映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« 『アンボーン 悪霊祓い』 | トップページ | 『ウォーカー』 »

2011.10.31

Hollywood Express #440◆2011.10.30(日)

映画紹介番組のHollywood Expressの感想です。BS193 WOWOWにて。
なおこの文はネタバレ全開となっています。

◆news flash
◆『ドラゴン・タトゥーの女』 The Girl with the Dragon Tattoo (2011) デビッド・フィンチャー監督、ルーニー・マーラ主演のハリウッドリメイク・サスペンス。出来はどうかな?。
◆アン・ハサウェイは『レ・ミゼラブル』 Les Misérables (2012) に出るそうです。どんな役なのかはよくわからん。
◆スーザン・サランドンが宗教的問題発言をした。ドイツ人の法皇をナチ呼ばわりしたらしい。スーザン・サランドンですが相変わらず目が大きい。
◆ Martha Marcy May Marlene (2011) Sean Durkin監督、エリザベス・オルセン主演の独立系作品。何とかインディンペンデント映画祭で候補になってるとか。
◆『ハングオーバー2 史上最悪の二日酔い、国境を越える』 The Hangover Part II (2011) がまた訴えられる。

◆red carpet
◆ザカリー・クイントが製作主演の Margin Call (2011) で、ザカリー・クイントのインタビュー。何だかよくわからん話しですがキャストは豪華。スタンリー・トゥッチ、ケビン・スペイシーのインタビューもあります。

◆inside look
◆『三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』 The Three Musketeers (2011) のメイキングをやっています。何だかミラ・ジョヴォヴィッチが出てると『バイオハザード』シリーズみたいになってる。

◆Hollywood gossip
◆リンぜー・ローハンがまた問題を起こしてる。
◆『ヘルプ 心がつなぐストーリー』 The Help (2011) でビオラ・デイビスに子供が産まれた。

◆new releases
◆ In Time (2011) アンドリュー・ニコル監督、ジャスティン・ティンパーレイク、アマンダ・セイフリード主演のSFアクション。オリビア・ワイルドも出てる。アンドリュー・ニコル監督ではあまり面白くなさそう。
◆ Anonymous (2011) ローランド・エメリッヒ監督、リス・エバンス、バネッサ・レッドグレイブ主演のシェークスピア内幕ドラマらしい。ローランド・エメリッヒ監督得意の爆発シーンはシェークスピア物なのにどうするのかと思ったら大砲を撃つシーンがあった。なるほど。
◆ The Rum Diary (2011) ブルース・ロビンソン監督、ジョニー・デップ、ジョパンニ・リビシ、アーロン・エッカート主演のハンター・S・トンプソン原作のドラマ。同じ原作でジョニー・デップ主演だったの『ラスベガスをやっつけろ』(1998年)と同じ感じのようです。
◆『長ぐつをはいたネコ』 Puss in Boots (2011) クリス・ミラー監督、『シュレック』シリーズのスピンオフした3D CG作品だそうです。VCはアントニオ・バンデラス、サルマ・ハエック。

◆weekend boxoffice top10
◆10位が『50/50 フィフティ・フィフティ』 50/50 (2011) ジョナサン・レヴィン監督、ジョセフ・ゴードン=レヴィット、セス・ローゲン主演のガンになった男の話のようです。興行収益totalが2880万ドル。
◆9位が The Thing (2011) マティス・バン・ヘイニンゲン Jr.監督、メアリー・エリザベス・ウィンステッド、ジョエル・エドガートン他主演のSFホラーのようです。これはジョン・カーペンター監督の『遊星からの物体X』(1982年)からのスピンオフでノルウェー隊でいったい何が起こったかという話しらしい。興行収益totalが1410万ドル。どうやら興業はあまりよくないようです。
◆8位が Johnny English Reborn (2011) オリバー・パーカー監督、ローワン・アトキンソン、ロザムンド・パイク主演のシリーズ物コメディ。興行収益totalが380万ドル。今週のハイライトでネコが死ななくてよかった。おそらくこの作品でいいのはここだけでしょう。
◆7位が『マネーボール』 Moneyball (2011) ベネット・ミラー監督、ブラッド・ピット、フィリップ・シーモア・ホフマン、ロビン・ライト主演の野球ドラマ。野球ドラマと言っても選手ではなくゼネラルマネージャーが主役の話しになっていてMLBオークランド・アスレチックスのゼネラルマネージャー ビリー・ビーンが主役です。興行収益totalが6370万ドル。ブラッド・ピットのおかげで結構ヒットしてるようです。フィリップ・シーモア・ホフマンが監督のアート・ハウ役ですが太り過ぎで似ていない。
◆6位が Dolphin Tale (2011) チャールズ・マーティン・スミス監督、ハリー・コニックJr.、アシュレイ・ジャッド、ネイサン・キャンベル、Cozi Zuehlsdorff、クリス・クリストファーソン、モーガン・フリーマン主演のイルカ物のファミリードラマのようです。興行収益totalが6430万ドル。これはヒットしているようです。
◆5位が The Ides of March (2011) ジョージ・クルーニー監督主演、ライアン・ゴズリング、マリサ・トメイ、エバン・レイチェル・ウッド主演の政治ドラマのようです。興行収益totalが2910万ドル。今週のハイライトはエバン・レイチェル・ウッドの出演シーンです。
◆4位が三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』 The Three Musketeers (2011) ポール・W・S・アンダーソン監督、ローガン・ラーマン、ミラ・ジョヴォヴィッチ、オーランド・ブルーム、クリストフ・ヴァルツ主演のコスチュームプレイ・アクションのようです。時代考証を無視したレトロアクションになってるようで昔懐かしのTVシリーズ『仮面の忍者 赤影』(1967年)のようなものかもしれない。興行収益totalが880万ドル。出だしはまあまあの興業か?、2週目で大きく落ちそうな感じがするけど。
◆3位が Footloose (2011) クレイグ・ブリュワー監督、ケニー・ウォーマルド、ジュリアン・ハフ、デニス・クエイド、アンディ・マクダウェル主演のリメイク・ミュージカル。興行収益totalが3080万ドル。これはランクが落ちていません。いい興業のようです。肝心の出来はそんなに悪くはないかもしれない。批評は悪くないそうです。ケビン・ベーコンの推薦付きらしい。ですが、ケビン・ベーコンも下手したら『フットルース』 Footloose (1984) だけで終わっていたかもしれなかったんですから俳優は大変な職業です。
◆2位がリアル・スティール』 Real Steel (2011) ショーン・レヴィ監督、ヒュー・ジャックマン、エヴァンジェリン・リリー、ダコタ・ゴヨ主演のロボット格闘技が入ったファミリームービー。興行収益totalが6720万ドル。興業はいいようです。
◆1位が Paranormal Activity 3 (2011) Henry Joost, Ariel Schulman監督、Katie Featherston、Sprague Graydenでキャストは無名のシリーズ第3作。前2作と全く同じように作ってあるようです。興行収益totalが5400万ドル。このシリーズはとにかく製作費をかけないのがポリシーのようです。

◆エンディング
◆Big & Rich's 『Fake I.D』 from Footloose (2011)

« 『アンボーン 悪霊祓い』 | トップページ | 『ウォーカー』 »

Hollywood Express」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75473/53130113

この記事へのトラックバック一覧です: Hollywood Express #440◆2011.10.30(日):

« 『アンボーン 悪霊祓い』 | トップページ | 『ウォーカー』 »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。