映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

カテゴリー「2010年代」の記事

2020.06.28

『監禁モーテル』

この監禁映画の感想はネタバレ全開になっています。
ケヴィン・ジェームス・バリー監督、ジョナサン・トムソン、ダン・リーブマン、エヴァレナ・マリー主演の謎の監禁ドラマのようです。

2018年 wolfe productions/stonegate studios/Horroble Pictures アメリカ作品
ランニング・タイム◆88分
原題◆Among Them
プロット◆銀行強盗がモーテル等で色々とあり過ぎる話しのようです。
音楽◆リアム・フォックス・オブライエン

キャスト
ジョナサン・トムソン→主犯のハリー
ダン・リーブマン→従犯のミック
エヴァレナ・マリー→人質のシド

マイケル・リード→モーテル受付の男
セーラ・ニックリン→売春婦のジンジャー
ボビー・ケニー→組織のグレイハースト
ニコラス・アポストリデス→撃たれて瀕死のキース
スコット・ハンド→謎のThe Shadow Man

ケヴィン・ジェームス・バリー監督の演出はよいと思います。
脚本◆エヴァレナ・マリーは出演もしてます。
全体的に不条理サスペンスになってます。普通の監禁サスペンスかと思ったら全く違う作品でした。これはビックリ。
『恐怖の足跡』(1962年)『欲望』(1966年)の影響があるようです。

あとで見直して後タイトルキャスト表からScott Hand演じるThe Shadow Manというのが出てるがキースと区別がつかなかった。

BS193 WOWOWにて。
画質はよいです。
スクイーズ収録のフル表示。
画面サイズはワイド。上下に黒味あり。
音声は AAC 2/0ch

番組一覧
音声は5.1chではありません。アメリカなのに。

Horroble Pictures
stonegate studios
wolfe productions
プロローグ
洗濯物を干すロープが映ります。遠くには何か建物が見える。
女性像が映ります。

それから寝室で起きるオッサンが登場。
出かける支度をしてます。防弾ベスト。ハンドガンが山ほど。ショットガンもある。

タイトル
Horroble Pictures presents
in association with wolfe productions LLC.
& stonegate studios
a film by Kevin James Barry
& Evalena Marie

タイトルバックは黒味で銀行強盗をやってます。音声のみ。

Jonathan Thomson Harry
Dan Liebman Mick
Evalena Marie Syd
Michael Reed The Clerk
Nick Apostolides Keith
Sarah Nicklin Ginger
Scott Hand The Shadow Man
Bobby Kenney Greyhurst
Bernie Hutchens The Runner
John Mosetich Bank Security Guard
スタッフの紹介

Among Them

黒味からいきなりクルマで逃走中です。
ハリーとミック。それに後席に大けがしたキース。
どうやら撃ち合いになってガードマンは死んでこっち側も撃たれた。
そんな感じで最低な銀行強盗仕事になってしまったようです。

クルマで移動して道路脇には雪が積もっている町に来てます。
女性像がまた映ってます。
橋の上からバッグを捨てています。

モーテル サン・アンド・サーフにて。
ここに入るハリーとミックのクルマ。
身分証だか免許証を大量に持ってるハリー。適当なのを選ぶ。

まずハリーがフロントに入ります。
受付はメガネの男です。愛想はいい。
ラリー・ピーターソン、ニック・マーティンと名乗る2人。しっかり偽名です。
来客は?とか何泊ですか?は色々と聞く受付のオッサン。1泊65ドル。
メイン州から来てボストンに向うと説明するハリー。受付のオッサンがしつこく聞く。
ハリーは偽名で出まかせを言ってるわけです。ただしこれで通さないとつじつまが合わなくなる。

とにかく部屋に入るハリーとミック。10号室です。
グレイハーストの到着を待つ。

海岸を散歩するハリーとミック。
会話からプラハに行くようです。東ヨーロッパです。
ハリーはこれで足を洗う。ミックには1人でやってくれと言ってます。
待ち人は来ない。

待ちくたびれてクルマの中に新しい指示書があるのでは?と捜します。
クルマですがニッサン・セントラです。安いクルマだ。
何気なくトランクを開けたら女が縛られて入ってます。これはビックリ。
死んではいない。生きてます。それはそれで面倒です。

クルマはジミーから借りてきたと弁明するミック。
要するに最初の予定とは違った2台目のクルマだった。
とりあえずトランクを締めてモーテルに戻る2人。

モーテルにて。
人目の付かない夜になってから入れようともめてます。
そんなわけで夜になって女性を抱っこして部屋に入れてます。

ハリーはまず叫ぶなよと言って口のダクトテープを剥がすが思い切り叫ぶ女。
またダクトテープを貼って黙らせる。
その次は臭いのでシャワーを使います。バスタブに入れてシャワーを使う。ロープも服もそのままです。

女をどうするか相談するハリーとミック。
窓の外に誰かいるみたいですがミックは気が付かない。
お腹にキズがあるのはハリーの方です。防弾ベストはあったのでキズは浅いのか。

モーテルの受付にて。
ベルで受付を呼ぶハリー。もう1泊となります。
相変わらず愛想はいいメガネの受付。

クルマで出かけて公衆電話を使うハリー。
ピンク色の壁紙を届けてくれと符丁を使って交渉してます。
予定のグレイハーストが来ないとハリー。
グレイハーストは向っているのは確かだと交渉相手。
そんなわけでグレイハーストが着くまで待っててくれとなります。約束は守る男だ。
そうなるとあの女がグレイハーストではないことになります。

モーテルにて。
女にハンバーガーを食わせて事情聴取する2人。
まずは食わせろと要求する女。それから口を拭いてと要求する。
ミックはもう殺した方がいいと言い出す。
ようやく名前がわかります。シドと名乗る女。
何故トランクに?→わからない。いきなり襲われた。あとは知らない。
これでは何もわからん。
グレイハーストの名前に聞き覚えは?→彼氏が言ってた名前だ。彼氏の名前はベン・ローチ。現在では元彼氏になってる。

今度は自分でシャワーを使うシド。まだ手にロープで下着のままです。
そのあとは別室の床に寝かされる。

ミックは電話で売春婦を呼びます。
すぐに売春婦は来ました。ジンジャーと名乗る売春婦。
ハリーは同じ部屋にいるけど無関心。
まずジンジャーにダンスをさせるミック。隣の部屋から物音がする。

そんなわけでハリーがシドを連れて来る。
レズプレイになって料金追加を要求してるジンジャー。色々と面倒だ。
シドが手錠を使おうとしたらジンジャーは逃げてしまった。それでどうなる。
ミックに色仕掛けのシドですが手錠をかけられてしまう。
黒味が入ります。

寝てるシド。名前を呼ばれてる。
目を覚ますハリー。ミックは起きててTVを見てる。
銀行強盗ですがとりあえず成功はしていて札束はあります。

クルマで出かけてグレイハーストを探す2人。別々になっています。
写真を見せて聞き込みをするミック。

モーテルにて。
シドはそのまま。

街にて。
公衆電話を使うハリー。フィルに電話してます。
書類が届いていないと符丁で交渉になってます。書類とはパスポートのことか?

女性像のシーンが入ります。
聞き込みをしてるミック。
ハリーは待ち合わせの場所に行きます。
このへんはカットバックになってます。

オッサンとコンタクトするハリー。
5000ドルを渡して何か受け取るハリー。

モーテルにて。
1人で戻ってるミック。シドを呼ぶが返事がない。
見に行くとシドが消えてます。これはビックリのミック。
と思ったらクローゼットにダクトテープで拘束されてぶら下がってるシド。
カネはどこだとシドを責めるミック。知らないとシド。

そんなとこにハリーが戻ってきます。
カネが消えたと訴えるミック。
シドが落ち着いたとこでまた尋問します。やはり知らないとのこと。
身内がやるわけがない。そうなるとモーテルの受付か?
黒味が入ります。

寝ているミック。ハリーは寝ずの番をしてるはず。
ミックはここに違う男がいるのを見る。お面を被ってます。

銀行強盗のシーンが入ります。
3人組でした。1人はクルマで待つ。ハリーとミックが銀行強盗する。
ガードマンと撃ち合ってガードマンは死亡。ハリーはわき腹を負傷する。
クルマで待っていた男キースは瀕死のケガをした。そんな感じ。
銀行強盗の仕事としては最悪の状況になった。銃で脅すが殺人はしたくないはず。

目を覚ますミック。どうやら夢を見ていたようです。
ハリーは一晩中見張っていたと言ってます。そうなるとキースはどうなの?

シャワーを使うハリー。
鼻血で出て止まらない。これは大変。
で、シャワーカーテンの外に誰かいる。カーテンを開けるは誰もいない。
それはともかく鼻血が止まらないハリー。

TVニュースです。
銀行強盗で3人が死亡。2人が逃亡。警備員2人と銀行強盗1人が死んだのか?
シドを手錠でベッドにつないで出かけるハリーとミック。

クルマにて。
ハリーとミックに話しかける受付の男。
ミックは部屋に誰か入ったか?は聞く。受付の男は知らないと答える。
盗難の責任は負えませんと受付の男。まあそうなる。
相変わらず愛想だけはよくて怪しい受付の男。

インスタント写真ボックスにて。
ここで1回に2人ぶんを撮ってるハリーとミック。
フィルの使いはいつ来る?の話題になってます。
笑ってる写真のはずが鼻血を出してる写真になってるハリー。
要するに偽造パスポート用の顔写真を撮ってるようです。

クルマのハリーとミック。
違うクルマにはお面の男がいたりします。

モーテルにて。
鼻血が止まらないハリー。

海岸にて。
ハリーとミック。モーテルのシドとカットバックになってます。
桟橋下でフィルの使いのオッサンとコンタクトします。
顔写真を渡してます。あと5000だと吹っかけるオッサン。
そんなこんなでまた明日ということなってます。

モーテルにて。
シドがハリーとミックに何をやってると聞く。
唐突にクビを絞められて宙づりで壁に押し付けられるシド。これはシドだけがそうなっているみたい。幻想なのか?

3人とも頭を抱えています。
男を見た。キースのことです。そんな話しになる。
近くに原子力発電所があると言い出すシド。
ハリーは被爆は無関係だと言ってる。でもハリーは鼻血が出て手が震えてるのは被爆の症状だと思うがそのへんはどうなんだ?

銀行強盗から逃走中のクルマのシーンが入ります。
とりあえず3人で逃走はしていました。
負傷したキースは俺を送り届けてくれと頼む。どこに?

モーテルにて。
寝室が気になるハリー。ベッドにはミックとシドが痙攣しています。これは大変。
玄関ドアを叩く音もします。キースみたい。

どうやらハリーの悪夢でした。
ミックから今夜はアンタが休めと言われてる。
ハリーですが明日ここを出ると言い出す。パスポートさえあればいい。
シドは私も連れてってと主張する。色々と変わってるタイプのようです。
ハリーは置いてくつもりなのか?
シドに聞かれてミックはプラハに行くと言ってます。いいのか?
プラハに行きたいわとシド。

ハリーはショットガンをシドに渡してここに置いて出かけます。
出かけるハリーとミック。
シドははショットガンを抱えて玄関ドアの前に座り込む。

外にて。
雪が降ってるとこで待ち合わせのハリーとミック。
時間に正確だ=punctualと言ってます。これだけの意味で1つの単語があるのが面白い。
書類もグレイハーストもカネも消えたとミック。

いきなり銃声がします。マジで撃たれてる。
そんなわけで反撃するハリーとミック。ハンドガンはあります。
ミックがここで反撃してハリーは接近する段取り。

草むらを移動するハリーとミック。
自分のクルマに接近してます。乗り込んで脱出します。

モーテルにて。
シドはいますがショットガンが消えてる。あの男がいます。
ハリーとミックが戻ります。シドだけがいる。
ショットガンどころか他の銃も丸ごと消えてます。驚愕するハリーとミック。
外に誰か来てます。シドに電話番号のメモを渡して出かけるハリーとミック。

クルマで移動中のハリーとミック。
橋の上に止まります。バッグを捨てた現場です。
そのバッグは川岸にあります。不手際ですがこの場合は助かってる。
バッグを回収するミック。ハンドガン1丁があります。実包10発のみ。

モーテルにて。
誰かが入ってくると電話で知らせてるシド。

モーテルに戻るハリーとミック。
ベッド下に頭から突っ込まされてるシド。手錠でつながれてます。
ようやく引きずり出してます。死んではいない。
何だかいい感じになってるミックとシド。
黒味が入ります。

墓地にて。色々な女性像があります。
銀行強盗での撃ち合いのシーンも入る。撃たれた警備員が倒れる。

目を覚ますミック。
シドの顔が殴られて腫れ上ってます。
激怒するミック。ハリーがやったのかと詰問するが否定するハリー。
何故か笑ってごまかすハリー。ヒートアップするミック。

ハンドガンでハリーを脅迫するミック。
何故か受付の男とキースが出たりしてます。意味不明。
そんなこんなでハリーとシドを撃ったミック。

ショックのミックは浴室に逃げ込む。
ハンドガンをくわえていよいよ自殺するような感じ。
ふと隣りを見るとシドがトイレを使ってます。死んではいない。
シドがミックが大変とハリーを呼ぶ。死んではいないハリー。
ハリーはミックを説得してまずはハンドガンを回収してます。
それから何をしてるとミックに聞いてます。
あんた達を撃ち殺したとミック。これをハリーに言ってどうする?といった感じ。

とにかく3人でクルマで脱出しようとするがクルマが消えてます。
ハリーはクルマを何とかすると出かけてしまう。

残ったミックは考えてます。それから脚がおかしいと言い出す。腕もおかしい。
シドはミックをベッドまで運び寝かせて介抱する。
ミックは動かなくなります。死んだのか?

そんなとこにハリーが戻ってきます。
黒味が入りまたお面の男がいたりします。
墓地のシーンも入ります。
黒味が入りまたモーテルにて。ミックはまだ死んでない。
ナイフを持つミックは玄関ドアを開ける。

シドですがトイレに手錠でつながれてます。
ハリーが連れていかれたと主張するシド。
俺達はここで死ぬと言い出すミック。
ハリーを取り戻しましょうとシド。
手錠のカギがない。ミックは持っていない。
そんなわけで手を砕けば抜けると言い出すシド。ミックにやってくれとなる。
その前に左利きなの右手にしてと言ったりしてるシド。
マジで右手をキックするミック。痛そう。
黒味が入ります。
手錠は抜けたシド。右手は使えない。

墓地にて。
お面を付けた男キースが座り込んでます。

暗いところで気がつくハリー。裸でイスに拘束されている。
近くにいる同じように拘束されてるオッサンはグレイハーストでもう血まみれです。
ここはどこなんだ?
2人組だと言ってるグレイハースト。拷問されていたグレイハースト。
何とか拘束から逃げようとするハリー。ダメです。

ついに誰かが来ます。受付のメガネ男でした。これが黒幕だったのか。
それでもう1人はは死んだはずのお面男キースでした。
メガネ男はカッターナイフでグレイハーストの首を切り裂く。これで退場となります。

モーテルにて。
ミックとシド。外に出てます。血の跡があります。
ハンドガンを構えて受付に入るミック。それにシド。
それで奥に入ります。シドは止めるがミックはどんどん進む。

地下室への階段があります。降りるミックとシド。
進むはグレイハーストが死んでるところに出てます。
メガネ男はハリーを拷問中です。説得というか宗教なことを言ってるメガネ男。

いよいよミックと対峙するメガネ男。
メガネ男を撃つミック。もう遅いと言ってるメガネ男。
次にお面男キースを撃つミック。
黒味になります。

墓地にて。
十字架や色々な女性像が映る。
ハリーが瀕死のキースをお墓の前に座らせる。ここに運ばせたのはキースです。
キースを置いて引き上げてるハリーはクルマのミックに合流する。

クルマで移動するハリーとミック。
18時間後にグレイハーストに会う予定。
カットバックしてモーテルではこれまで関係者達が倒れています。そんなシーンが入る。
色々なシーンがカットバックされてます。
そのままエンドとなります。ここで初めてこの作品が不条理物だとわかります。

後タイトル
Among Them
スタッフの紹介

Jonathan Thomson Harry
Dan Liebman Mick
Evalena Marie Syd
Michael Reed The Clerk
Nick Apostolides Keith
Scott Hand The Shadow Man
Bobby Kenney Greyhurst
Sarah Nicklin Ginger
Bernie Hutchens The Runner
John Mosetich Bank Security Guard

スクロールする
キャスト
スタッフ
最後に付け足しシーンがあります。受付のメガネ男がちらっと見える。


そんなわけで不条理ドラマのよい作品でした。


にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村


2020.06.27

『ピアッシング』

このアートシアター映画の感想はネタバレ全開になっています。
監督、クリストファー・アボット、ミア・ワシコウスカ主演のアートシアター映画のようです。

2018年 BorderLine Presents production/Memento Films/YL Pictures/Paradise City/Borderline/feature presentation アメリカ作品
ランニング・タイム◆82分
原題◆Piercing
プロット◆売春婦を呼んで殺そうしたら色々とある話しのようです。
音楽監修◆ランドール・ポスター

キャスト
クリストファー・アボット→衝動を抱えてるリード
ミア・ワシコウスカ→仕事しない売春婦のジャッキー
ライア・コスタ→物分かりがよさそうなモナ夫人

マリア・ディッツィア→リードの母親
オリビア・ボンド→Bunny Girl
ウェンデル・ピアース→Doctor

ニコラス・ペッシェ監督の演出はよいと思います。
全体的に普通のアートシアター作品で、もっとぶっ飛んでると期待して損をしました。
結局ミニチュアのビル街だけが印象に残っただけ。

BS193 WOWOWにて。
画質はよいです。
スクイーズ収録のフル表示。
画面サイズはワイド。上下左右黒味無し。フルスクリーン。
音声は AAC 3/2.1ch

番組一覧
音声は5.1chでした。低予算なのに。

feature presentation
画面のノイズが入ってて『デス・プルーフ』(2007年)みたいになってます。
Borderline Presents
Paradise City
YL Pictures 漢字もある。
Memento Films
黒味が入ります。

プロローグ
夜の街、高層アパートにて。
カメラが寄って窓から入るパターンかと思ったが違った。
ここでもう外していたのかもしれない。

いきなり赤ちゃんのクローズアップショットが入ります。
主人公の旦那リードは赤ちゃんをアイスピックで刺したい衝動を抱えています。そんなわけで普通ではない。
当然夫人がいます。名前はモナ。

リードの仕事ですが製図工のようです。ライトテーブルにトレッシングペーパー。
普通はコンピューターのモニターのみでやると思うが・・・

モナにマッサージしてもらうリード。
赤ちゃんが喋ってます。やるしかないぞ・・・
売春婦をアイスピックで刺す。これがやりたいリード。
そんな計画を立てているリード。実に熱心にやってます。
いよいよ出張仕事に出かけるリード。実は仕事はどうでもよかったりする。

タイトル
Paradise City and YL Pictures co.Present
in association with Memento Films International
a BorderLine Presents production
a film by Nicolas Pesce

starring
Christopher Abbott Reed
Mia Wasikowska Jackie
Laia Costa Mona

co-starring
Maria Dizzier Reed's Mother
Marin Ireland Chevonne
Wendell Pierce Doctor
Milena Erke ... music coordinator
タイトルバックの高層ビルはミニチュアのようです。
原作は村上龍。村上春樹ではない。

Piercing

本編です。
ホテルにて。
モナ夫人に電話してるリード。
ビルが外で待ってると言ってるリード。ビルって誰だよ。
電話を終えて受話器等を念入りに拭いてます。

バッグから色々と道具を出してベッドに並べます。準備万端といった感じ。
次は寝ています。
クロロフォルムもあります。眠り薬の古典的アイテムです。
次はトイレで吐いてます。相当緊張してるらしい。
クロロフォルムを自分で吸ってるリード。ラリラリです。

シーンが飛んでよそ行きスーツに着替えてるリード。
SMは初めてなんだと言い始めてる。要するに売春婦相手のリハーサルをやってます。
首を絞める練習までやってます。そんな感じで念入りにやってます。
浴室で引きずって刺してバラパラにする。
綿密な予定というか妄想全開というか。そうなると予定通りに行くはずがない。

赤いカバーの手帳に予定を細かく書いてます。
筆記体ではなく活字体で書いています。アメリカでは筆記体は無くなったのか?

予定はいいけどまで実行まで行ってない。それでどうなる。
いよいよ電話してます。2902号室・・・

折り返し確認の電話がかかってきます。
ご指名の女性の都合が悪く数時間かかります。
すぐに来られる子にしてくれと返事するリード。
手帳にはポラロイド写真の女性があります。これが指名の売春婦なのか?
そうなるとどんなのが来る?となります。

代わりの売春婦の自宅アパートにて。
電話が鳴ってます。いるのに留守電にしています。
マネージャーからジャッキーと呼ばれている売春婦。仕事が入った・・・
どうやらジャッキーの仕事ぶりは悪いようです。説教をされてる。

まだ留守電にしてるジャッキー。
結局電話に出ずに出かける支度をしています。薬を飲むの忘れない。

タクシーで移動のジャッキー。
ここは待つリードとタクシーのジャッキーのスプリットスクリーンになってます。

この作品の世界では携帯電話がありません。
固定電話と公衆電話になってます。それでもポケベルはあるようです。

ホテルにて。
フロントから内線電話で知人が来たと伝えられる。
ようやくノックの音がしてジャッキーが来ます。
リクエストでウォッカソーダを作るリード。

リードとジャッキー。
最初から気まずい雰囲気が全開になってます。
まずはSMがやりたいと言い出すリード。
成り行きでジャッキーはオナニーの実演を始めてます。
リードの反応がイマイチなのでシャワーを浴びに行ってしまうジャッキー。

ひたすら待っているリード。ジャッキーは戻ってこない。
浴室のジャッキーですがシャワーは使っていない。

待ちくたびれて浴室のドアをノックするリード。
ドアを開けて入るとジャッキーは自分の右太ももをハサミで刺していました。
これはビックリのリード。最初から予定とは違ってる。

そんなところに電話です。
フロントからです。変わったことは?と聞いてます。
音楽やTVの音量は控えめにとフロント。
そのあとに自然な口調で殺せばいいなんて言ってます。そうなるとどうなる。

浴室にて。
ジャッキーから何とかハサミを取り上げてるリード。
手に噛みつかれてます。痛そう。

ようやくジャッキーをベッドに運ぶリード。
このへんでヌードはないなと思えた。
演じる女優ミア・ワシコウスカのキャラクターや演出からそう思ってしまう。

失神してるジャッキーの傷口をいじるリード。ようやく予定通りなのか。
血を拭きとって起きたら病院だと言ってるリード。結構普通になってます。

ホテルの廊下にて。
よそ行きのスーツから作業服みたい服に着替えてるリード。カートを引いてます。
エレベーター待ちでメガネのオッサンから話しかけられる。
オッサンから妻を見たかと聞かれても困惑のリード。知るわけがない。

ジャッキーが部屋から廊下に出ています。
慌てて部屋に戻そうするリードですが抵抗されて悪戦苦闘してます。

部屋にて。
ジャッキーに病院に行くから服を着ろとリード。
マジでジャッキーに服を着せてるリード。結構慣れてます。

タクシーで移動中です。
リードとジャッキー。
今頃になってアンタはハンサムねと言ってるジャッキー。

救急病院にて。
病院前には公衆電話とベンチがあります。
リードは外で待ってジャッキーだけが病院に入る。
今夜は一緒にいてくれる?と聞かれてるリード。

公衆電話を使うリード。
ここもスプリットスクリーンになってます。
女にバレてるとリード。誰に電話してるのかと思ったらモナ夫人でした。
そんな感じでモナ夫人も事情はわかってるようです。どんな関係の夫婦なんだ?
これからの打ち合わせになってます。
会話からすると前にも殺しをやってるみたい。
3パターンあると説明してるモナ夫人。そんなこんなで3つ目のパターンになってます。

電話が終わってベンチで待ってるリード。
またモナ夫人に電話するリード。モナ夫人は寝てて出ない。

帰りのタクシーにて。
リードとジャッキー。
夜の街の風景が入りますが高層ビルはミニチュアです。

ジャッキーの自宅アパートにて。
リードにコーヒーマシンでエスプレッソを作るジャッキー。
何だかムダに広いアパートです。機能的でもないし。無意味にお洒落といった感じ。
スープを作るジャッキー。
ジャッキーがかけた音楽を聞きながら待ってるリード。
リードですが色々と入ってるバッグは持参してます。

私を呼んだのはSMのためではないのねと言われてるリード。
病院で何を話した?と聞くリード。余計なことを喋ったか?と気になるようです。
ケガのことは自転車で転んだと言ったとジャッキー。軽い思いつきだとか。

ジャッキーは他にも傷跡があるとリードに見せてます。
左太ももの傷跡を指でなぞるリード。

それから売春婦仕事にかかるジャッキー。ようやくです。
絹のシーツの話を熱心にしてるジャッキー。まだ先は長いようです。
十代の頃にやったことを今夜もう一度やると主張するリード。

先に食べましょうとジャッキー。マジで食事になってスープを飲む。
リードですが何やら幻覚が見えてます。そうなるとスープに何か入っていたのか。

そんなわけでぶっ倒れるリード。幻覚を見る。
私のことを覚えてると女の子がウサギを刺す。
黒いラバールックのカップルがバックスタイルでセックスをやってます。誰なんだ?

ラリってるリードを見ているジャッキー。
どうやらハルシオンを飲ませたようです。

リードの幻覚は続く。
母親とセックスをしていたリード。母親を刺します。
リードのいる浴室が何かの溶液でいっぱいになってます。何だかわからん。
得体のしれない虫が出てリードに取りつく。

まだラリってるリード。軽く嘔吐してます。
カーペットの汚れの方の心配をしてるジャッキー。
リードはモナの名前を連呼してます。そうなるとジャッキーの機嫌が悪くなる。このへんが微妙なんです。

台所には凶器になる物が数多くあります。
そんな凶器をとり出してリードに切りつけるジャッキー。これは大変。
それからリードに添い寝してるジャッキー。何でそうなる。

シーンが変わって正気に戻ったリード。
アイスピックとうわごとのリード。
バッグからロープを取り出しようやくジャッキーの手首を縛る。
次は猿ぐつわ替わりに布片を口に詰める。
痛くないと信じるんだとジャッキーを説得?してるリード。

いよいよアイスピックで刺すのか?
当然嫌がるジャッキー。
そんなとこでまた幻覚を見るリード。ぶっ倒れます。
ジャッキーは手首のロープを解いて猿ぐつわ替わりの布片を吐き出す。

リードのバッグを探るジャッキー。
色々な物が入ってますが赤い手帳に注目して熱心に読みます。
私より変わってるじゃないとライバル心を刺激されてるのか?そんな感じ。
手帳のポラロイド写真が誰なのかまだわからん。

夜が明けてます。
高層ビルはやっばりミニチュアです。
レコードをかけているジャッキー。
リードはSM用猿ぐつわに手足は縛られています。
アイスピックは近くにあります。
手帳を読まれてしまったと気がつくリード。

今日の記念にとようやくおっぱいを見せているジャッキー。
しかしこれは吹き替えっぽい。
何をするのかと思ったら右の乳首にピアスを通してます。痛そう。

コーヒーを淹れてるジャッキー。
ようやく猿ぐつわを外したリードに飲ませようする。飲まないリード。

また猿ぐつわをされるリード。
リードの上に乗っかったジャッキーはアイスピックを持つ。
アイスピックをでリードのお腹を刺しそうなジャッキー。
またリードの猿ぐつわを外すジャッキー。
先に何か食べない?とリード。これはジャッキーが言ったセリフです。
エンドとなります。

後タイトル
Piercing
タイトルバックはミニチュアの高層ビルです。
スクロールはしない。
スタッフ
キャスト
スタッフ
miniature unitの表示があります。ミニチュアが1番の見どころでした。


そんなわけでアートシアター物のまあまあな作品でした。


にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

2020.06.13

『ザ・プール』(2018年)

このプールでワニ映画の感想はネタバレ全開になっています。
ピング・ランプラプレング監督、ティラデート・ウォンプアパン、ラットナモン・ラットチラタム主演のプールでワニの動物パニック映画のようです。

2018年 7Moment/mono29 monoMAX/loveis entertainment/pizzahut 1150 タイ作品
ランニング・タイム◆91分
原題◆The Pool
プロット◆プールに置き去りにされてワニに悪戦苦闘する話しのようです。
音楽◆不明

キャスト
ティラデート・ウォンプアパン→主人公のデイ
ラットナモン・ラットチラタム→デイのガールフレンド コイ

ピング・ランプラプレング監督の演出はよいと思います。
全体的にノンストップ動物サスペンスになってます。
CGIのワニの出来は普通でそんなに外観や動きは不自然には見えません。タイなのにたいしたものです。

BS193 WOWOWにて。
画質はよいです。
スクイーズ収録のフル表示。
画面サイズはワイド。上下左右黒味無し。フルスクリーン。
音声は AAC 3/2.1ch

番組一覧
音声は5.1chです。タイなのに。

7Moment
mono29 monoMAX
loveis entertainment
pizzahut 1150

no animal was harmed in the making of this motion pictuer.
この作品では動物は虐待していませんのお知らせです。

プロローグ
太陽がまぶしいシーンから入る。
プールの底で主人公のデイが弱ってます。もう血だらけ。
もう足にワニが噛みついてます。蹴りを入れて脱出するデイ。
足は骨折してて添え木が当てられる応急処置がしてある。
次はバケツで殴ってるデイ。ようやくワニが離れています。
プールサイドでは犬が吠えてます。
このプールは備え付けのハシゴがない。どうにもならない。
深さは6メートルぐらい。

字幕です。6日前
プールにソファが沈んでます。ピエロメイクのモデルが寝そべる。
そんな感じのCM撮影といった感じ。

ここは明日閉鎖される。そんなわけで今日しか撮影出来ない。
水中照明を修理しろと無理を言われてる裏方のデイ。
犬を連れてる女の子がモデルのコイ。

プールに入れてよとコイ。ダメだとデイ。仲は悪くない関係。
デイですが自分で注射を打ってます。インスリンなので糖尿病です。
タバコはダメよと言われてるデイ。

コイからプレゼントです。卵形オルゴールです。中には赤ちゃんの人形がある。
会話から犬の名前はラッキー。
デイの知人のオッサン メヨム。

撮影です。
犬のラッキーにジャンプさせろと無理を言う監督。
大丈夫ですとデイ。それでもジャンプまで時間がかかり雰囲気が悪くなる。
とにかく無事にジャンプしてるラッキー。
撮影終了の記念写真になってます。

The Pool
Narok 6 metre

字幕です。1日目
ソファが沈んでるプールで泳いでるデイ。
犬にボールをとってこいもやってます。
投げたボールが外まで行ってしまう。新聞が落ちてます。洪水でワニが脱走。警察は捜索中の見出し。

オッサンがプールの排水を作動するスイッチを入れてます。
ついでにデイのシガレットケースをプールサイドの排水口に落としてる。

デイにプールの水を抜いてると伝えるオッサン。
犬がプールに落ちないようにつないでインスリン注射器をテーブルに置く。
3ヶ月の旅行に行くとオッサン。ネパールに行くようです。
このプールは閉鎖されると伏線を言う。

注意水深6メートルの看板があります。
浮きマットで寝てるデイ。

時間が経過して目を覚ますデイ。もう相当水位は下がってます。これは大変。
プールサイドに手が届かない程度に水位です。それでどうなる。
無理やりよじ登ろうとして指の爪を剥がしてます。痛そう。
犬はつながれたまま。
まだデイは楽観的。すぐに出られると思ってます。そう思いたいだけかも。
浮きマットに踏み台にして立ち上がるが当然上手くいかない。

ガウンのヒモを使うデイ。
メガネを結びつけて投げて携帯電話を引き寄せようとする。
合間に大声で助けを求めるが誰もいない。
携帯電話がズリズリと動いてます。どうやら着信振動でそうなってる。
受け取ろうと待つデイ。しかし犬がプールに落ちそうになる。
しょうがないので犬を助けに行く。犬を浮きマットで押し上げて助ける。

それはいいけど携帯電話が落ちてしまいます。
と思った充電ケーブルでぶら下がってます。これならとれそう。
微妙に届かないとこに携帯電話はあります。
結局受け取り損ねてマジで水没する携帯電話。これではダメです。

そんなところに相棒のオッサンが注文したピザハットの配達人が来ます。
しかしデイはプールに潜って排水口をガウンで塞ぐ作業中でわからん。
今度は腰に付けてるチェーンが排水口に引っ掛かりとれない。
配達人は注文したオッサンに電話してピザを置いて帰ってしまう。
ようやくチェーンを外して浮かんだデイですがもう配達人はいない。

ピザ配達人のバイクは東南アジアでよくあるアンダーボーンフレームのバイクです。
スーパーカブ型から進化したスポーツタイプのバイクです。

しょうがないので浮きマットで寝て休憩のデイ。
そんなとこにガールフレンドのコイが来ます。デイはまだ寝てる。
状況がわからんコイは飛び込み台からプールに飛び込もうとする。これは大変。

目が覚めたデイは慌てて止めるがコイの勢いは止まらない。
そんなわけで急に姿勢を変えたコイは飛び込み台に後頭部をぶつけてそのまま落ちてしまいます。これはまた最悪の結果になってしまった。

デイは排水口をふさいでたガウンを回収してコイの応急処置に使う。
今度は雨が降ってます。こまったものです。
日が暮れてます。照明は自動で点いて妙に便利で皮肉な感じ。

まだプールの水は空になってない。
夜になって出入り口のドアが妙な動きで音を出す。
マジでCGIのワニが来ています。犬が吠える。
デイはワニを見てビックリ。犬に吠えるのをやめろと言うがわかるわけがない。

プールにワニが落ちたら大変ですがワニだってわざわざ落ちる気はないはず。
そうなるとどうなると思ったら犬に吠えられたワニはプールサイドに積んである鉄パイプに手をかけて滑ってプールに落ちてしまう。これは大変。
プールはまだ水はあります。デイの胸ぐらいの水位。ワニはそのまま沈んでます。
このバカ犬と罵るデイ。もう遅い。

日が昇って雲が流れるコマ落としのシーンが入る。

字幕です。2日目。
プールの水はもう完全に抜けてます。
ワニはまだ大人しくしてます。
コイのキズはかなり悪そう。体温計ではなく妊娠測定器を持ってるコイ。

ワニを伺うデイ。ワニの口の中にダクトテープがある。
色々と使えるダクトテープが欲しいデイ。
ワニに接近します。いきなり犬が鳴いてビックリ。
そんなこんなでダクトテープをゲットするデイ。当然ワニは暴れてる。

一段落してガウンとダクトテープでコイのキズの応急処置をするデイ。
バケツがあってプールの水が残ってます。コイに飲ませてるデイ。

排水口を調べるデイ。
フタを開けようとするがネジでとまってる。指では緩まない。
コイはカミソリ型アクセサリーのペンダントをしてます。このアクセサリーをゲットするデイ。

しかし排水口にワニが居座ってます。それでどうする。
ワニを怒らせて排水口から動かそうとするデイ。ようやく追っ払う。

カミソリ型アクセサリーでネジを緩めるデイ。外れました。
そうなると排水口のフタも外れます。人が入れそうなぐらいな大きさです。当然ワニも入れる。

そんなわけでワニが排水口に入ってしまった。
これで排水口からの脱出は不可能になった。あまりにも危険過ぎる。
それならフタをしてネジを締めればワニを締め出すことが出来るが脱出も出来なくなる。

合間には大声で助けを求めるデイ。相変わらず反応はない。
ソファを踏み台にしたり乾いたと思って携帯電話を使うがダメだったり。
はがれた爪は痛いし。噛みついて爪をとってるデイ。痛そう。指にはダクトテープで巻いておく。

コイですが熱があるようです。これは大変。
しょうがないので排水口に突入するデイ。とりあえずワニはいない。
突き当たりには木製のフタです。アッサリととれた。

排水の立て坑のようです。上は鉄格子のフタ。
ハシゴを登って鉄格子を上げようとするがロックされています。
それはいいけどワニが排水口からプールに戻ってます。これはプール備え付けの監視ミラーでわかった。

ワニはコイに接近してます。助けに行くデイ。
必死こいてワニを引っ張るデイ。対峙する木の棒が武器のデイとワニ。
コイは気がついたけどまだもうろうとしてます。

デイとコイ。
アレは何?とコイ。ワニのことです。赤ちゃんを狙っていたとデイ。

回想です。
デイと相棒のオッサン。彼女は妊娠してる・・・
妊娠してたら中絶させるつもりのデイ。

夜です。またコマ落としのシーンが入る。
プールサイドには紙コップの糸電話があります。風に吹かれて片方がプールに落ちる。
デイは紙コップを引っ張る。紙コップが両方とも落ちる。

紙コップ糸電話を使うデイとコイ。
コイからアンタなら出来ると励まされるデイ。

プールサイドの犬に口を開けろと言ってるデイ。
それは犬が配達されてピザをくわえてるからです。ピザを食べてしまう犬。
このバカ犬とまた言ってるデイ。箱まで持っていった犬ですがプールに箱を落としてる。

そんなわけでで賞味期限は気にせずにピザを食べるデイとコイ。
回想でピザが食べられなかったシーンが入る。

字幕です。3日目。
鉄パイプが落ちてます。ワニが転落した原因になった鉄パイプで犬が今落とした。
バケツの水を尽きてきたようです。
それでもプールの隅に小便をしてるデイ。もうろうとしてます。それは糖尿病でインスリンを打ってないからです。
インスリンの注射器はプールサイドのテーブルに乗ってる。

プールの底にダクトテープを貼り付け『助けて』と書くデイ。
誰が見つけるかもわからないがとにかくやってるといった感じ。

時々回想が入ります。
プールで遊んだりしていたデイとコイ。
黒味が入ります。

コイに起こされるデイ。
ワニが卵を産んでいます。そうなるとメスのワニだったのか。
卵を生んだワニは攻撃的になるのか?
そんなところに雨が降ってきます。

夜が明けてます。
字幕です。4日目。
ワニとにらめっこのデイ。で、倒れているデイ。動き出すワニ。
排水口に入るワニをとめようするデイ。ワニは入ってしまった。
とりあえずフタをしてソファを置いて座る。

卵のとこで火をおこそうとしてます。こするのとメガネを使う。
なにをするのかと思ったらワニの卵をゆでています。これは恨みを買いそうだ。
火のつけ方は映画で見たと言ってるデイ。ゆで卵を半分ずつ食べる。

ソファを立てて踏み台にしてデイがコイを肩車して脱出しようとする。
しかしもう少し高さが足らずコイの体力不足でダメです。

次はワニを戻してコイが排水口内に隠れる案を出すデイ。
卵のオルゴールの赤ん坊の人形がなくなってます。
コイから人形を捨ててないよねと言われるデイ。人形は近くに落ちていました。

赤ん坊を産んでいいでしょうと言われるデイ。
産みたいと主張するコイ。困るデイ。
そんな感じで産む産まない談義になってます。
それはともかくまずは脱出だとなる。

字幕です。5日目。
排水口からソファをどかしたらさっそくワニが戻ってきます。
入れ替わりでコイは排水口に入る。
ワニは卵がないので困惑してる?
デイはスライディングで排水口に入る。フタもしっかり閉めてます。

配水管を移動するデイとコイ。立て坑部分に行きます。
体調が悪くなるデイ。震えてます。インスリンを打たないと危険です。
注射器はプールサイドのテーブルにある。

上の金具を持ち上げた隙間から針金を延ばすデイ。
まずは布片を針金で押して動かしテーブル下にセットする。
次にテーブルのの足ゴムを針金で外す。これは伏線で足ゴムは乗せてあるだけので押したり引いたりすれば外れる。
注射器はテーブルから落ちて無事に布片に着地してます。
それから針金で注射器の乗った布片を引っ張って回収しています。
しかし途中で失敗して注射器を壊してしまう。ここまでやったのにとガックリのデイ。

字幕です。6日目。
回想ではなく未来図になってるデイ。2人に赤ちゃんがいるシーンが入る。

卵オルゴールを落としてドラム缶の下に転がる。
そこにはプロローグでオッサンが落としたデイのシガレットケースがあります。
中には当然あるタバコとインスリン注射器も入っていた。
インスリンを打つデイ。ようやく人心地ついた。とりあえず助かったがまだ大変。

プールサイドにつながれた犬はまだいるが元気はない。吠えない。
上空にパラグライダーが飛んでます。そうなるとプール底の助けての文字がわかるか?
デイは立て坑の上に行って助けを求めるが反応ない。
それに戻る時に笛のペンダントを金具に引っかけてしまう。

デイは排水口からプールに戻り助けを呼ぶつもり。
コイは立て坑に残り配水管をドラム缶で塞ぐ。

プールの底に出たデイ。
肝心のパラグライダーですが人がいない。小型のラジコンのパラグライダーでした。
カメラぐらい付いてないのかと思ったがないみたい。
そんなわけで助けは来ない。ガックリのデイ。

鉄条網に引っかけた洗濯物。風に煽られ鉄条網が切れてプールにたれ下がる。
これはいいとなるがまだ手が届かない。それに鉄条網なので掴むと痛そう。

そんなこんなで鉄条網を掴んで登るデイ。当然痛い。
それでも登るが肝心の鉄条網がほどけて来ます。それでも登るデイ。
せっかくプールサイドに手がかかったのに鉄条網がほどけてプール底に落ちるデイ。
ダメです。黒味になります。

プロローグに戻ってます。
倒れてるデイ。落ちた時に足を骨折して添え木で縛る応急処置はしてる。
黒味がカットバックして落ちた時等のシーンが入る。

プロローグ通りにワニ足に噛みつかれてるデイ。蹴りを入れる。それからバケツで殴る。
ここまでプロローグと同じだ。

夜、雨が降ってます。
コイがいる立て坑に雨水が溜まっています。これは大変。
配水管をドラム缶で塞いでるので水が溜まったままになる。
ドラム缶を叩いてデイを呼んでるコイ。

デイはバケツでワニを挑発してます。それでどうなる。
ソファをワニに乗っけてその隙に排水口に逃げ込むデイ。
フタも忘れずにしました。とりあえず助かった。

今度は配水管の反対側を目指すデイ。
何だか外からの光が見えています。また出口が金具でロックなのでは?

出口の排水口のフタが開かない。キックするデイ。
ようやく開いた。出たところは隣りのプールでした。状況は全く同じです。違うのはワニがいないことくらいか。
そんなわけでガックリのデイ。

配水管に戻るデイ。横の小さい穴を見てぼう然としている。
それから意識を失います。

字幕です。7日目。
またパラグライダーのラジコンが飛んでます。プールに落ちる。
そうなるとリモコンを持ったオッサン2人が取りに来ます。
ぶら下がったハシゴをオッサン2人は降りてきます。それはいいけどソファの下にはワニがいたりします。

ラジコンを回収するオッサン2人。
血の跡があるのでこれは事故現場なのか?と話し込む。
ヒゲのオッサンは32番。小柄なオッサンは66番。アメフトのジャージみたい。

配水管にて。ようやく気がつくデイ。
物音を聞いて何とかプールに戻ろうとする。
もうオッサン2人はハシゴを登って行ってしまった。ムダに機敏なオッサン2人です。
肝心のハシゴは放置してある。これを使えば・・・

デイは骨折して片足が不自由です。それでハシゴを登れるのか?
ワニが動き始めてます。これは大変。
立て坑のコイの方は水位が上がってこっちも大変。

デイはシャツを手に巻いて鉄条網も巻いて即製ブラスナックルにする。
そんな感じでワニと対決してます。また足に噛みつかれてる。
鉄条網拳でワニを殴りつけるデイ。

そんなとこで今度はプールサイドの土管が転がってます。

ワニに押されっ放しなデイ。危険な状況になってます。
コイの方は水位が上がってもう大変。

ソファの足をもぎ取ってワニを目を貫くデイ。
土管の方は外に転がってます。プールに入らない。それはいいけどハシゴに吊るしてるロープまで引っ張ってます。
そんなわけでハシゴがプールから出てしまった。もうハシゴは登れない。

ガッカリしてるデイの後からワニが接近します。
思い切りドつかれるデイ。お腹にも噛みつかれる。これは大変。
いよいよ頭に噛みつかれそうなるとこでコイが立て坑の金具に引っ掛かっていた笛を吹いています。
ワニの口の中につっかい棒を入れるデイ。とりあえず噛みつかれなくなった。

そんなとこで犬がプールに飛び込んで首吊り状態になってます。これは大変。
犬は首吊り。コイは溺死。そんな感じになってます。

鉄パイプをワニの口から咽に思い切り貫くデイ。
これでワニは動かなくなった。

デイは首吊り状態になって死んだ犬に捕まってプールから脱出しようとする。
これは非常事態なのでしょうがないかも。
首輪が切れて犬はプールの底に落ちてます。デイは残った鎖につかまってる。
そんなわけでようやくプールサイドに上がったデイ。

次はコイを助けないといけない。
もうコイは沈んだままです。もう死んでる。
鉄パイプで金具をこじ開けようとするデイ。それはいいけどまたプールに落ちそう。
ようやく金具が外れた。鉄パイプのデイはプールに落ちるがかろうじて手がかかった。ようやくはい上がってます。

沈んだコイは引き上げてるデイ。
心臓マッサージは人工呼吸を繰り返すデイ。
そんなわけで奇跡的に復活してるコイ。これはビックリ。
雨が降ってます。抱き合うデイとコイ。
エンドとなります。

後タイトル
歌が入ってます。
スタッフの紹介
Theeradej Wongpuapan Day
Ratnamon Ratchiratham Koi
スタッフの紹介

スクロールする
キャスト
スタッフ

no animal was harmed in the making of this motion pictuer.
この作品では動物は虐待していませんのお知らせです。


そんなわけでノンストップ動物パニックホラーのよい作品でした。


にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

2020.05.31

『Z Bull ゼット・ブル』

このSFアクション映画の感想はネタバレ全開になっています。
リン・オーディング監督、ブレントン・スウェイ、ジェーン・レヴィ主演の巻き込まれSFアクションのようです。

2018年 filmray productions/Rumble Riot Pictures/Mind the GAP Productions/the exchange/Hudson private アメリカ作品
ランニング・タイム◆89分
原題◆Office Uprising
プロット◆謎のドリンクで悪戦苦闘する話しのようです。
音楽◆ティム・ジョーンズ

キャスト
ブレントン・スウェイツ→経理部のデズモンド
ジェーン・レヴィ→デズモンドの幼なじみサマンサ
カラン・ソーニ→デズモンドの同僚ムラド イスラム系

カート・フラー→デズモンド同僚レントワース 白人のオッサン
イアン・ハーディング→開発部のフローン博士
サム・デイリー→差別主義者のマーカス もちろん白人

グレッグ・ヘンリー→アモテック社のフランクリン・グラントCEO
ザカリー・リーヴァイ→経理部上司アダム・ナスバウム
アラン・リッチソン→宣伝部上司ボビー
アシュトン・デグルート→人事部上司のリサ
ケネス・チョイ→アジア系上司

バリー・シャバカ・ヘンリー→門番はクラレンス。
ブレンダン・パトリック・コナー→受付のトニー。太ってるオッサン。
チェスタ・ドレイク→ナスバウム上司の秘書 太ったおばあさん ヘレン。

リン・オーディング監督の演出はよいと思います。
全体的に普通のB級SFになってます。一発アイデア倒れな感じもしないではない。

BS193 WOWOWにて。
画質はよいです。
スクイーズ収録のフル表示。
画面サイズはワイド。上下に黒味あり。

番組一覧
音声は5.1chではない。さすが低予算。

the exchange.
Mind the GAP

プロローグ
フランクリン・ガントCEOが口上を述べる。
アモテック社。
新型マシンガン
クレイモア地雷
ドイツ人にアメリカの娯楽を教えた。バーベキュー。 火炎放射器のことです。
そんな感じの兵器製造会社です。アメリカ唯一の得意な産業。

Office Uprising

A Hudson private presentation
in association with the exchange
A Mind the GAP Production

テキサス州ラボック アモテック武器製造会社。
遅刻した主人公デズモンドは正門ゲートで難儀してる。門番はクラレンス。

Rumble Riot Pictures
filmray productions

受付のトニー。太ってるオッサン。
ここも何とか通過してるデズモンド。

エレベーターにて。
幼なじみのサマンサからまた遅刻したと言われてるデズモンド。
アラームがセットされて腕時計をもらってます。

経理課にて。
仕事するふりをしてゲームアプリの開発をやってるデズモンド。
そんなとこでナスバウム上司からお呼びです。

上司のオフィスにて。
ナスバウム上司の秘書は太ったおばあさんです。名前はヘレン。
遅刻癖を責められるデズモンド。
アルトリア社と合併するのでリストラがあると脅かされています。
この会社はクラスター爆弾で有名。他にVXガス。炭疽菌。
そんなこんなで仕事しろと説教される。

経理課にて。
ようやく戻ったデズモンドはオッサンから呼ばれる。
アルトリア社では経理部が半数クビにされた・・・
そんな感じでリストラのうわさ話になってます。

主人公の白人オタク デズモンド
白人のオッサン レントワース
インド系の男 ムラド

差別主義者のマーカス もちろん白人
そのマーカスが来てムラドを人種差別でバカにする。

そんなとこでマジでレントワースが上司から呼ばれる。
肝心のクレイトン報告書を作成してるデズモンド。
しかしフローン博士から内線電話で研究開発部に呼ばれる。

歩きながら仕事の関するステップを唱えてるデズモンド。
ここは『ゾンビランド』(2009年)と同じです。そのまま字幕で出てる。
このビルの上に行くほど極悪非道になる。

途中で宣伝部のミーティングに引っ掛かるデズモンド。
バスケットボールを受け取りキャッチフレーズを言わされる。
無難なキャッチフレーズでごまかすデズモンド。

研究開発部にて。
フローン博士にコンタクトするデズモンド。
用件は研究に必要な材料発注のことです。
それはいいけどフローン博士と不仲な博士がいるようです。

実験のとばっちりで血まみれになったデズモンド。
ステップに従って材料発注書を捨てています。

物置に隠れてマリファナを吸ってるデズモンド。
お仲間のオッサンがいます。レントワースもいる。

ステップ7 自分のケツは自分で拭け.
要するに副業をするようです。
クビになる前にビデオゲームの開発をやってるデズモンド。

仕事中のデズモンド。
内線電話です。ナスバウムからでビックリのデズモンド。
これはムラドのいたずら電話でした。

オフィスでは私用電話は禁止です。
そんなわけでコールセンターにかけるデズモンド。やっばりダメでした。

デズモンドとムラド。雑談になります。
サマンサとは幼なじみのデズモンド。
そんなとこに自己啓発セミナーを4時から開催するとお知らせが入る。

自己啓発セミナーにて。
まずはフランクリン・ガントCEOの口上が入ります。
グレッグ・ヘンリーはどこに出てると思ったらこのCEO役でした。上手いメイクなのか老けたのか最初はわからず。
デズモンドはクレイトン報告書作成のために勝手にオフィスに戻ってます。
新たに開発されたゾルトとエナジードリンクが配布されてる。
デズモンドですが会社から帰宅してます。

自宅アパートにて。
帰宅したデズモンド。しかし同居人が4人ぐらいいます。
シェアハウスにしては人数が多過ぎな感じ。全員ゲーム仲間です。
明日の朝までにクレイトン報告書を完成させると意気込むデズモンド。

外にて。
しかし路上のマリオカートゲームに参加してるデズモンド。
これが買物用カートを使った実際に体を使うゲームです。

翌日にて。
例によって寝坊して遅刻のデズモンド。
肝心のクレイトン報告書はどうなった?何だかコンピューターはおかしな動きをしてる。

会社にて。
博士みたい男がクルマで慌てて出勤してる。
遅刻のデズモンドですが正門や受付は通過出来てる。
受付のデブのオッサンは死んでる。デズモンドは気が付かない。
会社内は血だらけで死体も転がってますがまだデズモンドは気が付かない。

そのままオフィスに来たデズモンド。
速攻で上司ナスバウムからお呼びです。
一応クレイトン報告書を印刷してるデズモンド。そうなの?

ナスバウム上司のオフィスにて。
鉛筆削りの超クローズアップショットが入ります。ナスバウムのお気に入り。
泥でパンケーキを作って貧乏な開発途上国に輸出すると主張してるナスバウム上司。
デスクの陰に尖った鉛筆が大量刺さった死体に気がついて驚愕するデズモンド。
死体の名前はジェリー・ソロモン。誰なんだ?

そんなわけでナスバウム上司は完全におかしい。それでどうする。
クレイトン報告書の文法の間違いを執拗に指摘するナスバウム上司。
成り行きはここからたたき出されるデズモンド。まだ死んではいない。
解雇手当は死亡だと言い出すナスバウム上司。

大勢に追われて逃げるデズモンド。
とりあえずどこかのオフィスに隠れてやり過ごす。
ここのカーターに状況を聞くがうっかりつまずいてコンピューターの電源ケーブルを抜いてしまう。
そうなると作成途中の書類を消えてしまいます。激怒するカーター。
バックアップがあるのでは?とフォローするデズモンド。
格闘アクションになって成り行きでカーターを片づけたデズモンド。

コールセンターに電話して警察に電話してくれ頼むデズモンド。
相変わらず私用の外線電話は禁止ですと融通が利かないコールセンターのおばさん。
おばさんですがオッサン上司にやられたみたい。

物置に隠れるデズモンド。
ステップ 仕事してるふりをする。に従ってクリップボードを持って移動になります。

そんな感じで大騒ぎの中を移動するデズモンド。とりあえず無事です。
宣伝部を通過するとバスケットボールでは生首を投げられ受け取るデズモンド。
またキャッチフレーズを言えと強要される。ここも何とか通過します。

非常階段を使うデズモンド。
腕時計のアラームが鳴ったのでサマンサのオフィスに向かいます。

サマンサのオフィスにて。
ヘッドホンしながら仕事中のサマンサにコンタクトするデズモンド。
ここは危険だ警告するデズモンド。
それはいいけどサマンサもゾルトを飲んでいました。缶の半分とのこと。
うっかりして半分残ったゾルトの缶を倒して中味をこぼすデズモンド。
そうなると激高するサマンサ。いきなり凶暴になります。半分でも十分に効いてる。
サマンサに上に乗られて危うく貞操を失いそうになるデズモンド。ここはハードカバーの本で殴打して回避する。

サマンサをダクトテープで台車に拘束して話しをしようとするデズモンド。
私は正常なのよと主張するサマンサですが全く違います。

台車のサマンサを押して非常階段を下りるデズモンド。
しかし非常階段も大騒ぎで無理っぽい。下から大勢やって来ます。

物置に隠れたとこで今度はムラドに襲われるデズモンド。
ムラドですがラマダン中でゾルトを飲んでなかった。そんなわけで正常です。
サマンサは危険だから殺そうと主張するムラド。

経理部のナスバウム上司一行対宣伝部のボビー上司一行になってます。
ガイ上司は宣伝があるから製品が売れる。経理部は何の役にたっていないと罵倒する。
ゾルトの空き缶を投げつけられたナスバウム上司は空き缶で即席回転カッターを作ってボビー上司に投げつける。
文字通りクビを切断されたボビー上司は退場となります。
大乱闘になるが経理部が押してるようです。

そんなこんなで3人で逃げることになります。
非常階段は大騒ぎで無理。エレベーターにします。
エレベーターのドアを開けると肝心のゴンドラがない。無理です。
次は通気孔にします。台車で拘束のサマンサには無理です。
ダクトテープを剥がせと主張するサマンサと口論にもなってます。

ここでカッコいいとこを見せつけようとするデズモンド。
プリンターを窓に投げつけてガラスを割ろうとします。
ガラスは割れずにセンサーが作動してビル全体に強化シャッターが降りてしまう。
緊急防護壁稼働とお知らせが流れてます。
これはまた大変なことをやらかしたデズモンド。こまったものです。
テロ対策だと解説してるムラド。解除コードを知ってるのは経営陣だけだ。
そんなわけで最上階に行かなくとはならない。

しょうがないのでまた3人で移動です。
サマンサは相変わらず台車にダクトテープ状態。
今度は大騒ぎの中をゾルトでイカレタふりをする作戦になります。

太ったおばあさん秘書ヘレンと遭遇する3人。
十分に凶暴化してるヘレンおばあさん。
80歳のおばあさんを花瓶で殴ったと反省するデズモンド。
しかしヘレンおばあさんはいつの間にか復活してムラドを襲う。
結果的にヘレンおばあさんを片づけPTSDになってるムラド。色々と大変だ。
次は人事部に行こうと言うサマンサ。

人事部にて。
ここは女性上司と女性ばかりです。
何故かここに来てるレントワースののオッサン。正常みたい。
放送で経理部のナスバウム上司を騙ってレントワースを助けようするデズモンド。
ステップ こまった時にわけのわからん専門用語を使う。これに従って適当なイニシャルを連発してます。
→日本ではカタカナ英語を使うと何でもごまかせるようになってます。

何だか余計なことを言ったのか雰囲気が悪くなってます。
人事部のリサ上司。ケイティ。他にも色々といます。
ここはサマンサの口車で中傷合戦にして仲間割れを狙う作戦になります。
そんなわけでリサ上司は退場となってます。どさくさにまぎれて逃げる3人。

今度の階はアジア系上司一行がいます。何課なのかはわからん。営業か?
最初は上手く通過している3人にレントワースを加えて4人になった。
まずは物置で即製で武器を造ります。ダクトテープが役に立ってる。
サマンサはもう拘束から解放してくれと要求する。暴れたら殺してといいと主張する。

そんなとこをしてるとアジア系上司一行に注目されています。
大乱闘になってます。何とか突破してる4人。

また1人コンタクトしてきます。マジで正常みたい。
しかしムラドが間違えて殺してしまった。それじゃダメじゃん。
そんなこんなで次を目指す4人。

CEO室にて。
グラントCEOにお付き2名がいます。
監視カメラでやって来た4人を見ています。当然ドアを開けない。
しかし通用口から清掃員がゴミを持ち出してます。ここから入る4人。

お偉方3人と交渉する4人。
まずはゾルトの正体を言えと要求するデズモンド。
フローン博士の部下がやったと主張するグラントCEO。失敗作なのはわかっていた。

グラントCEOは大騒ぎが終わるの待ってるつもり。
ゾルトの解毒剤はと聞くデズモンド。
あっさりとないと答えるグラントCEO。
私の親指で緊急防護壁が解除出来るとうそぶくグラントCEO。指紋認証のことです。
解毒剤ですがフローン博士に聞けといくらか役に立つことも言ってます。

地域担当部長が来てるそうです。誰かと思ったらナスバウム上司とその一行です。
緊急防護壁を解除してくれと要求するナスバウム上司。
拒否するグラントCEOはチタン製ドアを破ってみろと挑発する。

ドアはチタン製だが壁は予算を中抜きした手抜き工事だと指摘するナスバウム上司。
そんなわけで壁を非常用斧で破ろうとする。その壁ですがあっけなく穴が開いてる。破られるのは時間の問題です。

ムラドですがPTSD状態です。
デズモンドは説得して協力させようとする。

レントワースはゾルトを飲んでます。
それで自分もおかしくなった連中の仲間になって生き延びようとする。しかし壁の開いた穴から出たとこで斧にやられて退場となります。

侵入したナスバウム上司一行を迎撃するグラントCEO。
自動式のショットガンを使う。お付き2名をすぐにやられて退場になってます。
いい調子でショットガンを撃っていたグラントCEOですが左手首を斧で切断される。
それからショットガンで頭を撃たれ頭が吹っ飛び退場となります。
で、指紋認証の左手首だけがあればいいとふそぶくナスバウム上司。

デズモンドはナスバウム上司に交渉する。
しかしナスバウム上司は妄想が進んで世界征服の話しを始めてる。
そんなわけで交渉は決裂します。デズモンドとショットガン実包が入ったボウルをショットガンで撃つとボウルに入った実包がまわり中に撃ち出されて一掃してます。
そんな感じで結果オーライの典型になってます。よい子は真似をしてはいけません。
今度はサマンサの具合が悪くなってます。解毒剤はない。

ナスバウム上司はまだ無事でグラントCEOの左手首を使って緊急防護壁を解除してます。
ゾルトを全国にばらまくと意気込むナスバウム上司。

研究開発部 フローン博士のオフィスにて。
サマンサを抱えて来たデズモンド。フローン博士に交渉する。
ゾルト騒ぎですがフローン博士のライバル博士が嫉んでやったようです。
解毒剤ですがデズモンドが捨てた発注書の材料がないと作れないと言い出す。
それに違う材料で代用したので副作用が起きたと責任をなすりつける。

それでもサマンサは元に戻る可能性はあると言ってるフローン博士。
その材料は倉庫になる。現在ナスバウム上司一行がいるけど。
そんなわけで倉庫に忍び込むデズモンドとムラド。制限時間は30分。

会社の博物館にて。
ここで武器を調達するデズモンドとムラド。どれも年代物です。
トンプソンのサブマシンガンもある。これは古い。
悪名高い火炎放射器もあります。日本軍が散々やられた非人道兵器です。

倉庫にて。
ヤク仲間のラルフがいたけど不始末をやらかして粛正されてます。
忍び込んだつもりのデズモンドとムラドですが監視カメラでアッサリとバレてます。
まずは地雷を使うが誰も引っかからず。
次はムラドが火炎放射器を使う。かなり強力ですがすぐに燃料切れになる。

ナスバウム上司はXL-9ロボットを使うようです。要するに強化スーツ。
台車にのってサブマシンガンを乱射するデズモンドとムラド。
次はリボルバーで2挺拳銃。このリボルバーですがシングルアクションみたいだけど。それだと片手で連射は出来ない。

ようやくお目当ての棚にたどり着くデズモンドとムラド。
そんなところにナスバウム上司ロボットがやってきます。
ここは俺にまかせて逃げてくれとムラドには材料を届けに行かせるデズモンド。
とっとと行ったムラド。迎え撃つデズモンド。

ロボットですがミニミサイルを撃てる。凄い。
あとは定番のマシンガンです。当然自動小銃の実包使用だと思う。
デズモンドは最新自動小銃をここでゲットしてます。

肝心のムラドが差別主義者マーカスに捕まっています。
伏線のキーで刺せを実行したムラドは気合い入れてその他大勢から脱出する。

デズモンド対ナスバウム上司ロボット一行。
俺は16ヶ月勤務で全く働いてないぞと上司を挑発するデズモンド。
最新自動小銃を発射しようとしたら出来ない。取り扱い手順を間違えたようです。
そんなわけでいつも仕事で仕様書を読まないこと突っ込まれてます。
ようやく作動した最新自動小銃を撃ちまくるデズモンド。その他大勢を片づける。
上司はまだ生きてるマーカスの腕をもぎ取ってECOなロボットの有機燃料にしてます。

唐突にサマンサが助っ人に来てます。速攻の解毒剤が効いたらしい。
まだ上司ロボットはいる。それでどうなる。
C-4爆薬を仕掛けたビルから脱出する3人。

いよいよC-4爆薬の起爆スイッチを入れるデズモンド。
しかし爆発しない。爆破信管を取り付けるのを忘れたようです。
しょうがないでの残っていた旧式地雷を使います。
これは上手い具合に上司ロボットが踏んでC-4爆薬も誘爆し大爆発になります。

ちょうど外に脱出した3人は助かります。
ようやくヘリコプターやパトカーが押し寄せています。
キスになるデズモンドとサマンサ。立ち小便するムラド。
そんなこんなでエンドとなります。

後タイトル
スタッフの紹介。
タイトルは色々な武器のCGIです。

Brenton Thwaites Desmond
Jane Levy Samantha
Karan Soni Mourad
Kurt Fuller Lentworth
Ian Harding Nicholas Frohm
Alan Ritchson Bob
Barry Shabaka Henley Clarence
Sam Daly Marcus Gantt
Kenneth Choi Freddy Wong
with
Gregg Henry Franklin Gantt
and
Zachary Levi Adam Nusbaum

Office Uprising

スクロールする
スタッフ
キャスト
スタッフ


そんなわけで普通のSFアクションのよい作品でした。


にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

2020.05.30

『パラサイト 禁断の島』

この島ホラー映画の感想はネタバレ全開になっています。
フランク・カルフン監督、ローガン・ミラー、クリスティン・フロセス主演の島ホラーのようです。

2019年 Tremendum Pictures production/Blumhouse - Ashok Amritraj production/Hyde Park -imagenation production/imagenation ABU DHABI/Universal Pictuers アメリカ作品
ランニング・タイム◆86分
原題◆Prey
プロット◆無人島に行って色々とあり過ぎる話しのようです。
音楽◆リチャード・ブレイクスピアー

キャスト
ローガン・ミラー→引きこもりのトビー

クリスティン・フロセス→島の少女マデリン
ジョリーン・アンダーソン→マデリンの母親

ジェリカ・ライ→引率のケイ先生
フォディソ・デントー→トビーの知り合いキャメロン

ジョイ・エイダナリアン→子役のトビー
ベラ・クルフ→子役のマデリン

フランク・カルフン監督の演出はよいと思います。
全体的に普通のホラーになってます。

BS193 WOWOWにて。
画質はよいです。
スクイーズ収録のフル表示。
画面サイズはワイド。上下に黒味あり。
音声は AAC 3/2.1ch

番組一覧
音声は5.1chです。低予算なのに。

imagenation ABU DHABI
Hyde Park Entertainment
Blumhouse Productions

タイトル
Universal Pictuers presents
imagenation ABU DHABI presents
a Hyde Park -imagenation production
a Blumhouse - Ashok Amritraj production
a Tremendum Pictures production
a Franck Khalfoun film

Prey

Logan Miller Toby Burns
Kristine Froseth Madeleine
Jolene Anderson Madeleine's Mother
Jerrica Lai Kay
Phodiso Dintwe Cameron
Anthony Jensen David Burns
Vela Cluff Young Madeleine
スタッフの紹介
タイトルバックはポラロイドカメラの写真が多数です。

本編です。
主人公トビーの自宅にて。
携帯電話に夢中のトビー。どうやら引きこもりらしい。
そんなトビーにクルマいじりをやろうと誘うパパ。

庭にて。
1人でクルマいじりのパパ。
クルマは古いアメ車です。プリマス・バラクーダといった感じ。
エンジンフードを閉めたらいきなりサルのマスクを被った強盗が登場。
そんなわけで2人の強盗にナイフでブスリとやられるパパ。
家の中でクルマが盗まれるエンジン音を聞いてようやく気がつくトビー。

シーンが飛んでます。
カウンセリングのトビー。自己回復プログラムを受けている。

ヨットにて。シーカー号。
いきなり戸塚ヨットスクールになってます。これは大変。
さっそく帆の横棒に張り飛ばされて海中に落ちてるトビー。

引率のケイ先生によるとフラウアバイの無人諸島に来てるらしい。
講習の最終地。マレーシアの無人島の数は100以上ある。
最低限の所持品で1人で無人島に3日生活するのが課題です。
会話から自己回復プログラムに参加してから2週間経ってるようです。
ケイ先生はトビーに成長してるわよと言ってるが大丈夫なのか。

無人島の砂浜にて。
そんなわけで3日後の夜明けにここで待っててとケイ先生のボートは行ってしまった。
オーバーラップして事件の夜のシーンが入る。
最悪だと最初から愚痴が出てるトビー。

自分はロビンソン・クルーソーだと言ってるトビー。
木の枝にビニールシートを張ってテントにしてます。

そのへんを探索するトビー。誰もいない。
ココナッツの実があると思ったらサルの死体があってビックリします。
何かと事件の夜のシーンが入ってます。そりゃトラウマなのでそうなる。

テントに戻るとサルが食料品を食べ散らかしてます。
これはビックリと言うか不用心なトビー。食料は全滅です。それでどうなる。

次は火をおこすトビー。マッチは支給されているが手際が悪い。
ヤケになって海に入るが貝殻を踏んで足を切るトビー。最悪です。
血が海底に沈んでるお面に付いたのか?そんな感じ。

スイスアーミーナイフのレンズで太陽を覗き込むトビー。
目を痛めるのかと思ったらたき火を点けたみたい。

夜になって昼間食べた貝が悪かったのか嘔吐してるトビー。色々と大変だ。
それから支給品のライトを点けてそのへんを探索します。夜は危険だと思うが。
ココナッツのとこに来たら何かがいるみたい。
テントに戻り森に向けて照明弾を撃つトビー。何もなくムダ撃ちになった。
それから事件の夜を思い出すトビー。溶暗になります。

潮が満ちてテントが流されています。
夜が明けて森で目を覚ますトビー。ココナッツがもう切れ目が入って中味が飲めるようになっていて飲んでいます。

砂浜にて。
女の子を発見するトビー。これはビックリ。まだ隠れています。

森に入る女の子を尾行するトビー。
ようやくコンタクトしたらナイフを出す女の子。まあそうなる。
そのまま行ってしまったので追いかけるトビー。
狩りをしたついでにトビーを呼ぶ女の子。

川のダムにて。
2人で食事になってます。会話にもなる。
身の上話をするトビー。
このダムは宣教師が作ったと女の子。私はマデリンと名乗る。

夜になってここにトビーを置き去りにして行ってしまうマデリン。
とりあえず寝床はあります。雨露もしのげる。
また殺人の夢を見てビックリのトビー。見ている方もビックリ。

火をおこしてるトビー。何だか物音がしてます。
マデリンを探しに行くトビー。何やらいるようです。ビックリ演出が多い。
溶暗になります。

夜が明けてます。
寝床で目が覚めてるトビー。マデリンはいます。
足のキズに効く薬をとりに行くマデリンとトビー。

森を移動のマデリンとトビー。
父は死んで母はいると話すマデリン。
キズに効く木の実の汁をキズに付けています。

あちこち移動するマデリンとトビー。
サバイバル生活のモンタージュになります。

夜にて。
コンピューターの話しをするトビー。マデリンには何だかわからん。
母はあなたを殺すとマデリン。それでマデリンはどこかに行く。
明日になったら自分は帰ると話すトビー。

ヨットからボートで砂浜に着くケイ先生。
トビーを呼ぶが返事はない。
しょうがないのでライトを点けて砂浜から森を探します。
ケイ先生の近くには何かがいます。ライトを落としてしまう。
何だか怪しい雰囲気になってます。
そんなこんなでやられて退場となるケイ先生。
黒味になります。

夜が明けてます。
寝床で目を覚ますトビー。どうやら寝坊したようです。

砂浜にて。
ようやくここにきたトビーですが当然迎えはいない。
浮き輪が漂ってるのを発見するトビー。他にも色々とある。
それからヨットが転覆してるのを見て驚愕するトビー。

転覆したヨットにて。
マデリンではない女性がヨットから引き上げてるの見るトビー。
そうなるとマデリンの母親なのか?

入れ替わりでヨットを調べるトビー。
ケイ先生を呼びが当然返事はない。
潜って中に入ります。照明弾2個をゲットするトビー。
しかし戸棚から死体を発見しビックリして照明弾2個は落としてしまう。
そんなこんなで何とかヨットから脱出してるトビー。

寝床の小屋に戻ってるトビー。それから森を歩き回る。
ライトを見つけます。ケイ先生が落としたライトだ。

魔よけみたいなのがぶら下がってるとこから洞穴に入るトビー。
後に何かがいたりします。トビーはライトを落として焦る。何とか拾います。
洞穴を進むと不気味な壁画があります。
洞穴から出るトビー。何とか無事でした。

森を移動するトビー。
火事の跡があります。
ヤギに遭遇するトビー。しかし他の誰かが槍でヤギを仕留めてる。隠れるトビー。
仕留めたのはマデリンの母のようです。

トビーは小屋を発見します。
小屋の中を調べるトビー。ここは母子の小屋みたい。
バッグがあります。ケイ先生の名前が入ってます。中味は空っぽ。
他には小型無線機。燃料タンク等があります。
古い箱を開けると古いパスポートが入ってます。
古いポラロイド写真もあります。これが親子3人の写真です。

小型無線機でメーデーの救援要請をするトビー。何とかつながったみたい。
トビー・バーンズ。講習で来た島から出られません。
そんなところに母子が帰宅してます。これは大変。隠れるトビー。
マデリンはトビーを見つけて早く逃げてと逃がす。

言われたとおりに海岸に来てるトビー。
唐突に何か作ってるトビー。どうやら罠や鳴子みたい。よくわからん。
それから魚を獲ったりしてます。ここをベースにするのか?
たき火をおこしてるトビー。どうやって?は省略されてます。

遠くの山に光を見つけるトビー。
トビーはたき火を大きく燃やしてます。これで返事になってるのか?

寝てるトビー。誰か来ます。
マデリンでした。母は出かけている。
何でまだ島にいると突っ込まれるトビー。
迎えの人が死んだと説明するトビー。君の母親がやった・・・

覚えていることを話すマデリン。回想になります。
親子3人で暮らしていた。それが何かが起きた。

そんなわけで母親は正気ではないので逃げようと言うトビー。
一応無線で助けを呼んだ。明日逃げようとなります。
その前にマデリンは1回帰ります。大丈夫なのか。
溶暗になります。

夜が明けてます。
飛行機の音が聞こえて慌てて起きるトビー。
助けを求めるが飛行機は通過してしまった。

森を移動するトビーは金網のフェンスがあるとこに来てます。
どうやら古い灯台です。当然無人で運用されていない。
とりあえず階段とハシゴを登って上まで登ります。

やはりここは灯台です。発電機の具合をみるトビー。
クランクレバーを回してエンジン始動をやってみますが始動せず。
どうやら燃料タンクが空のようです。燃料といえばあの小屋に燃料タンクがあった。
クルマいじりのことを思い出すトビー。

森を移動するトビー。
いきなり黒人の男と遭遇してビックリのトビー。どうやら講習仲間のようです。
名前はキャメロン。初めて見るけどトビーとは知り合いです。
俺は迎えが来ないでの小舟でここに来たとキャメロン。そうなると山頂でライトで合図していたのか。

そんなわけで2人でキャンプになってます。
トビーとキャメロン。
あれは築100年の灯台だと言ってるキャメロン。よく知ってるな。
俺のいた島に移ろうと提案するキャメロン。この島より安全そうな感じはする。
トビーはマデリンを待つと無理を言う。
キャメロンをとりあえず脱出して救援を送ればいいと無難の意見。
説得しようとするキャメロン。逆上するトビー。

夜なのに森を移動してるトビー。もう小屋に来てます。
いきなり母親に捕まるトビー。まあそうなる。
マデリンに問題があるようなことを主張する母親。
しかしトビーは隙をみて逃げる。

森を移動のトビー。追ってくる母親。これは大変。
母親はトビーの仕掛けた罠にハマる。お腹を槍で串刺しになる。過剰防衛といった感じ。

瀕死の母親は色々と話し回想する。
私は殺していないと主張することかは始まる。実はマデリンが殺した。

回想です。
布教に来てた親子3人に島民は警告していた。
何かが島にいた。それが成り行きでマデリンに取り憑いた。
あっという間に教会が燃えて島民は全滅になった。
それで生き残った母子で暮らすようになった。

母親からマデリンを片づける薬をもらうトビー。
マデリンを島から出さないでとお願いする母親は死に至ります。

森でキャンプ中のキャメロン。待ちぼうけです。
そんなところに何かが接近します。

トビーは森を移動してキャメロンのとこに向う。

待ちぼうけのキャメロン。
何かが接近してるがトビーということにしてます。まあそう思いたい。
そんなわけで物すごい力で引っ張り込まれてキャメロンは退場となります。

戻ったトビーは血の跡を見る。
やはり何かいます。マデリンのようでそうでもない感じ。
微妙な対応になってトビー。それでどうする。
マデリンは母親の死体を引きずってきたみたい。トビーがやったと思ってる。実際にそうだけど。

マデリンは島を出られると喜んでます。トビーにキスをする。
それからセックスになりそうなとこで変身しつつあるマデリンに薬を飲ませるトビー。
マデリンを縛って放置するトビーはまずは顔を洗う。燃料タンクに気がつく。

小屋で燃料タンクをゲットして灯台に向かいます。
松明を点けて移動です。

灯台にて。
ここに来たトビー。松明をドアの前に置いて中に入る。
燃料を入れて発電機を作動させるトビー。作動しました。
このへんはクルマいじりとカットバックしてます。
マジで灯台が作動してます。よくランプが切れてないなとなるが映画だから。
とりあえず灯台は作動したので上手く行けば沿岸警備隊が救出に来る。

森にて。
マデリンの方はまだ動かない。ようやく気がつく。それでどうなる。
拘束のロープは切ってる。

灯台にて。
トビーは双眼鏡でまわりを伺う。
それから階段を降りるトビーですが伏線で腐った部分があった。
そんなわけで思い切り腐った部分を踏み抜いて壊れた階段ごと地面に叩きつけられる。
このはずみで燃料タンクが倒れてフタがあいて燃料がまき散らされる。

ところでこのへんに例の木の実が壁に張り付いています。
木の実を潰してるトビー。

ドアから出ようとしたら突然ドアが閉まります。
変身したマデリンに壁に叩きつけられたりするトビー。押されっ放し。
潰した木の実で何とかしようとするが・・・

一段落して洗面台で顔を洗うトビー。トビーの後にマデリンがいるのが鏡に映る。
トビーは割れた鏡の破片でマデリンを切りつける。

そうなるとマデリンは幼児のマデリンになって目くらましを仕掛ける。
そんなわけでまた押されっ放しなトビー。

作動させた灯台に気がついた沿岸警備艇が接近してきます。
トビーはそれまで何とかもたせないといけません。

そんなこんなでマデリンを中に残してトビーは外に出る。
松明でこぼれた燃料に点火して燃え上がる。
マデリンは現在の姿に戻ってます。
ドアを閉めるトビー。黒味になります。

海岸にて。
ここに来たトビー。沿岸警備艇に向かって泳ぎ出す。
と思ったらトビーの後に何かがいたりします。
黒味になります。

沿岸警備艇にて。
毛布を被った救助された人物。トビーだと思うが・・・
事情聴取されてます。この人物はマデリンみたい。
黒味になってエンドとなります。

後タイトル
スタッフの紹介

Logan Miller Toby Burns
Kristine Froseth Madeleine
Jolene Anderson Madeleine's Mother

imagenation ABU DHABI fund
a Hyde Park -imagenation production
a Blumhouse - Ashok Amritraj production
a Tremendum Pictures production

Prey

スクロールする
スタッフ
キャスト
スタッフ


そんなわけで普通のホラーのよい作品でした。


にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村


2020.05.17

『カメラを止めるな!』

このゾンビ内幕映画の感想はネタバレ全開になっています。
上田慎一郎監督、無名キャスト主演のゾンビ内幕映画のようです。

2017年 PANPOKOPINA/ENBU ゼミナール/アスミック・エース/J:COM COMPANY 日本作品
ランニング・タイム◆95分
原題◆かめらをとめるな
プロット◆ゾンビ映画の撮影で悪戦苦闘する話しのようです。
音楽◆永井カイル

キャスト
濱津隆之→映画監督の日暮隆之
しゅはまはるみ→夫人で元女優の日暮晴美
真魚→娘で映画監督志望の日暮真央

秋山ゆずき→被害者役の女優 松本逢花
長屋和彰→ゾンビ役の男優 神谷和明
細井学→撮影担当役の細田学 アル中 ゾンビも担当
市原洋→助監督役の山ノ内洋 メガネ
山崎俊太郎→録音担当役の山越俊助

大沢真一郎→現場プロデューサーの古沢真一郎
竹原芳子→TVプロデューサーの笹原芳子
吉田美紀→ADの吉野美紀
合田純奈→ADの栗原綾奈
浅森咲希奈→撮影助手の松浦早希
山口友和→撮影の谷口智和 腰痛持ち
藤村拓矢→音響効果の藤丸拓哉
生見司織→特殊造形・特殊メイクの温水栞

イワゴウサトシ→監督役黒岡大吾
高橋恭子→メイク担当の相田舞

上田慎一郎監督の演出はよいと思います。
全体的によく出来てます。期待外れの『翔んで埼玉』(2019年)より全然いい。
脚本は書き込まれています。アドリブシーンはちゃんと脚本に書かれているわけです。

プロデューサーの男は誰か似てると思ったらF1解説の今宮純に似ています。先頃に亡くなってる今宮純の伝記映画に出れるくらい似ている。
アル中役の人は竹中直人とビリー・ボブ・ソーントンに似てます。クドい演技まで似てる。

BS193 WOWOWにて。
画質はよいです。
スクイーズ収録のフル表示。
画面サイズはワイド。上下左右黒味無し。フルスクリーン。
音声は AAC 2/0ch

番組一覧
音声は5.1chではありません。低予算だから。

アスミック・エース A J:COM COMPANY
ENBU ゼミナール
PANPOKOPINA

いきなり始まってます。ゾンビ映画です。
これから40分近くワンシーンワンショットになるそうです。
そうなると俳優たちの演技は舞台劇に近くなってくるのか?

セリフはモノラルです。これはビックリ。さすが低予算。
そうなると効果音もモノラルなのか?
音楽はさすがにステレオみたい。そもそもモノラル録音があるわけない。
画質はよい。さすがデジタルビデオカメラです。

ロケ地の廃虚にて。
さっそく激昂した監督が女優をしごいて説教する。

監督の日暮隆之
被害者女優 松本逢花
ゾンビ男優 神谷和明
メイク担当のおばさん 日暮晴美
録音担当 スキンヘッドの山越俊助
撮影担当 アル中の細田学
助監督 メガネの山ノ内洋

激昂した監督がいなくなり一段落してます。
被害者女優、ゾンビ男優、メイク担当のおばさんの3人。

被害者女優はもう42テイクらしい。
世の中にはテイクを重ねていい監督は2人います。溝口健二とスタンリー・キューブリックです。

ここは廃虚です。貯水所で人体実験もやっていたとか。
メイクおばさんの護身術ネタになってます。
録音担当が外に行きたがる。行ってしまった。

外にはメガネ助監督がいます。タバコを吸ってる。
そんなとこにオッサンゾンビが来ます。やられるメガネ助監督。
どうやら本物のゾンビのようです。

日本映画の特徴で相変わらずセリフは聞き取りづらい。あとでスタジオでセリフを録音し直すのはやってないみたい。

中の3人ですが千切れた腕が飛んで来てビックリ。
その千切れた腕を見てこれはリアルだねと感心してます。
続いて腕が取れたメガネ助監督が入って来てビックリ。
このへんはまだドッキリだと思ってる3人。しかし被害者女優がマジで襲われる。
録音の男は座ってぼう然としてます。ここだけ何だかおかしい。

長回しなので芝居は舞台調になってます。要するにくどい演技だ。

メガネ助監督がゾンビになって動き始めます。これはビックリ。
そんなわけで逃げる3人。千切れた腕を投げてメガネ助監督を外に追い出す。

そんなとこに監督が来ます。
自分でカメラを持って撮影してます。さすがデジタルビデオカメラだ。
そんな監督にこんな時に何をしてるんだと大騒ぎになってます。
監督はこれが本物だとご満悦。

録音の男が外に行こうとして監督が止めてます。
それでも録音の男は行ってしまった。やられたようです。
監督も外に行ってしまった。撮影するとやる気満々。

また3人が中に残ってます。
ゾンビ男優ですが携帯電話は圏外です。これは定番な描写。
血の呪文を唱えるとそれが蘇らせる。メイクおばさんがそんな話しをする。
メイクおばさんせ早く逃げようと主張する。クルマで逃げるつもり。

何だか外では騒ぎが起こってます。

気合いを入れて外に出る3人。
と思ったらドアを開けたら監督と録音担当が入ってくる。
録音担当はゾンビになってます。監督は撮影してる。
そんな感じで大騒ぎになってます。

ゾンビ男優が監督を殴り倒して3人で外に逃げる。
思い切り走ってクルマまで逃げる。

クルマにて。
普通のワンボックスカーです。トヨタ・ハイエースなのかと思ったら違います。
ニッサン・キャラバンでした。珍しい。NV350なのか?
それはともかくクルマの中は安全です。低予算なのでレンタルした大事なクルマの窓ガラスを割るわけがないからです。

しかしスライドドアを開けたらいけません。メガネゾンビが襲ってきます。
監督は相変わらず元気一杯。演出と撮影に専念してます。
そんなわけで被害者女優はメガネゾンビに追われる。

地下室の出入り口に入る被害者女優。
地下通路を走る被害者女優ですが反対側の出入り口にもオッサンゾンビがいます。
オッサンゾンビですがノリノリでやってます。
延々と逃げ回る被害者女優。そんなとこにゾンビ男優が助けに来る。

逃げる被害者女優とゾンビ男優。追うメガネゾンビ。
何とか建物内に入ってます。メイクおばさんもいた。
結局クルマで逃げる段取りはダメだった。

被害者女優は足にケガをしてます。ゾンビに噛まれたとしたら大変。
何となくないことにしたがる被害者女優。
これに気がつくメイクおばさん。斧で被害者女優を片づけようとする。

当然に逃げる被害者女優。
外に逃げればオッサンゾンビが襲ってきます。これは大変。
メイクおばさんは強い。次々とゾンビをライダーキックで片づける。それから被害者女優を追ってます。
メイクおばさんですがついでに監督もライダーキックで片づけてます。

屋上に逃げる被害者女優。ゾンビ男優が止める。
こんな感じが延々と続く。
そんなこんなでゾンビ男優がメイクおばさんを斧で片づける。
被害者女優はゾンビ男優からも逃げる。

物置に隠れる被害者女優。
肝心の足のキズは特殊メイクでした。とれた。とりあえず一安心。
何やらゾンビみたいなのが来ます。足しか映らない。で、すぐにいなくなる。

物置から出て逃げる被害者女優。
『こんなとこに斧が』とわざとらしく説明セリフを言って斧をゲットしてます。

屋上にて。
ゾンビ男優ですがマジでゾンビになってるみたい。
そんなわけでマジで怖がってる被害者女優。
その演技だと褒める監督。どうやらこのテイクでOKが出たようです。
それはいいけど何で監督は大丈夫なんだ?

監督は脚本通りにやれと被害者女優に無理を言う。
ブチ切れた被害者女優は監督を斧で片づける。血が飛び散り返り血を浴びてます。

生き残ったのは被害者女優だけでした。
カメラが俯瞰になってます。被害者女優は五芒星の上に立っています。

Onecut of the Dead

秋山ゆずき 被害者役の女優 松本逢花
長屋和彰 ゾンビ役の男優 神谷和明
濱津隆之 映画監督の日暮隆之
しゅはまはるみ 夫人で元女優の日暮晴美
市原洋 助監督役の山ノ内洋 メガネ
細井学 撮影担当役の細田学 アル中 ゾンビも担当
山崎俊太郎 録音担当役の山越俊助
スタッフの紹介
俯瞰でエンドになります。
37分経過してワンシーンワンカットは終わります。
カットの声が入り白みになってます。

1ヶ月前 字幕です。
バラエティ番組の再現ドラマで車イスのオッサンを撮ってる監督。

そんなところにTVプロデューサーの男とおばさんが来ます。
ゾンビ専門チャンネルを立ち上げる。スペシャル番組を監督してほしい。
生中継。30分ワンシーンワンカット。これがコンセプト。
それは無理でしょうといった感じの監督。

Onecut of the Dead
『カメラを止めるな!』
キャストの紹介
ここは何故かローマ字表記でキャストと静止画が出てわかりやすくなってます。
スタッフの紹介
黒味が入ります。

監督の自宅にて。
森岡流女性護身術のビデオを見てる監督夫人。メイクおばさんです。
監督には監督志望の娘がいます。

撮影現場にて。
子役に演技指導する監督の娘。やり過ぎになってます。
そんなわけでもめてます。子役のママに平謝りのプロデューサー。
娘に説教する監督。演出に妥協が付き物だ・・・

監督の自宅にて。
一家3人で監督が撮った再現ドラマを見ています。
チャンネルを変える娘。俳優の神谷和明に夢中です。

顔合わせ会場にて。
オーディションではなくもう決まったキャストが集合してます。

被害者女優役はすぐに事務所のことを出して無理を通します。あとは笑ってごまかす。
俳優の神谷和明はとにかく理屈っぽい。要するにメソッド演技にかぶれてる。
撮影役の細田学はアル中です。
助監督役はメガネの山ノ内洋。
録音担当役が山越俊助。とにかく細かいことにこだわる。
監督役が黒岡大吾。印象が残らない。
メイク役が相田舞。同じく印象が残らない。
監督が日暮隆之。妥協するのが芸風。

そんなわけで本読みになってます。
赤ん坊を連れて来てるので泣いてにぎやかになってます。
ゾンビ男優がゾンビが斧を使うのかとクレームを入れる。妥協する監督。

決定稿が出ています。
ロケ地廃虚の説明になってます。

リハーサルになってます。
撮影をやらせて下さいと直訴する撮影助手のメガネの女。しかし撮影担当の男は自分だけで十分だとやらせる気はない。

監督の自宅にて。
相変わらず護身術ビデオを見ている監督夫人と娘。
監督夫人に女優に復帰してとお願いする娘。監督夫人にはその気はない。
それでも監督が撮る作品の脚本は必ず何回も読んでる監督夫人。

リハーサルにて。
まだゾンビが斧を使うなんてとごねてるゾンビ男優。
被害者女優は私はいいんだけど事務所の意向でそんなことは出来ませんと無理を通す。
録音担当の男はやたらペットボトルにこだわる。持参で自分のネーム付きしか飲まない。間違えて違うペットボトルで飲むと錯乱する。
オッサンはアル中です。子供をダシにしてまた飲んだと嘆く。
それで何事も妥協の連続の監督。まだ大人しくしてます。

監督の自宅にて。
昔の娘の肩車してる写真を見て泣いてる監督。大丈夫なのか。

ロケ地の俯瞰シーンです。
ドローンとデジタルビデオカメラの恩恵でよく撮れてます。素晴らしい。

撮影準備になってます。
撮影用簡易クレーンがあります。これでラストの屋上を俯瞰で撮る段取り。
監督夫人と娘は見学に来てます。タダ飯を食いに来てるのかも、何しろ日本映画関係者達は河原乞食なのでそうなる。

プロデューサーの男と打ち合わせの監督。
それから全員で撮影前のミーティングです。
そんなとこに監督役とメイク担当役が交通事故で来れないと知らせが入る。この2人はデキててまとめて交通事故になったらしい。

プロデューサーは中止には出来ない。何とかしろと無理を言う。
そんなわけで監督が監督役をやると言い出す。マジでそうなります。
監督の娘がメイク担当役に監督夫人を強く推薦する。監督夫人は脚本を読んでいる。
そんなこんなでプロデューサーもOKを出す。
ゾンビ役男優が中止にしろとゴネますが無視される。何事もとりあえずゴネるようです。そういうのはとりあえずゴネてカネをせしめるゴロツキと言う。

録音担当役の男はトイレのことをやたら気にしてる。
オッサンは酒が切れて手が震えてる。
被害者女優の方はまだ余裕があります。監督が監督役なのでゴネ得がやりやすいし。

いよいよワンシーンワンショットのライブドラマが始まります。
もうカメラは止まりませんと宣言する監督役の監督。

撮影がスタートします。
いきなり性格が一変する監督。激昂して被害者女優の演技にダメ出しをする。
モニターを見ているプロデューサーは監督の演技に感心してる。
監督の方は演技ではなくこれまでに妥協した鬱憤が爆発してるようです。

オッサンゾンビですが今頃になってメイクしています。
しかし隠したはずの一升瓶がもう空になってます。アル中なのでこれは大変。
外に出て出番待ちで待機してるがもうヨレヨレで酔いつぶれてます。
ドラマでは外に出てた監督がオッサンゾンビを何とかしようとする。

中の3人にはスタッフからお知らせでトラブルです何とかつないでくれと丸投げされる。
そんなわけで趣味って何ですかと聞くゾンビ役男優。
メイクおばさんがいつも見てる護身術ビデオの話しを始める。
何だかわからんけど話しを合わせてる被害者女優とゾンビ役男優。

外のオッサンゾンビはヘベレケで動けず演技どころでない。
そんなわけで監督が二人羽織状態になってオッサンゾンビに演技させてます。

録音担当の男はあたり構わず勝手に行動してます。ドラマとは無関係になってます。
そんなわけで勝手に外に出ていく録音担当の男。
しょうがないので他の面々はアドリブで合わせてます。

モニター室にいた娘が録音担当の男が抜きでも何とかなると意外と有能なとこを見せる。
速攻で設定とセリフを書き出す。しかしこの娘の演技がくどい。

そんなわけで中の俳優達にスタッフからのお知らせが出ます。
録音担当の男をゾンビにして戻す。
あとはアドリブで合わせるわけです。八百長相撲で有名な『最初に当ってあとは流れでお願いします』と同じだ。

録音担当の男は下痢で野ぐそしてます。
時間がないのでその状態でゾンビ特殊メイクをしてます。色々と大変だ。

そんな感じで録音担当の男ゾンビの首を切断までやってます。
いくら何でも身代わりの人形まで用意出来るのか?まあいいけど。

クルマのシーンになります。
このへんでカメラが草むらで固定のアングルになってます。これは撮影担当の男の腰痛が悪化してついに動けなくなったからです。
そんなわけでやる気満々の撮影助手の女があとを引き継いでます。

またゴネてるゾンビ男の男優にメイクおばさんが気合いを入れてます。
ごのへんになると俳優もスタッフも何が何だかになってアドリブ大会になってます。
メイクおばさんの監督夫人は張り切り過ぎ。暴走するメイクおばさんを旦那の監督がスリーパーホールドでダウンさせる。

ここで虎の子の撮影用簡易クレーンが屋上から落ちてしまう。
そうなるとラストの決めになる俯瞰シーンが撮れなくなってしまいます。

物置に隠れていた被害者女優の前に来ていたゾンビ。
これは実はスタッフで新しい指示を知らせに来ていたわけです。ついでに謎のゾンビとして映り込んだみたい。
指示は『外に出て斧を拾って』でした。それで『ここに斧があった』と棒読み説明セリフになっていたようです。なるほど。

監督とプロデューサー。
肝心の撮影クレーンが失ってどうする?となる。
最後の俯瞰シーンは絶対に必要だと主張する監督。
とにかく話しは何でもいいから番組としてまとめろと指示するプロデューサー。
それでどうなる。

また娘が俯瞰シーンを撮るアイデアを出してます。
相変わらず演技はくどいけど。

そんなわけで組体操の大技 人間ピラミッドを作ろうとします。
手が空いた俳優とスタッフが総動員されてます。プロデューサーもいる。

ごのへんになると演技が妙に間延びしてます。
さすがにアドリブだけではもたなくなってるようです。

そんなこんなで無事に俯瞰シーンが撮れています。
しかしこれは脚立1つがあれば俯瞰シーンは撮れたのでは?と思える。脚立は撮影の必需品でしょう。まあいいけど。

エンドとなります。
キャスト
スタッフ
残り15秒で人間ピラミッドが持つのかとスリルとサスペンスも入ります。

無事に終わって別の場所でモニターを見てるおばさんプロデューサーもよかったよかったとご満悦です。
このおばさんは独特の面白いファニーフェイスです。

撮影現場もよかったよかっとなってます。
ロケ地の俯瞰シーンが入ります。ドローンとデジタルビデオカメラが素晴らしい。

黒味になってエンドで後タイトルと思ったら付けたしシーンが入ります。
また最初のシーンを別のアングルかち撮ったシーンです。

何となくエンドで後タイトルはスクロールする
キャスト
スタッフ
タイトルバックはメイキングのメイキングのメイキングといった感じ。
クルマですがトヨタ・ハイエースではなくニッサン・キャラパンみたい。


そんなわけで低予算にしては出来がいい作品でした。日本映画にしては珍しい。
日本映画の太鼓持ちな批評。的外れな批評。とにかくこき下ろす批評。そんな感じでお勧めが全く当てにならず実際に見ないと出来がわからん。
それに出来がいいのは多くても100本に1本ぐらいなのでいちいち見ていられない。こまったものです。


にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

2020.05.16

『翔んで埼玉』

この埼玉コメディ映画の感想はネタバレ全開になっています。
武内英樹監督、二階堂ふみ、GACKT主演の埼玉コメディのようです。

2019年 FILM/映画「翔んで埼玉」製作委員会(フジテレビジョン、東映、テレビ埼玉)/東映 日本作品
ランニング・タイム◆107分
原題◆とんでさいたま
プロット◆埼玉千葉が東京に叛乱する話しのようです。
音楽◆Face 2 fAKE

キャスト
二階堂ふみ→生徒会長の壇ノ浦百美
中尾彬→東京都知事の壇ノ浦建造
武田久美子→有閑マダムの壇ノ浦恵子

GACKT→実は埼玉解放戦線の麻実麗
京本政樹→伝説の埼玉解放戦線リーダー 埼玉デューク
麿赤兒→西園寺宗十郎
益若つばさ→家政婦のおかよ

伊勢谷友介→千葉解放戦線のリーダー 阿久津翔
小沢真珠→千葉解放戦線員 浜野さざえ
中原翔子→千葉解放戦線員 浜野あわび

ブラザートム→埼玉在住の菅原好海
麻生久美子→夫人の菅原真紀
島崎遥香→娘の菅原愛海
成田凌 (友情出演)→婚約者の五十嵐春翔

間宮祥太朗→ディスコの埼玉県青年
加藤諒→埼玉Z組の下川信男
宮澤竹美→埼玉Z組の山田昌子

鈴木勝大
福山翔大
岡山天音
高月彩良
秋月三佳
田中明
搗宮姫奈
荒井レイラ
矢柴俊博
勝矢
水野智則
江戸川じゅん兵
竹森千人
廻飛呂男
沖田裕樹
市川刺身
佐野泰臣
神戸浩
菅登未男
井上依吏子
松田リマ

武内英樹監督の演出はまあまあだと思います。
全体的に典型的な日本映画になってます。
肝心の上級国民と下級国民の対比描写はありません。適当にお涙ちょうだいで処理されてます。

相変わらずショットサイズはデタラメです。
フルショット、ミディアムショット、クローズアップショットが適当に編集されています。このへんが典型的な日本映画です。
映画を撮るためにどうしても必要な脚本はあるけど絵コンテがないのか映画センスがないのでしょう。

元祖ぶっ飛び監督の増村保造監督作品を見てると全く物足りません。
もっとちゃんとぶっ飛びなさいと思える。

二階堂ふみは女っぽい男ではなく女の子にしか見えない。役作りは全くしていないのか。
小沢真珠がどこに出てるのかわからん。→海女さんでした。全くわからず。

BS193 WOWOWにて。
画質はよいです。
スクイーズ収録のフル表示。
画面サイズはワイド。上下に黒味あり。
音声は AAC 3/2.1ch

番組一覧
音声は5.1chです。日本映画なのに。

プロローグ
バレエのシーンから前口上が入ります。
この映画はフィクションであり実在の人物云々・・・
特に地名とはいっさい関係がない・・・

タイトル
スタッフの紹介
前説が入ります。
昔は武蔵の国だった。廃藩置県により分割された。
東京と神奈川はいいとこ取りですぐに独立した。
余ったとこが海無し県で埼玉県になった。

熊谷市にて。摂氏42度なのでとても暑い。
ニワトリの卵が転がす凝った仕掛けがあります。転がって目玉焼きになります。
暑いねとオッサンが登場。そんなに暑いのに何で日なたが直射日光にあたってる?もう突っ込みを入れたくなります。
卵だけでこれだけ創意工夫してる人には全く見えない。
最初からこれで大丈夫なのか。

スガワラ工務店の親子3人が登場。
ブラザートム 菅原好海
麻生久美子 菅原真紀
島崎遥香 菅原愛海
演出が悪いのか演技力がないのかこの3人の間には一片の愛情もない。
脚本や演出が悪くてもそれぞれの俳優のメソッド演技で何とかなるかもしれいないがそんなものがあるわけがない。

ミツビシのワンボックス軽自動車で移動になります。
これがミツビシ内製なのかスズキのOEMなのかはわからん。
普通はトヨタ・ハイエースだと思うがそこは巨大スポンサーに気を使うわけです。トヨタ様に失礼があってはならん・・・
映画の腕前はイマイチなのにスポンサーに媚びへつらう太鼓持ちは上手い。こまったものです。

娘の結納で東京に移動です。娘は憧れの東京で暮らせると盛り上がってる。
それはいいけど娘は後席の真ん中に座ってるけど2人乗りシートの真ん中に座ってはまずいだろ。映画優先か道交法優先なのかそれが問題だ。

相変わらずセリフは聞き取りづらい。
立派に日本映画の伝統を守ってます。守らなくてもいいのに。
せりふ回しが悪いのか?録音が悪いのか?こまったものです。

19XX年 東京 ディスコ全盛の頃です。
盛り上がってるとこで当局の手入れで埼玉県人をあぶり出す。
特殊装置で埼玉県人は識別され速攻でバレてます。
そんなわけでディスコは別な感じで盛り上がってます。
逃げた埼玉県人はあっさりと捕まって埼玉県に強制送還になります。

埼玉 川口にて。
ここには関所があります。荒川を挟んで東京と埼玉を区切ってます。
橋は新荒川大橋で道路は国道122号線です。ここは岩淵水門が見れます。

移動中の軽自動車にて。
クラリオンのカーラジオです。一体型でスピーカーまで一体でモノラルの1個のみ。
田んぼに『飛んで埼玉』出てタイトルとなります。

本編にて。
東京 白鳳堂学院にて。
ここは博報堂ならぬ白鳳堂でとなくハッキリと電通にして電通学園にしないとおかしい。ここでまた巨大スポンサーを仕切る電通に媚びへつらってる。こまったものです。

転校生の麻美麗が紹介されます。ベルサイユのばらから宝塚みたいな感じ。
それから壇ノ浦百美の東京に関する口上が入ります。
Aクラスの地名から始まって延々と続く。

Zクラスは埼玉でYクラスにあたる足立区や赤羽が出てこない。
足立区もアレだが北区ではなく地名の赤羽と出てくるのもたいがいです。
母音が同じなのでガザ地区と聞くと何故か足立区を連想してしまいます。銃弾は飛び交わないが同じような感じのとこだ。

いよいよ麻美麗と百美がご対面になります。
最初はそんなにいい感じにはなっていない。
肝心な男だけど美少女に見えるはずの百美がそこらへんのいる女生徒としか見えない。

それでも麻美麗を校舎を紹介してる百美。
取り巻きの女生徒4人ですがとても上流階級というか上級国民には見えない。それでは戯画化されてるというとそうでもない。単に貧乏臭いだけ。

校舎紹介でZ組の生徒が差別される描写が入ります。
差別する百美の足を引っかけて転ばせる麻美麗。そうなるとどうなる。

それはいいけど草を食えと言われてマジで草を食う描写を入れてます。
Z組もムダな直訴をしないで外出してドラッグストアで薬を買えばいいのに。それとも学園に軟禁されているのか?→あとになって普通に外出してる。

Z組の教室がセットです。
これがまた安く作ってあるのに妙にきれいな感じの典型的な日本映画になってます。こういう伝統はちゃんと引き継いでる。こまったものです。
きれいなセットに汚しを入れたくないのか?貧乏性で日本映画的です。

青山にて。百美の自宅です。
パパが東京都知事。ママは有閑マダム。
麻美麗を追い出してとおねだりする百美。しかし10億円の寄付をしてるのでダメ出しされています。
ここも上流階級ではなく戯画化されているわけでもない。ひたすら貧乏臭い。

TVニュースです。
群馬は秘境のニュースは一応伏線です。
ここには巨大なる魔神がいるようです。

麻美麗の自宅にて。
画面サイズが4:3のTVで父親からのビデオレターが届きます。
都知事になれと檄を飛ばす父親。白塗りでおなじみの麿赤兒が演じてます。相当歳がいってるはずなんですが白塗りなので昔から年齢不詳です。

東京都の予算規模はヨーロッパの一国並みなので自民党しか当選出来ないようになってます。そんなわけで箱物行政で役人と自民党の連中が中抜きに励んでるわけです。

軽自動車で移動中のスガワラ工務店の親子3人。
クラリオンのカーラジオの番組でこの本編を聞いてるという設定です。
ようやくわかった。

白鳳堂学院にて。
百美と麻美麗の勝負になってます。
まずはヒートアイランド対策を英語でやれという課題。
英語だけではなく他言語で難なくこなす麻美麗。

次はガラス瓶の空気の匂いを嗅いで地名を当てろとう課題。
ここも3つの地名を当てる麻美麗。

成り行きでキスになってる麻美麗と百美。それでどうなる。

青山の百美の自宅にて。
百美のパパに挨拶に来てる麻美麗。
ここを怪しい阿久津執事が麻美麗を監視してます。お前は埼玉だと見破られる。
伝説の男の話しになります。それぞれ埼玉と千葉にいた。

遊園地にて。
百美と麻美麗がデートしてます。
そんなとこに当局の埼玉アラートです。どうやら麻美麗の家政婦親子が埼玉県人とばれたようです。

家政婦をかばった麻美麗は踏み絵ならぬ踏み草加せんべいを強要される。
埼玉名物の草加せんべいを踏めない麻美麗。ピンチです。こういうシーンが妙に長いのが日本映画の悪い伝統なんですが忠実に引き継いでます。こまったものです。

そんなわけで埼玉県人だとバレてしまう麻美麗。それでどうなる。
何故か百美と逃避行になってます。

33分経過、このへんの印象ですがあまり面白くない。
理由は色々とあり過ぎてこまる。もうあとはどうでもいい。

どうせぶっ飛ぶならちゃんとやった方がいい。
増村保造監督のエロでぶっ飛びの『セックス・チェック 第二の性』(1968年)とか『音楽』(1972年)みたいにやんなさい。
『音楽』(1972年)

時々TVニュースで群馬ネタが入ります。
川口博探検隊みたいな感じ。

池袋にて。
ここに潜伏してる麻美麗と百美。埼玉県と同じようなとこらしい。
移動プランの説明をする麻美麗。茨城を経由して埼玉に入る。
上野から常磐線で取手まで行くあとは徒歩で移動。

軽自動車で移動中のスガワラ工務店の親子3人。
時々このシーンが入る。暑苦しいオヤジを演じるのは存在そのものがうさん臭いブラザートムです。こいつは何者なんだ?。妙に扱いがいいので渡辺プロダクション系?

所沢にて。
ここは麻美麗の実家があるところです。
所沢といえば名前は色々と変わるが元は西武ドームです。
ドーム球場なのに外壁がなく雨が降れば観客は濡れ鼠になり。風通しがよ過ぎて春は寒く夏は暑く秋は寒い。冬は極寒になる。それでも西武系なのでマスコミは飼いならされていて悪くは言われない。
それはいいけど当局の手入れです。催涙弾が撃ち込まれて父親は捕まってます。

常磐線で移動中の麻美麗と百美。
何で千葉から埼玉に行かないのか?と突っ込む百美。
それは埼玉と千葉は不仲だからと説明する麻美麗。千葉に捕まるとピーナッツで拷問されると聞いて恐れおののく百美。
成り行きでキスになると思ったら突然電車が停止します。ヌーの大群が鉄道を横断してるからです。大群なので1日はかかるとか。

荷車で移動中の麻美麗と百美。
ちゃんとナンバープレートが付いてます。野田ナンバーです。野田は醤油で有名なキッコーマンの企業城下町です。これは現実の話しだ。
海の無い埼玉県人は大洗まで地下トンネルを掘って海水を手に入れようとしていた。
それはいいけど実は千葉県は本州と陸続きではないとか。川で区切られいてるらしい。厳密にいえば島になります。

いきなり千葉解放戦線に捕まる麻美麗と百美。
阿久津執事は実は千葉解放戦線のリーダーでした。そうなの?

九十九里の千葉解放戦線アジトにて。
海女2人がいます。ところで千葉県に海女がいるのか?知らなかった。
小沢真珠 千葉解放戦線員 浜野さざえ
中原翔子 千葉解放戦線員 浜野あわび

千葉解放戦線は東京同化作戦を進行中。
肝心の東京ディズニーランドの名前は出てこない。名前の使用料が高かったのかとネタ扱いを嫌われたかは不明。
千葉だけではないけどシャコタンにハの字タイヤの珍走団のクルマがあります。
このクルマは千葉だけではく埼玉、茨城、栃木、群馬、足立区、赤羽にもいる。

軽自動車で移動中のスガワラ工務店の親子3人。
夫婦げんかになってます。埼玉県人とオヤジと千葉県人のママが口論になる。

九十九里の千葉解放戦線アジトにて。
警視庁のパトカーが来て麻美麗を連行しようとする。
そんなところに白馬とバイク2台が突撃してきます。伝説の埼玉デュークが助けに来た。
バイクを1台使わせてもらい2人乗りで逃げる麻美麗と百美。

春日部にて。
ここに流れてきた麻美麗と百美。
白馬に乗っていたのが伝説の埼玉デューク。ご対面になってます。
その昔埼玉デュークはエンペラー千葉と死闘を繰り広げていた。
で、都知事は闇手形を乱発して私腹を肥やしてる。ため込んだ金塊をどこかに隠している。金塊を見つければ解放の資金になり都知事も失脚する。そんな感じ。

手形制度を撤廃させるのが目的の埼玉解放戦線。
東京同化政策で上手くやってた千葉解放戦線。
不仲なのは当然というわけです。

突然倒れる百美。伝染病サイタマラリアにかかったようです。これは大変。
埼玉には医者がいない。祈祷師はいるけど。
しょうがないので埼玉デュークの馬に乗せて東京まで運ぶ段取りになります。
春日部からなので草加バイパスの国道4号線だ。

麻美麗は金塊探しに行くようです。
相変わらずセリフ回しなのか録音が悪いのかセリフの聞き取りづらい。
もしかしたら麻美麗役のGACKTに合わせたセリフ設定になってるのかも。

東京都庁にて。
知事から叱責される阿久津執事。
で、千葉を昇格させるから阿久津を手なずけ懐柔しようとする知事。
埼玉デューク一味を片づけろと命じます。

草加にて。
馬で移動中の埼玉デュークは待ち伏せの鉄砲隊から撃たれてしまう。
小銃は何だかわからん。火縄銃ではないみたい。

いきなりシーンが変わってます。
捕まったる麻美麗は阿久津からキスをされる。
これは百美の夢オチでした。

百美の自宅にて。
ここに戻ってる百美。サイタマラリアも治ってる。

春日部にて。
麻美麗はここにいました。
埼玉デュークが暗殺されたと知らせが入ります。これは大変。
池袋の埼玉解放戦線は当局の手入れが一網打尽になった知らせも入る。当局が仕掛けた海の音や匂い等を駆使する埼玉ホイホイでやられた。
そんなわけで志気は落ちてます。

麻美麗の実家からビデオレターです。
お前の本当の父親は私ではなく埼玉デュークだと衝撃の展開になります。
埼玉デュークは育ての父親の弟だ。これまでの父親は伯父さんなのか。
そんなわけで麻美麗は埼玉デュークの後を継ぐようです。
千葉解放戦線と決戦になる。

百美の自宅にて。
その頃百美は家捜ししてます。金塊の隠し場所の手がかりを探す。
父親が絶えず持っていたくるみの置物に目が行く。
くるみを箱の中のくぼみに合わせると本棚の隠し扉が開いて秘密の部屋が現れる。
赤城山赤城神社の地図があります。

春日部にて。
ミーティングになってますが志気は下がってる。
仲間割れにもなってます。浦和と大宮が口論になる。止めるのが与野ですが止まらない。
ムダに広い川口は鳩ケ谷を吸収合併してまたムダに広くなってます。この調子で戸田も吸収合併となればいいが。戸田には賭博場の戸田ボートがあって資金源があるので独立を守ってます。

ここで麻美麗は演説をして仲間割れをまとめて志気を上げようとする。
何故かZ組の生徒が来てお涙ちょうだいの話しを始める。何故か感動してる仲間割れの面々。
これでまとまって志気が上がってるけど根本的に間違ってます。情に流されて正常な判断も戦略も戦術もない。こまったものです。
それはともかく流山の川にかかる橋で決戦になるようです。

流山橋にて。
大勢が川を挟んで睨み合いになってます。

群馬の県境にて。
その頃百美を地図を頼りに金塊捜索をやっていた。
県境にはこの先危険立入り禁止の標識があります。命の保証はないらしい。
群馬サファリパーク状態を進む百美。アッサリと群馬原住民に捕まってます。

千葉解放戦線のアジトにて。
阿久津のとこに何者かが来てる。誰だかわからん。

流山橋にて。
大勢が川を挟んで睨み合いになってます。
人数では劣勢の千葉解放戦線は巨大プラカードを上げる。
どうやら地元の有名人対決になるようです。
何だか微妙な感じの有名人が大勢出ています。誰なんだ?というのが多い。
それでも千葉には市原悦子がいて一挙に優勢になってます。これはビックリ。

Special Thanks(写真出演)
YOSHIKI(千葉県出身)
高見沢俊彦(埼玉県出身)
真木よう子(千葉県出身)
桐谷美玲(千葉県出身)
反町隆史(埼玉県出身)
竹野内豊(東京都出身・埼玉県育ち)
小倉優子(千葉県出身)
小島よしお(沖縄県出身・千葉県育ち)
市原悦子(千葉県出身)
阿久津学 / エンペラー千葉:JAGUAR(千葉県出身)
アキラ100%(埼玉県出身)

東京都庁にて。
神奈川県知事が面会に来てます。神奈川は東京といい関係です。
神奈川県知事役の竹中直人は相変わらずのくどい演技です。もういいって。ちゃんと演技指導出来る監督がいないのか。

流山橋にて。
一応白兵戦になるようです。珍走団のバイクやクルマ。ダンプカーもいる。
トラック運転手の運送会社の人が言ってましたがトラック運転手とダンプカー運転手は人種が違うレベルで全く違うとのことです。

東京都庁にて。
百美が来て金塊を見つけたと言い出す。これはビックリの都知事の父親。
群馬で捕まった百美ですが秘境仕事の勤務時間が終わったので解放されていた。
そんな感じで責任者のオッサンと交渉して金塊に隠し場所にたどり着いた百美。
TVの群馬秘境ニュースは金塊の隠し場所をカモフラージュするためだったのです。

都知事は開き直る。
そんなとこにTVニュースで亀有に解放戦線が攻め込んでると放映される。
どうやら埼玉だけではなく千葉も入って共同戦線になってます。

日本映画では精いっぱいなモブシーンやアクションシーンが入ります。
モブシーンはクローズアップとCGIで何とかしてる。
ボロボロのスーパーカブ2台が転倒して激突する。これが唯一のアクションシーン。
当局は放水してます。これもアクションシーン。
千葉には魚市場があるのでターレットトラックも出てます。もちろんようやく借りた虎の子のターレットトラックなのでクラッシュシーンはありません。もしクラッシュしたらマジでヤクザも普通に殺せる漁師の包丁さばきで刺し身にされます。

ターレットトラック2台にそれぞれ乗って突撃する麻美麗と阿久津。
格闘アクションもそれなりに入ってます。
阿久津がここは俺にまかせてお前が行ってくれと相変わらずというかおなじみのシーンをやってます。もういいって。

突撃する麻美麗。
百美に土下座して都知事の父親。
都庁前で決戦になってます。
モブシーンが適当でグダグダな感じ。
そんな感じでカットバックで色々と入る。
都庁のバルコニーに出た百美は告発ビラをまき散らす。

軽自動車で移動中のスガワラ工務店の親子3人。
ラジオを聞いて感動しています。

そんなこんなで都知事は捕まったみたい。
埼玉デュークですが生きていました。そうなの?
埼玉と千葉の共同戦線をリードしたのも埼玉デュークのお手柄だったわけです。
金塊は群馬県にあったと阿久津に知らせたわけです。金塊が資金源になるのでそれでまとまったようです。
そんな感じで見ててとてもわかりにくい構成演出になってます。

それで結末はどうなる?
麻美麗と百美。キスになるのかと思ったらそうでもない。
鳩が飛んできてキスが中断してる。

軽自動車で移動中のスガワラ工務店の親子3人。
結納のホテルに到着します。
ニッサンのSUVで来た婚約者もカーラジオで番組を聞いて感動してます。
そんなわけで春日部に住もうと言い出して娘が困惑してる。

都庁前にて。
2人のリーダー。麻美麗と阿久津は一応逮捕されるようです。
埼玉デュークから分厚い資料バインダーを渡される百美。『日本埼玉化計画』

埼玉はモール天国。あちこちに大きなモールがある。これが全国に広がる。
モールは店賃が高過ぎで商品や料金が高い。店も客ももたないのが難です。
1店あたりが狭いけど店賃がそれなりと思われる中野ブロードウェイ方式で出来ないのか?と思える。
モールの他にもしまむらとか色々とある埼玉。ガリガリ君は赤城乳業なのでは。
池袋が埼玉と言ってますが池袋は外国人街でしょう。

何だかんだで結局埼玉を差別してるのは変わらない。こまったものです。
日本映画なのでこんなものです。自民党とスポンサーへの媚びへつらいの太鼓持ちだけ。

ラジオ番組ですが埼玉に送信塔がある文化放送ではなかった。
FM放送のNACK5です。もちろん埼玉の放送局。

軽自動車で移動中のスガワラ工務店の親子3人。
帰り道になってます。
最後になって山田うどんの店が見えてます。まずくもなくうまくもないうどん。おそらく小学校の給食に出たうどんを思い出させる埼玉では有名なチェーン店です。

数年後。
有名な巨大地下貯水槽で元埼玉解放戦線の派手なセレモニーとなります。
『世界埼玉化計画』が発表される。
エンドとなります。

後タイトル
スクロールする
キャスト
二階堂ふみ 壇ノ浦百美
GACKT 麻実麗
伊勢谷友介 阿久津翔
ブラザートム 菅原好海
麻生久美子 菅原真紀
島崎遥香 菅原愛海
成田凌 (友情出演) 婚約者の五十嵐春翔
加藤諒 下川信男
益若つばさ おかよ
鈴木勝大
福山翔大
岡山天音
間宮祥太朗 ディスコの埼玉県青年

他のキャスト

中尾彬 壇ノ浦建造
武田久美子 壇ノ浦恵子
麿赤兒 西園寺宗十郎
竹中直人 神奈川県知事
京本政樹 埼玉デューク

スタッフの紹介


そんなわけで日本映画の悪いとこが出てけどよい作品でした。


にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

2020.05.03

『ハッピー・デス・デイ』

この繰り返しホラー映画の感想はネタバレ全開になっています。
クリストファー・ランドン監督、ジェシカ・ロース主演の繰り返しホラーのようです。

2017年 Blumhouse Productions/Universal Picturesアメリカ作品
ランニング・タイム◆96分
原題◆Happy Death Day
プロット◆殺されるとリセットされて悪戦苦闘する話しのようです。
音楽◆ベアー・マクレアリー

キャスト
ジェシカ・ロース→やりマンですが色々と大変なツリー
イズラエル・ブルサード→成り行きで協力するカーター

ルビー・モディーン→ツリーのルームメイト ロリ
レイチェル・マシューズ→リーダー格のダニエル
カリエラ・スミス→ココアのベッキー
ローラ・クリフトン→グレゴリー先生の奥さんステファニー
トラン・トラン→女子寮前に座ってるエミリー

チャールズ・エイトキン→グレゴリー先生
フィー・ヴー→カーターのルームメイト ライアン

カレブ・スピルヤーズ→デート1回の男ティム
ブレイン・カーム 三世→ダニエルのボーイフレンド ニック
ロブ・メロ→殺人鬼トゥーム

ジェイソン・ベイル→ツリーのパパ
ミッシー・ヤガー→ツリーのママ

クリストファー・ランドン監督の演出はよいと思います。
全体的に普通のホラーになってます。超常現象は時間が戻る設定のみなのが意外でした。

ジェシカ・ロースはブレイク・ライブリーのイミテーションといった感じ。微妙に老けた感じがいい。
ルビー・モディーンはマシュー・モディーンの娘なのか?→そのようです。

NBCユニバーサル・エンターテイメント発売のBlu-rayにて。
画質はよいです。
スクイーズ収録のフル表示。
画面サイズはワイド。上下に黒味あり。
音声は DTS-HD MSTR multi

読み込み中です。
Universalの読み込み中アイコン。
Universal
読み込み中です。
またあのミニオンの免責事項と著作権のアラート。ムダに凝ってる。
これから御覧頂く予告編はPR映像は全ての国や地域を対象としてものではありませんのアラート。
余計なDVDが付いて高額なソフトなのに予告編が付くのか?頭がおかしいのか?
廉価価格のソフトならまだ我慢出来るが・・・
予告編『パシフィック・リム: アップライジング』 Pacific Rim: Uprising (2018)
予告編『ピッチ・パーフェクト ラストステージ』 Pitch Perfect 3 (2017)
Japaneseと一瞬出て読み込み中です。
メニュー画面です。ようやくたどり着いた。
読み込み中です。

Universal
これが途中で繰り返すこの作品のコンセプトに沿ったギャグになってます。
BH Blumhouse Productions
タイトル
Universal Pictures presents
もう本編になってます。
学校の全景で始まります。
主人公のツリーが目を覚ます。ここはカーターの自室です。
どこで目が覚めたかわからないツリー。
昨夜カーターは酔っ払ったツリーを寝かしつけた。
とっとと部屋から出るツリー。ルームメイトの金髪アジア系の男が余計なことを言う。

学校内を歩くツリー。
サングラスの男
環境問題の署名を求めるアジア系の女。
スプリンクラー
ジープのSUVは盗難防止でクラクションが鳴る。
26時間経過で倒れる男。
壁に62本のビール。
デート1回の男ティムと遭遇するツリー。

女子寮にて。
帰宅するツリー。玄関前に金髪アジア系の女がいる。ヘッドホン使用。
リーダー格のダニエルから朝帰りなのかと言われるツリー。

自室にて。
ルームメイトのロリ。
ダニエルの前でニックにベロチューとそんな話題になってます。
今日が誕生日のツリー。パパから電話が入ってます。
ロリからミニケーキをプレゼントされるツリーですがゴミ箱に捨てる。

講義にて。
グレゴリー・バトラー教授の講義です。
遅れて到着のツリー。

屋外でミーティングにて。
この場を仕切るダニエル。
ココアのベッキー。
カーターが忘れ物のブレスレットを届けにツリーに声を掛ける。
間が悪くてココアを被ってしまうツリー。

デイフィールド大学病院にて。ルイジアナ州です。
相変わらずパパからの電話に出ないツリー。
ロリは医学生といった感じ。エレベーターでツリーに説教する。
あまり聞いていないツリー。

グレゴリー先生のオフィスにて。
ここに来たツリーですがもう特別な関係だった。
そんなとこにちょうどグレゴリー先生の夫人が来たりします。
ここはごまかして帰るツリー。

女子寮にて。
自室のツリー。ダニエルが来て停電になります。パーティの予定がある。

外にて。
ドレスでパーティに出かけるツリー。
後の方にお面の殺人鬼がもういたりします。関係ないのか?
お面ですがこの大学の応援グッズで多く出回ってます。

通路にて。
真ん中にオルゴールが置いて鳴ってます。
お面男が出現するが警察を呼ぶわよと追っ払うツリー。いなくなる。
またいきなり現われてお面男にやられるツリー。

目を覚ますツリー。最初の復帰です。
09:01 パパから着信があります。
カーターは同じ調子です。その場その場で微妙にやりとりは違う。
この状況は2回目なので頭痛薬の場所を知ってるツリー。
当然前に来たっけ?と聞かれてます。
壁には『今日の残りの人生の最初の日』と貼ってあります。
またルームメイトのアジア系金髪男が登場。

また校内を徒歩で移動のツリー。
同じパターンを繰り返します。
今日は18日月曜日。

ランチ会議 屋外ミーティングです。

女子寮にて。ロリからもらったミニケーキは捨てないツリー。でも食べない。
ケーキのロウソクはドアを閉めた勢いで消えた。
そんな感じで微妙にパターンは変わってる。

ランチ会議 屋外ミーティングです。
校内ではお面が売ってます。
またココアを被るツリー。カーターがブレスレットを返さないなので催促してるツリー。

グレゴリー先生のオフィスにて。
またここに来てるツリー。話しがあると言い出すツリー。
いつものように奥さんが来て中断してます。

女子寮にて。
ツリーとダニエル。停電も同じです。

外にて。
ドレス姿で外出のツリー。
お面の男はマイクと呼ばれていたりしますがマジで関係ないキャラみたい。
前回の現場に来たツリー。戻ります。

パーティ会場の家にて。
ツリーが玄関をノックするが開かない。
ようやくドアが開くとお面男がいたので反射的に殴るツリー。
実はツリーの誕生日なのででサプライズ企画だっとたオチが付きます。
お面男はダニエルのボーイフレンド ニックでした。

パーティにて。
ダニエルと気まずい感じのツリー。

ニックの部屋にて。
ここに入ったツリーはニックを待つ。
いきなり後にお面男がいたがニックでした。ここはニックの部屋です。
いきなりディスコ状態にしてニック。ダンスしてます。
電話にダニエルからラインが入りラインバトルするツリー。背後ではニックがお面男にやられてる。
血まみれ包丁を持ってるお面男。襲われるツリー。
酔っ払いがドアを開けたが気にせずにドアを閉める。
そんなわけでガラス製水パイプを割った凶器でやられたツリー。

目を覚ますツリー。2回目の復帰です。
カーターは変わらず。そりゃそうです。
速攻で部屋から出てるツリー。またいつものパターンになります。
今回はかなり焦っています。

女子寮の自室にて。
ツリーとロリ。
私はどうかしてると相談するツリー。
そんな感じがカウンセリングになります。無難な解答になる。
今日はもう生きた2回目だ。誕生ケーキ。サプライズパーティ。わかってる。
ベッキーがバラしたとは意味がわからん。
私は今夜殺されると主張するツリー。当然冗談だと思ってるロリ。
殺されるけど誰に殺されるのかがわからんとツリー。
ツリーのママの命日の話題になります。3年前に亡くなった。

今日は休んだ方がいいと言われてそうするツリー。
窓を釘付け。ドアの前にタンスを置く。
ダニエルが来てドアが開かないと言う。停電もしてる。

ケーキを食べているツリー。
TVのリモコンを探してます。
誕生日おめでとうのカードを見つけます。今日を楽しみ明日はない。
いつの間にかTVが電源オフになってます。オンにすると殺人のニュースをやってます。

クローゼットが開いてるのが気になるツリー。
ハンマーを持って用意はしてます。確認するとは誰もいない。
怪しい感じが続きます。で、いつの間にかにお面男がいる。
襲われますがハンマーで反撃してるツリー。
外に逃げようとするが戸締まりを厳重にしたので逃げられない。
そんなわけでやられます。

目を覚ますツリー。3回目の復帰です。
ヒステリーを起こしたツリーは速攻でカーターの部屋から出てます。
外に出て何だか目立ってるツリー。裸なのか?
カーターの追ってきます。忘れ物を届けに来てる。助けてと抱きつくツリー。

食堂にて。
ツリーとカーター。
繰り返しの件は納得してるカーター。今日は私の誕生日。
誕生日を知ってて君を殺しそうな人?→学生クラブで知られてて多過ぎてわからん。
特にダニエルのボーイフレンド ニックとベロチューしたし。

ところでカーターはまだツリーとセックスはしていないとのこと。
ルームメイトのライアンのベッドで寝た。
ひどく酔っぱらっていてジャニス・ジョプリンみたい死ぬかと思ったとのこと。
ツリーはセックス抜きなの?あらそうなのと何だか機嫌がよくなってる。

不倫のグレゴリー先生、彼の奥さん。
ティム デート1回のストーカー。
君の命は無限だと言い出すカーター。
これには不機嫌になるツリー。

女子寮にて。
窓から物を投げ捨てるツリー。それから容疑者ノートを書く。
このリストに従って行動を開始します。

ティムの部屋を除くツリー。
ティムをゲイでした。これはビックリのツリー。で、振り向いたらお面男がいてやられるツリー。

また復帰してます。
ステファニーはグレゴリー先生の奥さん。
髪の毛を切って染めて顔を黒く塗って暗視スコープで偵察してるツリー。
そんなところにお面男に襲われて噴水内でやられてます。

また復帰してます。
ダニエルと口論するツリー。
バースデイカードを見つけてアンタがやったのかと取っ組み合いになってます。
道路に倒れ込んだとこにバスが突っ込んで来てやられるツリーとダニエル。これは不注意だと思う。

また復帰してます。
何故か素っ裸でいつものコースを移動するツリー。当然注目される。
間違えてベッキーを木製バットで殴打するツリー。そうしたらお面男に後から木製バットで殴打されるツリー。退場となります。

また復帰してます。
それはいいけどカーターは以前の記憶はない。また最初から説明のやり直しになる。
目を回してるツリー。黒味になります。

病院にて。
入院してるツリー。
またお面男が来てると思ったらカーターです。普通のお見舞いです。
今日は月曜日。18日だとカーター。
停電します。時刻的には自室にいた時間です。何時に停電するのはわかってるようです。
いつの間にかグレゴリー先生が来てカーターを追っ払う。

レントゲン写真の説明をするグレゴリー先生。
医学的にはツリーはもう死んでる状態。
帰りたがるツリーに病院は安全だよと説得するグレゴリー先生。
飲み物を買ってきてグレゴリー先生を追っ払うツリー。当然帰るといなくなってる。

その頃ツリーはグレゴリー先生のオフィスにいました。
引き出しを漁ってクルマのキーをゲットするがお面もあったりします。怪しい。

廊下でグレゴリー先生と遭遇するツリー。
逃げようとしたらお面男が出現してグレゴリー先生がやられます。
走って逃げるツリー。階段を降りるとそこは駐車場でした。

リモコンキーでクルマを見つけるツリー。お面男が来たので隠れます。
そんな感じで必死こいて命がけの隠れんぼになってます。

ようやくクルマを見つけて入るツリー。ドアをロックする。
お面男とクルマの窓ガラスを割ってくる。
何とかクルマをバック発進させるが思い切り他のクルマに衝突してます。
それでも逃げてるツリー。逃げ切った。

夜の道路にて。
逃走中のツリー。逃げ切ったと喜んでます。
と思ったらパトカーに止められる。これは大変。
パトカーにはルイジアナと書かれてます。ここはルイジアナ州なのか。

パトカーはオッサン警官1人です。まず免許証と登録証は?となる。
当然免許証を持っていないツリー。下手な言い訳になってます。
そうなると酒か禁止薬物は?と聞かれるツリー。

発想を転換させるツリー。
酒を薬もやってますと主張する。そうすれば逮捕されて安全な留置所に入れる。
手錠をかけてと要求してるツリー。パトカー後席に入る。ここは内側からロックは外せないはず。

これで一安心と思ったらいきなりクルマに撥ねられる警官。
やったのはお面男です。これは大変。
ヤケになって顔を見せろと要求するツリー。

何故か自分のクルマに戻ったお面男。窓からロウソクを出す。
それはパトカーからガソリンが漏れているからです。
ロウソクを落とすお面男。ガソリンに引火してパトカーは大爆発になります。
これで退場するツリー。

また復帰してます。
アジア系金髪男に女子を侮辱してるアンタは一生オナニーよと罵倒して部屋を出るツリー。
カーターがツリーを追って話しを聞きたがる。また最初からの説明になるわけです。
繰り返して死ぬと説明するツリー。
スプリンクラー、クルマ盗難警報器、倒れる野球帽の新入生、これを予言してカーターを納得させるツリー。

カフェにて。
ツリーとカーター。話し込みます。
父親からの電話を無視の話しから自分の父親の話しをするカーター。
ツリーの3年前に亡くなった母親は誕生日が同じだった。それで一緒に誕生日祝いをしていたわけです。

ツリーが殺される時間は決まってるわけではなく柔軟性があるようです。
それはいいけど段々と殺されやすくなってるツリー。
そんなとこでTVニュースで大学病院から中継ですと入る。
殺人鬼トゥームが入院中。女性6人を殺人。何だか被害者達はツリーに似たタイプです。
そんなわけで大学病院に突撃するツリー。

大学病院にて。
非常用の斧をゲットするツリー。
それはいいけど病室のドアの内側が血まみれです。
そっと入るツリーですがもう待ち伏せをされています。警官はもうやられている。
警官のハンドガンを撃ちまくって逃げるツリー。巻き添えでナースがやられる。
逃げるツリー。お面をとるとやはりトゥームでした。
カーターがトゥームをとめる。ハンドガンで撃とうとするツリー。作動不良なのか撃てない。
これでカーターがやられて退場となります。ツリーは逃げます。
鎖でロックされたドアの隙間から逃げる。小柄な女性なので逃げれた。
追うトゥームはドアに蹴りを入れて開けてる。

鐘楼にて。病院内に残ってる古い鐘楼です。
待ち伏せしてバールで思い切り殴打するツリー。ダウンするトゥーム。
ここでツリーはこのままだとカーターが死んだままだと気がつく。
しょうがないのて鐘楼の階段を上るツリー。気がついたトゥームが追う。
ツリーはまた会いましょうと鐘楼の鐘のロープで首吊り自殺を敢行します。

大学の風景が入ります。プロローグに戻ってる。
また復帰してます。
目を覚ますツリー。当然カーターは生きてます。
死んだカーターなら記憶が残ってるのかと思ったらそうでもない。
この世界はツリーが設定してるようです。
枕を借りるツリー。外に出る。

今度は色々とやってるツリー。
サングラスを無理やり借りる。
断っていた署名を書く。
スプリンクラーはもう出ると予告する。
枕は倒れる男に使う。
ティムには自分を偽わることはないとアドバイスする。男を見つけなさいとなる。
この『自分を偽るな』はゲイの定番のセリフなんです。
→元ネタは『メル・ブルックス 新サイコ』(1977年)

女子寮にて。
ダニエルには私の本命ボーイフレンドはカーターなのよと宣言するツリー。
ロリには今から改心すると宣言するツリー。

グレゴリー先生の講義に出席してるツリー。
ところでグレゴリー先生は講義と病院の2箇所にいる同一人物でした。
話しの流れでは別人だと思っていたが違います。

グレゴリー先生に別れ話をするツリー。
単位をあげないぞと未練たらたらのグレゴリー先生を無視するツリー。

屋外ミーティングにて。
環境と健康指向のダニエルにココアを浴びせるツリー。
そんなところにカーターが来てます。いきなりキスをするツリー。
明日説明するわとツリー。明日があれば・・・。

カフェにて。
待ち合わせのパパ。ツリーが来ないので帰ろうとする。
しかしツリーか来てました。ぎこちない雰囲気のパパ。
ママの話しを始めるツリー。そんな感じでパパと和解したようです。

大事な用事を済ませて自室に帰ったツリー。
今夜の準備をしてます。腕時計のタイマーを設定をしてます。
どうやら病院の連続殺人犯のトゥームを何とかするつもりのようです。

病院にて。
見張りの警官にナイフを突きつけるツリー。いきなり大胆になってる。
もう16回死んでると主張するツリー。面食らってる警官。
警官からハンドガンをゲットするツリー。警官には応援を呼んでと解放する。

病室内にて。
ベッドに拘束されてるトゥームは寝てる。
ハンドガンを構えて接近するツリー。
目を覚ましたトゥームを撃とうとしたが不発です。作動不良?、安全装置?
トゥームは安全装置だ指摘する。格闘アクションになりナイフを奪われるてツリー。

そんなとこでタイマーがゼロになります。そうしたら停電になる。
この隙にツリーは逃げてます。
いよいよハンドガンの安全装置を外して撃ちまくるツリー。退場となるトゥーム。
それはいいけどこのままではツリーは単なる殺人犯になるのでは?

女子寮にて。
カーターが来てます。ケーキのロウソクを点ける。
ロウソクを消すと溶暗になります。

目を覚ますツリー。
ここはカーターの部屋です。そうなるとまた元に戻ってしまったようです。
驚愕するツリー。そうなると死んだのか?

速攻で女子寮の自室に帰るツリー。
ツリーとロリ。
心を入れ替えても無駄だったと後悔してます。そうなるのか。
そうなるとどうする。

ロリがケーキを出したとこで何かに気がつくツリー。
私は寝ている間に死んだんだ。そうなると下手人は?

そんなわけでロリに私を殺した?と聞くツリー。
ケーキに毒が入っていた。
何だかロリが犯人のようです。ケーキを食べてと迫るツリー。
このケーキを警察に証拠物件として提出し調べてもらうと言い出すツリー。

突然を正体を表したロリ。
動機は?→彼に手を出した。グレゴリー先生のことです。
あんな男が動機なのかと驚愕するツリー。そんなことで私を殺すの?と聞く。
それもあるけど真面目なの私と比べてビッチなアンタが憎かったと主張するロリ。

それから格闘アクションになります。
そんなところにノックの音がします。ダニエルでした。ここはごまかす。
ロリにケーキを食わせて窓から蹴り出すツリー。

玄関先に転落したロリを見てビックリのアジア系金髪女。
いまだに名前がわからん。
黒味になります。

カフェにて。
TVニュースを見ているツリーとカーター。
インタビューで元々ロリは怪しかったと主張するダニエルが映ってます。
それはないだろと突っ込みを入れたそうなツリーとカーター。
今夜はどこに?とカーター。何しろ自室で事件があったので寝るとこがないツリー。
ここでブレスレットを返してるカーター。これは何か意味があるのか?

今回の件は『恋はデジャ・ブ』 Groundhog Day (1993) に似ていると話すカーター。
この映画を全く知らないツリー。ビル・マーレイも知らない。
『恋はデジャ・ブ』(1993年)
黒味になります。

目を覚ますツリー。ここはカーターの部屋です。また復帰なのか?
カーターは何も知らないような感じと思ったら冗談でした。今日は19日の火曜日さ。
そんな感じでいい仲になってるツリーとカーター。
ルームメイトのアジア系金髪男が来ますが締め出す。
何故かこの部屋には『ゼイリブ』 They Live (1988) のポスターがあります。あまり関係ないと思うが。だったら『恋はデジャ・ブ』 Groundhog Day (1993) のポスターだろ。
『ゼイリブ』(1988年)
『今日は残りの人生の最初の日』がクローズアップされます。
エンドとなります。

後タイトル
Happy Death Day
タイトルバックはカラフルなポストカードです。

スタッフの紹介

Jessica Rothe Tree Gelbman
Israel Broussard Carter Davis
Ruby Modine Lori Spengler
Rachel Matthews Danielle Bouseman
Charles Aitken Gregory Butler

a Blumhouse Production
in association with Digital Riot Media / Vesuvius Productions
a Christopher Landon film

スクロールする
スタッフ
キャスト
スタッフ


そんなわけで時をかけるホラーのよい作品でした。
『時をかける少女』(1983年)
『時をかける少女』(2006年)


にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

2020.05.02

『ハッピー・デス・デイ 2U』

この続編タイムループホラー映画の感想はネタバレ全開になっています。
クリストファー・ランドン監督、ジェシカ・ロース主演の続編タイムループホラーのようです。

2019年 BH Blumhouse Productions/Universal Pictures アメリカ作品
ランニング・タイム◆100分
原題◆Happy Death Day 2U
プロット◆またタイムループで悪戦苦闘する話しのようです。
音楽◆ベアー・マクレアリー

キャスト
ジェシカ・ロース→やりマンではないけど色々と大変なツリー
イズラエル・ブルサード→ダニエルのボーイフレンド カーター

スラージ・シャルマ→インド系のサマー
サラ・ヤーキン→インド系のアンドレア
フィー・ヴー→カーターのルームメイト アジア系のライアン

ルビー・モディーン→ルームメイトのロリ
レイチェル・マシューズ→ツリーのライバル?ダニエル

スティーヴ・ジシス→嫌味な学部長
チャールズ・エイトキン→グレゴリー・バトラー先生
ローラ・クリフトン→グレゴリー先生の奥さんステファニー

カレブ・スピルヤーズ→ゲイの男ティム
ブレイン・カーム 三世→ダニエルの部屋にいたニック
ロブ・メロ→殺人鬼トゥーム
ジミー・ゴンザレス→見張りの警官

ジェイソン・ベイル→ツリーのパパ デイヴィッド・ゲルブマン
ミッシー・ヤガー→ツリーのママ ジュリー・ゲルブマン

クリストファー・ランドン監督の演出はよいと思います。
全体的に普通の続編になってます。脚本の伏線回収がやり過ぎだと思える。最近の映画によくあるパターンです。

NBCユニバーサル・エンターテイメント発売のBlu-rayにて。
画質はよいです。
スクイーズ収録のフル表示。
画面サイズはワイド。上下に黒味あり。
音声は DTS-HD MSTR multi

読み込み中です。
ユニバーサルの読み込み中アイコン。
Universalのタイトル
読み込み中です。
ミニオンの免責事項と著作権のアラート。見ててイライラする。
読み込み中です。
メニュー画面です。ということは予告編はない。
読み込み中です。

Universalがスプリットスクリーンになってこの作品のコンセプトを表してます。
BH Blumhouse Productions
タイトル
Universal Pictures presents
もう始まってます。
クルマで寝ているカーターのルームメイト ライアンが登場。

クルマから出るカーター。
犬に吠えられる。
ホームレスのオッサンに絡まれる。
スケートボードの男にぶつかりそうになる。
女の子とすれ違う。

ベイフィールド大学にて。
温暖化防止の署名は英語が喋れないと方便で断るライアン。

寮にて。
トロンボーンの太った男がうるさいは怒鳴られる。
部屋に戻ったらちょうどツリーが目を覚ましてカーターは話し込んでいたとこでした。
また追い出されるライアン。
サマーからライアンに電話です。呼ばれて研究室に向かいます。

量子力学研究室にて。
そうなるとマジで多次元宇宙物になるのか。
インド系の男女がいます。男から思ったら女の子です。
男がサマー。女がアンドレア。
そんなとこに学部長が来てここの研究は停電騒ぎを起こすしカネにならないで中止だと勧告します。
学部長はもうボナー教授に伝えたと冷たい態度。この研究は終わりだ。
一段落して1人になってライアンに電話です。スマホには何故か今の自分が映ってます。

第2研究室にて。
ここに入るライアン。照明が消えて暗い。誰もいない。怪しい物音がしてます。
そんなところに突然サマーが来てビックリのライアン。
で、いきなりお面男にやられるライアン。

クルマで目を覚ますライアン。復帰してます。
クルマから出て前の繰り返しになります。部屋に戻っても同じです。
ライアンはカーターとツリーに相談する。繰り返している。
ツリーはアンタがそうなったのねと察しがいい。
トゥームもロリも死んだ。そうなるとお面男は誰なんだ?となってます。

ツリーは前作のダイジェストを説明する。
ライアンは夢か。『インセプション』 Inception (2010) かと現実逃避になってます。
それで死んだ現場に3人で行くことになります。
『インセプション』(2010年)

第2研究室にて。
木製バットを持ってるツリー。それにカーターとライアン。
クローゼットではなくストレージと表示されてます。要するに物置だ。
お面を付けた男が出現するがサマーでした。お面は廊下に落ちていたと主張する。
これは実験のせいだとなります。

量子力学研究室にて。
18日の月曜日に実験をやった。土曜日の実験室ではない。
これでタイムループを作ったのかと推測するツリー。

食堂にて。
関係者5人で話し込む。
ツリーとカーター。ライアン。サマーとアンドレア。
そんなとこにダニエルが来ます。いつものようにツーに嫌味を言う。
私は11回死んだとツリー。安全なとこに行こう。そんな話しになる。

体育館にて。
バスケットボールの試合を観てます。大勢いるから安全というわけ。
それはいいけどお面を付けてる人が大勢います。あまり安全ではないみたい。
ゲイのティムがいたりします。しっかりとボーイフレンドがいる。
ツリーのパパから電話があったりします。
前回は何かの運命かと思ったが単なる科学の実験だったとなってるツリー。

キスしようと思ったらアラートが鳴り響き全員避難となります。訓練ではありません。
避難中のライアンはお面男に気がつき逃げます。

人気の無い倉庫に逃げ込んでしまうライアン。
いきなり後からお面男に襲われるライアン。危ないとこでツリーが助ける。
このお面男の正体は誰だ?となりお面をとるが誰なんだ?

量子力学研究室にて。
どうやらお面男の正体はライアンでした。そうなると同じ世界にライアンが2人いることになります。そうなるとどうなる。
双子だろとボケをかます発言もある。
平行時空に入って互いに危険だ。バタフライ効果だとなります。。

ライアンをこの状況から元に戻ろうと実験を始めます。
もう1人のライアンは実験をやめろと主張する。
そんなところにサマーとアンドレアが来て。学部長とガードマン2人も来る。
実験は始まってスローモーションの世界になる。
溶暗になります。

目を覚ますツリー。何だかいつもの復帰になってます。
ここはカーターとライアンの部屋です。18日の月曜日。また元に戻ってしまったではないかと驚愕するツリー。
ライアンを呼ぶツリー。あんたのせいよと激怒してる。
こうなったら量子力学研究室で実験装置シシーを動かし元に戻せと迫る。

部屋から出るとツリーのいつものルーティンになっています。
署名にスプリンクラーに・・・
先にケリをつけると意気込むツリーは女子寮に戻る。

女子寮にて。
ここに戻ったツリーですがダニエルがいない。もう前回と違います。
部屋に戻るとロリはいます。ケーキはない。微妙に違ってます。

食堂にて。
ツリーはライアンに話しをする。カーターもいます。
今度は『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2』 Back to the Future Part II (1989) の話しになってます。
相変わらずツリーは映画のことは知らない。私も見てないけど。

前回のツリーの状況とは違うのでは?とライアン。
別の君は多元宇宙の平行次元にいる。

それはいいけどフレドリック・ブラウンの多元宇宙SF小説の傑作『発狂した宇宙』 What Mad Universe (1949) が映画化されないのが不思議です。『火星人ゴーホーム』 Martians, Go Home (1955) は映画になってるのに。
昔ならともかく現在のCGIとデジタル合成があれば映画化出来るはずです。

そんなところにダニエルが来ます。唐突にカーターとキスをする。
これはビックリのツリー。この世界ではカーターとダニエルがいい仲なんです。
『奇跡の人』のオーディションがあると言い出すダニエル。役作りをしてると。しかしアンネ・フランクとヘレン・ケラーを混同してます。大丈夫なのか。

ツリーに電話です。パパと食事なのと席を外す。

レストランにて。
マジでパパと食事になってます。あと1人くるとパパ。
誰なのかと思ったらママでした。前作では3年前に亡くなっていた。
そんなわけでマジで違う世界だとわかります。

量子力学研究室にて。
サマーとアンドレア。カーターとライアン。実験をするつもり。
そんなところにツリーが来て実験を中止させる。

外にて。
カーターに事情説明するツリー。
ここでグレゴリー先生と奥さんを目撃するツリー。

ツリーの自室にて。
スマホの映像を見てるツリー。しかし何かが違う。
ダニエルが来ます。今夜のパーティは行けないと言うツリー。困惑のダニエル。
サプライズパーティのことを言うツリー。申し訳ないが・・・
そうなるとダニエルはロリがアンタに告げ口したと曲解する。
停電になってます。これはルーティンだ。

そんなとこでTVニュースが気になるツリー。
連続殺人鬼トゥームは逮捕されてる。被害者は6人。
そうなるとロリが危険だとなるツリー。

病院にて。
ここに来てるツリー。まずは非常の際に使う斧をゲットします。
見張りの警官にホールドアップされるツリー。
看護師がトゥームを逃がして私を殺すと主張するツリー。
これを全く信じない警官はツリーに手錠をかける。
それはいいけどトゥームはいない。看護師が手術室に連れて行った。

いきなりお面男が出てきて警官を片づける。そんなわけで逃げるツリー。
エレベーターに逃げたツリー。ドアが開くとロリがいたりします。逃げ込むツリー。
トゥームは私が手術室に連れていったとロリ。少し違ってる。

何とか助かったと思ったら停電でエレベーターが止まる。
ロリが手動でドアを開けて工事中の5階に出ます。

工事現場を進むハンマーを持ったロリと手錠のツリー。
いきなりロリが刺されて退場となる。お面男がいます。逃げるツリー。

階段に逃げるツリー。追うお面男。
屋上に逃げるツリー。追うお面男。逃げるツリーですが勢いがつき過ぎて屋上から転落する。それじゃダメじゃん。

復帰するツリー。カーターの部屋です。
まだダニエルがガールフレンドのカーターです。

1時間後の量子力学研究室にて。
ライアンに科学の天才なんだから何とかしろと責めるツリー。
実験を繰り返すしかないとなってます。そうなるとツリーはまた何回を殺される。殺される回数は何回になるのかはわからん。
リセットされても君の記憶は残ると言い出すカーター。その記憶は重要なデータだ。
サマーからは殺される前に自殺すればいいといった意見も出てます。

そんなわけで実験のモンタージュになります。
風呂にドライヤーを落として自殺するツリー。
キスを見てからドラッグストアに行ってトレイ洗剤を一気飲みして自殺するツリー。
グレゴリー先生とロリを見てるツリー。ロリは嫌がってる感じ。
そんな世界がモンタージュされます。ママは生きてる。
スカイダイビングの訓練に下着姿で参加するツリー。パラシュートは無しだ。
材木処理機にダイビング自殺するツリー。ツリーは木なのでちょうどいい。
いつもの鐘楼から背面ダイビング自殺するツリー。シーン転換でベッドに落ちる。

それはいいけど何だか調子が悪そうなツリー。
あとでわかりますが死ぬことを繰り返すとダメージが残るとのこと。
そんなわけで気絶するツリー。溶暗になります。

病院にて。
ベッドで寝てるツリー。カーターが来てます。
ここは危険なのよとツリー。いきなり停電になります。
停電から復帰したらグレゴリー先生がいます。カーターを追っ払う。
この世界ではグレゴリー先生の講義には出ていないツリー。微妙に違ってる。
そんなわけで初対面です。私はバトラー医師だと名乗ってるグレゴリー・バトラー先生。

09:30でロリが殺されると心配なツリー。
この世界ですがグレゴリー先生とロリが関係してるようです。

トゥームの病室に突撃するツリー。
まずは警官を張り倒してハンドガンを奪う。
廊下に血が垂れてます。それを追い病室に入る。ロリが殺されています。
もう後にお面男がいる。速攻でハンドガンで撃つツリー。お面男の正体はオッサンです。そうなるとトゥームなのか?
またお面男がいて襲われるツリー。苦し紛れにガスボンベを撃って大爆発となる。

また復帰します。カーターの部屋からリスタート。
量子力学研究室にて。
これまで得たデータの講義をするツリー。これは凄いと感心してる面々。
このデータで実験すれば間違いないとなります。ツリーを元の次元に戻すことが出来る。

それはいいけどライアンからツリーの判断はどっちだ?となります。
残るを選択するツリー。実験はやらないのか?

それとともかく実験はやるようです。しかしコンピューターウィルスが入って失敗する。
どうやらサマーがポルノサイトを見てウィルスに感染したようです。
そうなるとデータの手動入力が必要になる。6時間はか7時間かかる。

カーターと口論になるツリー。
残るなんて自分だけ助かっていいのかと責めるカーター。
ママが生きてるこの世界がいいのとツリー。
それは違うだろうと説得するカーター。

レストランにて。
パパとママと食事のツリー。
何だか具合が悪そうなツリー。ママは妊娠だ思ってるのか?
病院へととなるが病院は危険なのよとツリー。ママに何だかわからんけど。
大学から出来るだけ離れた方がいいと主張するツリー。
そんなわけで一家3人でクルマで移動となります。

量子力学研究室にて。
実験の準備作業の面々。ループを永遠に閉じる実験となります。

クルマで移動中のツリーの一家3人。
微妙に記憶が違う世界に違和感のツリー。
ベイフィールド変電所を通過してます。

病院にて。
カーターが来てます。ロリを助けようとしてるのか?。お面男はいます。

モーテルにて。
ここに泊まるツリーの一家3人。
TVでは『大アマゾンの半魚人』 Creature from the Black Lagoon (1954)を放映してます。
『大アマゾンの半魚人』(1954年)
『半魚人の逆襲』(1955年)

そういえば日本はクルマで移動して気軽に泊まるとこがないのか?
モーテルはセックス専門でセックス抜きでは寂しいし料金が高過ぎる。

ママから妊娠したのと聞かれるツリー。違います。
ママに違う人生だったとどうすると聞くツリー。

TVニュースです。大学病院で悲劇が3人の犠牲者。看護師。警官。学生。
これはビックリのツリー。必死こいてライアンに電話するが留守電です。
そんなわけでクルマで出かけるツリー。

実験はもう始まってます。クルマで駆けつけるツリーとカットバックになる。
もう間に合わないので変電所にクルマで突撃するツリー。大クラッシュになります。
見込み通り辺り一帯が停電して実験もストップしてます。
黒味になります。

ベイフィールド大学にて。
復帰するツリー。カーターは変わらず。
これが最後と気合いをいれてるツリー。

量子力学研究室にて。
最後の実験の準備になってます。それはいいけどツリーの選択は?

外にて
ロリと話すツリー。近くにはグレゴリー先生がいたりします。
あの男はダメよと警告するツリー。不倫はダメよとロリを説得します。

女子寮にて。
ダニエルの部屋に行くツリー。
ここにはニックがいました。ボーイフレンドはカーターだったのでは?
そんなわけで気まずい雰囲気になってます。

レストランにて。
パパとママがいます。
ツリーとママだけになって話し込みます。
要するにママとお別れのあいさつになってます。ママは知らない。
ケーキのロウソク1本をふき消すツリーとママ。

量子力学研究室にて。
いよいよ実験が始まります。お別れのあいさつになるツリー。
最後の実験が始まります。そんなところに学部長と手下2人が来て実験装置を回収してしまう。これは大変。

ツリーですが殺されたり自殺して復帰するのはいいが体調は悪くなってます。
そんなわけであと1回が限界だとなってます。

カーターは実験装置を取り返そうと他の面々を説得する。
陽動作戦をダニエルに頼むことになります。カーターが頼んでくれる。

学部長の部屋にて。
ここを訪ねるダニエル。盲目のフランス人を装う。
学部長の名前ですがブロンソンとようやくわかった。
ダニエルは実験装置がある部屋のカギをゲットする任務があります。

そんなこんなでようやくダニエルがカギをゲットして渡します。
速攻で実験装置を回収して運びます。

量子力学研究室にて。
ようやく最後の実験にかかります。
ツリーは殺人を止めに病院に向うようです。忙しい。

病院にて。
トイレ中の警官をまたホールドアップしてるツリー。
そんなこんなでロリを救出するツリー。

実験は始まってます。
学部長と手下2人がドアを破ろうてするのを止めてるインド系2人。

そんな感じでカットバックになってます。

病院にて。
お面男ですがグレゴリー先生でした。そうなの?
奥さんにバレた。トゥームを犯人犯に仕立て上げてロリを殺そうとした。
今度は奥さんが出てきてロリを撃つ。それからツリーが撃たれそうになる。
グレゴリー先生はいきなり奥さんを撃つ。前からそうしたかったようです。
それから瀕死のロリとツリーを撃とうとする。
そんなとこにカーターが来てグレゴリー先生をとめる。ツリーは逃げる。

ツリーはMRI検査室に逃げ込む。あの強力な磁力が発生する検査機です。
スイッチをオンにするツリー。装置に張り付くグレゴリー先生。
とどめでドライバーを飛ばすツリー。これでグレゴリー先生は退場となります。

ロリはカーターが介抱してます。戻ったツリー。
ここは病院なので速攻で運ばれるロリ。何とか助かりそう。

ツリーとカーター。
実験の結果が出る時間が来たようです。病院の照明が点滅してる。
これでツリーは元の世界に戻れるのか。カウントダウンがゼロになります。
キスしたとこで戻るみたい。
白みから溶暗になります。

エピローグ
量子力学研究室にて。
何だか関係者全員がそろってます。学部長までいる。
そんなこんなでエンドになります。

後タイトル
スタッフの紹介

Jessica Rothe Tree Gelbman
Israel Broussard Carter Davis
Rachel Matthews Danielle Bouseman
Suraj Sharma Samar Ghosh
Charles Aitken Gregory Butler
Phi Vu Ryan Phan
Ruby Modine Lori Spengler
and
Steve Zissis Dean Roger Bronson
Sarah Yarkin Andrea 'Dre' Morgan
Laura Clifton Stephanie Butler
Missy Yager Julie Gelbman

A Blumhouse Production
A Christopher Landon film

Happy Death Day 2U

外にて。
ライアンとアンドレア。外の掃除をやってます。
他の面々も同じ作業をしてます。懲罰のボランティア活動なのか?
そんなとこにメンインブラックなクルマがやって来ます。
ライアンが指名されてます。他の面々も連れて行かれる。

立派な研究所にて。
実験装置がここに回収されています。パーカー博士から説明がある。
ライアンはこれの仕組みの説明で呼ばれたわけです。
肝心の被験者は誰?なります。成り行きでダニエルがいいとなる。

スクロールする後タイトル
スタッフ
キャスト
スタッフ

最後に一瞬Japaneseと出てます。
ユニバーサルの映画ソフトは色々と面白過ぎです。映画より面白い。


そんなわけで普通の続編映画のよい作品でした。


にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

2020.04.19

『マッド・ダディ』

このブラックコメディな映画の感想はネタバレ全開になっています。
ブライアン・テイラー監督、ニコラス・ケイジ、セルマ・ブレア主演の謎のブラックコメディのようです。

2017年 dove check productions limited/XYZ Films/The Fyzz Facility/Armory Films アメリカ作品
ランニング・タイム◆86分
原題◆Mom and Dad
プロット◆両親が子供を殺そうとして色々とある話しのようです。
音楽◆Mr. Bill
Music Department
Kristen Azevedo ... Music Business & Legal Executive
Charles M. Barsamian ... music legal services
Bill James Day ... composer: additional music
Ryan Gaines ... music supervisor
Jennifer Ham ... music coordinator

キャスト
ニコラス・ケイジ→パパのブレント・ライアン
セルマ・ブレア→ママのケンダル・ライアン
アン・ウィンターズ→姉のカーリー・ライアン
ザカリー・アーサー→弟のジョシュ・ライアン

ロバート・T・カニンガム→カーリーのボーイフレンド デイモン (as Robert Cunningham)
オリビア・クロシチア→カーリーの知人ライリー
サマンサ・レモール→ライリーのママ ジェナ

シャロン・ジー→家政婦のスン・イー
エイデン・ステックラー→スン・イーの娘リサ (as Adin Alexa Steckler)

ランス・ヘンリクセン→ベトナム戦争帰りの祖父メル・ライアン
レイチェル・メルビン→ママの妹ジーニー
ボビー・リチャード→ジーニーのボーイフレンド ダン

ブライアン・テイラー監督の演出はよいと思います。
全体的に風変わりなブラックコメディになってます。

ニコラス・ケイジはいつもの通りです。低め安定といった感じ。
セルマ・ブレアは引退同然だと思ったがそうではなかったみたい。

BS193 WOWOWにて。
画質はよいです。
スクイーズ収録のフル表示。
画面サイズはワイド。上下に黒味あり。
音声は AAC 3/2.1ch

番組一覧
音声は5.1chです。ニコラス・ケイジなのに。

Armory Films
The Fyzz Facility
XYZ Films
タイトル
Armory Films presents
an Armory Films production

in association with
dove check productions limited,
The Fyzz Facility and XYZ Films

Mom and Dad

starring
Nicolas Cage Brent
and
Selma Blair Kendall

featuring
Anne Winters Carly
Zackary Arthur Josh

Robert T. Cunningham Damon (as Robert Cunningham)
Olivia Crocicchia Riley
Rachel Melvin Jeanne

Joseph D. Reitman Homeroom Teacher
Samantha Lemole Jenna
Marilyn Dodds Frank Barbara
and
Lance Henriksen Mel
スタッフの紹介
タイトルバックは色々なシーンです。
踏み切りの真ん中で止まってる母子のクルマ。列車が突っ込んでくる。
歌も流れています。色々なシーンが入ります。

普通の建売住宅地にて。
主人公家族の自宅にて。
電話中のカーリー。相手はボーイフレンドのデイモン。
弟のジョシュがいきなり入ってきて文句を言うカーリー。

パパのブレント
ママのケンダル
姉のカーリー
弟のジョシュ

TVニュースでクルマに列車が衝突したのをやってます。
運転していたのは母親だった。

今夜はライリーと映画に行くと言いだすケアリー。
そういう方便はパパやママが若い時に言ってたので本気にされません。
今夜おじいさんとおばあさんが来るのでダメと言われてます。

ここはアジア系の家政婦が娘を連れて来ています。
ベトナム人ではなく中国人だと言ってます。これはおじいさんのベトナム戦争自慢があるのでそのような話しの流れになります。

話題になるジーニーはママの妹です。叔母と日本語字幕に出てる。
ジーニーが出産のなので付添でママが行く予定。

クルマで移動中のママとカーリー。
カーリーはスマホでSNSに夢中で会話がありません。
そんなわけで口論になってます。

自宅にて。
ジョシュはパパと遊んでいます。しかしパパの様子が一瞬おかしくなる。
スン・イーとリサ。中国人家政婦親子の名前です。

そんな感じでパパとママは殺意をため込んでるいるみたい。
パパはフラッシュバックで若い頃を思い出す。クルマでドリフトとおっぱいです。

今乗ってるクルマはトヨタです。カムリなのか?
→2015 Toyota Camry [XV50]
出勤するパパ。

学校にて。
ライリーはスマホを先生に没収される。
芋づる式でSNS相手のカーリーのスマホも没収される。

自宅にて。
ジョシュは遊んでます。
ガレージにはファイヤーバード・トランザムが置いてあります。パパの愛車だ。
→1979 Pontiac Firebird Trans Am
車内に箱を隠してるジョシュ。どうやら隠れて猫を飼ってるのか?シリアルだけどエサをやってます。
しかしパパに見つかってクルマに触ったなと激怒されています。まあそうなる。猫は死んだみたいだし。

エアロビ教室にて。
ここに通ってるママ。ママ友がいます。

カフェにて。
ママとママ友。愚痴が多い。
財布からお金が無くなる。ママ友は娘のライリーが抜いてると言ってます。
そうなるとママにも心当たりがある。カーリーがお金を抜いてる。

学校にて。
製品の寿命の操作について講義する先生。長髪ポニーテールのオッサンです。
計画的陳腐化と称してます。よくあるパターンです。
他には付加価値商法とか。独自規格で独占商法とかあります。うんざりする。
そんなとこに先生に内線電話です。ペナが呼ばれる。外にはパトカーが来てる。
また内線電話です。ジェンセンが呼ばれる。これは普通ではない。

テストの教室にて。
ボーイフレンドのデイモンがいます。鉛筆が折れたので取りに行く。

トイレにて。
2人で抜いたカネを合わせて薬を買ってるライリー。

学校全体が騒然としてます。スクールバス付近に人が集まってる。
マッケンナのママが捕まってる。何をした?

テストの教室にて。
デイモンは終了20分前に答案用紙を提出して教室を出る。

学校に親たちが押しかけてパトカーが出動してるようです。
エバンという生徒が呼ばれたので門を越えた。速攻でクルマのキーで刺されている。
親たちも校内に入り込んで大騒ぎになります。ゴミ袋を被されて窒息する生徒。アメフトのヤード計測ポールで刺されるのもいる。

カーリーとライリー。
クルマで逃げようとしてます。親たちが来たけどやり過ごすだけで済んだ。
→Land-Rover LR4 [L319]

自転車で移動中のデイモンは父親の自宅に来てます。
アマンダと呼んでます。誰なんだ?父親の再婚相手か?
ゴミを片づけているデイモン。いきなり父親に殴打されるデイモン。
次は酒ビンです。まずは割って凶器にしてる父親。これは大変。
切りつけられてケガするデイモン。
しかし父親は転んで凶器を咽に刺してしまい退場となります。

クルマに乗り込んだママ。
→2015 Chevrolet Suburban [GMTK2YC]
財布のお金が無いと確認してるママ。
メディアデザインの名刺が取り出す。回想になります。

タナー・リー社長と面談のママ。
ママの名前は日本語字幕でケンダルと出てますが発音はケンドールに近い。
15年前結婚退職したママ。また働かせてくれとなるがやんわりと断わられる。
趣味を探せと言われてます。

クルマ内で泣いてるママ。
電話してます。病院で会いましょうとなってます。
突然通過したパトカーにビックリしてるママ。

クルマで移動中のカーリーとライリー。

ライリーの自宅にて。
ここに入るカーリーとライリー。
TVニュースを見るカーリー。この騒ぎは全国的に起きてるらしい。
ライリーですがマリファナを吸ってます。
ブレーキングニュースでは親たちが凶暴化して我が子を殺害する事件が起こってる。

ライリーは2階に上がってママのとこに行くが・・・

TVニュースにて。
親の子殺しは家畜では普通ですと解説するオッサンが出ています。面白い。
日本でも池袋クルマ暴走死傷事件でこのクルマはトヨタ・プリウスですと連発した解説のオッサンがいたらしい。トヨタ様に失礼なので二度と呼ばれなかったと思う。

カーリーはライリーを探しに2階に行きます。
ライリーはもうママに絞殺されていました。これはビックリのカーリー。
平然としてるライリーのママ。

病院にて。
ママが妹と付添に来てます。TVニュースは流れいてます
妹ジーニーの旦那というかボーイフレンドの名前はダン。
ダンをカメラ持参です。YouTuberなのか?
そんなこんなで大騒ぎになりますが無事に出産してます。
で、ここのモニターが砂嵐になる。
ジーニーが赤ちゃんを抱かせてとなるが何だかおかしい。そのまま絞め殺す勢い。
また大騒ぎになってママが赤ちゃんを保護してます。

建売住宅地にて。
カーリーは走って逃げてます。
そんなところに金属バットを持った太ったオッサンと遭遇する。
素振りでフルスイングすると金属バットから血が飛び散る。
ボーイフレンドのデイモンがカーリーを助けに来ました。
太ったオッサンはほっといて自宅へ行こうと言うデイモン。
黒味になります。

会社にて。
パパは仕事中で寝ている。
ようやく起きたがカーリーやママの電話をつなぐなと秘書に言ってる。

病院にて。
ママはまだ赤ちゃんを抱えてています。
看護師が来て赤ちゃんを保護すると説得されてようやく渡す。
保育器が並んでる病室の外で赤ちゃんを眺めてる男たちのシーンが入ります。

自宅にて。
ママから電話です。家政婦のおばさんは異常なしと答える。

カーリーとデイモンは近くで伺ってます。
家政婦のクルマがあります。ホンダです。
→2003 Honda Element [YH]
弟を連れて早く逃げるんだとアドバイスするデイモン。

帰宅するカーリー。デイモンもいる。
家政婦のおばさんはモップで床を掃除してます。それはいいけどモップが血まみれです。
どうやら娘を片づけて床掃除の最中だったようです。これはビックリのデイモン。

カーリーはようやく自室ベッド下に隠れるジョシュにコンタクトする。
リサが大変だと話すジョシュ。家政婦のおばさんの娘のことです。

その家政婦ですがクルマで帰り入れ替わりでパパのクルマが帰ってきた。

いきなりデイモンとご対面のパパ。当然絡んできます。
それはいいけど他人の子供には殺意を抱くのか?それはないみたい。
デイモンに絡むのは娘のボーイフレンドだからです。

カーリーとジョシュがパパの前に出てきます。そうなるとどうなる。
いきなり襲いかかるパパ。これは大変。デイモンが止めて格闘アクションになります。
カーリーとジョシュは逃げてます。いいのか。

3週間前と出て回想になります。
地下室は何だか散らかってます。何かが壊されたように。

ビリヤード台を組み立ているパパ。水準器で水平を出してます。そうしないとビリヤードするのに使い物にならない。
ママに見つかって言い訳するパパ。週6日働いてるとか。
口論なってヤケを起こしてビリヤード台をハンマーで破壊するパパ。
昔はよかったと嘆いてるパパ。ママも愚痴が出ています。
若い頃はブレントとケンドルだった。今ではパパとママだ・・・

ママがクルマで移動中。これは現時点に戻ってます。
帰宅するママ。

パパが倒れています。介抱するママ。
地下室にいるとパパ。何がいるってそれはカーリーとジョシュだ。

地下室にて。
猫なで声で子供を呼ぶママ。説得して出てくるようにする段取り。
財布からお金を盗んだと告白してるカーリー。あまり気にしてないママ。
ライリーに必要なカネだったとまだ言ってるカーリー。

そんなところにパパが来て激昂して説得作戦は中止になります。
ドアを開けろの乱打するパパ。当然ドアを開きません。

説得と脅しは失敗した。ママは何をする?
工具を使います。電動ノコギリを出してます。チェーンソーではない。
ドアに切れ目が入りますがあまり進まない。

パパですがベッド下に隠してあるとっておきのハンドガンケースを開ける。
しかし中は空っぽです。驚愕するパパ。

その頃地下室の中からジョシュがドア越しにハンドガンを撃ってた。
ママは腕を打たれて悲鳴をあげる。

そんなわけで駆けつけるパパ。
ママから何でハンドガンなんて買ったとなじられる。護身用だとパパ。
で、ケースの暗証番号は?→ジョシュの誕生日だとパパ。123456よりはマシだけどジョシュには破られる暗証番号だった。

まずはママのケガの手当てをするパパ。とても痛いので大変だ。
弾丸は抜かずというか貫通銃傷なのか?とにかく消毒して包帯を巻いてます。普通です。

カーリーはとりあえず地下室に立てこもって時間が経てば何とかなるという段取り。
そのようにジョシュに説明する。

その頃パパとママは工具が漁ってます。
どうやらコンロのガス管からホースでガスを引いて地下室窓から流し込むようです。
こういう時にはダクトテープが役に立ちます。
窓にホースをダクトテープで止めてスコップで土をかけて封印します。
ママはパパに合図してガスを全開にさせてます。それでどうなる。

デイモンですが倒れたまま。死んでるのか?

ママはドアの穴をガス漏れしないように。ダクトテープで塞いでます。
ここを内側から伺ってるカーリー。小さい穴に指を突っ込むといきなりママの包丁で飛び出てビックリしてます。危ないとこでした。

パパとママはガスを流し込んだので待ち時間になってます。
裏のゴミ箱にリサの死体が入っていたと話すママ。

時間の経過のシーンが入ります。コマ落としで雲が流れる。

カーリーとジョシュですが咳き込んでます。これは大変。
出口を探すカーリー。壁の通風口のパネルを外す。
通風口というか壁の隙間になってます。ここに入り込むカーリー。
マッチを見つけるカーリー。ドアにマッチをセットします。ドアを開けるとマッチがすれて発火するようにダクトテープで固定します。ダクトテープは便利だ。

パパとママは咳き込む声を聞いてそろそろいい感じだと判断してます。
もうドアを開けようとするパパ。電動ノコギリで小穴を開ける。
ママは台所に行って包丁ではなく肉用ハンマーを選択する。

カーリーとジョシュは壁の隙間を通って避難中。

パパが思い切りドアを開けたらマッチが発火して大爆発となります。
ママは少し離れていたので直撃は受けず。
黒味になります。

ママは何とか無事です。パパは?
ガス爆発とは関係ないがデイモンも無事でした。気がついてます。

ママはハンマーを持って移動する。カーリーとジョシュに遭遇する。
2階の部屋に逃げたカーリーとジョシュ。

突然回想でカーリーの子供の頃になります。
ママの化粧品を勝手に使ったカーリー。ママは叱らず優しくメイクしてくれる。

回想から戻るとママはドアを開けてハンマーで襲いかかる。
ママの傷口に噛み付いて反撃してるカーリー。デイモンがママを止める。
そんなこんなでママをクローゼットに閉じこめてます。

会話からデイモンの両親は離婚したとわかります。そうなるとアマンダは後妻なのか?と余計な推測をしてしまう。
いきなりママがクローゼットの開いた隙間から攻撃してきます。武器はバラしたワイヤーハンガーです。デイモンのほっぺたを貫いて口から出てる。痛そう。
それからデイモンはハンマーで殴打されて2階からホールに転落する。
とにかく逃げるカーリーとジョシュ。

パパが復活して電動ノコギリで迫ってきます。これは大変。
今頃になってママのことを空っぽの人生と言ったことを謝罪してるカーリー。

唐突に玄関の呼び鈴が鳴ってます。今日はおじいさんとおばあさんが来る日でした。
そうなるとそれがオチかいとなる展開です。

おじいさんとおばあさんはパパを攻撃する。
おばあさんは唐辛子スプレー。おじいさんはナイフです。
ランス・ヘンリクセンのおじいさんなのでとても強そうです。
そんな感じで大騒ぎになってます。
ついでにおばあさんはママをアバズレ呼ばわりしてこき下ろす。

ファイヤーバードのセリフから回想が入ります。
このクルマはおじいさんがベトナム戦争年金で買った虎の子のクルマだった。
パパはキーを盗んでガールフレンドとドライブに行った。
ちなみにガールフレンドは今のママとは別人です。で、ドリフトとおっぱいで事故った。

それから事故ったクルマを買い取り。バイトでカネを返した。クルマは自分で直した。
そんなわけでこのファイヤーバード・トランザムには思い入れがあり手放せない。

クルマに立てこもったジョシュを攻撃するパパ。思い入れはどうした。
危険なのでとにかくエンジンをかけるジョシュ。かかった。
おじいさんが来てパパの足をナイフで刺したりしてます。にぎやかです。
格闘アクション中でもベトナム戦争自慢してるおじいさん。さすがだ。

その頃おばあさんを振り切ったママはカーリーをハンマーで襲う。
またおばあさんがママを襲ったりしてにぎやかです。

クルマが暴走しておばあさんがやられて退場となります。
おじいさんはどうかなったみたい。よくわからん。
デイモンをママを殴打して何とかしてる。
黒味になります。

エピローグ
縛られているパパとママと対峙するカーリーとジョシュ、それにデイモン。
ロープを解いてくれと訴えるパパとママ。それは出来そうない。
パパはどうしようもないんだと訴える。まだ殺意はあるみたい。
唐突に黒味がが入りエンドとなります。

後タイトル
Mom and Dad
a film by Brian Taylor
スクロールする
スタッフ
キャスト
スタッフ


そんなわけでブラックコメディのよい作品でした。


にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

より以前の記事一覧

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。