映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« 『ウルトラヴァイオレット』 | トップページ | SHOWBIZ COUNTDOWN 2010.08.02(月) »

2010.08.01

『バイオハザードIII』

この作品はラッセル・マルケイ監督、ミラ・ジョヴォヴィッチ主演のSFアクションのシリーズ3作目のようです。
なおこの文はネタバレ全開となっています。

2007年 カプコム/インパクト・ピクチャーズ/コンスタンティン・フィルム/デイビス・フィルムズ/スクリーン・ジェムズ/ソニー・ピクチャーズ フランス=オーストラリア=ドイツ=英国=アメリカ作品
ランニング・タイム◆94分
原題◆Resident Evil: Extinction
プロット◆ゾンビに悪戦苦闘する話しのようです。
音楽◆Charlie Clouser
ソニー・ピクチャーズ発売のDVDにて。画質はよいです。

キャスト
ミラ・ジョヴォヴィッチ→放浪のアリス
オデッド・フェール→カルロス・オリヴェイラ
アリ・ラーター→リーダーのクレア・レッドフィールド
イアン・グレン→アイザックス博士
クリストファー・イーガン→コンピューターのマイキー
スペンサー・ロック→Kマート
ジェイソン・オマラ→アルバート・ウェスカー議長
マイク・エップス→L.J.
アシャンティ→ベティ
リンデン・アシュビー→カウボーイハットのチェイス
ジョー・ハースリー→オットー


ラッセル・マルケイ監督の演出はまあまあだと思います。
ミュージックビデオ出身のまあまあな監督と思っていたけれど、思っていたより上手くなかった。
全体的にサスペンスではなくサブライズ=ビックリな演出になっています。

ミュージックビデオ出身の監督らしく1シークエンスの出来はいいのですが、全体としてつながっていなくてまとまっていない。そんな感じです。

この話しはウルトラマンシリーズのゼットンの法則で養殖物より天然産がいいと話しかと予想したけど・・・
『エイリアン4』(1997年)もこのパターンでした。

主演のミラ・ジョヴォヴィッチはきれいに撮れています。
昼間の逆光でもきれいに撮れてる。時々CGかと思ってしまうほどです。


プロローグ。
目を覚ますアリス。
風呂場です。バスローブから赤いドレスに着替えます。
以前のパターンの繰り返しとなっています。
で、いきなりコンピュータールームへの通路となります。
レーザーメスが迫ってきます。頭上の空調ダクトに逃げるアリス。
病院出口へ向かうアリス。トラップでやられます。
この計画の責任者アイザックス博士が出てきます。
要するにやっぱり養殖物はダメだということのようです。

砂漠の真ん中です。
古ぼけた小屋があります。床が割れて地下からエレベーターの図。
アリスの死体を捨てます。同じ死体がいっぱいあります。そんなに失敗しているのかとなります。

小屋は金網の柵に囲まれています。
回りはゾンビでいっぱいです。
俯瞰の図が使われるています。それなりに効果があるような。

タイトル。
T-ウィルスは世界中に感染した云々と入ります。

BMWのバイクが走る。K1200Rだそうです。水冷DOHC並列4気筒エンジン、シャフトドライブ。
ソルトレイク・シティに入ります。
元TV局に入るアリス、これが救援を装った強盗集団で捕まります。
ゾンビ犬と対決させられることになるアリス。
そんなこんなでここを出るアリス。とんだ道草となっています。
バイクで走リ続けます。

クルマの列が走ります。
生き残りの集団です。どこへ行くのか。
カルロス
クレア
L.J.
オットー
カウボーイハットのチェイス
コンピューターのマイキー
キャラ紹介となっています。

地下の本部にて。
会議です。後になってバーチャル会議とわかる。
ウェスカー議長
アイザックス博士
アリス計画とは?
オリジナルのアリスではないとダメと言ってます。やっばり養殖物はダメということです。

荒野にて。
アリスはバイクのガソリンを補給にGSに入ります。
何故かペプシの広告が目立ちます。タイアップなのでしょう。
ラジオにクレア一行から通信が入っています。
GSにあった地図を調べるアリス。どうやら安全地帯があるらしい。

砂漠のモーテル・デザートトレイルにて。
車列は近くに止まり状況をを伺います。
カルロスとL.J.が偵察に入ります。
壁にネバダの広告があります。
突然ゾンビが出現します。アクションとなります。

ゾンビにかまれたL.J.を手当するベティ。
実はひどい傷を隠しているL.J.です。

地下のラボにて。
ゾンビを調教中のアイザックス博士と助手2人。
失敗してゾンビにやられた助手2人を見捨てるアイザックス博士。仕事の鬼らしい。別な意味で鬼ですが・・・。

砂漠のモーテル・デザートトレイルにて。
食事を配る風景。ガソリンは無い。
バギーで防衛戦を設置しているカルロス。
モーテル内でタバコを探してるクレア。
状況はかなり悪いようです。

野営中のアリス。
地図にはアラスカが安全と記されています。

地下のラボにて。
ラップトップのPCはソニーのバイオです。Macではない。ソニー・ピクチャーズ製作なので気を使ってるようです。
またアリスのクローンを作っています。

野営中のアリス。
クローンのアリスに反応しているようで何故かテレキネシスの能力を発揮しています。
そんなわけでBMWのバイクがおしゃかになります。日本のバイクならすぐに爆発炎上となるけどドイツのバイクでも似たようなものでした。
これで移動の手段を失っては洒落にならないような。

地下のラボにて。
ホログラムの少女は話し中のアイザックス博士。

歩いて移動のアリス。
モーテル・デザートトレイルにに向かっています。

砂漠のモーテル・デザートトレイルにて。
カラスの大群が来ます。ゾンビを食ったゾンビガラスです。
見張りがアラートを出します。
で、『鳥』(1963年)そのまんまの展開となります。
アクションはオリジナルより派手になっています。それだけでは物足りないんですけど・・・。
ここはアリスがテレキネシス能力を発揮して火炎放射器の炎を増幅してカラスの大群を一気に片づけます。

女の子のKマートと話しのアリス。
カルロスと話しのアリス。いつのまにか相思相愛の関係になっているらしい。
ですがアリスの存在は衛星に探知されてるようです。

アラスカが安全地帯だと話し込むクレア一行。
多数決でアラスカ行きが決まります。
まず補給でラスベガスに行くことになります。

アイザックス博士は勝手に人員装備を動かしています。
ヘリコプター2機が出動となります。
1機はコンテナを吊っています。このコンテナに戦闘ゾンビ集団が入っていたようです。

クレア一行はラスベガスに入ります。
世界的に有名な建物や遺跡がたくさんあります。
これは何かSF的な設定かと思っていたけど、これだけだと単なるラスベガスの余興ということになります。
タイムスリップかテレポートする設定なのかと期待していたので見てて腰が抜けた。

まず邪魔な怪しいコンテナをどかそうとします。
これがトラップで中から戦闘ゾンビ集団が出てきます。
アクションとなります。アクションはいいんだけど人間側が簡単にやられ過ぎです。とても厳しい環境を生き延びてきた人達には見えない。

衛星からアリスをコントロール状態にしているアイザックス博士。
アリスを機能を停止させます。凝固するアリス。
傷が悪化してゾンビ化したL.J.がカルロスに噛み付く描写も入ります。

何となくコントロール状態が切れたアリス。
主観ショットのモニタ映像でアイザックス博士のテントに向かいます。
アクションとなります。
で、アイザックス博士はゾンビに噛まれてヘリコプターでズラかります。

地下の本部にて。
この件で議長に絞られるアイザックス博士ですが、薬の副作用で変身して議長を片づけます。

付近の丘から本部を伺うクレア一行とアリス。
タンクローリーで特攻するカルロス。大爆発となります。カルロスと退場となります。なんかもったいないキャラの使い方です。
この隙にアラスカに向かうヘリコプターに乗り込むクレア一行。アリスは残ります。

自分の死体の山を見るアリス。
小屋のエレベーターで地下のラボに下ります。

地下にて。
ホログラムの少女と話しのアリス。このホログラムの少女は妹なんだと。
変身したアイザックス博士を片づけないと血清が作れないと言ってるホログラムの少女。

変身したアイザックス博士と対決するアリス。
途中で球形カプセル内のクローンアリスに会うアリス。
カプセルが割れて死に至る?クローンアリス。

またプロローグの部屋で対決となります。
触手 対 テレキネシスとなっています。

次の対決場所はコンピュータールームへの通路です。
ここは例のレーザーメスが脅威なのです。そのレーザーメスでバラバラになる変身したアイザックス博士。
危機一髪のところのアリスですが、クローンアリスがレーザーメスのスイッチを切ってくれます。

日本にて。ハリウッドでは毎度おなじみな怪しげなセットです。
また会議をやっています。バーチャルで参加のアリス。

地下のラボにて。
双子のアリス状態となっています。
それだけかと思ったらクローンで大勢のアリスが準備されています。
だから何なんだでエンドとなります。

後タイトルにパトリック・タトプロスの名前を発見。
何のデザインをしていたのでしょう?


そんなわけで話しも演出もイマイチなもったいない作品でした。
キャストはいいんだけど・・・。


« 『ウルトラヴァイオレット』 | トップページ | SHOWBIZ COUNTDOWN 2010.08.02(月) »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75473/49031357

この記事へのトラックバック一覧です: 『バイオハザードIII』:

« 『ウルトラヴァイオレット』 | トップページ | SHOWBIZ COUNTDOWN 2010.08.02(月) »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。