映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« 『宇宙からの侵略生物』 | トップページ | 『ゴーストたちの恋愛指南!』 »

2011.09.13

SHOWBIZ COUNTDOWN 2011.09.12(月)

◆このたびの天災、地震と津波の被災者の皆様に心よりお見舞い申し上げます。復興を心から願っていますが、現実はそうはなっていなくて、どさくさに紛れてお役人様のやりたい放題になっています。とにかく財務省は復興で増税しかないようです。これはひどい。
◆人災の福島第一原子力発電所事故は報道管制で人災をなかったことにしようとしてるようですが現実問題としては放射性物質は継続して放出しています。何でもいいから放射性物質放出を早くなんとかしてくれとなります。ですが速攻で原発に対して否定的な経済産業大臣の首を取ってる記者クラブ。これもひどい。

◆地上波デジタルTXテレビ東京にて放映のSHOWBIZ COUNTDOWNの感想です。
◆ネタバレはあると思います。

◆オープニングテーマのビデオクリップ
◆Red Hot Chili Peppers、『The Adventures of Rain Dance Maggie』

◆U.S.A. BOX OFFICE TOP10
◆2週目10位が『フライトナイト 恐怖の夜』 Fright Night (2011) クレイグ・ギレスピー監督、コリン・ファレル、アントン・イエルチン、イモージェン・プーツ、デビッド・テナント主演の『フライトナイト』(1985年)のリメイク・ホラーアクションのようです。コリン・ファレルのセクシーな吸血鬼が見どころらしい、大丈夫なのか?。興行収益累計が1400万ドル。大きくランクを下げました。そんなものでしょう。オリジナルから変更は多いらしいがアクションが多くなっただけだと思う。今週のハイライトはガス爆発を起こすコリン・ファレルです。
◆5週目9位が Crazy, Stupid, Love. (2011) グレン・フィカーラ、ジョン・レクア監督、スティーブ・カレル製作主演、ライアン・ゴズリング、ジュリアン・ムーア、エマ・ストーン共演のロマンティック・コメディのようです。他にマリサ・トメイ、ケビン・ベーコンとキャストは豪華です。奥さんのジュリアン・ムーアに逃げられた中年男スティーブ・カレルがマッチョな男ライアン・ゴズリングから役に立たないアドバイスを受けて特訓したりして悪戦苦闘する話しらしい。興行収益累計が6900万ドル。これは興業はいいようです。『ザスーラ』(2005年)のジョナ・ボボが息子役で出てるらしい。
◆2週目8位が Conan the Barbarian (2011) マーカス・ニスペル監督、ジェイソン・モモア、レイチェル・ニコルズ、ロン・パールマン、ローズ・マッゴーワン、スティーブン・ラング主演のコスプレ・アクションのリメイクのようです。興行収益累計が1600万ドル。ランクを下げてあまり興業はよろしくないようです。ロン・パールマンは子役時代の主人公の師匠というか村のリーダー役のようです。原始人ルックで相変わらずのタイプキャストになっています。ロン・パールマンはカネのために出演したのでしょう。ブルガリアでロケ。製作費9000万ドルは国内興業では回収不可能らしい。今週のハイライトは子役のアクションです。
◆5週目7位が『スマーフ』 The Smurfs (2011) ラジャ・ゴズネル監督、VCは有名どころをそろえてるはずです。アニメと実写の3Dのファミリー・ムービーだそうです。スマーフとはベルギーの新聞マンガのキャラクターだそうで、このことは初めて知った。興行収益累計が1億2500万ドル。今週のハイライトはスマーフを追ってN.Y.に来た悪役の魔法使いが全身美容整形で人気者になるシーンです。
◆2週目6位が『スパイキッズ4D ワールドタイム・ミッション』 Spy Kids: All the Time in the World in 4D (2011) ロバート・ロドリゲス監督、ジェシカ・アルバ主演の『スパイキッズ』シリーズ第4弾。臭いが感じるカード付きなので4Dなんだと。パパ役はジョエル・マクヘイル、悪役はジェレミー・ピベン、ちゃんと前のシリーズの出演者も出ています。興行収益累計が2100万ドル。今週のハイライトは妊娠中のヤンママのジェシカ・アルバのカーアクションです。CG全開のベンツに乗ってる。
◆1週目5位が Our Idiot Brother (2011) ジェシー・ペレッツ監督、ポール・ラッド、エリザベス・バンクス、エミリー・モーティマー、ズーイー・ディシャネル主演の風変わりなコメディのようです。興行収益が700万ドル。製作費500万ドルはもう回収しているようです。風変わりなポール・ラッドが3人の姉妹の家を渡り歩いて色々とある話しのようです。女優さん3人で見る気がする。
◆1週目4位が Don't Be Afraid of the Dark (2010) トロイ・ニクシー監督、ベイリー・マディソン、ケイティ・ホームズ、ガイ・ピアース主演の地縛霊ホラーのようで『ヘルハウス』(1973年)『悪魔の棲む家』(1979年)『悪魔の棲む家』(2005年)系のホラーらしい。興行収益が800万ドル。TVドラマのリメイク。子役のベイリー・マディソンがヒロインになってるようです。ママがケイティ・ホームズでパパがガイ・ピアースか?、製作脚本がギレルモ・デル・トロなのでつまらなくはないと思う。
◆4週目3位が『猿の惑星 創世記(ジェネシス)』 Rise of the Planet of the Apes (2011) ルパート・ワイアット監督、ジェームズ・フランコ、フリーダ・ピント、ジョン・リスゴー主演、CGで描写してる猿のベースはアンディ・サーキス。『猿の惑星』シリーズの前日譚の話しのようです。興行収益累計が1億4800万ドル。これは大ヒットしてるようです。おめでどうございます。今週のハイライトは遺伝子操作で賢くなり過ぎて扱いきれなくなり檻に隔離された主人公の猿が脱獄するシーンのようです。
◆1週目2位が Colombiana (2011) リュック・ベッソン製作脚本、オリビエ・メガトン監督、ゾーイ・サルダナ、マイケル・バルタン、クリフ・カーティス主演の『ニキータ』(1990年)そのまんまのアクションのようです。出来がよければそれもそれでいい。興行収益が1000万ドル。今週のハイライトはゾーイ・サルダナのインタビューです。ゾーイ・サルダナはバレエ映画『センターステージ』(2000年)に出ていてバレエが出来るのでアクションも出来るのです。ところで師匠役と恋人役は誰だ?。リュック・ベッソンは似たようなアクション映画の製作を多数やって大儲けしてます。フランス本国での評価はどうなってるか知りませんが・・・。
◆3週目1位が The Help (2011) テイト・テイラー監督、エマ・ストーン、ビオラ・デイビス、オクタビア・スペンサー、ブライス・ダラス・ハワード、ジェシカ・チャステイン主演の1960年代を舞台にした人種差別ドラマのようです。興行収益累計が9600万ドル。大ヒットしてアカデミー賞も視界に入ってるそうです。製作費が2500万ドルでもう回収しています。

◆Movie Topics
◆『ドラゴン・タトゥーの女』 The Girl with the Dragon Tattoo (2011) デビッド・フィンチャー監督、ダニエル・クレイグ、ルーニー・マーラ主演のリメイク・サスペンスアクションのようです。もう完成してるのかデビッド・フィンチャー監督は仕事が速い。ランニングタイムが長いけど。これはオリジナルは3部作だけどまさか3部作を1つにはしていないと思う。普通は1作目のみリメイクでしょう。この予告編はカットバック全開でよく出来ています。これでは作品の出来はわからん。バイクが出ていますが真っ暗なので何だかわからん。おそらく爆発炎上しなければドゥカティ、爆発炎上したら日本製バイクです。
◆ Straw Dogs (2011) ロッド・ルーリー監督、ジェームズ・マースデン、ケイト・ボスワース主演の『わらの犬』(1971年)のリメイク・アクションのようです。ケイト・ボスワースのヌードはないと思う。これは正直言って全く勝ち目のないリメイクです。そうしたら舞台が英国ではなくアメリカになってるようです。そうなるとホワイトトラッシュやヒルビリー相手の普通のアクションになってしまいオリジナルとは全く別の作品になってしまいます。それでも爆発シーンとアクションシーンだけはオリジナルより多くなっているらしい。ジェームズ・マースデン、ケイト・ボスワースの主演2人は悪くはないと思うけどダスティン・ホフマンとスーザン・ジョージには及ばない。やはり勝ち目のないリメイクです。クルマはジャガーEタイプです。ロッド・ルーリー監督は聞いたことがない。調べたら『ザ・コンテンダー』(2000年)の監督でした。誰も引き受け手がなくてこうなったのか?、でも『サイコ』(1960年)のリメイクをやっていた面の皮の厚いガス・バン・サント監督なら引き受けたと思う。監督してほしいとは思わないけど。
◆ The Dark Knight Rises (2012) クリストファー・ノーラン監督、クリスチャン・ベイル、マイケル・ケイン、アン・ハサウェイ、マリオン・コティヤール、ジョセフ・ゴードン・レビット主演のシリーズ物アクションのようです。バットマンが再び現れる話らしい。

◆Music Topics 私は音楽ネタの方はサッパリです。
◆映画の邦題もイマイチなのが多いけど、洋楽の勝手な邦題はホトンド許しがたいレベルに達しています。そんなわけで原語表記にしています。カタカタ表記は1文字でも異なると検索が出来ないし・・・
◆日本語の歌詞さえロクに聞いていないので英語の歌詞がわかるわけがない。それに日本ではメッセージソングが実質的に禁止されてるから歌詞に意味がないのは当然かもしれない。
◆外人の喋る英語は全然わからないし、外人が日本語を喋ってるのを聞くと何故かムカつく。この鎖国システムはよく出来てます。

◆Judas Priest、ビデオクリップが『Painkiller』『Breaking the Law』『Freewheel Burning』、最新ベストアルバムが『Single Cuts』、40年のキャリアを持つ有名なメタルバンドだそうです。最後の世界ツアーを行うそうです。ところでメタルにも更にジャンル分けがあるらしい。ヘビメタだけではないようです。全部同じに聞こえるけど。

◆エンディングテーマのビデオクリップ
◆Lady Antebellum、『Just A Kiss』

◆SHOWBIZ NEWS
◆国内映画トップ10はここの下に流れるようになってる。今週になって気がついた。
◆来年の第84回アカデミー賞の視界にエディ・マーフィーが決定。大丈夫なのか?
◆スティーブン・ソダーバーグ監督は監督引退宣言を撤回。まあ普通はそうなるでしょう。引退なんかしたらもったいない。
◆リアーナが5億円以上で購入したビパリーヒルズの邸宅が欠陥住宅であるとして売り主を提訴。色々と大変なようです。
◆マドンナが29歳年下彼氏の母親の機嫌を取るために620万円の旅行をプレゼントしたらしい。これは邪魔なあんたはここから消えてくれというのが見え見えなのでは?
◆マイ・ケミカル・ロマンスのツアー・ドラマーがバンド内で盗みを働いたとして解雇。色々と大変なようです。

◆ジェシカ・アルバの映画デビュー作は?→これはあれでしょう。子役で出ていた『バーチャル・ヴィーナス』 Venus Rising (1995)だ。→で、正解は Camp Nowhere (1994) でした。まだ前の作品があったのか。ジェシカ・アルバは子役のキャリアが凄いな。

« 『宇宙からの侵略生物』 | トップページ | 『ゴーストたちの恋愛指南!』 »

SHOWBIZ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SHOWBIZ COUNTDOWN 2011.09.12(月):

« 『宇宙からの侵略生物』 | トップページ | 『ゴーストたちの恋愛指南!』 »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。