映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« 『ハンガー18』 | トップページ | Hollywood Express #545◆2013.11.16(土) »

2013.11.17

『ナチス・クローン』

この作品は、ケネス・ハートフォード監督、ロバート・ボーン主演の低予算B級アクションのようです。
なおこの文はネタバレ全開となっています。

1978年 James Flocker Enterprises production / ヒューイット マネージメント コープ アメリカ作品
ランニング・タイム◆90分
原題◆The Lucifer Complex
プロット◆復活したナチス軍団と戦う話しのようです。
音楽◆ウィリアム・ルーズ

有限会社フォワード/WHDジャパン発売のDVDにて。
画質はそれなりに悪い。
スクイーズ収録のフル表示。
画面サイズはスタンダード。左右に黒味あり。
音声はドルビーデジタル 2.0ch

キャスト
ロバート・ボーン→主人公のマニング
メリー・リン・ロス→エイプリル・アダムズ
キーナン・ウィン→不明
アルド・レイ→コンピューターの男
ビクトリア・キャロル→不明


ケネス・ハートフォード監督の演出はまあまあだと思います。
全体的にユルユルグダグダな出来になってます。色々な作品があるものです。


著作権のアラート
WHDジャパンのタイトル
フォワードのタイトル
画質が悪いですのアラート

タイトル
Gold Key Entertainment (1978) (USA) (TV) (via syndication)
ビスタフィルムズproduction

ナレーションが入ります。
太平洋のどこかの島で・・・
男が湖で泳いでいます。それから歩く。
この男のモノローグで話しは進むようです。
フロリダはいい街だったと言ってる・・。

洞窟に入る。そこにはハイテク機器があります。
ヘビがいます。ヘビをペットみたいに扱っている男。
この男は何なんだ?、研究者なのか?
機械をいじっています。どうやら全世界のあらゆるデータが入ってるコンピューターのようです。
索引のがあり、それに従って記録された映像を見ています。
映像メディアは当時最新だったレーザーディスクです。

戦争の映像を見ています。第1時世界大戦時のようです。
戦争は富俗層を産む・・・

第2次世界大戦の映像になんています。
23年間で大きな違いが出来た・・・
爆撃機、戦艦、高射砲、ミサイル、地雷原、戦争が進んだ・・・
第2次世界大戦はテクノロジーの戦争だった・・・
その最高が核戦争・・・

1960年代のテクノロジー
エレクトロニックと音楽。野外ライブには大勢集まる。
ラブ・ジェネレーションと呼ばれていた。

そんな感じでレーザーディスクを延々と見ている男。

1970年代 最も長い戦争・・・
サーチ・アンド・デストロイ。無差別砲撃地帯。
12年の戦争で200万人の死者を出した。
今度はナチズムの脅威の話しになっています。

ドイツ軍のトラックが捕虜の女達を運んでる。
逃げた女は監視塔からマシンガンで撃ち殺される。
1986年。世界大戦の後の出来事。近未来になっています。

バスが登場します。
毒ガスでバスの乗客が全員殺される。
高官や指導者達は簡単に処刑する・・・
戦った者がいる・・・

どこかの店にて。ここから別のシーンになってます。
ベリーダンサーが登場します。これがお見事。美人で体も素晴らしいしベリーダンスも素晴らしい。この作品では1番の見どころでした。
ロバート・ボーン扮するマニングが登場。リー少佐に私が来たと言ってくれ・・・
リー・ジェニー、グレン・マニング、そんな名前で出ています。
で、ウエイターがリー少佐と使節団は現れませんと伝えてきます。

今度は演習地のようなところに来ているマニング。
ホテルで待つとクルマで出るマニング。

所々でモニターでレーザーディスクを見ている男がショットが入ります。

バスと遭遇するマニング。
中に入ると誰もいない。何か拾います。
外に出たとこでいきなり殴打され気絶するマニング。拾った物はとられる。

どこかのオフィスにて。
ノリスなる人物が責任を追及されています。他に数人・・。
おじいさんが説教をする。
マニングもいる。
リー少佐。ラテン系、ヒゲ。
おっさん。
女性。
こんな感じのメンバーです。

おじいさんが出ていって残りで話し合いになってます。
女性がルシファーの件は?言ってます。何だかわからん。
マニングには偵察任務がとも話しに出ています。

ジェット戦闘機が離陸しています。
可変翼です。機種はわからん。

飛行中のジェット戦闘機。
312射出せよ?、爆弾を落としています。
それから落下傘でパイロットが降下しています。

無事に着地した男がヘルメットとジャンプスーツを脱ぐとマニングでした。
歩いて移動しています。森の中を移動しています。
これが偵察任務なのか?よくわからん。

基地を発見するマニング。隠れて見ています。
そこら中に監視カメラがあるようです。
基地には鉤十字の旗があがってます。
ドイツ軍のヘルメットに軍服です。でもクルマはジープで小銃はM16でアメリカ製だったりします。B級作品なのでそうなります。
トラックから捕虜の女性達が下ろされる。

マニングが見つかります。逃げます。
草むらを移動しています。ワニがいたりします。
必死こいて逃げてるマニング。
何故かヘリコプターも飛んでいます。どこかのアーカイブ・フッテージですが。
ボートも出ています。発見されるマニング。犬に追いかけられる。
ついに捕まるマニング。

病室にて。
気がつくマニング。医者からマニングさんと呼ばれています。
ペンサコラ海軍病院ですと言ってる医者。ボーゲルと名乗っています。
あなたは海軍レスキュー隊が救出したと言ってます。

ボーゲル医師はここは世界最高の病院だと案内しています。
これにはあまり関心がないマニング。

別のところにて。
捕虜の女性達がいます。ここは捕虜収容所なのか?

病院にて。
ジュリーが来ました。マニングの顔見知りらしい。オフィスにいた女性なのか?
アルに話しがあると言ってるマニング。アルって誰?
ナチの兵士と土着奴隷という話しも出てる。

そんなとこにボーゲル医師が来てあなたは錯乱状態ですと言う。
戦時中にナチスに捕まったことがあったマニング。そんなわけで妄想となってます。

この基地を支配してるナチスの面々です。
マニングの録音を聞いてあまり上手くいっていないとなってます。

病院にて。
女性患者が逃げる。壁の斧を取って振り回す。
追われてマニングの病院に入り込む。
女性患者を説得してるマニング。で、隙をみて斧を奪うことに成功する。
パイロット、墜落を見たと言ってる女性患者。ナチスも見たと言ってる。
土着民を奴隷扱いとも言ってます。
それではここはどこなんだ?となってるマニング。

ボーゲル医師一行がやって来て女性患者は連行されます。
適当に説明してるボーゲル医師。
看護士が注射をされるとこをマニングは逆に注射を看護士にして脱出しています。

すぐに別の男の看護士達に囲まれています。
ですが正体がばれていないようです。そのまま同僚のふりをしてエレベーターに乗るマニング。

降りたところは秘密の施設のようです。
ゲートがありますがすれ違った男から身分証をスリとって使い突破するマニング。
さっきの女性患者は拘束されて担架で運ばれています。

カプセルが並んでいるところに入るマニング。
色々な人間が入ってます。名札もついてる。リー少佐のところは空いてる。

手術室にて。
次は拘束されている女性はエイプリル・アダムズです。
隣りのベッドにもエイプリル・アダムズがいます。驚愕してるマニング。

発見されるマニング。ボーゲル医師はここから出られないと警告してます。
ここの施設を説明しようと言ってます。
格闘アクションになって脱出してるマニング。
エイプリル・アダムズを連れています。

マニングとエイプリル・アダムズは医者と看護師になってゲートを通ってます。
しかし追っ手が迫ってます。
エレベーターで脱出しています。

地上に出たとこで待ち伏せされていました。
ナチスの高官ゲルハルト・フォーブス、女助手のフラウ・ブルナー、おなじみのボーゲル医師とそろっています。
第4帝国は実在すると主張してるゲルハルト高官。クローン技術がどうのこうの・・

女囚部屋にて。
エイプリル・アダムズはここにいます。フラウ女看守に拷問されます。
チェン・リーは誰だ?となってます。誰?とよくわからん。
ボーゲル医師に詳しく調べてもらうことになる。

マニングとボーゲル医師です。
アーリア人がどうのこうのというおなじみな話しになってます。
いきなりボーゲル医師を殴打してるマニング。

女囚部屋にて。
女看守フラウは女囚達を拷問しています。協力者は誰だと拷問してる。

ボーゲル医師のところにエイプリル・アダムズが連行されたけどマニングがいない。
隠れていたマニングがいつのまにかリボルバーを持っていて撃ってます。
立てこもったマニングとエイプリル・アダムズ。
ゲルハルト高官がハンドマイクで君達は包囲されてる無駄な抵抗をやめろとやっています。
時間切れだとなって突入となるようです。

女囚達は叛乱を起こして女看守を片づけてます。
リーダ格がグレタという名前のようです。何故かマシンガンがあります。
そんな感じでマシンガンで銃撃戦になってます。

この隙にマニングとエイプリル・アダムズは脱出しようとする。
戦車があると言ってるエイプリル・アダムズ。そこへ行こうとするマニング。

女囚達が叛乱して結構にぎやかになっているところを戦車に向かうマニング。
エイプリル・アダムズも続きます。
このへんで手下の名前がクラウスとわかります。

マジで戦車があります。アメリカのシャーマン戦車です。
B級作品なのでドイツのタイガー戦車のわけがない。そのへんは流して見ます。

シャーマン戦車を動かして基地に入ってます。戦車は本物みたい。
何故かここだけが本気モードで豪華な描写になってます。主砲発射シーンもあります。

ドイツ軍のハーフトラックのマシンガンが撃ってきます。
シャーマン戦車が主砲発射してハーフトラックが爆発する。低予算なのにいいのか?

シャーマン戦車に飛び乗る兵隊がいます。女囚のマシンガンでやられます。
また主砲発射して監視塔を破壊するシャーマン戦車。

クラウスは最後の手段の爆弾を準備しています。
建物を砲撃してるシャーマン戦車。爆発しています。
グレタがクラウスをリボルバーで片づけてます。
シャーマン戦車は炎の中をどんどん進む。
グレタは爆弾を持って出て行くところで入ってきたゲルハルト高官をノックアウトする。
女囚達は移動して大砲手を片づけてます
火だるまのスタントもあります。ユルユルな感じですがちゃんとやってます。
シャーマン戦車から出るマニング。
グレタと合流するマニングとエイプリル・アダムズ。
ゲルハルト高官を連れて移動する。
このへんはカットインが激しい。効果はまあまあ。

いよいよ秘密の施設の奥深く入るマニング一行。
そうなるとヒトラーのクローンが出来上がっていたようです。
初めましてマニングさんと挨拶してるヒトラー。第4帝国はまだ発展すると主張してます。
連行されていたゲルハルト高官はショッカーみたいな像の目から出る殺人光線で処刑されます。
マニングはヒトラーを撃ちます。しかしこれはホログラムでした。

今度はマニングのクローンが出てきます。
本物のマニングと格闘アクションになってます。
そんなこんなで片方がやられます。
残ったマニングをクローンなのでは?と疑ってるエイプリル・アダムズ。
私は本物だと主張してる残ったマニング。そりゃそう言います。

次は移動して本物のヒトラーを撃ち殺すマニング。
残っていたのはボーゲル医師です。
ボーゲル医師世界中の指導者はもう入れ替わった。クローンによって戦争無しで征服したと主張しています。
で、水門が開いたと言ってます。何だかわからん。

モニターを見てる男のシーンか入ります。

ボーゲル医師は何かスイッチを入れて逃走します。
水門を開けると洪水が起きるようです。
マニングとエイプリル・アダムズも脱出してボーゲル医師を追います。

ドアでボーゲル医師をノックアウトしてます。
ここが沈む前に逃げるんだと言ってるマニング。
島の崩壊・・・

オフィスにて。
島は完全に崩壊したと報告するおじいさん。
人類の未来は我々の手にある・・。

モニターの男のモノローグ。
人間らしさのない完璧な複製人間・・・
ここに全ての記録が残されている。人類の隆盛と没落・・・
コンピューターから離れてリュックを背負う。
モノローグで別の惑星からの探検者はここの記録を見るだろう・・・。

自分で探さなければいけないとここを出る男。
山中を歩いています。
エンドとなります。

後タイトルがあります。
James Flocker Enterprises production
in association with ヒューイット マネージメント コープ


そんなわけでベリーダンサーと戦車だけが印象に残り、あとはグダグダなまあまあな作品でした。
それにしても色々な作品があるものです。

« 『ハンガー18』 | トップページ | Hollywood Express #545◆2013.11.16(土) »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75473/58593469

この記事へのトラックバック一覧です: 『ナチス・クローン』:

« 『ハンガー18』 | トップページ | Hollywood Express #545◆2013.11.16(土) »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。