映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« 『ジョン・カーター』 | トップページ | Hollywood Express #546◆2013.11.23(土) »

2013.11.24

『アイアン・スカイ』

この作品は、ティモ・ヴオレンソラ監督、ユリア・ディーツェ他主演のSFアクションのようです。
なおこの文はネタバレ全開となっています。

2012年 ステルス・メディア・グループ他 フィンランド=ドイツ=オーストラリア作品
ランニング・タイム◆93分
原題◆Iron Sky
プロット◆月の裏にナチスがいて色々とある話しのようです。
音楽◆ライバッハ

BS193 WOWOWにて。
画質は非常よいです。
スクイーズ収録録画のフル表示。
画面サイズはワイド。前後タイトル部分は上下黒味あり。本編は上下左右黒味なしのフルスクリーン。
音声は AAC 5.1ch

キャスト
ユリア・ディーツェ→教師のレナーテ・リヒター
ゲッツ・オットー→幹部のクラウス・アドラー
クリストファー・カービイ→宇宙飛行士のジェームズ・ワシントン
ウド・キア→ウォルフガング・コーツフライシュ総統
ティロ・プリュックナー→リヒター博士
ステファニー・ポール→アメリカ合衆国大統領
ペータ・サージェント→広報担当のヴィヴィアン・ワグナー
マイケル・カレン→国防長官

ティモ・ヴオレンソラ監督の演出はよいと思います。
全体的に普通に出来ています。

ユリア・ディーツェはホントにドイツ人といった感じです。
そういえばモータースポーツDTMのTVレポーターの女の子もいかにもなドイツ人といった感じでした。英語で喋っていたけど。
ゴツイと違う、何だかドイツな感じなんです。


ステルス・メディア・グループ
フィニッシュ・フィルム・ファンデーション
Hessen-Invest Film (funding)
Eurimages (funding)
デティシュア・フィルムファウンダーフォンズ
スクリーンクイーンズランド
Nordisk Film- & TV-Fond (funding)
Yleisradio (YLE) (co-production)

プロローグ
宇宙です。2018年 リバティ号が月軌道に進入する。

Blind Spot Pictures Oy
エナジア・プロダクションズ
27 Films Production
New Holland Pictures
他・・・

主演の女優さんが可愛いらしい。これがお楽しみ。

タイトル中ですがリバティ号が月面に着陸します。
アポロ型の宇宙船です。着陸したところでちゃんと広告が出ています。
サンダース船長が月面探索をやっています。何かを発見する。
これで露天掘りの鉱山です。これはビックリ。
同僚のワシントンに連絡しろと命じたとこでサンダース船長は撃たれます。
宇宙船は撃たれて大爆発。ワシントンは捕まります。

ところで宇宙空間でも普通の銃は撃てるらしい。
火薬には酸素も含まれてるので火薬のみでも燃焼出来るからだそうです。

Iron Sky

本部にて。鉤十字型の建物です。
主人公のレナーテ先生が授業中です。ハイルヒットラーを教えています。
ドイツ語だけではなく英語の授業もやっています。地球を指導するのに必要だとか。
この授業で何年から月にいるとか状況説明しています。

月面をサイドカーが走ってます。ワシントンが連行される。
→ Chang Jiang CJ750 M1 as BMW R71
いきなり歌が入ります。国歌です。
ウド・キア総統が登場。ワシントンを連行したのが幹部のアドラー。
こいつは地球のスパイだと言ってるアドラー。
ワシントンのヘルメットを外すと黒人なんでビックリとなっています。

ホワイトハウスにて。
エクササイズ中のアメリカ大統領。サラ・ペイリンにソックリ女性大統領です。
これも女性の広報担当のビビアン・ワグナーとTV電話で話しています。
国防長官もいます。これは男です。

月にて。
チャップリンの『独裁者』(1940年)が出ています。
全長版ではなく10分の短編の教材となっています。
そんなとこにアドラーがやってきます。地球人を捕獲したので取り調べに協力してくれとなります。

捕まってるワシントンはありったけのドイツ語を喋ってる。フォルクスワーゲンだけらしいけど。
そんなわけで脱出するワシントン。後先考えずに飛び降りてる。
そんなこんなで上手い具合に通風ダクト内に入ってます。
偶然でアドラーとレナーテの所に出てくるワシントン。また逃げています。

成り行きでエアロックを開けてるワシントン。
レナーテも一緒に吸い出されそうになっています。何故かレナーテの服が脱げる。
何とか元に戻っています。また捕まるワシントン。

研究室にて。
アインシュタインソックリの博士に調べられてるワシントン。
これは何だ?とスマートフォンを見ています。iPhoneのようです。
博士はこれがコンピューターだと見せるけどこれが古い。
ナチスなのでさっそく黒人の人種差別ネタをやってます。

国連ビルにて。
会議です。国防長官が出席して演説しています。
月に行った宇宙飛行士が行方不明・・・
で、各国から色々と突っ込みが入っています。

大統領の選対委員会本部にて。
幹部のみを残して激怒して罵倒してるビビアン・ワグナー。これが筒抜けで部下に笑われています。

月にて。
自室でSPレコードで音楽を聞いてるレナーテ。アドラーがやってきます。
遺伝子的に大丈夫だから結婚しようと言ってるアドラー。
アドラーはそのうちに総統になるとやる気満々です。

戦艦神々の黄昏号を動かすためにはスマートフォンが必要となっています。
で、スマートフォンを組み込んでエンジン始動をやります。
スマートフォンの接続はUSBと同じらしい。
エンジン始動ということでスマートフォンの電池が切れます。
そんなわけでウド・キア総統に地球に行かせてくれと直訴するアドラー。

研究室にて。
ワシントンは閉じこめられて演説を聞かされて洗脳されています。
レナーテが来て話しをする。一目ぼれしてるのか?
ジェームズ・ワシントン、レナーテ・リヒターと紹介し合ってます。
話しから博士はレナーテの父だとわかります。
そんなこんなでワシントンにナチスのふりをしてとアドバイスしてるレナーテ。
博士がやってきます。この博士をメンゲレ博士と呼んでるワシントン。ちゃんとドイツのことを知ってるじゃない。

いよいよ円盤で出発するアドラー。
レナーテがキスして行かせてくれとお願いしてるが残される。
クルマは何かと思ったら当然フォルクスワーゲンビートルでした。そりゃそうです。
→ Volkswagen Limousine [Typ 1]
クルマイスで連行されてきたワシントン。博士の改造で白人化してます。本人は気付いていない。
クルマイスから立ち上がってハイルヒトラーとやっています。これは『博士の異常な愛情』(1964年)からの引用です。
乗り込んで発進となります。

あっという間にに地球に着いています。
ニューヨーク北部の畑に着陸してます。
アメリカ大統領よりアップルストアに行った方がいいと言ってるワシントン。
レナーテも来ています。
ここは大麻畑らしい。そんなわけでいきなりショットガンで撃たれたりしてます。
逃げる3人組。

ニューヨークにて。
アドラー、レナーテ、白人のワシントンの3人。
フォルクスワーゲン・デリバリーを奪おうする。
→ 1971 Volkswagen Bus [Typ 2 / T2]
まずはワシントンが同じ黒人だからとコンタクトをとろうとするが見た目が白人なのでもめてます。
この隙にフォルクスワーゲン・デリバリーをハイジャックしてるアドラーとレナーテ。
ワシントンも乗り込んでズラかります。

クルマにて。
白人になったことにようやく気がついたワシントンが文句を言ってもめています。

待ち伏せして広報担当のビビアン・ワグナーを拉致するアドラー。
ワシントンはクルマから転落している。

倉庫かガレージにて。
縛り上げたビビアン・ワグナーを尋問してるアドラー。
アメリカ大統領に合わせろと要求してるアドラー。宣戦布告するためなのか?
そのうちにレナーテが演説をする。地球を救いに来たと主張してます。
この連中は使えると逆に気に入ったらしいビビアン・ワグナー。

ホワイトハウスにて。
ビビアン・ワグナーがアドラーとレナーテを連れてきます。
また同じ主張をするレナーテ。この演説の文句がいいらしい。選挙対策に演説の文句をそのまま流用するんです。それがオチかい。

そんなわけで選挙演説で聴衆を熱狂させてるアメリカ大統領。
ポスターのデザイン等もやってるアドラーとレナーテ。
これで選挙対策はバッチリのようです。

3ヶ月後。
街中にて。プラカードを持って月からナチが攻めてくると触回ってるワシントン。
もう立派なホームレスになっています。
偶然にレナーテと再会する。レナーテはすっかりアメリカナイズしています。
そんなこんでもめて警察沙汰になっています。

警察にて。
取り調べを受けるレナーテとワシントン。
元はモデルの黒人で今は白人のホームレスだとか、月だのナチだのと全部ホントのことを喋りますが警察は引いている。

街中にて。
どうやらそのまま放免されてレナーテとワシントンは映画館に入る。
『独裁者』(1940年)が上映されているんです。名画座なのか?
120分を越えてるフルバージョンを初めて見たレナーテは面食らっています。ヒトラーの描写が全く違うからです。

で、ネオナチを見て感心してるレナーテ。
コンタクトするレナーテ。これを止めてネオナチともめているワシントン。

リムジンにて。
アドラーとビビアン・ワグナー。すっかりいい仲になってるらしい。
そのままオフィスに行ってセックスになりそうになる。

オフィスにて。
いいことでウド・キア総統を見るアドラー。
幻覚ではなくマジで総統一行が来ています。驚愕してるアドラー。
ジークフリート号という飛行船型の宇宙船で来たようです。隕石ミサイルを曳航しています。

レナーテとワシントンも来ています。
で、反逆者として処刑されそうになるがいきなり銃が撃ちまくられて総統一行がやられます。撃ったのはビビアン・ワグナーでした。
レナーテとワシントンはズラかってます。
アドラーはビビアン・ワグナーを振って地球攻撃をやるようです。
で、アドラーは一回で出ていって戻ってきます。ラップトップコンピューターを取りに来ただけでビビアン・ワグナーはどうでもよかったりします。

屋上にて。
ヘルメットを被った兵隊2人がポルノ雑誌を見て感心してる。そんなことにアドラーが来ます。自分が新総統だと主張しています。
そんなところにまだ生きてるウド・キア総統がようやく来る。これを余裕で蹴り殺してるアドラー。
「ヴァルハラで会おう」の意味がわからん。元ネタを知らない。→調べるとメッサーシュミット Me262でB-24に特攻したドイツ軍パイロット ハインリヒ・エールラーの最後の無線通信だそうです。
円盤に乗り込んでいるアドラー。飛行船型宇宙船と合流するようです。

合流して攻撃開始を指令してるアドラー。電撃隕石作戦と言ってる。
飛行船型宇宙船から小型円盤を次々と放出してます。ここは『『インデペンデンス・デイ』(1996年)からの引用です。

総攻撃になってます。
ホワイトハウスではTV中継を見ています。
で、1期目で戦争を始めた大統領は再選すると喜んでる大統領。妙に説得力があります。
ビビアン・ワグナーは司令官に任命されている。

アメリカ軍も出動して円盤と空中戦になっています。
一方的ではなく互いに被害が出ています。

街中にて。
レナーテは逃げています。ワシントンとタクシーで脱出する。
円盤がある畑に向かいます。

畑にて。
円盤に乗り込んでるレナーテとワシントン。
ワシントンが操縦しています。一応宇宙飛行士だから。で、ゲームと同じだろうと言ってます。

国連ビルにて。
会議をやってます。関係ありませんと主張してる各国。
北朝鮮だけがあれは私の国がやってると主張するが誰も本気にせず笑われています。
そんなとこにアメリカ大統領がやってきて演説をかます。敵はナチで月の裏側に隠れていたと結構ちゃんと言ってる。
それでどうする?、アメリカには宇宙船があります。出動させるとなる。

USSジョージ・W・ブッシュ号が発進しています。ホントにあるんだ。
艦長はあの広報担当のビビアン・ワグナーです。コスチュームで決めてるので最初は誰かと思った。
核弾頭ミサイルで飛行船型宇宙船を攻撃するようです。もう撃ってる。撃ちまくりです。
当然反撃されて戦闘状態になっています。

アメリカだけではなく他の国の宇宙船も援護に出動しています。
それでどの国の宇宙船にはないはずの武器が満載されています。実は内緒で武器を搭載していましたというオチになっています。

会議で話しが違うと激怒してるアメリカ大統領ですが結果オーライでうやむやになっています。
で、武器を搭載してない国はフィンランドだけでしたとなっています。スウェーデンではないんだ。

アドラーの円盤は月に戻っています。
このへんでアドラーが乗った円盤はウド・キア総統が乗ってきた円盤だったようです。ようやく気がついた。
いよいよ戦艦神々の黄昏号を動かすようです。ラップトップコンピューターをゲットしてきたし。ラップトップコンピューターはMacBookみたい。

戦闘状態の方は、
地球連合軍が押しています。次々やられてる飛行船型宇宙船。

レナーテとワシントンの円盤も月に戻っています。
戦艦神々の黄昏号へ直接向かってます。

USSジョージ・W・ブッシュ号にて。
この勢いでナチスの月面基地も破壊するとやる気満々のビビアン・ワグナー。

いよいよアドラーが戦艦神々の黄昏号を発進させる。
レナーテとワシントンはこれをとめようとする。もう潜入しています。
レナーテと別れてワシントンは博士を探す。個人的な用事もあるし。

地球連合軍が月に到着してます。
ナチス本部に向けて攻撃命令するビビアン・ワグナー。
部下達はナチス本部には女子供がいるんです。それはまずいでしょうとなっていますがお構いなしに攻撃命令するビビアン・ワグナー。引いてる部下達。

核弾頭ミサイルが発射されて爆発崩壊するナチス本部。

準備中の博士のところに電話です。アドラーから早くやれと催促の電話でした。
そんなとこにワシントンが迫ります。

神々の黄昏号は発進してます。これがとんでもなく大きい。
キャノン砲を装備しているようです。発射準備しています。
攻撃を受けています。それでどうする。

地球が射程内に入ってるので撃てませんと報告されているが構わず撃つアドラー。
そうなると月の表面を撃って岩石の破片を飛ばして地球連合軍を攻撃してる。

ワシントンはエンジンを止めようする。博士と格闘アクションになってます。

レナーテの方は国歌を鳴らします。
そうなると誰もが直立不動で固まってしまうからです。その隙に移動してる。

指令所でも固まってる部下達を叱咤して動かそうしてるアドラー。
もう自分でやってます。キャノン砲を発射しようとする。
そこにレナーテが来て止めようとする。
アドラーとレナーテはすっかり不仲になっているようです。

レナーテを撃とうとするアドラー。
で、ハイルアドラーをやるレナーテ。アドラーも反射的にハイルアドラーをやって手を上げると上にある電気ソケットに手を突っ込んで感電して卒倒する。そうなるのか。それがオチかい。
それでも気がついたアドラーと格闘アクションになるがハイヒールをアドラーの額に打ち込んで片づけてます。

ワシントンの方はラップトップコンピューターを何とか外しています。
これでエンジン停止となって墜落する神々の黄昏号。
レナーテとワシントンとそれぞれ脱出したようです。
地球に引き上がる地球連合軍。

国連会議にて。
勝ったと拍手を受けてるアメリカ大統領。そんなとこに月には新たなエネルギー ヘリウム3があり。鉱山やサイロがそのまま残ってると報告が入ります。
そうなるとヘリウム3はアメリカの物ですとかますアメリカ大統領。さすがに文句が出る各国代表達。
乱闘になってる会議室。何故かスローモーションになっています。

ナチス本部にて。
宇宙服で戻ったレナーテ。いくらかの生存者は残っています。
教室で生存者達にこれまでの説明をするレナーテ。敬礼はやめてと言ってる。
女の子から地球はどんなところと聞かれています。

宇宙空間では地球連合軍同士で戦闘状態になってます。
やっばり日本の宇宙船は神風特攻をやってます。そんな感じで地球連合軍は全滅したようです。

ナチス本部にて。
脱出したワシントンも来ています。薬を見つけて元に黒人に戻ってます。
レナーテと再会してキスをする。中年女性からいいのか?と言われてもキスをやめない2人。レナーテは人種差別しないナチスになったらしい。
これからどうする?となっています。どうやってここを再興する?

俯瞰された地球ですがどこもミサイル攻撃で戦闘状態になっているようです。
エンドとなります。


そんなわけで普通に出来てるよい作品でした。悪くはない。


« 『ジョン・カーター』 | トップページ | Hollywood Express #546◆2013.11.23(土) »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75473/58636810

この記事へのトラックバック一覧です: 『アイアン・スカイ』:

« 『ジョン・カーター』 | トップページ | Hollywood Express #546◆2013.11.23(土) »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。