映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« 『モグラ人間の叛乱 モール・ピープル』 | トップページ | 『ドライブ・アングリー』 »

2013.04.22

Hollywood Express #515◆2013.04.20(土)

映画紹介番組のHollywood Expressの感想です。BS193 WOWOWにて。
なおこの文はネタバレ全開となっています。

◆news flash
◆ The Internship (2013) から主演のビンス・ボーンとオーエン・ウィルソンが映画館関係団体から今年最高のコンビで表彰される話題。この作品はいつもの調子のコメディのようです。
◆『スター・トレック・イントゥー・ダークネス』 Star Trek Into Darkness (2013) から、前作はアメリカ以外での興行はイマイチだったそうです。その対策をするとのことです。それは『ダークナイト ライジング』 The Dark Knight Rises (2012) を見習ってアメリカ公開に先行して海外で公開するそうです。それにしてもハリウッド映画界に対して徹底したサボタージュをやってる日本映画市場の閉鎖性はたいしたものだと思う。監督、スター等の来日記者会見レベルでは大歓迎するけどTV等のマスメディアで大きく取り上げないのが基本と思える。
◆映画に対する男性観客と女性観客の支持の違い。『アイアンマン3』 Iron Man 3 (2013) は男性の支持が高い、『華麗なるギャツビー』 The Great Gatsby (2013)は女性の支持が高い、そんな話題。何だか当たり前のような気がする。
◆『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』 Life of Pi (2012) が世界中で大ヒットして配給した20世紀フォックス海外部門が儲かってる話題。おめでとうございます。
◆ブラッド・ピットの新作 Fury (2014) をソニー・ピクチャーズが配給する話題。戦車物の戦争アクションらしい。よくわからん。『サハラ戦車隊』(1943年)みたいな感じなのかもしれない。

◆red carpet
◆『オブリビオン』 Oblivion (2013) のプレミアの風景。トム・クルーズ、モーガン・フリーマンのインタビューがあります。この2人は初共演とのことです。この作品はSFアクションのようです。地球の文明が崩壊した未来で色々とある話しらしい。

◆inside look
◆ 42 (2013) のメイキング。ハリソン・フォード、チャドウィック・ボーズマンのインタビューがあります。ハリソン・フォードですがちゃんとブランチ・リッキーになっています。これは演技力ではなくメイクのおかげでしょう。ジャッキー・ロビンソンのチャドウィック・ボーズマンはやっぱり野球の特訓をやったそうです。
◆ Scary Movie 5 (2013) のメイキング。この作品にメイキングなんていらないような気がする。サイモン・レックスのインタビューがあります。誰なのかわからん。モリー・シャノンも知らない。

◆Hollywood gossip
◆46歳のすが妊娠した話題。現旦那はオリビエ・マルティネス。それで前旦那ガブリエル・オーブリーと子供の親権を争ってるとか。美人は色々と大変なようです。

◆new releases
◆『オブリビオン』 Oblivion (2013) ジョセフ・コシンスキー監督、トム・クルーズ、オルガ・キュリレンコ、モーガン・フリーマン主演のSFアクションのようです。地球の文明が崩壊した未来で色々とある話しらしい。ハイライトシーンだけではよくわからん。
◆ Filly Brown (2012) Youssef Delara, Michael D. Olmos監督、ジーナ・ロドリゲス、ジェニー・リベラ主演の音楽物サクセス映画のようです。ジーナ・ロドリゲスってミシェル・ロドリゲスの妹なのか?ソックリです。

◆weekend boxoffice top10
◆10位が The Place Beyond the Pines (2012) デレク・シアンフランス監督、ライアン・ゴズリング、ブラッドリー・クーパー主演の犯罪ドラマのようです。女優さんはエバ・メンデスが出ています。興行収益totalが520万ドル。そんなにカネはかかっていないような感じの作品です。
◆9位が Tyler Perry's Temptation: Confessions of a Marriage Counselor (2013) タイラー・ペリー監督脚本、ジャーニー・スモレット・ベル、ランス・グロス主演の不倫メロドラマのようです。興行収益totalが4540万ドル。
◆8位が『オズ はじまりの戦い』 Oz: The Great and Powerful (2013) サム・ライミ監督、ジェームズ・フランコ、レイチェル・ワイズ、ミシェル・ウィリアムズ、ミラ・クニス主演の魔法使いオズの誕生ドラマのようです。興行収益totalが2億1930万ドル。
◆7位が『エンド・オブ・ホワイトハウス』 Olympus Has Fallen (2013) アントワン・フークワ監督、ジェラルド・バトラー、アーロン・エッカート、モーガン・フリーマン主演のアクションのようです。キャストは豪華。シークレットサービス物でホワイトハウスがテロリストに襲撃される話しのようです。アクションは派手です。興行収益totalが8180万ドル。まあまあの興行か?
◆6位が『ジュラシック・パーク 3D』 Jurassic Park (1993) - [3D re-release] スティーブン・スピルバーグ監督、サム・ニール、ローラ・ダーン主演のCG恐竜アクションのようです。旧作を3D化したお手軽企画。興行収益totalが3190万ドル。
◆5位が『死霊のはらわた』 Evil Dead (2013) フェデ・アルバレス監督、ジェーン・レヴィ、シャイロー・フェルナンデス、ジェシカ・ルーカス主演の旧作『死霊のはらわた』 Evil Dead (1988) のリメイク・ホラー。興行収益totalが4150万ドル。ランク落ちしたけど興行はいいようです。
◆4位が『G.I.ジョー バック2リベンジ』 G.I. Joe: Retaliation (2013) ジョン・チュウ監督、ブルース・ウィリス、ドウェイン・ジョンソン主演のアクション大作。女優さんはエロディ・ユン、エイドリアンヌ・パリッキ等。興行収益totalが1億250万ドル。もう1億ドルに達してます。
◆3位が The Croods (2013) カーク・デミッコ、クリス・サンダース監督、ニコラス・ケイジ、ライアン・レイノルズ、エマ・ストーンVCの3D CGアニメ。ドリームワークス・アニメーション製作 20世紀フォックス配給。原始時代物らしい。さすがに恐竜は出てこないみたい。変なクリーチャーは多く出てる。興行収益totalが1億4240万ドル。
◆2位が Scary Movie 5 (2013) マルコム・D・リー監督、サイモン・レックス、エリカ・アッシュ主演のしょうもないギャグは量で勝負のお下劣コメディのようです。この手の作品なのでしょうもなさは安定しています。ゲスト出演でチャーリー・シーンとリンジー・ローハンが出ています。興行収益totalが1410万ドル。来週は大きくランク落ちしてると思う。
◆1位が 42 (2013) ブライアン・ヘルゲランド監督、ハリソン・フォード、チャドウィック・ボーズマン主演の人種差別が絡む野球ドラマのようです。興行収益totalが2740万ドル。

◆ending
◆Jay-Z's “ Brooklyn We Go Hard ” from “ 42 ”

« 『モグラ人間の叛乱 モール・ピープル』 | トップページ | 『ドライブ・アングリー』 »

Hollywood Express」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75473/57223227

この記事へのトラックバック一覧です: Hollywood Express #515◆2013.04.20(土):

« 『モグラ人間の叛乱 モール・ピープル』 | トップページ | 『ドライブ・アングリー』 »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。