映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« 『レギオン』 | トップページ | Hollywood Express #549◆2013.12.14(土) »

2013.12.15

『プリースト』

この作品は、スコット・スチュワート監督、ポール・ベタニー他主演の吸血鬼SFアクションのようです。
なおこの文はネタバレ全開となっています。

2011年 Michael De Luca Productions//Stars Road Entertainment production/TOKYOPOP (in association with)/Screen Gems (presents) アメリカ作品
ランニング・タイム◆88分
原題◆Priest
プロット◆さらわれた女の子を追って色々とある話しのようです。
音楽◆クリストファー・ヤング

BS193 WOWOWにて。
画質は非常よよいです。
スクイーズ収録録画のフル表示。
画面サイズはワイド。上下に黒味あり。
音声は AAC 5.1ch

キャスト
ポール・ベタニー→主人公のプリースト
マギー・Q→主人公をサポートするプリーステス
カム・ジガンデイ→ルーシーを追うヒックス保安官
カール・アーバン→転向したブラック・ハット
リリー・コリンズ→さらわれたルーシー
スティーブン・モイヤー→ルーシーの父オーウェン
メッチェン・エイミック→ルーシーの母シャノン
クリストファー・プラマー→オレラス枢機卿
アラン・デイル→チェンバレン枢機卿
ブラッド・ドゥーリフ→インチキ行商人


スコット・スチュワート監督の演出はよいと思います。
全体的に普通にまとまっていました。違うのはCGが多いぐらい。

ポール・ベタニーは普通に好演。
カール・アーバンは何だか顔が四角いのでそのうちリーブ・シュレイバーのようになると思えた。
ヒックス保安官を演じるカム・ジガンデイは『小悪魔はなぜモテる?!』(2010年)に23歳の高校生役で出ていたらしい。少し覚えてるが印象は薄い。

マギー・Qは普通に好演していました。


Screen Gems (presents)
プロローグ
字幕です。ソラ・ミラ・ハイブ
無数の洞穴があるところです。
ボール・ベタニー、カール・アーバン、マギー・Q等の主役がもう出ています。
いきなり吸血鬼が出てきます。モールピープルのような感じがしないでもない。
そんなこんなでカール・アーバンがやられています。

タイトル
Screen Gems (presents)
アニメでこれまで状況説明をやってます。そういえばこの作品の原作は韓国のコミックだそうです。
バンパイアと人間の戦いが続いた。
人間は壁に囲まれたシティに退却した。教会が管理する。
究極の兵士プリーストは戦力となった。
バンパイアは捕らえられて管理されるようになった。
プリースト軍団は解散され忘れ去られた。

Priest

荒野にて。
風力発電に小屋があり夫婦と娘がいます。
旦那がオーウェン、奥さんがシャノン。
奥さんのシャノンはメッチェン・エイミックが演じています。久しぶりに見ました。
娘のルーシーはリリー・コリンズが演じています。

ルーシーがシティに夜遊びに行ったとかでもめていますが食事前のお祈りになっています。
そんなとこに何かがやって来ます。これが吸血鬼の集団らしい。
両親はやられて床下に隠れたルーシーは捕まります。
両親ですが随分はアッサリと退場になっています。普通はもっと警戒してると思うがまあいいです。
メッチェン・エイミックの出番がもう終わったしまった。

シティにて。
街の風景は『ブレードランナー』(1982年)『メトロポリス』(1927年)からそのままです。

カテドラルシティ 第12地区
ネオンは広告の代わりに宗教的スローガンになってます。
そして汽笛がサイレン代わりになっています。そのままだ。
雨模様で傘を差した人々が歩き回ってます。そのままだ。
わかりやすいといえばわかりやすい。

街中には告悔ブースというのが並んであります。
そこに入り告悔するボール・ベタニー扮する主人公のプリースト。
モニターには偉そうな神父がいます。これがクリストファー・プラマーが演じています。
プリーストが私は罪を犯しましたとやっています。
仲間に死にました。これはプロローグのことらしい。

街中にて。
母子連れに見てはいけませんと言われてるプリースト。
ママ役の女優さんは結構きれい。誰だろ?

プリーストの自宅アパートにて。
ヒックス保安官がやってきます。
バンパイアがルーシーをさらったのを取り返しに行くので同行してほしいと頼んできます。
アンタの兄貴オーウェンも重傷を負ってる。
やる気はあるヒックス保安官です。ルーシーとはいい仲らしい。

教会にて。
クリストファー・プラマー扮するオレラス枢機卿に面会するプリースト。
チェンバレン枢機卿というのもいる。
バンパイアはもういないと建前論を言ってるお偉方。
プリーストの権限の復活を直訴するプリーストですが却下されます。
で、シティから出たら破門すると脅かされています。

列車にて。移動中。
ここに捕まって檻に入れられてるルーシー。手下に嫌がらせをされてる。
親分バンパイアが何やら言ってます。
私の叔父はプリーストでアンタを倒すと言ってるルーシー。そんなことを言っていいのかと思える。

シティ。バー・セイラムにて。
知り合いのオッサン神父とプリースト。
やめた方がいいと言ってるオッサン神父。そんなとこに教会の機動隊がプリーストを拘束しにきました。
数珠ではなくロザリオを握りしめて切ってしまうプリースト。ブチ切れたことを描写してるようです。
機動隊をアッサリと片づけたプリーストはシティを出るようです。
ところでパーで何を飲んでる?、オイル缶で何やら飲んでいるオッサン神父。

自宅アパートにて。
荷造りをして祈ってるプリースト。ガレージにはバイクがあります。

シティを出るプリースト。
アッサリと出ています。バイクで移動してます。
ヘルメット無しでゴーグルだけなのがいい。安全より機能優先です。
バイクはニトロで加速しています。そうなってるようです。

砂漠にはCGの巨大な像が複数あります。バイクが通過してます。
今はCGがあるので何でも出来ます。足りないのは想像力だけです。

荒廃地帯に入るプリースト。アウトポスト10
襲われた小屋があります。調べてるプリースト。
そんなとこにヒックス保安官がやってきます。合流します。
ところで風力発電は自家用だけなのか?よくわからん。

移動するプリーストとヒックス保安官。

オーガスティンなる町に入ります。
ここにはインチキな行商人が荒稼ぎしている。これをやめさせてるヒックス保安官。
ここは何だかウエスタンなノリになってます。

重傷の兄貴オーウェンに面会してるプリースト。
ルーシーを頼んだぞと言われてるプリースト。それにバンパイアは皆殺しにしろと言ってます。

ダムダム弾を作ってるプリースト。
弾頭に切れ目を入れるダムダム弾。切れ目は十字です。キリスト教的意味もあるらしい。
ヒックス保安官と話しとなる。保安官バッジを外してるヒックス保安官。
そんなこんなでまた移動になるようです。

月をオーバーラップしてシーン転換しています。

シティにて。
教会は追っ手に他のプリースト4人を派遣するようです。
この中にマギー・Qがいます。
連れ戻せと命じるオレラス枢機卿。殺して構わんとなっています。凄いな。

オーガスティンにて。
死者2人の埋葬をしてるプリースト。本来の仕事もしてるようです。

小屋にて。
足跡を調べてるプリースト。どうやらバンパイアでもバンパイアにやられ感染した人間でもないらしい。

プリーストとヒックス保安官。バイク2台で移動しています。
このバイクはまた凄いな。どうやら普通のバイクをCGで全然違うバイクにしているようです。たぶんそうだ。
何しろフロントサスペンションが普通のテレスコピックフォークではない。実験的に使われたことがあるだけのウィッシュボーンサスなんです。

ナイトシード居留区に入るプリーストとヒックス保安官。
ここはバンパイアの管理区というか収容所のようなところらしい。
看守がいないと言ってるプリースト。
ここの人間はみんな感染者らしい。ニワトリの首を切断してる男がいます。
聞き込みをしてるヒックス保安官。

竪穴に入るプリーストとヒックス保安官。
地下の区画をフラッシュライトで捜索しています。ルーシーかその手がかりを探してるようです。
感染者がいて詰問してるプリースト。
待ってるヒックス保安官に何やら3人ほど迫ります。迎撃しつつ逃げてます。
ようやく外に出たヒックス保安官は先ほどの男に襲われます。危ないとこをプリーストが助けにきます。

プリーストはハンドガンを使わない。ナイフと格闘で片づけてます。
男を拷問してるプリースト。ルーシーはどこだ?と聞いてます。
日が暮れてきます。そうなるとバンパイアが出現します。

棺桶から出てきたバンパイア複数と対決してるプリースト。
援護をしようとするが上手くいかないヒックス保安官。
バンパイアですがCGのクリーチャーで『バイオハザード』(2002年)に出てきたのに似ています。
十字手裏剣を使うプリースト。キリスト教原理主義的にいいのか?、結構苦戦しています。
1匹逃げました。また男を拷問しています。ルーシーは西へ連れて行かれたらしい。
で、戻って来た残り1匹を片づけてます。

西とはどこ?となっています。ソラ・ミラ・ハイブだとなります。
プロローグの場所です。

ヒックス保安官にハンドガンの撃ち方のコツをレクチャーしてるプリースト。
バンパイアは円の動きをするので予測して撃てということらしい。

列車にて。
行商人が親玉に報告に来ています。タレコミ屋もやってるようです。
タレコミが終わったら親玉に血を吸われて下僕になってる行商人。
このへんで親玉がプロローグでやられたカール・アーバンだとわかる。

襲われた小屋にて。
追っ手のプリースト4人が来てます。

移動中のプリーストとヒックス保安官。
高層ビル群の廃虚がある付近に来ています。
ルーシーが感染してたら殺すと言ってるプリースト。そうはさせないと主張するヒックス保安官。
また移動になっています。

山に無数の洞穴が開いてます。ここがソラ・ミラ・ハイブのようです。
洞穴に入るプリーストとヒックス保安官。
プロローグを回想してるプリースト。

ヒックス保安官を残して下に飛び降りるプリースト。
何か見つけるヒックス保安官。壊れた人形でした。見ててビックリした。

プリーストの近くには何かいます。
これがマギー・Qでした。別行動で先回りしてきたと主張してる。

ヒックス保安官にも何やら迫っています。ハンドガンを撃つ。
ハンドガンの銃声がしたのでプリースト2人がやって来ます。誰だ?と聞いてるヒックス保安官。
ヒックス保安官を襲ったのは巨大なクリーチャーです。プリースト2人で挑みます。
マギー・Qのサポートでジャンプしてナイフでクリーチャーの腹を切り裂いて片づけるプリースト。

それでどうすると話しこむ3人。マギー・Qは警告しに来たと言ってます。
で、ここを調べてる3人。
新たに作られたセクションで繁殖してると言ってるプリースト。
軍団が通れるように大きな穴も開けられてる。
遠くにジェリコの町が見えています。

ジェリコの町、駅にて。
寝ているじいさんの駅員。何か気配がします。
そんなとこに列車が突然現れる。速攻で片づけられる駅員のじいさん。
親玉が何かをやらかすつもりのようです。

町の普通の家庭にて。
SPレコードで音楽を聞いています。そんなとこにバンパイアが襲います。
アッサリとやられています。少し不用心過ぎると思える。
そんなわけで町中をバンパイア達が襲っています。町は全滅したようです。

そんなとこに追っ手のプリースト3人が到着する。何だかやられ役といった感じ。
迎え撃つバンパイアの親玉。強過ぎで1人をアッサリ片づける。
あとの2人はどうなる?

荒野にて。
プリースト、マギー・Q、ヒックス保安官、3人で移動してます。

ジェリコの町にて。
ここに入るプリースト、マギー・Q、ヒックス保安官。
町は無人です。別れてそれぞれで調べています。SPレコードが回ったまま。止めているプリースト。

大通りでプリーストが祈ってるを見るマギー・Qとヒックス保安官。
追っ手のプリースト3人が磔になっていました。
親玉はバンパイアではないと言ってるプリースト。

駅にて。
線路から列車で移動してると気がつきます。
次の駅はシティ。これは大変です。
ルーシーをさらってプリーストをおびき出す。その隙に列車でシティを襲う。
『捜索者』(1956年)のプロローグと同じ手法のようです。
線路を爆破するダイナマイトを準備しています。これで列車を止めるようです。

列車にて。
ルーシーは親玉と食事になってます。隙を見てナイフを隠し持つルーシー。
このへんで親玉は元プリーストだとようやく気がついた。顔に十字架の入墨があればわかります。プロローグでやられたプリーストです。

ジェリコにて。
プリーストはやられた3人を火葬にしています。
マギー・Qとヒックス保安官。
感染したら人間ではないと言ってるマギー・Q。
で、ルーシーの実の父はプリーストだったと出生の秘密ネタとなっています。随分とベタな設定です。

バイクに装備を満載して出発するようです。
その前にプリーストとマギー・Qが微妙な雰囲気になっています。
プリースト同士なのにいいのか?といった感じ。

荒野を移動してるプリースト、マギー・Q、ヒックス保安官。

高いところから列車に遠くに見ています。
ヒックス保安官がルーシーを撃たないと約束しろとハンドガンを向ける。
ルーシーはオレの子供だと言ってるプリースト。そういう展開らしい。
ヒックス保安官を説得してるプリースト。

列車にて。
バイクで接近してるプリースト、マギー・Q、ヒックス保安官。
まずヒックス保安官が飛び乗ります。バイクはクラッシュする。
マギー・Qのバイクは先行して線路に爆薬を仕掛けるようです。
ヒックス保安官は吊り下げられてる繭が満載されてる貨車に入っています。

列車からバイク軍団が出てきます。マギー・Qを追います。
このメーカー名が何だかわからなく擬装されてるバイクは何だろう?。→普通はホンダCRF250あたりだと思う。
マギー・Qのバイクはニトロで加速して引き離す。

プリーストも列車に飛び乗ります。
ヒックス保安官は繭を破ってしまい中味が出て焦っています。

プリーストは列車の屋根で親玉と対峙しています。
ここでプロローグでやられたあとのことを言ってる親玉。
で、一瞬にシティに行こうとプリーストを勧誘しています。

マギー・Qは線路に爆薬をセットしています。そこにバイク軍団5台が迫る。
迎え撃つマギー・Q。

列車の屋根にて。
プリースト対親玉の格闘アクションはプリーストが押され気味。

マギー・Q対バイク軍団。
バイク軍団を片づけましたが起爆装置が壊れてしまいます。それでどうなる。

列車にて。
ぶっ飛ばされて列車のすき間から下に転落してるプリースト。親玉が見るがいない。
プリーストはそのまま列車の下側を移動しています。

ヒックス保安官はまだ繭と悪戦苦闘しています。
そのうちに繭が全部を孵化してバンパイアがゾロゾロと出てきます。これは大変。
慌てて隣の貨車で移動したらルーシーと見張りバンパイアといます。逃げられます。
そこに床下からプリーストが出現して合流となります。
バンパイアの群れが入ってきます。ヒックス保安官はショットガンで天井に穴を開けて日光を入れています。これは効果があった。

ルーシーを探して移動するプリーストとヒックス保安官。
ところで空いてる貨車は全部繭が入ってるようです。

そんなこんなでヒックス保安官は外に蹴り出される。
ヒックス保安官はやられたバイク軍団のバイクを使って追うようです。

ルーシーは見張りバンパイアを火だるまにしています。
ここでルーシーは父親がプリーストだと知ります。どうやら知らなかったらしい。
プリーストは親玉にナイフで肩を刺され壁に串刺しになる。

親玉はルーシーを連れてどうする?
マギー・Qの方はバイクで列車に特攻しています。
プリーストはナイフを自分で抜いて脱出しています。ところでマギー・Qから受け取った十字架は仕込みナイフになっています。キリスト教原理主義的にいいのか?

いよいよシティが見えてきます。
列車の上で親玉はルーシーの血を吸おうする、そこにプリーストが十字架ナイフを投げて親玉の首に刺さる。
そんなとこにマギー・Qがバイクを突っ込ませて衝突寸前で飛び降りる。
大爆発する列車。これで親玉は片づいたようです。

プリーストとルーシーは無事です。
ヒックス保安官も追いついてきます。ルーシーと再会してます。
マギー・Qも無事でした。
親玉の帽子が落ちてきます。

シティにて。
教会に乗り込むプリースト。
バンパイアがいる証拠としてバンパイアの生首を投げ出す。
戦いは今始まったばかりだと言ってるプリースト。

バイクでシティを出るプリースト。
マギー・Qが仲間を呼んだとプリーストに伝えます。
そのまま1人で荒野を移動するプリースト。
そんな感じで続編を作る気漫々の描写になってます。
エンドとなります。

後タイトル
Michael De Luca Productions
Stars Road Entertainment production
TOKYOPOP (in association with)
Screen Gems (presents)


そんなわけで普通のSFアクションのよい作品でした。
でも、続編は無理そうな感じ。

« 『レギオン』 | トップページ | Hollywood Express #549◆2013.12.14(土) »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75473/58761861

この記事へのトラックバック一覧です: 『プリースト』:

« 『レギオン』 | トップページ | Hollywood Express #549◆2013.12.14(土) »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。