映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« 『ダウト 偽りの代償』 | トップページ | 『キラー・アンツ 巨大殺人蟻の襲撃』 »

2012.01.23

Hollywood Express #451◆2012.01.22(日)

映画紹介番組のHollywood Expressの感想です。BS193 WOWOWにて。
なおこの文はネタバレ全開となっています。

◆news flash
◆ The Hunger Games (2012) ゲーリー・ロス監督、ジェニファー・ローレンス、ジョシュ・ハッチャーソン主演のSFアクション。この作品の話題。
◆『タンタンの冒険 ユニコーン号の秘密』 The Adventures of Tintin (2011) 撮影関係の賞の話題。
◆モノクロサイレントの The Artist (2011) は撮影関係の賞に値するのか?という話題。
◆全米撮影組合賞の話題。色々な作品が出ています。
◆『ヒューゴの不思議な発明』 Hugo (2011) がナショナル・ボード・レビュー賞を受賞する。
◆ジョージ・クルーニーのインタビューがあります。隣にいるのはガールフレンドのステーシー・キーブラーでしょう。
◆ティルダ・スウィントンがどこかの映画祭で主演女優賞。ティルダ・スウィントンは目が離れぎみで魚みたいな顔でいいなと思う。

◆red carpet
◆ゴールデングローブ賞の話題でスターのファッションチェック。
◆アントニオ・バンデラスとメラニー・グリフィスがインタビューを受けています。まで別れていなかったのか。アントニオ・バンデラスは辛抱強い。おそらく何でも許せるのでしょう。

◆inside look
◆ゴールデングローブ賞の受賞式の話題。リッキー・ジャービスが司会。
◆メリル・ストリープがメガネを忘れて受賞スピーチのメモが読めずに放送禁止用語を言ってしまったらしい。いいじゃん。
◆ Contraband (2012) マーク・ウォールバーグのインタビューがあります。この作品の夫人役がケイト・ベッキンセールなのか。何だか不仲そうな夫婦だ。

◆Hollywood gossip
◆ケーシー・グラマーが4人目の夫人との子供が出来る。

◆new releases
◆ Haywire (2011) スティーブン・ソダーバーグ監督、ジーナ・カラーノ、ユアン・マクレガー、マイケル・ファスベンダー、チャニング・テイタム、マイケル・ダグラス主演のアクションのようです。ヒロインのジーナ・カラーノは女優さんではなく格闘技をやってる人らしい。これならスタントは本人でOKというわけです。スティーブン・ソダーバーグ監督らしい発想の転換キャスティングです。演技の方はスティーブン・ソダーバーグ監督が演技指導と編集で何とかするわけです。多分何とかなるでしょう。
◆ Red Tails (2012) アンソニー・ヘミングウェイ監督、ネイト・パーカー、デビッド・オイェロウォ、NE-YO、イライジャ・ケリー、キューバ・グッティング・Jr.、テレンス・ハワード他、黒人俳優が総出演の戦争映画のようです。第2次世界大戦で活躍した黒人パイロットの話らしい。となるとヨーロッパ戦線が舞台らしい。飛行機の描写はCG全開です。さすがにCGっぽくて不自然に見えます。飛行機の編隊があまりにも整然としすぎているんです。
◆『アンダーワールド 覚醒』 Underworld: Awakening (2012) モンス・モーリンド監督、ケイト・ベッキンセール、スティーブン・レイ主演の『アンダーワールド』シリーズの第4弾。ケイト・ベッキンセールはちゃんとアクションが出来ているのか?、このシリーズでケイト・ベッキンセールのは見たことがないのでよくわからん。アクションはスタントでも構わないから、せめて走るのぐらい自分でやってほしい。そんな感じで見た目の印象ではミラ・ジョヴォヴィッチよりは運動神経がダメそうなケイト・ベッキンセールとなります。何故か『バイオハザード』シリーズは見ています。

◆weekend boxoffice top10
◆10位が『幸せへのキセキ』 We Bought a Zoo (2011) キャメロン・クロウ監督、マット・デイモン、スカーレット・ヨハンソン、トーマス・ヘイデン・チャーチ主演のドラマ。興行収益totalが640万ドル。
◆9位が Alvin and the Chipmunks: Chipwrecked (2011) マイク・ミッチェル監督の3D CGアニメ『アルビン 歌うシマリス3兄弟』シリーズ第3弾。興行収益totalが1億1880万ドル。
◆8位が『戦火の馬』 War Horse (2011) スティーブン・スピルバーグ監督、ジェレミー・アービン、エミリー・ワトソン主演の賞取り専用戦争映画のようです。興行収益totalが660万ドル。志願兵のことをボランティアと言ってます。ボランティアとは志願のことでタダ働きのことではありません。
◆7位が『ドラゴン・タトゥーの女』 The Girl with the Dragon Tattoo (2011) デビッド・フィンチャー監督、ルーニー・マーラ、ダニエル・クレイグ主演のハリウッドリメイク・サスペンス。興行収益totalが8780万ドル。
◆6位が The Devil Inside (2012) ウィリアム・ブレント・ベル監督、フェルナンダ・アンドレド、スーザン・クローリー主演の母子物エクソシスト系ホラーのようです。興行収益totalが4630万ドル。何だかディスカバリー・チャンネルやナショジオ・チャンネルの再現ドラマのような感じになっています。
◆5位が『シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム』 Sherlock Holmes: A Game of Shadows (2011) ガイ・リッチー監督、ロバート・ダウニーJr.、ジュード・ロウ主演のシリーズ第2弾。興行収益totalが1億7010万ドル。ヒットしているようです。
◆4位が Joyful Noise (2012) トッド・グラフ監督、クイーン・ラティファ、ドリー・パートン主演のミュージカルドラマのようです。興行収益totalが1120万ドル。クイーン・ラティファは太ってるけどアメリカでは人気があるようです。太ってるとこがいいのか?
◆3位が『ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル』 Mission: Impossible - Ghost Protocol (2011) ブラッド・バード監督、トム・クルーズ、ポーラ・パットン、ジェレミー・レナー、サイモン・ペッグ主演のスパイアクションシリーズ第4弾。興行収益totalが1億8690万ドル。ヒットしてるようです。今週のハイライトはポーラ・パットンとレア・セイドゥのキャットファイトです。
◆2位が『美女と野獣 ディズニーデジタル3D』 Beauty and the Beast (1991) ゲイリー・トルースデール、カーク・ワイズ監督、ペイジ・オハラ、ロビー・ベンソンがVCのミュージカルアニメの3D版。興行収益totalが1770万ドル。これは旧作品を3D化するだけでお手軽に興行収益が稼げていいようです。これはやめられん。
◆1位が Contraband (2012) バルタザール・コルマウクル監督、マーク・ウォールバーグ、ケイト・ベッキンセール主演の家族愛が入ったアクションのようです。興行収益totalが2430万ドル。
◆何だか全体的に興行は低調な感じがします。

◆ending
◆music friom “Joyful Noise”

« 『ダウト 偽りの代償』 | トップページ | 『キラー・アンツ 巨大殺人蟻の襲撃』 »

Hollywood Express」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75473/53806694

この記事へのトラックバック一覧です: Hollywood Express #451◆2012.01.22(日):

« 『ダウト 偽りの代償』 | トップページ | 『キラー・アンツ 巨大殺人蟻の襲撃』 »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。