映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« Hollywood Express #485◆2012.09.16(日) | トップページ | 『スケルトン・キー』 »

2012.09.22

『ストレンジャー・コール』

この作品は、サイモン・ウェスト監督、カミーラ・ベル主演のストーカーサスペンスのようです。
なおこの文はネタバレ全開となっています。

2006年 Davis Entertainment Production/Screen Gems (presents)/ソニー・ピクチャーズ アメリカ作品
ランニング・タイム◆93分
原題◆When a Stranger Calls
プロット◆ベビーシッターが殺人鬼にストーカーされる話しのようです。
音楽◆ジェームズ・ドゥーリー

ソニー・ピクチャーズ発売のDVDにて。
画質は普通によいです。
スクイーズ収録のフル表示。
画面サイズはワイド。上下に黒味あり。
音声はドルビーデジタル5.1ch

キャスト
カミーラ・ベル→ベビーシッターのジル・ジョンソン
トミー・フラナガン→イタ電のストレンジャー
ランス・ヘンリクセン→イタ電ストレンジャーのVC
ケイティ・キャシディ→イケイケのティファニー
テッサ・トンプソン→ジルの知人スカーレット 黒人
ブライアン・ジェラティ→浮気したボビー
クラーク・グレッグ→ジルのパパ ジョンソン氏
デレク・デ・リント→医者のマンドラキス先生
ケイト・ジェニングス・グラント→夫人のケリー・マンドラキス
デビッド・デンマン→通報を受けたバロウズ巡査
スティーブ・イースティン→太ったオッサンのハインズ刑事
アーサー・ヤング→子役のウィル・マンドラキス
マデリン・キャロル→子役のアリソン・マンドラキス

この作品は『夕暮れにベルが鳴る』(1979年)の3度目のリメイクだそうです。

サイモン・ウェスト監督の演出はまあまあだと思います。
この監督の作品は見たことがあるのか?、覚えがない。

そういえばカミーラ・ベルはジョージ・クルーニーとコーヒーのCMに出ています。
垂れ目のカミーラ・ベル。眉が黒くて太い。描いたような眉です。
映画はあまり出ていない。ファッション関係が本職らしい。


DVDにて。
Sony Pictures Home Entertainment
著作権のアラート
個人的見解ですのアラート
メニー画面

タイトル
Screen Gems (presents)
Davis Entertainment Production
さっそくイタ電です。遊園地の隣の家らしい。

キャストでマデリン・キャロルという女優がいます。1930年代から1940年代に同じ名前の女優さんがいてヒッチコック監督作品でおなじみでした。
この作品ではどうやら子役で出ているらしい。

AJ、チャーリー、キャサリンと呼んでるママ。どこの家?
このへんの印象ですが、何だか思わせぶりなカメラワークや編集になっています。タイトルだけで息切れしそうな演出になっています。大丈夫なのか?。
遊園地の隣の家で殺人があったようです。話しが早い。
バーフォード 人口1万5000 ここで事件があったようです。
遊園地内に油田のポンプが動いています。
太ったオッサンの刑事が殺人現場に来ています。で、現場を見て気分が悪くなっています。

ようやくタイトルが終わっています。大丈夫なのか。

コロラド州 ファーンヒル 200キロ先。意味がわからん。
ファーンヒル高校にて。
カミーラ・ベル扮するジルがさっそく登場。体育館内の2階通路を走っています。
練習が終わって廊下のロッカーに隠してある携帯電話を使っています。
不仲になってるボーイフレンドのボビーから声をかけられるジル。
他の女とキスしてる現場を見られてるボビー。話し合おうと言ってるがジルに無視されてます。
何度でも電話してやると捨てゼリフのボビー。怪しい。

女友達と話してるジル。これが黒人のスカーレット。
金髪の白人ティファニーが話しかけてくる。こっちが問題のキスの女らしい。
ベビーシッターでマンドラキス家に行くと言ってるジル。

パパのクルマで移動中のジル。
クルマと携帯電話は1ヶ月禁止と言われてるらしいジル。
パパから携帯電話の使い過ぎを言われてるジル。
どうやらマンドラキス家に向かってるようです。医者の先生らしい。
パパのクルマはSUVのジープ。
→2005 Jeep Grand Cherokee

マンドラキス家にて。
到着しています。ここは湖畔にある豪華な邸宅です。
この邸宅はデザインはフランク・ロイド・ライト風なのか?、そんな感じ。

12分ぐらい経ったけど、何だか思わせぶりだけなサスペンスのような感じ。
そうなるとカミーラ・ベルが喋って動いてるだけでいいとハードルを下げます。

パパは帰りジルはマンドラキス家に入る。
オッサンが出てきます。ここの主人で医者のマンドラキス先生です。
おばさんもいます。ケリー・マンドラキス夫人です。
これから2人で出かけるようです。
黒猫がいます。可愛い。屋内庭園の黄色い小鳥を狙っています。
屋内庭園の池には鯉が泳いでいます。
小鳥が何か不自然な動きというか雰囲気。どんな撮影だったのか?と思える。

ところでベビーシッターはどうやって雇う?、信頼がないと雇えないと思うけど。
夫人から色々と説明があります。
まだ会っていないメイドのローザが3階にいる。夜中には出て行く。
離れのゲストハウスがある。大学生の息子が突然来ることがある。
警備システムの4桁の暗証番号のメモをする。
で、警備システムを作動させ出かけるマンドラキス夫妻。

夜になります。
ベビーシッターやってるジル。とはいえ子供2人はもう寝てるので基本的には何もない状態です。
リモコンで暖炉が点火しています。これはビックリのジル。
大人しく本を読んでるジル。
家の中を見るジル。どの部屋も灯はセンサーで自動に点灯しています。
ネックレスや指輪を勝手に付けてるジル。よくある描写です。
クローゼットのドレスを勝手に出しているジル。
何やら音がします。慌てて元に戻しています。戻りますが誰もいない。
で、散々脅かしたとこで屋内庭園におばさんが小鳥や鯉にエサをやっています。
これがメイドのローザらしい。挨拶してるジル。

一段落したとこで電話です。
ハアハアと言ってるイタ電です。すぐに電話を切るジル。

隣の部屋の灯が点きます。誰かいることになります。
部屋の灯が点いたのは黒猫でしたとなります。

主観ショットがあります。それを見てる本人を切り返してカットバックにする。これがサスペンスの普通の手法なんですが、この作品はそうしていない。
アルフレッド・ヒッチコック監督の真似にもなっていない。それではダメじゃん。

電話してるジル。
スカーレットに電話してるようです。ボビーにここの電話番号を教えた?と聞いてる。
で、ここの電話番号をボビーに教えてと頼んでるジル。
ティファニーの話題にもなっています。

アラートが鳴っています。警備システムのアラートです。
すぐに警備会社から電話がかかってきます。誤作動でベビーシッターのジルですと言ってます。

このへんから上着を脱いでピンクのトップ、ジーンズになってるジル。
ピンクと白の重ね着になってるトップ。

電話です。
マンドラキス夫人からです。誤作動があったと伝えるジル。

メイドのローザを探しに行くジル。
屋内庭園のスプリンクラーが作動しています。どうやら自動タイマーで動くらしい。

電話です。
大丈夫かい?とは誰から?、電話は切れる。どうやら変態かららしい。

時間が経過してまた電話です。
何を着てるの?と始まる変態からの電話です。切ります。

このへんはまだ普通の状態です。ジルの気のせいでしたですむ状態。

また怪しげな物音がします。
暖炉の火かき棒を持って移動するジル。
台所にきたけど誰もいない。物音はしてる。冷蔵庫の製氷機の氷が落ちる音でした。
冷蔵庫からアイスキャンディを出してるジル。

また電話です。
と思ったらいきなりティファニーが現れています。これはビックリのジル。
ガレージのドアから入ったと言ってるティファニー。そこは警備システムがないらしい。
自分でジルの親友だと言ってるティファニー。凄いな。
酒を出してるティファニー。結局飲まず。
なんだかんだで帰るティファニー。またガレージのドアから出て行きます。

ティファニーが外に出たところで怪しい雰囲気になっています。
クルマは赤いトヨタの小型車。キーがトヨタです。
→2005 Toyota Matrix
クルマの中に入るティファニー。ドアをロックする。肝心のエンジンがなかなかかからない。
ようやくエンジンがかかってバックすると門の前に木が倒れていてクルマが出れません。
外に出るティファニー。木をどかそうすると・・・

ガレージのドアが乱打されています。
ティファニーだと思ってドアを開けるジル。誰もいません。

また電話です。忙しい。
無言電話です。
ボビーの携帯電話にかけるジル。ここに電話した?と聞いてる。
ボビーはかがり火パーティの現場にいます。
電波状態が悪くて切れます。

どういうわけか溶暗になっています。
時間が経過したようです。
カメラが家の中に入ったり、家の外から撮ったりと、よくわからん手法になっています。

まだ、ジルの気のせいでしたで済む状態です。

また電話です。
ディスプレイにティファニーと出ています。
で、ティファニーではないと言ってる。
で、この変態電話の声がランス・ヘンリクセンが担当してるそうです。

また電話です。
ディスプレイにはアンノーン云々と出ています。わからんということとです。
今度はハアハアと言ってます。

屋外のかがり火パーティのシーンになっています。
かがり火とはBonfireと言ってます。ホントに燃やしています。
チアリーダーがいて、酔っぱらっていいわけがない。どうなってる?
プロムパーティのようなものか。

スカーレットに電話してるジル。
ティファニーのことを聞いてるけど電波状態が悪くで何だかわかりませんとなる。

ベン・ジョンソンに電話してるジル。誰?、パパでした。留守電です。
マンドラキス先生に電話するジル。留守電です。
片っ端から電話するがどれも留守電です。

0を押して交換手に警察につないでと言ってるジル。
いたずら電話ですと通報してるジル。脅迫、猥褻ではなく無言電話ですとジル。
無言電話では警察は動けないと言われてます。

そんなとこでローザのクルマが置いてあるのに気がつくジル。
1人ではありませんと警察に言ってます。警察も用心にこしたことはないとフォローしてくれます。
電話に出たのバロウズ巡査と名乗ってます。

ローザを呼んでるジル。返事はない。
ローザに電話します。家の中で携帯電話が鳴っています。留守電になる。
携帯電話を何回もかけ呼び出し音を追って探し回るジル。洗濯室等を見るがいない。
ようやくバッグの中の携帯電話を見つけるがローザはいない。

また電話です。
子供達の様子は?と聞いてる。

慌てて子供部屋を見に行くジル。ようやく本来の仕事になっています。
子供2人は寝ています。

また電話です。
同じ男です。子供達は寝ていたか?と言ってる。
そうなると男からこっちが見えているとなります。ジルは慌ててカーテンを閉めています。

警察に通報するジル。
家の中は安全だと言ってるバロウズ巡査。
逆探知するから60秒もたせてくれとなります。
あと警察が到着するには20分かかるとも言われます。

この状態でもまだ気のせいでしたというレベルです。

自分のデジタル腕時計をストップウォッチモードにしてるジル。
電話です。
ストップウォッチをスタートさせて電話するジル。53秒で切れました。ダメです。
電話してる方も逆探知はわかってるようです。

ふとゲストハウスを見ると室内灯が点いています。驚愕するジル。
ゲストハウスに電話するジル。ここも留守電です。トッドと名乗ってる。
ゲストハウスの窓に人影が映る。

外に出るジル。ゲストハウスに向かいます。雨風が激しい。
護身用に何か持っています。フラッシュライトも持ってる。

ゲストハウスにて。
ドアをノックするがドアが開いています。入るジル。
トッドと呼んでるジル。誰もいない。物音はします。
電話です。電話に出るジル。ストップウォッチをスタートさせる。ちょうど60秒ぐらいです。
で、番号が違うことに気がつくジル。母屋とゲストハウスの電話番号が違うらしい。

今度は母屋の3階の室内灯が点いています。
そんなわけで思い切り走って母屋に戻るジル。
雨風は激しい。途中でフラッシュライトを落としています。
そういえばじるは走るのは得意なのか。

母屋に入るジル。
アラートが鳴っています。警備システムを作動させるジル。
ローザの部屋に行こうとするジル。
また電話です。無言電話です。ハアハア言ってる。

ローザの部屋にて。
電話しながらここに入るジル。ローザはいない。
ジルに何が目的なのと聞かれたら・・・
お前の血をを体中に浴びたいと言ってる電話の主。やっぱり変態らしい。
ストップウォッチの方は60秒以上過ぎています。
で、さっきから水音がしています。浴室を見るジル。
シャワーが出しっぱなしです。シャワーカーテンを開けるジル。誰もいない。

シャワーを止めたとこでまた電話です。
振り返るとティファニーが死んでいます。
電話はバロウズ巡査からです。「ジル、逆探知が出来た。奴は家の中だ。早く外に出ろ」と言ってます。
驚愕するジル。これは大変。そんなとこで停電になって真っ暗になります。
この作品は『奴は家の中だ』このアイデア1発の作品なようです。

室内の携帯電話がディスプレイが光るとそこにはティファニーが死んでいました。
また驚愕するジル。
ここまでくるともう気のせいでしたというレベルではなくなっています。

家の中を移動するジル。フラッシュライトを落としてるのて真っ暗です。
相変わらず主観ショットカットバックは使っていない。ダメじゃん。
変な彫刻がたくさん置いてあるので真っ暗では結構不気味です。見てる方がビックリします。

子供部屋を見に行くジル。ベッドは2つとも空でした。ビックリのジル。
つづらのような箱がありつす。チェストと称するのか?
フタから布片がはみ出ている。これはフェイクでぬいぐるみか何かだと思ったら、マジで子供2人が隠れていました。

停電から回復します。いよいよ怪しい人影を確認するジル。

子供2人を連れて避難するジル。窓から外に出ています。
ドアをコードでロックしてるジル。ドアを押し開けようとする怪しい男。
ジルも窓から逃げる。木を伝って庭に降りるジルですが途中で落ちています。

庭では子供2人が泣いてるしどうしましょうとなってるジル。
急に男の姿が出てきます。これはビックリのジル。
スプリンクラーを作動させるジル。どうやら男はまだ室内らしい。これで目くらましになるようです。

子供2人を外に逃がし自分は池に入り渡しの下に隠れています。
男が庭に出て捜しています。
池の底にローザが沈んでるのを発見するジル。水中で驚愕してる。
スプリンクラーは止まります。
子供2人が男に見つかる。逃げるがガレージのドアを開けようするがドアの上にかかってるロックが外せない。

男はジルのちょうど上を歩いてます。で、発見されてアクションになっています。
逃げて家の中に入るジル。追ってる男。ガラス戸を閉めたら髪の毛が掴まれる。そのまま閉めてるジル。
髪の毛が切れてようやく逃げてるジル。
男はガラスを割ろうするがガラス戸は強化ガラスのようで割れない。

子供2人を捜してるジル。
で、家の中に小鳥がいます。そうなるとガラスが割れてることになります。
黒猫がようやく狙っていた小鳥を仕留めています。
ガレージのドアから子供2人を逃がすジル。

階段で男に捕まってるジル。アクションになっています。
ここは相当スタントが入ってます。まあいいけど。
首を絞められてるジル。酒瓶で殴ろうとするのか?、酒瓶が割れる。
リモコンを手に取るジル。暖炉のリモコンです。点火させると酒を浴びてる男に火が点きます。
火かき棒で男の手のひらを床に串刺しにして固定するジル。その隙に逃げる。
表に出たところで巡査が着ていました。見てる方がビックリした。
溶暗となります。

警官のバロウズ巡査と話してるジル。
パトカーの男とすれ違います。ここをしつこく描写しています。
男の顔のクローズアップショットが多めに入る。特に意味はないみたい。

TVニュースで連続殺人の容疑者云々と入る。

病院にて。
入院中のジル。
目が覚めて呼び出しボタンが押すが反応がない。
病室から廊下に出るが誰もいない。電話が鳴ってます。
それでは夢落ちか?と思ったらそうでした。

目が覚めて取り乱してるジルを抑えようとしてる病院の面々。
エンドとなります。


そんなわけで一発アイデアの普通のサスペンスのまあまあな作品でした。


« Hollywood Express #485◆2012.09.16(日) | トップページ | 『スケルトン・キー』 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75473/55719416

この記事へのトラックバック一覧です: 『ストレンジャー・コール』:

« Hollywood Express #485◆2012.09.16(日) | トップページ | 『スケルトン・キー』 »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。