映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« 『密殺集団』 | トップページ | Hollywood Express #451◆2012.01.22(日) »

2012.01.22

『ダウト 偽りの代償』

この作品はピーター・ハイアムズ監督、マイケル・ダグラス、ジェシー・メトカーフ、アンバー・タンブリン主演の一発アイデア・サスペンスのようです。
なおこの文はネタバレ全開となっています。

2009年 Foresight Unlimited/Signature Entertainment/RKO Pictures/Autonomous Films アメリカ作品
ランニング・タイム◆106分
原題◆Beyond a Reasonable Doubt
プロット◆判事のでっち上げを暴いたら自分もそうだった話しのようです。◆両方ともダウトだった話しのようです。
音楽◆デビッド・シャイア

BS191 WOWOWにて。
画質はよいです。
スクイーズ収録録画のフル表示。画面サイズはワイド。上下左右黒味無し。フルスクリーン。
音声はAACステレオ。

キャスト
マイケル・ダグラス→無敵のハンター判事
アンバー・タンブリン→ハンター判事の部下エラ・クリスタル
ジェシー・メトカーフ→TVレポーターのC.J.ニコラス
ジョエル・デビッド・ムーア→C.J.ニコラスの相棒フィンリー
オーランド・ジョーンズ→ベン・ニッカーソン刑事 黒人
ローレンス・P・ベロン→ハンター判事の手下マーチャント警部補
デビッド・ジェンセン→ゲーリー・スポタ弁護士
シャロン・K・ロンドン→シェパード判事

ピーター・ハイアムズ監督の演出はよいと思います。
脚本、撮影も担当しています。
キャラ紹介が省略し過ぎで名前がなかなかわからなかったののが難でした。
この作品はリメイクでオリジナルがフリッツ・ラング監督の『条理ある疑いの彼方に』(1956年) Beyond a Reasonable Doubt だそうです。

Autonomous Films (2009) (USA) (theatrical)
RKO Pictures→まだあったのか?、オリジナル版権元なのでしょう。
Signature Entertainment
Foresight Unlimited

タイトル
Autonomous Films (2009) (USA) (theatrical)
Foresight Unlimited
and RKO Pictures
Signature Entertainment Production

いきなり始まります。
目隠しをした女性が何をされる?
と、思ったら目隠ししてコーヒーの味見でした。TVレポーターが説明してる。
KBUM10 TVレポーターのC.J.ニコラスが登場。

相棒のフィンリーと法廷に行きます。
無敵と名高いハンター判事の追求ぶりを拝見といった感じ。
鬼検事のマイケル・ダグラスの演技がいい。

このマイケル・ダグラス扮するハンター判事は有名人で次期知事候補らしい。
TVのインタビューにそくなく答えています。

ハンター判事の部下エラ・クリスタルと会って話しのC.J.ニコラス。
食事にしましょうとなっています。

自宅アパートにて。
ハンター判事の記事をスクラップしてるC.J.ニコラス。

レストランにて。
エラ・クリスタルと食事のC.J.ニコラス。

TV局にて。
警察の取り調べのビデオテープをゲットしたC.J.ニコラス。
上司に見せてこれはスクープですと意気込んでいます。
取り調べしてるマーチャント警部補。証拠のタバコが怪しいと言ってるC.J.ニコラス。
上司はスクープの根拠にしてる日付が合わないからとダメ出しをしています。
そんなわけで視聴率も悪いということで調査部の予算がなくなって他の部門に回されるC.J.ニコラスとフィンリー。

エラ・クリスタルから電話です。レストランで食事となります。
いい雰囲気になってるC.J.ニコラスとエラ・クリスタル。ここはちゃんと2人を切り返して描写しています。いいなこういうの。

で、さっそくC.J.ニコラスのアパートでセックスとなっています。
大きな仕事の話をしてるC.J.ニコラス。
C.J.ニコラスがバッファローにいた時に賞を取ったTVドキュメントのビデオを見せています。

で、TV局での普通の仕事の日々のモンタージュが入ります。
2人の関係も入る。法廷通いもあります。

カジノにて。
C.J.ニコラスは相棒のフィンリーにハンター判事の証拠でっちあげを暴く危険な仕事をやろうと持ちかけています。
手ごろな殺人事件を利用してC.J.ニコラスが容疑者となって法廷で証拠でっちあげを暴くという手はずです。
フィンリーにC.J.ニコラスの行動をビデオを撮らせて証拠にする予定です。
なんだかんだでこの仕事を引き受けるフィンリー。

法廷にて。誰もいない。
エラ・クリスタルがハンター判事に検事の心得を説教されています。

C.J.ニコラスの自宅アパートにて。
夜中に来客です。フィンリーでした。手ごろな事件があったとのこと。
急行しています。

殺人事件現場にて。売春婦殺人事件です。
黒人のベン・ニッカーソン刑事に色々と聞いてるC.J.ニコラス。

ベン・ニッカーソン刑事に交渉して証拠写真等をゲットしています。
どうやらアメフトのシーズンチケットを条件にしたようです。それもフィンリーの持ってるシーズンチケットみたい。
ルイジアナなのでNFLニューオリンズ・セインツのシーズンチケットのようです。
フィンリーは最後の確認をしています。マジでやるのかと・・・

まずビデオカメラを買っています。
証拠品を買い集めています。これをビデオカメラで撮るフィンリー。
飛び出しナイフを買いに怪しげな店に入ります。飛び出しナイフはさすがにアメリカでも違法なはずです。
飛び出しナイフは350ドル。防犯スプレーをおまけにしてもらう。
飛び出しナイフのことは英語ではスイッチナイフと称してるはず。

白い線が2本のスウェットパンツ。
黒いスキー用の目出し帽。
特徴があるスニーカーはネットオークションで買います。
イヌまで買っています。

自宅アパートにて。
イヌに噛まれてるC.J.ニコラス。まあ予定通りなんですが。

警察にて。
捜査会議をやっています。ベン・ニッカーソン刑事がいる。

犯人の服装で犯行現場付近に行くC.J.ニコラス。
間違えて防犯スプレーを目出し帽にかけて目が見えないと大騒ぎになっています。

帰りのクルマ内にて。
フィンリーと最終確認となっています。やるのみとC.J.ニコラス。
このことは絶対に秘密で弁護士にも言うなと口止めしています。

イヌの散歩のとこにエラ・クリスタルが来ています。
アパート内にて。
2人で食事となっています。ショットは切り返しをやっています。
今後は何があっても驚かないでくれとC.J.ニコラス。

夜の街をクルマで出かけてるC.J.ニコラス。
とうやら酔っ払い運転で捕まるつもりらしい。スピードを出して速攻で捕まっています。

警察にて。
フィンリーが引き取りに来ています。ベン・ニッカーソン刑事に嫌みを言われるC.J.ニコラス。
釈放のC.J.ニコラスですがベン・ニッカーソン刑事がスニーカーに気がついています。

アパートにて。
エラ・クリスタルと電話中のC.J.ニコラス。そんなとこに誰か来ます。これが警察でした。
脚はイヌに噛まれたとか言ってるがマスクにスウェットパンツも発見されています。
売春婦リー・オーウェンズ殺人容疑で逮捕となります。
ベン・ニッカーソン刑事が黙秘権がどうのこうのと決まり文句を言ってるとこで、ハンター判事の手下マーチャント警部補がこの事件は俺が担当すると横取りしています。

ムショのC.J.ニコラス。出されます。
エラ・クリスタルの面会です。
もう来るなと言ってるC.J.ニコラス。必ず助かるとも言ってます。
何もしないでくれ・・・と念を押してるC.J.ニコラス。

TVレポーター C.J.ニコラスの公判が始まるとTVニュースになっています。
担当は無敵のハンター判事です。

公判にて。ルイジアナ州 カドー郡の裁判所。
C.J.ニコラスの弁護士がまた冴えないおっさんで大丈夫なのかとなります。

エラ・クリスタルのアパートにて。
C.J.ニコラスのドキュメントビデオを見ているエラ・クリスタル。

公判にて。
次々と証言してる証人達。
スキーマスク。ペッパースプレーも一致している。
この時点ではスキーマスクに血液は付いていない。

レストランで食事中のハンター判事に電話です。
手下のマーチャント警部補が来ています。
C.J.ニコラスがビデオカメラ買ってることがばれています。同じ日に証拠品も買ってることもバレてる。
おそらくビデオを保存していると手の内が読まれています。さてどうなる。

公判にて。
ハンター判事側からスキーマスクから血液が検出されたと訂正があります。
ここで反証のビデオを出す時だとフィンリーに合図するC.J.ニコラス。

フィンリーは法廷を出てクルマで虎の子のビデオを取りに行きます。
ところがクルマで自宅アパートに戻ると部屋は家捜しされていて目茶苦茶になっててビデオがありません。
で、手下のマーチャント警部補に尾行されています。
次は貸金庫を行きます。大慌てでオリジナルのビデオをゲットしてクルマを走らせていると尾行があって路地を走ったりしてカーアクションとなってクラッシュするフィンリー。

ガソリンが漏れています。タバコを投げるマーチャント警部補。
炎上するフィンリーのクルマ。これでビデオはアウト。フィンリーは退場となります。

公判にて。
何か知らせが入っています。TV局の上司みたい。どうやらフィンリーの死亡がわかったようです。
弁護士が機転をきかせて休廷になりその場をしのいでいます。

公判にて。
C.J.ニコラスを証人喚問する弁護士。これしかないのか。
洗いざらいぶちまけるらしいが、それでは肝心のビデオは?となるけど・・・
自分の意思でここにいる。犯人の振りをしたと証言するC.J.ニコラス。ハンター判事は証拠をねつ造しているとぶちまけています。
一応証拠品として買物したレシートがあるようです。

ハンター判事の反対尋問となります。
証拠のビデオとなるDVDはあるのか?となります。で、ないと答えるC.J.ニコラス。
ビデオを持ってるフィンリーは事故死したとも証言しています。

で、陪審の票決はどうなったかはレポーターの説明で描写しています。
ここは結果を間接的に描写するなクラシック手法でフリッツ・ラング監督が得意の手法です。ピーター・ハイアムズ監督は上手く引用しています。
有罪で死刑となるC.J.ニコラス。

面会に来てるエラ・クリスタル。
結局C.J.ニコラスはエラ・クリスタル頼みになっています。

ルイジアナ刑務所に入るC.J.ニコラス。

ハンター判事のTVインタビューとなっています。
そつなく答えてるハンター判事。

自宅アパートにて。
またドキュメントを見てるエラ・クリスタル。

TV局にて。
C.J.ニコラスの上司に聞いてるエラ・クリスタル。
プロローグのベンソン裁判のことを話してる上司。

外で警察の調査部門のブルースと会ってるエラ・クリスタル。
ハンター判事の担当した17件とも突然提出とのこと。

イヌを買ったとこへ聞き込みに行くエラ・クリスタル。

エラ・クリスタルのクルマはワーゲンのニュービートルです。定番のクルマです。
またマーチャント警部補の尾行がついています。

電話をするC.J.ニコラス。
エラ・クリスタルと連絡しています。
DVDのコピーがまだどこかにあるとかの話しになっています。
銀行の貸金庫だとなります。

貸金庫にて。
担当のおばさんミス・アーリンガーから話を聞いてるエラ・クリスタル。

色々と聞き込みをしているエラ・クリスタル。
スウェットパンツを買った店にも行ってます。実物にタグがあればレシートの証明になるとか・・・

刑務所にて。
食事中のC.J.ニコラス。

警察にて。
証拠品を見せてもらうエラ・クリスタル。
スウェットパンツのタグは切り取られていました。
そんなところにハンター判事とマーチャント警部補が来ています。ここは何とかごまかして帰宅するエラ・クリスタル。

自宅アパートにて。
イヌを相手に話してるエラ・クリスタル。オリジナルDVDはどこへいったのか?

電話で証拠写真は加工させてるのではないとなって、調べてるエラ・クリスタル。
知人のダニエルに聞いてコンピューターで写真の詳しい人を紹介してもらいます。
それには証拠写真のデータが必要です。

警察にて。証拠品管理窓口にて。
窓口のおっさんに交渉してるというか写真の管理について無駄話をしてるエラ・クリスタル。
写真データはサーバで管理されパスワードが必要。で、見本の写真データを見せてもらっています。
急用でおっさんが奥の倉庫に行った隙にUSBメモリにサーバの証拠写真のデータをコピーしています。ここはサスペンスがありました。ピーター・ハイアムズ監督は上手いじゃん。

警察にて。
独房から出されるC.J.ニコラス。ロビーで手錠でつながれています。
そこにハンター判事がやってきます。面会に来たとうそぶいてます。
で、ここの電話は記録されているとダメを押してるハンター判事。
ガックリしてるC.J.ニコラス。

警察にて。
ロベルタのデジタル関係のラボのようです。オタクの男2人が詳しいようです。
で、コピーした証拠写真の分析となります。
デジタルカメラ1台1台に何とかパターンがある。指紋のごとくそれぞれ違う。
タバコ部分のパターンは違っていました。これは後からコピペしたとわかります。
嘘かホントがわかりませんが、この作品ではこうなっています。

廊下を走り、帰りの駐車場へ急ぐエラ・クリスタル。
駐車場はガラガラです。そんなとこにクルマが迫る。マーチャント警部補でした。
グルグルと回って嫌がらせをやっています。
危ないとこをベン・ニッカーソン刑事がハンドガン連射で助けてくれます。それにしてもいきなり撃つのか?、見ててビックリした。

で、場面を一転してTVニュースでハンター判事が逮捕される。
C.J.ニコラスは釈放される。
これで終わりかい。そんなことはないよな。

自宅アパートでベッドで一緒の2人となっています。
TVニュースを見ているエラ・クリスタル。C.J.ニコラスは寝てる。
売春婦ドロレス・オーウェンズ殺人事件は迷宮入りでしょうとなっています。
これを見て何かに気がついてるエラ・クリスタル。

証拠写真を見てるエラ・クリスタル。ところでショーツではなく彼氏のトランクスをはいています。
ドキュメントのビデオを見るエラ・クリスタル。
売春婦ドロレス・オーウェンズとドキュメンタリーのタイーシャの指の入れ墨が一致しています。同一人物なのか?。

どうやらC.J.ニコラスのやらせドキュメンタリーだったらしい。
こういうオチだったのか・・・、一発アイデアでした。

C.J.ニコラスと対峙するエラ・クリスタル。
もう通報済みでパトカーが到着しています。ドアを開けて捨てゼリフというか決めセリフを吐いて出て行くエラ・クリスタル。
エンドとなります。

そんなわけでそつなく現代にアレンジリメイクしてるよい作品でした。


« 『密殺集団』 | トップページ | Hollywood Express #451◆2012.01.22(日) »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75473/53798002

この記事へのトラックバック一覧です: 『ダウト 偽りの代償』:

« 『密殺集団』 | トップページ | Hollywood Express #451◆2012.01.22(日) »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。