映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« 『大時計の美女 江戸川乱歩の幽霊塔』 | トップページ | Hollywood Express #532◆2013.08.17(土) »

2013.08.18

『赤いさそりの美女 江戸川乱歩の「妖虫」』

この作品は井上梅次監督、天知茂主演のTV土曜ワイド劇場の江戸川乱歩シリーズ第9弾のようです。
なおこの文はネタバレ全開となっています。

1979年 松竹/テレビ朝日 日本作品
ランニング・タイム◆95分
プロット◆謎の連続殺人で悪戦苦闘する話しのようです。
音楽◆鏑木創
キングレコード発売のDVDにて。画質は普通によいです。スクイーズ収録のフル表示。画面サイズはスタンダード。左右に黒味あり。

キャスト
天知茂→明智小五郎
五十嵐めぐみ→文代
柏原貴→小林少年
荒井注→波越警部
宇津宮雅代→英会話教師の殿村京子
入川保則→妖虫博士の助手 狩野五郎
永島瑛子→櫻井品子
野平ゆき→映画志望の相川珠子
速水亮→櫻井品子の婚約者 相川守
増田順司→兄の相川操一
永井秀和→映画スターの吉野圭一郎
三崎奈美→映画スターの春川月子
本郷直樹→風変わりな絵描き笠間明
堀之紀→相川珠子の婚約者 今村友雄
北町嘉郎→田村刑事
高木次郎→映画監督
松本朝夫
湊俊一
伊藤高
志賀真津子
羽生昭彦
仲良太郎
今井健太郎
沖秀一
光順子
本多洋子
伊木久美子
伊藤晶子
菊地大
井上三千男
加藤真琴
綱島寛
堀美恵子
小甲登志枝
山岸あけみ
堀川まい
藤和彦
市東昭秀
篠原靖夫
鈴木謙二
高島正則
高杉和宏
斎藤朋彦
清水克博

井上梅次監督の演出はよいと思います。
全体的にいつもの感じにまとまってます。

キングレコードのタイトル
いきなり美人コンテストになっています。
映画のオーディションにもなってるようです。
これに明智小五郎探偵のナレーションが入ります。

5人の美女。
相川珠子が準女王となります。
女王が春川月子さんだって。
他に、
桜井晶子、神田早苗、末松操といました。あまり関係はなかった。
そんなとこに突然頭上のライトが落下してきます。これは大変。
で、ナレーションで美女連続殺人事件になると言ってます。

タイトル。
いつもより前振りが長いような気がする。

相川家にて。
宇津宮雅代→英会話教師の殿村京子
永島瑛子→櫻井品子
野平ゆき→相川珠子
速水亮→相川守
増田順司→相川操一
正直言って女優さんのキャストは豪華です。

英会話教室になっています。
映画の撮影を見に行こうと言ってる相川珠子。

映画ロケ現場にて。
ちょうど明智小五郎探偵のクルマも通りがかり、助手2人と見物しています。
吉野圭一郎と春川月子が撮影中。

黒眼鏡の男がいます。この男の唇の動きを読んでる殿村京子。
これに感心してる櫻井品子。
殿村京子は「殺人だ」と読んでいます。
で、吉野圭一郎が誰かを見つけて驚愕して春川月子を連れてクルマでズラかります。

喫茶店にて。
櫻井品子と婚約者の相川守がいます。今日の英会話は嫌と言ってる櫻井品子を置いて相川守は出ていきます。
入れ替わりに櫻井品子の昔の恋人の絵描き 笠間明が登場。
笠間明は虫に関する絵の自説を熱心に語っています。怪しい虫、妖虫・・・。
まだ櫻井品子に未練があるようで、この絵描きは怪しいとなります。

相川家にて。
父がいて相川珠子と相川守、殿村京子がいます。
男2人は兄弟らしい。相川操一が兄で相川守が櫻井品子の婚約者らしい。

TVニュースです。
吉野圭一郎と春川月子が行方不明。TVの青木アナウンサーっ誰?
このニュースを見てその場所 念仏堂へ見物に出かけます。

青いダイハツ・シャレードで移動して念仏堂に入ります。
相川守、相川珠子、殿村京子。
廃屋に入ります。奥の部屋に明かりが点いています。
覗くと裸の吉野圭一郎が柱に春川月子が裸でベッドに縛られています。
黒眼鏡にマスクの男がナイフでいたぶっています。血がちゃんと出るギミックを仕込んでいます。
これはビックリの3人は外に逃げます。出たところで公衆電話があり警察に通報となります。

パトカーが到着します。案内をする3人。
部屋は空っぽです。血の跡があります。小銭で230円が落ちてる。
壁には血で描かれたサソリの絵があります。
庭に出ると手足が地面から生えています。ちゃんと2人分8本です。木の上には生首がある。驚愕してる面々、で、通報者よりお巡りが驚いてどうする。
なんだマネキンみたいだなと思ったら本編でもこれはマネキンだなとなっています。
お巡りもどうなってる?と言ってる。何だか緊張感のないお巡りです。

次の日。昼間です。
警察が大勢来ています。
明智小五郎探偵も到着します。クルマは赤いトヨタ・カリーナ。
目撃者3人も来ます。殿村京子の読唇術のことも一応話してるようです。
相川珠子は絵が描けるらしく詳しいスケッチを見せています。

都心の貸衣装店のショウウィンドウにて。
老人がショウウィンドウを眺めています。釣られてアベックも見てる。そのうちマネキン2体が死体なのではとなって大騒ぎになっています。老人は消えうせる。
死体は吉野圭一郎と春川月子でした。

警察にて。捜査会議です。
犯人は誰だろうなとやっています。
明智小五郎探偵もいたりします。これは復讐だと言ってる。230円の方は見当もつかないらしい。

相川家にて。
映画関係者が来て相川珠子に映画に出てくれないかと交渉しています。
これには大歓迎の相川珠子。
表の門からの絵描きの笠間明が覗いています。
そんなとこに相川珠子に新聞文字を切り貼りした予告状が届きます。今度はお前の番だ・・・
警察沙汰は嫌なので探偵に頼みましょう言ってる相川珠子。

明智小五郎探偵事務所にて。
相川守と殿村京子が入ります。
何だか怪しい明智小五郎探偵がいます。いきなり相川守を殴打しています。
どうやら偽者の明智小五郎探偵のようです。

相川家にて。
今度は相川珠子と櫻井品子が映画ことで口論になっています。
で、帰る櫻井品子です。門のとこに笠間明がいます。

地下室にて。
気がつく相川守。あたりを見るとまた明智小五郎探偵がいます。
明智小五郎探偵は「私は本物で君と同じように殴打された」と主張しています。
マジで本物らしい。何だか結構情けない設定になっています。
ここは明智小五郎探偵事務所が入ってるビルの地下室らしい。
隠し小道具を出して通風口の金網のねじを緩める明智小五郎探偵。

隣の部屋には殿村京子が下着姿でベッドに縛られています。
そんなとこに明智小五郎探偵が入ってきます。これは偽者らしい。
変装を取っています。これは編集で上手く処理しています。正体は入川保則です。
肝心なとこで隣から入ってくる本物の明智小五郎探偵と相川守。
入川保則はズラかります。殿村京子を救出する明智小五郎探偵。

相川家にて。
映画の台本を読んでる相川珠子。入浴となります。
この当時のにっかつの女優さんは悪くない。
そんなとこに外から怪しい男が入ってきます。土曜ワイド劇場仕様の浴室なので外から直接に入れるようになってるんです。
隙間からサソリを入れています。相川珠子に迫るサソリ。
サソリに気がついて悲鳴を上げる相川珠子。大騒ぎになります。
明智小五郎探偵がやって来ます。これが黒眼鏡で怪しい。2人に事務所まで来てよく話を聞かせてくれとなってます。

で、アッサリとクルマに乗り込む相川珠子と今村友雄。
このクルマが2ドア・ハードトップのトヨタ・カローラSRです。せめてカローラ・レビンにしろよと思えます。
クルマで移動中にタバコを勧める明智小五郎探偵。吸った今村友雄は眠り込む。
相川珠子の方は薬で眠らされる。ここで抵抗したので明智小五郎探偵の変装がとれて入川保則になっています。

廃業した見せ物小屋にて。
ここに連れ込まれる相川珠子と今村友雄。
クルマのトランクに隠れていた明智小五郎探偵が乗り込んできます。そうしたら黒眼鏡の男みたいなのが出現してハンドガンで脅す。なんだかんだで乱闘になり明智小五郎探偵は鎌で腕を切られます。
この隙に入川保則と黒眼鏡の男みたいなのは相川珠子と今村友雄をクルマに押し込んでズラかっています。

工場にて。
煙突に死体の脚の部分が飛び出ています。残りの頭部は煙突の釜から出ています。
相川珠子と今村友雄のバラバラ死体で大騒ぎになっています。

病院にて。
入院中の明智小五郎探偵。波越警部がやって来ます。
小林助手の調べで櫻井品子の線から絵描き笠間明が浮かび上がります。
波越と入れ違いで殿村京子がお見舞いに来ています。残忍な殺し方に誰がそんなことを・・・といった話しになっています。
殿村京子がまだ結婚していない話しにもなっています。

櫻井家にて。
父親と櫻井品子。波越警部が事情聴取しています。
で、失言もあって追い出されてる波越警部といつもの部下刑事。

絵描き笠間明のアパート付近にて。
警察が張り込みをしています。出かける笠間明を尾行となります。
匹田という廃屋に近い家に入る笠間明。虫や爬虫類がやまほどいます。アーカイブ・フッテージの流用も多い。
サソリを瓶に入れたとこで匹田博士に見つかりズラかっています。

相川家にて。
ここに入る笠間明。警察に見つかりアッサリと捕まっています。

警察にて。
事情聴取される笠間明。まだ自説を主張してる笠間明。でもあまり怪しくはない。
どうやら怪しいけれど実は被害者タイプのキャラのようです。
いきなり自分からサソリに刺される笠間明。大騒ぎになっています。

今度は櫻井品子の事情聴取になっています。
警察は櫻井品子を怪しんで犯人だと決めつけています。

病院にて。
入院中の明智小五郎探偵。波越警部がやって来ます。
笠間明はまだ死んでなくて病院送りになってるらしい。
匹田博士のことを知ってる明智小五郎探偵。以前火事騒ぎがあったようです。
1人娘を火事で亡くしてる匹田博士。

匹田博士の自宅にて。
文代が大学生を騙って入り込んでいます。上手いとこ匹田博士から話を聞いています。
娘は自殺した。花婿に捨てられて・・・。
博士はお茶までいれてます。さすがに途中からバレて追い出される。

聞き込みの小林助手と合流してる文代。
ここに通ってる匹田博士の助手のことを聞きつけた小林助手。黒眼鏡にマスクをしてるらしい。

匹田博士の自宅にて。
黒眼鏡にマスクの女がやって来ます。お帰りと迎える匹田博士。
やってきたのが明智小五郎探偵の助手だと知ってる黒眼鏡にマスクの女。
匹田博士は入川保則らしい。
回想となります。結婚式から屈辱の夜。花婿に「サソリの呪いだ」と言われて逃げられています。
で、入川保則は黒眼鏡にマスクの女に相当入れ込んでるようです。

病院にて。
入院中の明智小五郎探偵。黒眼鏡の男が怪しいとなっています。

文代は匹田博士の娘について聞き込みをやっています。
小林助手は大学で匹田博士の助手についての聞き込みをやっています。

病院にて。
入院中の明智小五郎探偵。ここを覗く男がいます。

今度は共済病院にて。笠間明が入院中。
変装した入川保則が笠間明を拉致してズラかります。見張りの刑事が全然役に立っていない。

病院にて。
入院中の明智小五郎探偵。波越警部が来ています。笠間明がいなくなったと報告しています。
文代が報告するが匹田博士の娘の結婚相手はと吉野圭一郎だと推理していた明智小五郎探偵となっています。
230円は富美という名前を表してるらしい。匹田博士の娘の名前です。

変装した入川保則が食事を届けています。
入川保則はあちこちに出没しています。忙しいキャラだ。

小林助手は助手の名前は狩野五郎と調べています。行方不明とのことです。
殿村京子がお見舞い来ています。
美人コンテストと妖虫博士が結びつかないと推理する明智小五郎探偵。
食事が届いて食事となります。そんなとこにまた食事が届きます。賄いのおばさんは男はいないと証言しています。
そんなわけで先に届いた食事を調べる明智小五郎探偵。ヒ素が入っていました。

なんだかんだで病院にて、2人きりなってる明智小五郎探偵と殿村京子。
停電して明智小五郎探偵に抱きついたりしています。
そんなところにサソリを入れられています。気がついた明智小五郎探偵がスーツケースで思い切り叩きつぶす。

病院のロビーにて。
波越警部と文代のやりとりがあります。

匹田博士の自宅にて。
入川保則が戻る。で、明智小五郎探偵を殺すのはやめてといってる黒眼鏡マスクの女。
で、成り行きで何でもするならもう1回殺しをやってと頼んでる黒眼鏡マスクの女。

櫻井家にて。
櫻井品子を演じてる永島瑛子はまだ死んでない。殺され役ではないのか?。で、予告状が届きます。
予告状は絵描きの笠間明からだと取り乱してる櫻井品子。
殿村京子はまたこの家に出入りしてるようで来ています。顔見知りになってるのは偶然なのか?
そんなところに刑事を名乗る初老の男がやって来ます。見たことがない刑事です。
警察で保護しますと櫻井品子と婚約者 相川守をクルマに乗せています。
クルマは2ドア・ハードトップでウィンドウの形からニッサン・ローレルか、トヨタ・コロナ・マークIIみたい。

病院にて。
波越警部がいます。明智小五郎探偵は消えています。
予告状と刑事が来たと殿村京子が伝えています。

で、櫻井家にて。
また警察が来ています。櫻井品子と婚約者 相川守が消えて、これは大変となっています。
今ごろになって刑事は偽者だと言ってる波越警部。

クルマで移動の波越警部と助手2人。
文代の助言で匹田博士の自宅に向かいます。

匹田博士の自宅にて。
波越警部と文代と小林助手。中を伺います。
櫻井品子と婚約者 相川守が捕まっています。匹田博士が犯人らしい。
黒眼鏡マスクの女が来ます。匹田博士がこの2人は殺す必要がないと言います。
笠間明の死体が用意してあります。2人を殺して笠間明を犯人にする予定らしい。
匹田博士の話がおかしいので怪しむ黒眼鏡マスクの女。

匹田博士は縛られている入川保則を見せる。
で、匹田博士の変装を自らはがすと明智小五郎探偵でした。ここの編集は上手い。
それでどうなる。波越警部と助手2人も入ってきます。

黒眼鏡マスクの女を殿村京子だと名指しする明智小五郎探偵。
黒眼鏡とマスクを取る女。殿村京子でした。
で、告白タイムとなっています。回想も長めに入る。この初夜の回想を3回目ぐらいです。これは印象に残ります。
吉野圭一郎はサソリの呪いなんて言ってて殺されて当然といったキャラです。
で、自宅に戻って自殺を図り父親の匹田博士に止められて火事になるとこまで回想でやっています。

2時間ドラマの告白タイムはいつも長々とやってしょうがねえなと思っていましたが、この作品は結構上手い。宇津宮雅代の演技がいいので長く感じません。

サソリの容器を倒してサソリをばらまく殿村京子。
入川保則はサソリに刺されて瀕死の状態になって殿村京子に迫る。
入川保則にナイフで刺される殿村京子。入川保則も自分を刺す。で、火事となります。
避難する面々。

炎上から後タイトルとなります。明智小五郎探偵のナレーションが入る。
おなじみの軽快な音楽が入りエンドとなります。

それにしてもこの作品はキャストが多過ぎて見るのが大変でした。
そんなわけで無難にまとめてあるよい作品でした。


« 『大時計の美女 江戸川乱歩の幽霊塔』 | トップページ | Hollywood Express #532◆2013.08.17(土) »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75473/58017641

この記事へのトラックバック一覧です: 『赤いさそりの美女 江戸川乱歩の「妖虫」』:

« 『大時計の美女 江戸川乱歩の幽霊塔』 | トップページ | Hollywood Express #532◆2013.08.17(土) »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。