映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« 『SOS地球を救え!』 | トップページ | Hollywood Express #589◆2014.09.27(土) »

2014.09.28

『地球最後の日』

この作品は、ルドルフ・マテ監督、リチャード・デア、バーバラ・ラッシュ主演のB級ではないSFドラマのようです。
なおこの文はネタバレ全開となっています。

1951年 パラマウント アメリカ作品
ランニング・タイム◆82分
原題◆When Worlds Collide
プロット◆地球から別の惑星に脱出する話しのようです。
音楽◆リース・スティーブンス

キャスト
リチャード・デア→飛行樹配達人のデビッド・ランダル
バーバラ・ラッシュ→ヘンドロン博士の娘ジョイス・ヘンドロン
ラリー・キーティング→リーダーのコール・ヘンドロン博士
ピーター・ハンソン→医者のトニー・ドレイク博士
スティーブン・チェイス→ロケット担当のフライ博士
ヘイドン・ローク→ケンナ山観測所のエメリー・ブロンソン博士
ジョン・ホイト→クルマイスの富豪シドニー・スタントン
フランク・キャディ→スタントンの執事フィリス
ポール・フリース→ナレーター/アメリカ大統領 (voice) (uncredited)
ケーシー・ロジャース→スチュワーデス (uncredited)
メアリー・マーフィ→Student (uncredited)

ルドルフ・マテ監督の演出はよいと思います。
全体的に普通に出来ています。
撮影出身の監督はあまり上手くない印象があります。

RUNコーポレーション/10000BESE-TO発売のDVDにて。
画質は普通です。珍しい。フォワード発売ではないからか?
スクイーズ収録のフル表示。
画面サイズはスタンダード。左右に黒味あり。
音声はドルビーデジタル2.0ch

画質が悪いと1部に著作権のアラート。
RUNコーポレーションのタイトル。それにしても何でトイレの流す音が入る。

この作品はパラマウントですがそのタイトルはありません。
タイトル。
When Worlds Collide
ジョージ・パル製作
ルドルフ・マテ監督。撮影出身で大丈夫なのか?

前説字幕。
神が地をごらんになるとまさにそこは堕落していた。
全ての生物が生きるべき道しるべを失っていた・・
そこで神はノアに・・・
そういう前説です。

ナレーションが入ります。
宇宙のことから南アフリカの天文台になります。ケンナ山観測所です。
観測データを見てこれは大変となってます。
エメリー・ブロンソン博士に助手のスタンリー他。
配達人のランドールが来る話しになってます。ヘンドロン教授にデータを送る。

小型飛行機にて。
デイブ・ランドールが操縦してます。女子を乗せていてナンパしてるらしい。
女の子とキスをしてるランドール。
ケンナ山のラス・カーティスから無線です。

ケンナ山観測所にて。
もうここに来てるランドール。エメリー・ブロンソン博士から話しを聞きます。
大事な荷物をアメリカまで届ける話しになってます。
リスボンから大西洋横断帆船でニューヨークへ・・・
コスモス観測所のヘンドロン博士に必ず渡すようにとしつこく言われてます。
で、ワイヤーロックされた小型トランクを手錠でつながれてます。
ブロンソン博士はかなり深刻になってます。カネより時間が大切とか・・

旅客機で移動中。
電報を受けとるランドール。新聞記者からでトランクを5000ドルの高値で記事にさせてくれという話しです。特ダネを狙ってるらしい。
電報を丸めてるランドール。

税関にて。
待ってるランドールですが迎えに来た女性がいます。
ヘンドロン博士の娘のジョイスです。
係員に誘導されてるランドール。すぐにここを出ています。
しつこいセンチネス紙のドノバン新聞記者を振り切ってます。

タクシーで移動中。
ジョイスは世界の終わりの話しをしています。

ヘンドロン博士のオフィスにて。
到着したランドールとジョイス。ジョイスには医者の彼氏トニーがいます。
ヘンドロン博士が来て会議室に行く。

会議室にて。
ランドールが持ってきたワイヤーロックを外し荷物を出して調べます。
手錠は後回しだと言われてるランドール。

当時最新の計算機等で計算しています。
フライ博士が写真を見てます。遊星ベラスが地球に接近。その衛星ザイラ。

計算待ちになってます。
この2つの星が太陽系に侵入する。地球を破壊するだろうとヘンドロン博士。
時間は1年以内。まずは衛星ザイラが通過してベラスが衝突する。
計算の結果が出て間違いはないとなります。

ダンスホールにて。
1人でテーブル席にいるランドール。
タバコをお札を燃やして火をつけてます。1度やってみたかったとか。隣のおばさんにそう言ってます。
ジョイスとトニーはダンスしてます。トニーは早く結婚しようと言ってます。
病院から電話が入りトニーはいなくる。

テーブル席のランドールとジョイス。
ランドールはジョイスにトニーと結婚するのかとしつこく聞いてます。
カネなんか灰になるとまたお札でタバコに火をつけてるランドール。

ニューヨークの国連ビルにて。
国際会議になってます。
ここで地球最後の日を発表するヘンドロン博士。
7月24日にザイラ通過。その19日後8月12日の朝に巨星ベラスが衝突。
ヘンドロン博士はロケットでザイラに移れと主張する。あと8ヶ月・・
ここでフライ博士はロケット関係の博士だとわかる。
しかしこれを否定して笑いものにする他の科学者達もいます。
オッティンガー博士、ゼンター博士等・・
そんなわけで大恥をかいてるだけのヘンドロン博士。

号外です。新聞の見出しは・・
世界の終わりがやって来る・・、それはでっち上げ・・
国連で物笑いのヘンドロン博士・・・

ホワイトハウスにて。
そんなヘンドロン博士にロケット建造に援助する財界の協力者2人がついてます。
こじんまりと計画はスタートするようです。

オフィスにて。
ヘンドロン博士とジョイス。
トニーが結婚しろと迫ってる話しをするジョイス。
ジョイスは乗り気ではない、博士はどっちでもいい。
乗り気でないのはデイブ・ランドールが出現したかららしい。
ランドールは最初に小型飛行機で女の子といたけどあれは関係ないのか?単なる通りすがりのナンパだけなのか?
そういえば送ってやっただけと言ってた。

そんなとこにスタントン氏がやってきます。車イスです。
ヘンドロン博士とフライ博士が相手をする。
新しいノアの箱船の話からスタントン氏はカネを出す。
カネではなく勝ち目があるのかと言ってます。私が乗るのは当然で40名の人選をさせろと条件を出す。
これをはねつけるヘンドロン博士。
そんなこんなでカネは出すスタントン氏。詳しい条件はわからん。

ミーティングにて。
ロケット建造の説明をするフライ博士。
発射時の燃料節約のためにロケットはレールを滑走すると説明してます。
途中からヘンドロン博士の助手になってるランドールが他のことについて説明をしてます。ランドールはパイロットで口が達者なキャラのようです。
ロケット建造のために600人は参加してる。乗員40名は抽選になる・・

女性陣も集められてます。説明してるジョイス。

ロケット基地に。まだ工事中です。
このロケットやレール等のミニチュアからマット画は上手い。
バスの到着した関係者が大勢。受付で手続きしてます。
それからロッカーやベッドで、まずは普段の生活の支度です。

マイクロフィルムラボにて。
聖書から始まって本をマイクロフィルム化して梱包しています。

他にも色々とやってます。
基本の動物のつがいから始まって色々とやってます。つがいだけでは増えないと思うけど・・・

ジョイスとトニー。
トニーにはつれない態度のジョイス。気まずくなってます。

スタントン氏が来ています。
反対してた科学者達が寝返ったと。世界各地それぞれでロケット建造をしてる。
パニックに対する対策で持論を述べるスタントン氏。
現実的な対応をすると自信満々です。ライフル銃が必要だと力説してる。
スタントン氏の執事がオッサンのフィリスでこき使われてます。

普通の食堂等・・
TVニュースです。重大な発表。惑星ザイラと遊星ベラス。

飛行機で移動中にこれを聞いてるランドール。
ジョイスもいます。ランドールにこの計画にあなたは必要なのよと言ってます。
ランドールは俺なんかいらないだろうと悲観的。

避難中の群衆へ軍からの公式命令です。
どうやら沿岸から山地に避難をするようです。惑星ザイラの通過に備えてるようです。
あとは考えていないのか?

避難と祈りのシーンになります。
世界各地で群衆の祈りのモンタージュが入ります。
ゴーストタウンになったニューヨークのシーンも入る。

ロケット基地にて。
もうザイラ通過の日になったようです。
何も起こらない。ぶち切れてるスタントン氏。しかし強烈な地震がおこる。
揺れて荷物が散乱し停電になる。肝心のロケットにもダメージがある。
トニーがジョイスとランドールが抱きあってるのをフラッシュライトで照らして見てしまう。これは別なことで大変。

火山が大噴火してます。
溶岩が流れます。これは溶鉱炉を使ってる。『空の大怪獣ラドン』(1956年)でも溶鉱炉溶岩をやっていましたが、この作品でもうやっていたようです。

大火事がおこります。
氷山は崩れる。
津波が押し寄せる。
全部ミニチュアでやってます。かなり東宝特撮に引用されてます。
ニューヨークのビル街に津波が押し寄せる

ロケット基地にて。
ロケット周辺が燃えてます。消火活動になってます。
人力で何とかしてる。ロケット発射台に鉄骨を差し込んでクレーンで吊るらしい。
しかしクレーン自体が崩壊します。アラートと叫ぶランドール。
クレーンは崩壊してブロンソン博士が下敷きになり死に至る。

オフィスにて。
無線を聞いてます。救援要請が聞こえて荷物を用意して出動するトニー。
口論になるけどランドールも同行します。

ヘリコプターで移動中。
操縦してるのはトニー。ニューヨークは水没してます。ケンカどころではない。
水が増えて孤立してる場所に接近するヘリコプター。
ランドールが荷物を投げる、下ではシートで受けてる。
引き上げるヘリコプター。

ヘリコプターで移動中。
一軒家で屋根だけが水から出てます。子供がいる。
子供を救出します。接近するヘリコプター。ランドールが降りて子供を乗せる。
ヘリコプターはそのまま行ってします。嘘だろといった感じのランドール。
しかしヘリコプターはまた戻ってきます。乗り込むランドール。
どういうシーンなのかわからん。
一瞬ケンカの続きかと思ったと言ってるランドール。それがオチかい。

ロケット基地にて。ベラス 11と出てます。
ロケットに乗る人の抽選になってます。発表は当日で発射前。
44名、最初から当確がスタントン氏、フライ博士、ランドール・・と発表してるヘンドロン博士。

抽選になってます。
ここでランドールがくじを引く。当確なのに・・・

夜にて。ロケット付近です。
ランドールとヘンドロン博士。
抽選の話しをするヘンドロン博士。何でそんなことをすると聞きます。
君を当確にしたのはジョイスのためだと言ってるヘンドロン博士。だいたい抽選したようにして実際はひいていない言われてるランドール。
何だか意固地になってるランドール。行かないと主張してる。

days until 10 ベラスと出てます。あと10日ということか?
9、8とカウントダウンされてます。
発表が最終日なるのは当然で、そうしないとだれも働かない。

食事配給です。
渡す係のジョイスがランドールやトニーに気を取られてます。
そんなシーンが入る。

ロケット内にて。
ランドールは外部モニターカメラのチェックをやってます。
荷物チェックをやってるジョイスを見ています。
ここにトニーが来て操縦担当のフライ博士の健康の話しをする。心臓がアレで発進時の引力に耐えられない、意識喪失からの復帰が心配と言う。
誰にも言ってない。フライ博士本人にも言ってないとか。
そんなこんなで操縦のバックアップとしてロケットに乗ることにするランドール。
こうなる運命だったのかと乗り気になってます。

それでロケットから出てジョイスにキスをしてるランドール。そうなるのか。
モニターカメラで見ているトニー。まあいいかとなってる。

それからトニーとジョイス。
ランドールに言ってくれてありがとうと言ってるジョイス。
で、子供が犬を連れて来てロケットに乗せようとなってます。

時間が経過してベラス衝突まで3時間になってます。
当選の発表になってます。A4ぐらいの紙に書かれてるだけ。
無名カップルですが男は当選して女のジュリーは外れたようです。

オフィスにて。
最期の打ち合わせをしてます。
ヘンドロン博士、フライ博士、スタントン氏の3人。
ぎりぎりまで待って発進した方が軌道的に具合がいいとか。

まだスタントン氏と口論になってるヘンドロン博士。
スピロ氏とマーストン氏が最初に協力した財界人だとわかる。
それでスタントン氏があとから乗ってきてここにいるわけです。
ザイラに着いたとしてどうなるかわからんとヘンドロン博士。

無名カップルの当選した男が当選を返上にくる。すぐにいなくなる。彼女のジュリー・カミングスが落ちてヤケになってるという話しになってる。

ここで執事が俺を乗せろとハンドガンを出してくる。
ついでにスタントン氏を殺してやると迫る。ここでスタントン氏は毛布に隠してあったリボルバーで執事を撃ち殺す。

銃声を聞いて大騒ぎになってます。
ここ以外でも発表から騒ぎが起きてるらしい。
それで結局ジュリーも彼氏も乗せる話しになってます。
フライ博士がスタントン氏に対してぶち切れたりする。何も言うなと言ってる。

もう発進直前です。ベラスも接近してる。
ロケットに女性達から乗り込んでます。
ロケット内からモニターカメラで外を見てるランドールとジョイス。

残りの男達が乗り込みます。
車イスのスタントン氏はヘンドロン博士が押してます。

外れた男達はスタントン氏が用意した銃でロケットを乗っ取ろうと盛り上がる。
反対してる男もいるが無視される。

ロケットにて。
外れた男達がスタントン氏が用意した銃を持って押し寄せる。
直前のゲートで止まってるが破られそうになる。
ヘンドロン博士はロケット固定装置を外してロケットを発進させる。
ヘンドロン博士は乗らない。これで余分の燃料が出来ると判断してます。
乗せろと立ち上がるスタントン氏。立てたのでこれもこれでいいような感じ。

発進するロケット。まずは軌道を移動して加速する。
そのまま発進するロケット。

ロケットで加速中です。
モニターにはベラスと衝突する地球が映る。

ロケットはは惑星ザイラの大気圏に接近する。
姿勢を制御してます。ロケットは上向きで減速をしてから下向きになる。そんな感じ。
燃料計はホトンド空になってます。

大気圏に突入するロケット。それから水平飛行になってます。
モニターには雪を被った山脈が見えます。燃料計は空になってる。
どこでもいいから着陸しろと出たとこ勝負になってます。
それでランドールが操縦して雪原に胴体着陸させます。

無事に着陸するロケット。歓声を上げる乗員達。
外に出ようとなるがフライ博士はまずは大気の成分を分析すると止める。
しかしランドールはどうせ吸うんだからとドアを開けてます。何ともない。
最高の空気だとランドール。結果オーライでした。

雪原の向こうには緑が見えます。文明はあるのか?
子供のマイクが連れてきた犬が出産して子犬がいる。
そんな感じでお祝いモードになってます。

字幕です。
新世界での人類の始まりである・・・
エンドとなります。エンドマークも出ずに黒味になってます。これはパラマウントのタイトルをカットしてそうなったようです。


そんなわけで普通のSFドラマのよい作品でした。


« 『SOS地球を救え!』 | トップページ | Hollywood Express #589◆2014.09.27(土) »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75473/60389913

この記事へのトラックバック一覧です: 『地球最後の日』:

« 『SOS地球を救え!』 | トップページ | Hollywood Express #589◆2014.09.27(土) »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。