映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« 『ダウンヒル/下り坂』 | トップページ | SHOWBIZ COUNTDOWN 2011.03.07(月) »

2011.03.06

『農夫の妻』

この作品はアルフレッド・ヒッチコック監督、ジェイムスン・トーマス、リリアン・ホール・デイビス主演の再婚コメディのようです。
なおこの文はネタバレ全開となっています。

1928年 ブリティッシュ・インターナショナル・ピクチャーズ 英国作品
ランニング・タイム◆94分
原題◆The Farmer's Wife
プロット◆お見合い騒動から再婚相手を見つける話しのようです。
音楽◆この作品はサイレント映画です。
ユニバーサル・ピクチャーズ発売のDVDにて。画質はよいです。さすがスタジオ・カナル。スクイーズ収録のフル表示。画面サイズはスタンダード。左右に黒味あり。

キャスト
ジェイムスン・トーマス→農場主のサミュエル・スイートランド氏
リリアン・ホール・デイビス→女中のミンタ
ゴードン・ハーカー→使用人のアッシュ
ルイーズ・パウンズ→ルイーザ・ウィンデット未亡人
モード・ジル→痩せたサーザ・タッパー
オルガ・スレード→太ったマリー・ハーン
ルース・メイトランド→パブ ロワイヤル・オーク・インのマーシー・バセット
ギブ・マクローリン→ヘンリー・コーカー

アルフレッド・ヒッチコック監督の演出はよいと思います。

ミニチュアがあった。ロングでの教会の鐘。
だんだんと寄ってくるキャメラはもうこの頃からあります。
まだ1ショットではなくオーバーラップで処理していますが。→『サイコ』(1960年)のプロローグもそうなっていました。
脱ぎ捨てられた上着は旦那の象徴。
女性が胸に手を当てるショットがあります。これは何の象徴なんだろう?この仕種がいいな。

まだ俳優に1ショットで演技させてます。まだしょうがないか。それでも会話シーンの切り換えしをかなり使ってて舞台そのままにならないようにしているみたいです。
サイレントによくある舞台をそのままサイズのショットがないのはさすが。

字幕が多いと本『映画術』では言ってますがセリフは結構省いてます。
亡き妻が座っていたイスにオーバーラップする4人の女性から未来の妻が座るシーンは映画的でよいです。

ディテールでは・・・
ビロードとベルベットは同じです。辞書で調べて初めて知った。
英国名物パブのシーンがありました。


スタジオ・カナルのタイトル。モノクロ。
また日本語を選べから始ってる。
アラートがあります。
メニューが出ます。ここで作品をセレクトします。

スタジオ・カナルのタイトル。モノクロ。
ブリティッシュ・インターナショナル・ピクチャーズ
すぐ監督の名前が出てる。
伴奏はピアノです。

ブリティッシュ・インターナショナル・ピクチャーズ
エルストリー、ロンドン、
キャストが出ています。

スイートランド・ファームの矢印の看板から入ります
2階の窓から外を眺めているスイートランド氏。
犬が2匹家の中に入る。使用人のアッシュが降りてくる。どうやらコメディリリーフ担当のようです。

外を眺めているスイートランド氏が振り返るとベッドには夫人が伏せっています。
夫人は女中のミンタに主人の世話をしてくれと言って亡くなります。
溶暗となります。

洗濯のモンタージュが入ります。
女中さんだけで3人ぐらいいます。
パーティがあるようです。忙しそうにしています。

馬車で出かけます。
子供なのか女性を3人を乗せています。

ミンタとアッシュがご主人について喋っています。
暖炉の前に肉を吊るしてあぶっています。つまみ食いしてるアッシュ。
教会のロングショットが入ります。ミニチュアを使用。
どうやら娘の結婚式に出かけてるらしい。

新郎新婦が戻ってきます。移動は馬車でやっています。
教会からぞろぞろと人達が戻ってきます。
お祝いのパーティになります。食事の前のお祈りからオーバーラップで老人の挨拶になっています。
少し年が行った御婦人方が来ています。老人は男が必要ですと言ってる。
アッシュはひたすら食ってます。

パーティも終わりなのか女中さんが小さい袋を渡しています。
新婚さんは馬車で出発する。このお祝いにばらまくものを渡していたようです。

客を帰りを見送るスイートランド氏。
何かこのへんまでの印象では凄く丁寧に撮ってあります。

暖炉の前の座る人がいないイスのショット。
愛するテイビー。亡き夫人の名前のようです。
それから夫人の遺言で見合いをしなければいけないとなってるスイートランド氏。

ミンタにお見合いリストを書き出してもらってます。
ルイーザ・ウィンデット未亡人
痩せたサーザ・タッパー
太ったマリー・ハーン
パブ ロワイヤル・オーク・インのマーシー・バセット
溶暗となります。

めかし込んでるスイートランド氏。
ルイーザ・ウィンデット未亡人に会いに行きます。
馬に乗って出かけます。

山の中を馬で移動のスイートランド氏。
このロングショットの撮影がきれいです。

馬に乗ってるルイーザ・ウィンデット未亡人に合流するスイートランド氏。
挨拶しています。

ルイーザ・ウィンデット未亡人宅に入ります。
見合いと言ってもそう思ってるのはスイートランド氏だけで相手は知りません。
そんな感じで話しはこじれています。
まず再婚すると切り出すスイートランド氏。キツネは太ったニワトリがどうのこうのと言ってます。
「私はあなたと合わないわ」とルイーザ・ウィンデット未亡人。
独立心が強過ぎると言ってます。
で、口論となります。怒って帰るスイートランド氏。

帰宅したら馬が家の中に入ってます。
ミンタに「ルイーザ・ウィンデット未亡人を2度と家に入れるな」と言ってるスイートランド氏。当たり散らしています。

次はテリザ・タッパーです。その自宅にて。
ミンタとアッシュがパーティの手伝いに来ています。
4時始まりのパーティの30分前に来てるスイートランド氏。待たされます。
テリザ・タッパーはまだ準備中です。
ようやく準備完了して出てきます。
何だかどうもタイミングが合わないようです。話しが切り出せない。
自分の手順が守れないと居心地がよくないタイプの御婦人らしい。
で、男性の庇護を求めないとのことです。
また癇癪を起こしてるスイートランド氏。何だかんだで大騒ぎとなっています。
で、いったん外に出てるスイートランド氏。

アッシュはホコリだらけの制服を着せられています。
ズボンはだぶだぶでベルトもない状態。

このへんでの印象はそんになつまらなくはない。
私は映画なら何でもいいようです。出来がよければジャンルを問いません。

他のお客が到着しています。
子供連れの太った御婦人。次々と到着しています。お迎えのアッシュ。
爺さんに制服姿を笑われてるアッシュ。
こんな感じのシーンが延々と続いています。まあいいけど。

スイートランド氏はルイーザ・ウィンデット未亡人が来てるので少し気まずいような。
リスト3人目の太ったマリー・ハーンに話しかけてるスイートランド氏。
お茶を飲んだり食べたりしている他のお客様方。
お茶が終わったら庭に出て歌を聴いて下さいとなります。
太ったマリー・ハーンに一生懸命話しかけてるスイートランド氏。

客がいなくなったとこでアッシュが飲んだり食ったりして時間をもたせています。

太ったマリー・ハーンはよく食べています。
再婚の話しをするスイートランド氏。笑われてしまいます。
まだ若いつもりのマリー・ハーンに癇癪をおこすスイートランド氏。
歳のことをハッキリ言われて激怒してるマリー・ハーン。
口論になっています。爺さんが大勢を呼び寄せて大騒ぎになってしまいます。
溶暗となります。

自宅にて。
ミンタ相手に愚痴のスイートランド氏。
次の候補はパブ ロワイヤル・オーク・インのマーシー・バセットです。
多分無理だろうとスイートランド氏。

アッシュは一応スイートランド氏のことを心配しています。
自分を安売りしていると言ってます。
で、馬で出かけるスイートランド氏。

ミンタの寂しそうな描写が入っています。
暖炉の前の空いてるイスに座ります。この後の展開に必要な伏線なんです。

ロワイヤル・オーク・イン。パブにて。
スイートランド氏が到着しますが例の3人の御婦人方がいるので何だか妙な雰囲気になっています。
マーシー・バセットはパブのの女主人。
老人に話しかけられてるスイートランド氏。この老人が噂を広めているのでしょう。
マーシー・バセットは話し込んでるスイートランド氏。

街中では犬と馬に乗った人達が大勢います。
これは何の催しなのか?、キツネ狩り?

痩せたサーザ・タッパーと太ったマリー・ハーンが口論しています。
結婚出来るはずと口論しているらしい。

帰宅するスイートランド氏。
さすがにガックリしてるけどアッシュの陰口が聞こえたので普通にしています。
アッシュを追っ払います。
ミンタとスイートランド氏。
もう終わりだと弱音のスイートランド氏。励ますミンタ。
暖炉前のイスにこれまでの女性4人がオーバーラップします。
で、ミンタがイスに座ります。
「1人いるぞ」とリストに書き加えるスイートランド氏。
リストをミンタに見せます。自分の名前が書いてあるので驚くミンタ。

それでドレスに着替えてきなさいと言うスイートランド氏。
アッシュはミンタに新しい女主人が来るのかと聞いてる。それがミンタだとわかると「あんたの味方だぜ」といいとこ見せています。

そんなとこに御婦人方2人がやって来ます。
老人もやってくる。
そのイスはダメですと暖炉前のイスは空けてるスイートランド氏。

着替えたミンタが降りてきます。
新しい夫人を紹介するスイートランド氏。
ビックリの方々。お祝いするサーザ・タッパー、取り乱すマリー・ハーン。

で、ミンタを褒め称えるセリフのスイートランド氏。
エンドとなります。


そんなわけで普通の軽いコメディのよい作品でした。


« 『ダウンヒル/下り坂』 | トップページ | SHOWBIZ COUNTDOWN 2011.03.07(月) »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75473/51050076

この記事へのトラックバック一覧です: 『農夫の妻』:

« 『ダウンヒル/下り坂』 | トップページ | SHOWBIZ COUNTDOWN 2011.03.07(月) »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。