映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« 『巨大カニ怪獣の襲撃』 | トップページ | Hollywood Express #488◆2012.10.06(土) »

2012.10.07

『黒い蠍』

この作品は、エドワード・ルドウィグ監督、リチャード・デニング、マーラ・コーディ主演の怪獣物SFアクションのようです。
なおこの文はネタバレ全開となっています。

1957年 Amex Productions/Frank Melford-Jack Dietz Productions/ワーナー アメリカ作品
ランニング・タイム◆88分
原題◆The Black Scorpion
プロット◆謎の巨大サソリに悪戦苦闘する話しのようです。
音楽◆ジャック・クッカリー、ポール・ソーテル

ワーナー発売のDVDにて。
画質は普通によいです。
スクイーズ収録のフル表示。
画面サイズはスタンダード。左右に黒味あり。
音声はドルビーモノラル

キャスト
リチャード・デニング→アメリカ人地質学者のハンク・スコット博士
マーラ・コーディ→牧場主のテレーザ・アルバレス
カルロス・リヴァス→メキシコ人地質学者のアーサー・ラモス博士
マリオ・ナバロ→子役のファニート
Carlos Múzquiz→有名なベラスコ博士
Pedro Galván→サンロレンツォのデルガード神父


エドワード・ルドウィグ監督の演出はよいと思います。
特撮:ウィリス・H・オブライエン

リチャード・デニングはアメリカの佐原健二と呼ばれてるらしい。
そんな感じで出演作品は結構見てると思ったがそうでもなかった。


ワーナー・ホームビデオ
メニュー画面

火山が噴火しています。前説が入る。
メキシコで噴火があり大被害になっている。

タイトル
The Black Scorpion
ウィリス・H・オブライエンはスーパーバイザーになっています。監修のようなものでしょう。

ジープで移動してる男2人。
リチャード・デニング アメリカ人地質学者のハンク・スコット博士
カルロス・リヴァス メキシコ人地質学者のアーサー・ラモス博士
延々とジープで移動しているようです。
メキシコ市から来てるようでサンロレンツォに向かってるらしい。

電話線の工事に通りかかます。復旧工事のようです。
道の様子等を聞いてる博士2人。パトカーが通り過ぎたと聞きます。

何やら変な音が聞こえてきます。
農家の1軒家に入ります。
ジープがオーバーヒートしていて水をもらいに寄ったらしい。
井戸を見たりしています。で、パトカーが破壊されてるのを発見します。
パトカーの無線がまだ生きています。本部から無線が入る。
アーサー・ラモス博士が返事をしています。アルトゥール・ラモスですと名乗ってます。
パトカーのベガ巡査長はいないと連絡しています。

ガラガラヘビのような音がします。
リボルバーを構えて捜索している2人。撃鉄はコックされています。危ない。
アルトゥール・ラモス博士は自分はメキシコ人だけど蛇は嫌いと言ってる。
家の中に入って捜すとまた音がしています。ガラガラヘビではなく赤ん坊のオモチャの音でした。
赤ん坊を回収してジープに戻ります。豆料理がまだ熱かった。いなくなってからそんなに時間は経っていない。

また変な音が聞こえてきます。
話しに出ていたお巡りの死体を発見しいます。これはビックリ。
お巡りのオートマティックハンドガンは全弾撃ち尽くしていた。
またパトカーの無線で連絡しています。

また移動してサンロレンツォに到着します。ここは大勢人がいます。
代表のデルガード神父が出てきます。
神父は赤ん坊の両親を知っています。赤ん坊は関係者に預けられます。

デルガード神父と食事になって話しを聞いています。
火山の噴火以来かなりの被害が出ていると言ってる神父。
悪魔の雄牛と伝説があるようです。古代文明の悪の象徴とのこと。
この辺の牧場に大被害が出て牛が食われてカウボーイは逃げ出したらしい。

翌日にて。
無線で言ってたメキシコ軍の救急車等が到着しています。
メキシコ軍のコシオ少佐からもう調査は無駄です。遭難したら人員を割かねばならないので調査は中止してくれと言われてます。
それでも調査に出発しています。

ようやく火山に接近してるハンク・スコット博士とアルトゥール・ラモス博士。
遠くに馬が走っています。乗ってるの女性らしい。
双眼鏡で見ているハンク・スコット博士。
アルトゥール・ラモス博士が見るとちょうど女性が落馬して馬だけなっています。
これは大変だと救出に向かいます。

テレーザ・アルバレスと名乗ってる落馬した女性。
数週間はここにいると言ってるハンク・スコット博士。
アルトゥール・ラモス博士は落ちた鞍を捜しに行って珍しい岩を見つけています。
サンロレンツォまで送ってと言ってるテレーザ・アルバレス。喜んで送る男2人。

サンロレンツォにて。
カウボーイ達を牧場に戻るように説得しているテレーザ・アルバレス。どうやら説得出来たようです。
兵隊から呼ばれてるハンク・スコット博士とアルトゥール・ラモス博士。

呼ばれたとこで検死の結果を聞いています。
ベガ巡査部長の死因の話しです。どうやら有機的な毒物?、生物の毒らしい。
ここの博士の見立てではそうなっています。
メキシコにはこの分野で有名なベラスコ博士がいる話しが出ています。
で、奇妙な足跡があったと型に取ってあります。
テレーザを牧場まで送るハンク・スコット博士とアルトゥール・ラモス博士。

牧場は火山の近くらしい。
荒れ果てたところを通過しています。テレーザの牧場付近はまだ大丈夫なようです。
どうやらテレーザの牧場をベースにして研究活動をするようです。

夕食にて。
食事が一段落して採取した黒曜石を調べるアルトゥール・ラモス博士。
ハンク・スコット博士に見せています。黒曜石の中にサソリが入っています。
で、黒曜石を割っています。中のサソリは生きていました。ビンに入れています。
電話です。電話工事人からで通じたかのテストでした。
ちょうど巨大サソリが出てきて実況になっています。

電話工事現場にて。
いきなり巨大サソリが出てきます。1人がやられます。
スムーズなコマ撮りでサソリの動きがいい。アップになるとギニョールでしかも粘液質な描写になっています。
別の1人がトラックに乗ってどうするのかと思ったらそのままやられます。
電柱に登っていた工事人もやられて全滅したようです。

牧場にて。
工事現場に行こうとするハンク・スコット博士。
何かにおびえてるのか犬のパンチョが大騒ぎで飛び出す。子役のファニートが追っかける。
そんなとこでここにも巨大サソリが出現します。カウボーイ達が撃ちまくっています。
テレーザは電話しています。誰も出ない。
火山も噴火しています。

サンロレンツォにて。
電話のある建物が崩壊しています。ここに巨大サソリが出現しています。
メキシコ軍がいるのでマシンガンを撃っています。効果はない。

牧場にて。
牛が逃げ出しています。ジープで脱出しています。
そんなこんなで大騒ぎ。溶暗となります。

サンロレンツォにて。
ジープはここに来ています。
で、ベラスコ博士が到着しています。

対策会議にて。
サソリは夜しか活動しない。毒ガスが効果があるはず。
志願してるテレーザ。この辺に土地には詳しいと主張して採用されています。

牧場にて。
子役のファニートとウエスタンブーツの話をしてるハンク・スコット博士。
大きくなったら買ってやると言ってます。

火山付近にて。
作戦が開始となります。当然昼間に実行するようです。
肝心の巨大サソリが発見出来ない。どこにいる?

斥候が何かを発見したと言って斜面を転落しています。
現場に急行します。
どうやら大きな裂け目が出来たらしい。
新しい地震で出来た大きな亀裂ということです。
ここは俺達地質学者の出番だと張り切ってる2人。

ジープで引いてる荷車に子役のファニートが入り込んでいました。
ジープにいなさいと言われてます。

完全装備のハンク・スコット博士とアルトゥール・ラモス博士。
クレーンで吊るしたゴンドラで亀裂を降りるようです。
その前にテレーザとキスしてるハンク・スコット博士。
ゴンドラには毒ガス検知の小鳥の鳥カゴまで乗せています。

降下途中で横穴に巨大サソリがいました。
写真を撮っています。
亀裂の底まで降下しました。
降りてその辺を捜索しています。まずは転落した斥候を捜してるようです。
落ちたのはメンドーサという名でした。

このへんで子役のファニートがゴンドラに乗っていました。
そんなとこに何かが接近しています。巨大な尺取り虫?、動きがそんな感じ。

カウボーイハットや折れた銃床や銃身が発見されます。
どうやらメンドーサは死亡したようです。

ゴンドラに戻ります。
電話でメンドーサは死亡していた。引き続き調査をすると連絡しています。
尺取り虫のことを9mのミミズと言ってます。

巨大サソリが出現します。ゾロゾロと出ています。
ストップモーションは快調そのものでスムーズに動いてます。
自動小銃を使いますが撃っても効果はないと判断しています。
毒ガスはどうした?、使ったら自分達をアレだからなのか。

ゴンドラの子役がカットバックで多く描写されています。
少しではなく随分とあざとい描写です。
あざとい描写はまだまだあってゴンドラから出ている子役のファニート。

巨大サソリは巨大ミミズを片づけています。
どうやら巨大サソリの中には1番巨大な親玉サソリがいるようです。
巨大サソリ同士の争いを見てのどが弱点だと推測してる2人。
これで用は済んだとゴンドラに行きます。

相変わらず子役はうろちょろしています。こまったものです。
そんな感じで巨大蜘蛛に追われています。助けてと叫んでる子役。
ハンク・スコット博士とアルトゥール・ラモス博士が戻ってきて、巨大蜘蛛を自動小銃で片づけています。

助けられてる子役。手伝いに来たと主張してる。こまったものです。
これはちょっとあざと過ぎる。

ゴンドラをちょっかいを出してる巨大サソリ。
引っ張り回しています。地上のクレーン車が亀裂に落下しそうになる。

巨大サソリに引っ張られてゴンドラがケーブルから脱落してしまいす。
これは大変。

一段落したことでまずアルトゥール・ラモス博士がケーブルにしがみついた状態で引き上げられます。危ない感じですが何とか地上までもちます。

続いてケーブルを先を輪にして下ろします。
今度はケーブルの輪に脚を入れてハンク・スコット博士と子役のファニートが一緒に引き上げられます。

地上で報告をするハンク・スコット博士。
巨大サソリは50匹はいたと言ってます。
そんなこんなでこの亀裂を爆破して密封する作戦になります。
ここが唯一の出口なのか?、という疑問も残ります。

爆破作戦が実行されます。大爆発となります。
これで一応かたがついたらしい。

テレーザと話し込んでるハンク・スコット博士。口説いています。
このへんはハリウッド映画のパターンになっています。

メキシコ市にて。
ベラスコ博士が軍関係者と話し込んでる。
ハンク・スコット博士に電話して理由は内緒でメキシコ市に呼び出しています。
飛行機で迎えに行く。席は3人用意すると言われてハンク・スコット博士は承諾してる。

メキシコ市に着いた3人。
この飛行機は双発、2枚の垂直尾翼。型名はわからん。

大学にて。
この建物はモダンです。抽象画が描かれています。
会議となります。
嘘の理由で呼んだことをベラスコ博士が謝罪する。
で、本題に入る。
航空写真から洞窟の入り口は爆破したとこだけはなく他にもある。
巨大サソリの航空写真もあります。爆破した翌日に現れている。
洞窟は長く伸びていてメキシコ市に近いらしい。
巨大サソリの弱点はのどだと言ってるハンク・スコット博士。
強力な機関銃で撃っても効果はない。
このことは内密にとなんて会議は終わります。

パニックなるから内密に。これが現実なんだから洒落になっていない。

レストラン等でテレーザとデートしてるハンク・スコット博士。
延々と続いてます。どうやら2日間デートしていたらしい。

夜にて。ミニチュアの蒸気機関車が走ってます。
そんなとこに巨大サソリの群れが出現する。
相変わらずスムーズな動き。使い回しのシーンもあるけど。
アップになるとギニョールというか張りぼてになっています。
ギニョールはドロドロな粘液な感じでガキの頃に見たらトラウマになりそう。

巨大サソリと衝突して脱線する機関車。
客車を襲う巨大サソリの群れ。人間を食っています。
親玉の巨大サソリも出現しています。

クルマにて。
カーラジオでブレーキングニュースを聞いてるテレーザとハンク・スコット博士。
巨大サソリが出現、多数の死者が出ています。これは大変。

街は大混乱。
モブシーンが入ります。

対策会議になっています。
親玉巨大サソリが他の巨大サソリを殺してるらしい。
そうなると標的は親玉巨大サソリだけとなるようです。

街にて。
スピーカーからはアテンション、戒厳令とか放送されています。
接近中なのは最後の巨大サソリと言ってます。

対策会議にて。
ベラスコ博士は新兵器があると言ってます。
巨大サソリをスタジアムに追い込むとなります。

街にて。
姿を現してる巨大サソリ。合成がイマイチ。黒い影にしか見えない。

スタジアムにて。
捕鯨用の銛を流用してるような感じの巨大な銛にケーブルをつなぎ高圧の電気を流す。
この巨大銛を巨大サソリの弱点のどに撃ち込むのが肝心なとこです。それで60万ボルトの電気を流すようです。
まき餌の肉がトラックで届きます。

街にて。
トラックに積んだ肉を巨大サソリが追ってます。トラックはスタジアムへ向かう。

スタジアムにて。
いよいよ巨大サソリがやって来ます。
どうやって巨大サソリがスタジアムに入るのかと思ったらスタンドを乗り越えて入ります。このシーンは何となくいい。
巨大銛だけではなく通常兵器も結構撃ちまくっています。
戦車を投げ飛ばしてる巨大サソリ。

巨大銛を撃ちます。外れました。一応電気を流す。ダメです。それでどうする。
ケーブルを引っ張って銛を回収してる軍人。巨大銛を持ったらまだ電気が流れていて軍人が感電して昏倒する。

代わりにハンク・スコット博士が銛を撃ちます。これはルーティンな流れです。
今度は命中しました。電源を入れて電気を流します。
まで大暴れしてる巨大サソリですが徐々に動かなくなります。
電気を切ります。

巨大サソリに接近する関係者達。
それでなんだかんだと会話があってエンドとなります。

そんなわけでストップモーションが売りのよい作品でした。


« 『巨大カニ怪獣の襲撃』 | トップページ | Hollywood Express #488◆2012.10.06(土) »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75473/55837419

この記事へのトラックバック一覧です: 『黒い蠍』:

« 『巨大カニ怪獣の襲撃』 | トップページ | Hollywood Express #488◆2012.10.06(土) »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。