映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« 『ナイト・タイド』 | トップページ | 『地獄のモーテル』 »

2014.04.28

Hollywood Express #567◆2014.04.26土)

映画紹介番組のHollywood Expressの感想です。BS193 WOWOWにて。
なおこの文はネタバレ全開となっています。

◆news flash
◆『キャプテン・アメリカ ウィンターソルジャー』 Captain America: The Winter Soldier (2014) から色々な地区や国別に350種類以上のバージョンを作る話題。儲けてるんだからそれくらい別にいいだろうと思える。
◆ Heaven Is for Real (2014) からキリスト教原理主義映画がヒットしてる話題。アメリカだけだろと思えるがそうでもないらしい。『ノア 約束の舟』 Noah (2014) は全世界興行で2億5000万ドル以上の興行で、ヒストリーチャンネルのTVミニシリーズの再編集版の Son of God (2014) が北米で6000万ドルの興行、 God's Not Dead (2014) が6000万ドル以上と、どれもヒットしてるそうです。これから公開のリドリー・スコット監督の Exodus: Gods and Kings (2014) ではクリスチャン・ベイルがモーゼを演じるそうです。そうなるとまたクリスチャン・ベイルのなりきり演技が見れそうです。
◆ロビン・ウィリアムズが『ミセス・ダウト』 Mrs. Doubtfire (1993) の続編 Mrs. Doubtfire 2 (2015) に出演する話題。今頃になってまさかの続編製作が決まったそうです。監督はクリス・コロンバスで変わらず。ロビン・ウィリアムズは老けて衰えて、クリス・コロンバスは元々イマイチな演出が更に腕前が落ちてるでしょう。これはダメっぽい。
◆売り出し中のマイケル・B・ジョーダンの出演作品が途切れない話題。あまり印象がない。大友克洋の『AKIRA』の映画化だと言われてる『クロニクル』 Chronicle (2012) や、黒人が撃ち殺される作品『フルートベール駅で』 Fruitvale Station (2013) に出ていたらしい。そんなわけで新作が多量に控えてるそうです。
◆『ノア 約束の舟』 Noah (2014) からアカデミー賞をとるためのプロモーションを始めた話題。まずはDVDではなく劇場に見てくださいとやってるとか。で、アカデミー賞では特殊効果賞ぐらいはとれると思える。あとは人海戦術賞とか、あればだけど。

◆red carpet
◆『トランセンデンス』 Transcendence (2014) のプレミアの風景。モーガン・フリーマンのインタビューがあります。モーガン・フリーマンは相変わらずの大物ぶりを見せてます。それからレベッカ・ホールのインタビューもあります。

◆inside look
◆『トランセンデンス』 Transcendence (2014) のメイキング。人工知能が暴走する話しのようです。よくある話しですが作品の出来がよければ別にいい。レベッカ・ホールのインタビューがあります。話しを聞いてると人工知能が実体化するのか?、ロボットのメモリーに人工知能のコピーすれば出来そうだけど。ジョニー・デップのインタビューもあります。これは現実的なんだと言ってます。
◆ Oculus (2013) のメイキング。カレン・ギランのインタビューがあります。弟の親殺しの容疑を晴らすために姉弟でいわくがある実家に乗り込んで色々とある話しらしい。それにしてもカレン・ギランはジェニファー・ローレンスにソックリです。過去と現在がカットバックする描写があります。監督脚本がマイク・フラナガン。昔のMLBボルチモア・オリオールズの左投手と同じ名前です。MLBのマイク・フラナガンはカーブばかり投げてて、いわゆるワンピッチパフォーマーの投手でした。

◆Hollywood gossip
◆今度はリンゼイ・ローハン本人ではなく、その母親が飲酒運転で捕まった話題です。色々と出てくるものです。

◆new releases
◆ The Other Woman (2014) ニック・カサベテス監督、キャメロン・ディアス、レスリー・マン主演のロマンティック・コメディのようです。3人目のヒロインは水着モデルのケイト・アプトンです。他にはドン・ジョンソン、ニコライ・コスター=ワルドー出演。ハイライトシーンでロマンティック・コメディにつきものな「家政婦ですか?」「私は妻よ」とベタなギャグが入ってます。私のゴーストですがニック・カサベテス監督なので出来はよいと言ってます。
◆ Brick Mansions (2014) カミーユ・ドゥラマーレ監督、ポール・ウォーカー、デビッド・ベル主演のマンションが舞台のアクションのようです。何だかインドネシア製アクション『ザ・レイド』 Serbuan maut (2011) そのまんまみたいと思ったら同じリュック・ベンソン製作の『アルティメット』 Banlieue 13 (2004) のリメイクだそうです。この作品がポール・ウォーカーの遺作らしい、それともまだあるのか?。私のゴーストですが出来はまあまあだと言ってます。
◆ The Quiet Ones (2014) ジョン・ポーグ監督、ジャレッド・ハリス、サム・クラフリンのホラーのようです。肝心の女優さんはエリン・リチャーズ。過去が舞台である実験から色々とホラーする話しのようです。私のゴーストですが出来はまあまあだと言ってます。

◆weekend boxoffice top10
◆10位は Bears (2014) アラステア・フォザーギル、キース・スコーリー監督、ジョン・C・ライリーVCの動物ドキュメンタリーのようです。ディズニー製作。熊を擬人化して吹き替えで喋らせてます。この手法にはうんざりなので英語版でもあまり見たかないが、日本語吹き替えになったらもっと見たくない。興行収益totalが470万ドル。
◆9位が『ノア 約束の舟』 Noah (2014) ダーレン・アロノフスキー監督、ラッセル・クロウ、ジェニファー・コネリー主演の聖書ドラマのようです。興行収益totalが9320万ドル。
◆8位が Oculus (2013) マイク・フラナガン監督、カレン・ギラン、ブレントン・スウェイツ主演のハウス系ホラーらしい。古い家で鏡を見ると大変なことになるようです。これは WWE Studios も製作に絡んでいてWWEの番組でCMをやってました。興行収益totalが2110万ドル。地道にヒットしてます。
◆7位が『ダイバージェント』 Divergent (2014) ニール・バーガー監督、シェイリーン・ウッドリー、セオ・ジェームズ主演の近未来SFアクションのようです。『Divergent=異端者』となってます。シェイリーン・ウッドリーですがジェニファー・ローレンスそっくりにしてます。そんなわけで『ハンガー・ゲーム』シリーズの便乗企画なのがよくわかります。興行収益totalが1億3370万ドル。ヒットしてます。
◆6位が Draft Day (2014) アイバン・ライトマン監督、ケビン・コスナー、ジェニファー・ガーナー主演のアメフトのドラフト・ドラマのようです。ケビン・コスナーは当然GM役でドラフトを仕切ります。興行収益totalが1930万ドル。今週のハイライトはケビン・コスナーGMがオーナーから無理を言われてるシーンです。
◆5位が A Haunted House 2 (2014) マイケル・ティデス 監督、マーロン・ウェイアンズ、ジェイミー・プレスリー主演のホラー映画のパロディ・コメディのようです。要するにZAZスタイルのしょうもないギャグは量で勝負の作品です。おなじみのキャストでいつものギャグで安心して見れます。神父役はセドリック・ジ・エンターティナーでいつものキャストです。興行収益totalが880万ドル。今週のハイライトはセドリック・ジ・エンターティナー神父がいきなりリボルバーで悪霊を片づけようとするシーンです。
◆4位が『トランセンデンス』 Transcendence (2014) ウォーリー・フィスター監督、ジョニー・デップ、モーガン・フリーマン主演のSFドラマのようです。女優さんはレベッカ・ホール。『トランセンデンス=超越』という意味らしい。死んだ科学者のデータが開発中の人工知能に送られて、人工知能に科学者の人格が入って色々とある話しのようです。興行収益totalが1080万ドル。ジョニー・デップ主演にしては物足りない興行だそうです。やっぱり海賊役でないとダメなのか?
◆3位が Rio 2 (2014) カルロス・サルダナ監督、ジェシー・アイゼンバーグ、アン・ハサウェイVCの3D CGアニメ。シリーズ第2作。Blue Sky Studios、Twentieth Century Fox Animation製作。鳥が主人公だけであとは普通に歌ってギャグがあり何だかどこかで見たようなシーンばかりです。興行収益totalが7500万ドル。今週のハイライトからミュージシャンのブルーノ・マーズがVC初挑戦だとわかる。知らない。
◆2位が Heaven Is for Real (2014) ランドール・ウォレス監督、グレッグ・キニア、ケリー・ライリー主演の風変わりなドラマのようです。子供が臨死体験して色々とある話しらしい。興行収益totalが2950万ドル。今週のハイライトではシーソーに乗った主観ショットがあります。子供が何故手術時の自分のことを知ってると驚く父がグレッグ・キニア。
◆1位が『キャプテン・アメリカ ウィンターソルジャー』 Captain America: The Winter Soldier (2014) アンソニー・ルッソ、ジョー・ルッソ監督、クリス・エバンス、スカーレット・ヨハンソン主演のアメコミアクションのシリーズ第2作。悪役のウィンター・ソルジャー役はセバスチャン・スタン。ロバート・レッドフォード、サミュエル・L・ジャクソンも出ています。興行収益totalが2億50万ドル。もう2億ドルを突破してます。おめでとうございます。

◆ending
◆“ Heaven In Me ” from “ Heaven Is for Real (2014) ”

« 『ナイト・タイド』 | トップページ | 『地獄のモーテル』 »

Hollywood Express」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75473/59544386

この記事へのトラックバック一覧です: Hollywood Express #567◆2014.04.26土):

« 『ナイト・タイド』 | トップページ | 『地獄のモーテル』 »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。