映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« 『ブロンドの殺人者』 | トップページ | 『ダーケストアワー 消滅』 »

2014.01.20

Hollywood Express #553◆2014.01.18(土)

映画紹介番組のHollywood Expressの感想です。BS193 WOWOWにて。
なおこの文はネタバレ全開となっています。

◆news flash
◆『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』 Inside Llewyn Davis (2013) が全米映画批評家協会賞で4部門にノミネート。『ブルージャスミン』 Blue Jasmine (2013) のケイト・ブランシェットが主演女優賞にノミネート。『アメリカン・ハッスル』 American Hustle (2013) が俳優部門4つにノミネート。『スプリング・ブレイカーズ』 Spring Breakers (2012) のジェームズ・フランコが助演男優賞。色々なノミネートの話題らしい。
◆『ゼロ・グラビティ』 Gravity (2013) のアルフォンソ・キュアロンが全米監督協会賞でノミネート。他のノミネートはポール・グリーングラス、スティーブ・マックィーン、デビッド・O・ラッセル、それにマーティン・スコセッシ。
◆『ゼロ・グラビティ』 Gravity (2013) のが英国アカデミー賞で11部門ノミネート。『それでも夜が明ける』 12 Years a Slave (2013) が10部門ノミネート。『アメリカン・ハッスル』 American Hustle (2013) が4部門ノミネート。
◆ The Invisible Woman (2013) で監督主演のレイフ・ファインズがスウェーデンのヨーテボリ映画祭でで生涯功労賞。この作品はディケンズのコスチュームプレイドラマのようです。で、『グランド・ブダペスト・ホテル』 The Grand Budapest Hotel (2014) がレイフ・ファインズの最新作だそうです。
◆『マン・オブ・スティール』 Man of Steel (2013) の続編 Batman vs. Superman (2015) の撮影が始まるそうです。エイミー・アダムズは続投する。

◆red carpet
◆ニューヨーク映画批評家協会賞の風景。デビッド・O・ラッセル監督、ロバート・レッドフォード、ケイト・ブランシェット、ジャレッド・レト等のインタビューがあります。撮影現場ではキチガイみたいになることで有名なデビッド・O・ラッセル監督ですがここでは普通だ。ジャレッド・レトは長髪にヒゲでジョン・レノンみたい、森次晃次ソックリではなくなってる。

◆inside look
◆ The Legend of Hercules (2014) のメイキング。ケラン・ラッツのインタビューがあります。オーディションは色々と出てたとか。スカートは気になったとか、普通のインタビューでした。
◆『リベンジ・マッチ』 Grudge Match (2013) のメイキング。ロバート・デ・ニーロ、シルベスター・スタローンが並んでのインタビューがあります。元ボクサー同士が年を取ってから再戦になりマジでボクシングする話しのようです。そういえば2人ともボクシング映画には出ています。『ロッキー』シリーズのスタローンに『レイジング・ブル』 Raging Bull (1980) のデ・ニーロ

◆Hollywood gossip
◆マット・デイモンがマウンテンバイクで転倒して鎖骨を骨折した話題。痛そう。

◆new releases
◆ Ride Along (2014) ティム・ストーリー監督、アイス・キューブ、ケビン・ハート主演の黒人キャストのアクション・コメディのようです。女優さんはティカ・サンプター。口だけの頼りないケビン・ハートがアイスキューブに妹と結婚したかったら男気を見せろと言われて特訓したりする話しのようです。いつものパターンです。これもこれでいい。私のゴーストですが出来はよいと言ってます。
◆『エージェント:ライアン』 Jack Ryan: Shadow Recruit (2014) ケネス・ブラナー監督出演、クリス・パイン、ケビン・コスナー主演の『ジャック・ライアン』シリーズ最新作。女優さんはキーラ・ナイトレイ。私のゴーストですが出来はよいと言ってます。ケビン・コスナーが偉そうな役で出ているが嫌ですが。

◆weekend boxoffice top10
◆10位が Anchorman 2: The Legend Continues (2013) アダム・マッケイ監督、ウィル・フェレル、スティーブ・カレル主演のTVニュース番組コメディ。興行収益totalが1億1820万ドル。これはまた大ヒットしているようです。
◆9位が『パラ ノーマル・アクティビティ 呪いの印』 Paranormal Activity: The Marked Ones (2014) クリストファー・ランドン監督、Molly Ephraim、Richard Cabral主演の『パラノーマル・アクティビティ』シリーズの新作ですが番外編で正式のシリーズ作品ではないそうです。興行収益totalが2840万ドル。これは相変わらずイマイチな興行のようです。
◆8位が『ウォルト・ディズニーの約束』 Saving Mr. Banks (2013) ジョン・リー・ハンコック監督、トム・ハンクス、エマ・トンプソン主演の『メリー・ポピンズ』 Mary Poppins (1964) の映画製作内幕ドラマ。興行収益totalが6890万ドル。
◆7位が『八月の家族たち』August: Osage County (2013) ジョン・ウェルズ監督。メリル・ストリープ、ジュリア・ロバーツ主演の姉妹が実家に集まって色々とあるドラマのようです。メリル・ストリープが母で、姉妹がジュリア・ロバーツ、ジュリエット・ルイス、ジュリアン・ニコルソン。他の男優陣のキャストも豪華です。興行収益totalが770万ドル。これはイマイチな興行ですがアカデミー賞ノミネート効果でこれから上がるのか?
◆6位が『ホビット 竜に奪われた王国』 The Hobbit: There and Back Again (2014) ピーター・ジャクソン監督、マーティン・フリーマン、イアン・マッケラン主演の『ロード・オブ・ザ・リング』の前日譚シリーズ最新作。興行収益totalが2億4220万ドル。
◆5位が『アメリカン・ハッスル』 American Hustle (2013) デビッド・O・ラッセル監督、クリスチャン・ベイル、ブラッドリー・クーパー、ジェニファー・ローレンス主演のドラマ。興行収益totalが1億120万ドル。ヒットしています。
◆4位が『ウルフ・オブ・ウォールストリート』 The Wolf of Wall Street (2013) マーティン・スコセッシ監督、レオナルド・ディカプリオ、ジョナ・ヒル主演の金融博打の風刺ドラマのようです。女優さんはオーディションのマーゴット・ロビー。興行収益totalが7840万ドル。それなりの興行のようです。先週よりランクが上がってます。
◆3位が The Legend of Hercules (2014) レニー・ハーリン監督、ケラン・ラッツ、ガイア・ワイス主演のサンダル・ソード物のバカアクションだと思う。そうなるでしょう。当然CG全開になってます。興行収益totalが880万ドル。イマイチな興行のようです。
◆2位が『アナと雪の女王』 Frozen (2013) クリス・バック、ジェニファー・リー監督、クリスティン・ベル、イディナ・メンゼルVCの3D CGアニメ。ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオズ製作。ピクサーは関係なし。何だかいつもとディズニーアニメと同じみたい。興行収益totalが3億1730万ドル。大ヒットしてるようです。
◆1位が『ローン・サバイバー』 Lone Survivor (2013) ピーター・バーグ監督、マーク・ウォルバーグ、テイラー・キッチュ主演の戦争アクション。出演した大作の興行失敗が続いたテイラー・キッチュ、もう干されたと思ったらまだ主演で出れてます。アメリカのネービーシールズがアフガニスタンで現地の子供を逃がして結果的にタリバンと対決する話しらしい。一応実話に基づいてるらしい。興行収益totalが3820万ドル。

◆ending
◆ Song from “ Rio 2 (2014) ”

« 『ブロンドの殺人者』 | トップページ | 『ダーケストアワー 消滅』 »

Hollywood Express」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75473/58977154

この記事へのトラックバック一覧です: Hollywood Express #553◆2014.01.18(土):

« 『ブロンドの殺人者』 | トップページ | 『ダーケストアワー 消滅』 »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。