映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« SHOWBIZ COUNTDOWN 2011.03.07(月) | トップページ | 『リダイヤル』 »

2011.03.12

『プレデタリアン』

この作品はマイケル・バーネット監督、チェイス・マスターソン、クリス・ホフマン、マギー・グレース主演の低予算B級SFサスペンスのようです。
なおこの文はネタバレ全開となっています。

2003年 クリエイティブライト・エンタテインメントアメリカ作品
ランニング・タイム◆80分
原題◆Creature Unknown
プロット◆謎のクリーチャー相手に痴話喧嘩する話しのようです。
音楽◆エフレム・バーグマン/デビッド・クライデン
株式会社アートボート/株式会社ファインディスクコーポレーション発売のDVDにて。画質はよいです。スクイーズ収録のフル表示、画面サイズはワイド。上下左右黒味無しのフルスクリーン。

キャスト
チェイス・マスターソン→医者のキャット
クリス・ホフマン→主人公のスティーブ
マギー・グレース→スティーブといい仲のアマンダ
ジョン・ケイサー→白人のショーン
クリスティン・ヘロルド→ショーンの婚約者 ブロンドのアリー
コリー・ハードリクト→黒人のランス
ベティ・オキノ→黒人女性のコーラル
エラ・ボウマン→ブルネットのレイチェル
マット・ホフマン→行方不明のウェス

マギー・グレースが出てるB級SFで見ました。

マイケル・バーネット監督の演出はまあまあだと思います。
本編はまじめに進行してて頻繁にクリーチャーを見せています。

スティーブを演じるクリス・ホフマンは『ペイヴメント 静かなる追跡者』(2002年)に出てたらしい。DVDパッケージに載っています。
全く記憶にない。


プロローグ。
女性2人が山小屋に入ろうとする。
何者かに追われます。何だかわからん。意味あり気な主観ショットが使われています。
ヘザーという女性がやられます。もう一人の女性が樹を触ると血だらけです。
何だかこの女性もやられたような。

タイトル。

モノローグで始まります。
双子の弟ウェスを失ったから再会しようとメールを書いてる主人公のスティーブ。
4年前のことらしい。

スティーブ運転のワンボックスワゴンが人を集めています。
ここでちゃんとマギー・グレースが出てる。役名はアマンダ。
黒人の男女1人ずつ。ランスとコーラル
白人の男ショーンに婚約者のアリー。
ゴスファッションでブルネットのレイチェル。スティーブかウェスの昔の恋人らしい。
合計7人。

街から山小屋へ移動します。
山に入ったとこでリスがいたと思ったらやられています。

結構フラッシュバックを多用となっています。
女性科学者のような人がなにやらやっています。網でクリーチャーを捕まえて何かしています。

山小屋に着きます。
ワンボックスワゴンのブランドはダッジ。
圏外で携帯電話が使えない。電気は通っています。
ショーンの婚約者アリーは見た目がそのまま、ヌードとやられ役そのものです。
何だか変な主観ショットがまたあります。カネはかかっていない。

一休みしてからウェスが行方不明になったとこまで徒歩で移動となります。
夜になってキャンプになっています。
ウェスの行方不明の件で無理やり飲ませたからとかで口論になっています。
レイチェルがウェスのガールフレンドだったらしい。
クリーチャーの方はチラチラと姿を見せています。

レイチェルは夜道を1人で歩く。
タバコを吸っています。フラッシュライトが切れてジッポーのライターを代わりに使ったりしています。
で、レイチェルがやられます。

レイチェルを捜索する他の面々。
見つからず、夜なので明日の朝また捜索しようとなります。

山小屋にて。
悪夢を見ているスティーブです。
朝になってアマンダがジョギングに行ったのを追っかけます。夢と同じ状況なので心配になっています。
合流するスティーブ。アマンダは無事でした。

バイクを見つけるスティーブとアマンダ。
これはホンダの4サイクル並列2気筒エンジンのバイク。250ccぐらいか?
タンクやサイドカバーは黒く塗りつぶされています。例によってメーカー名はわからなくしています。

バイクの持ち主は女性科学者キャットのようです。
マンホールのような地下室の出入り口から出てきます。
スティーブが言うにはキャットは街の医者で色々とあったらしい。

山小屋にて。
ワンボックスに積まれていた食料が荒らされています。
で、ランスが買い出しにワンボックスで出かけます。

他の面々はレイチェルを捜索します。

シャワーシーンになっています。
アリーがシャワーを使っています。クリーチャーが姿を見せる。

スティーブとアマンダは捜索しながらキャットのことを話し込む。

ショーンがコンクリート張りの小屋を見つけます。
鉄製をドアを開けます。
クリーチャーが出て逃げるショーン。

スティーブとアマンダに合流するショーン。
山小屋に戻ります。

山小屋にて。
悲鳴がします。近くの樹にレイチェルの死体が磔になっています。
これを見てパニック状態となっている面々。
そんなとこにバイクのキャットがやって来ます。
武器を探してるスティーブはショットガンが見つからないので定番の木製バットにしています。

レイチェルの死体を下ろしています。
冷静なキャット、パニクってるアマンダのやりとり。
何故か死体袋持参のキャット。理由はハンターが動物の死体を放置しているからだとのことです。
処置をしてこの場を去るキャット。
アマンダはキャットが怪しいと主張しています。
他の面々は早く帰りたいようです。

ワンボックスのランスは買い出しから戻る途中です。
で、クリーチャーがタイヤを切り裂いて動きが取れなくなります。
ランスはクリーチャーに追っかけられています。
どうやらランスはやられたようです。

スティーブとアマンダはキャットに会いに行きます。
例に地下室です。ここは真珠湾攻撃から作られた防空壕跡だって。
キャットに見つかって追っ払われます。

山小屋にて。
3人残っています。
ショーンとアリーはセックスをする。
コーラルは参加せず。
セックスしたあとでクリーチャーが乱入してショーンとアリーは惨殺されます。
クリーチャーはとっとと逃走しています。

スティーブとアマンダ、キャットが山小屋に戻る。
朝まで立てこもることになります。
キャットの回想となります。研究をしてた。あのクリーチャーはウェスなのか?
外に出るキャット。ショットガンを持っています。

朝になります。
バイクで2人乗りのキャットとコーラル。徒歩で移動のスティーブとアマンダ。

ワンボックスのとこに来ます。
ランスはクルマ内にいました。まだ死んでなかった。応急処置するアマンダ。

タイヤ交換をしながら話し込むスティーブとキャット。
クリーチャーは息子かと聞くスティーブ。クリーチャーはあんたの弟だとキャット。

そんなこんなでキャットがやられます。
アマンダが連れ去られます。

夜です。
残り3人でアマンダ捜索となっています。
例のコンクリート張りの小屋に辿りつきます。
中に入り地下室に降りています。
地下室ではアマンダがクリーチャーとご対面。クリーチャーがウェスではなくスティーブなのでは?となってて話しが少し凝っています。
地下室にはスティーブの野球グローブがあります。
ガス危険のボンベがある描写が入ります。伏線です。

何だかんだアクションがあります。
ランスがやられます。
アマンダはスティーブのことをウェスなのでは言ってます。これを否定するスティーブ。

回想となります。
酒を飲まされるウェス。
森の中で口論してるスティーブとウェス。
成り行きで背中から木の枝が貫通する致命傷を負うスティーブ。

アマンダはガス危険のボンベを全開してジッポーライターで火種を仕掛けてからドアをしっかりロックしてコーラルを連れて逃げます。素人なのに手際が良過ぎる。
で、大爆発となります。
ちゃんと脱出成功してるアマンダとコーラル。

ワンボックスまで戻るアマンダとコーラル。
バイクに2人乗りして街に向かうようです。

死んだと思ったキャットはまだ生きてるようです。
エンドとなります。
続編が作りたそうなエンドです。B級作品らしくていい。

低予算な作品ですがマギー・グレースは真面目にやっていました。
そんなわけで普通のB級な出来のまあまあな作品でした。


« SHOWBIZ COUNTDOWN 2011.03.07(月) | トップページ | 『リダイヤル』 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75473/51102202

この記事へのトラックバック一覧です: 『プレデタリアン』:

« SHOWBIZ COUNTDOWN 2011.03.07(月) | トップページ | 『リダイヤル』 »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。