映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« 『ブレーキ』 | トップページ | 2015年になって・・・ »

2015.01.04

『[リミット]』

この作品は、ロドリゴ・コルテス監督、ライアン・レイノルズ主演の生き埋めワンシチュエーション・サスペンスのようです。
なおこの文はネタバレ全開となっています。

2010年 Dark Trick Films (in association with)/Safran Company, The (in association with)/Versus Entertainment productions スペイン=アメリカ=フランス作品
ランニング・タイム◆96分
原題◆Buried
プロット◆生き埋めにされて悪戦苦闘する話しのようです。
音楽◆ビクトル・レイェス

キャスト
ライアン・レイノルズ→アメリカ人のポール・コンロイ
イバナ・ミロ→人質のパメラ・ルッティ

キャスト=VC
ロバート・パターソン→国務省のブレナー
ホセ・ルイス・ガルシア・ペレス→犯人?
スティーブン・トボロウスキー→CRT社のアラン・ダベンポート人事部長
サマンサ・マシス→ポール夫人のリンダ・コンロイ
エリク・パラディーノ→FBIシカゴ支部のハリス

ロドリゴ・コルテス監督の演出はよいと思います。
全体的に上手く出来てます。

BS191 WOWOWにて。
画質は非常によいです。
スクイーズ収録録画のフル表示。
画面サイズはワイド。上下に黒味あり。
音声は AAC 5.1ch

Versus Entertainmentのタイトル
他色々なプロダクションのタイトル。これはビックリ。

タイトル
Versus Entertainment productions
Safran Company, The (in association with)
Dark Trick Films (in association with)
タイトルデザインは凝ってます。線がつながっています。

真っ暗です。これがしばらく続く。
ジッポーライターを点けると一瞬顔が見える。
男が閉じこめられてます。さるぐつわに手を縛られてる。
ライターですがもちろんジッポーライターです。しかしジッポーライターは点けっ放しだと結構熱くなるような気がする。映画だから。

そんなわけで気がついても何だかわらかん状態の男。
助けてくれと叫んでも誰も来ない。
押しても開きません。しかも上の隙間から砂が落ちてます。
さすがにライターが熱い感じになってます。
箱の内側に飛び出してる釘で手の拘束を切ってます。さるぐつわも外す。
これで一段落といった感じ。
ライターが消えて真っ暗になります。

埋められてるとしても何メートルもあるとは思えない。1mぐらいか?

明るくなってます。バイブで呼び出しの携帯電話が足の方にある。
携帯電話をとろうと悪戦苦闘してます。
ようやくとったらアラビア語仕様で読めないみたい。
財布は空っぽ。ポケットウィスキー金属製容器。ジッポーライターは最初からある。
携帯電話のバッテリーは6分目ぐらい。

911に生き埋めにされた、助けてくれと通報してる男。
女性オペレーターにポール・コンロイと名乗る、で、場所はどこですか?聞かれてもわかるわけがない。

自分は運転手でアメリカ人、CRT社のトラック運転手、イラクのバクーバで襲撃された。仲間は撃たれた。
どうも話しが通じません。それはオハイオ州の911にかけているからです。
この携帯電話は普通に国際電話で出来るようです。携帯電話では普通なのか?
携帯電話のバッテリーは減っていきます。まだ6分目。

次は自宅に電話するポール・コンロイ。
やっぱり国際電話です。しかしリンダ夫人は不在で留守電になってます。
まだ出てきませんがリンダ夫人のVCはサマンサ・マシス。
ライターを消します。真っ暗になる。間が空く。

携帯電話です。
番号案内にかけます。FBIにかけます。どこのFBIですかと聞かれてどこでもいいんだよとぶち切れてるポール。
シカゴ支部にかけます。ハリスと名乗る男が出る。
イラクで襲撃されて生き埋めになったと訴えるポール。
名前を聞かれてポール・コンロイと伝える。
トラック数台で台所用品を配達中に襲撃された。地元の子供達が石を投げてきた、そのうちに前方で爆発があって襲撃された。
そんな感じで状況説明をしてるポール。現在は棺桶の中だとしっかり伝える。
早くしろよといいかげんにぶち切れてる。

逆に何故君は助かったと聞かれて知るかと答えるポール。
社会保障番号は?と聞かれてそんな場合とぶち切れてるポール。自分はアメリカ国民だすぐに助けろと言う。
そんなとこで電波状態が悪くなってます。切れます。これは大変。

棺桶内を移動して電波状態がいいところを探すポール。
今度はCRT社にかけてます。雇い主の会社です。
自分は社員だ、イラクで襲われた。
受付からダベンポート人事部長につながれます。まずはどうでもいい会社の宣伝を延々と喋ってるダベンポート。

事情説明をするポール。棺桶に閉じこめられ埋められてる。救援を早く・・・
襲撃されたのはイランのバクーバだ。
また電波状態が悪くなって切れます。ぶち切れてるポール。やけになって暴れてます。
そんなことをすると棺桶内の空気が消費される。
で、真っ暗になんて間が空きます。溶暗代わりのようです。

ライターを点けて考えてるポール。泣いてる。
携帯電話のメニュー画面から最初にかかってきた電話番号にかけます。
相手が出ます。アメリカ人、息をしてるか?ときます。どうやら犯人らしい。
出してくれ、俺はトラック運転手で兵隊でないとポール。
お前は傭兵会社ブラックウォーターだろうと犯人。否定するポール。
09:00までに500万マネーを用意しろと犯人。あと2時間ぐらいです。
500万ドルあったらここにはいないとポール。
アメリカ大使館に払わせろと犯人。
そんなこんで09:00までに500万マネーにして電話を切ってる犯人。
棺桶内に書いた電話番号に線を引いて消してるポール。

ぼう然としてるポール。
カメラが引きます。しかし棺桶内なのでそんなに引くわけにはいかない。
真っ暗になります。

ライターを付けます。今度はどうする?
足の方を照らしたりして何があるか探してます。
今度は背中で棺桶のフタを押してます。ダメです。

携帯電話です。
彼女のナンバーとは?、番号案内にかけてます。
リンダ夫人の知人ドナにかけてます。リンダと話したい電話に出ないんだとポール。
コンピューターがあるなら国務省の電話番号を調べてくれと言いながらぶち切れてるので電話を切られてるポール。

またドナにかけます。
俺は死ぬと泣き落としではなく事実を伝えるポール。
そんなわけで今度は国務省の電話番号を教えてもらう。

国務省にかけるポール。
俺はアメリカ人だ、イラクで拉致された・・・
担当者と変わりますと言われてるポール。
今度はブラウニングという女性が出る。たらい回しにするなとまたぶち切れてるポール。
コンロイさんとFBIから名指しされてるポール。怪しんでます。
ブラウニングはCRT社から連絡がありましたと言ってる。
イラクのバクーバで襲われた、犯人の要求は09:00まで500万ドルと伝えるポール。
無理なら水族館に連れて行く、さあどうする?。これは意味がわからんセリフです。
身代金は払わない、テロとは交渉はしないと冷たいFBI。
俺は死にそうなんだと訴えるポール。携帯電話の番号を聞かれます。
FBIでは非通知なのでわからんみたい。ポールにもわからん。
マスコミとはコンタクトするなと言われてるポール。

で、次の相手はテロ対策責任者ダン・ブレナーと電話するポール。
話しは聞いたと最初は調子がいいブレナー。君の救出に動き始めてる・・・
携帯電話の電波が届くなら数10センチの深さだと推測するブレナー。
携帯電話のバッテリーは半分以下。バイブではなく普通の呼び出し音の方がバッテリーの負担は少ないと指摘するブレナー。節電をしろと言ってます。
電波を追って居場所を探す・・。
他の装備はジッポーライターだと言ってるポール。
で、棺桶内の手がかりを探せとブレナー。そんなわけでライターで探してるポール。
ポールが他の生存者は?と聞いてもわからんと答えるブレナー。

そんなとこに他から電話です。切り替えてるポール。
犯人からであと2時間4分・・・
時間をくれとポール。政府は払わない。テロリストとは交渉しないとポール。
そんなこんなで互いにこうなったのは俺のせいなのか?談義になってます。何だか不毛な話しです。
足下にメモがある、携帯電話で人質ビデオを自分撮りしろと要求する犯人。
これを断るポール。足の方には何だかあります。
犯人は500万がダメなら100万マネーでいいと言ってます。

このへんでジッポーライターのオイルがそんなに持つのか見てて気になります。
まあいいけど。

足下にあるメモを取るのに悪戦苦闘してるポール。
棺桶内で体の向きを反対にしてます。ようやく袋をゲットする。
袋の中には棒全体が光るタイプのフラッシュライトがあります。それに古いタイプのフラッシュライトもある。他にはポケットナイフ。肝心のメモもあります。
フラッシュライトはちゃんは点きます。メモを読ますためにフラッシュライトがあるわけです。

メモはさすがに英語で書いてあります。しかしメモを丸めてるポール。
ビデオを撮る気はないらしい。

携帯電話です。
自宅にかけるがリンダ夫人は不在です。また留守電電話です。
携帯電話のバッテリーは1/3ぐらいになってます。

ブレナーに電話します。
犯人の電話番号を伝えるポール。クローン電話でなければすぐに探知出来るとブレナー。
クローン電話だったら探知は難しいと簡単に言ってるブレナー。
人質ビデオの方は引き伸ばせと指示してます。アルジャジーラには知られたくないとか。
俺はもう助からないとヤケになってるポール。
ブレナーは必死でやってると言ってる。
ポールは犯人は何者なんだ?と逆に聞いてます。テロリストではないと言ってるブレナー。ポールに逆の立場なら君だってやるだろうと言ってる。
で、カネが払えるならとっくに払ってるとブレナー。

俺以外の人質はどうなったと聞くポール。
ブレナーは言い渋ってる。誘拐はビジネスだ。私は何十人も担当した生還率は多くないと言ってます。
助かった人質はマーク・ホワイト。ニューハンプシャー出身、26歳、医大生、医療ボランティア・・・
棺桶内にマーク・ホワイトがメモをしてるとポール。そこに電話するのか?
君のことも必ず見つけると調子いいことを言ってるブレナー。

ブレナーはまずはリラックスしろとポールに言ってます。興奮すると空気が減る。
自分は不安障害だと言うポール。クスリは持ってるらしい。
10分後に情報が入る電話をくれと言ってるブレナー。

いきなり携帯電話がかかる。これはビックリ。
犯人から自分撮りビデオの請求です。電話を切るポール。全然リラックス出来ない。

棒のフラッシュライトは曲げてオンオフするのか?消してます。
今度は普通のフラッシュライトを点けてます。それでどうする?。不安障害のクスリを飲んでます。水ではなくポケットウィスキー容器でクスリを飲む。
関係ないけど腕時計はハミルトンのようです。普通のアナログ腕時計。

携帯電話です。
母親が入ってる介護ホームに電話しています。メリアン・コンロイと話したい。
看護師が出て母親につなぎます。母親とは全く話しが通じない。そりゃそうです。
まだ父親がいると思ってる母親。愛してると言っても通じない。
携帯電話を切って泣いてるポール。

また携帯電話です。呼び出しをバイブにしてるポール。
何やらファイルをダウンロードしてます。ビデオファイルです。
人質の女性のビデオです。彼女には子供が2人いると訴えるポール。しかし人質の女性は射殺される。
そんなわけで3分以内に自分撮り人質ビデオを送れとなります。

マジで自分撮りビデオのポール。ビデオファイルを送ってます。
アラビア語のメニュー画面なのによくわかるな。
フラッシュライトが切れて真っ暗になります。

棒のフラッシュライトを点けてます。
ポールのズボンの中で何かが動いてます。それがずっと降りて裾から出てきたら蛇でした。そんなのがいままで入っていたのか?

そんなわけで蛇と対峙するポール。
ウィスキーはかけてジッポーライターで点火する。蛇は棺桶の隙間から逃げてます。蛇が逃げた隙間を塞いでるポール。
そんなこんなで携帯電話を蹴飛ばしたら着信があったり、棒フラッシュライトが火にかかったり、携帯電話をとろうしてウィスキーをこぼして火にかかりそうなったり、色々と大変になってます。
携帯電話の着信は切れます。ウィスキーは派手に燃えます。砂をかけて消してるポール。
ようやく一段落してます。

蛇が出れたということはそんなに砂の密度は濃くないのか?よくわからん。
そうなる空気は結構持つのかもしれない。

携帯電話です。
設定画面を出します。言語メニューで英語を選びます。これで英語表示になります。
この携帯電話の番号がわかったようです。棺桶にメモしてます。

リンダ夫人に電話します。
また不在で留守電電話です。大至急電話をくれと留守電を入れる。
ずっと不在なので実は夫婦仲は悪いのか?と思える。
携帯電話のバッテリーはあと1目盛りになってます。

ポケットナイフで棺桶の隙間をこじってます。
棒フラッシュライトか先ほどのの火事騒ぎで棺桶に固着して引っ張ったら壊れます。これは大変。あとは古いタイプのフラッシュライトだけです。
そんなわけで古いフラッシュライトを使う。時々切れる。

携帯電話です。
ファイルのダウンロードです。今度は何だ?
人質のパメラ・ルティのビデオファイルです。命乞いをするパメラ・ルティは撃ち殺される。
これは大変で、自分もこうなるのかと嘔吐してるポール。それからナイフを持って自分の胸を刺そうしてる。
しばらくそのままです。色々な電話の声がポールの頭の中を駆け巡る。

このへんは動悸の効果音に低音が入ってます。

気がつくポール。正気に返ってるようです。
フラッシュライトを点ける。携帯電話をかけます。
ブレナーに人質のパメラを見殺しにしたのか責めるポール。
君のビデオファイルはYouTubeで47000回再生されたと言ってるブレナー。アルジャジーラでも放映された。そんなことはどうでもいいポール。

この携帯電話の番号を伝えるポール。プロなのにわからんのか言う。
相変わらずクローン携帯電話だとわからんと言ってるブレナー。
襲撃されたたのはモスクのそばだったとポール。
君らを警護してた兵隊と話したとブレナー。
そんなとこに凄い振動があります。携帯電話のバイブ呼び出しではない。棺桶がきしみ棺桶内に砂が流れ込む。これは大変。
隙間を必死こいて塞いでるポール。古いフラッシュライトが切れる。

携帯電話を砂から掘り出すポール。圏外の表示です。これまた大変。
電話です。CRTのダベンポート人事部長からです。今頃何だ?。
国務省のブラウニングから事情を聞き、ダン・ブレナーとも話をした。
マスコミと話したか?と確認をする。話していないポール。外部には漏らしたくないとハッキリ言ってる。
見つけるのは時間の問題だとは言ってる。

この会話を録音される。許可しますか?、許可してるポール。
雇われた時期、事前研修で職務上の危険性を認識していましたか?、何だか会社側の免責条項を言ってるだけらしい。
そんなわけで本日の朝でポールは強制解雇になってるらしい。
パメラ・ルティとの不適切な関係での服務規定違反、
拉致以前に解雇になってるので会社は責任を免れる・・
電話は切れます。そうなると家族に残す保険金すら少なくなるようです。

死んだようになってるポール。
俯瞰でカメラが引きます。棺桶のサイズ以上にカメラが引いてます。

随分と時間が経過して結婚指輪のクローズアップから戻ります。
まだ生きてるポール。09:00から10時間ぐらいたってます。
携帯電話のバッテリーはまだ1目盛り残ってる。
電話をします。出ない。
次はどこにかける。棺桶内の電話番号を見てる。
また棺桶が振動してる。砂が流れ込んできます。このままでは生き埋めになる。

一段落してまた電話をかけてます。ブレナーにかける。
犯人は死んだと言ってるポール。F16が街を爆撃をしただろう・・
何で知ってるとブレナー。
自分はどうなると聞くポール。犯人が死んだら俺は行方不明のままだ。
携帯電話の電波を追跡すると言ってるブレナー。
お終いだとポール。死を悟ったと言うポール。
電話を切ります。

今度は携帯電話で自分撮りをするポール。遺言ビデオにするらしい。
社会保障番号から言ってます。ちゃんと覚えている。
妻のリンダに貯金700ドルを譲る。そんなことを言わなくてもそうなると思うけど。年金も送る・・
息子のシェーンには服を送る。大きくなったら着てくれ。お前は立派になれると遺言してます。
リンダ、俺が間違っていたと言ってます。ここに来たことを言ってるのか?
録画を切ります。

ジッポーライターを点けます。胸の上で持ってそのままにする。
オイルが切れてライターの火が消えます。真っ暗になります。

携帯電話がかかります。バイブです。
カネは?と犯人からです。まだ払えとしつこい。血を見せろ、指を切断しろとなってます。
何故かポールの自宅住所を知ってる犯人。そこまで行くぞと脅迫してるのか?
ミシガン州の場所も知らないくせにと反論するポール。
そんなこんなで5分以内に指のビデオファイルを送れとなる。

自宅に電話します。また留守電です。リンダはどこへ行った?
家から出ろと指示するポール。

ブレナーに電話するポール。
犯人は生きてる、電話があったと伝えるポール。

砂はどんどん落ちてます。
パメラ・ルティのビデオファイルを見てるポール。
で、マジでポケットナイフで指を切ってるポール。痛そう。
このビデオファイルを送ります。

携帯電話です。バイブ呼び出し。
ここで何だか外で掘ってる声が聞こえてるポール。助かるのか?
もう指を切ってる。もしここから出られたらまた指をつないでもらなわいと。
助けが来たと思ったら、携帯電話のバイブのようです。

携帯電話に出ます。ブレナーから。
君の居場所がわかった、いま向かってる。もう着く。いきなり話しが進む。
あと3分ほどだとか・・

会話途中で電話が入る。リンダ夫人からです。ホントにいたんだ。
携帯電話を忘れて外出していたと言ってるリンダ。
君の忠告を聞かなかった俺がバカだと言ってるポール。
そんなとこに棺桶が掘り出されるようです。マジで助かったのか?
しかしブレナーの電話ではすまないと謝罪してる。場所を間違っていたとか。マーク・ホワイトの棺桶だった・・。
マーク・ホワイトは救出されていたのでは?

そんなわけで砂で生き埋めになりつつあるポール。
すまないポール、許してくれと話してるブレナー。
エンドとなります。

後タイトル
何故か棺桶内に書かれたマーク・ホワイトの文字が浮かび上がる。


そんなわけでワンシチュエーション・サスペンスのよい作品でした。


« 『ブレーキ』 | トップページ | 2015年になって・・・ »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75473/60922510

この記事へのトラックバック一覧です: 『[リミット]』:

« 『ブレーキ』 | トップページ | 2015年になって・・・ »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。