映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« Hollywood Express #541◆2013.10.19(土) | トップページ | 『天空が燃えつきる日』 »

2013.10.26

『宇宙からの侵入者』

この作品は、フレディ・フランシス監督、ロバート・ハットン、ジェニファー・ジェイン主演の侵略物B級SFドラマのようです。
なおこの文はネタバレ全開となっています。

1967年 Amicus Productions / Embassy Pictures 英国作品
ランニング・タイム◆85分
原題◆They Came from Beyond Space
プロット◆よくわからん侵略をされる話しのようです。
音楽◆ジェームズ・スティーブンス

有限会社フォワード/WHDジャパン発売のDVDにて。
画質はまあまあ。
スクイーズ収録のフル表示。
画面サイズはスタンダード。左右に黒味あり。
音声はドルビーデジタル 5.1ch

キャスト
ロバート・ハットン→主人公のカーティス・テンプル博士
ジェニファー・ジェイン→テンプル博士の助手リー・メイソン
ジョフリー・ウォレス→テンプル博士の同僚アラン
バーナード・ケイ→宇宙開発所大臣のアーデン
モーリス・グッド→国家保安官スティルウェル
マイケル・ホーキンス→国家保安官ウィリアム
ジア・モヒーディン→協力者の科学者ファージ
マイケル・ガフ→宇宙人のリーダー


フレディ・フランシス監督の演出はよいと思います。
全体的に普通のB級SFになっていました。


画質が悪いですと一部に著作権のアラート
WHDジャパンのタイトル
フォワードのタイトル

タイトル
They Came from Beyond Space
Amicus Productionsと画面の下に出ています。著作権の表示。
何故かタイトルの途中に大きくAmicus Productions出ています。
音楽はやっつけ仕事といった感じ。ジャズっぽいのが流れています。

村にて。
女性がクルマで移動してオッサンと何か音がすると話しています。
そんなとこ複数のUFOがV字編隊で落下します。

研究所にて。
パラボラアンテナが映されてます。
そういえば私のとこのBSCSパラボラアンテナはもっと大口径にしないとナショジオとBBCのアンテアレベルが改善しない。こまったものです。

建物内の床には宇宙の絵が描かれています。
ここにテンプル博士と助手のリー・メイソン、同僚のアランがいます。
そんなとこにリチャード・アーデン宇宙開発所大臣がやってきます。
コーンウォールに隕石9つが落ちたことについて聞きに来たようです。
科学者チームが送り込む予定とのこと。テンプル博士がリーダー。
テンプル博士は宇宙人の研究をしてるらしい。
隕石は完璧なV字を描いたまま墜落したと言ってるアーデン。

しかしテンプル博士は交通事故を起こして療養中でした。
頭に銀のプレートが入ってるらしい。
何故か医者がいて遠征にダメ出しをしています。

そんなわけで助手のリー・メイソンを送り込むことになります。
お別れの挨拶をしてるテンプル博士とリー・メイソン。いい仲らしい。

コーンウォールにて。
クルマで移動してるけど英国なので当然クルマはランドローバーだと思う。
→ 1956 Land-Rover 88'' Series I ex-Army
隕石調査をしてる科学者チーム。ガイガーカウンターを使ってます。

研究所にて。
テンプル博士とアラン。
渡された資料を見ておかしいと言ってるアラン。どうやら隕石は月から来たらしい。
で、あわててリー・メイソンに電話をする。

コーンウォールにて。
リー・メイソンは隕石を直接触ってるけど大丈夫なのか?
他の科学者がハンマーとノミで隕石を打つと途端に隕石が光ってリー・メイソンがやられます。何かに取り憑かれたようです。
続いて回りの科学者達を取り憑かれたようです。

村にて。
クルマでリー・メイソンがやって来て銀行に入る。
→ 1963 Vanden Plas Princess 3-litre MkII [ADO37]
ロバートの農園で隕石調査をやっている。それで100万ポンド貸してくれ、担保はこれですとかばんを開ける。銀行家が覗き込むと隕石が入ってて銀行家も取り憑かれてすぐに100万ポンドを貸したようです。これで用事は済んだ。

研究所にて。
テンプル博士は電話か繋がらないとこまっています。
アーデンがやってきます。もう取り憑かれた状態。あなたとアランを連れに来ましたと言ってます。
クルマに乗り込んだアランは車内の隕石にやられます。
テンプル博士は何故か取り憑かれないようです。そんなわけでアランに殴打され置き去りにされています。
それで医者から言われていた自慢のクラシックカーで尾行しようとするがキーがない。
→ 1924 Bentley 3 Litre [744]

室内に戻ったとこで呼び出しの電話を受けるテンプル博士。
上司からロバート農園で何が起きてる?と聞かれています。大量の資材を買い込んでるとか。他の科学者達の銀行口座は空っぽとのこと。

そんなわけでクラシックカーで向かってるテンプル博士。
GSで店員だか主人の女性に道を聞いています。

ロバート農園にて。
電流が流れる金網の柵を張っています。質問するテンプル博士ですが無視される。
ゲートに銃を持ったガードマンがいます。止められるがクルマで突っ込もうとするテンプル博士。ガードマンがリー・メイソンを呼びます。
回りを見ると、池に潜って何かをやってる。大きい変電機がある。
で、リー・メイソンに会うが追い返されるテンプル博士。
ガードマンの銃はステン・マシンガン。英国なのでそうなる。

村に戻るテンプル博士。
リー・メイソンに送られてアーデンが来てます。

アーデンと話しをするテンプル博士。
テンプル博士はこの計画から外されたと言われてる。
ここを見張ってる男がいます。

テンプル博士はまたゲート付近に来ています。
リー・メイソンがクルマで出かけます。テンプル博士は先回りをしています。

リー・メイソンのクルマの前に停車するテンプル博士。
話そうとするが光線銃が撃たれて昏倒しています。パラライザーなのか?

GSにて。
介抱されて気がつくテンプル博士。
クルマと一緒に回収したと言ってるGSの女性。
で、すぐにここを出てるテンプル博士。
GSの女性は電話をしてる。何だかわからん。

ロバート農場付近にて。
見張りの男の側を通るテンプル博士のクルマ。
で、その男にクルマを止められてコンタクトされます。
→ 1962 Ford Zephyr 4 MkIII [211E]
男は国家保安のスティルウェルと称してます。ホントなのか?

走行中のクルマにて。
テンプル博士と国家保安関係のスティルウェル。
科学者達を監視していた。隕石を割ったら途端におかしくなった。
四六時中何かを建設している。

村にて。
公衆電話で上司から話す許可をもらってるスティルウェル。
で、突然具合が悪くなって倒れるスティルウェル。やじ馬が集まってます。
私が医者ですとおじいさんが具合をみる。手遅れで保健所に連絡した方がいいと言ってます。と思ったら医者のおじいさんも倒れて死に至る。
パニックになって逃げるやじ馬達も倒れて死に至ってます。
GSの女性はクルマで逃げています。何故か大丈夫なテンプル博士。

時間が経過してオッサンのTVレポーターがレポートしています。
原因不明。病原菌は発見されず。深紅病と名前がついてます。

TVで医療調査隊のフレッド医師が解説をやってます。
この地域を完全に隔離する・・・
これを見ているテンプル博士。スティルウェルの遺品?小型双眼鏡も持っています。
そこに男がやってきます。スティルウェルの上司です。国家保安官ウィリアムと名乗ってます。電話の相手でした。
この件は国家機密。博士はお引き取りくださいとなります。
人類を破壊する行為ではなく救う行為だと言ってます。。
農園には近づくな、リー・メイソンから手を引けと言われてるテンプル博士。
言うだけ言っていなくなるウィリアム。
何故かGSの女性がクルマでうろちょろしています。

GSにて。
テンプル博士がクラシックカーでやってきます。
女性ではなくてオッサンがいます。始めから女性はいないと称してます。
他にもオッサン2人がいて叩き出されてるテンプル博士。

またゲートに来てるテンプル博士。
マジてステン・マシンガンで威嚇射撃してるガードマン。引き返すテンプル博士。

森を徒歩で移動して接近してるテンプル博士。
音楽ですがどうやら当時流行っていたスパイ物と同じようです。何だかおかしい。
池付近がミニチュアになってます。そうなると池から発射台がせり上がってロケットを発射しています。これはビックリ。
発射台は沈みます。

TVにて。
まだ原因不明ですと言ってます。

ロバート農園にて。
また来ているテンプル博士。今度はクラシックカーを近くの森に停めてます。
ジャッキを持ち出しています。
そのジャッキを金網に投げつける。ショートします。撃ちまくるガードマン達。
そのままクラシックカーでズラかるテンプル博士。

テンプル博士は近くの森に隠れています。
今度はスコープ付ボルトアクションの狙撃銃を構えています。そんな装備を持っていたか?
変電機の碍子を撃って爆発させる。停電して大混乱になってます。

テンプル博士は金網に狙撃銃を投げつける。電気が切れてるのを確認して金網を乗り越えています。
それはいいけど狙撃銃を置いてってる。いいのか?。

緊急状況になってる農園内。
建物内に入ってるテンプル博士。巨大なシリンダーがあります。エレベーターらしい。
エレベーターのドアが開いてガードマン達が出てきます。テンプル博士は隠れてやり過ごす。
そこにアランがテンプル博士に光線銃を向ける。成り行きで格闘アクションになります。そんなこんなでアランをKOして進むテンプル博士。
エレベーターに乗り込みます。

何やら機械があるところに出たテンプル博士。
追っ手のガードマンがゾロゾロいます。どうやらガードマンにはスティルウェルもいるようです。

丸いドアを入るとそこは死体があります。札がつけてあります。GSの女性もいます。
見つかってしまうテンプル博士。光線銃で撃たれます。

気を失ったテンプル博士は独房に入ってます。
丸いドアの窓からアーデンが説明する。全ては終わったら君は帰っていい。終わるまでここでよい子にしていてくれと言ってる。
仕事とは何だ?と聞いてるテンプル博士。
隕石が病原体を持ってきた。免疫がどうのこうのと言ってるアーデン。
人々を救うのが我々の仕事だと主張しています。

そんなわけで監禁されてるテンプル博士。
服に何か隠していたテンプル博士、ベッドに隠しています。結局何だかわからん。

リー・メイソンとアーデン。
テンプル博士はそのうち脱出すると指摘するリー・メイソン。アーデンに銃を最高出力にして心臓を撃てと指示しています。

独房にて。
アーデンがドアの窓から中を覗くとテンプル博士がいない。
中に入るとドアの死角に隠れたいたテンプル博士がアーデンをノックアウトして脱出ししています。ここは007なノリになっています。

脱出したけどアッサリ見つかるテンプル博士。逃げます。
出たとこ勝負でリー・メイソンとコンタクトしてるテンプル博士。
テンプル博士は光線銃を向けられるがタックルして光線銃を奪います。思い切り殴打してリー・メイソンを気絶させてる。やることが結構凄い。

物陰に隠れて入ってきた男を観察してるテンプル博士。男の首の後ろが青く光っています。
男を光線銃で撃つテンプル博士。それでどうする?
リー・メイソンを抱っこして脱出するテンプル博士。また見つかるが逃げています。
エレベーターに乗り込みます。

で、エレベーターの後ろに隠れて入れ違いで外に出てるテンプル博士。
ランドローバーにリー・メイソンを乗せてゲートを強行突破しています。

ランドローバーを停めて自分のクラシックカーに乗り換えてるテンプル博士。
農園に戻せと要求するリー・メイソンを何とかしてやると言ってるテンプル博士。
リー・メイソンは助手席でトノカバーを被せ隠しています。

知り合いのファージの研究所にて。
ここに入るテンプル博士。ファージは初登場なのか?、インド系の科学者。
銀の小型トロフィーがたくさん並んでるのが目に付く。そうなるとテンプル博士は銀が必要だとなってやめてくれとお願いするファージを無視してトロフィーを溶かしてしまいます。科学者はやることが凄い。

このトロフィーは何のトロフィー?、馬の写真があるからクリケットではなくポロ?
あわれトロフィーは映ったかと思ったらすぐに電気炉で溶かされています。

銀は紫外線放射線を遮断する・・・
そんなわけでで出来たのが銀製のヘルメットのようなアイテム。
このヘルメットを被ると取り憑かれないようです。テンプル博士は交通事故で銀のプレートが頭に入ってるので元々取り憑かれない仕様になってたらしい。

クラシックにて。
まだ助手席トノカバーで見えないリー・メイソン。
そこにテンプル博士とヘルメットのファージが来ます。ヘルメットのテストに来たようです。リー・メイソンからファージに乗り換えようとするが取り憑かれないようです。
リー・メイソンをクラシックカーから連れ出しています。

リー・メイソンを縛って研究所内に閉じこめています。
テンプル博士とファージは色々と研究活動をしています。
リー・メイソンを作ったばかりのゴーグルで覗く。光線銃を向けてリー・メイソンを離せと要求してるテンプル博士。
光線銃を撃ちます。そうなると取り憑いた物が除去されたらしい。
気がついたリー・メイソン。元に戻ったようです。それでどうする?。

食事しながら話し込んでいます。
宇宙光線が濃縮された光線銃と説明してるファージ。何だかわからん。それでも例の生き物には害を及ぼすと言ってる。
彼らは何者?となるが不明です。
それで、3人は農園に乗り込むようです。打ち合わせをやってます。
肝心の策は要するに勢いよく乗り込んであとは成り行きらしい。大丈夫なのか?

農園のゲートにて。
ランドローバーを運転して乗り込むリー・メイソン。後ろの荷台には2人が隠れてる。
怪しまれて一応止められていますが通過しています。

次のゲートにはアランがいます。
ランドローバーを調べるアランをノックアウトしてるテンプル博士とファージ。
そのまま3人で乗り込んでいます。

3人はエレベーターで降りてロケット発射室に入ります。
ロケット乗り込み発射を止めようとしますが3人を乗せたままロケットはアッサリと発射される。

ロケットにて。
そんなわけで光線銃を突きつけられて捕まる3人。アーデンから色々と言われてる。
任務を遂行したと言ってるアーデン。我々の主人に面会させよう。
ロケットは月に接近しています。

月にて。
白塗りの偉そうなオッサンがいます。これがマイケル・ガフ演じる月の王らしい。
隙を見て光線銃を奪い月の王に突きつけるテンプル博士。

月の王の話しです。
我々はザンは呼ばれる星からやって来た。
昔は体を持っていた。そして精神だけの知的生命体になった。
で、体がないと衰退することに気がついた。
作業とは宇宙船の修理、発射台の建築・・・
そんなこんなで自分の故郷で静かに死にたいと帰還するためのロケットが必要だと主張しています。

それに納得するテンプル博士。そのように話し合えば協力したと言ってます。
で、手下にいきなり光線銃で撃たれるテンプル博士。ファージは脱出する。
そんなこんなで取り憑いて働かされていた連中を率いて反撃してるファージ。
何故か手榴弾を持っていたファージ。ドアを爆破して乗り込んでいます。

月の王を撃とうするファージ。
テンプル博士はまだ最初から助けを求めてくれれば協力したと言ってます。
解放すれば協力すると交渉するテンプル博士。
月の王から青い光が離れていきます。解放したようです。
アーノルド・グレイと名乗ってる元月の王。誰なの?
それでエンドになってます。

後タイトル
Embassy Pictures (1967) (USA) (theatrical)

そんなわけで多少つじつまが合わないけどB級SFのよい作品でした。


« Hollywood Express #541◆2013.10.19(土) | トップページ | 『天空が燃えつきる日』 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75473/58458703

この記事へのトラックバック一覧です: 『宇宙からの侵入者』:

« Hollywood Express #541◆2013.10.19(土) | トップページ | 『天空が燃えつきる日』 »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。