映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« 『スーパー!』 | トップページ | Hollywood Express #489◆2012.10.13(土) »

2012.10.14

『キック・アス』

この作品はマシュー・ヴォーン監督、アーロン・ジョンソン、クロエ・グレース・モレッツ、ニコラス・ケイジ主演の風変わりなアクションのようです。
なおこの文はネタバレ全開となっています。

2010年 Marv Films 英国=アメリカ作品
ランニング・タイム◆117分
原題◆Kick-Ass
プロット◆ヒーローのコスプレをしてガールフレンドをゲットしたけど義理がある仕事を果たさなければならなくなる話しのようです。
音楽◆ジョン・マーフィ、ヘンリー・ジャックマン、マリウス・デ・ヴリーズ、アイラン・エシュケリ

カルチュア・パブリッシャーズ/東宝発売のBlu-rayにて。
画質は非常によいです。スクイーズ収録のフル表示。
画面サイズはワイド。上下に黒味あり。
音声はDTS-HD MA 5.1ch

キャスト
アーロン・ジョンソン→キック・アスなデイブ・リゼウスキ
クロエ・グレース・モレッツ→ヒット・ガールなミンディ
ニコラス・ケイジ→元警官のデーモン / ビッグ・ダディ
クリストファー・ミンツ=プラッセ→ヤクザの息子クリス・ダミコ / レッド・ミスト
マーク・ストロング→ヤクザの親分フランク・ダミコ
クラーク・デューク→メガネのオタク マーティ
エバン・ピーターズ→普通のオタク トッド
デボラ・トゥイス→巨乳の英語教師Mrs. Zane
リンジー・フォンセカ→ヒロインのケイティ
ソフィー・ウー→ケイティと一緒のエリカ
ギャレット・M・ブラウン→デイブのパパ
エリザベス・マクガバン→死んだデイブのママ
ヤンシー・バトラー→ダミコ親分夫人のアンジュ・ダミコ
マイケル・リスポリ→子分のビッグ・ジョー
オマリ・ハードウィック→警官のマーカス
ザンダー・バークレイ→ダミコ親分の手下のお巡りジガンテ
ランダル・バティンコフ→チンピラのトレ・フェルナンデス
ステュー・ライリー→ヒュー・ゴーン
デクスター・フレッチャー→コディ
クレイグ・ファーガソン→Himself
Kofi Natei→麻薬中毒の男ラズール

マシュー・ヴォーン監督の演出はよいと思います。
全体的上手くまとめています。


Blu-rayソフトなのでまた読み込みが長そう。
カルチュア・パブリッシャーズ
読み込みのアイコンが出ています。これはバラフライナイフのアイコンです。アイコンだけは凝っている。

意外と早く始まったようです。
Marv Films (as Marv) (presents)

N.Y.にて。
ビルを上を見てあれは何だと指を差す人達。
コスプレした男がエンパイアステートビルの屋上からジャンプします。
当然落下して黄色いタクシーに激突して死に至る。

その6ヶ月前。
主人公のモノローグで始まっています。
英語教師でオナニーしてる主人公デイブ。
コンピューターは例によってMacBookです。

学校でケイティに声をかけられたと勘違いするデイブ。

自宅にて。
食事中にママは動脈瘤で急死した。
このママを演じたのがエリザベス・マクガバンでした。おそらくマシュー・ヴォーン監督がガキの頃にあこがれの女優だったのでしょう。

マンガ喫茶にて。
知人2人とヒーロー談義になってるデイブ。
普通のオタク トッド
メガネのオタク マーティ
外でリムジンからヤクザの息子クリス・ダミーコが太った用心棒ステュと降りてきます。

外に出ればさっそくカツアゲされてるデイブ達。

自宅にて。
通販にコスチュームを注文をするデイブ。

どこかの倉庫?にて。
チンピラのトレが痛めつけられています。いつでも指が詰められる状態です。
スーパーマンにやられたと主張してるチンピラ。当然信じてもらえない。
親分の一の子分ジョーが指を詰めさせます。
親分は待たせてあったリムジンで息子と映画を見に行きます。

自宅にて。
デイブが帰宅すると通販の品物が届いてます。
さっそくコスプレをしています。
これはなんて言うんだ?、グリーンマンか?。グリーンに黄色のラインが入ってるコスチュームです。

人気のな広場で特訓の親子。
防弾チョッキの娘ミンディにベレッタの9ミリ弾を撃つ父デーモン。
普通はあばら骨が折れると思うが。
そんなこんなで2発撃たれるからボーリングとアイスクリームが欲しいとミンディ。
ボーリングとアイスクリームからバタフライナイフが欲しいと言うミンディ。

どうやらデイブとこの親子のカットバックで話しが進行するようです。

デイブはコスチュームを着込んで学校に行ってます。
特訓もやっています。さすがにビルの間は飛べない。

クルマ泥棒のチンピラ2人を脅かされるデイブ。
ここはヒーローの出番とコスプレして出直します。
格闘になるがナイフで腹を刺されるデイブ。よたよたと道路に出たとこをクルマにひき逃げされて病院送りとなります。洒落になっていない。

救急車の中でコスプレのことは内緒にしてくれと頼んでいるデイブ。
そうなると今回の件は単なる交通事故になります。

ヤクザの親分フランク・ダミコの自宅にて。
食事中です。夫人を演じてるのヤンシー・バトラーでした。主演作は見たことがあります。→『ウィッチブレイド 闇の女戦士』(2000年)

子分のジョーが来ます。
ヤクをダンピングした話しとなります。
ヤクを奪ったスーパーヒーローが存在するらしいとなる。

デーモンの自宅にて。
コミックとなります。デーモンがコミックを描いています。
ミンディの誕生日プレゼントです。バタフライナイフ2丁です。
特訓の一環でクイズとなります。ジョン・ウー監督の長編第1作は?、そんなのわからんよ。
で、ちゃんと答えてるミンディです。

この辺になるとデイブ、デーモンとミンディの親子、ヤクザの親分フランク・ダミコの3箇所カットパックになってるようです。大丈夫なのか。

倉庫にて
手下ジョーがチンピラを拷問しています。
今度は木材乾燥装置に入れてるけどチンピラは四散して拷問ではなく単なる殺しになっています。これは大失敗のようです。

病院にて。
デイブは全身骨折補強の金属だらけになっています。まるであこがれていた改造人間だと喜んでいます。
パパには息子が裸で病院送りになったので、カマを掘られてないだろうなと心配されています。

学校にて。
復帰してるデイブ。何故かケイティからお誘いされるデイブ。
マンガ喫茶に行かない?となってる。
いつのまにかデイブはゲイということになってて安心して声をかけてるケイティ。

特訓してるデイブ。
インターネットでキック・アスの宣伝をするデイブ。

夜、コスプレ姿でチラシのネコを知りませんかと聞き回るデイブ。
ネコを見つけたとこにチンピラがチンピラ3人に追われてるとこに遭遇する。
成り行きでアクションになっています。袋だたきにされてるデイブ。
そのうち見物人が多くなる。居心地が悪くなって引き上げるチンピラ3人。

これがインターネットに流れて有名になるキック・アス。
デイブの知人2人がキック・アスに感心しています。
大人気となってキック・アスのキャラクター商品も出回っています。
デーモンとミンディ親子をキック・アスの存在知ります。
ヤクザの親分フランク・ダミコと息子もキック・アスの活躍を見ています。

ケイティからメールでお誘いです。
マンガ喫茶のデイブとケイティ。会話でスコット・ピルグリムの名が出ています。
あなたはゲイだからいいと言ってるケイティ。

アパートにて。
ケイティの知人で麻薬中毒の男ラズールのとこへ乗り込むキック・アス。
交渉しています。多勢で限りなく不利な感じのキック・アス。
いきなりブスリと刃物が出てヒット・ガールが登場しています。
ヒット・ガールはあっという間に片づけています。それてもちゃんとパパが援護していたようです。
ヒット・ガールはカネをかき集めています。これぐらいやらないと元を取れないのかもしれない。

アパートの屋上でヒット・ガールとビッグ・ダディとご対面のキック・アス。
やっぱりキック・アスはビルの間は飛び越えられず。

自宅にて。
本物のヒーローに会ったもので落ち込んでるデイブ。

ヤクザの親分フランク・ダミコと子分のジョー。
携帯電話で撮ったヒーローの画像を見て検討中です。
キック・アスの首を持ってこいとジョーに命じています。

デイブの自宅にて。
ヒット・ガールとビッグ・ダディが来ています。
ビックリしてるデイブ。インターネットのIPアドレスから住所が割れたとのことです。
キック・アスはもうやめると言ってるデイブ。
で、ヒット・ガールとビッグ・ダディはキック・アスが現場に落とした証拠品を届けに来たというか連絡方法を教えに来たらしい。

フランク・ダミコ親分は手下のお巡りジガンテにキック・アスを殺せと言う。
手下のお巡りジガンテはそこまではしないと開き直ってる。

そのころ手下のコディはヒーロー親子にクルマごと潰されていました。
何故かここは007風になっています。→『007 ゴールドフィンガー』(1964年)

ケイティの自宅にて。
ケイティにボディローションを塗ってるデイブ。ゲイなのでケイティも安心ということらしい。

デーモンの自宅にて。
黒人のお巡りマーカスが入り込んでコミックを見るとこれまで事情説明となっています。
コミックは、フランク・ダミコ親分はダディを麻薬取引したとハメて刑務所送りにするとなっています。
デーモンが帰宅しています。で、何をやってると詰問するマーカス。
それでも汚職警官ジガンテがキック・アスを捜してると情報提供するマーカス。
ミンディのことを心配してるマーカス。何しろマーカスはデーモンが刑務所送りの間はミンディの面倒みていた育ての親なんです。

路上にて。
フランク・ダミコ親分のリムジンの前をキック・アスが歩いてます。
尾行して路地に入ったとこでキック・アスを片づけるフランク・ダミコ親分。
用心棒が急いでフランク・ダミコ親分を引き上げさせています。

ケイティとデイブ。
ラズールが何で死んだとケイティ。これはフェイクなつなぎ方でした。
デイブは生きています。とういうことはあるキック・アスは偽者だったらしい。
まだゲイだと思われてるデイブ。

フランク・ダミコ親分の自宅にて。
息子のクリスがスーパーヒーローの話しを始めます。要するに自分がおとりなるらしい。
キック・アスを捜せるのは自分だけだと主張してるクリス。
で、フランク・ダミコ親分は役に立たない手下トニーをおとりにしてキック・アスをおびき寄せることになります。

マンガ喫茶にて。
ケイティが来ています。デイブとTVを見てるとレッド・ミストなるヒーローが表われた。これがクリスのコスプレらしい。
キック・アスに呼びかけるてるレッド・ミスト。

デイブの自宅にて。
ケイティがレッド・ミストのケイプがいいと言ってたのでそのケイプを試してるキック・アス。
レッド・ミストにメールを出しています。

待ち合わせてるキック・アス。
フォード・マスタングの改造車で登場のレッド・ミスト。
レッド・ミストは例の倉庫にキック・アスを連れてくようです。

倉庫にて。
炎上してる倉庫。これは予定外のことなのでビックリのレッド・ミスト。
中の手下達は皆殺しにされています。
キック・アスも中に入るがビックリしてる。
レッド・ミストと一緒に脱出となります。

フランク・ダミコ親分の自宅にて。
手下のお巡りジガンテを呼び出しています。
クリスのレッド・ミストは今回の件はキック・アスではないと言ってます。
倉庫から持ち出した隠しカメラが仕込んであるテディベアのぬいぐるみを再生させます。
モニタに映ったのは手下達を皆殺しにして倉庫に火を放つビッグ・ダディでした。
クリスも少しは役に立つようです。

デーモンの自宅にて。
マーカスからビッグ・ダディのことがばれたと電話が入ります。

デイブの方はヒーローはもう嫌になっています。
で、ケイティを口説きにコスプレ姿でケイティの自宅に乗り込んでいます。

ケイティの自宅にて。
俺がキック・アスだと主張してるデイブ。ゲイでもないと主張してる。
ケイティに告白してるデイブ。で、「窓から帰ってよ」となります。
ところがどういうわけかいい雰囲気になってるデイブとケイティ。

マンガ喫茶にて。
すっかり仲良くなってるデイブとケイティ。
デイブの知人2人とケイティの知人エリカは手持ちぶさた。
ケイティがいるからヒーローなんてもうどうでもよくなってるデイブです。

デイブの自宅にて。
レッド・ミストから呼び出しが入っています。
最後の出動だと自転車で出かけるキック・アス。

レッド・ミストのフォード・マスタングに乗り込むキック・アス。。
他にもヒーローがいるのかと探りを入れてるレッド・ミスト。
アッサリとヒット・ガールとビッグ・ダディを呼び出すキック・アス。
アジトBへ向かうフォード・マスタング。尾行がついています。

アジトBにて。デーモンの自宅です。
いきなりヒット・ガールを撃つレッド・ミスト。窓から転落するヒット・ガール。それで踏み込んでくるフランク・ダミコ親分の手下達。
捕まるキック・アスとビッグ・ダディ。ヒット・ガールは上手いこと逃げたらしい。
レッド・ミストはキック・アスだけは逃がしてくれとお願いするが無視されます。

公開処刑となるキック・アスとビッグ・ダディ。
TVニュースは残酷なので打ち切りとなってインターネット中継のみになります。
一斉にインターネットを見てる人達。

デイブのナレーションが入る。
死んだ人間の回想する映画もある。『シン・シティ』(2005年)、『サンセット大通り』(1950年)、『アメリカン・ビューティー』(1999年)

殴る蹴るから火をつけられます。
ここで照明が消えて助っ人が来たようです。ヒット・ガールが来ました。
暗視装置の主観ショットになっています。
燃やされながらヒット・ガールに指示してるビッグ・ダディ。
なんだかんだで手下達を片づけたヒット・ガール。

ぼう然としてるフランク・ダミコ親分とクリス。

走行中のフォード・マスタングにて。
ヒット・ガールとマスクを取ったキック・アス。
ビッグ・ダディは死んだようです。

アジトBに戻ります。
武器をそろえてるヒット・ガール。フランク・ダミコ親分の自宅に殴り込みをするようです。
キック・アスはマスクは外しっぱなしで洗面台で顔を洗ってます。もう帰宅モードになってるらしい。
そんな感じのキック・アスですが、この状況では自分も行かないわけにならなくなっています。行くことが義理というか義務のようなことになっています。
親子が通販で買ったあったガトリング銃の取説を読むキック・アス。

フランク・ダミコ親分の自宅ビルの受付にて。
ミンディが普通の服装で入る。ここで何故か『夕陽のガンマン』(1965年)『続・夕陽のガンマン』(1966年)の音楽が流れています。

アジトBではいよいよキック・アスも出動するようです。

フランク・ダミコ親分の自宅ビルにて。
受付で銃声がしたので奥に控える用心棒達は警戒態勢になっています。
2梃拳銃で突撃するヒット・ガール。
弾切れでヒット・ガールは大ピンチとなります。流し台のの影に隠れています。
黒人の用心棒はバズーカ砲を持ち出します。一応フランク・ダミコ親分の許可をもらいます。

撃ちまくられてるヒット・ガール。
黒人の用心棒は『スカーフェイス』(1983年)の名セリフで決めてバズーカ砲を撃とうとする。
今度は窓の外にジェットパック装備で空中で停止してるキック・アスが出現する。ダブルのガトリング銃で用心棒達を撃ちまくります。
ようやく活躍してるキック・アスです。

そんな感じでいよいよヒット・ガール対フランク・ダミコ親分となります。
ヒット・ガール相手でも結構マジなフランク・ダミコ親分、たいした悪役ぶりです。
平行してキック・アス対レッド・ミストのヘナチョコ対決もやってます。

ヒット・ガール劣勢のとこをいつのまにかバズーカ砲で援護のキック・アス。
フランク・ダミコ親分をバズーカ砲で片づけています。

レッド・ミストの方は何だかまだやる気満々です。日本刀を持ち出しています。
ヒット・ガールを抱えジェットパックで脱出するキック・アス。役に立っています。
レッド・ミストを置き去りにしています。

ビル街を飛行するキック・アスとヒット・ガール。
ブルックリン橋を通過しています。
アジトBの屋上に着陸します。無事に帰れました。
互いに本名を名乗っています。
夕陽をバックにお別れとなります。

エピローグ。
学校にて。警官マーカスに送られて登校のミンディ。
ミンディはマーカスに引き取られたようです。

マンガ喫茶にて。
カップル2組と1人で寂しそうなトッド。

レッド・ミストはまだコスプレしています。
オヤジのフランク・ダミコ親分はどうでもいいのか?
エンドとなります。

そんなわけで面白そうな設定倒れになってないよい作品でした。悪くない。

« 『スーパー!』 | トップページ | Hollywood Express #489◆2012.10.13(土) »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75473/55889868

この記事へのトラックバック一覧です: 『キック・アス』:

« 『スーパー!』 | トップページ | Hollywood Express #489◆2012.10.13(土) »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。