映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« Hollywood Express #598◆2014.11.29(土) | トップページ | 『地球最後の女 アイ・アム・ウーマン・オブ・レジェンド』 »

2014.12.06

『呪われた海の怪物』

この作品は、ロジャー・コーマン監督、アントニー・カーボーン、ベッツィ・ジョーンズ=モアランド主演のB級ホラーのようです。
なおこの文はネタバレ全開となっています。

1961年 Roger Corman Productions/アライド・アーチスト・テレビジョン・コーポレーション・プロダクション アメリカ作品
ランニング・タイム◆74分
原題◆Creature from the Haunted Sea
プロット◆金庫争奪と怪物が入り交じる話しのようです。
音楽◆Fred Katz

キャスト
アントニー・カーボーン→レンゾ船長
ベッツィ・ジョーンズ=モアランド→情婦のマリーベル
ロバート・タウン→スパークス・モラン/エージェントXK150
ビーチ・ディッカーソン→手下のピート
ロバート・ビーン→手下のジャック マリーベルの弟
ジャクリン・ヘルマン→エージェントXK-120
Blanquita Romero→カルメリータ
エスター・サンドバル→おばさんのロジナ・ペレス
ソニア・ナオミ・ゴンザレス→マンゴ
エドムンド・リベラ・アルバレズ→キューバの将軍
テリー・ネビン→Cuban
エリセオ・ロペス→Cuban
タナー・ハント→Cuban

ロジャー・コーマン監督の演出はまあまあだと思います。
全体的に普通のB級作品に出来てます。
この作品は『地球最後の女 アイ・アム・ウーマン・オブ・レジェンド』(1960年)が早めに撮影終了して時間が余ったので速攻で製作されたという伝説の作品です。しかし伝説といっても色々とあるわけです。

ベッツィ・ジョーンズ=モアランドはマジで美人。
映画はすぐに辞めて金持ちと結婚したと思える。

ロバート・タウンは同名異人ではなく脚本家のロバート・タウンだそうです。この作品ではまじめに俳優をやってます。

有限会社フォワード/WHDジャパン発売のDVDにて。
画質はまあまあ。
スクイーズ収録のフル表示。
画面サイズはスタンダード。左右に黒味あり。
音声はドルビーデジタル5.1ch 元はモノラル。

画質の悪いですと内容の1部に著作権のアラート
WHDジャパンのタイトル
フォワードのタイトル

Roger Corman Productions
プロローグ
街中にて。
靴磨きから紙片を受け取り靴下に入れてる男。
いきなり靴磨きが撃たれて男は走って逃げる。男2人が追いかけてきます。
ここはちゃんと移動撮影をやってます。これはビックリ。
ビルの非常ばしごを登ったりして何とか尾行をまいてます。

物陰で紙片を読みます。
サントドミンゴのバー インゴへ、XK120
それで紙片を食べている男。ホントにやってる。俳優は色々と大変です。
付け髭、サングラスで変装してる男。凄い変装です。

バー インゴにて。
こに来てる男。モノローグでスパイとして訓練されてるこの俺にはわかると言ってる。
そんなわけでチェスをしてる女にコンタクトします。
ワインを注文してそんなのありませんと言われてる男。
KX120が女でKK150が男のようです。
そんなこんなでお別れのキスを長々とやってます。
男が階段でずっこけるギャグがあります。何だかわからん。
会話シーンはちゃんと切り返しをやってます。凄いじゃん。

Creature from the Haunted Sea
タイトルバックはクリーチャーのアニメです。

前説のモノローグです。
20世紀におけるキューバでの最大の・・・
要するに革命で前バチスタ政権は夜逃げをする。ついでに横領もやって金塊を持ち出すとなってます。

林にて。
クルマ1台とクルマ2台がコンタクトしています。アメ車2台とワーゲンデリバリー。
レンゾ・カペイト、アメリカ人のギャング。
子分がハッピー・ジャック・モナハン、

革命にはカネがいる。そんなわけでキューバの財産を持ち逃げするのは当然だとしてる前バチスタ政権の軍人2人。
トスカーダ将軍、グランデ大佐、手下が数人。
カストロの目論見を阻止すると、言うことだけは立派です。
ワーゲンから金塊の箱を運び出してます。

それでクルマを乗り換えてキューバ一行と金塊を載せて移動してます。
そんなとこにキューバのワーゲン・ビートルが追って来ます。コマ落としのカーチェイスになってます。撃ち合いも少々。

港にて。
モノローグです。レンゾ一行は船を使う。ボートで脱出するようです。
レンゾ・カペイト船長。色々な名前がある。
アメリカ人のスパークス・モラン。これでエージェントXK150です。
マリーベル・モナハン。レンゾの情婦。この人はマジで美人です。もうスパークスのXK150とキスなんてしてます。
ハッピー・ジャック・モナハン、マリーベルの弟、コネで手下をしてる。
ピート・パターソンJr.、父親が動物物まね芸人、頭が少し足りない。
キューバ一行はお偉方2人に手下が数人。
モノローグでこうしてキューバをあとにしたと入ります。

船室にて。
打ち合わせをやってます。船長一行だけ。
お宝を横取りする相談をしてます。
この辺は何年か前に怪物が出た。これを使おうとなってます。
レンゾ船長とマリーベルはもうすぐ大金持ちだとキスをする。

エージェントのスパークスはドアの外で盗み聞きをしてる。よく聞こえない。
キューバ一行は操舵室で浮かれて騒いでる。

エージェントの船室にて。
ホットドッグに盗聴器を仕掛け、それから無線連絡するエージェントXK150
無線連絡の方は異常なしと言うだけ。もしかしてコメディなのか?
ピートがやってきてピクルスをねだる。

航行中のボート。カリブ海を航行してるらしい。

船上で水着姿のマリーベル。
将軍と大佐が来て、将軍の言葉を適当に通訳してる大佐。
そんなわけで話しが全くかみ合わない。
入れ替わりでエージェントXK150が来ます。
マリーベルにこんなことをしてていいのか?と説教しつつ口説いてます。

この辺の印象ですが、思いつきの速攻で作ったようには見えない。
まあそれほど緻密には出来ていないけど。B級作品らしいゆるゆるな感じ。

モノローグです。スパイは眠らない・・

いよいよレンゾ船長がことを始めるようです。
ジャックとピートに指示する。トイレ用吸盤で怪物の足跡を付けてます。
モノローグで本物の怪物がすでに手を下していた・・と入る。

いきなり怪物が1人片づけてます。
騒ぎがおきたのでキューバ一行が全員起きてます。

全員集合して話しになってます。
やられたのはキューバの手下2人らしい。
レンゾ船長が伝説の海の怪物なのかもと言うとキューバのお偉方は本気にしない。
また将軍の言葉を大佐が適当に通訳してます。
そんなわけで航路変更の話しが出てるそうです。

レンゾ船長と手下2人。
予定外で2人殺したらしい。手下は殺したのは1人だけだと主張する。

航路が変更になったみたい。誰も行き先はわからない。

レンゾ船長とキューバ一行です。
エージェントXK150はまた立ち聞きをしてる。
行き先がバリと聞いて速攻で無線連絡に行く。

しかしレンゾ船長はバリはダメだと言ってます。プエルトリコがいいと主張する。

エージェントXK150は無線連絡でXK120に無線連絡する。
まだバリに行くと伝えてます。情報が間違ってます。
バリ行きだとパナマ運河を通過するのでそこをマークせよと連絡してます。

航路を変更してるボート。
双眼鏡で見ているレンゾ船長。キューバ沿岸警備艇が接近してる。
一緒にいるスパークスことエージェントXK150。
ここでマリーベルの歌が入ります。これでキューバ沿岸警備艇をごまかすらしい。
この歌が結構長い。

しかし接近してるキューバ沿岸警備艇。
盗まれた金塊を探してると入ろうとしたとこでピートが撃ちまくる。
これで沿岸警備艇の面々を片づけます。
マリーベルはまだ歌っていました。それはないだろ。

レンゾ船長はわざと岩場にボートを入れて座礁させる計画です。

岩場にかかります。ボートを乗り上げる。
エージェントXK150はこんな状況でもマリーベルを口説いてます。
怪物は水中を移動してたりします。海に落ちた連中を片づけてます。
救命ボート2隻で移動となります。ここでレンゾ船長がわざと救命ボートを転覆させる。そうなると金塊の入った金庫は海中に沈む。

小島に到着してる面々。
レンゾ船長はこの島を探検しようとなり、それとは別にジャックを買物に行かせてます。スキューバ一式を多数買い込んでくるらしい。金庫捜索が最優先なのでそうなるらしい。
それから雨をしのぐために小屋を造ろうとなる。キューバの手下達もまだ残ってるのでやらせてます。

レンゾ船長とマリーベルは計画通りだとなってます。そうなの?
ジャックとピートには金庫を何とかさせようと言ってます。

エージェントXK150は海岸を歩いてます。
岩場には古ぼけた電話器があります。これを使います。ちゃんと使えるみたい。
ハバナのバーにいるXK120を呼び出してます。出るXK120。
しかし電話を待ってるオッサンがいて肝心なことが言えないXK150。何でこんなとこで電話に並ぶ?、ギャグなのか?、そもそも電話がつながるのがおかしい。
電話を終えたXK150はすれ違ったスーツのオッサンはわざわざ水たまりを歩く。意味不明です。

そのへんをピートが歩いてます。ピートが動物の物まねをすると返事がある。
返事をしてるのはおばさんです。唐突に出てる。物まね合戦になってます。
何故か仲良くなってるピートとおばさん。ここは無人島ではなかったのか?

小屋にて。
ピートとおばさんが果物を持ってきます。これを食べてる面々。
ここを誰かが伺ってます。地元のオッサンといった感じ。

ジャックが買物から戻ってきます。
大量のスキューバ一式を買ってきます。それからカルメリータなる女性も来てます。
ジャックはガールフレンドまで連れてきたらしい。
ピートのおばさん名はロジナ・ペレス。
レンゾ船長は金庫探しをすると言ってます。しかし将軍と大佐も同行すると主張するのでこまってるレンゾ船長。

エージェントXK120とマリーベル。
そんなとこにカルメリータが来ます。エージェントXK150のことが好きよと抱きつくきキスをする。何だかわからん。

現場にて。
ボートから海に入る面々。ホトンドが潜ってます。
モノローグで金庫探しが始まった・・・と入る。

海中にて。
ちゃんと水中撮影をやってます。それとも水族館で撮ったのかはわからん。
レンゾ船長は自分で邪魔な連中を片づけて、全部怪物のせいにするつもりです。

スキューバ一行は難破船を発見してます。
それから水中撮影でもみ合いになってます。見ていて何だかわからん。要するに予定通りにキューバ一行を次々と片づけてるらしい。

海岸にて。
怪物が出たそれで死人が出た。そういう話しになってます。
それからカルメリータはエージェントXK150が好きになったようでジャックともめてます。
そんなわけでジャックは振られたようです。

ジャックはおばさんに連れられていきます。
そうしたら若い女の子が出てきます。名前はマンゴー。お見合いなのか?
どういう話しなんだ?、行き当たりばったりです。さすが速攻で撮っただけはある。
そんなとこに伺っていた男が来ます。どうやらおばさんの旦那らしい。当然怒ってます。それからピートも来て大騒ぎになってます。
もう何だかわからん。

海にて。
レンゾ船長はもうキューバに帰った方がいいと言ってます。
キューバの将軍は金庫は絶対に回収すると主張する。

ジャックとマンゴー。
それから落ち着いたとこでマンゴーはママはいつもこうなのよと言ってますが、英語ではないのでジャックにはわからん。

ジャックはピートに話しをしてる。
ジャックはマンゴーと結婚してここに残るつもりらしい。しかし何か商売をやるにはまずお宝をゲットしなければとなってます。
姉貴のマリーベルを家政婦にしてレンゾ船長は片づけようとなってます。

ボートにて。
レンゾ船長とエージェントXK150。ピートがいないと言ってるレンゾ船長。
そんなとこに小型ボートで男が接近する。これはおばさんの旦那みたい。
ここはうやむやになってます。

また海に潜ってます。
レンゾ船長も潜ってます。

ジャックとピートはおばさんとマンゴーと海水浴をしてます。
ここが海中とカットバックされてる。

水中にて。
金庫が沈んでます。レンゾ船長が見つけて難破船の下に隠してます。
しばらくして怪物がやって来ます。怪物は金庫を運んでます。

どうやら怪物は海水浴に接近してるらしい。
それでマンゴーがやられたようです。そうなってます。
これは大変となってます。

ボートにて。
レンゾ船長とマリーベル。
ジャックが来て何故マンゴーを殺したと迫る。トイレ用吸盤で殺したんだろうとなってます。
マリーベルも弟ジャックの言うことを信じてレンゾ船長を責める。
レンゾ船長はやったのはキューバ人だろうと言ってます。とにかく俺はやっていないと主張してる。で、金庫は隠してあると言ってる。

翌日、また潜ってます。
モノローグで将軍と2人の護衛は海に潜った。しかしレンゾは待ちかまえていた。
そうなると潜るたびにレンゾ船長がキューバ一行を少しずつ片づけていたわけです。なかなか地道な計画です。

そんなわけでトイレ用吸盤を持って接近してるレンゾ船長と手下2人。
金庫を見つけた将軍を片づけてます。水中アクションになってます。しかし水中のアクションは動きがスローモーなので間延びするんです。双葉十三郎先生は『007 サンダーボール作戦』(1965年)の批評で水中アクションだけはやめとけと書いてました。
ここでジャックはマンゴーの服の1部を発見する。それから水中銃で怪物を撃つがやられます。

ジャックが死んでレンゾ船長を責めるマリーベル。
エージェントXK120はこんなとこでもマリーベルを口説いて海に落されてる。
今度はカルメリータに海に落されてるマリーベル。もう何だかわからん。

ボートにて。
大佐はまだ生き残ってます。わが軍は全滅だと嘆いてます。
レンゾ船長はもうキューバに戻れば?と言ってます。自分はシチリアに戻るとか。
エージェントXK150は自分はカルメリータよりマリーベルがいいなとモノローグで言ってる。でもカルメリータでもいいみたい。

そんなところに怪物が接近してます。
レンゾ船長はマリーベルと仲直りしていますが怪物が現れマリーベルがやられます。
大暴れする怪物が次々と片づけてます。救命ボートで逃げる面々。

エージェントXK150とカルメリータは救命ボートで逃げる。
おばさんも逃げる。レンゾ船長も1人で逃げてる。

さすがにこのへんはグダグダになってます。
やっぱりちゃんと準備しないとまずいようです。

海岸にて。
何とかたどり着いてる救命ボートで逃げた面々。
それでも怪物はしつこく追ってきます。レンゾ船長はやられたようです。
溶暗になります。

エージェントXK120はカルメリータとキスしてます。
アメリカに戻る、一緒に来てくれと言ってるエージェントXK150。レンゾ船長がキューバ人一行を殺していたと思っていたらしい。
本当の殺人鬼はあの伝説の怪物なんだとモノローグが入る。
そんなことはどうでもいいとまたキスをしてます。
モノローグで金塊はあいつのものになった・・・
エンドとなります。
アライド・アーチスト・テレビジョン・コーポレーション・プロダクションのタイトル

そんなわけでやはり速攻で作るとグダグダな出来になったまあまあな作品でした。



« Hollywood Express #598◆2014.11.29(土) | トップページ | 『地球最後の女 アイ・アム・ウーマン・オブ・レジェンド』 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75473/60769953

この記事へのトラックバック一覧です: 『呪われた海の怪物』:

« Hollywood Express #598◆2014.11.29(土) | トップページ | 『地球最後の女 アイ・アム・ウーマン・オブ・レジェンド』 »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。