映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« SHOWBIZ COUNTDOWN 2010.10.25(月) | トップページ | 『ファイナル・デッドサーキット』 »

2010.10.30

『ファイナル・デッドコースター』

この作品はジェームズ・ウォン監督、メアリー・エリザベス・ウィンステッド、ライアン・メリマン他主演の不条理サスペンスのようです。
なおこの文はネタバレ全開となっています。

2006年Matinee Pictures/Practical Pictures/Hard Eight Pictures/ニューラインシネマ アメリカ作品
ランニング・タイム◆93分
原題◆Final Destination 3
プロット◆何だかよくわからん死に方をする話しのようです。
音楽◆シャーリー・ウォーカー
スカイパーフェクTV720シーエスGyaoにて。画質はよいです。

キャスト
メアリー・エリザベス・ウィンステッド→予感のウェンディ
ライアン・メリマン→軽い男ケビン
クリスタル・ロウ→アシュリン・ハルペリン
シャーラン・シモンズ→日焼けサロンのアシュレー・フロインド
テキサス・バトル→アメフトの黒人ルイス
サム・イーストン→ビデオカメラのフランキー
クリス・レムシュ→ゴスカップルの男イアン・マッキンレー
アレックズ・ジョンソン→ゴスカップルのエリン
ジェシー・モス→ウェンディの彼氏ジェイ=ジェイソン・ワイズ
ジーナ・ホールデン→ケビンの彼女キャリー
アマンダ・クルー→ウェンディの妹ジュリー
トニー・トッド→悪魔の声?


ジェームズ・ウォン監督の演出はまあよいと思います。
全体的に無難にまとめています。
かなり大まじめに作っててボディカウントムービーにはなっていないような感じ。
ヒロインのウェンディもずっと湿っぽいままでした。イマイチ魅力に欠けるような。

例によってそんなバカなと思える『風が吹けば桶屋が儲かる』式に色々なことがおこるようになっています。


プロローグ。遊園地にて。
diveのネオンの1字が消えてdieになっています。これはありがちな描写です。1番古いのは多分『海外特派員』(1940年)でしょう。Hotel Europeのネオンのelが消えてHot Europeになっていました。

マッキンレー高校 卒業生の夜。プロムパーティの続きです。
次はジェットコースターです。ここは見どころはず。
いまのところ4人出ています。
メアリー・エリザベス・ウィンステッド→予感のウェンディ
ライアン・メリマン→軽い男ケビン
ジェシー・モス→ウェンディの彼氏ジェイ=ジェイソン・ワイズ
ジーナ・ホールデン→ケビンの彼女キャリー

ウェンディのデジカメは日本製のようです。パナソニックでした。
ウェンディには妹のジュリーがいます。

悪魔のジェットコースターといった感じになっています。
この声がトニー・トッドらしい。キャンディマンです。

ジェットコースターに乗ります。
あっさりと全員が乗ってしまった。それはこのシーンがフラッシュフォワードだからです。
ジェットコースターの方は何だか知らないけどオイルが漏れています。油圧が切れると安全バーが上がってしまいます。これで乗客が吹っ飛ばされます。
何だかんだ全滅となってとこでフラッシュフォワードから元に戻ります。まだジェットコースターに乗る前でした。

で、ウェンディがパニックを起こしてケンカ騒ぎもあってまとめて何人かがジェットコースター乗り場から放り出されます。
ジェットコースターの方は予感通り大事故を起こして溶暗となります。

雨が降っています。高校にて。
学校には亡くなった学生の写真があります。
ここで何人が生き残ったのかがよくわからん。
4人のうちウェンディの彼氏ジェイとケビンの彼女キャリーが亡くなったようです。

ウェンディに話しかけるケビン。
日焼けサロンに行く2人が出ています。ブロンドとブルネットのコンビ。

ウェンディのクルマは赤いワーゲン・ジェッタのようです。4ドアセダン。
ニッサン・セントラではないからブルジョアじゃん。

ケビンがインターネットで180便のこととか残った7人とかを調べたと言ってます。

日焼けサロンにて。
ここが見どころでブロンドとブルネットの2人が焼け死ぬようです。
15分コースの日焼けとなる2人。
風が吹けば桶屋がもうかる式に色々とあって死に至ります。
飲み物のしずくが電源にかかります。ショートして電圧が上がります。
棚板が落ちて2台の日焼け機械を同時にカンヌキを掛けてロックしてしまいます。
電圧はどんどん上がり温度が上がります。
そんなわけで焼け死ぬようです。

ウェンディの自宅にて。
妹のジュリーと話しをしています。どうも湿っぽいウェンディです。
ウェンディのパソコンはやっぱりMacです。タワー型のProMacです。何でiMacではないのかが不思議です。
デジカメの写真をパソコンに取り込んで調べています。

手前にウェンディ、奥にジュリーを配置した遠近合成の描写があります。面白い。
この手法は好きだな。ブライアン・デ・パルマ監督の『ミッドナイトクロス』(1981年)は遠近合成の手法が多く使われていて必見でお勧めです。

葬式にて。
日焼けサロンの機械の配置から、そのまま棺桶の配置となって葬式になっています。
これで残りが何人?とよくわからん。
ジェイソン・R・ワイズの墓にいるウェンディ。死んだ彼氏ジェイの墓でした。
ケビンを呼んで話しとなります。
誰かにつきまとわれているとウェンディ。
怪しい風が吹いています。それだけでした。
プリントアウトした写真を見せているウェンディ。
アシュレイともう1人の次がフランキーだと言っています。いよいよ死のリストの話しになっています。

トラックで移動しているジェイとウェンディ。
写真から死に方がわかるらしい。
ハンバーガーショップのドライブスルーに入ります。
関係ない他のトラックがバックしすぎて横からジェイのトラックを押して動けなくしています。
そんなとこに坂の上から別の運転手がいない無人のトラックが空走してきます。
激突するまえに脱出するジェイとウェンディ。助かります。
で、ジェイのトラックの前にいたフランキーの黄色いクルマに玉突き追突となります。これでフランキーが死亡となります。
そんな感じでジェットコースターの席順通りに死ぬらしい。

ウェンディの自宅にて。
ジェイとウェンディがパソコンで写真を調べています。
ルイス、エリン、イアン、順番らしい。

トレーニング中のルイスです。
ジェイとウェンディが事情を話しに来ます。当然信じないルイス。
アメフトで有名になってレイダースにドラフトされるんだと意気込むルイス。NFLでは沈みっぱなしのレイダース志望というだけでダメじゃんと思えまが・・・。
そんな感じでまた風が吹けば桶屋がもうかる式に色々となって死に至ります。今回は1回安心させて不意をつく死に方となっています。
で、レイダースに行く前に死んでよかったのかもしれない。

ホームセンターにて。
次はイアンの番です。バイト中のイアンとエリン。
釘を打ち込む機械で鳩を撃ち殺しているイアン。これは伏線です。
ジェイとウェンディが知らせに来ます。やはり信じないイアン。何だかんだと屁理屈を並べています。何て奴だと見てて死ねばいいのにと思ってしまいます。
この2人のバイトの仕事ぶりですが雑な仕事をやってて死のリスト入り以前に不注意ですぐに死にそうな2人です。無人のフォークリフトのアクセルペダルに重い物が乗っかり無人で暴走を始めます。
その続きでまた風が吹けば桶屋がもうかる式に色々となってイアンが死ぬかと思ったらエリンが後ろから釘打ち機で乱れ打ちにされて死に至ります。これは凄いな。
イアンは無事だったようです。

マッキンレー警察署にて。
事情説明をして出てくるジェイとウェンディ。よく容疑者で逮捕されなかったな。
ウェンディの方は全部話したけど全く本気にされずとのこと。

ウェンディの自宅にて。
パソコンの前で寝ているウェンディ。
妹のジュリーが幸運のブレスレットを持っていってしまいます。
起きて写真を調べるウェンディ。まだジェットコースターに乗っていた人がいました。
ブレスレットをしています。妹か?
携帯電話で連絡するが留守電になっています。ところでウェンディの携帯電話はiPhoneではないのか?

花火大会にて。
ジェイは警備のバイトのようです。
何かの記念のお祭りのようです。英国、独立戦争?、ところでどこが舞台。ボストン?
ウェンディが駆けつけます。果たして役に立つのか?
今回の風が吹けば桶屋がもうかる式はなんでしょう?よくわからないぞ。
花火大会が始まります。
妹のジュリーが暴走した馬に引きずられますが助かります。
そんなとこで突然他の女の子が死にます。この人がジェットコースターで妹の隣に座っていたらしい。もう死んでるから名前がわからなくても別に構わない。
ケビンの方は危機一髪で助かったようです。
そんなとこに死に損なったイアンが絡んできます。で、言うだけ言って死に至ります。これなら死んでも悔いはなかったでしょう。

エピローグ。
いきなり5ヶ月後と字幕が出ます。
地下鉄にて。
ウェンディがいます。
他の乗客に弾き語りで金をもらってる男がいます。
180の数字が見えます。
地下鉄の広告がこれまでの死に方に関連しています。
車内アナウンスの声もトニー・トッドのようです。
ルース・ストリート駅で降りようとするウェンディですが妹のジュリーと再会して降りず。で、何故かジェイも車内にいました。
今度の風が吹けば桶屋がもうかる式は線路ではネズミが捨てられたチョコバーを食って電源がショートして・・・、こればっかりではないかい。
で、線路のポイントが切り替わって地下鉄は脱線となります。
ジュリーとケビンが死に至ります。1人残った大けがのウェンディに別の地下鉄が突っ込んできます。

で、夢オチとなります。まだ事故前の地下鉄車内です。
ジェイがいるまでは本当らしい。非常ブレーキを引きます。止まらない地下鉄。
突然エンドとなります。これで終わりかい。わけわからん。

そんなわけ風が吹けば桶屋がもうかる式で電気がショートばかりしてるまあまあな作品でした。



« SHOWBIZ COUNTDOWN 2010.10.25(月) | トップページ | 『ファイナル・デッドサーキット』 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75473/49887934

この記事へのトラックバック一覧です: 『ファイナル・デッドコースター』:

« SHOWBIZ COUNTDOWN 2010.10.25(月) | トップページ | 『ファイナル・デッドサーキット』 »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。