映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« Hollywood Express #493◆2012.11.10(土) | トップページ | 『肉の蝋人形』(1933年) »

2012.11.17

『肉の蝋人形』(1953年)

この作品は、アンドレ・ド・トス監督、ビンセント・プライス主演の蝋人形ホラーのようです。
なおこの文はネタバレ全開となっています。

1953年 ワーナー アメリカ作品
ランニング・タイム◆88分
原題◆House of Wax
プロット◆蝋人形のジャロッド教授に悪戦苦闘する話しのようです。
音楽◆デビッド・バトルフ

ワーナー発売のDVDにて。
画質はよいです。
スクイーズ収録のフル表示。
画面サイズはスタンダード。左右に黒味あり。
音声はドルビーステレオ。元はモノラル。

キャスト
ビンセント・プライス→蝋人形のジャロッド教授
フェリス・カーク→ブルネットのスー
キャロリン・ジョーンズ→ブロンドのキャシー
ロイ・ロバーツ→スポンサーのバーク
ポール・カバネー→批評家のウォーレス
チャールズ・ブチンスキーasチャールズ・ブロンソン→弟子で唖のイゴール
ネドリック・ヤング→弟子でアル中のレオン
ポール・ピセーニ→彫刻家のスコット
フランク・ラブジョイ→トム・ブレナン警部
ダブス・グリアー→ジム・シェーン刑事


アンドレ・ド・トス監督の演出はまあよいと思います。
全体的に普通にまとまっています。劇場公開は3DでしたがDVDは通常版です。


ワーナー
タイトル
3ディメンションと出ている。この作品は当時流行っていた3D映画なのです。
タイトル文字が3D風になっています。

雨の夜です。
ビンセント・プライス扮する蝋人形のジャロッド教授の工房です。
蝋人形が並んでいます。仕事中のジャロッド教授。
来客です。ロイ・ロバーツ扮するスポンサーのバークが登場。
カネのことで口論となります。

また来客です。隠れるバーク。
ポール・カバネー扮する批評家のウォーレスともう1人。今度は好意的な感じ。
蝋人形の説明をするジャロッド教授。蝋人形のジャンヌ・ダルクがいます。
ジャロッド教授の1番のお気に入りはマリー・アントワネット。
ウォーレスは3ヶ月エジプトに行くとのこと。帰ります。
蝋人形に話しかけてるジャロッド教授。立派なオタクです。

また出てきたバークはこの工房を火事にすれば火災保険で2万5000ドル入ると勝手に火を点けています。
当然止めるジャロッド教授。格闘アクションとなります。
2人とも吹き替えなしでアクションしています。
とても紳士には見えない行動の2人です。で、ジャロッド教授をノックアットするバーク。
ガス灯の頃なので、ガスを全開にしているバーク。すぐにズラかります。
ヤケに手際のいいバーク。もしかした以前にもこんなことをやっていたのか?

火事となった溶ける蝋人形達。これは結構怖いシーンです。
ガスに引火して大爆発となります。
馬車の消防車がやってきます。同じように馬車の救急車も来る。

ダンスホールにて。
放火してたバークはナンパしています。
キャロリン・ジョーンズ扮するブロンドのキャシーがナンパされています。

バークのアパートにて。
帰宅して金庫からカネを出そうとするバーク。
謎の男がいます。バークの首を絞めて殺します。
で、エレベーターホールにバークを吊るして自殺に見せかけます。

ブロンドのキャシーのアパートにて。
同居しているフェリス・カーク扮するブルネットのスーが登場。
キャシーのコルセットを締める手伝いをしているスー。

夜です。アパートに戻るスー。
帰ったとこで大家に捕まって家賃の督促を受けます。
部屋に戻ったとこでキャシーが殺されていて謎の男に遭遇するスー。
逃げるスー。追う謎の男。

霧の夜の街を逃げるスーと追う謎の男。
スーはポール・ピセーニ扮する知人で彫刻家のスコットの家に逃げ込みます。

死体置き場=モルグです。
有名な死体の起き上がるショットがあります。
死体が起き上がるのは芳香剤のせいだと係員の会話があります。
オリジナルの1933年版では防腐剤になっていました。
で、係員がいなくなったら死体ではなく謎の男が起き上がりキャシーの死体を盗みにかかります。
表には仲間が2人います。

N.Y.の警察です。
この作品の舞台はロンドンだと思っていたけど、もしかしてN.Y.なのかとようやく気がつきました。
スーとスコットが来ています。キャシーの死体が盗まれたことを知ります。

ジャロッド教授の新しい工房にて。
ウォーレスが訪ねてきます。生きていたジャロッド教授。
チャールズ・ブチンスキー as チャールズ・ブロンソン扮する弟子で唖のイゴールが登場。
今度は商売なのでエログロ路線もやると言ってるジャロッド教授。
地下の工房に案内します。弟子でアル中のレオンも登場。
これで助手が2人いるとわかります。
殺されたバークの蝋人形もあります。これが売りのエログロ路線のようです。殺人現場を再現させてるわけです。

3Dなので休憩となります。ホントか?
ちゃんと溶暗となります。

蝋人形の館の初日です。
呼び込みがいます。3D映画なので見ている方にボールを飛ばす芸人がいます。
これが口上に合わせてゴム紐でつながったボールが戻ってくるのをラケットでポンポンと打っています。
口上とボールを打つ音がシンクロしているのがいい。

ジャロッド教授が蝋人形の説明をしています。
ウィリアム・ケムラー、怪獣みたいな名前です。
青髯のランドラー。怪獣と同じアントラーではない。
スーとスコットがやってきます。スコットはウォーレスと知り合いらしい。

ジャンヌ・ダルクの蝋人形に注目のスー。キャシーにソックリだからです。適当な説明でごまかすジャロッド教授。
逆にスーをマリー・アントワネットに重ねて見ているジャロッド教授。怪しい。

アパートにて。
窓を全開にして寝てるスー。謎の男が忍び込んできます。叫ぶスー。
大騒ぎになっています。吸血鬼のコウモリではないから網戸にすればいいわけではない。→『魔人ドラキュラ』(1931年)

14th st.ミュージックホールにて。
カンカン踊りをしつこく見せています。これも3D映画らしく見せる演出のようです。ホントか?、実は監督の趣味なのかと思えたりします。
スーとスコットがいます。スーを元気づけるためにここに来たとスコット。それは少し違うような気がする。自分が楽しみたいだけでしょう。
キャシーの話をするスー。

N.Y.の警察です。
フランク・ラブジョイ扮するトム・ブレナン警部に話すスー。
一応ジャロッド教授のことを調べています。

蝋人形の館です。
トム・ブレナン警部とジム・シェーン刑事。
スーも着ています。しつこくジャンヌ・ダルクを調べています。
ジャロッド教授と弟子2人が出てくきます。

N.Y.の警察です。
ウォーレスから話を聞くトム・ブレナン警部。

弟子のレオンの身元が割れます。前科があり、それに手配中らしい。
レオンを尾行するジム・シェーン刑事。逮捕します。

ジャロッド教授の工房です。
スコットを指導中のジャロッド教授。

N.Y.の警察です。
弟子のレオンの取り調べ中。持っていた高価な金時計から再留置となります。

蝋人形の館です。
入り口でスーは待ちぼうけです。スコットは使いに行かされています。
蝋人形の館に入るスー。

スーが蝋人形を調べてるとこで棚の後ろで首だけ見せて首だけの蝋人形のふりをしているイゴール。これはギャグなのか?
怖がりながら調べているスー。
ジャンヌ・ダルクの蝋人形のブルネットのかつらを取ります。かつらを取るとブロンドでした。キャシーが蝋人形になっていたようです。
ここでジャロッド教授が唐突に登場。車椅子から立ち上がります。
素顔に見せかけた仮面が割れやけどした顔が見えます。驚愕するスー。
捕まって地下工房で蝋人形にされかかるスー。

N.Y.の警察です。
アル中なものでアルコールが切れて弟子のレオンが自白します。
これで蝋人形の館に急行する警察。馬車ですけど。だから遅い。

蝋人形の館です。
駆けつけたスコットとイゴールのアクションとなります。
チャールズ・ブロンソンなのでイゴールは強い、そんな感じで捕まってギロチンにかけられそうになるスコット。
警察が到着します。またアクションからジャロッド教授は煮えたぎった蝋の中へ転落する。
何とか救出されるスー。

エピローグ。N.Y.の警察です。
よかったよかったとスーとスコット。トム・ブレナン警部とジム・シェーン刑事。
エンドとなります。


見終わって、
この作品はカラーだったのか。意外だ。
昔モノクロTVで部分手に見た覚えがあります。
モルグにて。死体が起き上がるショット。霧の夜の街を逃げるショット。
この作品かと思ったがそうでもないような。1933年版なのかな?

そんなわけで3Dは関係なくて普通のホラーのよい作品でした。


« Hollywood Express #493◆2012.11.10(土) | トップページ | 『肉の蝋人形』(1933年) »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75473/56133795

この記事へのトラックバック一覧です: 『肉の蝋人形』(1953年):

« Hollywood Express #493◆2012.11.10(土) | トップページ | 『肉の蝋人形』(1933年) »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。