映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« 『トロール・ハンター』 | トップページ | Hollywood Express #513◆2013.04.06(土) »

2013.04.07

『宇宙人ポール』

この作品は、グレッグ・モットーラ監督、サイモン・ペグ、ニック・フロスト主演、セス・ローゲンVCのSFコメディのようです。
なおこの文はネタバレ全開となっています。

2011年 Big Talk Productions/Working Title Films/Relativity Media/ユニバーサル・ピクチャーズ アメリカ=英国作品
ランニング・タイム◆104分
原題◆Paul
プロット◆宇宙人に遭遇して助けるために悪戦苦闘する話しのようです。
音楽◆デビッド・アーノルド

ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント発売のBlu-rayにて。
画質はよいです。
スクイーズ収録のフル表示
画面サイズはワイド。上下に黒味あり。
音声は5.1ch DTS-MA HD

キャスト
サイモン・ペグ→SFイラストレーターのグレアム
ニック・フロスト→SF作家のクライブ
セス・ローゲン→宇宙人ポールのVC
ジェイソン・ベイトマン→ゾイル捜査官
クリステン・ウィグ→目が不自由なルース
ビル・ヘイダー→下級捜査官ハガード
ジョー・ロ・トルグリオ→下級捜査官オライリー
ジョン・キャロル・リンチ→ルースの父親モーゼス
シガニー・ウィーバー→当局の上司ビッグ・ガイ
ブライス・ダナー→ポールと遭遇していたタラ
ミア・ストールラード→子役のタラ
ジェフリー・タンバー→傲慢なアダム・シャドウチャイルド
ジェーン・リンチ→店の主人パット・スティーブンス
デビッド・ハウス→Security Guard
デビッド・ケックナー→チンピラのガス
ジェシー・プレモンス→チンピラのジェイク
Nelson Ascencio→食事の配達人ホルへ


グレッグ・モットーラ監督の演出はよいと思います。
全体的に意外と普通に仕上がっていました。もっとぶっ飛んでると思ったが違っていました。まあいいけど。


ユニバーサルのタイトル
読み込み中のユニバーサルのアイコン
日本語を選べのメニュー画面
日本語で著作権のアラート
個人的見解のアラート
インターネット対応特典がどうのこーののアラート
ユニバーサル・ピクチャーズ100周年の宣伝映像
また読み込み中のユニバーサルのアイコン

Blu-ray discのタイトルから
ようやくメニュー画面にたどりつきます。

ワイオミング州ムーアクラフト 1947年
荒野の一軒家にて。どこどこ町にあるカーレッジの飼い主の家みたい。
犬が外に出るとUFOが出たようです。女の子が遭遇しています。
犬の名前はカーレッジではなくポールのようです。
この遭遇していた女の子がクリスティン・ウィグのキャラなのかと思ったら違っていました。

Universal Pictures (presents)
Relativity Media (in association with)
Working Title Films (as Working Title)
Big Talk Productions (as Big Talk) (in association with)
『Paul』とタイトル名が出ています。

シーン転換します。
カリフォルニア州 サンディエゴ 現在、コミコンにて。
ここで1番景気がいいのはゲーム業界らしい。ハリウッドはそれほどでもないらしい。
SFイラストレーターのグレアムとSF作家のクライブが来て多いに楽しんでいます。
レイア姫のコスプレが大勢います。
エリア51の出し物もあります。
有名人のシャドウチャイルドにサインをもらっています。これは出たがりの本物の人かと思ったがちゃんと俳優のジェフリー・タンバーが演じていたようです。

ホテルにて。
コミコンから帰ってレンタカーのRVの手配をしてるグレアム。
食事が届きます。男2人なのに新婚ですか?と聞いてる食事の配達人。
配達人に自分達がドライブするコースを説明しています。何だかわからん配達人。
で、エイリアンという言葉から私もエイリアンですと言ってる移民の配達人。言葉は同じで意味もだいたい同じだ。
RVで出発してるグレアムとクライブ。

カリフォルニア州 バスケスロックにて。
ここがTVシリーズ『スタートレック』でカーク船長と怪人トカゲ男がドツキあっていた有名なロケ地のようです。

ネバダ州 エリア51にて。
エイリアン・イン、食事や土産物の店です。
店の主人のおばさんとおしゃべりしてるグレアムとクライブ。
クライブがトイレに行ったとこで迷彩ルックの白人男2人が入ってきます。
絡まれてるグレアム。トイレから戻ってきたクライブは気がついていない。
そんなわけで慌ててここを出ています。

RVをバックさせたとこで黒いトラックにぶつけています。
あの2人のトラックらしい。あわてて逃げます。

E.T.ハイウェイにて。そんなのがあるのか。
ブラックメールボックスとは何だ?わからん。
ここで交代で記念撮影してるグレアムとクライブ。
そんなとこに黒いクルマがやって来ます。RVはすぐに発進する。

走行中のRV。何だか先ほどのクルマに尾行されてるようです。
まるで『脱出』(1972年)だと言ってます。都会のホワイトカラーが田舎のヒルビリーなホワイトトラッシュにカマを掘られる作品らしい。
しかしクルマはRVを追い抜いてクラッシュする。
一応ストップしてるRV。様子を見に行きます。

クラッシュした黒いクルマを調べるグレアムとクライブ。
携帯電話をかけるクライブ。圏外ではなくちゃんと通じるようです。
やめてくれと言われてる。誰が言ってる?
何だかもう出てきたようです。エイリアンとファーストコンタクトとなります。
エイリアンを見て気絶するクライブ。
ポールと名乗ってるエイリアン。プロローグの犬の名前がポールでした。

そんなわけで気絶したクライブをポールとグレアムがRVに運んでいます。
RVの外側に貼ってた『エイリアン乗車中』のステッカーをはがしてるグレアム。何しろマジなもので・・・

走行中のRVにて。
何故会話できる?とボールに聞いてるグレアム。
ビッグ・ガイから離れなければと言ってるポール。

現場にて。
黒いクルマのメンインブラックが来ています。
地面に液体が溜まってる。それはクライブの漏らした小便です。
無線で連絡しているゾイル捜査官。上司は女性らしい。

ガーティのサンドイッチにて。
ここで食事のメンインブラックの2人。
ビル・ヘイダー→下級捜査官ハガード
ジョー・ロ・トルグリオ→下級捜査官オライリー

走行中のRVにて。
目が覚めるクライブ。ポールにつかみかかり首を締めて大騒ぎになっています。
そんなとこに検問です。下級捜査官2人がやってます。
検問にて片方のオライリー捜査官がオタクでコミコンでシャドウチャイルドに会ったのかと感心しています。
そんなこんなで検問は突破しています。
ここでハガード捜査官がダーティハリーの真似をする小ネタが入っています。
『ダーティハリー』(1971年)

走行中のRVにて。
いきなりフロントダッシュボード上に姿を表すポール。
ビックリして蛇行運転になっています。
ポールは息を止めてる間は透明になれるようです。
これからどうすると口論になっています。

検問にて。
上役のゾイル捜査官が合流しています。
報告してるハガードとオライリー。
RVには小便を漏らして濡れてるジーンズがあったに反応してるゾイル捜査官。
どうやらRVを追うようです。

先住民のマークのGSにて。
ガソリンを入れてるRV。一応警戒はしてるようです。
ポールは窓から体を出して買物を頼んでいます。いいのか。
ちょうどお巡りがパトカーで来ています。ネバダ州の警察です。
店の中でお巡りと話しをしてるグレアムとクライブ。
英国から来ましたと言ってます。こう見ると英国人とアメリカ人は全く違うようです。

また走行中のRVにて。
もっと説明しろと文句が出てるクライブ。
そんなとこに鳥がRVのフロントウインドウに激突しています。これはビックリ。
RVを止めて鳥の死体を蘇生させるポール。ホントか?
マジで鳥を蘇生させてるポール。で、いきなり鳥を食っています。それがオチかい。
そうなるとポールは肉食なのか。

時差が表示されてるとこでタイムトラベルごっこをやっています。
ラインを行き来してるだけで別に超能力ではない。

メンインブラックが来るかもと心配してるクライブ。

先住民のマークのGSにて。
メンインブラックの3人が来ています。
無線からここはイーライのGSというらしい。
オタク2人はイングランドから来た。ニューイングランドではなくイングランドから来たと英国ネタになっています。
この無線を盗聴してるハガード捜査官。

真珠の門というところに入るRV。どうやらキャンプ場らしい。
RVのドアを開けたらここの受付をやってるルースが登場。
パスポートを預かる際に英国の人ねと会話しています。
ルースにはうるさい父親がいるわけです。当然キリスト教原理主義者です。

さっそくソーセージを焼いてるクライブ。ポールに2人はゲイだと思ってる。
ポールのゼスチャーがなかなかわからないクライブ。ゲイなのかと直接聞かれてようやくわかっています。否定してる2人。

ポールに何故地球へ来た?とようやく本筋の質問となります。
乗ってた円盤が落ちて少女に助けられて基地へと証言してるポール。

1980年 基地にて。回想になっています。
ポールは色々なアドバイスをやっていた。電話でスティーブン・スピルバーグ監督に『E.T.』(1982年)を製作する時のアドバイスをやっています。
ここのシーンで電話越しにスティーブン・スピルバーグ監督本人が出演しているようです。結構早口で喋ってる。

回想から戻ります。
3人でダンスしてるとこを覗いてるルース。
何だか人間ではないのがいることに気がついています。
いいところで父親からお祈り時間だと呼ばれてるルース。

朝です。
ベッドをはさんで川の字に寝ている3人。
ルースがやってきます。2人が出てて、もう1人は?と聞いてるルース。
トイレですと声だけで応対してるポール。

キリスト教原理主義とダーウィンの進化論をネタに口論になっています。
男2人は英国人なので当然偉大な英国人科学者ダーウィンを信じて押しています。
そんな感じで口論がなかなか終わらないので証拠を見せてやると姿を表すポール。
動かぬ証拠を見せられ気絶するルース。

ルースをどうするかまた口論になっています。
どうせ話しても信じてもらえないから放り出そうと主張してるクライブ。
それはともかく事務所に預けてあるクライブのパスポートを取りに行くポール。

透明になって事務所を家捜ししてるポール。
やっとパスポートを見つけて息継ぎして姿を表したとことを父親に見られて大騒ぎになっています。
また姿を消してズラかるポール。

取りあえずRVで脱出しています。
ルースは乗せたまま。グレアムが描いたポールのイラストを落としていく。
RVに水平2連ショットガンを撃ってる父親。

走行中のRVにて。
気がつくルース。紅茶を飲まない?と聞いてるグレアム。さすが英国人。
そんなこんなで大騒ぎになっています。
ポールを見て悪魔と言ってルース。いきなりポールはルースの頭に手を置いて自分の知識を転送しています。ひっくり返るルース。
グレアムにも転送してる。クライブは運転中なのでそのまま。

キャンプ場 真珠の門にて。
メンインブラックが来ています。あのポールのイラストを見つけるハガード捜査官。
一段落したとこで父親は無線を傍受して水平2連ショットガンを持ち出して追跡をするようです。

走行中のRVにて。
まだもめています。
クライブはポールが出現してグレアムとの関係が希薄になって嫉妬してると指摘されてる。
ポールは作家なら自分の知識が役に立つだろうと自分の知識を転送すると言ってる。

止まってるRVの外にて。
知識の効果なのかいきなり大胆になってるルース。スラングを乱用しています。

RVに戻って今度は命の恩人だとルースに言ってるポール。
それで君の目はどうしたと念力で目を治してるポール。マジで治っています。
これにはビックリのルース。
さっそく治った目をグレアムに見せてるルース。

走行中のRVにて。
メンインブラックも追跡しています。

RVを運転中のポール。クルマの運転はヘタです。
ハンドル修正がダメ。そもそもクルマは真っすぐには走らないので始終細かく無意識にハンドル修正をしていないとダメなのです。

トラックで追跡してる父親。

ワイオミング州にて。
ルースはパパに電話すると言ってます。

カントリーバー レイズにて。
ここに入るRV。
バイクが多量に止まってる。ドアのへこんだ黒いクルマもあります。あのホワイトトラッシュ2人が来てるようです。何だかもめそうです。

公衆電話で自宅に電話したら何故かゾイル捜査官の携帯電話につながっています。
ダラダラと話していて逆探知されて現在位置を知られます。
慌てて逃げるとこをホワイトトラッシュ2人に絡まれる。これは偶然です。
店中大騒ぎになっています。
ルースも父親とご対面してます。
危ないとこでホワイトトラッシュ2人に姿を見せるポール。ビックリして気絶するホワイトトラッシュ2人。これで逃げます。

逆探知されたと知らせるルース。
RVは発進する時にまた同じ黒いクルマの反対側ドアにぶつけています。
ポールは追跡の裏をかく方法があると言ってる。それは近くのRVのキャンプ場に紛れ込むことです。

ところで日本ではキャンプ場は有料なので無料の道の駅でしかも普通のワンボックスワゴンでキャンプする人達がいるらしい。
セコイし禁止されるけど自分さえよければいいという、ある種の日本人の典型的パターンになっています。

カントリーバーにて。
地元警察が取り調べ中です。そこにメンインブラックがやって来る。
ホス保安官に聞いてるゾイル捜査官。
護送車のホワイトトラッシュ2人にも聞いてます。あのイラストを見せてるハガード捜査官。どうやら間違いない。

街中にて。
ショーウィンドウ前でいい雰囲気のグレアムとルース。
突然姿を表すポール。それにクライブ。

キャンプ場でたき火を囲んでる4人。
大麻の回し飲みをやっています。すぐに効いてるルース。
何で急に帰る?と聞かれてるポール。アドバイスが尽きて今度は体を提供させられるからだそうです。
組織内部に協力者が1人いて、それで救援信号を送ったと言ってるポール。
それから普通に猥談をしています。

朝です。
どうやら表で寝ていたらしい。ポールに起こされるクライブ。
問題が発生したとポール。
どうやら大通りをはさんでRV置き場とキャンプ場が分かれていてRVまで移動するのに息が続かないと言ってるポール。

RV置き場ではゾイル捜査官が聞き込みをやっています。
片っ端から聞き込みをやってる。

大通りにて。
ポールをカウボーイのコスプレさせて移動しています。
ショーウィンドウの刀を見てるクライブ。コミコンで買えなかったので今度は買うようです。

RVにて。
ルースに聞き込みしてるゾイル捜査官。
目が治ってるルースなので別人だと思われてるようです。

オタクショップにて。
キース・ナッシュというオタクな子供相手に話してるポール。
捜査官2人が通り掛かりオタクなオライリー捜査官がここに入ります。
これは大変なポール。凝固して実物大フィギュアを装います。注目してるオライリー捜査官。十分に間を取っていきなり話しかけてるポール。ビックリしてるオライリー捜査官。大騒ぎになっています。
乗り遅れたけど何とかRVに乗ってるグレアム。脱出となります。

ルースの父親もしつこく追跡しています。
捜査官2人を置き去りにして追跡続行してるゾイル捜査官。

RVは父親のトラックに追われてる。
道端の看板の影に隠れるRV。やり過ごします。
同じようにゾイル捜査官のクルマもやり過ごします。

RVにて。
これ以上は危険なのでオレ1人で行くと言ってるポール。
ここまで来たら最後まで協力すると言ってる3人。

花火店にて。
合図用に花火が必要らしい。カネが尽きてるらしく花火を万引きしてズラかるグレアムとクライブ。

オタクが花火を万引きと無線で手配されています。
無線連絡のゾイル捜査官。急いで引き返してる。
ルースの父親も傍受してる。
置き去りの捜査官2人をも傍受して追跡しています。ゾイル捜査官を出し抜こうとしています。

ムーアクラフトへようこその看板。どこなの?
ここはプロローグの一軒家です。ここのタラ・ウィルトンを訪ねます。
ドアをノックして60年前に犬を殺したエイリアンが一緒ですと説明してる。
で、ご対面としてるポール。忘れられるはずもないタラ・ウィルトン。
タラ・ウィルトンを演じるがブライス・ダナーでした。歳相応に老けているけど娘のグウィネス・パルトローよりまだ美人です。

再会をして犬のぬいぐるみを返してるポール。
そんなとこに来客です。これがメンインブラックのゾイル捜査官。
いきなり催涙ガス弾が投げ込まれます。これは別の捜査官2人がやってます。
ゾイル捜査官の頭に手を当てて気を失わせてるポール。

大騒ぎになっています。
ルースの父親のトラックも到着する。
台所からハンドガンを撃つオライリー捜査官ですがガスレンジからガス漏れしたままで大爆発となります。
これでオライリー捜査官は退場となったらしい。
父親が無事なのを確認してるルース。それから逃げます。
脱出してるグレアム、クライブ、ルース、ポール、それにタラ・ウィルトン。
ポールは相変わらずクルマの運転はヘタです。

ハガード捜査官はしつこくクルマでRVを追跡しています。
同じく追跡してるルースの父親のトラックを撃って妨害している。

リトルクリークにて。
そんなこんなでRVと並んだのはいいがその先が橋で川に転落するハガード捜査官のクルマ。
これでハガード捜査官は退場する。

ゾイル捜査官は追跡を続行しています。
上司との無線連絡をやめてる。

RVのエンジンがブローしたようです。徒歩で移動する一行。
有名な山に来ています。山というより侵食された岩のようです。
『未知との遭遇』(1977年)に出てきた山で有名らしい。未見というか大昔にTV放映で見ただけなのでよくわからん。
ここで万引きした花火を打ち上げて合図をしています。

ゾイル捜査官が到着する。カービンタイプの自動小銃を出しています。

座って結構待ってる一行。時間が経過してるようです。
黄色いライトが接近してきます。これが当局のヘリコプターでした。
ビッグガイが登場する。これがイブニングドレス姿の女性でした。シガニー・ウィーバーが演じてる。

ゾイル捜査官が撃つ。何故かビッグガイの手下と撃ちあってる。
ボールの協力者はゾイル捜査官だったとなります。
そんなこんなでグダグダなアクションになっています。
女性同士で格闘アクションもやってる。
一段落したとこでゾイル捜査官の本名はロレンゾのオイルをもじったというネタを入る。なんでそうなるんだ?。

今度はルースの父親が到着する。
水平2連ショットガンで撃たれるグレアム。致命傷となる。
死んだグレアムを蘇生するポール。復活するグレアム。
人間を蘇生させるのは大変だと前ふりがあり、これで力尽きたと思わせたポールですが少し疲れただけで回復しています。
ルースの父親は奇跡を実際に目撃して感動しています。さすがキリスト教原理主義だ。
何故か盛り上がってキスしてるグレアムとルース。

ビッグガイは突然着陸した円盤の下敷きになって退場する。
円盤にはポールの仲間が大勢いて撃たれた手下達を蘇生させています。
あちこちで記念撮影をしています。
タラ・ウィルトンは一緒に行くようです。
で、お別れのシーンとなります。円盤が飛び立ちます。巨大母船に入る円盤。
巨大母船が引き上げます。

残された一行ですが結構アッサリとしている。
エンドとなります。

後タイトルにて。
2年後、カリフォルニア州、サンディエゴ、コミコンにて。
ベストセラーを出して表彰されてるクライブとグレアム。すっかり有名人になっています。
2人を紹介してるオッサンはシャドウチャイルドらしい。


そんなわけで結構普通に出来てるSFコメディのよい作品でした。


« 『トロール・ハンター』 | トップページ | Hollywood Express #513◆2013.04.06(土) »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75473/57126333

この記事へのトラックバック一覧です: 『宇宙人ポール』:

« 『トロール・ハンター』 | トップページ | Hollywood Express #513◆2013.04.06(土) »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。