映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« 『処刑教室』(2008年) | トップページ | Hollywood Express #504◆2013.02.02(土) »

2013.02.03

『ウォッチャーズ』

この作品は、モーガン・J・フリーマン監督、ミーシャ・バートン、マット・ロング、ジェシカ・ストループ主演の監禁サスペンスのようです。
なおこの文はネタバレ全開となっています。

2009年 Animus Films/Paper Street Films アメリカ作品
ランニング・タイム◆95分
原題◆Homecoming
プロット◆偶然の事故から常軌を逸する話しのようです。
音楽◆ピーター・ネイシェル/ジャック・リヴジー

ワーナー発売のDVDにて。
画質は普通によいです。
スクイーズ収録のフル表示。
画面サイズはワイド。上下左右黒味なし。フルスクリーン。
音声はドルビーステレオ5.1ch

キャスト
ミーシャ・バートン→元チアリーダーのシェルビー
マット・ロング→アメフトQBのマイク
ジェシカ・ストループ→マイクの現彼女エリザベス
マイケル・ランデス→マイクの従兄弟で警官のビリー
ロバート・ヘイリー→銀行関係か弁護士のロイド
ハンター・シーグローヴズ→エリザベスの元彼氏エディ
アレン・ウィリアムソン→アダムズ


モーガン・J・フリーマン監督の演出はよいと思います。
何か凄い名前の監督です。モーガン・フリーマンとは無関係でしょう。
ビリー・ワイルダー監督の兄W・リー・ワイルダー監督を連想しました。
実際見ると全体的に結構まともな演出でした。意外でビックリした。

キャストで、
ミーシャ・バートンとジェシカ・ストループですが、2人を比べるとまだミーシャ・バートンの方がいい。
ミーシャ・バートンは色々とお騒がせですが映画に出続けてるのがいい。

著作権のアラート
ワーナーホームビデオのタイトル
黒枠で予告編となります。
『パッセンジャーズ』(2008年)
『ストレンジャーズ 戦慄の訪問者』(2008年)
サブメニューでメニューを選んでスキップします。このDVDでは出来た。

タイトル
Animus Films
Paper Street Films
モーガン・J・フリーマン監督という名前が不安です。

泣きながらクルマを運転してるミーシャ・バートン扮するシェルビー。
どういう設定なのかわからん。で、いきなり誰かを轢いたようです。
高校の時はチアリーダーだったシェルビー。QBのマイクとはいい仲だったようです。

キャストで、
ジェシカ・ストループは初めて見る。
マイケル・ランディスの作品はよく見る。偶然に見てもう3本目です。やっぱり警官役か?。渡辺謙に似ていてアメリカの渡辺謙だと思える。
『ウルトラ・スパイ マックス・ナイト』(2000年)
『デッドコースター』(2003年)

本編になります。
ボーリング場兼ダイナーのアレイにて。
タバコを吸ってるシェルビー。

大学にて。
アウディに乗ってジェシカ・ストループ扮するマイクの現彼女エリザベスが登場。
一緒いるマイクとラブラブなとこを見せています。
これから高校があるマイクの実家に戻るらしい。高校時代のガールフレンド シェルビーとは別れたつもりのマイク。
ペンシルバニアの田舎町マウント・ブリスがマイクの故郷です。
エリザベスの前彼氏エディから話しかけれている。これはうやむやになってる。
で、クルマで出発しています。

マウント・ブリスへようこその看板があります。
ボーリング場兼ダイナーにて。
シェルビーはロイドというオッサンに話しかけれている。借金の督促らしい。
やっぱりはマイケル・ランディスは警官ビリー役でした。勝手にコーヒーを入れています。

ビリーと話してるシェルビー。
マイクと4ヶ月ぶりに再会するのがお楽しみなシェルビー。
シェルビーはまだ別れていないつもり。

フットボールの試合にて。
高校のフットボールは金曜の夜に開催されます。
地方の町の高校のフットボールチームというのは色々と大変らしい。
マイクがやって来ます。ビリーと話をしてる。
そんなこんなでマイクは乗り気ではないがボーリング場に行くようです。

クルマにて。
シェルビーのことをたまに極端になると言ってるマイク。

ボーリング場兼ダイナーにて。
マイクはオフィス入ってシェルビーと再会する。
いきなりキスしてくるシェルビー。
落ち着けと言ってるマイク。君とは別れたんだオレには彼女がいるとも言ってます。

そうなってもシェルビーは意外と機嫌よくエリザベスと会っています。
エリザベスに酒をドンドン飲ませています。
マイクの両親はちょっとアレなのよと言ってるシェルビー。
特に何事もなかったようです。マイクとシェルビーは普通に別れています。

飲み過ぎたのでマイクの実家ではなくホテルに泊まりたい言ってるエリザベス。
そんなわけでビリーがパトカーでエリザベスをモーテルにマイクを実家に送ることになります。

オフィスにて。
タバコを吸いながら泣いてるシェルビー。

モーテルにて。
送られたエリザベスですが満室ですと断られる。
送ったビリーのパトカーはもう行ってしまった。
そんなわけで歩いてここから6キロの次のモーテルに移動します。
携帯電話は圏外です。

マイクの実家にて。
帰宅するマイク。オフクロさんから彼女のことを聞かれています。

道路にて。
歩いてるエリザベス。そんなところにシェルビーのクルマが通りがかる。これがちょうどプロローグの泣いてるとこでした。
止まってと手を上げてるエリザベス。対向車とすれ違ったとこでシェルビーのクルマは前がよく見えず人を撥ねてしまいます。
どうしましょうとなっているシェルビー。これは偶然に起こったことです。
溶暗となります。

マイクはシェルビーとの写真を片づけています。
エリザベスに携帯電話で連絡しようとしてる。

シェルビーの自宅にて。
エリザベスの携帯電話を持っているシェルビー。
一応手当てを受けてベッドで寝ているエリザベス。点滴もしてある。

マイクの実家にて。
朝食のマイク。ビリーも来てます。釣りに行こうと行ってるビリー。

マジで釣りに来ているビリーとマイク。移動はパトカーを使っています。

シェルビーの自宅にて。
目を覚ますエリザベス。シェルビーがいます。
エリザベスにあなたはひき逃げにあったと、もう違うことを言ってるシェルビー。
何故か薬がたくさんあります。シェルビーの母親は病気だったのであるらしい。
私が通り掛かり助けたと主張してるシェルビー。
マイクには連絡済みとまた違うことを言ってる。
点滴に鎮静剤を入れてるシェルビー。眠り込むエリザベス。
歩いて出かけるシェルビー。

釣りしてるビリーとマイク。
シェルビーとは義務感で一緒にいたと言ってるマイク。

シェルビーはボーリング場に来ました。
エリザベスのクルマを乗って移動する。

シェルビーの自宅にて。
起き上がろうとしてるエリザベス。

モーテルにて。
ビリーとマイクが来ています。エリザベスはここに泊まっていない。
外で待ってるビリーの後ろをエリザベスのクルマが通り去る。気がつかないビリー。

ボーリング場に行くビリーとマイク。
クルマがありません。ビリーはエリザベスは帰ったのでは?と言ってます。
それで48時間経たないと捜索願は出せないとか。

シェルビーの自宅にて。
歩けないエリザベス。よく2階の部屋まで上げられたなと思う。まあいいけど。
点滴スタンドを押しながら移動してるエリザベス。
シェルビーの寝室に入ります。マイクと一緒の写真が飾ってある。
これはまずいなといった感じ。

クルマで戻ったシェルビーですが。納屋にクルマを隠しています。
リモコンでクルマをドアロックする電子音を聞くエリザベス。
慌ててベッドに戻るエリザベス。シェルビーが戻ります。呼ばれてもエリザベスは寝たふりをする。
で、シェルビーがいなくなったと思ったエリザベスですがまだいました。
歩き回ったことが写真を落としててバレバレでした。

足首を治したいのねと思いきり足首を捻るシェルビー。悶絶してるエリザベス。
電動ドリルを持ち出してエリザベスの寝てる部屋のドアにロック金具を据え付けてるシェルビー。しっかりとカギをかけています。

エリザベスの携帯電話を見てるシェルビー。
マイクの携帯電話にシェルビーからかかってきます。
シェルビーはエリザベスから番号を聞いたと言ってる。
アレイに来て話しがしたいと言ってるシェルビー。ランチならと承知するマイク。

ボーリング場アレイにて。閉店してる。
マイクが来ています。シェルビーと話します。
マイクはまだエリザベスとシェルビーの関係は知らない。無関係だと思ってる。
彼女はあなたに夢中よとか言ってるシェルビー。
元彼のことで悩んでいたとかとも言ってます。
で、そそくさに帰るマイク。

シェルビーの自宅にて。
エリザベスにマイクとランチしてきたわと言ってるシェルビー。
また点滴に鎮静剤を入れてます。眠り込むエリザベス。

実は寝たふりをしていたエリザベス。点滴を外しています。
ドアをロックされていない。階段を降りていきます。
シェルビーは外でまき割りをやっています。その隙に壁にある電話を使おうするエリザベス。
いきなり斧を持ったシェルビーが戻ってます。斧で電話線を切断される。
アンタを助けようとしてるのに主張してるシェルビー。
これは拉致だと反論してるエリザベス。
斧で自分の足をキズをつけてしまったシェルビー。そうなるとどうなる?。

ベッドに戻されてるエリザベス。点滴はガムテープでしっかりと止められてる。

エリザベスのトランクを調べるシェルビー。
トランクにはESMと入っています。
中味を見ています。服を見て、香水をつける、マイクへのプレゼントの7と入ってるブレザージャケットがあります。

警察にて。
彼女らしい遺体はないとか言ってるビリー。だいたい遺体はゼロだとか。
そんなとこにマイクの携帯電話にエリザベスからかかる。メールでした。少し考えさせてとなっています。
すぐに電話をかけるマイク。留守電でした。
マイクはエリザベスの元彼エディが関係あるのではと思ってる。
ビリーはエリザベスのことは気にするなと言ってます。
それではバー ピットに行こうとなります。
ところでマイクは高校の自分の永久欠番式典に来てるらしい。

シェルビーの自宅にて。
下着姿のシェルビーはエリザベスにこれからマイクと会ってくると言ってます。

バー ピットにて。
ここは生歌付きのバーです。結構まともそうなとこです。
飲んでるマイクとビリー。マイクは地元の有名人です。
シェルビーもやって来ます。マイクに色目を使ってるシェルビー。

トイレで一発やろうとするシェルビーとマイク。
ベッドのエリザベスとカットバックになっています。
随分と唐突なので妄想なのかと思ったがマジでした。で、寸前でやめるマイク。
彼女はあなたを愛していないと言ってるシェルビー。
で、マイクはそのまま帰ってしまいます。泣いてるシェルビー。

マイクの実家にて。
ソファで寝てるマイク。

シェルビーの自宅にて。
食事を運んでくるシェルビー。母親が死んだ話しをしています。山のような借金もあったと言ってる。これはホントらしい。
それでプロローグでロイド氏から話しかけられていたわけです。
エリザベスには治ればここから出られると言ってる。
呼び鈴です。いきなりエリザベスを殴打してるシェルビー。昏倒するエリザベス。

ロイド氏がやってきます。
借金の話しになります。テーブルには未払い請求書が積み上がっていて、口座差し止め状もあります。
ロイド氏はあと1ヶ月で店も自宅も手放すとこになると言ってる。

外に出てクルマに乗るロイド氏に2階から助けてと呼ぶエリザベス。
もう少しのとこでシェルビーが窓から顔を出す。そのままクルマで去るロイド氏。
シェルビーはエリザベスを踏みつけています。
エリザベスはシェルビーを罵倒する。

7のジャケットからメモを見つけるシェルビー。
ジャケットを渡されたはずのマイクにシェルビーに殺される助けてと書かれたメモです。

マイクの実家にて。
大勢でポーカーをやってるマイク達。シェルビーが来てマイクを呼び出す。

シェルビーの自宅にて。
エリザベスは浴室に閉じこめれています。
トイレの水洗タンクのフタの裏にビニール袋が貼り付けてあります。
シェルビーの母親の記録です。有毒植物、検死はシェルビーが拒否をする。そんな書類です。
他も家捜してるエリザベス。ドライバーを見つけます。これは使える。

実家の外でマイクに7のジャケットを渡すシェルビー。
自分のプレゼントとして渡しています。
もう友達だとシェルビーに言ってるマイク。オレが好きなのはエリザベスだとハッキリと言ってます。
ババアが死んでれば私も大学に行けたと言ってるシェルビー。

ビリーから色々と言われてるマイク。マイクが悪いと言ってます。
ビリーはシェルビーのことは悪くは思っていないようです。

シェルビーの自宅にて。
シェルビーが戻って浴室を見ると家捜しされて大事な書類を見つけられてる。
そんなとこで水洗タンクのフタが反撃するエリザベス。昏倒するシェルビー。
外に逃げようとするエリザベス。自分のジャケットとシューズを持ち出す。

エリザベスはどうやら納屋のクルマに向かうらしい。
気がついたシェルビーが追います。
ドアロックしてるクルマを叩くエリザベス。アラームが鳴り響きます。
これを聞いて納屋に向かうシェルビー。
で、クルマのキーはエリザベスが着てるジャケットのポケットにあると教えるシェルビー。

地下室にて。
カネはやると言ってるエリザベス。
病気の母親にこき使われていたと言ってるシェルビー。
で、エリザベスのアキレス腱をハサミで切断するシェルビー。これは痛そう。

昔のビデオを見ているシェルビー。
マイクとシェルビー。ビデオで撮ってる母親の主観ショット。

マイクの実家にて。
7のジャケットを着て式典に出かけるマイク。

シェルビーの自宅にて。
ドレスを着てるシェルビー。呼び鈴が鳴ります。
地下室では叫ぼうしてるエリザベス。
ビリーが来ています。話しをするシェルビー。送って行こうかと言ってるビリー。
地下室でブレーカーを切るエリザベス。電気が消えます。
ビリーがそれでは地下室へ行ってブレーカーを直そうとなります。

地下室に降りてエリザベスを発見するビリー。驚愕する。
いきなり斧でビリーを襲うエリザベス。まだ死んでいないビリーのハンドガンを奪います。
ハンドガンの引きがねを引くが発砲しない。それで慌ててスライドを引いて実包を装填してビリーを撃つシェルビー。

高校にて。
ヘッドコーチと話しをしてるビリー。ヘタのジョークを言ってるヘッドコーチ。

地下室にて。
エリザベスが外を窺うとシェルビーがビリーの死体をドラム缶で燃やしてます。
そんなことが出来るかと思えるがあまり気にしない。

高校にて。
トイレでで7のジャケットにESMとイニシャルが入ってることに気がつくマイク。
このジャケットはシェルビーから受け取った。そうなると・・・
携帯電話ではビリーに電話するが通じない。

シェルビーの自宅にて。
何故か粗末な食事をしてるシェルビー。エリザベスの携帯電話が鳴っています。

高校にて。
式典は勝手にキャンセルしてシェルビーの自宅に走って向かうマイク。
走って行ける距離らしい。

シェルビーの自宅にて。
マイクが来ます。燃えてるドラム缶は気にしていない。
入ってエリザベスはどこだと聞くマイク。
地下室のエリザベスをようやく見つけるマイク。
シェルビーに一緒に病院に行くんだと説得してるマイク。
ハンドガンを向けるシェルビーですが1発撃ったとこで何となく昏倒する。

エリザベスを運び出すマイク。
復活したシェルビーが襲ってきます。アメフトのヘルメットで殴打するエリザベス。
そんなこんなでアクションになっています。
ハンドガンを使おうとしたシェルビーをまためった打ちにしてるエリザベス。
倒れたシェルビーはそのままにしてここから出ていくマイクとエリザベス。

俯瞰で死んだようなシェルビーが映し出されます。
幸せだった頃のマイクとシェルビーのビデオがカットインする。
で、実は死んでないシェルビー。これはいらなかったような感じ。
エンドとなります。


未見だと次はどうなる?と結構面白い。再見は?が付くけど。
そんなわけで普通のサイコサスペンスのよい作品でした。


« 『処刑教室』(2008年) | トップページ | Hollywood Express #504◆2013.02.02(土) »

映画」カテゴリの記事

コメント

この映画の一般的な評判はひどく悪いので観るつもりはなかったのですが、念のためこのサイトを覗いたら まずまずと評価してあったので、思い直して観てみました。
見かけは いかにもBの下的な雰囲気ですが、どうしてどうして緊迫感に満ちた面白い映画でした。
俳優は見たことのない顔ばかりですが、三流映画によくある白けるような演技ではなく、全員なかなかのものでした。 特に悪女役のミーシャ・バートンは迫力がありました。
これは俳優のみならず、監督、脚本など すべてが一生懸命やった成果でしょうね。
一般的な評判にかかわらず、ロイさんの評価を信じてハズレはなかったです。

ナカムラ ヨシカズさん、コメントありがとうございます。

この作品のミーシャ・バートンの熱演はよかったと思います。
ミーシャ・バートンも実生活では色々とアレなんですがB級とはいえ映画に出続けているのがいいと思います。

とにかく女優さんは代表作があればいいんです。
年月を経ても残る代表作が2本もあれば運がいいとのことです。

そんなわけで映画は自分で見ないと出来がわからない。
これが1番こまるというか楽しみなのです。やめられん。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75473/56690412

この記事へのトラックバック一覧です: 『ウォッチャーズ』:

« 『処刑教室』(2008年) | トップページ | Hollywood Express #504◆2013.02.02(土) »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。