映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« 『スーパーバッド 童貞ウォーズ』 | トップページ | 2013年を迎えて・・・ »

2012.12.30

『ユーロトリップ』

この作品は、ジェフ・シェイファー監督、スコット・ミシュロウィック、ジェイコブ・ピッツ、ミシェル・トラクテンバーグ主演のお気楽青春コメディのようです。
なおこの文はネタバレ全開となっています。

2004年 Alec Berg=David Mandel=Jeff Schaffer フィルム/The Montecito Picture Company/ドリームワークスSKG アメリカ作品
ランニング・タイム◆92分
原題◆EuroTrip
プロット◆メール友達に会いに行って悪戦苦闘する話しのようです。
音楽◆ジェームズ・L・ベナブル

パラマウント発売のDVDにて。
画質は普通によいです。
スクイーズ収録のフル表示。
画面サイズはワイド。上下左右黒味なし。フルスクリーン。
音声はドルビーデジタル 5.1ch

キャスト
スコット・ミシュロウィック→主人公のスコット・トーマス
ジェイコブ・ピッツ→相棒のクーパー・ハリス
クリスティン・クルック→スコットを振ったフィオナ
ミシェル・トラクテンバーグ→双子のジェニー
トラビス・ウェスター→双子のジェイミー
ジェシカ・ボース→ドイツのメール友達ミーカ
マット・デイモン→ロックバンドのドニー
モリー・シェード→トップレスのキャンディ
ビニー・ジョーンズ→マンチェスター・ユナイテッドのフーリガン
パトリック・ラポルド→伊達男クリストフ
フレッド・アーミセン→ゲイのイタリア男
ルーシー・ローレス→アムステルダムのマダム
ヤナ・パレスク→カメラ店の店員アンナ
ジェフリ・タンバー→スコットの父親
キャシー・メイルズ→スコットの母親
ニール・イズカコフ→スコットの弟バート


ジェフ・シェイファー監督の演出はよいと思います。
全体的に結構上手くまとめています。意外でした。


ドリームワークス・ホームエンタテインメント
著作権のアラート
メニュー画面

タイトル
DreamWorks SKG (as DreamWorks Pictures) (presents)
Montecito Picture Company, The
Alec Berg/David Mandel/Jeff Schaffer フィルム
タイトルはカラフルなマンガ調で凝っています。タイトル倒れにならないことを願いすま。

ハドソン高校の卒業式にて。
主人公のスコットはガールフレンドのフィオナに振られます。
別れ話をホームビデオにしっかりと撮られています。

スコットの自宅にて。
このホームビデオを見てるスコットの相棒クーパー。
同じくビデオを見てるスコットの弟バートにバカにされてるスコット。
ドイツ人のメール友達の話しになっています。名前はマイクで男だと思い込んでるスコット。
バーティに出かけるようです。

パーティにて。
スコットとクーパーの知り合いでジェニーが登場。双子らしい。
双子の片方は男でジェイミー。ライカM7という高いカメラが宝物。
クーパーに男扱いされてるジェニー。
双子はヨーロッパ旅行の予定があります。

ロックバンドの出し物があります。
で、ガールフレンドだったフィオナはロックバンドの男ドニーに走っていた。
これにはがく然としてるスコット。

クーパーは覗きをしてプールに入ってるトップレスの女の子を口説いています。
ここが無駄に長い。そんなこんなで叩き出されるクーパー。
トップレスの女の子の名前はキャンディ。

スコットの自宅にて。
ドイツからメールです。会おうと書かれていて、男だと思い込んでるのでスコットは思いきり悪口を書いてメールを送ります。

朝にて。
酔っぱらっていたのでようやく起きてるスコット。
弟バートがメールを読んでいます。マイクはドイツ人の女だと言ってるバート。
マイクでなはくミーカだと教えてもらってるスコット。
写真もあるんですが男女2人が写っていて名前の読み方を勘違いして男の方だと思い込んでいたスコット。
正解はヤーンにミーカだったらしい。これをスコットの読み方ではジェーンとマイクになっていたらしい。弟にしっかりとバカにされています。
またメールを出そうとするがブロックされています。
スコットの父親はよく見るタイプのオッサンです。誰だろ?→ジェフリ・タンバーでした。他の作品でもよく見ています。

ドイツ ベルリンにて。
ひどい内容のメールをもらってショックのミーカは速攻でボーイフレンドと一発やっています。

スコットの自宅にて。
クーパーが来てそんなこんなでベルリンに行こうとなります。

このへんの印象ですが、思っていたより面白い。悪くはない。

空港にて。
クーパーが荷物便代わりに手荷物を運ぶと割引料金になる申し込みをしています。
ベルリン行きはないけどロンドン行きならなあるのでロンドンにしています。

離陸する旅客機。3発エンジンなのでボーイング727だと思ったら、上空だと普通の2発エンジンになっています。使い回しのアーカイブ・フッテージを使ってるようでここは結構いい加減。1950年代B級SF並みです。

旅客機内にて。
クーパーはヨーロッパはセックスが激しい。それに耐えられない人々がアメリカに移民したと主張しています。
そんなわけでヨーロッパの激しいセックスをお楽しみにしてるクーパー。

ロンドンにて。
アニメ調の紹介描写が凝っています。英国名物アイテムがゾロゾロと出る。
時計塔付近にて。ホントにロケをしています。スクリーンプロセスかグリーンバックのデジタル合成ではありません。
携帯電話がかかってくるクーパー。アメリカからです。クーパーは法律事務所に研修をやってるハズなので衛星携帯電話が支給されてるようです。
適当に受け答えをしてるクーパー。用はすんだらしい。
で、英国といえばパブ。パブに行くスコットとクーパー。

パブにて。
適当に入ったパブは何だか様子がおかしい。ここはマンチェスター・ユナイテッドのフリーガン御用足しのパブでした。
凶暴なフーリガンがうようよしています。親玉はビニー・ジョーンズです。
そんなわけで無理やり歌うスコット。終わりの方のフーリガンがヨイショする歌詞が受けて歓迎されています。
あとは宴会で盛り上がっています。何故かシーナ・イーストンの歌が入る。

ドイツ ベルリンにて。
ミーカはスコットからのメールのブロックを解除したがメールはこない。
ボーイフレンドとはすっかりいい感じになってるけど。

目を覚ますスコットとクーパー。ここはどこだ?
走行中の2階建てバスの2階でした。どうやらマンチェスター・ユナイテッドのフーリガン専用バスでパリに行くようです。
ちょうどいいと思えるがスコットは回り道だと不機嫌です。
クーパーはどうでもいいようです。何かというとロンドンとベルリンは近いとか、パリとベルリンは近いと言ってる。
パリにはジェニーとジェイミーの双子が旅行中だと思い出し合流することにします。
クーパーの携帯電話を借りて連絡するスコット。

パリにて。
海底トンネルがあるからバスで直通出来るようです。
無理やり左側通行をしてるフーリガンの2階建てバス。
バスが止まったら街中で暴れ回るフーリガン。フーリガンを思いきり誇張して描写しています。いいのか?
この隙にフーリガンから離れるスコットとクーパー。

双子と合流するスコットとクーパー。
まずはルーブル美術館を見学に行きます。これが順番を待つ列が延々と続いています。
ところで美術館前のへんなピラミッドは何なんだ?。エジプトはフランスの植民地でもないのに・・・。フランスの植民地だったアルジェリアには何もないからピラミッドになるのか?

一応並んでる4人ですが、スコットがパントマイムの芸人に勝負を挑む。
何故かスコットのパントマイムの方が受けがよかったりします。
激怒した芸人が格闘アクションを挑む。パントマイム格闘でコンピューターゲームみたいになっています。
待ってる順番の列の人達の受けは両者ともいい。

レストランにて。
ところで英語のレストランのスペルはフランス語から来てるのか?最後にTがついて発音しないから。
4人で食事になって、これからの予定を話し合う。
列車でベルリンへとなります。

駅にて。
ジェニーは伊達男クリストフとお知り合いになっています。すぐに別れる。

走行中の列車にて。
ジェニーが呼んでる新聞の1面はフリーガンが暴れた記事です。
個室に変なイタリア人の男が入ってきます。
トンネルに入って真っ暗になるたびに怪しい動きをするイタリア人。立派なゲイの変態です。
さすがに追い出されてるイタリア人。

クラン・スル・メール駅にて。
ここで乗り換えするようです。待ち時間にここを観光する4人。

ヌードビーチに行きます。そこは男しかいないヌードビーチでした。
ここが無修正でチンポがたくさん見れます。ありがたみはありません。
ジェニーもきてビキニ姿になりますがヌードな男達が押し寄せて慌てて逃げる4人。
ミシェル・トラクテンバーグ扮するジェニーが服を脱いでビキニ姿になるところは念入りに描写しています。ここはいい。

記念碑のあるビーチに行きます。ここは女性がヌードでいます。

列車にて。
プリントアウトしたミーカのメールを読んでるスコット。
時々ミーカが出てきます。と、思ったらスコットの妄想でセックスまで行ってます。
何故か画面の一画にデビッド・ハッセルホフが入る。ヨーロッパでのデビッド・ハッセルホフの人気は想像を超えてるらしい。『ピースメーカー』(1997年)でも名前が出ていた。
妄想では上手くいってるけどミーカはもう他の男と1発やってるのでは?
実は眠り込んでるスコットにイタリア男が迫っていました。

アムステルダムにて。
ここの有名アイテムは風車、チューリップ、飾り窓の女、ドラッグOK等・・

ドラッグとセックスだと張り切ってるクーパー。
単独で売春宿に入るクーパー。お堅い国からきた人ねとアメリカ人のことを言ってるここのマネージャー。
実はSM専門な店で電撃責めからアナル責めをやられてるクーパー。前もって渡されてメモに書いてある緊急の場合のプレイ停止キーワードが英語でないので読めないギャグが入ります。

スコットとジェニーはグルービーケーキを食べる。ドラッグ入りのケーキらしい。
食べて思いきりラリっています。
そうしたらここのケーキはドラッグ抜きですと言われて普通に戻る。

ジェイミーはカメラの点検にカメラ店に入る。
ライカM6ではなくM7だと会話が弾む。何だかわからん。
女の子の店員から誘われて店の裏でフェラチオをされていると途中で強盗が来て大事な書類チケット現金を丸ごと盗られます。

翌日にて。
それぞれ落ち込んでる4人。カネがなくなってヒッチハイクをします。
クーパーに携帯電話です。相変わらず適当にごまかしてます。
そうしたらベンツのトラックが止まります。ドライバーはドイツ人のオッサン。
メール友達とのやり取りでドイツ語がわかる?スコットが交渉します。
ドイツ人のオッサンは事情があってベルリンは行けないと主張する。
スコットはこのトラックはベルリンに向かうと理解する。
荷台に乗り込む4人。

アムステルダムからベルリン行かないで着いたところはブラチスラヴァ。
どこの国?、スロバキアの首都らしい。スロバキアといえばWTAテニス選手のダニエラ・ハンチュコワぐらいしか知らない。

ドイツ人のトラックは走り去ります。ここは随分とスラムなアパートがあります。
犬が人間の手をくわえています。これは『用心棒』(1961年)の引用のようです。
そんなところにアパートからオッサンが登場。英語が話せますかと聞いてる4人。
何だか役に立たないオッサンでいなくなります。

手持ちの有り金を集める4人。1ドル83セントです。
そうしたら為替レートの関係でスロバキアでは大金になって豪遊する4人。
高級レストランでウェイターに5セントコインのチップをやったらウェイターがこれで自分の店が持てる大喜びして店長を殴打して辞めています。

ディスコにて。残りの27セントでまた豪遊してる4人。
そんなことでパリで会ったクリストフと再会してるジェニー。
クリストフはここは家が経営するクラブの1つだと言ってる。ジェニーは誘われてVIPルームに行きます。

残り3人はカウンターでアブサンを飲んで緑色の妖精を見る。
妖精といってもオッサンの妖精ですが。

クリストフには男もOKでそれにもう奥さんがいることを知って戻るジェニー。
戻ったジェニーはアブサンをラッパ飲みしてる。

そんなわけで大いに酔っぱらってる4人。
盛り上がって双子同士でキスしています。ようやく気がついて驚愕してる双子。
これを見て明日はベルリンだと言ってるスコットとクーパー。

翌日にて。またヒッチハイクしてる4人。
ここはスロバキアの首都だとようやく気がついてます。
アパートのオッサンが小型トラックで登場。ベルリンまで乗せてくれます。

ドイツ、ベルリンにて。
ドイツの有名アイテムといえば、ツェッペリンの飛行船、フォルクスワーゲンビートル、ソーセージ、それにネーナの歌が流れています。

ミーカのアパートに突撃するスコット。クーパーも付いてくる。
で、ミーカは不在でパパが相手をする。少しぼけたおばあさんと息子がいる。
ミーカはローマに行ってる等と説明してるパパ。突然アメリカ行きをやめた。夏の間は戻らないとのこと。
息子はヒトラーの物まねをやっています。ヒトラーの物まねはドイツでは違法だと思うが・・

街中にて。
さてどうする?となっています。手持ちのカネも尽きた。
そうしたらジェイミーがとっておきのライカM7を売って現金を調達してくれます。
スコットがミーカに会うことが大事だと言ってくれるジェイミー。
これに感激したジェニーはジェイミーに抱きつこうとするが握手だけにしてる。
4人でローマに行こうとなります。旅客機で行くようです。

イタリア、ローマにて。
ローマの有名アイテムは、スパゲティ、コロシアム、ベスパのスクーター、ピサの斜塔、ピザ、ローマ法王。

バチカン博物館にて。
歩道にはスクーターが止まっています。私かはバイク好きなのでこれはいいなと思う。
ミーカが団体観光客で入っていきます。
4人でも団体観光客だと騙って入ります。クーパーは身体障害者を騙って障害者ギャグをやってます。ジェイミーは英語の話せる案内人を騙る。
そうしたらついでに他の団体観光客の引率もやらされているジェイミー。

スコットとクーパーは別行動でミーカを探す。
成り行きでローマ法王が死んだ合図の鐘を鳴らしたり。→街中は大騒ぎ。
ローマ法王のコスプレをして火事騒ぎになったり。
燃えた帽子を暖炉に放り込めば煙が上がり、あれは新しいローマ法王が決定した合図だとなります。→また街中は大騒ぎ。
案内人のジェイミーはすっかり慣れた感じで観光案内してるし。

何となくバルコニー出たらローマ法王のコスプレになってるスコット。
これが新しいローマ法王だとTV中継に出てしまいます。このTV中継を現ローマ法王が見てたりします。
ビル・マーレーにソックリのTVレポーターが現場からレポートしてる。
こんなことやっていいのかと思える。
それで捕まりそうなスコットをタイミングよくマンチェスター・ユナイテッドのフーリガンの助けが入る。何でそうなると面白い。

何だかんだで衆人環視の中スコットはミーカと会います。
ミーカはスコットの顔を知らないようです。
教会の懺悔ボックスでセックスしてるスコットとミーカ。こんな描写を入れていいのか?。
それでお別れの挨拶になっています。

レストランにて。食事をしてる4人。
スコットは満足してる。3人に感謝しています。
オッサンから話しかけられるジェイミー。君の観光案内はよかったと言われてる。
観光案内本を参考にしただけですと返事するジェイミー。そうしたらこのオッサンは参考にした観光案内本の著者アーサー・フロバーで書き足しを頼むと雇われることになるジェイミー。ここに残るようです。
相変わらず携帯電話がかかってくるクーパー。それで電話を適当にごまかしてるクーパーではなく同僚がクビになったとのこと。世の中は不公平に出来ているんです。
ジェニーとクーパーは何とく仲良くなってる。
そんな感じでこのヨーロッパ旅行でそれぞれ成果があったことになります。

旅客機にて。
帰国する3人。ジェニーとクーパーはトイレでセックスする。

オーバリン・カレッジにて。3ヶ月後。
寮に入るスコット。ミーカにメールを書いています。
クーパーに電話をする。クーパーは別のパントマイムと対決してるとこでした。
そんなとこにルームメイトがやってきます。ミーカでした。名前から男と間違われてスコットと同室になったようです。これがオチかい。
何故か緑色のオッサンの妖精が出てきます。何だかオッサンばかりだな。
エンドとなります。

後タイトルにて。
NGショットが入っています。


そんなわけで思っていたよりよい作品でした。悪くない。


« 『スーパーバッド 童貞ウォーズ』 | トップページ | 2013年を迎えて・・・ »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75473/56428278

この記事へのトラックバック一覧です: 『ユーロトリップ』:

« 『スーパーバッド 童貞ウォーズ』 | トップページ | 2013年を迎えて・・・ »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。