映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« 『金星怪獣の襲撃 新・原始惑星への旅』 | トップページ | 『アンダルシアの犬』 »

2010.12.29

SHOWBIZ COUNTDOWN 2010.12.27(月)

◆地上波デジタルTXテレビ東京にて放映のSHOWBIZ COUNTDOWNの感想です。
◆ネタバレはあると思います。

◆オープニングテーマのビデオクリップ
◆Tokio Hotel、『Darkside of the Sun』

◆U.S.A. BOX OFFICE TOP10
◆6週目10位が Megamind (2010) トム・マクグラス監督 ドリームワークス製作の3D CGアニメ。VCがウィル・フェレル、ティナ・フェイのTV『サタデー・ナイト・ライブ』のコメディアンコンビ。他にジョナ・ヒル、ブラッド・ピットが担当しているようです。正義のヒーローを倒してしまった悪役が悪戦苦闘する話しのようです。興行収益累計が1億4000万ドル。
◆6週目9位が『デュー・デート〜出産まであと5日!史上最悪のアメリカ横断〜』 Due Date (2010) トッド・フィリップス監督、ロバート・ダウニーJr.、ザック・ガリフィアナキス、ミシェル・モナハン、ジェイミー・フォックス、ジュリエット・ルイス出演のロードコメディ、『大災難P.T.A.』(1987年)みたいな作品のようです。興行収益累計が9400万ドル。結構長くTOP10入りしています。
◆3週目8位が Love and Other Drugs (2010) エドワード・ズウィック監督、アン・ハサウェイ、ジェイク・ギレンホール主演のロマンティック・コメディ。パーキンソン病のヒロインとバイアグラのセールスマンが知り合って色々とある話しのようです。興行収益累計が2700万ドル。興業はまあまあで演技は高く評価されてるそうです。主役2人の会話シーンでは細かく切り返しのカットバックをやっています。このぐらいが普通なんです。
◆3週目7位が『バーレスク』 Burlesque (2010) スティーヴン・アンティン監督、シェール、クリスティーナ・アギレラ主演のミュージカル。興行収益が3200万ドル。批評は悪く。興業もそんなによくはない、ですがミュージカルなのは評価出来る。今週ののハイライトはシェール姐さんの歌です。
◆2週目6位が『ブラック・スワン』 Black Swan (2010) ダーレン・アロノフスキー監督、ナタリー・ポートマン、ミラ・クニス、バンサン・カッセル主演でウィノナ・ライダーも出てるバレエ映画でサスペンスとなっているらしい。興業収益は500万ドル。公開館数が少ない割りには興行収益がいいそうです。で、そうかこれは少女マンガみたいにトゥシューズに画鋲を入れる話しだ。ハイライトシーンを見てると何だかマジでそんな感じ。SFも入ってる?、主演の女優さん2人は背は低そうです。ところでナタリー・ポートマンはいまだに13歳ぐらいにしか見えません。ダーレン・アロノフスキー監督もレイチェル・ワイズと別れてとうとう悪運も尽きるだろうね。そうなってほしい。ところでこの作品は今敏監督の『PERFECT BLUE パーフェクト ブルー』(1998年)と同じ設定だそうです。例によってハリウッドスタイルでダーレン・アロノフスキー監督はそんな作品は知らないと言っています。知ってるくせに知らないと称している。いつものことです。
◆5週目5位が『アンストッパブル』 Unstoppable (2010) トニー・スコット監督、デンゼル・ワシントン、クリス・パイン主演の列車アクション。ロザリオ・ドーソンも出てる。無人列車が暴走して人口密集地に突入する。これを止めようと悪戦苦闘する話しのようです。興行収益累計が7400万ドル。結構ヒットしているようです。
◆4週目4位が『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』 Harry Potter and the Deathly Hallows: Part I (2010) デビッド・イェーツ監督、ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン主演のファンタジーアクション?。興行収益累計が2億5000万ドル。今週もアイテムを集めればどうのこうのとやっています。
◆3週目3位が『塔の上のラプンツェル』 Tangled (2010) バイロン・ハワード、ネイサン・グレノ監督のディズニーの3D アニメ。ディズニーというよりピクサー作品でしょう。executive producerがジョン・ラセター。アラン・メンケンが音楽。VCがマンディ・ムーア、ザカリー・リーバイ、ロン・パールマン、リチャード・キール、ドナ・マーフィ。興行収益累計が1億1000万ドル。今週のハイライトは主人公と馬のドツキ漫才です。
◆1週目2位が『ツーリスト』 The Tourist (2010) フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク監督、ジョニー・デップ、アンジェリーナ・ジョリー主演の巻き込まれサスペンスのようです。列車では『北北西に進路を取れ』(1959年)で,ホテルでは『海外特派員』(1940年)が入ってます。これは主演2人がいいから監督がまともに演出すればヒットするでしょうと思ったがあまり興業はよくないようです。興行収益が1600万ドル。製作費1億ドルなので興業は悪い。フランス映画『アントニー・ジマー』(2005年)のリメイクだそうです。それよりヒッチコック映画の寄せ集めに見える。出来がよければそれもそれでいいけど。ポール・ベタニーが捜査官役で出ています。
◆1週目1位が◆『ナルニア国物語 第3章 アスラン王と魔法の島』The Chronicles of Narnia: The Voyage of the Dawn Treader (2010) マイケル・アプテッド監督、ジョージー・ヘンリー、ベン・バーンズ、ゲイリー・スウィート、スキャンダー・ケインズ主演のファンタジーシリーズの第3弾のようです。興行収益が2400万ドル。3D興業の割りには期待外れな興業だそうです。それでもアメリカ以外の興業はいいらしい。ハリー・ポッターのバリエーション?。なるべく公開時期がバッティングしないようにしてるのでしょう。津波のシーンは『帰ってきたウルトラマン』(1971年)か?。ところで製作会社はどこ?、ワーナーはハリー・ポッターだから違うはず。

◆Movie Topics
◆ Little Fockers (2010) ポール・ワイツ監督、ロバート・デ・ニーロ、ベン・スティラー、ダスティン・ホフマン主演でおなじみの「ミート・ザ・ペアレンツ」シリーズ第3弾。何故かジェシカ・アルバも出ています。主人公の嫁さん役の女優さんが全く目立たなくて誰も知らないのが面白い。テリー・ポロだっけ?

◆Mobile Movie TOP10 (BeeTV調べ)
◆ドラマ 2010年年間ランキング。よくわからん。

◆Music Topics 私は音楽ネタの方はサッパリです。
◆映画の邦題もイマイチなのが多いけど、洋楽の勝手な邦題はホトンド許しがたいレベルに達しています。そんなわけで原語表記にしています。カタカタ表記は1文字でも異なると検索が出来ないし・・・
◆日本語の歌詞さえロクに聞いていないので英語の歌詞がわかるわけがない。それに日本ではメッセージソングが実質的に禁止されてるから歌詞に意味がないのは当然かもしれない。
◆外人の喋る英語は全然わからないし、外人が日本語を喋ってるのを聞くと何故かムカつく。この鎖国システムはよく出来てます。

◆P!nk、ビデオクリップが『Raise Your Glass』、キャリア10年のベストアルバムが『Greatest Hits』
◆Michael Jackson、ビデオクリップが『Hold My Hand duet with Akon』、音源が見つかったと称している最新アルバムが『Michael』

◆エンディングテーマのビデオクリップ
◆Ke$ha、ビデオクリップが『We R Who We R』

◆国内映画TOP10は相変わらずです。なんだかわからん。
◆ヒットしているとは思えない実写日本映画が大量に入ってます。ところで、アニメと仮面ライダーシリーズがなかったら日本映画業界はやっていけず崩壊します。
◆なんかいつもTOP10の割合が決まっている感じ。アメリカ映画、アニメと仮面ライダー、実写の日本映画とそんな感じ。
◆この興業通信社調べの国内映画TOP10ランキングですが信用度はオリコンやビデオリサーチと同じ程度でしょう。つまり数字は操作し放題で信用度はゼロということです。
◆現在の日本映画は驚くほど影響力がない。これはホントのことです。
◆現在の日本映画をカネを出して劇場まで見に行くことに感心します。現在の日本映画を見て感動したり褒めることに感心します。現在の日本映画の感想をわざわざ書くことに感心します。これらをよくそこまで出来るとまた感心します。

◆SHOWBIZ NEWS
◆ウィノナ・ライダーがユダヤ系であることを理由にメル・ギブソンから差別的発言を受けたことを暴露。何だか他にいくらでもあるような感じ。
◆バネッサ・ハジェンズとの破局が報じられたザック・エフロンに早くも新作の共演者テイラー・シリングとの交際の噂。色々と忙しいようです。
◆ジェイク・ギレンホールがテイラー・スイフトの誕生日に10万ドルのダイヤのプレゼントを贈る。色々とつぎこんでるようです。
◆シンガーのアッシャーがライブ中にファンの女性にハイヒールで顔を蹴られ翌日の公演をキャンセル。何だかわからん。

◆SHOWBIZ QUIZ
◆ナタリー・ポートマンがゴールデン・グローブ賞の候補になった最初の映画は?、これはわからん。ナタリー・ポートマンの作品は『Vフォー・ヴェンデッタ』(2006年)ぐらいしか見ていないのでわからん。『レオン』(1994年)ではないと思うし。→正解は『地上より何処かで』(1999年)でした。これは未見です。

« 『金星怪獣の襲撃 新・原始惑星への旅』 | トップページ | 『アンダルシアの犬』 »

SHOWBIZ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき 」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75473/50432903

この記事へのトラックバック一覧です: SHOWBIZ COUNTDOWN 2010.12.27(月):

« 『金星怪獣の襲撃 新・原始惑星への旅』 | トップページ | 『アンダルシアの犬』 »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。