映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« 『巨人獣 ~プルトニウム人間の逆襲~』 | トップページ | Hollywood Express #583◆2014.08.16(土) »

2014.08.17

『モノリスの怪物 ~宇宙からの脅威~』

この作品は、ジョン・シャーウッド監督、グラント・ウィリアムス、ローラ・オルブライト主演のパニック物B級SFのようです。
なおこの文はネタバレ全開となっています。

1957年 Universal International Pictures (UI) アメリカ作品
ランニング・タイム◆77分
原題◆The Monolith Monsters
プロット◆隕石でやって来た不思議な物体に苦戦する話しのようです。
音楽◆Irving Gertz (uncredited)、Henry Mancini (uncredited)、Herman Stein (uncredited)
Joseph Gershenson ... music supervisor
→ ヘンリー・マンシーニってあの有名なヘンリー・マンシーニなのか?

RUNコーポレーション/10000BESE-TO発売のDVDにて。
画質は普通によいです。
スクイーズ収録のフル表示。
画面サイズはスタンダード。左右に黒味あり。
音声はドルビーデジタル2.0ch

キャスト
グラント・ウィリアムス→地質学者のデイブ・ミラー
ローラ・オルブライト→先生のキャシー・バレット
レス・トレメイン→新聞社のコックレーン記者
トレバー・バーデッ→地質学のフランダース教授
フィル・ハービー→デイブの同僚ベン・ギルバート
リンダ・スチェリー→→石を拾ったジニー・シンプソン
ハリー・ジャクソン→L.A.のヘンドリックス医師
リチャード・H・カッティング→→地元のレイノルズ医師
ウィリアム・フラハーティ→ダン・コーリー署長


ジョン・シャーウッド監督の演出はよいと思います。
全体的に普通のB級SFに出来てます。
会話シーンは切り返しはやっていません。TVドラマの撮り方です。

モノリスですがミニチュアで描写しています。
色々なSF映画を見てるけど、このモノリスはマジで見たことがない。これだけでもこの作品を見る価値があります。

画質が悪いですと一部には著作権のアラート
RUNコーポレーションのタイトル


Universal International Pictures (UI)
前説が入ります。
太古の昔から地球は宇宙からの物体に攻撃され続けている。
隕石の大部分は地球の大気圏に衝突し閃光を放ち破壊される。
内側に到達するのはごくわずか。
多くは地球の3分2を占める海に沈むのだ。
しかし時には地表に落ちてクレーターとなる。
無限の彼方からの隕石・・・

で、隕石が地球に到着します。地表で大爆発する。
まだ前説があります。
未知の物質、未踏の秘密、隕石をその夜静かに待っている。

タイトル
Universal International Pictures (UI)
The Monolith Monsters

荒野にて。
多数の黒い石が落ちています。
そんなとこにクルマが通りがかる。カントリーワゴンです。
→1946 Ford Super De Luxe Station Wagon [79B]
車体は地区オフィス?と書かれてます。
黒い石をクルマのタイヤ止めにしてる。いいのか?
オーバーヒートなのでラジエーターキャップを外して水を足してます。蒸気が吹き上がるがあまり気にしない。
垂れた水がクルマの下の黒い石にかかってます。大丈夫なのか。
で、黒い石を1つクルマに積んでいます。
クルマは発進していなくなります。残った黒い石は水蒸気を上げてる。

町にて。
ここは干上がった塩湖がある町で塩工場でもってる町とのこと。
クルマはここに入ります。

事務所にて
クルマから降りて入ってる男。ここは地質研究所みたいなとこです。
黒い石をそのまま置いてます。
そんなとこにオッサンが来ます。新聞社のコックレーン。男をベンと呼んでます。

研究所のベンと新聞社のコックレーン。
これは何だ?黒い石を持ってるコックレーン。
ハンマーで叩いて結晶をルーペで観察してるベン。コックレーンに説明しています。
会話からここは乾燥した塩湖があり塩工場の町のようです。
ベンは地質学者です。

夜です。風が吹いてる。
事務所にて。
窓から風が吹き込んで棚のフラスコが倒れて水が黒い石にかかります。
反応してる黒い石。
物音を聞いて起きてるベン。見にきます。ようやく窓を閉めてます。
それから音を聞いてそこを見ると黒い石が大きくなってます。
溶暗になります。

翌日にて。
別のクルマが事務所に来ます。ベンの相棒デイブがやってきます。
→ 1956 De Soto Fireflite Convertible
塩工場がある町なので地質研究所があるようです。ようやく気が付いた。
ベンを呼んでいるデイブ。返事はない。
奥に入るとこれはビックリとなってるデイブ。

奥の部屋はめちゃくちゃになって黒い石が散乱しています。
それでベンが立ったまま固まってます。静止画像ですが。
それから倒れるベン。

砂漠にて。
クルマが来てます。先生が生徒たちを引率して課外授業に来てます。
→ 1956 Dodge Sierra Station Wagon
それにしても定員無視で何人乗ってるんだ?いいのか?
女性のキャシー・バレット先生が注意事項を話してから解散しています。

生徒のジニーがつがいのトカゲを見つけて先生とデイブ・ミラーさんが何で結婚しないと突っ込んでます。
何でそう思うの?と先生が聞くと、先生は私のママがパパを見るのと同じだからと言ってます。観察力があり過ぎの女の子です。

それでジニーは黒い石を拾ってます。そのまま町に帰る。
ジニーを自宅まで送ってるキャシー・バレット先生。

ジニーの自宅にて。
ジニーはママに石は外にあるものよ言われてます。
外の水道で黒い石を洗ってるジニー。そんなとこでママから内に入りなさいと言われて黒い石を水の張ったバケツの中に入れたままなる。

警察にて。
ベンの検死になってます。医者は原因不明だと言ってます。
原因不明なので明日搬送すると言ってる医者。
皮膚が硬化する病気かと思ったが違う。全ての組織が一塊になってる・・

署長がコックレーン記者に記事にしてはいけないと言う。
そうなるとコックレーン記者は激怒する。おなじみの展開になってます。
署長は変なことを書くと町中がパニックになると建前論を言ってます。
デイブは研究所はめちゃくちゃになっていたと証言する。爆発はない。
研究所の黒い石の話しをするデイブ。
これを聞いたコックレーン記者は黒い石が増えているとビックリしてます。
ガールフレンドのキャシー・バレット先生が砂漠で同じ黒い石を見たと言う。
ジニー・シンプソンが見つけて持ち帰った・・
それは心配だとなってデイブが見に行くことにする。

クルマで移動中です。もう夜です。
デイブとキャシー・バレット先生と署長の3人。

ジニー・シンプソンの自宅にて。
ヘッドライトがたくさんの黒い石と倒壊した家屋が照らします。これは大変。
ジニーを探すキャシー・バレット先生。いました。しかしぼう然とショック状態。
で、両親は死んでいました。ベンと同じで石化してる。
署長はここに残って、ジニーを病院に連れて行くデイブとキャシー。

病院にて。
ジニーはひどいショック状態だと言ってる医者。

研究所にて。
黒い石を顕微鏡で調べているデイブ。来たコックレーン記者に説明してます。
割れ目がある?2つの標本は完全に一致してる。ベンとジニーのところにあったサンプルのことです。
黒い石はどこにでもある普通のシリカ。
コックレーン記者はどうやって記事にするか考えてます。

電話です。レイノルズ医師からです。検死とジニーを診ていた医者です。
L.A.飛んでくれる人が欲しい。ジニーを連れていってもらたい。承知するデイブ。
若いが優秀が医者のヘンドリックス医師に診てもらいたいとのこと。
ジニーの手が石化してるのとこと。これは大変。

クルマで移動中です。
デイブとキャシーにジニー。
飛行機かと思ったらクルマで移動してます。そうなるとそれほど離れてはないのか?

L.A.にて。
白バイの先導で病院に到着するジニーを乗せたクルマ。
→ Harley-Davidson FL Hydra Glide 白バイ

病院にて。
カプセルに入って頭だけ出てるジニー。
ヘンドリックス医師の説明になってます。レントゲン写真を見てる。
この症状は前例がない。未知なるものには対処が出来ない。
そんなわけでデイブは大学の教授に会いに行きます。

04:00AM 大学にて。
黒い石の標本を見てビックリのフランダース教授。これは凄いと感心してます。
いままでになかったということは隕石だと推測してるフランダース救援。
早く何とかしてくれと焦ってるデイブ。落ち着かせてるフランダース教授。
とにかく調査しようと言ってます。現場に案内してくれとなります。
キャシーが来てジニーはあと8時間と知らせる。

シンプソン家にて。
ここに来てるデイブとフランダース教授。コーリー署長がいます。
爆発はなかったと伝えるコーリー署長。ガスボンベは爆発していない。電線のショートもなかった。

調査します。
黒い石付近の土は普通の土とは違うと指摘するフランダース教授。
黒い石が増殖すると付近の土が変色する。白く灰になる?

研究所にて。
黒い石を調べてるデイブとフランダース教授。レイノルズ医師、コーリー署長にコックレーン記者もいます。
変色した土はシリカを欠いている。シリカからシリコン。
体内のシリコンが突然なくなったら?とデイブ。死んだベンは体内のシリコンがなくなっていた。
レイノルズ医師はシリコンは肌を柔軟にすると説もあると言う。
シリコンがなくなると石化すると推測してるデイブ。

まずはデイブとフランダース教授はクルマで移動する。
サンアンジェロ渓谷に向かってるようです。最初の現場です。

現場に着きます。
黒い石が散乱しています。で、元はどこだ?と斜面を登るデイブとフランダース教授。
頂上に出て見下ろすとクレーターが見えます。中央には黒い石があります。
それでどうなんだ?となるが要するにまだ不明ということです。
とりあえずここから引き上げる。

病院にて。
ぶっつけ本番でジニーにシリコンを注射するヘンドリックス医師。
成分は電話で打ち合わせをしていたようです。

夜の町にて。また風が吹いてます。
研究所です。
黒い石をバーナーで炙ってます。黒い石が反応する条件を探して色々とテストしているようです。
熱や電気ではないと推測してるフランダース教授。単純な促進剤はないのか?
砂漠の黒い石はそのままだったので、誰かが何かをした。それで黒い石が反応増殖した・・・
砂漠で少女が黒い石を拾った、普通はどうする?

雷が聞こえてきます。雨も降ってくる。
クレーターに雨がたまってます。

研究所にて。
そんなこんなで黒い石をハンマーで叩いた拍子に欠けらが流しに落ちる。
水に触れて反応増殖してる黒い石。これはビックリのデイブ。
黒い石はある程度大きくなると倒れて欠ける。
確認で水をかけています。欠けた黒い石がまた増殖しています。
水が無くなれば増殖は止まる。水がある限りは増え続ける。
そんなに単純だったとは・・・
ようやく雨に気がつくデイブ。外にある黒い石が全部増殖する。

雨の夜をクルマで移動中です。
デイブとフランダース教授。クレーターに接近しています。
山の向こうにでかい黒い石がそびえています。これはビックリでクルマの外に出てよく見ています。
こちら側に倒れてる巨大な黒い石。避難してます。
このままではサンアンジェロは黒い石につぶされると推測するデイブ。

警察にて。
デイブとフランダース教授が来てます。コーリー署長に避難命令を出してくれと言う。
次々と増殖して爆発的に増えると熱弁してるフランダース教授。

まず気象台に電話してるデイブ。
雨がいつ止むか聞いてる。気象台のオッサンは断言は出来ないとあやふやなことを言ってます。
そなんわけで苛々してるデイブ。
そんなこんなで明日の朝には雨はやむ。あとはわからんとなってます。

そんなわけで2日でどうにかしないとまずいとなります。
コーリー署長は電話交換手のおばさんに避難命令を伝えるように指示する。
おばさんは避難命令と聞いてビックリしてます。それで電話のダイヤルを回すのは指ではなくペンで回してます。実際に連続してダイヤルを回してると指が腫れてしまうそうです。

病院にて。
ジニーの石化は止まったようです。
看護師が気が付いてヘンドリックス医師を呼びに行く。キャシーは安心する。

町にて
避難をしてる町の人達。
どこかの家庭にて。電話が通じなくなる。停電もしている。これは大変。

病院にて。
ヘンドリックス医師はジニーはもう大丈夫だと説明しまてす。
石化がシリコンの注射で治ったようです。

サンアンジェロに電話をするキャシー。
電話が通じなくなってます。サンアンジェロにトラブルがあってつなげませんと電話交換手に言われる。。
そうなるとヘンドリックス医師はL.A.ハイウェイパトロールに電話してパトカーをサンアンジェロに送ってもらう。

無線を受けたパトカー42号車がUターンしてサンアンジェロに向かいます。
サンアンジェロのデイブ・ミラーとコンタクトせよと指令を受けてます。
それにしてもアメ車は最少転回半径が大きい。FWDではなくFRなのに大きい。ハンドドル関係とフロントサスペンションの作りが大ざっぱだからです。
→ 1956 Plymouth Plaza

サンアンジェロにて。
パトカーが到着してます。そうなるとパトカーの無線を使って電話のヘンドリックス医師と通信が出来るようになるわけです。なるほど。
君の理論道理にジニーは回復したと聞くデイブ。
ヘンドリックス医師はシリコンの成分をデイブに伝えてます。メモしてるデイブ。

そんなとこにトラックが避難してきます。
オッサンが転がる石に農場を潰されたと訴える。岩が農場を襲ってきた。
で、夫人の手が石化してます。これは大変。

レイノルズ医師がヘンドリックス医師と無線連絡してシリコンの成分を聞いて手が石化した夫人を治療します。

病院にて。
オッサンは石が襲ってきた時は雨が降っていなかったと証言する。
これを聞いてデイブがクルマで確認に行きます。

町にて。
コーリー署長とコックレーン記者。
1500人の住民にどうやって連絡するか?となってます。停電していてラジオが使えない。
コックレーン記者がそれなら新聞配達の要領で避難告知を配達しましょうと新聞配達の少年を呼んでます。
少年が臨時料金を請求するがコーリー署長が非常事態で署長命令だとすぐにやらせてます。

コーリー署長が呼ばれてます。
今度は死亡者が出た。トラックで避難したご婦人が死亡しています。荷台では旦那が死んでいました。
これは大変と知事に話すことにするコーリー署長。
ハイウェイパトロールには、この町に接近してはならないと伝えてます。

農場付近にて。
クルマで来たデイブ。マジで巨大化した黒い石モノリスが農場を破壊してます。
土を調べるデイブ。水をたっぷり含んでます。これでは大きくなります。

新聞社にて。
避難告知を印刷してます。サンアンジェロからすぐに避難を・・
これを新聞配達の少年達が配達する。

デイブがクルマで戻ってきます。研究所に入る。
フランダース教授に報告するデイブ。
雨がやんでもゆっくりと成長してる。10分サイクルで前進している。
ここに達するのは7時間から8時間。

デイブはフランダース教授とモノリス対策を研究する。
実験でモノリスの成長を止めようとしてヘンドリックス医師の処方通りのシリコンを使ってもダメだったと伝えるフランダース教授。
そうなると何かが足りないわけです。

避難告知の配達のシーンになってます。
速攻で避難をしてる人をいる。トレーラーやトラックに荷物を積んでます。

救急車が到着してます。
キャシーとヘンドリックス医師が来てます。

研究所にて。
デイブと再会してるキャシー。キスをしてるけどそんな場合ではない。
何とかモノリスを停止させる方法を研究してるがまだダメです。
それで食塩水を使った新しい方法をテストしてます。モノリスは停止してます。成功です。また水をかけても停止しています。これならいける。

警察にて。
集まって対策会議をやってます。
移動するモノリスの前に塩を敷き詰める。モノリスが移動してる谷の出口に塩を積み上げればいいと言ってるデイブ。
灌漑ダムの流れを利用して塩を流し込んで何とかするようです。

しかし灌漑ダムを爆破する?それはまずいとコーリー署長。
灌漑ダムは私物なんだとそんな話しにもなってます。爆破するるは知事の許可が必要だ・・・

デイブはもうダイナマイトを設置しに出かけたい。
フランダース教授は実際に成功するかは保証出来ないと言ってます。

モノリスはもう町に迫ってます。
デイブはクルマとトラックで灌漑ダムに向かう。
→ 1954 Dodge C-Series トラック

灌漑ダムにて。
ボランティアの一行とダイナマイトを設置してるデイブ。
地質学者なので発破作業は慣れてるのか、手際よくやってます。

爆破準備が完了してスイッチ担当を残してデイブはクルマで町の外れに移動する。
無線連絡のパトカーを同行させてます。

町の外れにて。
デイブが到着します。ここからデイブが爆破の最適タイミングを無線連絡して灌漑ダムを爆破する予定です。
キャシーから上手く行きそうなの?と聞かれてるデイブ。
600万ドルの灌漑ダムが・・という話しも出てる。
フランダース教授が水量や塩の量等のデータを見積もってます。結構厳しいようです。
デイブにダムと町の距離等のデータを伝えるコックレーン記者。
そんなこんなで全員で協力してモノリス対策をやってます。

デイブは爆破のタイミングを計ってます。
しかし知事との連絡がつきません。許可がないと灌漑ダムの爆破は出来ないはず。
コーリー署長はまだ知事と連絡がつかないと言ってる。

モノリスですが大きくなって自壊するとすぐにまた大きくなってます。
いよいよデイブが無線で現場のハンクに爆破を指示します。

灌漑ダムが爆破され大量の水が放出されます。
知事の許可は間に合わなかった。

放出された水が塩の山を押し流してモノリスに到達します。
崩壊してるモノリス。しかしまた大きくはならない。
フランダース教授は効果はあると言ってます。
乾燥した塩湖に水を放出してるようです。塩の山もあったけど。

最後にコーリー署長から知事の許可の件でジョークが入ってます。
爆破はするな、ですが成功するなら構わんとのこと。
よかったよかったとなります。
で、エンドとなります。


そんなわけでモノリスが目新しいよい作品でした。
この作品と『クロノス』(1957年)で異形モンスター2本立てになります。自分のブログにアップするのはもう遅いけど。


« 『巨人獣 ~プルトニウム人間の逆襲~』 | トップページ | Hollywood Express #583◆2014.08.16(土) »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75473/60166432

この記事へのトラックバック一覧です: 『モノリスの怪物 ~宇宙からの脅威~』:

« 『巨人獣 ~プルトニウム人間の逆襲~』 | トップページ | Hollywood Express #583◆2014.08.16(土) »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。