映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« 『ブルーベルベット』 | トップページ | Hollywood Express #567◆2014.04.26土) »

2014.04.27

『ナイト・タイド』

この作品は、カーティス・ハリントン監督、デニス・ホッパー、リンダ・ローソン主演の風変わりなフィルム・ノワールのようです。
なおこの文はネタバレ全開となっています。

1961年 Phoenix Films アメリカ作品
ランニング・タイム◆84分
原題◆Night Tide
プロット◆謎の女に入れ込んで色々とある話しのようです。
音楽◆David Raksin

エプコット発売の『恐怖の足跡』(1962年)とのカップリングDVDにて。
画質はHDズームにしてはそんなに悪くはない。普通です。
スクイーズ収録のフル表示ではワイドスクリーンで黒枠になっています。
画面サイズはフル表示ではワイドスクリーンで黒枠。HDズームにすると右側に少し黒味があってワイドスクリーンでほぼフルスクリーン。
音声はドルビーデジタル 2.0ch

キャスト
デニス・ホッパー→水兵のジョニー・ドレイク
リンダ・ローソン→謎のモラ
ルアナ・アンダース→メリー・ゴー・ラウンドのエレン・サンズ
ギャビン・ミューア→サム・マードック船長
マージョリー・イートン→占い師のロマノビッチ夫人
トム・ディロン→エレンの祖父 メリー・ゴー・ラウンドの主人
H・E・ウエスト→ヘンダーソン警部補
マージョリー・キャメロン→謎の中年女性

カーティス・ハリントン監督の演出はよいと思います。
全体的にフィルム・ノワール風になっているようです。

デニス・ホッパーはナイーブな感じの青年を好演していました。
若いデニス・ホッパーというのも妙な感じがします。


著作権のアラート。英語と日本語で出ています。
トラッシュ・マウンテン・ビデオのタイトル
メニュー画面。2作品のどちらかを選びます。

タイトル
Phoenix Films
Jules Schwartz executive producer

デニス・ホッパー in
Night Tide

デニス・ホッパー扮する水兵のジョニーが夜の街を歩く。
『青の洞窟』というジャズバーに入ります。生バンドがあるバーです。
フルートのソロがあります。
白いドレスの女が1人でいます。隣に座ってナンパする水兵のジョニー。
黒いドレスの中年女性が現れて白いドレスの女に何か話します。英語ではない。
話すだけ話して黒いドレスの中年女性はいなくなります。
白いドレスの女を出て行きます。あとを追うジョニー。

自宅まで送りましょうとなってるジョニー。
着いたとこがメリー・ゴー・ラウンドでここに住んでると言ってる。2階がアパートになってるとのこと。
ようやく互いに名乗ってます。ジョニーとモラ。
いきなりキスをしてるジョニー。一目ぼれらしい。
明日の11:00に会いましょうと言ってるモラ。

翌日、メリー・ゴー・ラウンドにて。
ここに来ているジョニー。主人と話し込む。孫娘のエレンも出てきます。
モラを訪ねて来たと言うと主人はやめた方がいいと言いたそうになってる。

モラのアパートにて。4号室。
ジョニーを愛想よく迎えてくれるモラ。
バルコニーに食事が用意してあって2人で食事になっています。
食事は魚料理です。まずそうに食べてるジョニー。
仕事は?→桟橋の遊園地でアトラクションの人魚をやってるモラ。
ジョニーは身の上話をしています。オヤジは出て行きオフクロは死んだ・・。
カモメが飛んで来てモナが捕まえて抱っこしています。これはビックリ。
話しから太平洋が見えてるらしい。そうなるとここは西海岸となります。コニーアイランドかと思ったが違った。

音楽がかぶさって遊園地になります。
ジョニーとモラ。人魚のモラとちゃんと看板が出ています。
サムはどこかしらといってるモラ。ここの主人だそうです。
サム・マードック船長が登場。モラは準備しに中に入る。

ジョニーとサム・マードック船長は話し込む。
サンペデロに勤務してるジョニー。
サム・マードック船長は英国海軍にいたらしい。
モラの話しになるサム・マードック船長。人魚の話しになっています。

ジョニーはカネを払わずに中に入る。
上から下をのぞくようになっています。人魚のコスプレをしてるモラ。

サンペデロ発ロサンゼルス行きバスにて。
サンタモニカに降りてるジョニー。ここはサンタモニカなのか。

昼、海岸にて。
モラとデートしてるジョニー。
3回会っただけと言ってるモラ。そうなってます。
サム・マードック船長の話をしてるモラ。父親代わりの後見人らしい。
またキスをしてるジョニー。

夜、海岸にて。
人が集まりボンゴを演奏しています。モラがダンスをする。
そうしたら近くの岩場にあの中年女性がいます。倒れるモラ。
ジョニーも中年女性の存在に気がついています。モラを介抱してるジョニー。
で、中年女性はいなくなる。

メリー・ゴー・ラウンドにて。
ジョニーが来ています。エレンと話しをする。
ロマノビッチ夫人という中年女性が紅茶を飲んでいます。何となく話しをしてるジョニー。
ジョニーはデンバー出身とのことです。山の中出身で現在は海軍で西海岸とは随分と環境が違う。
今度はヘンダーソン警部補がやってきます。捜査中とのこと。モラのことを捜査してると聞いてビックリのジョニー。
エレンの話しではモラの周辺では2年間にモラの男2人が死んだとのことです。
突然姿を消して浜に死体が打ち上げられた・・。
そんなとこにジョニーに電話です。出るとすぐに切れます。
ロマノビッチ夫人はタロット占いをしてるようで名刺をもらってるジョニー。

例の中年女性が歩いてるのを発見するジョニー。尾行します。
延々と尾行するが見失うジョニー。誰もいないロッキングチェアが揺れてます。女の子がいて中年女性は?と聞くジョニー。知らない女の子。
で、ここはサム・マードック船長の自宅付近でした。

このへんでこの作品はフィルム・ノワールだと思った。超常現象がないらしいとインターネットでネタバレ感想を読みかけたのでそうなります。

サム・マードック船長を訪ねるジョニー。
歓迎されてるジョニー。モラと付き合うのは危険だと主張しているサム・マードック船長。モラは精神異常者なんだと。だから別れなさいと言ってます。
酒を持ってこい言われてと棚を開けたら人間の手首のホルマリン漬けがあってビックリしてるジョニー。

次はギリシャ神話の話をしてるサム・マードック船長。
船人を誘惑して難破させる海の精の話し。女性の場合はマーメイドと呼ばれてる。モラは化け物だと主張しています。
モラは幼い頃はここに住んでいた。まだ部屋はそのままらしい。
あの中年女性と話しがしたいと言うジョニー。そんな人はいないと主張してるサム・マードック船長。

サム・マードック船長が寝たので部屋を見に階段を上るジョニー。
ごく普通の部屋でした。これだとオチがないじゃん。

モラのアパートにて。
モラと話し込んでるジョニー。話しはホントだと主張してるモラ。
あの中年女性も人魚で私を呼び戻しに来てると主張しています。
それは妄想だと言ってるジョニー。
それから貝を耳に当てて波の音を聞いてる2人。

海岸、心の助言者 ロマノビッチの家にて。
ここに来てるジョニー。歓迎されて占ってもらいます。料金は2ドル。
まずはタロットカードの説明から入っています。
ジョニーのことはまだわからん。ですが大変なことが起こるらしい。
音楽がかぶさってシーン転換になります。

海岸の遊園地にて。
メリー・ゴー・ラウンドのエレンと話してるジョニー。
モラは自分を人魚だと信じ込んでる、で、モラが仕事中なので散歩してくると言ってるジョニー。

マジで散歩してるジョニー。海を見ています。

モラのアパートにて。
ここに入るジョニー。モラは風呂に入ってます。
ソファで寝るジョニー。夢を見ます。
風呂から出てくるモラ。ちゃんと人間の姿です。ソファに座りジョニーを見る。いつのまにかモラの足は人魚になっています。これはビックリ。
次は巨大なタコに絡まれてるジョニー。タコは着ぐるみです。ここから夢落ちになっています。

目を覚ますジョニー。風呂場に行くとモラはいない。足跡があります。
足跡は外に出ています。あとを追うジョニー。

このへんはカップリングの『恐怖の足跡』(1962年)と感じが似ています。
落ちはどうだかしらないけど・・・

そのまま海岸まで行ってしまうジョニー。
モラを呼びます。桟橋の下でモラが呼んでいます。半分海に浸かってる。
抱っこして助けてるジョニー。
仲間が私を呼んでいると言ってるモラ。

溶暗からモラのアパートにて。朝です。
ベッドで寝てるモラ。床で寝ていたジョニー。
マッサージを受けに行くとアパートを出るジョニー。

サウナにて。
マッサージを受けてるジョニー。サム・マードック船長もいました。
マッサージをしてるオッサンの名前はブルーノ。
モラはどうしてると聞かれるが普通ですと答えてるジョニー。
満月なので気をつけろとも言ってるサム・マードック船長。

モラのアパートにて。
昨夜のことは忘れてと言ってるモラ。
それから潜水具の準備をしてるモラ。潜りましょう、満月の時期は潮の流れがいいと言ってます。
一緒に潜りましょうとモラ。やめた方がいいとジョニー。
週末しかこないから寝てるだけではもったいないと主張してるモラ。
そんなわけで潜ることにするジョニー。

海にて。
船外機付きのボートで来ているモラとジョニー。
何故ここだと聞いてるジョニー。サンゴがあるとモラ。

で、マジで2人で潜ります。
海底まで潜っています。いきてりナイフでジョニーのエアチューブを切り裂くモラ。
慌てて浮上してるジョニー。何とか無事にボートに戻れました。
海底のモラをそのまま泳いでどこかに行ってます。

ボートのジョニー。何てことだと言いつつひたすら待つ。モラを戻らない。
溶暗となります。

オーシャンパークホテルにて。
寝ているジョニー。
夢を見ています。海岸の岩場にて。人魚のモラがいます。話そうとするがモラをいなくなります。
目を覚ますとまだ04:00AMでした。

モラのアパートにて。
ジョニーがいます。モラはいない。
新聞が届きます。見出しは?、遊園地は開園20周年。出し物の中に人魚のモラがあります。

海岸の遊園地にて。
ここに来ているジョニー。服装が違ってます。水兵の制服ではなく帽子にコートになっています。フィルム・ノワールです。
ひたすら歩くジョニー。Ella the mermaid=人魚のエラの所に来て顔を見せないようにしてカネ25セントを払って入ります。

中にて。
覗き込むジョニー。人魚のエラは死体になっていました。これはビックリ。
そこにサム・マードック船長がリボルバーでジョニーを狙う。
殺人犯は現場に戻ると言ってるサム・マードック船長。そうなるのか。
エラが死んだのはお前のせいだとも言ってます。
マジでリボルバーを撃っています。外のお巡り2人が銃声を聞き駆けつける。
そんなこんなで人魚のエラの死体と共に倒れてるサム・マードック船長。

警察にて。
ヘンダーソン警部補、ジョニー、サム・マードック船長。
サム・マードック船長は死んでなかったようです。

なにもかも話すサム・マードック船長。
モラを愛していた。ギリシャの島の貧しい少女だったモラ。
モラに恋人が出来るとサム・マードック船長が殺したようです。それでモラには君が人魚だからそうなったと吹き込んでいたらしい。
普通の人間とは付き合えないと思い込ませた。

それがモラが独立してアパートに住んで初めて会ったのがジョニーだった。
これまではパターンが違ってモラの反応も変わった。
モラを海底でジョニーと共に死ぬつもりだったとサム・マードック船長。

ジョニーはあの中年女性は誰だとサム・マードック船長に聞いてます。私も見ていると主張してるジョニー。だからモラの話しが真実だと思えた。
知らないと答えてるサム・マードック船長。
話しをすんで連行されるサム・マードック。船長。

ヘンダーソン警部補とジョニー。
中年女性の件はサム・マードック船長がかばってるんだろうと推測してるヘンダーソン警部補。

これで解放されるジョニー。迎えは海軍のSP2人とエレンです。
またメリー・ゴー・ラウンドに来てねと言ってるエレン。
SP2人とクルマに乗り込むジョニー。

字幕が出ています。
ナイトタイドが満ちてくる間、ぼくは愛する人の隣に横たわる、
ああいとしい人、我が命、我が花嫁・・・
by エドガー・アラン・ポー
エンドなります。


これはビックリのフィルム・ノワールでした。
そんなわけで超常現象物ではなくフィルム・ノワールのよい作品でした。


« 『ブルーベルベット』 | トップページ | Hollywood Express #567◆2014.04.26土) »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75473/59541591

この記事へのトラックバック一覧です: 『ナイト・タイド』:

« 『ブルーベルベット』 | トップページ | Hollywood Express #567◆2014.04.26土) »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。