映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« 『歌え!ロレッタ 愛のために』 | トップページ | 『ヴァネッサ・パラディの奥サマは魔女』 »

2011.05.24

SHOWBIZ COUNTDOWN 2011.05.23(月)

◆このたびの天災、地震と津波の被災者の皆様に心よりお見舞い申し上げます。復興を心から願っています。まだ死亡者数すら判明せず復興にはほど遠い状況です。何だかどさくさに紛れてお役人様のやりたい放題と東京の建設会社の復興特需の奪い合いとなってる感じでいまだに状況は変わっていないようです。
◆人災の福島第一原子力発電所事故で東京電力に振り回されてる皆様にも心よりお見舞い申し上げます。こっちは報道管制で人災をなかったことにしようとしてるようですが現実問題としては放射性物質は継続して放出しています。何でもいいから放射性物質放出を早くなんとかしてくれとなります。国会で小学生のホームルームみたいなことをしてる場合ではないんだよ。お役人様は普段から偉そうにしてるのは、この非常時を何とかするためでしょう。数字いじりや言葉遊びをしてる時ではないんです。

◆地上波デジタルTXテレビ東京にて放映のSHOWBIZ COUNTDOWNの感想です。
◆ネタバレはあると思います。

◆オープニングテーマのビデオクリップ
◆Jennifer Lopez、『On The Floor (feat Pitbull)』

◆U.S.A. BOX OFFICE TOP10
◆2週目10位が Hoodwinked Too! Hood VS. Evil (2011) マイク・ディサ監督、ヘイデン・パネッティーア、グレン・クローズがVCの3D CGアニメで『リトル・レッド レシピ泥棒は誰だ!?』Hoodwinked! (2005)の続編のようです。興行収益塁件が600万ドル。これは全くダメな興業です。でも製作費3000万ドルは回収出来ます。全世界興業やDVDで回収出来るからハリウッドはやめられない。HEAという組織で赤ずきんと狼がコンビを組んで活躍するらしい。面白くないのは全部演出のせいだな。他作品の引用だけで終わってるようです。
◆2週目9位が Prom (2011) ジョー・ナスバウム監督、エイミー・ティーガーデン、トーマス・マクドネル主演のホラーだと思ったら違うようです。何しろプロムパーティ=ホラーだと思ってるのでそうなります。何だか普通の青春ドラマらしい。興行収益累計が700万ドル。まだTOP10に残っていました。製作費800万ドルも回収出来そうだし健闘した興業でしょう。今週のハイライトはニコラス・ブラウンがお願い事を書いた垂れ幕をトラックに持っていかれるシーンです。お目当ての女の子が乗ってるクルマはマツダ・デミオです。
◆5週目8位が Soul Surfer (2011) ショーン・マクナマラ監督、アンナソフィア・ロブ、ヘレン・ハント、デニス・クエイド主演の実録物サーファー映画。サメに襲われ左腕を失った実在の女性サーファー ベサニー・ハミルトンがサーファーに復帰する実録スポ根映画のようです。興行収益累計が3600万ドル。これはヒットしてるようです。おめでとうございます。
◆3週目7位が Tyler Perry's Madea's Big Happy Family (2011) タイラー・ペリー監督脚本、女装で主演のコメディのようでシリーズ最新作だそうです。何のシリーズなのかよくわからんけど。興行収益累計が4700万ドル。ちゃんとヒットしています。何で興業がいいのか不思議です。
◆3週目6位が Water for Elephants (2011) フランシス・ローレンス監督、リース・ウィザースプーン、ロバート・パティンソン、クリストフ・ヴァルツ主演のメロドラマのようです。1930年代の恐慌の時代を背景にサーカスを舞台にしたコテコテなメロドラマらしい。興行収益累計が4200万ドル。無難な興業になってるようです。リース・ウィザースプーンとロバート・パティンソンは2度目の共演で1回目の共演ががロバート・パティンソンのデビュー作品の『悪女』(2004年)だそうです。
◆4週目5位が『ブルー 初めての空へ』Rio (2011) カルロス・サルダーニャ監督、アン・ハサウェイ、ジェシー・アイゼンバーグ他がVCの3D CGアニメ。飛べないインコの主人公が色々とある話しのようです。興行収益累計が1億1000万ドル。今週のハイライトは追われる主人公2人でオチが街中停電になってサッカーのゴールシーンを見れなくなります。『アメリ』(2001年)でもサッカーのゴールシーンが見れなくなるギャグがあって、これはリアクションが最高で面白かったものです。
◆1週目4位が Something Borrowed (2011) ルーク・グリーンフィールド監督、ケイト・ハドソン、ジニファー・グッドウィン主演のロマンティック・コメディのようです。興業収益が1300万ドル。ジニファー・グッドウィンは誰かに似ていると思ってましたがセルマ・ブレアに似ているのです。キャラも似ている。ショートカットのブルネットに童顔なのがいい。意外とキャリアが続きそうなジニファー・グッドウィン。男2人の顔が同じで見分けがつかない。全く知らない俳優ジョン・クラシンスキーとコリン・エッグレスフィールドです。多分オーディションで条件はケイト・ハドソンより目立たないことか?。親友の花婿ダーシーに惚れたしまったジニファー・グッドウィンのヒロインといった設定らしい。ルーク・グリーンフィールド監督の『ガール・ネクスト・ドア』(2004年)は見ています。悪くはなく普通の出来でした。
◆1週目3位が Jumping the Broom (2011) サリム・アキル監督、アンジェラ・バセット、ポーラ・パットン主演の黒人キャストのコメディらしい。あとはよくわからん。興行収益が1500万ドル。確かなのは日本での劇場公開がないことです。DVDスルーにもならないでしょう。
◆2週目2位が『ワイルド・スピード MEGA MAX』 Fast Five (2011) ジャスティン・リン監督、ビン・ディーゼル、ポール・ウォーカー、ジョーダナ・ブリュースター、ドゥエイン・ジョンソン主演のカーアクションシリーズの第5弾のようです。興行収益累計が1億3000万ドル。ヒットしているようです。信じられないアクションといってもこれはCGじゃんと思ってしまうので有り難みに欠けます。実際そんなものです。
◆1週目1位が『マイティ・ソー』 Thor (2011) ケネス・プラナー監督、ナタリー・ポートマン、クリス・ヘムズワース、カット・デニングス、浅野忠信主演のファンタジー・アクションのようでアメコミの映画化らしい。興行収益が6500万ドル。ナタリー・ポートマンは映画出演が途切れませんもしかして妊娠前にまとめて出たのか?。ナタリー・ポートマンの話し相手役のメガネの女の子は誰?→カット・デニングスのようです。現実とファンタジーがカットバックするのかと思ったらそうでもないみたい。巨大ロボが目から殺人光線を出してて随分とクラシックな設定になっています。別にいいけど。今週のハイライトはメイキングです。ケネス・ブラナー監督のインタビュー。シェークスピアの映画化が得意のケネス・ブラナー監督ですがこの作品には合ってると思えます。大げさなのが合っています。演出は悪くないから本編も締まってると思うし。他にワイヤーワークでのアクションシーンとか見れます。ハンマーが武器でこれが行方不明になってマクガフィンになるようで無難な設定になっています。

◆Movie Topics
◆『ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える』 The Hangover Part II (2011) トッド・フィリップス監督、おなじみのキャストのシリーズ第2弾。今度はタイでロケしたようですが、これだけで失敗作となるのは確実です。それはやってはいけませんといった感じ。ハリウッドがアジアを撮ると同じアジア人としては見るに堪えないのです。バカだね。話しの方は同じで舞台がタイになっただけらしい。タイの大きさをワイオミング州と同じと紹介するのが何となく凄い。他の国はアメリカでは州扱いか?、そりゃ日本がアメリカの51番目の州扱いだけど、何だか洒落になっていない。

◆JAPAN BOX OFFICE TOP10
◆『アンノウン』 Unknown (2011) は邦題が『身元不明」なんですが東日本大震災の時節柄そのようにな言葉が使えないと勝手に自主規制して『身元不明』から意味不明な邦題『アンノウン』になったらしい。相変わらず天然ボケのサボタージュが冴えています。こうやってハリウッドから日本国内の映画市場を防衛するのです。
◆『英国王のスピーチ』 The King's Speech (2010) は相変わらずヒットしています。世界第2の映画市場で荒稼ぎしてプロデューサーのワインスタイン兄弟は大儲けでしょう。
◆東宝は相変わらずTOP10に何作も送り込んでいます。東映はどうした、仮面ライダーシリーズとアニメがないとお手上げなのか?
◆日本映画の実写の方はどれもこれも湿っぽい芝居と絶叫芝居ばかりで見る気が失せます。何でそうなる?。

◆Music Topics 私は音楽ネタの方はサッパリです。
◆映画の邦題もイマイチなのが多いけど、洋楽の勝手な邦題はホトンド許しがたいレベルに達しています。そんなわけで原語表記にしています。カタカタ表記は1文字でも異なると検索が出来ないし・・・
◆日本語の歌詞さえロクに聞いていないので英語の歌詞がわかるわけがない。それに日本ではメッセージソングが実質的に禁止されてるから歌詞に意味がないのは当然かもしれない。
◆外人の喋る英語は全然わからないし、外人が日本語を喋ってるのを聞くと何故かムカつく。この鎖国システムはよく出来てます。

◆Katy Perry、ビデオクリップが『E.T. (feat.Kanye West)』、アルバムが『Teenage Dream』
◆Foo Fighters、ビデオクリップが『Rope』、アルバムが『Wasting Light』、元NirvanaのドラマーDave Grohlが率いるロックバンドだそうです。カントリーバンドだと思っていたがそれは似たようなのがあるのかもしれない。Foo Fightersのドキュメンタリー映画も公開されるそうです。さすがにドキュメンタリーなので「これは実話です」とは字幕は入っていない。そりゃそうだ。

◆エンディングテーマのビデオクリップ
◆Simon & Garfunkel、『Bridge over Troubled Water』

◆SHOWBIZ NEWS
◆先日別居を発表したアーノルド・シュワルツネッガーに家政婦との間に隠し子が発覚。なるほど、そういうことだったのか・・。
◆レオナルド・ディカプリオがブレイク・ライブリーと船上デート。モデルのガールフレンド バー・ラファエリはどうした。モデル好きから宗旨替えしたのか?
◆デンゼル・ワシントンがペンシルベニア大学から名誉学位を授与される。色々とやってるようです。
◆ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーが元秘書から不当解雇で訴えられる。色々と面倒に巻き込まれるようです。こんなことは慣れてるか?
◆キアヌ・リーブスが実写版『AKIRA』に出演するとの報道を代理人が否定。出演するとしたらキアヌ・リーブスは金田より鉄雄の方が合ってるような気がする。

◆リース・ウィザースプーンの映画デビュー作は?、これはわからん。子役出身なんだから動物と共演してたアフリカ映画『ラスト・ウィンド 少年達は砂漠を越えた』(1993年)か?→正解は『マン・インザ・ムーン』(1991年)でした。わからんよ。

« 『歌え!ロレッタ 愛のために』 | トップページ | 『ヴァネッサ・パラディの奥サマは魔女』 »

SHOWBIZ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SHOWBIZ COUNTDOWN 2011.05.23(月):

« 『歌え!ロレッタ 愛のために』 | トップページ | 『ヴァネッサ・パラディの奥サマは魔女』 »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。