映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« Hollywood Express #442◆2011.11.13(日) | トップページ | 『無法の拳銃』 »

2011.11.19

『無頼の群』

この作品はヘンリー・キング監督、グレゴリー・ペック主演の復讐物ウエスタンのようです。
なおこの文はネタバレ全開となっています。

1958年 20世紀フォックス アメリカ作品
ランニング・タイム◆98分
原題◆The Bravados
プロット◆仇だと思ったら違っていた話しのようです。
音楽◆ライオネル・ニューマン
20世紀フォックス発売のDVDにて。画質は普通です。スクイーズ収録のフル表示。画面サイズはワイド。上下に黒味あり。

キャスト
グレゴリー・ペック→復讐のジム・ダグラス
ジョーン・コリンズ→知人のジョセファ・ベラーデ
スティーブン・ボイド→4人組のリーダー格ビル・ザカリー 白人
アルバート・サルミ→4人組のエド・テイラー 白人
リー・バン・クリーフ→4人組のアルフォンソ・パラル
ヘンリー・シルバ→4人組のルーハン 先住民
ジョージ・ヴォスコヴェク→雑貨屋のスタインメンツ
キャスリーン・ギャラント→人質のエマ・スタインメンツ
バリー・コー→エマの恋人トム
ジョー・デ・リタ→死刑執行人のシムズ
ハーバート・ラッドレー→サンチェス保安官
ケン・スコット→牢番担当の保安官助手プリモ
ホワン・ガルシア→見張り担当の保安官助手
ジーン・エバンス→銀鉱掘りのジョン・バトラー

ヘンリー・キング監督の演出はよいと思います。
全体的に無難にまとめられています。

ヘンリー・キング監督なんですがヘンリー・コスター監督と混同しています。2人ともそんなに上手い監督ではないと思っています。
本物の職人監督のヘンリー・ハサウェイ監督はちゃんと覚えてるんですけど。

キャストで・・
グレゴリー・ペックはいつも通りです。真面目な人柄がにじみ出ています。
ジョーン・コリンズはきれいに撮れています。
リー・バン・クリーフは結構メジャー作品にも出てるようです。


20世紀フォックスのタイトル。
シネマスコープの表示があります。
タイトル。
リー・バン・クリーフの名前がちゃんとあります。
シネマスコープのレンズはボッシュ & ロムになっています。

グレゴリー・ペック扮するジム・ダグラスが馬に乗って移動中。
町に入る手前でホールドアップされます。
さっそく強盗かと思ったらこれが見張りの保安官助手でした。小太りな男です。
絞首刑を見物に150キロを馬で来たと称するジム・ダグラス。

町に入ります。
町中の注目の的になっているジム・ダグラスです。
絞首台を作ってる途中です。ウエスタンではよくある風景です。
保安官は死刑執行人シムズ以外を通すなと保安官助手に言ってます。

保安官事務所に入るジム・ダグラス。
保安官と話します。しつこく事情を聞いてる保安官。
明日の6時に死刑執行となるとのこと。

外に出るジム・ダグラス。神父が近づいてくる。
その前に銀行家がコンタクトしてきます。
色々な話しから死刑執行人がシムズの名前が出てきます。ジム・ダグラスは死刑執行人シムズだと思われてるらしい。
保安官が止めに来ています。もめ事はやめろと言ってる。

ホテルに入るジム・ダグラス。
知り合いのジョセファ・ベラーデがやって来てビールを飲みます。
用事は?聞かれて適当に答えてるジム・ダグラス。
ウィンスロップで牧場をやっているらしいジム・ダグラス。
会話から結婚の話しになっている。結婚してたと過去形になっています。どうやらこの作品では殺された夫人は全く姿を見せない設定になっているようです。

太った背広の男が町に入ります。
酒場に入りジム・ダグラスに同席します。この男が死刑執行人のシムズでした。しっかりとロープを持っています。

死刑囚4人に面会に行くジム・ダグラス。
白人2人、混血、先住民の4人。
牢番は保安官助手プリモがやっています。
4人の中にリー・バン・クリーフがいます。
4人をにらみつけてるジム・ダグラス。で、ここを出るジム・ダグラス。
牢屋の窓から絞首台が見えるおなじみのショットがあります。

このへんの印象は何だかのんびりと話しが進んでいます。この当時の20世紀フォックスらしい。

アメリカの夜の風景。
撮影は昼間ですがカメラにフィルターをかけて夜にしてるシーンです。
雑貨屋のスタインメンツ、娘のエマ、恋人のトムが登場。
スタインメンツはトムを気に入ってない。
トムにエマはボストンの男と結婚させると言ってるスタインメンツ。

街中の人達が教会へ行きます。

ホテルにジョセファ・ベラーデが来てジム・ダグラスと教会へ行きましょうと言うが、教会へは行かないと答えるジム・ダグラス。
これにはビックリのジョセファ・ベラーデです

牢屋にて。
窓から小石が投げ込まれる。窓の外にはシムズがいる。どうやら4人の仲間のようです。
4人はシムズのことをタッカーと呼んでます。

ジョセファ・ベラーデを教会ヘ送るジム・ダグラス。
色々と聞かれてこまってます。子供は?とか。
夫人は美人だったとまた過去形になっています。死んだとハッキリ言ってるジム・ダグラスです。

結局教会に入るジム・ダグラス。
町中でこれを見てホッとしてるシムズ。余計な奴がいなくなったといった感じ。

保安官に4人組と面会すると伝えるシムズ。
入る時に入れ替わりに保安官助手プリモが教会に行きます。これでここは保安官1人だけになります。
いきなり保安官の背中をナイフで刺すシムズ。反撃してシムズをリボルバーで撃ち殺す保安官は倒れます。
鉄格子から手を出して保安官を拘束する中の4人組。
4人組は鉄格子の外に落ちてる鍵を必死でとろうとしています。毛布を投げて引き寄せています。
で、脱獄となります。

教会にて。
賛美歌が流れます。所在なげのジム・ダグラス。

エマが教会から出て店に戻る。
店の中には脱獄した4人組がいました。エマは人質となります。

教会にて。
神父は死刑囚の話しをしています。
ジョセファ・ベラーデが心配そうにジム・ダグラスを見ています。
そなんとこに負傷した保安官が助けを求めて入ってきます。大騒ぎになります。

4人組と人質は馬で町から出て行きます。
町を出たとこで保安官助手が見張ってるけど撃ち殺されます。

町は大騒ぎで追跡隊の準備して出るようです。
ジム・ダグラスはこれは長丁場になるからまず一晩寝てから出るとホテルに戻ります。
それで追跡隊が出発するのをホテルから見ているジム・ダグラス。

白人の1人エド・テイラーが峠の上から追跡隊を撃っています。
けが人が出たようです。近づけません。
ジム・ダグラスが遅れて到着する。さっそく助言しています。12人を残して父親と女は帰せとか・・
追跡隊はとりあえず保安官助手のプリモが指揮しています。人員でプリモしか残っていない事情もあるけど。
で、馬から鞍をを下ろしてるジム・ダグラス。

4人組と人質です。
さてどこへ逃げるかと相談しています。

馬に鞍を乗せてるジム・ダグラス。
助言を聞いてるプリモ保安官助手。暗くなる前に追うようです。
スタインメンツが誰か見つけたと叫んでいます。これは本物のシムズの死体でした。
トムに時計を渡して5分ごとに撃てと指示するジム・ダグラス。これで相手を眠れなくするとのこと。

ビル・ザカリーはエマに手を出そうとしています。
そんなとこに銃声がします。これはビックリの4人組。先住民はこの手は食わないと、この銃声を読んでいます。

夜が明けます。追跡となります。
ジム・ダグラスはまだ集団で行動しています。
ここで滝の風景を長めに見せています。
4人組のたき火の跡を見つける追跡隊。

川沿いを移動している4人組と人質。

何となく合図するつもりでスタインメンツが発砲したのを咎めるジム・ダグラス。
味方に知らせたつもりだが4人組にも知らせてしまったとのこと。

で、この銃声から追跡隊をまいた筈なのにと愚痴が出てる4人組。
面会に来てたあいつが案内している。あいつを片づけようと言い出したので残されるアルフォンソ・パラル
で、あいつには会ったことがないと言ってます。それがオチかい。

草むらに隠れて待ち伏せてるアルフォンソ・パラル。
ウィンチェスターライフルで狙撃しようとしています。
で、アッサリとジム・ダグラスに後をとられてしまいます。
ジム・ダグラスの時計の写真を見せられるが覚えがないと言うアルフォンソ・パラル。牧場には行ってないと命乞いをするが射殺されます。

教会にて。
ジム・ダグラスとは昔からの知り合いの神父と会ってるジョセファ・ベラーデ。事情を聞いてしまいます。
ここで4人組がジム・ダグラス夫人殺害の犯人という確証はないらしいという話しが出ています。
神父からジム・ダグラスの牧場の場所を聞いてるジョセファ・ベラーデ。

移動中の3人と人質です。
あそこにパラルがいると見るがどうやら追跡してるジム・ダグラスらしい。
今度は白人のエド・テイラーが残り仕留めるつもりのようです。

森にて。
待ち伏せてるエド・テイラー。いきなりウィンチェスターライフルで撃つが弾切れなりリボルバーを撃ちまくる。これも弾切れになり逃げます。
馬で追ってきて投げ縄でエド・テイラーを捕らえるジム・ダグラス。そのまま轢きずり回して樹に逆さ吊りにしています。

追われる2人と人質は小屋を見つけます。
ここで馬を走らせるエマですが馬を撃たれます。落馬しています。

追跡隊が逆さ吊りののエド・テイラーを発見しています。

小屋にて。オッサンが1人だけいます。一応警戒はしているらしい。
2人と人質がやって来ます。
ダグラス牧場が6キロ先にあると言ってるオッサン。
このオッサンは鉱山掘りらしい。掘ってるのは銀と言ってる。
で、仕事に行くと小屋を出るオッサン。逃げようとしたのでビル・ザカリーに撃たれます。
ルーハンがオッサンを調べると金目の物が入った袋を握ってるので自分の物にしています。
で、ビル・ザカリーがエマを襲っています。
追っ手を発見してるルーハン。ビル・ザカリーに知らせてエマは途中で放ったらかしにしてズラかります。

追っ手ではなくジョセファ・ベラーデとカウボーイと言うか初老の執事のような男でした。それから別の方面からジム・ダグラスも来て合流しています。

オッサンの死体を発見しています。知り合いのジョン・バトラーだとジム・ダグラス。
追跡隊もやって来ました。どうやらエマは死んではいなかったようです。
エマを状態を見て気が変わったのか逃げた2人を殺してと頼んでるジョセファ・ベラーデ。
ジム・ダグラスは自分は牧場に戻って馬を替えてくるらしく川で落ち合おうとプリモ保安官助手に指示しています。
グレゴリー・ペックなので保安官助手をアゴで使っています。

ダグラス牧場にて。
かわいい女の子ヘレンがいます。誰か来たと乳母のポニータを呼んでいます。
そこに接近するのは?、ジム・ダグラスとジョセファ・ベラーデとカウボーイでした。
どうやら逃げた2人はもう来ていたようで馬だけ奪ってズラかったらしい。
替えの馬がないのでそのまま出るジム・ダグラスです。

川にて。国境です。
追跡隊と合流するジム・ダグラス。
これ以上は追えないとプリモ保安官助手。私は違うと1人で川を渡るジム・ダグラス。

川を渡ったとこで目撃者の女性に聞いてるジム・ダグラス。
町の名前と方向を聞いて追います。

街に入るジム・ダグラス。
食堂だか酒場にいるビル・ザカリーに写真を見せるジム・ダグラス。
知らないと答えるビル・ザカリーですが、成り行きで撃ち合いとなりビル・ザカリーを撃ち殺すジム・ダグラス。
これを見ていたルーハンがズラかります。追うジム・ダグラス。

自宅に帰るルーハン。
小屋でゲットしたお宝を夫人のアンへラに渡してるルーハン。息子が熱を出しています。
水くみに行くルーハン。
ジム・ダグラスがやって来ます。で、水くみから戻ったルーハンを撃とうとしたら後から夫人に壺で殴られて昏倒しています。

気がついてルーハンから話しを聞くジム・ダグラス。
写真を見せるがやっぱり知らないとルーハン。どうやら近くを通ったが牧場には行かなかったのは本当らしい。
これでは夫人殺しが4人組の犯行が本当なのかも怪しくなっています。それでは誰がジム・ダグラスの夫人を殺したのか?わからん。→見たあと調べるとジム・ダグラスのカネの包みを鉱山掘りのバトラーが持ってたので犯人はバトラーだったらしい。これはわからんよ。

町に戻るジム・ダグラス。
ジム・ダグラスが来たので騒然しているようです。
教会に入るジム・ダグラス。神父と話します。
4人組は犯人ではなかった。復讐のために人殺しをしてしまったとジム・ダグラス。
神父を慰めの言葉をかけています。
そんなとこにジョセファ・ベラーデがヘレンを連れてきます。
ヘレンを抱いてジョセファ・ベラーデと外にでるジム・ダグラス。
外は町中の人達がいて祝福を言葉をかけてきます。町中の人達にとってジム・ダグラスは無償の行為をしてくれた英雄になってるのです。グレゴリー・ペックだし。
そのまま通り過ぎるジム・ダグラス。
エンドとなります。
なんだかオチが不明のままエンドになったような感じ。
これではなんだいこりゃとなりそうですがグレゴリー・ペックが主演なので、まあいいやとなります。


そんなわけで普通のプログラム・ピクチャーのウエスタンでした。まあまあ。

« Hollywood Express #442◆2011.11.13(日) | トップページ | 『無法の拳銃』 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75473/53283581

この記事へのトラックバック一覧です: 『無頼の群』:

« Hollywood Express #442◆2011.11.13(日) | トップページ | 『無法の拳銃』 »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。