映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« SHOWBIZ COUNTDOWN 2011.01.31(月) | トップページ | 『スピオーネ』 »

2011.02.05

『死神の谷/死滅の谷』

この作品はフリッツ・ラング監督、ベルンハルト・ゲッケ、リル・ダゴファー主演の死神ドラマのようです。
なおこの文はネタバレ全開となっています。

1921年 ドイツ作品
ランニング・タイム◆96分
原題◆Der müde Tod
プロット◆成り行きで死神と3本勝負する話しのようです。
音楽◆この作品はサイレント映画です。ピアノの伴奏が付いてます。
WHD JAPAN発売のDVDにて。画質はそれなりによいです。スクイーズ収録のフル表示。画面サイズはスタンダードですがかなり正方形に近い少し変わったスタンダードサイズとなっています。左右に黒味が多くあり。

キャスト
ベルンハルト・ゲッケ→死神 / Der Tod / El Mot / Bogner / Archer
リル・ダゴファー→ヒロイン / Der junge Maedchen / Zobeide / Monna Fiametta / Tiao Tsien
ワルター・ヤンセン→若い男 / Der junge Mann / Franke / Giovan Francesco / Liang
ルドルフ・クライン=ロッゲ→Derwisch / Girolamo
ゲオルク・ヨーン→Beggar / Bettler

フリッツ・ラング監督の演出はよいと思います。

前説が入ります。
とある時代のとある場所で・・・
谷の合間の小村で向け時間も忘れ夢のように甘く
彼らを待ち受けていた者は死神であった。

このDVDのサイレント映画スタイルの字幕は日本語専用にわざわざ作ってあります。ドイツ語か英語の字幕に日本語字幕をかぶせてはいない。

乗り合い馬車にて。
若いカップルがいます。同乗者はガチョウをつれたおばあさん。
ガチョウに目隠しをしてキスしてるカップル。
途中で馬車を止める男がいます。死神です。
死神が乗る時におばあさんは降りてしまいました。

回想です。
忘却の彼方の小さな村にて。
酒場で宴会です。
尊大な村長
高貴な聖職者
博学な医者
几帳面な公証人
そして新任の学校長
これは重要なキャラなのかと思ったが別になんてことはないキャラ達でした。

宴会の話題はよそ者の出入りです。
墓掘りの老人に道を聞く旅行の男。これが死神です。
墓場の隣の墓場予定地を買い取りたいと村の議会に申し出る。
どうやらカネは持ってるらしい死神。結局99年契約で借りたようです。実質買い取ったと同じです。

死神はこの土地を高い壁を張り巡らしてしまいます。
ドアや門をない壁のみの囲いです。
壁の前に佇む死神のショット。DVDのジャケットになっているシーンです。
「出入り出来るのは私だけだ」と称する死神。

回想から戻ります。
乗り合い馬車が村に着きます。
降りる若いカップル。死神も降ります。
酒場に入り若いカップルと同じテーブルにつく死神。
死神のビールのグラスがオーバーラップで砂時計になっています。ビックリする若いカップル。
で、女性の方がテーブルを離れて戻ります。すると死神と共に男性が消えています。
宴会の人達に聞いてる女性。宴会の人達は消えたと言ってます。何か凄いな。

外に出て探し回る女性。男性はいない。
時間がきて宴会の方はお開きになったようです。
女性は壁の所に来てます。かなり疲れています。
そんなとこに亡霊が大勢出現し壁の中へと消えていきます。その中に消えた彼氏がいます。

薬草を採取している老人がいます。
帰りがけに壁の前に倒れてる女性を見つけて介抱しています。
それで採取した薬が役に立つと思ったらそうでもなかった。

日本語字幕で薬屋に関して何だかんだと入っています。
要するに初めて若い女性を店に入れたということらしい。

薬屋にて。
ここに入る老人と女性。
薬の効いたお茶を入れてる老人。

偶然に開いてる本を見る女性。
ソロモンの詩。8章6節
愛は死のように強く、
愛は炎を上げて燃える。

何だか薬を勝手に持ち出して飲もうとしている女性。
そうしたらいつのまにか壁のところにいる女性。オーバーラップでそうなっています。
壁が開いています。階段を登る女性。

階段の途中に死神がいます。
女性に「お前など招いておらん」と言ってます。
お願いしているヒロイン。→ここから女性ではなくヒロインとします。
ロウソクの所に案内する死神。命のロウソクです。
このロウソクを命に例えるパターンはよくあります。元ネタが古くからあると思うけど映画にしたのはこの作品が初めてか?

ロウソクで人の寿命がわかる。
チラチラと燃えやがて消える、神がそう決めた時に・・・
このロウソクの炎が赤ん坊になっています。それが消える。
赤ん坊が亡くなり悲しむ母親のショットが入ります。

仕事に疲れたなんて言ってる死神。
消えた炎を蘇らせる方法はないのと聞くヒロイン。
お前が私を打ち負かすならとか言って、勝負しようとなります。
3つの消えそうな灯をごらん、彼らの命をお前に託そう。もしお前がたった1つでも助けることが出来れば愛する者の命を帰してやろう。
そんな感じで3本勝負で1本取ればいいとなっているようです。
短くなった3本のロウソクのショット。

第1の灯の物語
信仰の厚い街でのお話。アラブが舞台のようです。→バクダッドらしい。
聖なるラマダンの月間。イスラム教の世界らしい。
首長の娘ゾベイデ
若いカップルがいます。
男が淋しいと言って迫り、女がここではダメよと言ってる。
で、フランク人だ異教徒だと男が追われます。アラブ人大勢とアクションになっています。屋上まで逃げて川だか堀に飛び込んでズラかります。

「ゾベイデ、我が妹」と首長が登場。妹に何か言っています。
この首長の娘ゾベイデを助けようとしているのがヒロインのようです。
庭師エル・モット、これが死神です。監視に来てるのか。じゃまはしないとと思うけど。
ヒロインは男の隠れ家に行って打ち合わせをしています。でも尾行がちゃんと付いてたりします。
日が暮れたらお嬢様の所へ行ってくれとなっている。

夜になってロープを登ってる男。
城に入ってお嬢様と一緒になってます。手引きしているのがヒロイン。
首長が来ます。慌てて男を隠しますが、あっという間にに見つかって捕まっています。

首長はわざわざ屋上に上がって庭師が墓穴を掘ってるとこを見せています。
お嬢様が駆けつけた時にはもう男を埋められていました。首だけ出してるけど。
死神はオリジナルのスタイルに戻っています。
ロウソク3本のうち1本が消えるショットが入ります。

第2の灯の物語
ローマの設定?。→17世紀のベネチアらしい。
お祭り騒ぎがあります。何だかおっぱいが一瞬見えたりします。いいのか。
モナ・フィアメッテとして。何のこと?、これがヒロインのようです。
ジョバン・フランチェスコを愛す。そしてこの男ジローラモも、これが死神です。
仮面を付けている死神。すぐに仮面を取っています。
我が婚約者とか言ってるジローラモの死神。今度は敵役らしい。ヒロインも主役です。
ロミオとジュリエットのような感じらしい。

ジョバン・フランチェスコは議会から疑われてる。明日には処刑だと言ってる死神。
死神は最高の剣士らしい。自分でそう言ってます。
ヒロインに散々嫌味を言ってこの場を去る死神。

闘鶏のシーンになっています。

2通の手紙の字幕。
この手紙をジローラモを渡す。内容は今晩10時に会いましょう。
この手紙をジョバン・フランチェスコに早急に秘密裏に渡す。

ヒロインから自分宛ての手紙を受け取るジローラモ。内容は今晩10時に会いましょう。
使いに他の手紙は?と聞いてるジローラモ。手下3人を読んで何か指令を出してます。

ヒロインの方は剣に何かを塗っています。どうやら毒らしい。
闘鶏見物のムーア人を呼んで打ち合わせとなります。ジローラモを今晩10時に呼んだからこの剣でブスリとやるのよと言ってるらしい。

ヒロインの使いの男はジローラモの3人の手下にやられます。
ジョバン・フランチェスコへの手紙はジローラモの手に入る。読みます。これでヒロインの手の内がわかります。
逃げてと今晩ジローラモをやるというのがバレます。
また手下に指令しています。

泉水にて。
ジョバン・フランチェスコに手紙を渡してる手下。
会う時にはこの服を着て下さいと言ってます。ジローラモの服装で殺されるとこに送り込むらしい。ご丁寧に会っても何も言わないようにとも伝えています。

夜10時にて。
カーニバルが始ります。
男が来て迎え撃つヒロイン。剣の練習してるのか?
打ち合わせ通りに剣でブスリとやるムーア人。悲鳴を聞いて別人だとわかったようです。
死んだのはジョバン・フランチェスコでした。
これでまた失敗となります。
ムーア人がいつのまにか死神になっています。
3本のロウソクの2本目が消えます。残りは1本です。

第3の灯の物語
中国の設定?。→古代中国らしい。
中国皇帝の1等魔術師アヒは不穏な空気をはらんだ手紙を受け取る。

バックの書き割りは何となく富士山のような山があります。
手前は万里の長城みたいなのもあります。そんな感じで日本と中国が一緒になっているようです。

手紙の内容は・・・
要するに、魔術を見せよ、期待外れなら打ち首だとなっています。

弟子?のティアオチェン、リャンが呼ばれます。
この2人がイチャイチャしててなかなか行きません。

ようやく行きます。魔術師アヒは何か言ってます。
で、空飛ぶじゅうたんで出かけます。中国で空飛ぶじゅうたん?、何か違うような気がする。

宮殿にて。
天子様がまた太ってて、典型的なアレなキャラクターになっています。
弓術士というのがいて、これが死神です。
魔術師アヒがどこにもいないと報告が入ります。で、報告した者を足蹴にしている天子様です。キャラ紹介らしい。
魔術師アヒ一行は空飛ぶじゅうたんで移動してるから見つかりません。

到着する魔術師アヒ一行。
挨拶で土下座をやってますが土下座というより単に腹ばいになってるだけです。
魔術を披露しています。日本語字幕ですが「アブラカタブラ、チチンプイプイ」って何語だよ。
箱を開けて無敵に軍隊を天子様にプレゼントしてます。小さい兵隊が大勢出てきます。

今度は娘をよこせと言ってる天子様。
それより魔法の馬を献上しましょうと魔術師アヒ。
結局、馬を娘もよこせとなる天子様。
娘を連れて逃げる男。すぐに捕まります。明日には打ち首にせよと天子様。

娘に迫る天子様。拒否されて引き下がってます。
魔術師になんとかせいと言ってます。結構情けない天子様です。

娘を説得してる魔術師アヒ。
貧乏な若い男よりカネのある天子様の方がいいと言ってます。
ブチ切れて魔法の杖を折ってる娘。
魔術師にサボテンになれと言ってる。マジで魔術師はサボテンになってます。
何だか別の話しになっているような・・・

見張りの男2人をブタにして逃亡する娘。
今度を象を出して男と一緒に逃げます。

象に乗って逃避行の2人。
追っ手が大勢います。
途中から象を降りて徒歩となります。必死に逃げています。
魔法を使うたびに魔法のヒスイが小さくなっています。

天子様と弓術士。
命令している天子様。魔法の馬で2人を捕まえろと。出動する弓術士。
魔法の馬らしく空を飛んでます。あっという間に追いつきます。

対決となります。
最後の魔法で自分は仏像に男をトラに変身させます。
弓でトラを射る弓術士。トラは死に当然男も死ぬ。涙を流す仏像。
これで3連敗となります。
3本目のロウソクが消えます。

最後のチャンスと死神は彼女に手を差し伸べた・・
まだ死ぬべきでない命を1つ1時間のうちに連れて来れば彼の命を返してやろう。

現在11:00です。夜、村、薬屋にて。
薬を飲むとこを薬屋の老人に止められるヒロイン。
で、薬屋の老人に「あなたはもう長く人生を楽しんだから命をわけてちょうだい」と言ってるヒロイン。
当然断られます。「1日も、1時間も、一息たりとも、やれん」のセリフ。
薬屋を追い出されるヒロイン。

乞食に交渉するヒロイン。
「あなたの苦しみを終わらせてあげます」「あなたの命をちょうだい」
やはり断られます。「1日も、1時間も、一息たりとも、やれん」と同じセリフ。
そんな感じで時間はNFL 第4クォーターのラスト2分を切ったようにどんどん過ぎていきます。

病院にて。今度はここかい。
青年が1人死んだらしい。さてどうなる。
不満の多い従業員に交渉するヒロイン「生きるのに疲れたら誰でもいいから私に命をちょうだい」とやっています。
ですが全員いなくなります。病院を出るヒロイン。

病院が火事になり大騒ぎになります。
バケツリレーの消火活動をやっています。焼け落ちる病院。
赤ん坊が残されています。まだ死ぬべきではない命。
助けに入るヒロイン。赤ん坊を抱き上げます。
その赤ん坊をよこせと死神が出現する。
それは出来ないと赤ん坊をカーテンにくるんで外に下ろすヒロイン。

死神と対峙しているヒロイン。
ダメだったと言ってるヒロイン。私の命を絶ってとお願いをする。
お前の愛する者へと導こうと死神。
2人で病院から消えます。

ベッドの男。
自分の命を犠牲にする者は命を得る。
ヒロインが幽体離脱して死神に抱えられる。
ベッドの男も幽体離脱して同じようになる。

小高い丘のようなとこで。
3人で登っています。死神が消えます。残るカップル2人。
12:00になります 時間です。
エンドとなります。


そんなわけでアジアのディテール描写には?がつくけど、名高いだけはあるよい作品でした。



« SHOWBIZ COUNTDOWN 2011.01.31(月) | トップページ | 『スピオーネ』 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75473/50784563

この記事へのトラックバック一覧です: 『死神の谷/死滅の谷』:

« SHOWBIZ COUNTDOWN 2011.01.31(月) | トップページ | 『スピオーネ』 »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。