映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« Hollywood Express #600◆2014.12.13(土) | トップページ | 『夕陽に立つ保安官』 »

2014.12.20

『地平線から来た男』

この作品は、バート・ケネディ監督、ジェームズ・ガーナー、ジャック・イーラム、スザンヌ・プレシェット主演のウエスタン・コメディのようです。
なおこの文はネタバレ全開となっています。

1971年 Cherokee-Brigade Productions (presents)/United Artists (1971) (USA) (theatrical) /MGM アメリカ作品
ランニング・タイム◆90分
原題◆Support Your Local Gunfighter
プロット◆炭鉱町で色々とある話しのようです。
音楽◆ジャック・エリオット、Allyn Ferguson

キャスト
ジェームズ・ガーナー→ギャンブラーのラティゴ・スミス
ジャック・イーラム→ラティゴの助手ジャグ

ハリー・モーガン→有力者のテイラー・バートン
スザンヌ・プレシェット→娘のペイシェンス
ディック・カーティス→息子のバッド・バートン

ジョン・デナー→有力者のエイムズ
エレン・コービイ→エイムズの姉アビゲイル

キャスリーン・フリーマン→ホテルの女主人マーサ
ジョーン・ブロンデル→酒場のジェニー
マリー・ウィンザー→汽車のゴールディ

ダブ・テイラー→シュルツ医師
ヘンリー・ジョーンズ→電信技士のエズ
チャック・コナーズ→本物の早撃ちスイフティ
ベン・クーパー→見掛け倒しのコロラド・マギー
ジョン・ホイーラー→ルーレット担当の男
ペドロ・ゴンザエエス・ゴンザレス→床屋
不明→オッサンのエルマー

バート・ケネディ監督の演出はよいと思います。
全体的にゆるゆるなウエスタン・コメディになってます。

BS103 BS Premiumにて。
画質は非常によいです。
スクイーズ収録録画のフル表示。
画面サイズはワイド。上下左右黒味無し。フルスクリーン。
音声は AAC 1.0ch

MGM
United Artists (1971) (USA) (theatrical)
タイトル
Cherokee-Brigade Productions (presents)
ジェームズ・ガーナー
スザンヌ・プレシェット
Support Your Local Gunfighter
ジョーン・ブロンデル、マリー・ウィンザーも出てる。もうおばさんだ。

タイトルバックでは俯瞰で汽車が走ってす。
汽車内では主人公のラティゴ・スミスがおばさんにキスをされてデンバーで結婚だと盛り上がってます。
このおばさんがゴールディ。演じてるのがマリー・ウィンザー。
で、ラティゴ・スミスはデンバーには行かず次の駅で黙って降りる。

パガトリーにて。炭鉱の町。
駅長と町の有力者親子がもめてます。
そんなとこで誰かが銃を乱射してる。妹のペイシェンスが撃ってます。

ラティゴの方は無事にパガトリーで汽車から降りてます。
それで町の有力者と駅長がラティゴを見て勘違いをするようです。

ホテルにて。
チェックインするラティゴ。名前はラティゴ・スミスと書く。
ホテルのおばさんマーサはスミスなんて偽名だと思ってます。
部屋まで案内して勝手にトランクを開けてるおばさん。何だか人形が入ってます。
どうやらトランクを間違えてたらしい。

有力者親子3人がホテルに聞き込みに来てます。
ハリー・モーガン→有力者のテイラー・バートン
ディック・カーティス→息子のバッド・バートン
スザンヌ・プレシェット→娘のペイシェンス

町を歩くラティゴ。
さっそくジャック・イーラム扮するジャグ・メイとコンタクトする。

ホテルにて
ラティゴのトランクを調べている親子3人。
それからバルコニーに出てペイシェンスがいきなりライフル銃で撃つ。
大騒ぎになってます。

ラティゴとジャグ。
ラティゴは医者はとこだ?とジャグに聞いてます。
シュルツ医師は酒場でビリヤードをしてると答えるジャグ。
それで拍車を売ってるジャグに100ドルをやるラティゴ。
100ドル札は初めて見たと感激してるジャグ。

酒場にて。
ここはルーレットをやってます。
シュルツ医師とコンタクトするラティゴ。
500ドルで秘密にしてくれと何やら頼み込むラティゴ。
そんなとこでいきなり近くで爆発してる。炭鉱の発破でした。

シュルツ医師は色々と喋る。
バートンとエイムズ。2人の鉱山所有者がもめている。
それから通りを歩いてる馬車が突っ込んできます。またペイシェンスです。

シュルツ診療所にて。
ここに入るラティゴとシュルツ医師。ここの患者はラバでした。動物の医者だったとベタなオチになってます。

いよいよ症状を見せるラティゴ。
胸に『ゴールディ愛してる』と大きく刺青が入ってます。
酔ったらこうなったらしい。これを消すのが目的のラティゴ。
シュルツ医師はまずは参考書を読んでからだと言ってます。全くゆるゆるな展開になってます。
そんなとこにバートンが来てラティゴを雇うと言う。

酒場にて。
ここに入るラティゴ。ジャグがいます。
いちいちルーレットをやりませんかと言われてやらないと答えるラティゴ。
ルーレットなんて損するだけだとジャグに説教してるラティゴ。とにかくルーレットは最低だと力説しています。

しかし23番に有り金4600ドルを賭けるラティゴ。何でそうなる?
ボスを呼ぶルーレット係り。ボスは一杯飲んでルーレットを回せと言う。
ルーレットは回り外れます。倒れるラティゴ。全額すったようです。

外にて。
時々やっちまうんだとジャグに言ってるラティゴ。
23番が俺を引き寄せると言ってる。それでルーレットの悪口を言ってたようです。
で、ジャグからカネを借りようとしからもう使ってしまったようです。
文無し2人は散歩をする。

ジェニーの酒場にて。
ここに入る前にジャグの拍車の片方だけをゲットするラティゴ。
ジェニーに片方の拍車を見せて作り話をするラティゴ。
上手い具合に酒をおごってもらう。そんなとこににまた発破がある。

ペイシェンスはラティゴとジェニーが一緒に歩いてるの見ています。
そうなるとダイナマイトをくすねてます。何でそうなる。

洋服屋にて。
帽子を選んでるラティゴ。そんなとこにガンマン風の男がやって来る。
コロラド・マギーと名乗ってる男。誰?
ラティゴを早撃ちスイフティと思い込んでるコロラド・マギー。
表を出ろとなるが隙を見て後からコロラド・マギーを殴打してノックアウトするラティゴ。そんなことをやっていいのか?
アイロンを持ち出してコロラド・マギーの右手人さし指を折ってるラティゴ。
で、ジャグからこいつは左利きだと突っ込みが入って左手人さし指も折るラティゴ。

事務所にて。
バートン一行3人がコロラド・マギーから話しを聞いてます。
この不始末に激怒してるバートン。
エイムズがスイフティを雇った。そんな話しになってます。
外を見るとエイムズ一行3人が歩いてます。

郊外の一軒家にて。エイムズ家です。
エイムズの姉アビゲイルとペイシェンスがいます。
ドレスを着付けされてるペイシェンス。これでジェニーの酒場に潜入するつもり。
ダイナマイトをどこに隠そうかとやってます。そうなるのか?
アビゲイルはペイシェンスのパパといい仲らしい。
そんなとこに弟のエイムズが帰宅する。慌てて窓から出ていくペイシェンス。

町にて。
またペイシェンスがダイナマイトの近くにいます。

それでジェニーの酒場に潜入するペイシェンス。
いきなりラティゴの部屋に入る。あまり慌ててないラティゴ。
何故狙うと聞くラティゴ。パパが金鉱を所有しないと私がニューヨークの大学に行けなくなるとのこと。まわりくどい。
自分のブーツを見せて名前を教えてるラティゴ。確かにラティゴ・スミスとなってるようです。
そんなこんなでメイドに見つかって退場となるペイシェンス。

シュルツ診療所にて。
刺青のゴールディ云々と言われてるラティゴ。
シュルツ医師からは刺青の除去には2週間かかると言われてるラティゴ。
そんなとこにペイシェンスが来てどこが悪いのと聞く。
逆に何で銃を撃ちまくると聞かれてるペイシェンス。
エルマーに求婚されたので撃ったとペイシェンス。エルマーは普通のオッサンです。そりゃ撃ちたくなる。

酒場にて。
ラティゴとジャグ。バートン一行3人が来ます。
エイムズを裏切れば現金5000ドルと交渉になります。
そんなわけでラティゴはジャグがスイフティだと主張する。これで5000ドルをゲットしようとする。

ジャグに事情説明するラティゴ。
当然スイフティ役を嫌がってるジャグ。ここでラティゴを報酬5000ドルを1000ドルと言ってます。残りを横取りするつもりらしい。相棒の分け前を分捕るとはスティーブ・ジョブズか?。

ホテルにて。
バートン一行3人が来る。廊下で現金5000ドルを受け取るラティゴ。
そんな感じでジャグをごまかしたラティゴ。

町にて。
ラティゴがエイムズの鉱山に接近する。ライフル銃で威嚇射撃される。
そんなとこにジャグが来てます。偶然らしい。
何だかしらないけどバートン側が勝ったようです。喜んでるバートン側。
ジャグに1000ドル渡してシュルツ診療所に行くラティゴ。

酒場にて。
酔いつぶれてるシュルツ医師。こまった状況のラティゴ。
バーテンからどんな病気?と聞かれてるラティゴ。
そんなとこにオッサンのエルマーが来ます。特に何もない。

またルーレットに引き寄せられるラティゴ。
これではギャンブラーというよりギャンブル中毒の精神病です。
また23番に有り金4600ドルをかける。

酒場から出るラティゴ。
柱に頭を打ち付けてる。当然全額すったようです。
そんなとこにペイシェンスが来る。頭をぶつける話しになってます。ペイシェンスも自宅の壁でやってるとか。
実はニューヨーク出身のラティゴ。ペイシェンスが話しを聞かせてとせがむ。
胸の病気の話しになると他に言うなと釘を刺すラティゴ。
そんなとこでまた発破がある。

町の郊外の森を散歩してるラティゴとペイシェンス。
いきなりペイシェンスにキスをするラティゴ。ニューヨークを感じるわとペイシェンス。
ベルの音が聞こえます。自転車を積んだ馬車がエイムズ家に着く。
これを見ているラティゴとペイシェンス。

馬車にはアビゲイルとペイシェンスのパパ バートンが乗ってる。
そんなとこにエイムズ一行3人が現われバートンを家に連れ込む。

これは大変となってるペイシェンス。
ラティゴを何をしてるのか覗きに行きます。

それからタイミングがいいとこで家に入るラティゴ。
スイフティの相棒となってるのでスイスイと入り込んでます。
そんなこんなで俺とスイフティでバートンとエイムズの競争を監視すると言ってます。
エイムズは何故か自信満々です。どうなるかしらないぞいった感じ。

町にて。
ラティゴとジャグ。
そのうちにスイフティの本物が来ると心配してるジャグ。

ジェニーの酒場にて。
ここの床屋に来てるラティゴ。
床屋の主人がよく見るメキシコ人です。『リオ・ブラボー』(1959年)のホテルの主人を演じてました。
そんなとこにゴールディが来る。どうやらジェニーとは知り合いらしい。
これは大変となってるラティゴ。顔に泡を付けてひげ剃りの客に成りすます。
ゴールディは片方の拍車の話しをする。ますますこまった状況のラティゴ。
そんなわけでラティゴを殺しましょうとなってるゴールディとジェニー。

開き直って客のふりをやめて言い訳をするラティゴ。
いきなりイスで殴打されるラティゴ。まわりが釣られてウエスタン名物の酒場の大げんかの風景になってます。このへんもゆるゆるですがあまり気にしない。
それから毎度の発破もあります。
ペイシェンスがラティゴを介抱しようとシャツを脱がすと『ゴールディ愛してる』の刺青が見えてしまう。当然激怒するペイシェンス。

夜にて。
キャンプファイアーのダンス大会になってます。バートン側らしい。

シュルツ診療所にて。
ラティゴが来てます。バートンの息子に何やら言われてます。
ペイシェンスと結婚なんてとんでもないと主張してるラティゴ。

で、ペイシェンスがいてラティゴに謝罪しています。
何かがあった時にアンタ胸の刺青で私の立場はどうなる?とも言ってます。結核の方がマシだとも言ってる。

ダンス大会にて。
エイムズの子分2人が近くの立て坑にダイナマイトを仕掛けてます。
ダイナマイトをエレベーターで下ろしている。

ラティゴとエイムズ。
スイフティのことを知ってるらしいエイムズ。
要するに本物のスイフティを知ってる。そんなわけで電報を送ったと言ってる。
スイフティを騙るペテン師がいる・・・
そんなとこでバートンの立て坑が大爆発する。これは大変。

立て坑が修復する頃には本物のスイフティが来るとエイムズ。
バートンはラティゴとジャグにデンバー行きの汽車に乗れと言ってくれる。

汽車にて。
本物のスイフティがいます。有名人なので車掌がご機嫌をとってます。
スイフティ・モーガン。チャック・コナーズが演じてます。いいじゃん。
どこへ行きますか?と聞かれればパガトリーだとなる。これは大変。

パガトリーにて。
酒場でラティゴはエイムズの子分に絡まれる。タバコに火をつけろ・・・
一応火を点けるがすぐにビリヤードのキューで張り倒す。

ラティゴとジャグ。
ジャグは1000ドルではなく5000ドルと知ってます。
しかしあまり怒っていない。最初の100ドルで感謝してるらしい。

ラティゴはすぐに町を出ようと主張する。
ジャグは残って決闘するつもり。少しは勝ち目があるだろうと主張してる。それに死んでも有名になるからいいと言ってる。
で、早撃ち比べになるがやっばりラティゴの方が早い。ここはマジでジェームズ・ガーナーが早く抜いてます。

そんなことをしてるうちに汽車が到着してしまいます。夜です。
本物のスイフティは駅長と話しをする。
駅長は余計なことを吹き込んでます。誰それがあなたの悪口を言ってます・・・
それで駅長は偽物を呼んでこいと言われます。

マジで駅長が呼びに来ます。
これはビックリのラティゴとジャグ。
いきなりジャグを後から殴打するラティゴ。自分が行くらしい。
ペイシェンスはラティゴが死んだらニューヨークに行けないと嘆く。

夜の通りにて。
本物のスイフティが歩けば逃げる人達がいる。見物人も多いけど。
ラバにダイナマイトを積んでラティゴが登場。面食らう本物のスイフティ。

そんなこんなでマジで決闘になる。
で、発破も爆発する。爆発の前にファイアーインザホールと言ってます。ディスカバリーチャンネルの『怪しい伝説』でおなじみのセリフです。

そうしたらスイフティはリボルバーを暴発させて自分の足を撃つ。
ラティゴのラバは暴走してジェニーの酒場に突っ込んで爆発する。

スイフティはブーツを履いたまま死にたくないと言ってる。
ラティゴは何とか無事でした。ジェニーとゴールディも無事。それに爆発はショックで胸の刺青を消えたらしい。

一段落したとこで・・・
またルーレットの23番に1万ドルを賭けてるラティゴ。病気です。
今度は当りでした。結果オーライだけど。

汽車にて。俯瞰シーンです。プロローグに戻る
車内でキスをしてるラティゴとペイシェンス。

汽車の後尾にはジャグがいます。色々と解説をしてます。
ペイシェンスは結局ニューヨークに行かずデンバーで7人の娘を産む。娘たちはニューヨークの大学へ行った。
最後に俺はマカロニ・ウエスタンの大スターになると言ってます。それがオチかい。
1971年からではマカロニ・ウエスタン自体がもう落ち目で遅いような気がするけど・・・。
エンドとなります。


そんなわけでゆるゆるですがウエスタン・コメディのよい作品でした。


« Hollywood Express #600◆2014.12.13(土) | トップページ | 『夕陽に立つ保安官』 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75473/60839610

この記事へのトラックバック一覧です: 『地平線から来た男』:

« Hollywood Express #600◆2014.12.13(土) | トップページ | 『夕陽に立つ保安官』 »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。