映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« 『ジェニファーズ・ボディ』 | トップページ | 『悪魔の赤ちゃん』 »

2011.12.26

Hollywood Express #448 年末拡大版スペシャル◆2011.12.25(日)

映画紹介番組のHollywood Expressの感想です。BS193 WOWOWにて。
なおこの文はネタバレ全開となっています。

◆new releases
◆『セーフハウス』 Safe House (2012) ダニエル・エスピノーサ監督、デンゼル・ワシントン、ライアン・レイノルズ主演のアクションのようです。大物テロリストのデンゼル・ワシントンにライアン・レイノルズが振り回される話しのようです。南アフリカが舞台らしい。

◆inside look
◆オスカーの行方は?で色々な作品の紹介です。
◆『ファミリー・ツリー』 The Descendants (2011) アレクサンダー・ペイン監督、ジョージ・クルーニー、シェイリーン・ウッドリー主演の家族ドラマのようです。娘にボーイフレンドが出来たり妻が浮気してたりとそんな話しらしい。
◆ The Artist (2011) ミシェル・アザナビシウス監督、ジャン・デュジャルダン、ベレニス・ベジョ、ペネロープ・アン・ミラー、ベス・グラント、ジョン・グッドマン主演のフランス製サイレント映画。これは賞向きの作品です。主役の男は誰のイミテーション?、クラーク・ゲーブル?、それともロナルド・コールマン?
◆『ヘルプ 心がつなぐストーリー』 The Help (2011) テイト・テイラー監督、エマ・ストーン、ビオラ・デイビス、ジェシカ・チャステイン、オクタビア・スペンサー主演の人種差別ドラマのようです。賞向きです。エマ・ストーンはお呼びではなくビオラ・デイビスが候補。
◆ Midnight in Paris (2011) ウッディ・アレン監督、オーエン・ウィルソン、レイチェル・マクアダムズ、マリオン・コティヤール主演のファンタジー・コメディのようです。夜な夜なパリの街を歩き1920年代にタイムスリップする設定らしい。マリオン・コティヤールが素敵です。
◆『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 Extremely Loud and Incredibly Close (2011) スティーブン・ダルドリーy監督、子役のトーマス・ホーン主演の911トラウマドラマらしい。賞向きです。
◆『戦火の馬』 War Horse (2011) スティーブン・スピルバーグ監督、ジェレミー・アービン、エミリー・ワトソン主演のの第1次世界大戦が舞台の戦争ドラマ。賞向きです。
◆『ドラゴン・タトゥーの女』 The Girl with the Dragon Tattoo (2011) デビッド・フィンチャー監督、ルーニー・マーラ、ダニエル・クレイグ主演のハリウッドリメイク・サスペンス。バイクは何だろう?、普通はドゥカティになるけど。爆発炎上するなら日本のバイクになります。
◆『マネーボール』 Moneyball (2011) ベネット・ミラー監督、ブラッド・ピット、フィリップ・シーモア・ホフマン、ロビン・ライト主演の野球ドラマ。野球ドラマと言っても選手ではなくゼネラルマネージャーが主役の話しになっていてMLBオークランド・アスレチックスのゼネラルマネージャー ビリー・ビーンが主役です。MLB好きの私としてはこれは見たいな。
◆『裏切りのサーカス』 Tinker Tailor Soldier Spy (2011) トーマス・アルフレッドソン監督、ゲーリー・オールドマン、コリン・ファース主演のスパイドラマのようです。英国情報部にダブルスパイがいるという話しらしい。これはまたしょうもない邦題が付いています。もはや日本の国内映画市場死守のためのサボタージュの域に達しています。
◆『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』 Harry Potter and the Deathly Hallows: Part II (2011) デビッド・イェーツ監督、ダニエル・ラドクリフ、エマ・ワトソン、ルパート・グリント、レイフ・ファインズ主演のファンタジーアクション?でおなじみのシリーズ最終作のようで3Dだそうです。
◆『ツリー・オブ・ライフ』 The Tree of Life (2011) テレンス・マリック監督、ブラッド・ピット、ショーン・ペン、ジェシカ・チャステイン主演の主人公ショーン・ペンの内的宇宙ドラマらしい。
◆『スーパー・チューズデー 〜正義を売った日〜』 The Ides of March (2011) ジョージ・クルーニー監督主演、ライアン・ゴズリング、マリサ・トメイ、エバン・レイチェル・ウッド主演の政治ドラマのようです。それにしても凄い邦題を付けます。立派なサボタージュになっています。
◆ J. Edgar (2011) クリント・イーストウッド監督、レオナルド・ディカプリオ、ナオミ・ワッツ主演のFBI初代長官フーバーの伝記映画。
◆『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』 The Iron Lady (2011) フィリダ・ロイド監督、メリル・ストリープ主演のマーガレット・サッチャーの伝記映画。この邦題は結構凄い、お涙ちょうだい映画にして物凄く安くしています。
◆ Shame (2011) スティーブ・マックィーン監督、マイケル・ファスベンダー、キャリー・マリガン主演のセックス中毒ドラマ。
◆ Take Shelter (2011) ジェフ・ニコルズ監督、マイケル・シャノン、ジェシカ・チャスティン主演の超常現象ドラマ?。
◆ Win Win (2011) トーマス・マッカーシー監督、ポール・ジアマッティ、エイミー・ライアン主演の自己回復ドラマらしい。
◆『マリリン 7日間の恋』 My Week with Marilyn (2011) サイモン・カーティス監督、ミシェル・ウィリアムズ主演のマリリン・モンロー物ドラマ。正直言ってミシェル・ウィリアムズはマリリン・モンローには似ていない。
◆ Albert Nobbs (2011) ロドリゴ・ガルシア監督、グレン・クローズ主演の男装ドラマ。
◆『ヤング≒アダルト』 Young Adult (2011) ジェイソン・ライトマン監督、シャーリーズ・セロン、パトリック・ウィルソン主演のコメディらしい。女流作家のヒロインが元彼を追い回す話しらしい。大丈夫なのか?、シャーリーズ・セロンはコメディが出来るのか興味深い。
◆『少年は残酷な弓を射る』 We Need to Talk About Kevin (2011) リン・ラムジー監督、ティルダ・スウィントン主演の無差別殺人事件を起こした息子を持った母のドラマ。
◆Martha Marcy May Marlene (2011) ショーン・ダーキン監督、エリザベス・オルセン、サラ・ポールソン主演のサスペンスの入ったドラマらしい。
◆ Bridesmaids (2011) ジャド・アパトー製作、ポール・フェイグ監督、クリスティン・ウィグ、ジェシカ・セント・クレア、マヤ・ルドルフ、エレイン・カオ、レベル・ウィルソン主演の結婚式コメディ。
◆『ドライブ』 Drive (2011) ニコラス・ウィンディング・レフン監督、ライアン・ゴズリング、キャリー・マリガン主演のカーアクションのようなドラマらしい。宣伝とは違いカーアクションではないと訴えられて話題になっていました。
◆『人生はビギナーズ』 Beginners (2010) マイク・ミルズ監督、クリストファー・プラマー、ユアン・マクレガー、メラニー・ローラン主演のゲイカミングアウトドラマ。
◆『ヒューゴの不思議な発明』 Hugo (2011) マーティン・スコセッシ監督、エイサ・バターフィールド、クロエ・グレース・モレッツ主演のの3Dファンタジー。
◆『猿の惑星 創世記 (ジェネシス)』 Rise of the Planet of the Apes (2011) ルパート・ワイアット監督、ジェームズ・フランコ、アンディ・サーキス、フリーダ・ピント主演のおなじみのSF『猿の惑星』シリーズ最新作。猿の惑星の前日譚の話し。

◆new releases
◆ Haywire (2011) スティーブン・ソダーバーグ監督、ジーナ・カラーノ、ユアン・マクレガー、マイケル・ファスベンダー、チャニング・テイタム、マイケル・ダグラス主演のアクションのようです。ジーナ・カラーノさんは聞いたことがないからオーディションで大抜擢なのでしょう。何だか『ニキータ』(1990年)系のアクションなのか?、マイケル・ダグラスが怪しげな黒幕を演じて、他にもキャストも相変わらず豪華です。バイクが出ています。これは何だ?わからん。やはりドゥカティなのかも。こればっかりですが爆発炎上すれば日本のバイクです。実際そんなものなんです。クルマは何でしょう?、日本車のような感じだけど出るわけがない。
◆ Man on a Ledge (2012) アスガー・レス監督、サム・ワーシントン、エリザベス・バンクス、エド・ハリス、キーラ・セジウィック主演の間違えられた男系サスペンスアクションのようです。何故かビルの窓から投身自殺を企てる男。無実を訴えるサム・ワーシントン。高所恐怖症でなくてもクラクラします。ここから話しが進んでいます。エド・ハリスが黒幕役のようです。エド・ハリスは随分痩せたけど何か病気なのか?心配です。

◆inside look
◆興業が不発だった作品の数々・・・
◆ What's Your Number? (2011) マーク・マイロッド監督、アンナ・ファリス、クリス・エバンス主演のロマンティック・コメディ。これはまだマシな方だそうです。
◆『ドライブ・アングリー3D』 Drive Angry 3D (2011) パトリック・ルシエ監督、ニコラス・ケイジ、アンバー・ハード、ウィリアム・フィクトナー主演のオカルトが入った3Dカーアクションのようです。製作費5000万ドルは取り返せます。全世界興業にビデオソフト、レンタルとありますから。サミット・エンタテインメントは『トワイライト』シリーズで1発当ててるのでダメージは少ないそうです。
◆ I Don't Know How She Does It (2011) ダグラス・マクグラス監督、サラ・ジェシカ・パーカー、ピアース・ブロスナン、グレッグ・キニア主演のコメディらしい。
◆『ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬』 Johnny English Reborn (2011) オリバー・パーカー監督、ローワン・アトキンソン、ロザムンド・パイク主演のジョニー・イングリッシュ』シリーズ物コメディ。ローワン・アトキンソンは典型的な『楽屋に帰ればバカのふりをするのは疲れるぜ、おいお茶がぬるいぞ』系コメディアンでしょう。ハイライトシーンのバカのふりが見てるだけで鼻に付きます。このコメディアンはもう終わっています。
◆ The Big Year (2011) デビッド・フランクル監督、オーエン・ウィルソン、ジャック・ブラック、スティーブ・マーティン主演のバード・ウォッチング・コメディ。出だしから低調な興業でしたがやはり低調だったようです。まあハイライトシーンだけでダメそうだったけど。
◆『パーティー・ナイトはダンステリア』 Take Me Home Tonight (2011) マイケル・ドース監督、トファー・グレース、アンナ・ファリス、テレサ・パーマー主演のお気楽コメディらしい。2007年完成の作品ががようやく劇場公開されて沈没したらしい。出来が悪いから公開が伸びたのでしょう。トファー・グレースって誰?、何かTVシリーズでもあるのか?、『プレデターズ』 Predators (2010)に出ていたのか、全く記憶にない。調べると医者の役だったらしい。
◆ Bucky Larson: Born to Be a Star (2011) トム・ブラディ 監督、ニック・スウォードソン、クリスティーナ・リッチ主演のコメディらしい。アダム・サンドラーのイミテーションみたいなニック・スウォードソンはこれまた典型的な『楽屋に帰ればバカのふりをするのは疲れるぜ、おいお茶がぬるいぞ』系コメディアンです。一目見ただけで映画を見る気が失せます。監督の名前のスペルがNFLニューイングランド・ペイトリオッツのQBトム・ブレイディと同じことだけが取り柄でしょう。

◆new releases
◆ This Means War (2012) マックG監督、リース・ウィザースプーン、クリス・パイン、トム・ハーディ主演のロマンティック・アクション・コメディのようです。2人のエージェントが同じ女性を狙って仕事そっちのけで公私混同に痴話げんかアクションをする話しのようです。これはまあまあ。マイナスポイントはリース・ウィザースプーンが少し歳がとり過ぎてるぐらい。このヒロインは二股ではなく双子なのか?、

◆Hollywood gossip
◆今年のスキャンダルで騒がせた方々・・・
◆リンジー・ローハンは毎度のレギュラーのような人。それでもプレイボーイ誌にヌードを売って大儲けしているようです。まだ25歳なのか45歳分ぐらいのスキャンダルがあると思える。
◆チャーリー・シーンもスキャンダルのレギュラーです。何だかいつもと同じメンツです。
◆ショーン・ウィリアムス・スコット、離婚しました。
◆ニコラス・ケイジ、仕事も私生活もぶっ飛んでいます。
◆メル・ギブソン、DVで有名になりました。アル中は前からだけど。
◆アーノルド・シュワルツェネッガー、離婚より普通の家政婦とやって子供を作らせたことで評判を落としています。

◆マイナスでもないネタです。
◆キャサリン・ゼタ=ジョーンズが旦那のマイケル・ダグラスの看病等の心労で体調を崩して入院する。。
◆ハル・ベリーはストーカー被害にあう。ハル・ベリーならストーカーしたくなるでしょう。

◆ここからはプラスの出来事です。
◆ジョージ・クルーニーは何をやらかした。スーダンでマラリアにかかる。恋人をエリザベッタ・カナリスからステーシー・キーブラーに乗り換える。これはスキャンダルではないようです。
◆ダニエル・クレイグはレイチェル・ワイズと結婚。
◆セス・ローゲンはローレン・ミラーと結婚。
◆ロビン・ウィリアムスはスーザン・シュナイダーと結婚。
◆エイミー・スマートはTV司会者カーター・オースターハウスと結婚。
◆他にも色々な方々が結婚したそうです。

◆離婚です。
◆デミ・ムーアとアシュトン・カーチャーが離婚。デミ・ムーアは慰謝料を一銭も払ってはいけません。どうせアシュトン・カッチャーはヒモ稼業で稼ぐでしょう。
◆オリビア・ワイルドは19歳で結婚してたが離婚する。

◆最後に何故かいつもラブラブなのがニコール・キッドマンとカントリーシンガーのキース・アーバンです。キース・アーバンは何でも許せる人なんだろうね。

◆new releases
◆ The Vow (2012) マイケル・サシー監督、レイチェル・マクアダムズ、チャニング・テイタム主演の記憶喪失ラブロマンスのようです。上手く行ってたカップルが交通事故にあったらヒロインが記憶喪失になって色々とある話しのようです。何だか随分と湿っぽくなってるようです。見る気がなくなってくる。

◆news flash
◆マイケル・ファスベンダーの話題。現在売り出し中の注目のスター。誰かに似ている。誰だろう。→ヘンリー・フォンダの若い時に似てるかもしれない。
◆ジェシカ・チャステインは2011年は映画7本に出演したそうです。これは出過ぎでしょう。ワーカホリックなのか?
◆エリザベス・オルセンの話題。オルセン姉妹って何人いる?、2人ではないのか?→有名な双子の姉オルセンツインズがいるようです。合計して3人姉妹らしい。

◆new releases
◆ The Avengers (2012) ジョス・ウィードン監督、マーベル・コミックが満を持してリリースするヒーロー大集合のオールスターアメコミアクション。ジョス・ウィードン監督は Buffy the Vampire Slayer (TV Series 1997–2003)をやっていたからそんなに出来は悪くはないと思う。またサミュエル・L・ジャクソンが出て説教をしています。これがいいんでょう。

◆boxoffice of the year
◆10位が『猿の惑星 創世記(ジェネシス)』 Rise of the Planet of the Apes (2011) ルパート・ワイアット監督、ジェームズ・フランコ、フリーダ・ピント、ジョン・リスゴー主演、CGで描写してる猿のベースはアンディ・サーキス。『猿の惑星』シリーズの前日譚の話しのようです。totalが1億7630万ドル。
◆9位が『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』 Captain America: The First Avenger (2011) ジョー・ジョンストン監督、クリス・エバンス、トミー・リー・ジョーンズ、ヘイリー・アトウェル主演のアメコミ・アクションのようです。totalが1億7670万ドル。クリス・エバンスのムキムキな筋肉はCGではないそうです。それならステロイドか。実際そんなものなんです。
◆8位が『マイティ・ソー』 Thor (2011) ケネス・プラナー監督、ナタリー・ポートマン、クリス・ヘムズワース、カット・デニングス主演のファンタジー・アクションのようでアメコミの映画化。totalが1億8100万ドル。
◆7位が『カーズ2』 Cars 2 (2011) ジョン・ラセター、ブラッド・ルイス監督、VCがオーエン・ウィルソン他のシリーズ物第2弾。totalが1億9140万ドル。
◆6位が『ワイルド・スピード MEGA MAX』 Fast Five (2011) ジャスティン・リン監督、ビン・ディーゼル、ポール・ウォーカー、ジョーダナ・ブリュースター、ドウェイン・ジョンソン主演のカーアクションシリーズの第5弾。totalが2億980万ドル。
◆5位が『パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉』 Pirates of the Caribbean: On Stranger Tides (2011) ロブ・マーシャル監督、ジョニー・デップ、ジェフリー・ラッシュ、ペネロペ・クルス、イアン・マクシェーン主演のシリーズ物第4弾。3D作品。totalが2億4100万ドル。ちゃんとヒットしてるじゃない。
◆4位が『ハングオーバー2 史上最悪の二日酔い、国境を越える』 The Hangover Part II (2011) トッド・フィリップス監督、、ブラッドリー・クーパー、エド・ヘルムズ、ザック・ガリフィアナキス、ジェイミー・チャン、ジュリエット・ルイス主演のシリーズ第2弾。totalが2億5440万ドル。
◆3位が『トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part 1』 The Twilight Saga: Breaking Dawn - Part 1 (2011) ビル・コンドン監督、クリティン・スチュアート、ロバート・パティンソン、テイラー・ロートナー主演の『トワイライト』シリーズの最新作。まだ公開中。totalが2億6000万ドル。
◆2位が『トランスフォーマー ダークサイド・ムーン』 Transformers: Dark of the Moon (2011) マイケル・ベイ監督、シャイア・ラブーフ、ロージー・ハンティントン=ホワイトリー主演のシリーズ第3弾で初の3D作品。totalが3億5230万ドル。
◆1位がハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』 Harry Potter and the Deathly Hallows: Part II (2011) デビッド・イェーツ監督、ダニエル・ラドクリフ、エマ・ワトソン、ルパート・グリント、レイフ・ファインズ主演のファンタジーアクション?でおなじみのシリーズ最終作で3D作品。totalが3億8100万ドル。

◆ending
◆ Justin Bieber's Santa Claus Is Coming To Town

« 『ジェニファーズ・ボディ』 | トップページ | 『悪魔の赤ちゃん』 »

Hollywood Express」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75473/53576890

この記事へのトラックバック一覧です: Hollywood Express #448 年末拡大版スペシャル◆2011.12.25(日):

« 『ジェニファーズ・ボディ』 | トップページ | 『悪魔の赤ちゃん』 »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。