映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« 『デス・サイト』 | トップページ | 『アデル ファラオと復活の秘薬』 »

2012.02.06

Hollywood Express #453◆2012.02.05(日)

映画紹介番組のHollywood Expressの感想です。BS193 WOWOWにて。
なおこの文はネタバレ全開となっています。

◆news flash
◆アカデミー賞のノミネート関係の話題です。
◆『ヒューゴの不思議な発明』 Hugo (2011) は俳優関係のノミネートはないそうです。これだと作品賞は無理らしい。3D賞くらいか?
◆本命は『アーティスト』 The Artist (2011) でおそらく圧勝でしょう。
◆自分はMLB好きなので『マネーボール』 Moneyball (2011) がいいんだけど無理っぽい。
◆『ファミリー・ツリー』 The Descendants (2011) のジョージ・クルーニーは主演男優賞を取れるか?、これも無理っぽい。
◆『明日を継ぐために』 A Better Life (2011) Chris Weitz監督のドラマ。よくわからん。
◆『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』 The Iron Lady (2011) のメリル・ストリープは相変わらずの成りきり演技。ですが主演女優賞は『ヘルプ 心がつなぐストーリー』 The Help (2011) のビオラ・デイビスか?
◆ゴールデングローブ賞のアンサンブルキャスト賞は実質作品賞らしい。そうなるとアカデミー作品賞は『ヘルプ 心がつなぐストーリー』 The Help (2011) でもう決まりなのかもしれない。

◆red carpet
◆全米俳優組合賞とはSAG Awardsのことです。
◆で、その会場でのファッションチェックの話題です。

◆inside look
◆ The Grey (2012) で、リーアム・ニーソンのインタビューがあります。零下40度でカメラが凍って作動しなかったとか・・、わざわざ寒いとこまでロケしに行ったのか?。グリーンバックのデジタル合成なら安く上がるのにハリウッドは豪勢です。どうやらずっと狼相手に悪戦苦闘しているようです。
◆『崖っぷちの男』 Man on a Ledge (2012) で、サム・ワーシントンのインタビューがあります。同じ傾向の2作品『フォーン・ブース』(2002年)と『交渉人』(1998年)と同じ作品に出たかったとのこと。他にはエリザベス・バンクスとエドワード・バーンズが説得する刑事コンビらしい。

◆Hollywood gossip
◆ハル・ベリーが裁判所に行く。ベビーシッターが訴えたとか。その参考人。
◆ジョン・トラボルタが夫人のケリー・プレストンから贈られた20年前のビンテージ物ベンツを盗まれる。代わる物がないと非常に残念そうなジョン・トラボルタです。

◆new releases
◆ Big Miracle (2012) ケン・クワピス監督、ドリュー・バリモア、ジョン・クランシンスキー主演のクジラ救出ドラマのようです。流氷に閉じこめられた3頭のクジラを助けようとドリュー・バリモアが奮闘する話しのようです。票欲しさの知事がクジラの着ぐるみと握手するシーンがあります。
◆ Chronicle ( (2012) ジョシュ・トランク監督、アレックス・ラッセル、デイン・デハーンの若手キャスト主演の超能力物SFサスペンスアクションのようです。念動力を手に入れた無軌道な若者3人に色々とある話しのようです。
◆ The Woman in Black (2012) ジェームズ・ワトキンス監督、ダニエル・ラドクリフ、キアラン・ハインズ主演のゴシック・ホラーのようです。出来はどうかな?

◆weekend boxoffice top10
◆10位が Haywire (2011) スティーブン・ソダーバーグ監督、ジーナ・カラーノ、ユアン・マクレガー、マイケル・ファスベンダー、チャニング・テイタム、マイケル・ダグラス主演のアクションのようです。興行収益totalが1520万ドル。今週のハイライトはジーナ・カラーノとマイケル・ファスベンダーの格闘アクションか?
◆9位が『美女と野獣 ディズニーデジタル3D』 Beauty and the Beast (1991) ゲイリー・トルースデール、カーク・ワイズ監督、ペイジ・オハラ、ロビー・ベンソンがVCのミュージカルアニメの3D版。興行収益totalが4110万ドル。これは凄いな。新作を作る必要がない。
◆8位が『ファミリー・ツリー』 The Descendants (2011) アレクサンダー・ペイン監督、ジョージ・クルーニー、シェイリーン・ウッドリー主演の家族ドラマのようです。娘にボーイフレンドが出来たり妻が浮気してたりとそんな話しらしい。興行収益totalが5870万ドル。
◆7位が Contraband (2012) バルタザール・コルマウクル監督、マーク・ウォールバーグ、ケイト・ベッキンセール主演の家族愛が入ったアクションのようです。興行収益totalが5650万ドル。
◆6位が『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 Extremely Loud and Incredibly Close (2011) スティーブン・ダルドリーy監督、子役のトーマス・ホーン主演の911トラウマドラマらしい。サンドラ・ブロック、トム・ハンクスが共演。興行収益totalが2090万ドル。
◆5位が『崖っぷちの男』 Man on a Ledge (2012) アスガー・レス監督、サム・ワーシントン、エリザベス・バンクス、エド・ハリス、エドワード・バーンズ、キーラ・セジウィック主演の間違えられた男系サスペンスアクションのようです。興行収益totalが800万ドル。
◆4位が Red Tails (2012) アンソニー・ヘミングウェイ監督、ネイト・パーカー、デビッド・オイェロウォ、NE-YO、イライジャ・ケリー、キューバ・グッティング・Jr.、テレンス・ハワード他、黒人俳優が総出演の第2次世界大戦で活躍した黒人パイロット達の話しでヨーロッパ戦線が舞台の戦争映画のようです。興行収益totalが3370万ドル。
◆3位が One for the Money (2012) ジュリー・アン・ロビンソン監督、キャサリン・ハイグル、ジェイソン・オマラ主演のロマンティック・コメディのようです。見習いのバウンティハンターになったヒロインが悪戦苦闘する話しのようです。興行収益totalが1150万ドル。
◆2位が『アンダーワールド 覚醒』 Underworld: Awakening (2012) モンス・モーリンド監督、ケイト・ベッキンセール、スティーブン・レイ主演の『アンダーワールド』シリーズの第4弾。興行収益totalが4490万ドル。今週のハイライトはエレベーターに爆弾をしかけるシーンです。
◆1位が The Grey (2012) ジョー・カーナハン監督、リーアム・ニーソン、フランク・グリロ、ダーモット・マローニー、ジェームズ・バッジ・デール主演の極寒のアラスカ・アクション。興行収益totalが1960万ドル。これはいい出だしの興業のようです。何だかずっと狼に追われてる話しらしい。

◆ending
◆“Man or Muppet” from “The Muppets (2011)”

« 『デス・サイト』 | トップページ | 『アデル ファラオと復活の秘薬』 »

Hollywood Express」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75473/53919124

この記事へのトラックバック一覧です: Hollywood Express #453◆2012.02.05(日):

« 『デス・サイト』 | トップページ | 『アデル ファラオと復活の秘薬』 »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。