映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« 『恐怖の火星探検』 | トップページ | Hollywood Express #480◆2012.08.12(日) »

2012.08.12

『インベーダー侵略 ゾンビ襲来』

この作品は、エドワード・L・カーン監督、無名キャスト主演のゾンビが入ったB級SFサスペンスアクションのようです。
なおこの文はネタバレ全開となっています。

1959年 Premium Pictures/ユナイテッド・アーティスト アメリカ作品
ランニング・タイム◆パッケージ表記の97分ではなく67分
原題◆Invisible Invaders
プロット◆ゾンビ宇宙人に悪戦苦闘する話しのようです。
音楽◆ポール・ダンラップ

RUNコーポレーション発売のDVDにて。
画質はまあまあ。
スクイーズ収録のフル表示。
画面サイズはスタンダード。左右に黒味あり。
音声はドルビーステレオ。元はモノラル。

キャスト
フィリップ・トング→色々と大変なアダム・ペナー博士
ジーン・パイロン→娘のフィリス・ペナー
ロバート・ハットン→助手のジョン・ラモン博士
ジョン・エイガー→アメリカ軍のブルース・ジェイ少佐
ジョン・キャラダイン→実験で亡くなったカロル・ノイマン博士
ハル・トレイ→ショットガンの農夫
ポール・ラングトン→ジェン・ストーン将軍

エドワード・L・カーン監督の演出はよいと思います。
全体的に無難にまとめています。

画質は悪いですのアラート
RUNコーポレーション

タイトル
Premium Pictures プレゼンツ
キャストでマジでジョン・キャラダインの名前が出ています。あまり珍しくもないか。

前説です。
例によって、
ヒロシマで原爆があった・・・
原子力開発競争になる。カロル・ノイマン博士が原子力の実験中に死亡する。
もうジョン・キャラダインが出ています。で、すぐに死亡しています。

ペンタゴンにて。
アダム・ペナー博士がジェン・ストーン将軍と話し合いをしています。
カロル・ノイマン博士が死んだのでもう原子力開発委員会の責任者は辞任すると主張してるアダム・ペナー博士。引き止めてるジェン・ストーン将軍。

科学者のアダム・ペナー博士はカロル・ノイマン博士が死んだ事故現場はもう数年は入れない。これは大変なことなんだと主張していますが、軍人はそんなのたいしたことはないと言ってます。
何だか現在の日本の福島の状況を考えると洒落になっていない。まあ日本は補助金を押さえられてる科学者達が率先してたいしたことないと言ってるけど・・・。

墓地にて。
カロル・ノイマン博士が埋葬されています。
そんなとこに怪しい足跡が迫る。なにやら透明な何者かが存在しているらしい。
それっきりでシーンが変わる

アダム・・ペナー博士の自宅にて。
娘のフィリス・ペナーと弟子のジョン・ラモン博士が話し込んでいます。

墓地にて。
透明な何者かが迫っています。
カロル・ノイマン博士の墓を暴いてるようです。

アダム・ペナー博士の自宅にて。
ノックの音がします。出るアダム・ペナー博士。
ドアをノックしてたのは死んだカロル・ノイマン博士です。驚愕してるアダム・ペナー博士。

対峙するカロル・ノイマン博士とアダム・ペナー博士。
で、カロル・ノイマン博士は地球人の死体に入り込んでると称しています。
私は別の銀河系の惑星からやってきた。
24時間以内に降伏しないと侵略を開始する。
月には基地がある。月にあった文明は壊滅させた。
話しをするために死体を使った。
地球が核実験やロケットを造るようになったからやって来た。
この博士のように地球人の死体を乗っ取る。
デモンストレーションで宇宙船の材料を渡しています。透明だけどある方法で見ることが出来るらしい。
このことを早く世間に広めろとアダム・ペナー博士に言ってます。
困惑してるアダム・ペナー博士。
で、帰ってしまうカロル・ノイマン博士。

日を改めて、
帰宅した娘のフィリス・ペナーと弟子のジョン・ラモン博士が話し込んでいます。
例の話しを全く信じていない2人。
父のアダム・ペナー博士はおかしいとか。病気だとか。
で、アダム・ペナー博士はおおまじめで24時間以内に壊滅すると主張しています。
私は原子力開発委員会を辞任したばかりなので支障があるからジョン・ラモン博士に代わりにワシントンまで行って伝えてくれとなります。
露骨に嫌がってるジョン・ラモン博士。
そんなこんなで嫌々この用件を引き受けるジョン・ラモン博士。

新聞の見出しのモンタージュです。
思い切りバカにしてる見出しが続いています。
何も映っていない写真まであります。透明だから・・・
そんな感じでキチガイ扱いされてるアダム・ペナー博士です。

アダム・・ペナー博士の自宅にて。
新聞を見て暗くなってるアダム・ペナー博士。
娘のフィリス・ペナーと弟子のジョン・ラモン博士がやってきます。
やっぱりダメでしたと報告してるジョン・ラモン博士。

何だか地球壊滅の時間が迫ってるらしい。
直接会って交渉しようとなります。どこへ?、墓地に行くことになります。
さすがに娘のフィリス・ペナーは病気ではないと言ってる。

墓地にて。
3人で来ています。呼びかけるアダム・ペナー博士。
そうしたらマジで気配がしています。透明な何かが存在しています。
足跡が迫ってきます。2人分の足跡が墓に迫る。
話したまえと声だけがします。ジョン・キャラダインはもう出てこないようです。
で、アダム・ペナー博士では警告が伝わらないので直接警告をすると言ってます。

最初の警告は飛行機の墜落事故。
本物の飛行機が墜落しています。ですが山腹の目印に飛行機が衝突している。アメリカ軍の何かの実験のアーカイブ・フッテージの流用のようです。
パイロットの死体に取り憑いてゾンビになっています。

アイスホッケーの試合にて。
パイロットゾンビが実況席に入り込んでいます。中の調整員とアナウンサーの首を絞めてマイクを奪いメッセージを話しています。大騒ぎの観客。
首を絞められた2人は死んでいない。
ゾンビの中味はズラかっていなくなりパイロットの死体だけが残される。

カリフォルニアで自動車事故がおこる。
これもマジで自動車事故になっています。何のアーカイブ・フッテージの流用なのかはわからん。
運転手の死体に取り憑いてゾンビになってます。

スタジアムにて。
また実況席を乗っ取りメッセージを流しています。

新聞の見出しのモンタージュ。
地球の危機・・・

いよいよ地球侵略が始まるらしい。
ダムが破壊されます。爆発しています。これはミニチュア。
ビルが崩壊しています。これはアーカイブ・フッテージ。
ゾンビがゾロゾロ出てきます。これは低予算メイク。
そんなこんなで3日以内に壊滅するようです。
橋も破壊された。アーカイブ・フッテージ、たまにミニチュアもあります。

アダム・・ペナー博士の自宅にて。
TVを見てるアダム・ペナー博士。ニュースでアダム・ペナー博士がまた責任者になると流れています。

お迎えのジープがやって来ます。
ジェイ少佐が運転手。アダム・ペナー博士。フェリス・ペナー、ジョン・ラモン博士の4人が乗り込みます。
町の郊外の秘密基地に移動するとのこと。

ジープで移動中にて。
科学者が27人集まってるとか言ってます。

前方にショットガンを構えた男がいます。
ジープをハイジャックする気のようです。
見えない足跡が迫る。
スキを見ていきなりハンドガンで反撃するジェイ少佐。アッサリと男を片づけています。
ジープが去ったあとで見えない足跡の存在が死んだ男に取り憑いたようです。

6号秘密基地にて。
ここに入るジープ。
ストーン将軍は無線連絡してるとこで非常ベルがなっています。
ガイガーカウンターが外で反応しているようです。
モニタで外を写すとゾンビがうろついています。
4人が口論になっています。軍人が偉そうにするなから始まったらしい。もめています。
ショットガンの男は農夫となっています。
そんなこんなで対策の開発を始めようとなっています。

侵略者の破壊活動は全部アーカイブ・フッテージの流用になっています。
火事とか火事や火事等・・、火事ばっかり。

6号秘密基地にて。
無線連絡です。ストーン将軍からです。仕事は進んでるか?の催促でした。
何か情報もあるらしい。

ジェイ少佐とフェリスが話し込んでいます。
何となく仲良くなりつつあるらしい。
ジェイ少佐は朝鮮戦争に行ったとか。撃った相手の顔は見ていないとか。
で、フェリスはジョン・ラモン博士はタダのお友達とか言ってます。結構凄い。

アダム・ペナー博士が何か思いついたようです。
誰か1人は基地の外に出ないといけない。標本が必要。
アクリルスプレーをかけて取り憑いた死体から出れなくする?

時々ナレーションが入っています。
11:30で地球は壊滅すると言ってる。意味がわからん。

作ってるのが消火器改造のアクリルスプレーガン。
基地の外に出るのは当然ジェイ少佐がいくようです。防護服を着ています。

基地の外にて。
移動中のジェイ少佐。モニタで見ている基地内の3人。
ゾンビにアクリルスプレーをかけています。倒れるゾンビ。
そんなとこに見えない足跡が迫る。アクリルスプレーガンを破壊する。
昏倒するジェイ少佐。倒れていたゾンビも復活しています。

ゾンビが離れるとガイガーカウンターの反応は鈍くなるようです。

6号秘密基地にて。
何とか生還したジェイ少佐。まだこれには改良が必要だとなります。
ジョン・ラモン博士の協力が必要だと主張するジェイ少佐。

基地の外にて。
トラックで移動しています。
ガイガーカウンターが反応しています。
農夫のゾンビがやってきます。合図のクラクションを鳴らしてるジョン・ラモン博士。
落とし穴にアクリル液を満たしてるジェイ少佐。
ゾンビをおびき寄せてアクリル液に浸ける作戦らしい。
で、ゾンビ農夫をアクリル液で固めたようです。
ロープをかけて引っ張り出しています。

6号秘密基地にて。
トラックが戻ったとこでドアの外側にはゾンビが押し寄せてるようです。
ドアを叩く音がしています。

アクリルで固めたゾンビを圧力室に入れてアクリルを割って取るようです。
アクリルが割れます。農夫ゾンビが出てきます。
農夫ゾンビが倒れて動かなくなります。本体が出たらしい。
肝心の透明の本体はどこだ?となります。
圧力室内のマイクを使って喋ってる透明な存在。結構強気なことを言ってます。

透明な存在を可視化出来る研究をやっています。
合間合間にアーカイブ・フッテージの破壊シーンが入ってます。

ジョン・ラモン博士は降伏した方がいいと主張し始める。
閉じこめた透明な存在を出そうとします。
で、まだ諦めないジェイ少佐と乱闘となります。
ジョン・ラモン博士が薬品の入ってガラス容器を計器に投げてスパーク大会となります。これは大変。
非常ベルも鳴って大騒ぎになっています。
透明な存在は死体に戻ってるようです。

アダム・ペナー博士は加藤武みたいにわかったと言ってます。
あの透明な存在は爆発と振動に反応した。音が弱点らしい。
この基地ももうそんなにもたないようなので早く研究開発をやろうとなります。

出来たのは音波銃。これを閉じこめたゾンビに使います。
変化はない。ボリュームを上げたら効果があるようです。
不気味な影が苦しんでいます。で、泡になっています。一応成功したらしい。

無線連絡をしようとしたらジャミング攻撃をされます。
これで通信不能です。どうやら近くに円盤があってそこからジャミング攻撃をしてるらしい。

ジャミング攻撃を探知するには外に出るしかない。
電波探知器搭載ステーションワゴンで出動となります。
運転手はフェリス。探知器担当はジョン・ラモン博士。屋根にはジェイ少佐が音波銃でガードする。
残ったアダム・ペナー博士は基地のドアの開け閉め担当。

外にて。
電波探知器搭載ワゴンで移動中。
ゾンビを音波銃で片づけてます。
ジャミングの方向を追って円盤の位置を探っています。

何だかゾンビに取り囲まれつつあるようです。
音波銃で次々とゾンビを片づけてるジェイ少佐。リボルバーを持ってるゾンビに撃たれて負傷する。
ヨロヨロとしているが位置がわかった円盤に向けて音波銃を使います。
爆発する円盤。

基地では無線連絡をしてるアダム・ペナー博士。
音波銃のことを伝えてるようです。

負傷したジェイ少佐を救出してるフェリス。

国連にて。アーカイブ・フッテージの国連ビルの全景。
ナレーションが入ります。
会議にて。4人が出席しています。ジェイ少佐は無事だったらしい。
これで解決となるようです。
エンドとなります。
ユナイテッド・アーティスト

この作品の正確なランニングタイムは66分40秒でした。97分ではありません。
短い方がいいけど。

そんなわけで普通のB級SFのよい作品でした。


« 『恐怖の火星探検』 | トップページ | Hollywood Express #480◆2012.08.12(日) »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75473/55408711

この記事へのトラックバック一覧です: 『インベーダー侵略 ゾンビ襲来』:

« 『恐怖の火星探検』 | トップページ | Hollywood Express #480◆2012.08.12(日) »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。