映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« Hollywood Express #481◆2012.08.19(日) | トップページ | 『ニューヨーク1997』 »

2012.08.25

『エスケープ・フロム・L.A.』

この作品は、ジョン・カーペンター監督、カート・ラッセル主演のシリーズ物の続編アクションのようです。
なおこの文はネタバレ全開となっています。

1996年 デブラ・ヒル・プロダクション/Rysher Entertainment/パラマウント アメリカ作品
ランニング・タイム◆101分
原題◆Escape from L.A.
プロット◆また仕事をする話しのようです。
音楽◆ジョン・カーペンターとシェリー・ウォーカー

パラマウント発売のDVDにて。
画質は普通です。HDスーパーライブにしてもそんなに画質は落ちなかった。オリジナルの画質の粒子が粗目なのでダメージが少なくなったようです。
スクイーズ収録のフル表示では上下左右に大きく黒味あり。
画面サイズはワイド。HDスーパーライブにして見ます。上下に黒味あり。
音声はドルビーデジタル5.1ch

キャスト
カート・ラッセル→伝説の男スネーク
ステーシー・キーチ→当局のマロイ隊長
ミシェル・フォーブス→マロイ隊長の部下ブレイゼン
ジョージ・コラフェイス→L.A.の支配者クエボ
スティーブ・ブシェミ→L.A.の案内人エディ
パレリア・ゴリノ→タスリーマ、ヒロインかと思ったらあっさりと死に至る。
ピーター・フォンダ→サーファーのパイプライン
パム・グリアー→L.A.の反対制?側の支配者ハーシー
アル・レオン→ハーシーの部下
ブルース・キャンベル→医者の親玉
クリフ・ロバートソン→大統領
A・J・ランガー→大統領の娘のユートピア
ロバート・キャラダイン→スキンヘッド
リーランド・オーサー→Test Tube


ジョン・カーペンター監督の演出はよいと思います。

話しの進行は1998から2013へとなります。強引に地震になります。
状況説明の演出は上手い。話はどんどん進みます。
あと8時間のタイムサスペンスになってました。
合成が多用されています。安っぽい感じがするのは御愛嬌。とてもアメリカ映画とは思えません。
ディズニーランドの名前が出せないようでテーマパークと字幕で出てます。

捕まってルームランナーを使用するカート・ラッセルの図。これはギャグ?
バスケットのシュートは編集してなかった。ホントにカート・ラッセルが入れてるように見えました。

パレリア・ゴリノがあっさりと殺されたのはゴールディ・ホーンの差し金なのか?カート・ラッセルに殺せと指令を出したのたも?
ハーベイ・カイテルは痩せたなと思ってたらクリフ・ロバートソンでした。老けたな。


DVDにて。
著作権のアラート

すぐに再生したのはいいけどこのDVDは画面が黒枠仕様です。ガッカリした。
Paramount Pictures
Rysher Entertainment
デブラ・ヒル・プロダクション
タイトル

1998年
前説が入ります。
ロサンゼルスには悪徳と犯罪がはびこる・・・
大地震が起きると大統領のお告げをする。
2000年の8月23日にマグニチュード9.6の大地震がおこる。
大統領は終身任期と自分で発表する。
ロサンゼルスは島となって流刑地となった。
一度入ったら戻れない流刑地。

2013年 現在
流刑地対岸の当局にて。追放センターと称しています。
大物犯罪者が来る。で、護送車からスネークが登場します。
ステーシー・キーチ扮するマロイ隊長とミシェル・フォーブス扮する部下ブレイゼンが会話して状況説明をやっています。
スネークを護送してる男が嫌みを連発しています。誰が演じてるのかわからん。
で、俺はスネークだと言ってるスネーク。

通路でブレイゼンがすれ違い際にスネークの手を引っかく。

個室に入れられるスネーク。
もう腕にはめるデジタルタイマーが用意されています。
3人入ってきます。マロイ隊長とブレイゼン、そして大統領。

用件の説明となります。3D映像です。
大統領の娘ユートピアが飛行機をハイジャックする。
衛星兵器のコントロール装置の入ったトランクを持って流刑地へ脱出する。
この時点ではスネークにはトランクということだけ言ってる。中身は機密です。
手引きしたのがクエボというテロリスト。

いよいよ新型ウィルス、死亡率100パーセントの説明となります。
デジタルタイマーがカウントダウンを始めます。残り10時間。
頭に来たスネークがつかみかかるがこの3人はホログラムでした。

次は装備の説明になります。
ホログラム装置もあるようです。
前に入った救助隊5人のうち1人は生きてるとのこと。
普通の黒いパンツやコートに着替えます。これがステルススーツです。
侵入は1人乗りの潜水艇。まず生き残りの救助隊員を探す。
潜水艇で侵入して潜水艇で戻る予定。
ユートピアは殺してもOKとのこと。トランクを回収するのが任務。

潜水艇に乗り込むスネーク。
この潜水艇は腹ばいになって乗り込むようです。魚雷みたいなものです。
デジタルタイマーはもう残り8時間になっています。

潜水艇は発進して海中に入り航行しています。
そんなこんなで何とか上陸しますが着地した桟橋が崩れて潜水艇は沈没します。
これは幸先が悪い。先行きが暗い。

で、もうホールドアップされてるスネーク。
何となく別れます。それだけかい。

マルホランドドライブにて。
先ほどの男が尾行してきます。ピーター・フォンダ扮するパイプラインです。
見覚えがあるとか、背が低いと言われてるスネーク。
また何となく別れます。

廃虚の描写は作画合成が多い。この手法は好きだな。

救助隊員に接近中とナビが案内しています。
もうあと3メートル。で、生き残りの救助隊員は拘束されてナイフが刺さっている。もう死んでいます。
クエボはどこだと聞き込みをしてるスネーク。

サンセット大通りにて。
人込みの中を移動するスネーク。何となく『ブレードランナー ファイナル・カット』(1982年/1992年/2007年)風になっています。音楽もそんな感じになっています。
スネークは始終無線で連絡をとっています。
最後の1人はダーツの的になっていたと報告するスネーク。

何だかパレードが始まっています。
オーブンカーにはクエボとユートピアが乗っています。
バイクを奪って追跡にかかるスネーク。バイクは普通にハーレーのようです。
クエボはスネークのことは知っています。今は落ち目だとも言ってる。
バイクからクルマへ乗り、クルマからクルマへと移動して接近するスネーク。
クエボは実戦もやるようで重りの付いたロープを投げスネークに首に巻き付け止めています。

4人に囲まれるスネーク。
ここはマカロニウエスタンスタイルで4人を片づけるスネーク。
音楽もそんな感じになっています。

無線連絡のスネーク。
あまり上手くないと言ってるスネーク。

一休みしてるスネーク。地震があります。
スティーブ・ブシェミ扮するエディが登場。

ビパリーヒルズにて。
案内をするからカネを出せとふっかけてくるエディ。アッサリ断ってるスネーク。
救急車が来ています。何だかわからん。
木陰に隠れるスネーク。ここにバレリア・ゴリノ扮するタスリーマが登場。
黒装束の男と対峙するスネーク。違う方向から投網弾を受けて拘束されるスネーク。

ビバリーヒルズの整形外科にて。
捕まってるスネーク。タスリーマも捕まってます。
公衆衛生局長官というのが出てきます。血まみれのマッドドクターそのものでブルース・キャンベルが演じています。
隙を見てマッドドクターに口から吹き矢を放ち脱出するスネーク。
タスリーマが私を助けてくれれば逃げ道を案内をすると売り込んでいます。

タスリーマと移動するスネーク。
マンホールから地下道を移動します。
もう残り時間は5時間になっています。
タスリーマにも背が低いと言われてるスネーク。

タスリーマの案内でまたマンホールから地上に出ています。
コリアンドラゴンのテリトリーに入るから注意せよと言ってるタスリーマ。
タスリーマは色々と誘ってるけど乗らないスネーク。
そんな感じでここで別れています。

朽ち果てたクルマが多量にある所にて。
実はついてきていたタスリーマが合流します。
とりとめのない話しをしていたらいきなりタスリーマが撃たれる。死に至ります。
スネークの残り時間も4時間になっています。
激しく銃撃されるスネーク。コリアンドラゴンの連中らしい。

エディがクルマで通りがかる。乗り込むスネーク。
ところがクルマに仕掛けがしてあり吹き矢を打ち込まれるスネーク。溶暗となります。

クエボのアジトにて。
捕まってるスネーク。残り時間は3時間20分ぐらい。
メガネの男が色々と説明をしています。衛星兵器の中性子砲について。これをコントロールするにはトランクの中味のアイテムが必要・・・

当局にて。
スネークはもう失敗だから爆撃命令を出そうと主張してる大統領。
これを止めてるマロイ隊長。

クエボのアジトにて。
クエボが登場となります。スネークが拘束されてる機械のスイッチを入れてます。
これがルームランナーです。黙々と歩くスネーク。何だかわからん描写です。

クエボのTV演説が始まります。
TV画面の片隅に黙々とルームランナーのスネークが映ってるわけです。
で、TVを見ている当局の面々にまだスネークが生きてるとわかります。
衛星兵器の中性子砲をネタに脅迫するクエボ。

連行されてるスネーク。どこへ行く?

ロサンゼルス・コロシアムにて。
アーチのデザインの建物が特徴の競技場です。
死のバスケットゲームとなります。10秒以内に反対側のゴールにシュートして入れる。これを繰り返す。外したり10秒のショットクロックを切ったら銃殺となるゲームのようです。

スネークの前に失敗の例があります。すぐに銃殺される。
でも銃殺はいいけど回りを全部囲んで撃ちまくってる。普通は反対側に弾が当たると思うけど、映画だから。

クエボが口上を述べてスネークの公開処刑のゲーム開始となります。
スネークの残り時間も2時間ぐらいになっています。
そんなこんなでこの死のバスケットゲームを乗りきるスネーク。
最後のロングシュートはワンショットに見えたけどマジでそうなのか?
熱狂してスネークコールをする観衆。
それでも処刑しようと撃つクエボ。そんなとこに地震が起きる。この隙にスネークはズラかります。

クエボはアナハイムに行くと宣言しています。
スネークはクルマのガソリンタンクに火をつけて爆発させる。
その隙にトランクをゲットしてマンホールから地下道へ逃げるスネーク。
ユートピアもついてきます。
いつのまにかエディが追跡してきてる。また地震があってエディがスネークを撃つ、スネークの脚に命中したようです。
スネークは穴に落ちてどこへいく?

トランクを回収してユートピアと地上へ戻るエディ。

スネークは地下道内を流されていきます。
出てきたとこにはサーフィンの準備万端でやる気満々のパイプラインががいます。

クエボはエディにスネークの首をもってこいと命令しています。

パイプラインはスネークに色々とアドバイスをくれます。
ハーシーと会えとか、ハーシーは船がアジトとか・・・
今はサイゴンシャドウと組んでるとか・・・

波が来ます。津波とハッキリと言ってます。映画だけではなく現実でも津波は全世界共通用語なのです。
サーフィンでこれに乗るんだとパイプライン。
ちゃんとスネークにサーフボードを持ってきてくれます。

津波でサーフィンとなるスネークとパイプライン。
合成バレバレですがいいシーンです。

何故か平行してる道路をエディがクルマで走っています。
オッサン2人がサーフィンしてるのを見てビックリしてるエディ。
波からジャンプしてクルマに飛び乗るスネーク。
エディにハーシーの所に案内しろと命令してるスネーク。
残り時間は2時間になっています。

クイーンメリー号が廃虚にあります。
ここに入るスネークとエディ。
ハーシーと対峙するスネーク。どうやら知り合いだったようです。
ハーシーをカージャックマローンと呼ぶスネーク。クリーブランドの件でつるんでいたようです。
ハーシーに裏切られたと主張してスネーク。
当然ハーシーはこれとら意見が違います。
で、スネークはデタラメを並べてハーシー一味に手伝わせようとしています。

風を使って行く?、ハングライダーで移動するようです。
ハングライダーの集団で移動となります。
残り時間は34分になっています。

アナハイムにて。
ここは実際にディズニーランドがあるところですが版権の問題でテーマパークと称しています。これはいくら映画でも無理があり過ぎです。
クエボは攻撃の時が来たと演説しています。
当局からのヘリコプターが到着します。パイロットが引きずり出されています。
エディがクエボにご注進。スネークが来ると言っています。
そんなこんなでエディがトランク内の衛星兵器のコントロール装置を奪おうとクエボともめてると、ハングライダーのスネークが到着しています。
他のハングライダーの一行も到着してアクションシーンになっています。

スネークは着陸してクエボと格闘アクションになっています。
コントロール装置が落ちています。これを奪い合うスネークとクエボ。

そんなこんなでヘリコプターで脱出しようとするスネーク一行。
クエボの手下がロープをヘリコプターに結びつける。
発進するヘリコプター。ハーシーがロープを撃って切断する。
クエボが携帯ミサイルランチャーを発射します。ヘリコプターに命中する。
フラフラになりながら対岸の当局方向に飛行してるヘリコプター。
エディはヘリコプターから飛び降りてしまったので置き去りになる。

ヘリコプターは何とか飛んで対岸に入る。
強引に乗り込んでいたユートピアにコントロール装置を内緒で持たせて飛び降り脱出させるスネーク。
そのまま当局を通過して林に墜落して爆発炎上となります。スネーク以外は全滅したようです。

無事なスネークを当局の武装隊員達が包囲する。
薬を打てと言ってるスネーク。しかし大統領は平然としている。
時間切れとなります。スネークはまだ無事です。
どうやら薬は単なる風邪ウィルスだったとバラす部下ブレイゼン。これはいっぱい食わされたスネーク。

コントロール装置を「欲しければ取りに来い」と言い放つスネーク。
これはいいセリフです。『カムイの剣』(1985年)にも同じセリフがあった。
そんなところにユートピアが捕まって連行されてきます。これはまずい。
ユートピアに内緒で持たせたコントロール装置がマロイ隊長に発見されます。
それでスネークはどうする?。
マロイ隊長に焼きが回ったとか小細工が過ぎるとこき下ろされてるスネーク。

大統領がTV演説を始めます。
ユートピアは速攻で電気椅子刑になるようです。
私の言うことを聞かない国は制裁を加えるとコントロール装置にキューバにあたる数字を入力して作動させます。
そうしたらエディの観光案内スターマップツアーのCMが流れます。こっちが偽物だったらしい。

本物のコントロール装置を持ってるスネークを包囲してる武装隊員達が撃ちまくりとなります。
倒れないスネーク。これはホログラムのスネークでした。ここで使ったわけです。
マロイ隊長は本物のスネークは800メートル以内だ捜せと命令する。

スネークはコントロール装置に数字666を入力して作動させます。
これは全世界が目標のコードのようです。

衛星兵器の中性子砲が作動します。

最後にタバコに火をつけるスネーク。人間に戻れたとセリフが入る。
エンドとなります。


そんなわけで無難にまとめてあるよい作品でした。


« Hollywood Express #481◆2012.08.19(日) | トップページ | 『ニューヨーク1997』 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75473/55505395

この記事へのトラックバック一覧です: 『エスケープ・フロム・L.A.』:

« Hollywood Express #481◆2012.08.19(日) | トップページ | 『ニューヨーク1997』 »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。