映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« Hollywood Express #497◆2012.12.08(土) | トップページ | 『マックイーンの絶対の危機』 »

2012.12.15

『人喰いアメーバの恐怖2』

この作品は、ラリー・ハグマン監督、ロバート・ウォーカー・Jr.、グウィン・ギルフォード主演の低予算SF『ブロブ』シリーズ第2作のようです。
なおこの文はネタバレ全開となっています。

1972年 Jack H. Harris Enterprises アメリカ作品
ランニング・タイム◆91分
原題◆Beware! The Blob
プロット◆ブロブがまた出現する話しのようです。
音楽◆モート・ガーソン

TCメディア/株式会社ニューライン/株式会社オルスタックピクチャーズ発売のDVDにて。
画質はまあまあ。よくはない。
スクイーズ収録のフル表示。
画面サイズはスタンダード。左右に黒味あり。
音声はドルビーデジタル2.0ch 元はモノラル。

キャスト
ロバート・ウォーカー・Jr.→主人公のボビー・ハートフォード
グウィン・ギルフォード→ボビーのガールフレンド リサ・クラーク
リチャード・スタール→ボーリング場のオーナー ファジオ
リチャード・ウェッブ→ジョーンズ保安官
J・J・ジョンソン→デイビス保安官
ロッケン・ターキンギトン→ウィリアムズ保安官 黒人
ティム・バー→やられたシムズ保安官
ゴッドフリー・ケンブリッジ→黒人のチェスター
マーレーン・クラーク→チェスター夫人のマリアン
ランディ・ストーンヒル→ギターの弾き語りのランディ
シンディ・ウィリアムズ→ランディのガールフレンド
ディック・バン・パタン→ボーイスカウトの引率者エイデルマン
ゲリット・グレアム→着ぐるみのジョー
キャロル・リンレー→ジョーのガールフレンド レスリー
タイガー・ジョー・マーシュ→The Naked Turk
シェリー・バーマン→ヘアスタイリストHair Stylist
ジョン・ハウザー→そのお客の男
バージェス・メレディス 老ホーボー
ラリー・ハグマン→若いホーボー
デル・クローズ→アイパッチのホーボー
ビル・コーンツ→ボーリング場のマネージャー
バイロン・キース→靴のサイズが合わないと言ってるクレーマー


ラリー・ハグマン監督の演出はよいと思います。
全体的に普通のB級作品になっていました。

リサを演じてたグウィン・ギルフォードはクリス・パインの母親だそうです。
この作品では真中分けロングのブルネット。

ファンタスティックシネマコレクション
著作権のアラート
画質が悪いでのアラート

タイトル
Jack H. Harris Enterprises
ロバート・ウォーカーの息子が出ています。キャストは地味に豪華です。
タイトルバックには猫が延々と出ています。
音楽は電子音楽です。古い。
監督はホントにラリー・ハグマンになってます。TVシリーズ『ダラス』(1978年-1991年)で有名なのが何でこの作品の監督なのか?
ラリー・ハグマンが監督をいびって監督が逃げたのか?と思ったが解説によるとプロデューサーの知り合いということで監督をやったそうです。

郊外の一軒家にて。
黒人のおばさんマリアンが買物から帰宅する。
旦那のチェスターは何故か室内にテントを張って寝てる。
缶ビールを飲んで御満悦のチェスター。
標本 要冷凍保存のカプセルが冷蔵庫にしまってあります。文句を言ってるマリアン。旦那のチェスターはパイプライン工事で3ヶ月ぶりに帰宅して、この永久凍土から掘り出したサンプルは研究所に持ってくまで入れてるだけとか。

アッサリとサンプルの入れたカプセルのフタが開いてます。
気がついてない2人。
さっきの猫はここで飼われてるようです。エサの猫缶を開けてるマリアン。
猫と話しをしてるマリアン。
カプセル内のブロブですがハエがたかってます。ハエがやられます。
もうカプセルから出ているブロブ。目を離してる隙に猫がやられます。
猫を探し外に出たマリアンがやられます。猫の名前はサミュエルです。

パーティ会場にて。どこだかわからん。誰かの自宅です。
レスリーが準備をしてる。リサがボビーを呼びに出かける。

野原を行進してるボーイスカウトの一行。
引率者のオッサンがエイデルマン。

郊外の一軒家にて。
TVを見ているチェスター。
TVは『マックイーンの絶対の危機』(1958年)を放映しいてます。
TVはソニー製。ロータリーチャンネル。
そんなとこに効果音がしてブロブがチェスターに迫ります。

道路にて。
リサがクルマで移動中で止まります。
クルマはシボレーのSUV→1971 Chevrolet Blazer CST [K-5]
諸君クラークさんに挨拶だと言ってるエイデルマン。リサ・クラークがフルネーム。
エイデルマンは妙に明るいオッサンです。

郊外の一軒家にて。
リサがやってきますが誰もいない。マリアン、チェスターと名前を呼んでいます。
中に入ってます。ボビーのプレゼントのジーンズをオーバーオールを見るリサ。
奥に入るとチェスターがブロブに覆われています。驚愕するリサ。
ボビーへのプレゼントはしっかり持って逃げるリサ。

クルマは走らせてるリサ。
ステーションワゴンとぶつかりそうになる。激怒してるオッサン ファジオ。
→1971 Chevrolet Kingswood

ニワトリが登場。ここはどこだ?
ボーイスカウト一行がここに寄ってトイレットペーパーをもらってます。
メガネのプレストンはカチカチと音が出るおもちゃクラッカーで遊んでいます。

リサはボーイフレンドのボビーのとこへ向かってるようです。
牧場のようです。写真を現像中のボビーに大変と訴える。
ボビーがクルマを運転して先ほどの一軒家に向かう。

この作品はカットバックが多い。

ボーイスカウトのキャンプにて。
当時流行っていたカチカチは音を鳴らすおもちゃアメリカンクラッカーを次々と没収してるエイデルマン。ここはカチカチ山ではない。
ボーイスカウトは木をこすって火をつけようとしているけどジッポーライターでズルをしています。

道路にて。
保安官に訴えるオッサン ファジオ。何とかしろと怒っています。
そんなとこにリサとボビーのクルマが通りがかる。そのまま通過しています。また怒ってるファジオ。

郊外の一軒家にて。
リサとボビーがやってきます。リサは外に残りボビーが中を調べる。
危ないわなんて言ってるリサですが中には入らない。
チェスターは影も形もありません。消えています。何の痕跡もない。
もう暗くなっています。異常はないと帰ろうとするとパトカーが来てライトで照らされる。
ジョーンズ保安官にチェスターが殺されたと訴えるリサ。信じてもらえない。

下水管にて。
ギターを持ってるメガネと長髪の男ランディと女の子。
話し込んでマリファナを吸ってるようです。
そんなとこをお巡りのシムズに見つかります。何だか絡んできそうなお巡り。
で、お巡りさん危ないと言ってる2人を信じないお巡りはブロブにやられます。

パトカーが走る。どこへいく?。
シムズが来ないとか言ってるジョーンズ保安官。
ここは例の郊外の一軒家です。警察が集合しています。
ジョーンズ保安官が中を調べに入ります。

床屋にて。
何だか偉そうな床屋です。そんなとこにメガネに長髪の若者がやってきます。
職人肌の床屋らしい。料金を400ドルと吹っかけています。それでもいいと若い男。
そんなこんなでこのシーンが延々と続きます。
洗髪するとこで流しの排水口からようやくブロブが登場して2人を片づけます。

郊外の一軒家にて。
ファジオがやって来ます。ジョーンズ保安官に仕事が早いと褒めています。
ですが中を調べてジョーンズ保安官が異常なしということでボビーとリサを帰っていいと言ってます。
収まらないファジオがまた怒っています。
リサがチェスターが何かに食われたと言ってもマリファナでトリップしてると思われてるらしい。
そんなこんなでファジオを置き去りにしてリサもボビーも警察もいなくなります。

どこかの家にて。
オッサンが犬と風呂に入っています。
ブロブがドアの下から入ってくる。犬に行かせるオッサン。やられたようです。

道路にて。
オッサンが素っ裸で走る。パトカーが発見します。

ボビーとリサはどこかの自宅に来ています。
玄関のドアを開けるとサプライズパーティでどうやらボビーの誕生パーティでした。
リサはまだ大変なことが起こってると言ってます。誰も信じない。
そんなこんなでここを出るボビーとリサ。
ブロンドの女の子がキャロル・リンレーのようです。
着ぐるみ男がゲリット・グレアムのようです。

警察にて。
素っ裸のオッサンが事情聴取です。
シムズが見つからないと報告を聞いてるジョーンズ保安官。シムズは下水溝にいたらしい。
電話が多くかかってきて行方不明者が続出しているようです。

道路にて。
ファジオがまた缶ビールを道路に置いて何やらやっています。
ボーリング場の仕込みをやってるとこなのか?
そこにボビーとリサが通りがかる。当然怒ってるファジオ。
成り行きでそのまま缶ビールを潰して通り過ぎています。
このファジオはコメディリリーフなのか?

ホームレス3人が登場。
バージェス・メレディス Old Hobo (uncredited)
ラリー・ハグマン Young Hobo
デル・クローズ Hobo Wearing Eyepatch
何で古くからの映画スターのバージェス・メレディスがこの作品に出てるのかが謎です。バージェス・メレディスはTVシリーズ『バットマン』(1966年-1968年)のペンギン役も有名ですけど。→『バットマン オリジナル・ムービー』(1966年)
養鶏場に潜り込んでるらしい。
そんなとこにブロブが迫る。卵を落ちて吸収される。ニワトリ達が騒ぎ始めます。
迷惑そうなホームレス3人。会話ではヒッピーと連発しています。
で、口論しながらビールを飲んでいます。
そのうち1人が見に行かされる。やられます。
残り2人は続いて様子を見に行ってやられます。

パーティ会場にて。
まだ出ている着ぐるみのジョー。
ところでゲリット・グレアムは出演作が多い。結構見てるし。
代表作はオカマのロックシンガーを演じた『ファントム・オブ・パラダイス』(1974年)でしょう。

クルマにて。
ボビーとリサ。まだ走ってる最中。

ボビーのアパートというか牧場に戻ります。
養鶏場もあるとこらしい。そうならないとつじつまが合わない。
クルマでまだ話し込んでるボビーとリサ。
エイデルマンさんのキャンプが見えると言ってる。
そのキャンプは何だか荒らされています。全滅したのか?

リサはボビーにプレゼントを上げています。マリアンと一緒仕上げたジーンズのオーバーオールです。
そんなとこに電子音楽の効果音がしてブロブが迫る。
リサは慌ててドアの窓を閉めています。
すぐにフロントウィンドウにもブロブが被さってきます。とうやらクルマ全体をブロブに囲まれてしまったようです。さてどうする。
クルマ内にもブロブが侵入してきます。
エンジンをかけようと悪戦苦闘してるボビー。かかりました。そうなると何故かブロブが引き上げる。何が原因なのかわからん。
このままクルマで逃げるボビーとリサ。

GSにて。
クルマで到着したジョーとガールフレンドのレスリー。
ジョーのクルマはバギー?、バギーはベースは何だろ?
→1970 Empi IMP このクルマのベースはフォルクスワーゲン ビートルのようです。なるほど。
誰もいないのて勝手にガソリンを入れてついでに窃盗もやってるジョー。
やめてよと止めてるレスリー。キャロル・リンレーがレスリーです。
そんなとこにクルマのボビーとリサがやってきます。

公衆電話で警察につないでくれとボビー。
公衆電話のボビーですがジョーンズ保安官が不在とか。

ジョーと口論になったレスリーはバギーから降りる。
レスリーはボビーとリサのクルマに乗ってる。
こういう時はアメ車のベンチシートは役に立ちます。フロントシートに3人乗れる。

そのまま発進したジョーはブロブにやられます。
口論したけどやっぱり心配したレスリーがリサのクルマから降り接近してやられます。

ボーリング場にて。
フロントと客がもめています。サイズにないシューズを要求してるクレーマーな客なんです。
ボビーとリサがクルマで到着する。
フロントがいない隙に場内放送をするボビー。危険です避難して下さいとやってる。あとジョーンズ保安官を呼び出しています。
戻ってきたフロントに見つかって追い出されるボビーとリサ。

どうやらボーリング場のオーナーがファジオのようです。
リサやボビーともめたのは偶然ですが。

ボーリングの機械室にて。
修理担当2人が愚痴を言いながら修理しています。本業はピアノ弾きなの?
そんなとこに電子音楽の効果音がしてブロブが迫る。通風口から出ています。
やられる修理担当2人。名前はフランクとマイク。最後にやられるのがマイク。

警察にて。
裸のオッサンはまだいます。供述書にはグスタフ・アリシビッチと署名してる。
ボーリング場が大変ですと若者2人がやってくる。

ボーリング場にて。
フロントのオッサンがやられます。
いよいよブロブが姿を表して大騒ぎになっています。避難するモブシーンが入る。
ボビーとリサがオーナーのファジオを説得しようとする。

警察にて。
そんなとこにジョーンズ保安官が戻って事態を収拾しようとする。

ボーリング場にて。
クルマイスの男と付添の神父がやられます。
神父はブロブに対して十字架を出しますが当然効果はありません。何だかキリスト教原理主義の怒りを買いそうなシーンです。
改装中にスケートリンクに避難してる群衆が通過しています。

警察にて。
電話がひっきりなしに鳴り続けています。
で、ボーリング場に向かうことにするジョーンズ保安官。

ボーリング場にて。
本格的に登場してるブロブ。逃げる群衆。
ボビーとリサとファジオは上の方に逃げています。
まだ氷の張っていないスケートリンクの放送席に入ったようです。
スケートリンクは冷却装置がむき出しになっています。

ようやくパトカーが到着しています。
放送席から場内放送で外に連絡してるボビー。状況を伝えています。
ここでカーラジオを流したらブロブが逃げたので音楽で逃げたのかと思ったが違っていた。

放送席内にもブロブが入ってきます。これは大変。
まずは電線を接触させるボビー。効果はない。

ジョーンズ保安官と部下がブロブと遭遇しています。
部下のケリーがやられます。
これはビックリで取りあえず撃ちますが効果はない。

ジョーンズ保安官は部下のウィリアムズに止めようがないと言ってる。
妙に落ち着いてるウィリアムズ。

放送席にて。
デスクの上に逃げる3人。その際に小型冷蔵庫のドアが開いて中味が床に落ちる。
落ちた氷から逃げるブロブ。ここでボビーがブロブは低温に弱いと気がつきます。
クルマではエアコンが作動したからブロブが逃げたとわかります。そうなのか。
場内放送で伝えようとするがもう電源が切れたのか使えない。

ボーリング場の外にて。
ジョーンズ保安官はガソリンを集めて焼却作戦をやるようです。
まあ普通はそうなるでしょう。

放送席にて。
ファジオはスケートリンクは瞬間的に凍ると言ってる。そのスイッチはリンクの反対側にあるとか。
スケートリンクを凍らせて一気にブロブを片づける作戦のようです。
放送席を出て天井に張ってあるローブを伝って移動してるボビー。下にぶら下がってるローブをブロブが登ってきます。ローブを緩めてなんとかしてるボビー。

ようやく反対側にたどりついて冷却装置のスイッチを入れるボビー。
急速に冷えて凍りつくブロブ。

ボーリング場の外にて。
いよいよ火をつけるジョーンズ保安官。
ボーイスカウトが来てジッポーライターを貸しています。エイデルマンさんの仇とか言ってるのでエイデルマンはやられたようです。

ボーリング場の外に出てジョーンズ保安官に報告するボビー。
ブロブは凍らせたと言って焼却作戦をやめさせています。

ボーリング場内に入る面々。
ファジオとリサを放送席から救出しています。エラく高い脚立を降りてるリサ。
地元のTVクルーが取材に来ています。中に入れてるジョーンズ保安官。

凍ってるブロブの上にて。
ジョーンズ保安官が談話を発表しています。
ボーイスカウトがジッポーライターをを返してと言ってる。
そんなとこでブロブが一部溶けて染み出してジョーンズ保安官のブーツに接触しています。
談話の途中で凝固してるジョーンズ保安官。
エンドとなります。
ジ・エンドに?が付いています。まだ続編が作りたそうです。


そんなわけで普通のB級SFのまあまあな作品でした。


« Hollywood Express #497◆2012.12.08(土) | トップページ | 『マックイーンの絶対の危機』 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75473/56325592

この記事へのトラックバック一覧です: 『人喰いアメーバの恐怖2』:

« Hollywood Express #497◆2012.12.08(土) | トップページ | 『マックイーンの絶対の危機』 »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。