映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« Hollywood Express #524◆2013.06.22(土) | トップページ | 『30デイズ・ナイト』 »

2013.06.29

『トライアングル』

この作品は、クリストファー・スミス監督、メリッサ・ジョージ主演の時空SFドラマのようです。
なおこの文はネタバレ全開となっています。

2009年 ザ・ナショナル・ロッテリー/Dan Films and Pictures in Paradise production/Pacific Film and Television Commission (in association with)/Framestore and UK Film Council (presents)/Icon Entertainment International (presents) 英国=オーストラリア作品
ランニング・タイム◆99分
原題◆Triangle
プロット◆時空をループして悪戦苦闘する話しのようです。
音楽◆クリスチャン・ヘンソン

BS193 WOWOWにて。
画質は非常によいです。
スクイーズ収録のフル表示。
画面サイズはワイド。上下左右黒味なし。フルスクリーン。
音声はAAC 2.0ch

キャスト
メリッサ・ジョージ→色々と問題を抱えてるジェス
マイケル・ドーマン→船長のグレッグ
レイチェル・カーパニ→ダウニー夫人のサリー
ヘンリー・ニクソン→グレッグの知人ダウニー
エマ・ラング→急遽参加したブルネットのヘザー
リアム・ヘムズワース→プータローのビクター
ジョシュア・マクルバー→自閉症の息子トミー
ブライアン・プロベッツ→タクシードライバー


クリストファー・スミス監督の演出はよいと思います。
全体的に普通のB級SF作品になっています。
CGとデジタル合成があるので1950年代B級SFとは全く違いますが・・。


Icon
Framestore
ザ・ナショナル・ロッテリー
UK Film Council (presents)

タイトル
Icon Entertainment International (presents)
Framestore and UK Film Council (presents)
Pacific Film and Television Commission (in association with)
Dan Films and Pictures in Paradise production

プロローグ
息子を抱きしめているママが登場。怖い夢を見たとか言ってます。
『トライアングル』とタイトル

自宅にて。
メリッサ・ジョージ扮するママのジェスは自分で洗濯物を取り込んだりしています。普通の主婦のようです。
ここは237番地です。普通の家です。隣りはジャックというオッサンで芝刈りをしてる。
呼び鈴が鳴ったので隣りのジャックに誰か来たか聞いてます。誰もいない。

荷造りをしてるジェス。
トライアングル号 ヨットハーバー 8:30のメモが冷蔵庫に貼ってあります。
子供は自閉症でお出かけが苦手。嫌がってるのを連れ出しています。

クルマで出かけるジェス。
クルマは赤いアウディです。大型モデルではない。結構安そう。
→ 1987 Audi 80 B3 [Typ 89] 古い。

ヨットハーバーにて。
トライアングル号があります。乗り込んでいます。
グレッグ船長、ダウニーとサリーの夫婦、夫婦に誘われて急遽参加のヘザー。

この辺の印象ですが、そうか『マタンゴ』(1963年)のようになるのかと思った。
ヨットとなると『マタンゴ』(1963年)を連想してしまいます。

友人のヘザーを連れてきたと言ってるサリー。迷惑そうなグレッグ船長。
遅れてプータローでヨットに居候してるビクターとジェスが来ます。
ビクターはジェスは変だと言ってグレッグ船長にたしなめられています。
何だかグレッグ船長はジェスの元旦那なのか?そんな感じ。

会話シーンはこまめに切り返ししています。普通の演出です。
ヨットのマストに止まっていたカモメがちょうどいいあんばいに飛び立っています。タイミングがよ過ぎるからこれはCGのカモメだな。
それでカモメに気を取られていたらヨットはもう沖合に出ています。上手い。

沖合にて。
ジェスの息子トミーはいない。普通は来ないか。学校に預けてきたことになっています。

砂浜にカニがいる。波打ち際に倒れてるジェス。これは夢でした。

ジェスはブロンド。
呼ばれたヘザーはブルネット。
サリーは赤毛。なんとなくニコール・キッドマンに似てる。
そうなると『マタンゴ』(1963年)ではなく『デッドカーム 戦慄の航海』(1988年)になるのかと思える。

グレッグ船長がビクターにジェスに変なことを言うなと言ってる。
カモメがしつこく飛んでいます。漁船と間違えてると言ってるグレッグ船長。
ジェスの息子は自閉症と噂話のサリーとヘザー。

グレッグ船長と会話してるジェス。
ビクターはヨットに住んでると説明しるグレッグ船長。
ダウニーは幼なじみ、サリーはクルージングの度に嫁候補を紹介する。
トミーの状態は?と聞かれます。あまりよろしくないようです。

突然風が止んでいます。止まってしまうヨット。
デッドカームです。何故か知ってる。それは映画を見たことがあるからだ。
妙な雲が出ています。雷雲のようです。これは大変。
あっという間にに雷雲が接近しています。ここは『マタンゴ』(1963年)になっています。

無線を使うグレッグ船長。
沿岸警備隊と連絡しています。天気はいいはずらしい。
突然混信して女性の救助を求める通信が入ってきます。
座標を教えろとリクエストするグレッグ船長。返事はない。

マジで雷雲が接近してきます。強風で大雨に大波になっています。
船内に入って救命胴衣装着となります。外でグレッグ船長とビクターが操船する。
ビクターが外から窓ガラスを割って船内は大騒ぎ。もう浸水しているし。
グレッグ船長は帆を切れとビクターに言ってる。切ります。
ジェスが船外に出てグレッグ船長を手伝っています。舵を取ってる。
そんなとこに大波が来てヨットをひっくり返す。

転覆してそのままになってるヨット。『ポセイドン・アドベンチャー』(1972年)状態になっています。
何とか無事な面々。ですがヘザーがいないらしい。

一段落して嵐が収まりヨットは転覆したままです。
浮かんで露出してる船艇部分に乗ってる5人。

またカモメが飛んでいます。そうなると船が現れます。巨大な客船です。
救助を呼んでる5人。客船の名前はアイオロス号。

アイオロス号の全景はCGのようです。
漂ってるヨットの全景もCGで、CGを上手く使っています。

アイオロス号に乗り込む5人。外階段を登る。
呼びますが船内には誰もいない。浮輪にはアイオロス マイアミと表示してあります。
ブリッジに行って船長に会おうと言ってるグレッグ船長。

歩いて移動するがマジで誰もいない。
移動するショットは主観ショットかと思ったらそうではない手法があります。どうやら伏線だったようです。
ここに来たことがあると言ってるジェス。この通路に見覚えがあると主張しています。
どの船も似てるんだと本気にしないグレッグ船長。
どうやらこの船は1932年の船とわかります。船内にそんな絵があります。
それはおかしいだろうと思ってるはず。それでも通路の灯は点灯しています。
アイオロスの意味を解説してるダウニーとサリー。

何だか他で音がしています。そこへ行くと鍵束が落ちています。
これは私の鍵束だと言ってるジェス。そんなわけがないだろうと他の4人。
ですがマジでそうでした。
そうなるとヘザーが先に救助されて偶然にジェスの鍵束を持っていた?と推測してるサリー。

パーティ会場に来てリンゴを齧ってるビクター。ちゃんと食える状態らしい。
何故かジェスの腕時計は船内時計と合っています。
ジェスが誰かを見ます。誰だかわからん。ビクターが探しに行く。

このビクターですが『デッドカーム 戦慄の航海』(1988年)からするとビリー・ゼーンのような感じです。そうなると怪しいけど。
グレッグ船長はサム・ニールで、サリーはニコール・キッドマン。ジェスは関係ない?そんなわけはないか。

グレッグ船長とジェスが移動しています。ビクターは行ったまま。
何やら音が聞こえるのでそこへ向かうグレッグ船長とジェス。237号室に入ります。

237号室にて。
鏡に血文字が書いてあります。劇場に行け。

ビクターはまだ捜しています。

グレッグ船長とジェスは通路を移動中。
船内図を見てブリッジを目指してるはず。
君の世界、私の世界という話しになっています。わけわからん。

劇場にて。
グレッグが来ています。

ダウニーとサリーも劇場に向かっています。ダウニーはバナナを食べてる。
まだヘザーを呼んでるサリー。
通路に血が垂れています。血の後を追います。

劇場にて。
ダウニーとサリーがやって来ます。

パーティ会場にて。
ジェスが戻っています。また物音がして隠れてるジェス。
そこに血まみれるのビクターが戻ってきます。
介抱しようとするジェスの首を絞めてるビクター。ようやく脱出してるジェス。
ビクターは死に至る。

劇場にて。
ジェスが来るとグレッグ船長が撃たれてて介抱してるダウニーとサリー。
サリーはジェスが撃ったと思っています。大騒ぎになっています。
そんなとこをいきなりサリーが撃たれる。ダウニーも撃たれて絶命する。
サリーは逃げます。ジェスも逃げる。
劇場の2階席から覆面の男がライフル銃ではなく上下2連のショットガンで撃っています。随分と変わった銃のセレクトになっています。

そして誰もいなくなるのが随分と早いなと思える。もうジェスしか残っていない。
ジェスは走って逃げる。

厨房にて。
包丁を持って隠れてるジェス。ショットガン持って覆面してる男を上手いことやりすごします。
この覆面は結構普通な感じ。超常現象なキャラではない。

救命ボートがあるデッキ方面に行くジェス。
最初の全景で救命ボートは1隻もなかったような気がする。
やっばり救命ボートは1隻もありません。

今度はいきなり後ろから覆面に殴られるジェス。
ショットガンを突きつけれるが銃身を掴んで左右に2発を外させて逃げます。
ここで使ってる銃がライフル銃ではなく上下2連のショットガンとわかった。

格闘アクションになっています。
備品の斧を持つジェスと何だかわからん部品の鉄棒を持つ覆面。
覆面に誰だと聞くジェス。彼らが戻ったら・・、家に帰るため・・、何だか覆面は男でなく女のようです。
そんなこんなで覆面を船から放り出すジェス。

1人になったジェス。
船内に入ると何故かSPレコードの音楽が流れています。
そんなとこに船外から助けを求める叫び声が聞こえてきます。
ジェスが見ると転覆したヨットに5人。どこかで見たような人達がいます。これがジェス達なんです。
何で自分がいる?と驚愕してる甲板のジェス。そういう展開なのか。
それで客船に人がいると言ってたわけです。

ここでジェスの動きがコマが飛んでいるような描写になっています。意図不明。
船外の階段を登ってる新しい5人。残ったジェスは隠れる。

最初のジェスは隠れる。そうなると2人めのジェスが人影を見る。
同じ会話をしてる新しい5人。
最初のジェスは頭を抱えて屈んだとこで鍵束を落とす。逃げます。

237号室に入る最初のジェス。
鏡にはやっぱり劇場へ行けと書いてあります。
動いてると時々コマが飛ぶ最初のジェス。

パーティ会場をのぞいてる最初のジェス。それで誰かいたと言われるわけです。

甲板に出る最初のジェス。
海面に死体が浮いていてカモメが突いてます。どうやらダウニーらしい。
手すりに血の跡がついています。
そんなとこにビクターが来ます。これは2人目か。
最初のジェスが2人目のビクターを説得しようとする。全く信じない2人目のビクター。
私のコピーがいると主張するジェス。
海面の死体を見せていますが何か誰だかよくわからなくなっています。
ビクターはあんたのためにこの話しは内緒にすると言ってる。普通の反応です。
成り行きでビクターを押したら壁に設置してある吊り金具がビクターの後頭部に刺さる。どうしてもそうなるようです。
この場を逃げるジェス。泥沼な状況になっています。
重傷のビクターはヨロヨロと歩いて移動してる。

船内にて。
頭を抱えてどうしましょうとなってる最初のジェス。
誰なの?と聞こえてきます。床にはメモ書きが大量に散らばっています。どれも同じメモ書きらしい。
『彼らが乗ってきたら殺せ』のメモ書き。
ここはちょうどよくロッカールームのようです。制服が吊るしてある。
これまたちょうどよく隣りは武器庫です。
彼らを殺せと声が聞こえてる最初のジェス。
彼らが乗る前にとめればいいとなってる最初のジェス。

床の通風口を何かぶら下がっています。ジェスのペンダントです。
下を見ると同じペンダントが大量に落ちています。驚愕するジェス。
そうしたら首にかけたペンダントが同じように落としてしまいます。どうしてもそうなるようです。

結局ショットガンを持ってる最初のジェス。ビクターとコンタクトしています。
事故なのよと言い訳してるジェス。これから全員を船から降ろすと言ってる。
2人目のジェスがパーティ会場に行ったのでビクターも行った。

パーティ会場にて。
ショットガン抱えた最初のジェスが2人目のジェスとビクターとコンタクトする。
対峙する2人のジェス。ここはカメラがパンニングして1ショットで2人のジェスを描写しています。デジタル撮影技術の見せ所になっています。
結局ショットガンを撃てなくて2人目のジェスは逃げる。
ビクターを説得してるジェス。前とは違うと言ってるがビクターにはわからん。
何だか銃声が聞こえてきます。誰が撃ってる?。グレッグが撃たれてるらしい。

劇場にて。
最初のジェスが覆面のジェスが撃つのを妨害する。
まだダウニーとサリーは無事です。船から降りるつもりらしい。
ダウニーにショットガンを渡してる最初のジェス。大丈夫なのか。
最初のジェスはどこかに行く。

パーティ会場にて。
ビクターを呼ぶ最初のジェス。血の跡があります。ビクターはいない。
船外に身を投げたらしいビクター。

船外通路にて。
ダウニーが見えない相手にショットガンを撃って説明しろと言ってます。
隠れてるのは覆面をしています。覆面をとるとジェスでした。これはビックリ。
私はジェスで説明するとなっています。助かりたければついてこいと言ってます。

237号室にて。
覆面のジェスはダウニーとサリーをここに連れてきます。
いきなりナイフで切りつける覆面のジェス。ダウニーは致命傷。サリーは負傷して逃げる。
ダウニーを殺したのは息子のためだと言ってる覆面のジェス。なんでそうなる。

逃走中のサリーは無船室に入る。
何でもいいから無線で救援してと言ってるサリー。
応答してるのはヨットのグレッグ船長です。座標を教えてくれと言ってる。
これを聞いてる最初のジェス。

このへんでなるほど、3人のジェスが悪戦苦闘する話しなのかとわかりました。
トライアングルなので3人以上にはならないでしょう。

甲板にて。
最初のジェスは無数のサリーの死体を見ます。驚愕している。
サリーの死体をカモメが齧っています。
最新の瀕死のサリーがいます。助けると言ってる最新のジェス。サリーのお腹に自分のセーターを血止めに巻く。しかしどのサリーの死体にも同じセーターが巻かれてる。
あんたはキチガイよと言ってるサリー。
格闘アクションしてるジェス2人を目撃してる最初のジェス。
今度のヨットに乗って逃げると言ってる最初のジェス。
で、死に至るサリー。

また助けてと転覆ヨットが接近しています。どうやらいくらでも来るようです。
全員死ぬとまた転覆ヨットが来ると気がついてる最初のジェス。
また階段を登ってる最新の5人。
ジェスだって増えてると思うがそこはどうなってる。

機関室にて。当時の船は石炭の蒸気機関なのか?違うの?
窓から置き去りの転覆したヨットを見ています。これも人影が見えた行動なのか?そうなの?
最初のジェスは船をとめようするが出来ない。家に帰りたいと嘆く最初のジェス。

ビクターとコンタクトしてるジェス。
またこの話しは内緒にすると同じことを言ってます。
これを聞いてる最初のジェス。

負傷したばかりのビクターとコンタクトする最初のジェス。
私が救うと言ってます。それでどうする。

237号室にて。
死んでいるダウニー。鏡には血文字でジェスと書かれています。
これを劇場に行けと書き足す最初のジェス。ここだけはつじつまが合ってます。
ダウニーの死体を船外に捨てる最初のジェス。

パーティ会場にて。
ここに来てる最初のジェス。ダウニーとサリーに劇場に行けと言ってる。

ロッカールームにて。
やっぱりショットガン持って撃つ気の最初のジェス。制服に着替えて覆面も被る。

劇場にて。
2階席のグレッグ船長を撃とうとするジェスですがサンダルを見てジェスと気がつくグレッグ船長。説得しようとする。
本当の私は転覆ヨットにいる。あなたを殺せばヨットに戻れると主張してる最初のジェス。結局撃ってる最初のジェス。それからダウニーとサリーを撃ちまくる。別のジェスは逃げています。

厨房にて。
隠れてるジェスを追うジェス。何だかジェスが増えています。

それで甲板でショットガンを捕まれて2発を外される。
彼らを殺せば元に戻れるとなっています。それで息子が救える。
で、海に落ちた覆面のジェスはどうする?

シーンが飛んで海岸のカニのショットになります。
そうなると波打ち際に倒れてるジェス。変装した制服が離れたとこに浮いてる。
気がついたジェスは海岸から離れて道路に出てヒッチハイクをする。

自宅にて。237号番地。
ここに辿り着くジェス。隣りのオッサンは芝刈りをしてる。
自宅では散水器で庭に水を撒いています。となるとジェスが在宅してるわけです。
窓から覗くと息子のトミーに当たり散らす悪いママの自分がいます。
洗濯物を取り込んで出かけるらしい。
放ったらかしにしたヨットのおもちゃのことでトミーを責めてる悪いママのジェス。
絵の具をこぼしたトミーを折檻してます。
そんなことをやっていたのか?となっています。

呼び鈴を押して庭の物置に隠れてる戻ったジェス。
物置からハンマーを持ち出してる。
裏口から入って化粧中の悪いママのジェスをハンマーで殴り殺しています。
ここをしっかりと息子のトミーに見られています。
で、息子を抱きしめてるプロローグのシーンに戻っています。これは現実でないと言ってる。
死体をバッグにつめてクルマのトラックに入れる。ペンダントをとって自分に付けてるる戻ったジェス。

赤いアウディで出かける戻ったジェス。その行動は前と全く同じです。
やっぱりヨットハーバーに向かっている。
カモメがフロントウィンドウに激突する。近くではパレードの練習をやっています。
カモメの死体を片づけるが捨てようとしたとこにはカモメの死体が大量にあります。

またクルマを走らせます。
動揺した息子のトミーをなだめようとよそ見したらトラックと衝突します。そうなるのか。
黒味が入ります。これでエンドなのかと思ったら・・

カメラが動いて事故現場を描写しています。息子のトミーは死に至る。トランクの死体が放り出されて運転したことになってるようです。
立ち尽くしてこれを見ている戻ったジェス。無傷です。
男が話しかけてきます。タクシーの運転手だと言ってる。
そのままタクシーに乗ってヨットハーバーに向かうジェス。
→タクシーは 1998 Ford Crown Victoria このクルマは安いクルマやタクシーで映画によく出てきます。

ヨットハーバーにて。
ここで待つよと言ってるタクシーの運転手。どういうキャラなんだ?
そのままヨットに向かうジェス。
ビクターから声をかけられるジェス。初対面なのにグレッグ船長から話を聞いただけでジェスとわかったらしい。
このような状態なのでビクターに普通ではないと言われたわけです。

ヨットに乗るジェス。
このジェスには記憶があります。それだけが違う。
自己紹介して出航となります。
ヨットのマストに止まってるCGのカモメが飛び立つ。
エンドとなります。


そんなわけで何だかよくわからないけどよい作品でした。
メリッサ・ジョージの熱演でもっていました。


« Hollywood Express #524◆2013.06.22(土) | トップページ | 『30デイズ・ナイト』 »

映画」カテゴリの記事

コメント

トライアングルって名前は3回で一つのループ(3回目で船から脱出)と関係ありそう
あと主人公以外の5人の大人は事故現場にいましたね

わんさん、コメントありがとうございます。

事故現場に関係者がいたんですか?全然気が付かなかった。
あまり気にしてるとキリがないのでそのへんは適当に見ていました。
そんな感じでトライアングルなんだから3回目で終わりにしてくれと思ってました。

繰り返しの話しはありがちですが上手く作ればいい映画になるので結構好きだったりします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75473/57690037

この記事へのトラックバック一覧です: 『トライアングル』:

« Hollywood Express #524◆2013.06.22(土) | トップページ | 『30デイズ・ナイト』 »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。