマール
不明→大物のカツハラ・ゴウ氏
サダオ・ウエダ→通訳のチャック


マイケル・ホフマン監督の演出はよいと思います。
脚本◆ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン
『泥棒貴族』(1966年)のリメイク作品。
全体的に無難に出来てます。

コリン・ファースはまあまあ。普通にやってます。
オリジナルのマイケル・ケインと比べては気の毒だけど。

キャメロン・ディアスは意外とくたびれた感じのカウガールが合ってます。
そんなに老けた感じに撮れていないのもいい。

BS193 WOWOWにて。
画質は非常によいです。
スクイーズ収録のフル表示。
画面サイズはワイド。上下に黒味あり。
音声は AAC 5.1ch

番組一覧
音声は5.1ch

GAGAのタイトル。カネを出していたのか?
FilmNation Entertainment (in association with)
Crime Scene Pictures
ArtPhyl (in association with)

タイトル
Crime Scene Pictures
ArtPhyl (in association with)
and
FilmNation Entertainment (in association with)
Michael Lobell Productions
タイトルバックはアニメです。
脚本はジョエル・コーエン、イーサン・コーエン。

アルパインへようこそ。どこ?
クルマが走りモノローグが入る。
愚かな友、ハリー・ディーン、ロンドンの絵の専門家・・・
モノローグは運転してるじいさんのようです。
ハリー・ディーンの雇い主シャバンダーの暴君ぶりが少し入る。
そんなわけでディーンは屈辱を晴らすべく計画を実行するのであった。
モノローグのじいさんは少佐と呼ばれてる絵の贋作屋です。

テキサス州、某所にて。
PJ・プズナウスキーを訪ねるディーンと少佐。
まずは雑貨屋で聞きます。何か聞いてます。よくわからん。

ロデオ大会にて。
テキサスに英国人2人がいるのは違和感があります。妙な風景です。
羊だかヤギを投げ縄で仕留めてるPJ・プズナウスキー。
ここはちゃんと編集でスタントにお任せしています。そりゃそうだ。

カントリーバーにて。
ディーンと少佐が来てます。
PJにコンタクトするディーン。
50万ポンドの報酬。アメリカ人に英国ポンドなんてわかるのか?

シャバンダー・メディアのオフィスビルにて。
リムジンが着きます。シャバンダーがやってくる。
シャバンダーは雑誌の写真に写ってる絵を見つけます。
それでディーンが呼ばれます。自分の筋書きなので説明はしやすい。
シャバンダーはPJを空港に迎えに行けと命じる。

空港にて。
段ボールに名前を書いて待ってるディーンと少佐。
黒地に白いストライプのスーツ姿のPJがやって来ます。

クルマにて。
絵の説明をしています。
『モネの積みわら』には夜明けと夕暮れの2枚がある。
で『モネの積みわら 夕暮れ』1940年にナチスに奪われた・・・
アメリカ軍がゲーリングの別荘を急襲して絵を取り返す。ここを指揮していたのがテキサス州のプズナウスキー軍曹。
そんなわけで現在はPJ・プズナウスキーが持ってることになってるらしい。

『モネの積みわら 夜明け』は20年前にオークションで買い取ったシャバンダー。
宿敵のライバルコレクターは日本人のアキラ・タカガワ。

それでリムジンがシャバンダーの屋敷に着きます。
『モネの積みわら 夜明け』があります。
肝心の『もねの積みわら 夕暮れ』の鑑定でもっともらしいことを言ってるディーン。
サインも他も本物ですと鑑定してる。
成り行きで1人になってディーン。猫がいます。ライオン風になってます。

もう仕事が済んでます。
1200万ポンドのカネを受け取ってます。
PJを帰りの飛行機に乗せる。3人で乾杯してます。
空港に着きます。

カントリーバーにて。
想像から戻ってます。
なるほどディーンの想像なのでとんとん拍子に進んだわけです。
まだ肝心のPJにコンタクトしていない。

PJにコンタクトしに向かうディーン。
モノローグでディーンにも1つだけ欠点があった。何事も都合よく考える・・・
いきなり他の男に殴られるディーン。つられて他でもケンカ騒ぎになってます。
少佐は格闘には強いみたい。ディーンは弱い。

バーの外にて。
座ってるディーンと少佐。ディーンの鼻がひどい状態。
そんなとこにPJの方からコンタクトしてくる。ようやく話しになってます。
殴ったのはマール。それで米ドルで80万ドルと聞いてるPJ。

まずPJの自宅トレーラーハウスに行きます。
クルマはデカイ4ドア。多分ダッジ・チャージャー。
→ 2011 Dodge Avenger でした。違った。
壁にかけた絵をを撮ります。少佐のカメラは古そう。何だかわからん。
おばあさんの名はマール。テキサス州はマールだらけなのかと言ってる英国人2人。

シャバンダーのオフィスにて。
ディーンが来て待たされる。ようやく面会してる。
ちゃんとスーツを着てるシャバンダー。
自分から例の話題を振ってるディーン。シャバンダーの関心は薄い。
PJ・プズナウスキーの写真の話しをするディーン。
どうせ複製だろうと言ってるシャバンダー。
本物ですと力説してるディーン。何とか食いつかせようとしてる。

雨が降ってます。
男2人が相合い傘でベンチに座ってる。ディーンと少佐。
まだPJは来ていない。パスポートの手続きでダラスのホテルにいるとか。
賄賂をつかませて早くパスポートを発行させる小細工をしてるらしい。

ディーンのオフィスにて。
一応秘書はいるようです。パソコンのモニタはDellです。
電話でシャバンダーは絵を強気で買いたたく気のようです。

空港にて。
段ボールに名前を書いて待ってるディーンと少佐。
PJが来ました。スーツではなく普通のウエスタン・ルックです。

ディーンの自宅アパトーにて。
寝ているディーン。何だか音がします。
それはPJが縄跳びをしていたからです。
壁にかけてある小さい絵の話しになってます。高かったらしい。
それはいいけど縄跳びの騒音で下の階のオッサンが来てディーンを殴る。ディーンはどこでも殴られるらしい。

シャバンダーのオフィスにて。
そんなこんなでもうPJがシャバンダーにコンタクトするようです。
面会になってます。ディーンも一緒です。
PJの止まってるホテルの話しになってシャバンダーはサボイ・ホテルを奨める。
売値1200万ポンドの根拠は?と突っ込まれているPJ。それでどうする?。
それでもPJはシャバンダーに気に入られてるらしい。夕食のお誘いを受ける。
ディーンは来なくていいと言われてる。

ディーンと少佐のクルマはジャガーです。でも古い。
→ 1985 Jaguar XJ6 4.2 [Series III]

サボイ・ホテルにて。
ディーンとPJ。1泊だけ、シングル部屋を注文してるディーン。
ホテルのフロント2人はいかにも英国っぽい感じの2人です。ハゲにヒゲの男2人。
ズボンのしみを気にしてるディーン。少佐のハンカチにオイルが付いていたとか。何かの伏線かと思ったがそうでもなかった。

このクレジットカードは使えませんと言われてるディーン。
あわてて他のクレジットカードを出してます。使えました。
そんなこんなで344号室になってます。高そう。

PJに仕事以外の話はするなと命じてるディーン。
それに女好きのシャバンダーに1発やられると言ってる。
廊下の花瓶を見ているディーン。明時代の高そうな花瓶です。

シャバンダーのロールスロイス・リムジンに乗ってるPJ。
→ 2011 Rolls-Royce Phantom EWB
夕食にお出かけです。

高級レストランにて。
ドイツ人の鑑定人マーティン・ザイデンベンダーとコンタクトしてるシャバンダー。
で、あの『モネの積みわら 夕暮れ』を鑑定させるようです。これは大変。
マーティンはドイツ人なのに英語がなまっていないと指摘してるPJ。
今度は逆に色々と聞かれてるPJ。色々とまずいような感じになってます。

街中を歩いてるディーン。
ATMにて。残高162.26ポンド。

リムジンにて。
PJとシャバンダー。
シャバンダーはディーンは首にすると言ってます。
PJはここはディーンのことをよく言ってます。

ディーンの自宅アパートにて。
床下からへそくりのビンをとり出してるディーン。小銭です。
虎の子の絵まで売ろうと考えてるようです。
そんなとこにPJが来ます。
テーブルに小銭を並べてるのでカネのことを突っ込まれてるディーン。
それでこの計画はダメだわと言ってるるPJ。

ディーンとPJは口論になってます。
シャバンダーがアンタを首にするつもりだと言ってるPJ。
マーティン・ザイデンベンダーというドイツ人に鑑定させるつもり・・
これでこの計画もお終いねとダメ出ししてるPJ。

PJは部屋から出ていく。
少し間が空いてノックの音がします。急いで開けるディーンですが相手は下の階のオッサンでまた殴られてます。

少佐のアトリエにて。
ザイデンベンダーは印象派に関しては素人も同然とこき下ろすディーン。
贋作がバレたらどうする?という話しにもなる。

ジムにて。
ザイデンベンダーがエクササイズをしてるとこにディーンから電話です。
ディーンはジムが見える近くにいます。
私はシャバンダーからおさらばする。会社が危ない。小切手が落ちなかったとかシャバンダーの悪口を言ってます。

サボイ・ホテルにて。
ディーンがPJの部屋のチェックアウトをする。
フロントは別の方が代金をお支払いしましたと言う。払ったのはシャバンダーです。
御婦人はシニアスイートに移った・・・
それでドレスでシャバンダーと出かけたとか。
で、肝心のディーンの支払い額がプリントアウトされる。スリル満点のディーン。
結局どうなったかわからん。

高級レストランにて。
シャバンダーとPJ。
そんなとこに日本のケーブルTV会社一行とコンタクトしてるシャバンダー。
挨拶してます。珍妙な通訳が日本語を超訳で伝えてます。
こんにちわメディアのチャックです。大物のカツハラ・ゴウ氏・・・。

サボイ・ホテルにて。
肝心の支払いは何とかなったみたい。
ここで344号室にメガネを忘れたとキーを要求するディーン。

実は廊下の花瓶をかっぱらうのが目的のディーン。
そうしたら掃除婦が来る。小部屋に隠れるがここは掃除道具の部屋でした。
掃除婦が来て道具をとって隠してある酒を飲む。隠れてるディーン。
で、掃除婦は出ていったが鍵をかけられてしまう。
ドアは中から開かず。窓からは無理そう。それでどうする?

高級レストランにて。
日本のケーブルTV会社一行が番組の宣伝をしてます。
大物のカツハラ・ゴウは日本語でシャバンダーをこき下ろす。それを通訳が超訳して無難な英語にしてます。
英国人に日本語はわからないと思ってて日本語ではハッキリと悪口を言ってます。これは痛快です。

通訳の英語をシャバンダーに通訳してるPJ。パーティに呼べば?と助言してる。
そんなわけで日本のケーブルTV会社一行を招待するようです。

サボイ・ホテルにて。
掃除用具室から出られないディーン。花瓶を抱いて掃除婦の酒を飲む。

マジで窓から出て壁づたいを移動するディーン。
これは普通に落ちて死にそう。花瓶はまだ抱えてます。
途中の障害物にズボンを引っ掛けて切り裂いてしまう。

移動中のリムジンにて。
PJを褒めてるシャバンダー。それで酒を飲ましてます。
サボイ・ホテルにての外壁にて。
縫いだズボンを落としてしまうディーン。最悪の状況になってます。

そんなとこにリムジンが着く。
PJとシャバンダーがキスをしてるを見て頭に来てるディーン。尻軽女と罵ってます。
外壁のディーンに気がつくPJ。それでどうする?
シャバンダーの方はやる気満々でPJを連れてホテルに入る。

ようやく隣の部屋の窓にたどり着くディーン。入ります。
ここには中年の御婦人がいます。
フロントのヒゲ男が来ます。バレエのチケットがどうのこうの・・・
ディーンはいます。フロントは気がつくで御婦人は気が付かない。
そのまま何となく見逃されているディーン。

無事に廊下に出るディーン。
ズボン無しでカップルに見られながらPJにコンタクトしようとする。

PJはシャバンダーを追い返そうするが結局入れてます。
ディーンには早く帰れとジェスチャーを入れる。
またフロントのヒゲ男が来ててディーンにあきれてる。ズボン無しであちこちの部屋に出入りしてるのです。

このへんの印象ですがコリン・ファースは黒縁メガネまでかけて忠実にマイケル・ケインの真似をしてるようです。悪くはない。

PJの部屋にて。
ディーンとPJ。また口論になってます。
成り行きで下着姿になってるPJ。成り行きでまた窓から出てるディーン。
下着姿のPJにビックリしてるシャバンダー。

また同じ部屋に入り込むディーン。花瓶を回収しないと・・
また同じフロントのヒゲ男が来る。
ようやく御婦人がディーンに気が付いてます。
肝心の花瓶はホテル側に回収されてしまった。
そんなわけで堂々と部屋から出てホテルからも出ていくディーン。
ズボンはないけどネクタイしてると話してるフロントの2人。このホテルのドレスコードには引っ掛からないらしい。

翌日のホテル前にて。
ベンチに座ってるディーン。ズボンははいてます。
どうやらPJが出てくるのを待っていたらしい。立派なストーカーです。
PJが来て計画はもう終わりよと言う。
ディーンはまだやる気満々です。
それでPJはディーンにあまり無理しなくてもいいんじゃないと言ってくれる。
パーティには出るつもりのPJ。一応計画通りになってる。
今夜君は驚くだろうと主張してるディーン。生まれ変わったハリー・ディーンに・・

パーティにて。
これはまた豪華な仮装パーティのようです。
宮殿のようなお屋敷。高級車が次々と乗りつける。召使い達も仮装しています。
このへんはシーンは『泥棒成金』(1955年)によく似ています。
ディーンは少佐の運転するジャガーで来ています。そりゃそうだ。多分レンタカーだと思える。

ジャガーにて。
ザイデンベンダーは呼ばれていないらしい。それならいい。
少佐から幸運をと言われてるディーン。

シャバンダーとコンタクトしてるPJ。
そんなところにまたあの日本人のケーブルTV会社一行が来ています。
お多福みたいなお面で仮装してる。それで日本語を喋ってるけど結構まともです。これはビックリ。誰が指導しているか知りませんが過去のトンデモな日本語の作品に比べればまともです。

ディーンが来て合流する。
成り行きでそれであなたはヌーディスト?の話しが出るとこれを強く否定してるシャバンダー。
PJの先導で日本のケーブルTV会社一行は生バンドでカラオケをやってます。ここも結構まともなんです。

肝心の絵の方はちゃんと2枚置かれてます。壁に1枚、イーゼルに1枚。
監視カメラはないらしい。

カラオケの方はPJがテキサスの歌を歌ってます。

絵のところに来てるディーン。
壁の絵を外してるディーン。音は出ないけどアラートが作動してる。

PJとシャバンダー
絵の話しになっています。
セキュリティがあるので絵には近づけないと自信満々のシャバンダー。
これはビックリのPJ。

ディーンのところに誰か来ます。
猫ではなく本物のライオンです。これには驚愕のディーン。
そんなところにPJが助っ人に現われる。カーテンのヒモを使ってロデオの要領でライオンと対峙する。

庭では日本のケーブルTV会社と商談が成立したらしいシャバンダー。
花火が揚がってます。全く『泥棒成金』(1955年)です。

PJはヒモをムチと投げ縄にしてライオンを縛り上げてます。
これには感心してるディーン。

庭にて。
ディーンにコンタクトするシャバンダー。
まずは説教から始めてるシャバンダー。
それから実は新しい男を雇った。ザイデンベンダー、実は来ていたようです。
これは大変だけど実はザイデンベンダーは印象派には全然詳しくないらしい。

絵の鑑定となります。
ザイデンベンダーはもったいつけて本物だと鑑定する。やはり詳しくないようです。
ところで絵のサイズで縦横の割合はどうやって決めてるのかいまだにわからん。何か法則があるのか?

それでディーンがその鑑定は出鱈目だと言って絵をこすって絵の具を落とす。
下地にはエリザベス女王の肖像画があったりします。モネは重ね塗りはしないらしい。
これは偽物だと自分でバラしてます。そうなるのか。

面目丸つぶれのザイデンベンダーは退場となります。
スタンリー・トゥッチはよくこんな役を引き受けたな。たいしたものです。それともギャラがよかったのか?

PJには君はもう用済みと言うシャバンダー。
ディーンには有能なのでまだ雇うつもりと言う。

ここでディーンはもう辞めると宣言する。
2人でシャバンダーを残して出て行きます。

郊外の道をジャガーが走る。
ディーン、PJ、運転してる少佐。
少佐のモノローグが入ります。計画は失敗だった・・・

空港にて。
ここに着くジャガー。どうやらPJを送りに来たようです。
お別れのシーンになります。そのまま行ってしまうPJ。

それでは行こうかとディーンと少佐。どこへ行く?
どうやら壁の本物の絵を偽物にすり替えたらしい。そうなるとどうなる?

ロビーにて。
日本のケーブルTV会社一行とコンタクトするディーンと少佐。
ここのオーナーがシャバンダーのライバルコレクターのケン・タカガワなんです。
通訳の名はチャーリー。また超訳ぶりを披露しています。とりあえず通じてる。
本物の『モネの積みわら 夜明け』を渡すディーン。
これを18年間待っていたと感慨深いケン・タカガワ。
スイスの口座に1000万ポンドの入金が報酬です。確認する少佐。入ってます。

それでPJの荷物にはディーンの虎の子の絵が入っていたりします。
最後に空港を歩いてるディーンと少佐。

エピローグ。
シャバンダーは壁の『モネの積みわら 夜明け』の偽物を見てご満悦なわけです。
ちゃんと全裸になってるし。
エンドとなります。


そんなわけで無難にまとまってるよい作品でした。


« 『トランス』 | トップページ | Hollywood Express #608◆2015.02.14(土) »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75473/61143383

この記事へのトラックバック一覧です: 『モネ・ゲーム』:

« 『トランス』 | トップページ | Hollywood Express #608◆2015.02.14(土) »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。