映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« SHOWBIZ COUNTDOWN 2010.08.16(月) | トップページ | 『淑女超特急』 »

2010.08.21

『結婚哲学』

この作品はエルンスト・ルビッチ監督、アドルフ・マンジュー、マリー・プレボー、フロレンス・ビダー主演のロマンティック・コメディのようです。
なおこの文はネタバレ全開となっています。

1924年 アメリカ作品
ランニング・タイム◆87分
原題◆The Marriage Circle
プロット◆なんやかんやあって元に戻る話しのようです。
音楽◆この作品はサイレント映画です。
BS2にて。澤登翠の弁士版。

キャスト
アドルフ・マンジュー→倦怠期のストック教授
マリー・プレボー→若く浮気な妻のミッツィ・ストック
フロレンス・ビダー→ミッツィの親友シャーロット
モンテ・ブルー→シャーロットの夫フランツ
クレイトン・ヘール→フランツの友人グスターヴ・ミューラー
ハリー・マイヤース→The Detective

エルンスト・ルビッチ監督の演出はよいと思います。
全体的に洗練されている演出でさすが巨匠と感心しました。
会話シーンでは変わった切り返しのやり方をしています。フェイドで切り返してる。初めて見た手法です。
視線を走らせます。そこにつなぎます。映画の基本的手法を使いこなしてます。
繰り返しのギャグが色々。タイを直す。髪を直す。韻を踏んでいるギャグ?。
サイレント映画の字幕で強調したい部分に線を引っ張ってある。これもギャグになる?
タイミングよくキャラが入れ替わります。さすが巨匠です。

ウィーンだからワルツが流れます。
で、ワルツは後に『2001年宇宙の旅』(1968年)に使われて、このような使い方もあるのかと有名になります。

キャストで・・・
フローレンス・ビダーの名は聞いたことがある。誰だかわからず。
アドルフ・マンジューが出てる。誰だかわからず。
そんな感じで誰が誰だかよくわからん。まあいいけど。

そんなわけでサイレントのよい作品でした。



« SHOWBIZ COUNTDOWN 2010.08.16(月) | トップページ | 『淑女超特急』 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75473/49210907

この記事へのトラックバック一覧です: 『結婚哲学』:

« SHOWBIZ COUNTDOWN 2010.08.16(月) | トップページ | 『淑女超特急』 »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。