映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« Hollywood Express #503◆2013.01.26(土) | トップページ | 『ウォッチャーズ』 »

2013.02.02

『処刑教室』(2008年)

この作品は、ブレット・サイモン監督、リース・ダニエル・トンプソン、ミーシャ・バートン主演の学園物フィルム・ノワールのようです。ブルース・ウィリスは特別出演です。
なおこの文はネタバレ全開となっています。

2008年 Bob Yari / Vertigo Entertainment production / Yari Film Group アメリカ作品
ランニング・タイム◆93分
原題◆Assassination of a High School President
プロット◆学園内の犯人探しから色々とある話しのようです。
音楽◆ダニエル・ルッピ
音楽監修◆ライザ・リチャードソン

キャスト
リース・ダニエル・トンプソン→新聞部のボビー・ファンク
ミーシャ・バートン→優等生タイプのフランチェスカ
ブルース・ウィリス→元傭兵?の校長
パトリック・テイラー→生徒会長のポール・ムーア
マイケル・ラパポート→バスケットボールのコーチ Z
キャスリン・モリス→保健室のプラット先生
ジョシュ・パイス→lスペイン語ニューエル神父
メロニー・ディアス→新聞部のクララ・ディアス
ゾーイ・クラビッツ→ポール・ムーアのガールフレンド バレリー
タニア・フィッシャー→ゴス系の女の子サム・ランディス
ガブリエル・ブレナン→ポール・ムーアの妹クリッシー
クィン・シェバード→眼帯の女の子
ルーク・グライムス→新生徒会長のマーロン・ピアッツァ
ジョシュ・カラス→書記のマーティー・マレン
ザック・ローリグ→風紀委員長のマット・マレン
ロビン・ロード・テイラー→ヤクの売人アレックス・シュナイダー
アーロン・ヒメルスタイン→新聞部のタッド
ジョ・マガーロ→ボビー・ファンクの友人チプリアート
ビンセント・ピアッツァ→長髪で猥談のリッキー・デラクルス
ザカリー・ブース→謹慎中のロッキー
アダム・パリー→八百長のビスマルク
マーク・ジョン・ジェフリーズ→知り合いの黒人エリオット
Tomas Deckaj→大学のストライデル
ジョー・ペリノ→ダッチ・ミドルトン

ブレット・サイモン監督の演出はよいと思います。
全体的に普通のフィルム・ノワールになっていました。これはビックリ。
英国が舞台なのかと思ったがアメリカらしい。あまりそんな感じがしない。

主役はリース・ダニエル・トンプソン、ブルース・ウィリスは特別出演です。

ミーシャ・バートンの制服姿はいい。ミニスカートだし。素晴らしい。
結果的に典型的なフィルム・ノワールのヒロインになっていました。素晴らしい。

株式会社ファインフィルムズ発売のDVDにて。
画質は普通によいです。
スクイーズ収録のフル表示。
画面サイズはワイド。上下に黒味あり。
音声はドルビーデジタル 5.1ch

著作権のアラート
予告編が数編入る。なんでそうなる。
『ジャーロ』(2009年)
『ザ・ゲーム』(2006年)はオールスターキャストです。
他にまだあった。飛ばします。
メニュー画面

ファインフィルムズインク

タイトル
Yari Film Group Releasing (2008) (USA) (all media)

Yari Film Group (YFG)
Bob Yari / Vertigo Entertainment production
タイトルは凝っています。手書きの名前に矢印があってつながっています。
もう始まっています。主人公のモノローグが入ります。

セント・ドノバンズ高校。
ボビー・ファンク、新聞部の記者。これが主人公でモノローグを喋る。
タバコの代わりにガムを噛む。取材する時はコートを着てる。フィルム・ノワールの主人公です。

新聞部にて。
部長のクララ・ディアスに生徒会長に関する記事を書くことになるボビー・ファンク。

フランチェスカが登場。
ポール・ムーア生徒会長の恋人とのこと。
このポール・ムーアは4年生。見た目通りの体育会系。

ボビー・ファンクはいじめられっ子。
スペイン語の授業で後ろのいじめっ子にいじめられる。

シャワー室でポール・ムーアを取材するボビー・ファンク。
バスケットボールの試合のハーフタイムにはチアリーディングをやっています。

生徒会の役員はポール・ムーア生徒会長の取り巻きとなっています。
副会長のマーロン
風紀委員長のマット・マレン
書記のマーティー・マレン

バスケの試合に負けたあとにポール・ムーアは負傷する。
この後に答案が盗まれる事件が起こります。

ようやくブルース・ウィリス校長が登場。
警察沙汰にはせずに内部調査で何とかするようです。

校長に呼ばれるボビー・ファンク。
同じように呼び出された連中がいます。これはヤンキー系がそろっています。
さっそく絡まれてるボビー・ファンク。
校長が出てきます。話しとなります。
遅れて女子生徒も来ています。
答案を盗んだのは誰だと話しは早い校長。
ボビー・ファンクの友人チプリアートも呼び出されていました。

男子トイレにて。
フランチェスカに声をかけられるボビー・ファンク。
盗まれた答案を探して欲しいと頼まれるボビー・ファンク。

真面目に調べているボビー・ファンク。

スペイン語の授業でまた後ろの男にいじめられてるボビー・ファンク。

ランディスとは誰?、校長に呼ばれていた女子生徒のことです。
フィギュアスケートをしてるランディスを取材するボビー・ファンク。
ランディスはスケートのことは内緒にしてくれと言ってる。何しろ見た目がゴス系なので合っていないんです。

次はロッキーを取材するボビー・ファンク。
ロッキーは黒眼鏡をかけています。

他にも律義に色々と調べているボビー・ファンク。
そんなこんなでヤンキー系の連中にはアリバイがあることがわかります。

時々ブルース・ウィリス校長が出てきます。出るたびに説教を垂れる。
主演ではなく特別出演です。こんなものでしょう。

保健室のプラット先生に取材するボビー・ファンク。
キャサリン・モリスが演じています。どこかで見たような女優さんです。TVシリーズを持っていたような気がする。→『コールドケース 迷宮事件簿』 Cold Case (2003-2010)

バスケのコーチに取材するボビー・ファンク。
これはマイケル・ラパポートが演じてるようです。
で、志望大学に必ず入るとポール・ムーアが前々からそう言ってることを聞いて、犯人はポール・ムーアだと確定してるボビー・ファンク。

クルマの免許がまだないボビー・ファンク。
路上講習を受けています。教官は女性です。誰だ?

遊園地にて。
協力者になってもらうためにポール・ムーアの妹クリッシーと会うボビー・ファンク。
高校生なのにクルマがないの?と言われてるボビー・ファンク。
ポール・ムーアの妹クリッシーはユニコーンのぬいぐるみが欲しがってる。
射的の景品を何とかぬいぐるみをゲットしてるボビー・ファンク。

新聞部にて。
記事を書くボビー・ファンク。
コンピューターのモニタが古いCRTです。高校の備品ならそうなるでしょう。

配布されてる学校新聞。大勢が読んでいます。
犯人は生徒会長だと見出しになっています。
一躍有名人になってるボビー・ファンク。大丈夫なのか。

校長に連行されてるポール・ムーア。
ロッカーを開けさせられる。中味に盗まれた答案が詰まっていました。
これで犯人確定になるポール・ムーア。これで事件は解決なのか?
当然オレはハメられたと主張してるポール・ムーアです。

新聞部にて。
クララ部長達に認められてるボビー・ファンク。
そんなとこをフランチェスカに呼ばれています。

階段にて。
お礼を言ってるフランチェスカ。ダンスパーティにも誘っています。

校長室にて。
カークパトリック校長の校内放送です。
新しい生徒会長マーロン・ピアッツァの挨拶が放送されています。

フランチェスカの自宅にて。
ダンスパーティの迎えに行くボビー・ファンク。
ここには新生徒会長のマーロン・ピアッツァとガールフレンドもいます。何で?
マーロンの義理の妹がフランチェスカらしい。

ダンスパーティにて。
何だか1人で待ってるボビー・ファンク。
それでもフランチェスカとダンスしてるボビー・ファンク。注目されています。
話しはそんなにはずまない。

知人の男2人とボビー・ファンク。猥談になっています。
長髪の猥談がデラクルス、もう1人は不明。
そんなとこに校長が出現する。元兵隊らしい校長。いつの戦争だ?

校長とボビー・ファンク。
一応この事件のことで感謝の言葉を言われてるボビー・ファンク。

このへんの印象ではそんなにつまらなくははない。
体育会系の描写がマジち描写されているのが低評価のアレなのか?

外に出たとこでいきなり殴られるボビー・ファンク。
殴ったのはポール・ムーアです。逆恨みでも普通はそうなる。
色々と言ってるポール・ムーア。答案を盗む理由がないらしい。

この件でポール・ムーアが犯人ではないと思うボビー・ファンク。
次はどうする?

新聞部にて。
クララ部長からこの件の記事を大学に送った話しが出ています。
そのうちに大学から電話がくるとのこと。
上手くいけばスカラシップ=奨学金で大学へ、それからモノホンの記者へとなります。
記事の間違いを修正しなければならないとなってるボビー・ファンク。

ロッキーを取材するボビー・ファンク。
黒眼鏡は青あざを隠すためにかけていたロッキー。
校長のクルマに落書きをしてパンチをもらったらしい。で、現在は校内謹慎でガラス部屋に入れられてる。

校内謹慎室にて。
ここに入ってるポール・ムーアを取材するボビー・ファンク。
まず当日のアリバイを話してくれと聞いてます。
去年バスケの試合で八百長を2回した話しをしてるポール・ムーア。今年の八百長は断ったらしい。
そうしたら八百長関係者がポール・ムーアをハメたのかとなります。
その八百長関係者の名前はと聞くボビー・ファンク。
なかなか言わないが時間切れでボビー・ファンクが帰る時にフレディ・ビスマルクと証言してるポール・ムーア。

職員室の電話です。
呼び出されたボビー・ファンク。記事を送った大学関係者ストライデルからです。
ノースウエスタン大学のストライデル。
送った記事の評価はいい。それで記事の資料関係をまとめて送ってくれと依頼されます。これはこまった状態のボビー・ファンク。

図書館にて。
どうやってビスマルクを調べるか考えてるボビー・ファンク。
ランディスが生徒の大半が興奮剤を使ってると言ってます。
で、ビスマルクです。卒業アルバムのバックナンバーを調べるボビー・ファンク。
眼帯の女子生徒もいます。名前がわからん。

今度は何だか怪しげなところに行ってるボビー・ファンク。
卒業アルバムを手がかりにたどり着いたらしい。
男だけのヨガ教室?、どうやらここにビスマルクのオフィスがあるようです。

ビスマルクに会ってポール・ムーアのことを聞くボビー・ファンク。
どうやら八百長関係者のビスマルクですが八百長を断ったぐらいでハメるような小細工をやってる暇はないとのこと。
ポール・ムーアには女が絡んでると言ってるビスマルク。その女はマッキンリー高校だとも言ってます。
で、叩き出されるボビー・ファンク。

マッキンリー高校にて。
自転車で移動してるボビー・ファンク。
知り合いの黒人エリオットと話しをしています。
バレリーの男の話になっています。男はポール・ムーアのことです。

バレリーから話を聞くボビー・ファンク。
色々と聞いています。借金して暴力的取り立てを受けて、ポール・ムーアがビスマルクの八百長試合をして借金を返したくれたらしい。
八百長試合はバレリーのためにやったようです。そんな仲なのか。

高校にて。
ポール・ムーアに会いに行くが校内謹慎室から脱走しています。

校長は生徒を講堂に集めて歌を披露しています。歌で盛り上げる決起集会しらしい。
ランディスにこのことを説明してもらってるボビー・ファンク。
ふと外を見ると離れた屋上でポール・ムーアがライフル銃で狙撃しようとしています。
あわてて止めに走るボビー・ファンク。

どうやらマーロン・ピアッツァを狙撃しようとしてるポール・ムーア。
ホントに狙撃して大騒ぎになっています。
実弾ではなくペイント弾でした。それでも大騒ぎなのは変わらない。
校長も撃たれます。元兵隊にしてはこれは屈辱的な状況か?
フランチェスカも撃たれます。脚に当たる。

狙撃現場に駆けつけるボビー・ファンクは股間を撃たれる。
で、ズラかるポール・ムーアですが捕まったようです。

保健室にて。
治療中のボビー・ファンク。
保健室の電話が鳴りボビー・ファンクがとると大学のストライデルからです。記事の資料が届いていないとの催促です。

フランチェスカが保健室に来ます。脚をペイント弾で撃たれたので拭き取ってる。
で、狙撃を阻止してくれたお礼を言ってます。その時はペイント弾とはわかってなかったのでお礼は当然だと言ってる。
いきなりキスをされてるボビー・ファンク。

マジで警察に捕まって連行されているポール・ムーア。
まだ答案は盗んでいないと主張しています。

ボビー・ファンクは巨大なユニコーンのぬいぐるみを自転車で運ぶ。
ポール・ムーアの妹クリッシーにコンタクトしています。
で、ポール・ムーアの送られた施設を名前をゲットする。

その施設にて。
ポール・ムーアと面会するボビー・ファンク。
モノローグで3時間面会したが得るものはなかったと言ってます。

高校にて。
校長自ら厳しいチェックの指導をしています。
ガードマンに女子生徒に手を出すなと言ってる。

色々と調べるボビー・ファンク。
生徒会室を覗いてます。すぐに見つかって脅かされます。
それでも何で撃たれたとマーロン・ピアッツァに聞いてます。

クルマでカーセックスしてるとこを通りがかるボビー・ファンク。
このシーンは特に意味はなかった。

フランチェスカの自宅のパーティにて。
誘われたのでちゃんと来ているボビー・ファンク。フランチェスカが迎えてる。
マーロン・ピアッツァを取材しようとするがパーティだからと断られる。

ピンポン玉を紙コップに入れるゲームをやってるボビー・ファンク。
酔っぱらって変なダンスをしてるボビー・ファンク。

屋外でマリファナを吸ってるランディスと男2人と話すボビー・ファンク。
また猥談を言ってる男がいます。

それでマジで部屋で2人きりになるボビー・ファンクとフランチェスカ。
ていねいに切り返ししてキスシーン等を撮ってます。
私の理解者とか言ってるフランチェスカ。
キスからセックスまで行ったようです。
朝になってあわてて服を着て帰るボビー・ファンク。

路上にて。クルマの教習中のボビー・ファンク。
マレン兄弟のワンボックスワゴンを見つけて尾行するボビー・ファンク。
路上教習中ですが何とかごまかしています。
ワンボックスワゴンはドラッグストア巡りをやっています。

赤信号に引っかかるボビー・ファンク。
ここが勝負だと信号無視して尾行するボビー・ファンク。
尾行は上手くいったが路上教習は大失敗となっています。

高校にて。
ランディスと話しをしてるボビー・ファンク。
眼帯の女子生徒も目に付きます。
そんなこんなでどうやら生徒会室に入り家捜しをしてるボビー・ファンク。
帳簿を発見したようです。

ガレージにて。
ラップの練習をしてるマレン兄弟達。
ワンボックスワゴン内で待ち伏せしてるボビー・ファンクですが、逆に捕まってガレージ内に連れ込まれて袋だたきになります。
せっかくゲットした生徒会帳簿を取り返されたらしい。
そのあとで公衆電話でフランチェスカと電話してるボビー・ファンク。

高校にて。
また試験が再開されることを聞くボビー・ファンク。

フランチェスカの自宅にて。
一緒に風呂に入ってるボビー・ファンクとフランチェスカ。
またセックスしてすっかりフランチェスカに入れ込んでるボビー・ファンクとなります。

自転車で移動中のボビー・ファンク。
フランチェスカのことでいい気分のボビー・ファンク。

高校にて。
また校内新聞にスクープが載っているようで大勢が読んでいます。
見出しはポール・ムーアを陥れてフランチェスカをゲットするボビー・ファンクとなっています。
この記事はタッドが書いたらしい。タッドって誰?、わからん。

新聞部にて。
クララ部長から奨学金はタッドに行くことを聞くボビー・ファンク。
どうやらタッドは奨学金のライバルらしい。

スペイン語の授業です。
その前にフランチェスカからピンタを食らうボビー・ファンク。
弁解するボビー・ファンクですが無駄です。

校長がやってきます。ニューエル神父がスペイン語の教師とわかります。
ちゃんとニューエル神父のスペイン語授業の方針に従ってスペイン語で話してる校長。
で、校長に呼び出されるボビー・ファンク。

廊下にて。
校長から詰問されるボビー・ファンク。
そんなこんなでガムのことからブチ切れてるボビー・ファンク。
これで校内謹慎室送りとなります。

校内謹慎室にて。
謹慎してるボビー・ファンク。先輩のロッキーからここでの心得を教わっています。

外の運動場にて。
電話が鳴ってます。とるボビー・ファンク。また大学関係者ストライデルです。
私はハメられたと主張しするボビー・ファンクですがストライデルはこのようなことはよくあると相手にしない。月曜日まで真実を突き止めろと言われます。
これがダメだと奨学金がもらえなくなるボビー・ファンク。これは大変。

タッドと書かれたメモからようやく何かに気がつくボビー・ファンク。
これがよくわからない。まあフィルム・ノワールにはよくある展開です。

フランチェスカの自宅にて。
呼び鈴を鳴らすボビー・ファンク。出てこない。勝手に入るボビー・ファンク。
フランチェスカは入浴中です。おっぱいが見えてる。

シーンが飛びます。新聞部にて。
記事を書いてるボビー・ファンク。真実はあばかれたと書いてる。
バスケの試合を見てるクララ部長に記事を渡すボビー・ファンク。

モノローグです。
アレックスとマレン兄弟が薬を売っていた。
元医者のオヤジから白紙の処方箋用紙を大量に入手。これに記入してドラッグストア巡りして興奮剤を仕入れた。
黒幕は副会長のマーロン・ピアッツァらしい。
ところが思ったように売れない。それで回答済みの答案を改ざんして成績を下げてプレッシャーを与えて興奮剤を売れるようにしていたらしい。

校長室にて。
答案改ざん中の現場に踏み込むボビー・ファンク。
副会長やマレン兄弟にアレックスの4人がいます。一味全員がそろってる。
アッサリと捕まって拘束されるボビー・ファンク。どうやら恋人フランチェスカに振られて自殺したことにされるらしい。
そんなとこにランディス等の助っ人4人が来ます。ヤク仲間なのか。
で、実は真相を語った今の会話がそのまま校内放送されていました。
これでお終いの生徒会4人。

シーンがフランチェスカの自宅浴室に戻ってます。
入浴中のフランチェスカですが一緒に入ってる男がいました。
この男が誰だかわからん。話しの流れだとタッドか?、そうではなく同居してる新生徒会長マーロン・ピアッツァが妥当なとこか。
そうなるとフランチェスカが黒幕だったのか?。
そんなわけでそのままここを去るボビー・ファンク。

シーンが戻り校長室にて。
ようやく校長がやってきます。
生徒会4人とフランチェスカが捕まるようです。
フランチェスカを残し校長室を出るボビー・ファンク。
廊下をクララ部長と歩くボビー・ファンク。
エンドとなります。


そんなわけで見てビックリの学園物フィルム・ノワールのよい作品でした。これは佳作です。


にほんブログ村に参加しています。気が向いたらクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村


« Hollywood Express #503◆2013.01.26(土) | トップページ | 『ウォッチャーズ』 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75473/56680596

この記事へのトラックバック一覧です: 『処刑教室』(2008年):

« Hollywood Express #503◆2013.01.26(土) | トップページ | 『ウォッチャーズ』 »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。