映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« Hollywood Express #584◆2014.08.23(土) | トップページ | 『極秘指令 ドッグ×ドッグ』 »

2014.08.30

『キリング・ショット』

この作品は、アーロン・ハービー監督、マリン・アッカーマン、フォレスト・ウィテカー主演の風変わりなフラッシュバック・サスペンスのようです。

2011年 Annapurna pictures/他のプロダクション アメリカ作品
ランニング・タイム◆94分
原題◆Catch .44
プロット◆夜中のダイナーで色々とある話しのようです。
音楽◆Ben Zarai、David Allen Kitchens
音楽監修◆ジョー・パガネッリ

BS193 WOWOWにて。
画質は非常によいです。
スクイーズ収録録画のフル表示。
画面サイズはワイド。上下に黒味あり。
音声は AAC 5.1ch

キャスト
フォレスト・ウィテカー→謎の配達人ロニー
ブルース・ウィリス→組織の大物メル
マリン・アッカーマン→ブロンドのテス
ニッキー・リード→ブルネットの妹カラ
デボラ・アン・ウォール→ブルネットの姉ドーン
シェー・ウィガム→組織の手下ビリー
ジル・ストークスベリー→ダイナーの主人フランシーヌ
ブラッド・ドゥーリフ→コナーズ保安官
P・J・マーシャル→エルモア保安官


アーロン・ハービー監督の演出はよいと思います。
全体的に普通にフラッシュバックが入るサスペンスになってます。
そんな感じで時間が前後しています。


Annapurna pictures
Emmett/Furla EFF Films

プロローグ
モノローグが入ります。7年目がどうのこうの・・・
Annapurna Productions (as Annapurna)
Emmett/Furla Films
Benaroya Pictures (in association with)

タイトル
フォレスト・ウィテカー
ブルース・ウィリス
マリン・アッカーマン

回りが林の道路をクルマを走らせるマリン・アッカーマン扮するテス。
何だか疲れている感じ。

フラッシュバックが入る。
ダイナーにて。
マリン・アッカーマン扮するブロンドのテス
ニッキー・リード扮するブルネットで妹のカラ
デボラ・アン・ウォール扮するブルネットで姉のドーン
3人で話し込んでます。
セックスで妥協をしなくてはいけない話しになってます。
どうでもいい会話のようです。『パルプ・フィクション』(1994年)系の手法らしい。

カラに人目を引いてはダメよ注意してるテス。
客ですが男1人、カップルが1組。それに女の主人、給仕の男。
メル親分の話では02:30AMのはずが、もう03:00AMを過ぎてます。

いきなりハンドガンでハイジャックする3人。
しかしカラは女の主人に撃たれます。これは大変。

タイトルの続きです。
タイトルバックはカラがシャワーを浴びてうろうろしてるとこです。
文字が上手い具合に表示されてます。洒落てる。
帰宅したドーンがカラに文句を言う。準備はどうした?というわけです。

音楽はやたらと歌が入ってます。低音が効いていい。
だから音楽監修のクレジットになるわけです。

ストリップバーにて。
字幕でテスと表示される。
テスは仕事を上がる。外にでたとこで男がナンパではなく売春の交渉にくる。
断ってるテス。それで携帯電話を借りて男の財布をスリ取ってます。男はデイビッド=デイブと名乗ってた。

クルマに乗るテス。クルマはBMWです。
→ 1999 BMW 328i [E46]
これで3人で移動となります。すった財布を調べたりする。

夜にて。クルマで移動中。
運転してるのは男です。フォレスト・ウィテカー扮するロニー。
クルマは白いシビックだと思う。
→ 1982 Honda Civic [SL]

止まってるBMWにて。
仕事の話しになってます。郊外のダイナー。メルの依頼。
メルのシマを荒す奴がいる。でそのシーンが少し入る。
ヤクを押さえて正体を暴け・・・、大丈夫なのか?と思える。
カラはあまり話しを聞いてない。

公衆電話に入るテス。少し待つとベルが鳴る。取ります。
メルからで02:30AMと指示される。
BMWで移動になります。郊外なので結構走る。

ロニーのクルマが止まってるとこにパトカーが止まる。
ロニーは偽名を騙ってます。お巡りがエンジンを調べてるとこでハンドガンに消音器を付けてます。
いきなりお巡りを撃つロニー。これはビックリ。

お屋敷にて。
今度はジャガー・Eタイプが登場。ガレージに入る。
→ 1971 Jaguar XK-E Series III
奥のクルマは白いアメ車です。たぶんクラシックなシボレーと思ったが違った。
→ 1959 Dodge Coronet Club Sedan
女の子がクリーニングを取りに行ったらしい。
ここはメルのお屋敷のようです。出かける支度をしてるメル。

GSにて。
ガソリンを入れてるBMW。
テスは支払いと買物、カラとドーンはお喋りをしてる。
会話からこの2人は種違いの姉妹のようです。あんたのパパは・・・なんて言ってる。
街から65キロのダイナーなんて怪しいと言ってるカラ。
テスが戻ってきます。

BMWが出ていったらし入れ違いでパトカーが来ます。白いフォード。
→ 2005 Ford Crown Victoria Police Interceptor [P71]

ダイナーにて。03:00過ぎ。
同じシーンの繰り返しでいきなりハイジャックする3人。
しかしカラは女の主人に撃たれます。これは大変。
ドーンが女の主人を撃ち殺す。しかし男の客に撃たれるドーン。

BMWにて。移動中です。
ラジオが詰まらないのでテスがカセットテープをかける。
ブルース・ウィリスの歌が入ってるらしい。楽屋落ちです。
そんなとこをパトカーが静止させられる。

パトカーは制服のロニーです。延々と喋る。しつこく聞く。
ドーンが見舞いに行くと言うと3人でその親類の名前を言えとロニー。
ここはメルおじさんと答えてる3人。切り抜けます。
免許と登録証とまだしつこい。登録証はない。兄のクルマですとドーン。

GSにて。
別のパトカーが入ります。お巡りが店に入る。勝手に飲み物を出してます。
店員のランディを呼ぶがいない。あちこち探すお巡り。
ランディはトイレで撃たれて死体になっていました。これはビックリ。
無線でエルモアを呼んでる保安官。出ない。

無線で呼ばれてるのがロニーのパトカーでした。当然出ない。
まだ話してるロニー。タイヤの空気が抜けてると指摘してる。
そんなこんなでようやく解放されています。発進するBMW。

ロニーはパトカーに戻ると何やらうめき声が聞こえる。
トランクにはまだ死んでないお巡りのエルモアがいます。消音器ハンドガンでとどめをさしてるロニー。
パトカーを発進させてるロニー。何をするつもりなんだ?

ダイナーにて。
BMWが入ります。ここでいいの?と聞くカラ。
そんな感じでもめてます。この仕事はおかしいとカラ。
メルは裏切ったことはないと言ってるテス。
どうやらテスは前に仕事を失敗して、その次の仕事になるらしい。
ドーンが尼僧4人のペニスに関するたとえ話をしてます。あまり面白くはない。
いよいよダイナーに入ります。

お屋敷にて。
リボルバーのクローズアップショット。白いグリップにはヘビが描かれてます。
そうなるとクリント・イーストウッドからの引用ではないかい。マカロニ・ウエスタン3部作でのリボルバーのグリップがヘビ模様なんです。
『荒野の用心棒』(1964年)
『夕陽のガンマン』(1965年)
『続・夕陽のガンマン』(1966年)

ダイナーにて。03:00過ぎ。
同じシーンの繰り返しでいきなりハイジャックする3人。
しかしカラは女の主人に撃たれます。これは大変。
ドーンが女の主人を撃ち殺す。しかし男の客に撃たれるドーン。
男の客を撃ち殺すテス。給仕の男がショットガンを突きつける。
ホールドアップされるテス。ハンドガンはまだ構えたまま。
メルの話しをしてる給仕の男。これはビックリのテス。

字幕が出て給仕の男の名はビリー。
そんなとこにロニーが入ってきます。カップルを撃ち殺す。
これは何事だ。落ち着けと言ってるロニー。
ずっと互いにホールドアップしてるテスとビリー。
会話によると女の主人の名はフランシーヌとわかる。
ビリーはロニーのことを知ってます。
ロニーはテスのことを知ってます。
テスは両方とも知らない。
いきなりダンスしてるロニー。テスにオレは配達人だと言う。

ストリップバーにて。2年前。
男2人連れの客で白人男から絡まれてるテス。
そんなとこにロニーがにらみをきかせて追っ払う。
テスはジェシカと名乗ってる。思い切り偽名です。
で、テスはさっきの男から財布をすっていました。これが特技らしい。
あんた警察?と聞いてるテス。否定するロニー。
それでロニーはテスをメルの屋敷まで連れていく。

クルマは青に白いストライプ2本の古いアメ車です。多分シボレー・カマロ。
→ 1968 Chevrolet Camaro SS

お屋敷にて。
テスを送ったとこでオレは配達人だと行ってるロニー。オレを忘れるなよと言ってる。

ダイナーにて。
ロニーに会ったのは2年前なのよと言ってるテス。完璧に忘れていたようです。
ロニーはメルの部下同士には交流がないと説明してます。

お屋敷にて。
お屋敷には女の子がいます。名前はダーラ。
で、メルと面会してるテス。
ピーカンナッツの話から・・・
メルから野球の話しが出ています。野球賭博騒動で永久追放になってだいぶミソがついてるけど伝説のピート・ローズの名前が出てる。ピート・ローズに胆石があったとか・・。

ようやく仕事の話しになってますストリップバーはオレの店だ。
テスに他にも特技があるだろうと言ってます。スリのことです。
ロニーの名前を出してます。

ダイナーにて。
メルは実業家だと言ってるロニー。
これは思いやりの行為なんだと主張してるロニー。
テスはヤクの売人の仕事をしていたらしい。

忙しくカットバックしてます。屋敷にて。
テスはロジャー・ストーバックの名前を出してる。NFLダラス・カウボーイズの伝説のQBの名前です。
コカインのの話しをしてるメル。

ダイナーにて。
200万ドル。君の最後の仕事だと言ってるロニー。
ビリーにカネを全部くれと言ってるロニー。こうなると血相を変えるビリー。
で、お巡りを撃ったのはビリーだと言ってるロニー。これはビックリのビリー。
ロニーは皆殺しにしてカネを頂く気なのか?
今度はビリーがロニーにいい話しを持ちかける。女を殺そうというわけです。

シーンが変わります。
アメ車のコンバーティブルに乗り込んでるビリー。男2人が乗って移動する。
→ 1972 Ford LTD Convertible
それを見ているシボレーのロニー。

ダイナーにて。
ロニーはビリーがカネを持ってると確信しています。
メルは失敗を許さない話しになってるロニー。

シーンが変わります。
女の死体を包んで埋めてます。ヘマをすれば死あるのみとなったようです。
燃料をかけてます。小便かと思った。燃やしてます。それから埋める。

ダイナーにて。
今度は愛の話しをしてるロニー。どうやらテスに一目ぼれしていたらしい。
テスには全くその気はない。そんなことは関係ないロニー。立派なストーカーです。
ビリーもロニーにテスにその気はないとダメ出ししています。

そうなると今度はメルは老いぼれてもう終わりだと言ってるロニー。
ロニーは引退する。カネを持ち逃げしてテスと一緒になると決めてるらしい。
それでロニーはテスにビリーを撃てと言う。そのあとに一緒に逃げよう・・
何だか三すくみになってるようです。

ところでロニーは時々どもる。最初は芝居をしてると思ったがそうでもないらしい。
結婚しようと摘んだ花を出してるロニー。凄いな。この役はフォレスト・ウィテカーでないと出来ないと思える。
かなり前に見た『ボディ・カウント ヤバい奴ら』(1996年)ででもすぐにいなくなるけどフォレスト・ウィテカーはこんな感じの役をやっていました。

ロニーは3つ数えます。撃てないテス。
で、いきなりカメラがダイナーの外にでています。銃声がして撃ち合いになってます。
それでどうなった?

夜の道をクルマが走る。
メルがダイナーに向かってる。運転手がいる。
ダイナーに入ります。このクルマはでかいアメ車だ。黒っぽい。
→ 1998 Lincoln Town Car

ダイナーにて。
そーっと入るメル。運転手は待たせている。
ロニーはテーブルにいる。耳を撃たれて血まみれです。
死体がたくさんあります。テスもやらている。全滅といった感じ。

ロニーと対峙するメル。
オレは終わりだと言ってるロニー。
カウボーイと先住民の話しをするメル。戦争があってカウボーイは先住民になった。
で、このカウボーイはロニーのことになってるようです。
何故か『ブロークバック・マウンテン』(2005年)ネタが出てきます。ゲイネタなのか?
7年一緒に仕事をしたとプロローグに戻ってます。
砂漠の真ん中でカウボーイを解放出来たはずだとロニー。そのシーンが入ります。面白い。
カネはなかったんだろうとロニー。この話しはカウボーイとカウガールのハッピーエンドがいいと言ってます。
いきなりリボルバーでロニーの頭を吹っ飛ばしてるメル。
ジュークボックスをかけてるメル。カウボーイの歌が流れます。ランニングベア・・

で、ここから引き上げようとするとまだテスが生きていました。
テスはメルを撃つ。撃ちまくる。

外にて。
銃声を聞いた運転手は外に出る。そんなとこにテスがリボルバーを突きつける。
クルマで奪ってここから出るテス。見送る運転手。

運転してるテス。プロローグのシーンに戻ってます。
助手席にはバッグがあります。どうやらカネが入ってるようです。
エンドとなります。

Catch .44
後タイトル
Waterfall Media production (in association with)
カットバックしてダイナーのシーンになります。
パトカーが来た保安官がオッカナビックリでダイナーに入る。
どうやらこのコナーズ保安官を演じてるのがブラッド・ドゥーリフのようです。
ブラッド・ドゥーリフはチャッキーのVCが生涯最高の当たり役です。→『チャイルド・プレイ』(1988年)
それからまたカットバックして後タイトルになってます。
(in association with) Sakonnet Capital Partners
original music Ben ZaraiとDavid Allen Kitchens


そんなわけで低予算で無難なフラッシュバックの使い方のよい作品でした。


« Hollywood Express #584◆2014.08.23(土) | トップページ | 『極秘指令 ドッグ×ドッグ』 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75473/60233589

この記事へのトラックバック一覧です: 『キリング・ショット』:

« Hollywood Express #584◆2014.08.23(土) | トップページ | 『極秘指令 ドッグ×ドッグ』 »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。