映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« 『アンダーワールド:ビギンズ』 | トップページ | SHOWBIZ COUNTDOWN 2010.10.18(月) »

2010.10.17

『ドゥームズデイ』

この作品はニール・マーシャル監督、ローナ・ミトラ主演の近未来SFアクションのようです。
なおこの文はネタバレ全開となっています。

2008年 Scion Films/Crystal Sky Pictures/Intrepid Pictures/ローグ・ピクチャーズ 英国=アメリカ=南アフリカ=ドイツ作品
ランニング・タイム◆113分
原題◆Doomsday
プロット◆封鎖地帯に入って悪戦苦闘する話しのようです。
音楽◆タイラー・ベイツ
ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント発売のDVDにて。画質はよいです。スクイーズ収録のフル表示。画面サイズはワイドで上下黒味あり。

キャスト
ローナ・ミトラ→エデン・シンクレア隊長
ボブ・ホスキンス→上司のビル・ネルソン
アレクサンダー・シディグ→ハッチャー首相
デビッド・オハラ→マイケル・カナリス首相補佐
エイドリアン・レスター→ノートン軍曹
ノラ=ジェーン・ヌーン→操縦士のリード伍長
リック・ウォーデン→操縦士のチャンドラー
レスリー・シンプソン→機銃士のカーペンター
クリス・ロブソン→機銃士のミラー
ダーレン・モーフィット→若いスターリング博士
ショーン・パートウィー→中年のタルボット博士
エマ・クレズビー→母のキャサリン・シンクレア
クリスティン・トムリンソン→子役のエデン・シンクレア
マルコム・マクダウェル→マーカス・ケイン博士
マイアンナ・バリング→マーカス・ケイン博士の娘カリ
クレイグ・コンウェイ→パンク軍団のボス ソル
リー−アン・リーベンバーグ→ソルの情婦バイパー
マーティン・コンプストン→弓と汽車のジョシュア


ニール・マーシャル監督の演出はよいと思います。
全体的にだれるとこがなくまとめられています。どこかで見たようなシーンも多いけどそんなに気にならず。

キャストは結構いい。
ローナ・ミトラはいい感じでした。
ノラ=ジェーン・ヌーンさんは全くいいとこがなくすぐに退場してしまうのが惜しい。


プロローグ。
グラスゴー 2008年04月03日
イングランドとスコットランドの境界にて。
ゾンビというか感染者がぞろぞろ出ています。
避難する人々に感染者が1人交じってて兵隊が発砲しこれをきっかけに暴動となります。
兵隊達はバリケードの外にでてしまいます。閉じた扉を溶接して封印しています。
ヘリコプターで脱出のところに母子連れが助けを求めに来て子供だけが乗せられています。
子供の名前はエデン。ヘリコプターは飛び去ります。
スコットランドは壁と機雷に囲まれて完全に隔離となったようです。そんなわけでスコットランドは忘れ去られます。
壁の中はひどい状態となっているようです。

ロンドン 2035年。現在。
時代設定は近未来のようです。
助けられたエデンが主人公のヒロインになるようです。

港にて。
船を手入れする警察だか特殊部隊の2人。
人身売買の組織らしい。船倉には人が一杯入ってる。
ローナ・ミトラ扮するエデン・シンクレアは取り外し可能な右の目玉を投げて偵察に使ってるようです。ゲゲゲの鬼太郎ではない。
人質に取られた相棒マイケルソンが暴発で頭を吹き飛ばれてしまいます。すかさず組織の男を撃つエデン・シンクレア。
ここのシーンは腕時計型モニタ兼レコーダーで録画して証拠にしています。

一仕事を終わったとこでボブ・ホスキンス扮する上司のビル・ネルソン長官が来ます。
タバコはある?と聞くエデン・シンクレア。これはあとでもたびたび出てくるセリフです。元ネタは『要塞警察』(1976年)だと思う。
エデン・シンクレアはママがヘリコプターで渡した住所のかかれた封筒を大事に持っています。

ロンドン封鎖地区にて。スラム街。
警察の手入れです。踏み込んだらそこは感染者で一杯でした。違うとこに踏み込んでしまったようです。これは大変となります。

当局にて。
ハッチャー首相にマイケル・カナリス首相補佐がこの件を報告してます。
ビル・ネルソン長官が呼ばれます。
会議になります。
ジェーンという広報担当のような人が説明しています。
ロンドンの感染地帯を封鎖して隔離するとなります。
隔離といえばスコットランドに偵察衛星が入っていてその衛星画像が見せられます。
3年前からグラスゴーに生存者がいると証拠の画像があります。
ハッチャー首相は何となくインド系なのが面白い。まあ普通はそうなるだろうな。
48時間で何とかしろとなります。
で、適任者がいるとビル・ネルソン長官。

クルマを走らせながら打ち合わせとなります。
運転するビル・ネルソン長官に聞いてるエデン・シンクレア。
このシーンは何となく『機動警察パトレイバー2』(1993年)みたいです。
この内閣は実質的にはマイケル・カナリス首相補佐がハッチャー首相を操っていると言ってます。
大事な封筒をビル・ネルソン長官に預けています。

ヘリコプターに乗り込むエデン・シンクレア。
マイケル・カナリス首相補佐がいて打ち合わせとなります。
マーカス・ケイン博士を探してワクチンを手に入れろと指令です。
治療薬がないとロンドンが死ぬと脅かしています。
で、GPS発信機を持たされています。
言うだけ言ってマイケル・カナリス首相補佐は降りてヘリコプターは発進します。

ロンドン封鎖地区にて。
隔離となっています。

スコットランドとの境界の壁に付くヘリコプター。
特殊部隊と合流するエデン・シンクレア。
黒人のノートン軍曹、副長格。
壁のドアからまず中に入る。まだその先にも壁があります。

隊員がそろいます。
操縦士のチャンドラー。
操縦士のリード伍長
機銃士のミラー。
機銃士のカーペンター。
中年のタルボット博士。
若いスターリング博士。

8輪装甲車が2台。
封印されてる内側の扉の溶接をディスクグラインダーで削って開けています。
発進します。
装甲車が入ってたらまた扉を溶接しています。

夜の道路を走ります。グラスゴーまで32キロの標識があります。
まわりに何かがいます。牛の群れでした。牛は生きてるようです。
マーカス・ケイン博士の話しが出ています。

何事もなく進んでグラスゴーには到着したようです。
ライン・オブ・ファイヤー=標的をめがけて弾丸を飛ぶ空間。ここに決して立たないことと博士2人に言ってる隊員。何かの伏線か?

廃虚の病院に入ります。
エデン・シンクレアは偵察の目で見ながら進行しています。だからヘルメット内の右目にはアイパッチをしてあるわけです。
ところで目は両方ないと遠近感が取れなくて不利なんですけど。そこは無視しています。

装甲車に残っているのはチャンドラーとリード伍長。

廃虚の病院にて。
博士2人も同行しています。

装甲車の外に女が倒れているとチャンドラーから連絡が入る。
ほっとけという指令を無視して救出するチャンドラー。

廃虚の病院にて。
そんなとこにいきなりパンク軍団が大勢出現してアクションとなります。

1号装甲車の方は火炎瓶攻撃を受けています。
チャンドラーは生き返った女に咽をナイフで掻き切られています。これで1号装甲車を失います。

廃虚の病院ではエレベーターで降りようとなります。
どうするのかと思ったらワイヤーを切ってゴンドラ内を発泡体で満たして急降下しています。
で、勢いによく降りたとこで2号装甲車と合流となります。
これからが大変です。果してどうなる。

2号装甲車の操縦士がクロスボウで狙撃されてやられます。
これで2号装甲車は転覆横転して止まります。
外に出て応戦するけど何しろ数が多い。キリがない。
1人やられて取り囲まれてエデン・シンクレアは捕まります。
他は逃げたようです。
ボスらしい女が来てエデン・シンクレアに何とか言ってます。

パンク軍団のアジトにて。
吊るされているエデン・シンクレア。黒のタンクトップに黒のパンツボトム。
ボスのソルがいて色々と言ったり殴ったりなります。

無事に逃げた残りは2人になったようです。
ノートン軍曹と若いスターリング博士。

パンク軍団のボス ソルとマーカス・ケイン博士は敵対しているようです。
ソルは壁の外に出たいのでエデン・シンクレアを案内役にするつもりらしい。
ソルの情婦みたいな女にGPS発信機を壊されます。さてどうなる?

パンク軍団のアジトのホールにて。
サーカスのようなロックコンサートのような出し物となります。
ボスのソルを演説して捕まった誰だかわからん隊員が生きたまま火あぶりにされて食われます。

監獄にて。
エデン・シンクレアは看守のピアスをつかんで脅してドアを開けさせます。
大事な腕時計を持っている男も片づけて腕時計を回収します。
別に捕まってる女が「出してくれ条件はマーカス・ケイン博士の所に案内する」と言ってます。自分はマーカス・ケイン博士の娘カリと名乗ってる。

そんなとこで情婦が現われてエデン・シンクレアとチャンバラアクションとなります。
ここはなかなか上手く描写しています。で、ようやく情婦を片づけてカリと逃げます。
ノートン軍曹と無線連絡をとり合流することにします。

駅のホームにて。汽車があります。
弓矢を持っている若い男ジョシュアがいます。

ノートン軍曹とスターリング博士は一生懸命走って逃げています。
2人を追うクルマやバイクのパンク軍団。
間一髪で何とか汽車に乗り込みます。
エデン・シンクレア、ノートン軍曹とスターリング博士、カリとジョシュア。
これで5人になりました。

ところでこの汽車でどこに行く?
5人は汽車を降ります。丘陵地帯を徒歩で移動です。

ベンクラニッチ記録庫。洞穴利用の軍の倉庫です。
ここの内部を進みます。
また表に出ます。森の中に出ました。

テラモンが来るから逃げようと進言するカリとジョシュア。
迎え撃つ用意のエデン・シンクレアとノートン軍曹。
馬に乗った黒い鎧の騎士が来ました。これがテラモンだと。
捕まってマーカス・ケイン博士のところに行くことにするエデン・シンクレア。
逃げていたカリとジョシュアですがジョシュアがアッサリと弓矢で撃たれて退場となります。
捕まるスターリング博士とカリ。

お城に着きます。ここがマーカス・ケイン博士のいるところです。
いよいよマーカス・ケイン博士とご対面です。
話し込みますが特効薬やワクチンというわけではなく結局免疫があるから生き残れたとなっています。

ロンドン隔離地区にて。
感染が広がっています。何故か感染者の1人が指紋と瞳の関門をくぐり抜けて政府上層部のとこに侵入してきます。
射殺したが返り血を浴びるハッチャー首相。隔離となります。

お城にて。
カリがお仕置きの焼きごてを押されています。
続いてエデン・シンクレアもやられたのか?よくわからん。

このへんはやたらお城とロンドンがカットバックしています。

首相はリボルバーで自殺しています。
ちゃんと英国御用達の中折れ式のリボルバー エンフィールドを使っています。

お城にて。
マーカス・ケイン博士とエデン・シンクレアが話し込む。
何で逃げたとか言っているマーカス・ケイン博士。演じるマルコム・マクダウェルは適当に流してる?ようです。大御所なので文句は言われないんでしょう。
で、エデン・シンクレアは暗いとこからいきなり外に出されて処刑人の黒い鎧の騎士と武器無しの丸腰で対決させられます。
さてどうなる。見物人が大勢います。

捕まってるノートン軍曹とスターリング博士は隙を見て脱走となります。
カリを連れて3人で逃走となります。

処刑所近くの塔がいきなり大爆発。
エデン・シンクレアは何とか黒い鎧の騎士を仕留めます。
ここも見せ場のアクションのようです。ローナ・ミトラは編集とスタントに助けられていますがよくやっています。

何だかんだで4人は馬で脱出となります。
結局薬の方はどうした?、これは後でわかります。
馬を降りてまた森の出入り口からベンクラニッチ記録庫に入ります。

ベンクラニッチ記録庫の予備電源を入れます。
灯が点きました。記録を見て使える装備を探します。
コンテナを開けるとクルマが入っています。マジ?動くの?
このクルマは何だ?どうせ英国のしょうもないクルマでしょう。どこのタイアップ?
→調べるとこのクルマはベントレーktkrのようです。

携帯電話も探して手に入れます。電波の規格は?つながるのか?英国では1回決まった規格は長く変わらんのか?

映画なのでガソリンを入れただけでクルマはちゃんと動きます。脱出のとこでノートン軍曹が弓矢でやられます。サブキャラはつらい。退場となります。

地下道をすっ飛ばしているベントレーktkr。道路がちゃんとあり橋もちゃんと通っています。
グラスゴーまで90キロの標識。
携帯電話をシガーライターソケットにつないでビル・ネルソン長官の携帯電話にかけています。これが映画だからつながるんだな。

パンクなパトカーが追っかけてきます。
カーアクションとなります。
その先にはパンク軍団のクルマが大勢います。
前にも後にもいる。挟み撃ちとなりますがチキンゲームに勝ってアッサリと突破しています。
ベントレーktkrの中にソルが乱入してアクションとなります。

道路を横向きに止まってふさいでるパンクなバスを強行突破します。
このシーンは『マッドマックス』(1979年)でのプロローグの有名なシーンそのまんまです。まあいいけど。
よくクルマ ベントレーktkrが大丈夫です。そこは映画だから。タイアップだし。

ヘリコプターが降下してきます。
マイケル・カナリス首相補佐がいます。
録画装置をオンにして交渉のエデン・シンクレア。
カリとスターリング博士を引き渡します。免疫のあるカリがワクチンの見本です。
残るエデン・シンクレア。どこへ行く?それは自分の生家です。

生家にて。
エデン・シンクレアがいます。ビル・ネルソン長官が来ます。
大事な封筒を渡そうとするが要らないとエデン・シンクレア。
ビル・ネルソン長官は古いヘリコプターできていたようです。またここに残るらしいエデン・シンクレアはクルマで去ります。

クルマから降りたエデン・シンクレアはパンク軍団の前に立つ。
ソルの首を放り投げて私が新しいボスだと示すエデン・シンクレア。
エンドとなります。


そんなわけで他の作品からの寄せ集め描写ですが出来は悪くない作品でした。
こういう作品は嫌いではない。要は元ネタをスポイルすることなく嫌味なく出来がよければ引用してもいいのです。



« 『アンダーワールド:ビギンズ』 | トップページ | SHOWBIZ COUNTDOWN 2010.10.18(月) »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75473/49770161

この記事へのトラックバック一覧です: 『ドゥームズデイ』:

« 『アンダーワールド:ビギンズ』 | トップページ | SHOWBIZ COUNTDOWN 2010.10.18(月) »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。