映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« 『百万の眼を持つ刺客』 | トップページ | SHOWBIZ COUNTDOWN 2011.07.25(月) »

2011.07.24

『海底1万リーグからの妖獣』

この作品はダン・ミルナー監督、ケント・テイラー、マイケル・ウォーレン、キャシー・ダウンズ主演の低予算B級SFドラマのようです。
なおこの文はネタバレ全開となっています。

1955年 ミルナー・ブラザース・プロ/アメリカン・リリース・コープ アメリカ作品
ランニング・タイム◆80分
原題◆The Phantom from 10,000 Leagues
プロット◆謎の怪物の原因を調べる話しのようです。
音楽◆Ronald Stein
RUNコーポレーション発売のDVDにて。画質はそれなりです。スクイーズ収録ではありません。フル表示では上下左右に大きく黒味ありなので、少し左右に引き伸ばされるけどHDスーパーズームで見ました。画面サイズはワイド。上下に黒味あり。

キャスト
ケント・テイラー→放射線のスティーブンソン博士
マイケル・ウォーレン→大学のキング教授
キャシー・ダウンズ→→娘のロイス・キング
ビビ・ジャニース→キング教授の秘書エーテル
フィリップ・パイン→キング教授の助手ジョージ
ヘリーン・スタントン→ブロンドのワンダ
ロドニー・ベル→グラント捜査官
マイケル・ガース→保安官
ピアース・ライデン→掃除夫のアンディ

ダン・ミルナー監督の演出はよいと思います。
B級作品なのに画面サイズがワイドとはがんばっています。
ワイドといってもシネスコのわけがなくビスタサイズのようですが。

説明セリフは少ない。カットはちゃんと割ってる。真面目に作られています。
そんな感じでロジャー・コーマン先生は関係ないみたい。

水中撮影もちゃんとやっています。
クリーチャーがイマイチなのが惜しいとこです。
そんな感じで驚くほど真面目に作られています。

RUNコーポレーション

American Releasing Corporation (ARC) (II) (1955) (USA) (theatrical)
Milner Brothers (as Milner Bros. Productions)
AIPの名前はなかった。

ボートに男が1人。スキューバで潜ります。
いきなり水中に着ぐるみの怪物がいます。
慌ててボートに戻るけどボートがひっくり返される。
で、怪物にやられます。水中に沈む男。水面に最後まで両手が出てるのがいい。

タイトル。
The Phantom from 10,000 Leagues

海岸にボートと死体が上がってます。
最初に現われた黒いスーツの男がスティーブンス博士、そこにグラント捜査官が登場。
その前に逃げた男もいたような。

実はスティーブンス博士なのですがここではテッド・バクスターと名乗っています。
旅行者だと称しています。
上の方で別の男が伺っています。見つかったら降りてきてキング教授の助手ジョージと名乗ります。水中銃を持っています。

キング教授の自宅にて。
キング教授が帰宅します。足下がずぶ濡れで娘のロイスにたしなめられています。
誰か来ます。キング教授は部屋に引っ込む。
出るロイス。黒いスーツのテッド・バクスターが来客です。
結局キング教授を呼びますが感じのキング教授は窓からズラかっていません。

キング教授は海岸でメモを取っています。
亀をしげしげと見ています。そのまま亀を持っていきます。

海岸にて。グラント捜査官とパクスター。
バクスターはスティーブンス博士でした。グラント捜査官はもう調べていました。
スティーブンス博士は放射線の権威らしい。怪しんでるグラント捜査官。

太平洋 海洋にて。
ウィリー・ハリソンのボートが見つかったとか掃除夫のアンディが言ってます。
キング教授の秘書エーテルを相手にお喋りです。
アンディはジョージがキング教授のあとをつけ回してるとか言ってます。
キング教授が来ました。ラボに入ります。その時にメモを落とします。これを拾うエーテル秘書。
ジョージが来てメモを調べます。興味津々のエーテル秘書。
何とかラボに入れないものかと言ってるジョージ。エーテル秘書に協力してくれと頼んでいます。

このへんでの印象ですが、実に真面目に作っています。
ビックリするぐらい真面目に作られています。
邦題やDVDジャケットのイラストからは想像もつかないほど真面目に作られています。

海上にて。
スティーブンス博士がボートで漕ぎ出しスキューバで潜ります。

キング教授のラボにて。
何か特別な作業着を着込んでいます。マスクまであります。何か寒そうな感じがしてるので防寒用なのか?。
これで捕まえた亀を実験してるようです。
オーバーラップで海底の怪物が映っています。

海底にて。
潜ってるスティーブンス博士。探索をしています。何か光っています。
怪物と遭遇して慌ててボートに逃げるスティーブンス博士。必死でオールを漕いで逃げます。
ようやっと海岸に戻ります。

海岸にて。
そんなとこにキング教授の娘ロイスが水着で来ています。
さっそくコンタクトしています。
海が気になるスティーブンス博士。泳ぐというロイスを必死で止めています。
で、テッドと呼んでくれと仲良くなっています。

ラボにて。
キング教授は実験が終わりのようです。どんな実験なのかですがカーテンを閉めたのでどうなったかわからん。
スティーブン博士が来ます。エーテルは書類を取りに行かせています。
漁師の死体の話しをしてるスティーブンス博士。被爆もしていたと・・
グラント捜査官の話をしているキング教授。
ドアを開けるとエーテルの影が見えます。立ち聞きをしていたらしい。

キング教授は海洋学者、スティーブンス博士は放射線学者らしい。

ラボに入るキング教授。
スティーブンス博士の著書が鞄に入っていました。
なるほどキング教授はスティーブンス博士の研究を実践している。これが原因で怪物を作ってしまったのだと思える。

キング教授の自宅にて。
ロイスは着替え中です。シャワーを浴びます。そんなとこにキング教授からは入っていいと言われてるスティーブンス博士が入ります。一応ノックはしていましたが・・。
このへんはルーティンな展開となっています。それでいいじゃん。

これは失礼といつもの展開になります。
ロイスの着替えのシーンもちゃんと撮っています。ストラップレスのブラジャーの後が見えています。
タイトなノースリーブのサマードレスのジッパーを上げてというシーンもあります。
B級作品なのでこのようなシーンは付きものなのです。

そんなとこにキング教授が帰宅します。
キング教授にも本名のスティーブンスがバレてたようです。
この沿岸でウラン鉱床が発見されたとスティーブンス博士。潜ったことや海ヘビが出たことも言ってます。
例の怪物は変異体ではないとスティーブンス博士。自分もラボで変異体を作ったと言ってます。
何だか研究を金儲けにしようとしてる連中もいるとか、そんな話しも出てます。
で、変異体は妄想だと一蹴してるキング教授。

グラント捜査官から電話です。
どうやら潜るつもり機材を借りたいとの用件らしい。

ラボにて。
事務所で書類を調べてるエーテルにいきなり話しかけるキング教授。
カネのために裏切る者がいるとか言ってる。
キング教授がラボに入るとすぐに電話してるエーテル。グラント捜査官に電話してる。

海岸にて。
ジョージがいます。ブロンドのワンダと連絡らしい。
早く情報を持ってこいと催促のワンダ。
クルマで去るワンダ。このブロンドのワンダはアニメ『トムとジェリー』に出てくる色気あるのネコみたい。デフォルメされたお下品ぶりがいい感じ。

スキューバのチューブに何か錠剤を入れてる。誰だかわからん。

ジェフティーズ・ロードハウスにて。普通のダイナーです。
エーテルとグラント捜査官。キング教授が犯人だと言ってるエーテル。

海岸にて。
水着の男女がボートで出る。スキューバをやるらしい。

キング教授の自宅にて。
ロイスとキング教授。そこにスティーブンス博士がやってきます。
どうやらスティーブンス博士とロイスはデートのようです。

まずは海岸を散歩となっています。
そんなとこをジョージが伺っています。

ジェフティーズ・ロードハウスにて。
エーテルとグラント捜査官。1人息子が死んだのはキング教授が原因だとしてるエーテル。ラボに入れば証拠がつかめるかもと言ってます。
ラボに入れるように鍵の型を取れるか?なんて言ってるグラント捜査官。
で、隣のテーブルにワンダがいたりします。これは偶然です。

海上にて。
スキューバで潜る男女。どうやら普通の被害者らしい。
で、潜って怪物と遭遇してボートに戻るがやられます。
この怪物の造形はイマイチです。ぶかぶかの着ぐるみでゴメスとベムラーが合わさったような感じ。

海岸のベンチにて。
散歩中のスティーブンス博士とロイス。
ボートと死体が2つ打ち上げられています。ロイスに電話するようにと帰します。
調べようとするスティーブンス博士。そこを水中銃で撃たれます。当たらず。
追うスティーブンス。ジョージはクルマでズラかります。
海岸に戻るスティーブンス博士。

警察?にて。
検死してるグラント捜査官とスティーブンス博士。
被爆がヒドイとスティーブンス博士。いよいよ協力が必要だとグラント捜査官。
太平洋 海洋大学のイニシャルがある遺留品の銛があります。指紋もあるらしい。
明日の朝にスキューバで潜ろうとなります。
海中は危険だと言ってるスティーブンス博士。

朝にて。
スティーブンス博士とグラント捜査官はボートを出します。
オールを漕いで海上に出ます。
マウスピースをくわえたとこで気分を悪くなるグラント捜査官。
チューブに錠剤が仕込まれていました。取り除くスティーブンス博士。
それでも潜ることにします。

海中にて。
ガイガーカウンターを持っているスティーブンス博士。
水中銃を持ってるグラント捜査官。
怪物と遭遇します。水中銃を発射して必死で逃げます。
ボートに乗って必死でオール漕いで逃げます。
無事に海岸に着いたようです。

ジョージを逮捕するとグラント捜査官。
スティーブンス博士は怪物をどうすると言ってます。

ラボの事務所にて。
エーテルとジョージ。キング教授がいない間に何とかしようとなってる?
エーテルはジョージに協力する気はないようです。何とかしてくれと頼んでるジョージ。

キング教授の自宅にて。
スティーブンス博士がやってきます。ロイスがいました。
死んだ男女は偶然にキング教授の大学の生徒らしい。
スティーブンス博士はキング教授に潜ったことを話します。
まだキング教授は妄想だと言ってる。ムッとして帰るスティーブンス博士。

海岸にて。
ワンダが日光浴しています。パラソルにマットがわざとらしくていい。
ジョージが来ます。上手くいかないと報告しています。
エーテルがグラント捜査官に会っていた話しをしてるワンダ。
結局何か情報を持ってこいとジョージに言ってます。高飛車なとこがいい。

ラボにて。
キング教授が来ます。エーテルはちょうど帰るとこでしたとすぐ帰ります。
ラボの鍵が開いてる。中は荒らされてます。
エーテルが戻ってきます。どうやら合い鍵を落としたらしい。探しています。
合い鍵はラボの床に落ちています。探し物はこれだろと合い鍵を渡すキング教授。
エーテルはそのままいなくなります。

海岸を歩いてるエーテル。
ジョージが水中銃を発射してエーテルがやられます。バッタリと倒れます。

キング教授の自宅にて。
帰宅するキング教授。スティーブンス博士がロイスといます。
昼間のことを謝罪しているキング教授。
そんなとこに保安官とグラント捜査官がやってきます。
エーテル殺しの容疑者がキング教授なんだと。

海岸にて。
グラント捜査官とスティーブンス博士。
エーテルが手に入れたキング教授のメモを見せるグラント捜査官。
保安官来て犯人はジョージだとなりつつあります。証拠がバッチリなんだと。

キング教授とロイスは散歩しています。
よい知らせを持ってくるスティーブンス博士。犯人はジョージだと伝えます。
ここでロイスを帰らせてメモの話になります。
海底にはウラン鉱床、実験はスティーブンス博士の例の実験をスティーブンス博士より発展させたと話すキング教授。
で、もう5人死んでるんだと説得にかかるスティーブンス博士。

キング教授の自宅にて。
ロイスとスティーブンス博士。キング教授がいない。どこへ行ったとなっています。
ここで待っていてもしょうがないのでラボに行こうとなります。
出たところで沖に船が出ています。普通の貨物船か?、これが大爆発となります。ミニチュア使用。
これは大変だとなります。

ラボにて。
キング教授はラボをめちゃくちゃに破壊しています。
掃除夫のアンディが何事ですかと聞く。ここを掃除してくれと出ていくキング教授。
その前にこれは何ですかとアンディ。巨大化した亀がいます。

海岸にて。
ワンダのとこに来てるジョージですが、ワンダはいなくて保安官とグラント捜査官が待ち伏せててアッサリと捕まります。
で、キング教授の方がもっと殺してると言ってるジョージです。そういう問題ではないのですが犯罪者はいつもこんなものらしい。

ラボにて。
スティーブンス博士とロイスが掃除夫のアンディに何があったのか聞いてます。
で、キング教授はどこへいったと聞いてます。
そんなとこにグラント捜査官も来ます。海岸ヘクルマで行こうとなります。

海岸にて。
ボートを出すキング教授。
沖に出てスキューバで潜ります。ケーブルを引きずったダイナマイトのケースを持っています。
ダイナマイトをしかけます。そこに怪物が出てきます。捕まって身動きが出来ないとこで爆破時間が迫ります。
時間となって大爆発となります。自殺攻撃するつもりではなかったような感じですが結果的にはそうなっています。

海岸にて。
呆然とするスティーブンス博士、ロイス、グラント捜査官。
格言らしきことを言うスティーブンス博士。
エンドとなります。

そんなわけで低予算ですが真面目に作られているまあまあな作品でした。悪くない。



« 『百万の眼を持つ刺客』 | トップページ | SHOWBIZ COUNTDOWN 2011.07.25(月) »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75473/52296177

この記事へのトラックバック一覧です: 『海底1万リーグからの妖獣』:

« 『百万の眼を持つ刺客』 | トップページ | SHOWBIZ COUNTDOWN 2011.07.25(月) »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。