映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« 『吸血鬼ドラキュラ』 | トップページ | 『ジキル&ハイド』 »

2010.05.11

SHOWBIZ COUNTDOWN 2010.05.10(月)

◆地上波デジタルTXテレビ東京にて放映のSHOWBIZ COUNTDOWNの感想です。
◆ネタバレはあると思います。

◆オープニングテーマのビデオクリップ
◆K'naan、『Wavin' Flag (The Celebration Mix)』
この歌は 2010 FIFA World Cup South Africa のイメージソングのようです。

◆U.S.A. BOX OFFICE TOP10 JAN.-APR. 2010 Special Chart
◆2010年1月~4月の10位は『バウンティー・ハンター』 The Bounty Hunter (2010) アンディ・テナント監督、ジェラルド・バトラー、ジェニファー・アニストン主演の元夫人を連行するバウンティ・ハンターのクライム・コメディですがアクションの入ったロマンティック・コメディのような感じもします。意外とヒットしたようです。興行収益は6千万ドル
◆2010年1月~4月の9位が『ウルフマン』The Wolfman (2010) ジョー・ジョンストン監督、ベニチオ・デル・トロ、アンソニー・ホプキンス、エミリー・ブラント主演の狼男アクションのようです。狼男メイクはリック・ベイカー。CGもあるけどメイクはアナログです。上手く組み合わされていればいいと思う。ユニバーサル・ピクチャーズ製作なのは狼男の版権を持っているからです。ヒューゴー・ウィービングも出ています。何の役?やっぱりエージェント役か?。時代設定はちゃんと19世紀にしているようです。英国の警察はハンドガンは持っていない?。興行収益は6千万ドル。
オリジナルの『狼男』The Wolf Man (1941)とのキャスト比較。
ロン・チェイニーJr.とベニチオ・デル・トロならベニチオ・デル・トロの方がいい。
イブリン・アンカースとエミリー・ブラントならエミリー・ブラントの方が全然いい。
クロード・レインズとアンソニー・ホプキンスならクロード・レインズの方がいい。
・・・私の見立てだとこんな感じになります。
◆2010年1月~4月の8位が Dear John (2010) ラッセ・ハルストレム監督、アマンダ・セイフライド、チャニング・テイタム主演のラブロマンスのようです。9.11が話しに絡んでいるようです。それだと戦争に行き戻っても契約を盾にまた戦争に行かされます。アマンダ・セイフライドはあっという間にスターになれました。やはり売れ始めた時はどんどん映画に出なくてはいけません。興行収益が7900万ドル。
◆2010年1月~4月の7位が『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』Percy Jackson & the Olympians: The Lightning Thief (2010) クリス・コロンバス監督のファミリー向けファンタジーアクションのようです。何だか随分とコメディが入ってるようです。この女優さんは誰だ?→ロザリオ・ドーソンのようです。いいじゃん。興行収益は8700万ドル。
◆2010年1月~4月の6位が『ザ・ウォーカー』The Book of Eli (2010) アルバート&アレン・ヒューズ監督、デンゼル・ワシントン、ゲーリー・オールドマン、ミラ・クニス主演の近未来アクション。ジェニファー・ビールスも出ています。興行収益が9400万ドル。
◆2010年1月~4月の5位が『バレンタインデー』 Valentine's Day (2010) ゲーリー・マーシャル監督、オールスターキャストのラブロマンス・コメディ。興行収益が1億1千万ドル。
◆2010年1月~4月の4位が『シャッター・アイランド』Shutter Island (2010) マーティン・スコセッシ監督、すっかりスコセッシ監督作品常連となったレオナルド・ディカプリオ主演の密室物サイコ・サスペンス。興行収益は1億2千万ドル。おめでとうございます。レオナルド・ディカプリオは童顔の割りには背が高い、何だかティム・ロビンスのようになってきたような感じです。
◆2010年1月~4月の3位が『タイタンの戦い』Clash of the Titans (2010) ルイ・レテリエ監督、サム・ワーシントン主演の3Dコスチュームプレイアクションのようです。アンドロメダ役の女優さんはアレクサ・ダヴァロス。キャスティングは豪華でリーアム・ニーソン、レイフ・ファインズも出ています。神様演技は英国舞台のシェークスピアと同じにやってると思えます。3D CGのメデューサは何か随分と安い感じのメデューサです、邪悪で高貴なメデューサが吠えたりしたらダメです。3D CGのクラーケンの方はホトンド怪獣映画です。興行収益は1億3千万ドル。
◆2010年1月~4月の2位が『ヒックとドラゴン』 How to Train Your Dragon (2010) ディーン・デュボア/クリス・サンダース監督の3D CGアニメのアクションのようです。VCがジェイ・バルシェル、ジェラルド・バトラー、アメリカ・フェレーラ。バイキングとドラゴンが出てくる話し。製作はドリームワークス。興行収益は1億5千万ドル。
◆『アリス・イン・ワンダーランド』 Alice in Wonderland (2010) ティム・バートン監督、ミア・ワシコウスカ、ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム・カーター、アン・ハサウェイ主演のふしぎの国のアリス物3Dアクション。興行収益は3億2千万ドル。
◆TOP3は全部3D CGが入ってる作品だそうです。

◆Movie Topics
◆『プリンス・オブ・ペルシャ』 Prince of Persia: The Sands of Time (2010) ジェリー・ブラッカイマー製作、マイク・ニューウェル監督。ジェイク・ギレンホール、ジェマ・アータートン主演のコスプレ・ファンタジー・CGアクションのようです。
リュック・ベンソン監督で似たような作品があったような。それは『アデル ファラオと復活の秘薬』 Les aventures extraordinaires d'Adèle Blanc-Sec (2010) でした。
◆『食べて、祈って、恋をして』 Eat Pray Love (2010) ライアン・マーフィ監督、ジュリア・ロバーツ、ハビエル・バルデム主演の自分探しドラマらしい。ごの邦題は直訳の割りには上手い邦題です。世界各地を旅行し回る話しのようです。豪勢なものです。ところでジュリア・ロバーツは左利きだ。ハリウッドには左利きが異常に多い。
◆『特攻野郎Aチーム THE MOVIE』 The A-Team (2010) ジョー・カーナハン監督、リーアム・ニーソン、ブラッドリー・クーパー主演のTVシリーズの映画化アクション。キャストいいけど出来はどうかな?。TVシリーズとは違い映画なので人がバンバン死ぬのか?多分そうでしょう。リーアム・ニーソンの成りきりぶりが凄い、さすが演技派です。チラシを見て最初は誰?と思いました。
◆『アイアンマン2』 Iron Man 2 (2010) ジョン・ファブロー監督、ロバート・ダウニー・Jr.、グウィネス・パルトロー、ミッキー・ローク、スカーレット・ヨハンソン主演のシリーズ第2弾のアクション。アクションのないグウィネス・パルトローは立ってるだけでいいけど、果してスカーレット・ヨハンソンの方はアクションをこなせるか?心配になります、あまりスタントがバレバレだと見ててこまるのです。ハリウッドスタイルでインディカーをベースにした正体不明なフォミュラーカーがまた出ています。主人公ですがもしかしてハワード・ヒューズがモデルなのかな?査問会らしいシーンからそう思った。強化スーツがぞろぞろ出てくると何だか『機動警察パトレイバー』のような感じに見えてきます。

◆Music Topics 私は音楽ネタの方はサッパリです。
◆『伝説のビデオ・メイカー』 Video Killed the Radio Star" (2009) MTV時代のビデオクリップのメイキング・ドキュメンタリーのようです。3タイトル同時発売。バラ売りかよ。まとめて1000円ぐらいにしなさい。
David Bowie、『Let's Dance』撮影現場ではゲイだと差別されていたと言っています。
Duran Duran、『Wild Boys』、ラッセル・マルケイ監督。ここでは溺死しそうな無茶な撮影をやっています。映画の監督の方は下手です。1シーンだけはいいけど全体としてつながらない、典型的なミュージックビデオ出身の監督なんです。
Ozzy Osbourne、『Miracle Man』ウェイン・アイシャム監督。よく知らない。

◆エンディングテーマのビデオクリップ
◆Lady Antebellum、『Need You Now』

◆国内映画TOP10は相変わらずです。何だかわからん。
◆相変わらずアニメばかり。ところで、日本映画は驚くほど影響力がない。これはホントのことです。

◆SHOWBIZ NEWS
『シュレック・フォーエバー』 Shrek Forever After (2010)
『トイストーリー3』 Toy Story 3 (2010)
『プレデターズ』Predators (2010)
『インセプション』Inception (2010)
『ソルト』Salt (2010)
映画の公開情報でした。何故か邦題がそのまんまの作品ばかり。
ところでゴシップニュースがないじゃない。どうした。

◆SHOWBIZ QUIZ
◆2010年1月~4月のU.S.A. BOX OFFICE TOP10で惜しくもTOP10入りを逃した11位の作品は?、これは全く見当もつかない。得意のあてずっぽうもやりようがない。もしかして『アバター』Avatar (2009) か?→正解は『トゥース・フェアリー』Tooth Fairy (2010) でした。マイケル・レムベック監督、ザ・ロックことドゥエイン・ジョンソン主演の相手選手の歯を折ると恐れられているアイスホッケー選手がどういうわけか歯の妖精になるファンタジー・コメディ。意外と大ヒットしていたのか。そんなことわからんよ。

« 『吸血鬼ドラキュラ』 | トップページ | 『ジキル&ハイド』 »

SHOWBIZ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき 」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75473/48333698

この記事へのトラックバック一覧です: SHOWBIZ COUNTDOWN 2010.05.10(月):

« 『吸血鬼ドラキュラ』 | トップページ | 『ジキル&ハイド』 »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。